こどものための博物館情報トップ新着博物館動物園・水族館遊園地掲示板リンクメモトップ
博物館の催しもの


トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu→

北陸・甲信越地方 ほくりく・こうしんえつちほう (終わった催しもの)

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 自分の足型を作ってみよう!

とき:
2013年3月10日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
陶土と石膏を使って自分の足型をとってみる。自然が作る足型ともいえる足跡の化石からは、足跡を残した生物の種類や体重がわかる。連続した足跡であれば、その動物の速度や姿勢までわかる。足跡の化石からどのようなことがわかるのかについてもまなぶ。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
2013年2月10日から往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(3/10)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館: 恐竜ふれあい教室 親子で化石の消しゴムをつくろう! おやこでかせきのけしごむをつくろう!

とき:
2013年3月24日(日) 午後1時〜2時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
消しゴムになる粘土(ねんど)でアンモナイトと三葉虫(さんようちゅう)の消しゴムをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
2013年2月24日から往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(3/24)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜カレンダーをつくろう!

とき:
2013年3月3日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
パソコンで恐竜の絵を描いて、新しい年度の恐竜カレンダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
2013年2月3日から往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(3/3)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子でカマラサウルスをつくろう!

とき:
2012年9月2日(日) 午後1時〜3時30分
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜造形師の荒木一成先生といっしょに、カマラサウルスの復元を粘土で親子でつくってみる。
対象 たいしょう:
4歳小学校3年生
定員 ていいん:
15組 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2012年8月2日〜9日のあいだに往復ハガキか電子メールで申し込む。「恐竜ふれあい教室(9/2)参加希望」と、氏名、年齢学年、保護者名、住所、電話番号を博物館まで申し込む。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子でカマラサウルスの絵をかこう!

とき:
2012年8月5日(日) 午後1時〜3時30分
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜イラストレーターの山本匠先生といっしょに、カマラサウルスの絵を親子でかいてみる。
対象 たいしょう:
4歳小学校3年生
定員 ていいん:
15組 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2012年7月5日〜12日のあいだに往復ハガキか電子メールで申し込む。「恐竜ふれあい教室(8/5)参加希望」と、氏名、年齢学年、保護者名、住所、電話番号を博物館まで申し込む。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜カレンダーをつくろう!

とき:
2012年3月4日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
パソコンで恐竜の絵を描いて、新しい年度の恐竜カレンダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
2012年2月4日から往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(3/4)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(2月13日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜模型をつくろう! おやこできょうりゅうもけいをつくろう!

とき:
2012年3月25日(日) 午後1時〜3時30分
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の骨格をもとに、粘土をつかって恐竜を復元(ふくげん)する。
対象 たいしょう:
4歳小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2012年2月25日〜3月4日のあいだに、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(3/25)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。参加者には前もって参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 恐竜の歯を観察しよう!

とき:
2012年3月18日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の歯のレプリカを作り、種類によってどのような特徴があるのか観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者も参加)
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
2012年2月18日から往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(3/18)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 石の中から「たね」の化石をとりだそう!

とき:
2012年3月11日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者も参加)
定員 ていいん:
15名(申し込み先着順)
参加のしかた:
2012年2月11日から往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(3/11)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

山梨県立考古博物館 : 考古博物館の日イベント 考古博物館冬まつり

とき:
2012年2月25日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立考古博物館 (山梨県甲府市下曽根町923 TEL.055-266-3881)
内容 ないよう:
  1. あなたも縄文ハンター -弓矢で狩猟体験-
  2. 本物の土器にさわっちゃおう!
  3. ドングリ割りにチャレンジ!
  4. かわいい土偶づくり
  5. 藍染めでエコバック作り
  6. 富士山クイズに挑戦
  7. 土器でどんぐりを煮てみよう!
  8. ホンモノのいのししにさわってみよう
参加費 (おかね):
無料 (常設展観覧の場合は観覧料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
そのほか:
博物館は現在、冷暖房整備工事中のため、暖かい服装で参加すること。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/
催しのページ:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/h22event/documents/sousingutirasi_.pdf

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で化石のレプリカをつくろう! おやこでかせきのれぷりかをつくろう!

とき:
2012年1月8日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
石こうをつかって、アンモナイトなどの化石の複製をつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
2011年12月8日から、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(1/8)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館: 恐竜ふれあい教室 親子で化石の消しゴムをつくろう! おやこでかせきのけしごむをつくろう!

とき:
2012年2月12日(日) 午後1時〜2時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
消しゴムになる粘土(ねんど)でアンモナイトと三葉虫(さんようちゅう)の消しゴムをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
2012年1月12日から往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(2/12)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(12月9日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜折り紙のジオラマをつくろう!

とき:
2011年12月25日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
内容 ないよう:
折り紙でティラノサウルスなどの恐竜をつくり、ジオラマをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(12/25)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 鉱化植物化石を見てみよう!

とき:
2012年1月29日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
植物片や幹などを含んで固まって石になってしまった石灰質ノジュールから、プレパラートを作成して観察して、どんな植物かを調べる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者も参加)
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
2011年12月29日から往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(1/29)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

山梨県立博物館 かいじあむ : かいじあむのお正月

とき:
2010年1月2日(土)〜4日(月) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 お庭・体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
内容 ないよう:
  1. かいじあむオリジナルおみくじ
  2. 福引き/1月2日・3日のみ
  3. 書初め大会/1月2日・3日のみ
  4. 記念撮影コーナー/武田信玄・上杉謙信と記念撮影.
  5. お正月の遊びを体験/かるた、すごろく、福笑いなどなつかしい遊びを体験.
  6. もちつき大会/1月4日(月)のみ 午前11時〜・午後1時〜, それぞれの回で材料がなくなり次第終了.
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
問い合わせ先:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631(代)
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : 立体浮世絵を作ってみよう!

とき:
2010年3月28日(日) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
内容 ないよう:
江戸時代の山梨をえがいた浮世絵(うきよえ)が立体的(りったいてき)に見える紙工作(かみこうさく)をする。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
問い合わせ先:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631(代)
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : 飛び出すアンコールワットを作ってみよう!

とき:
2010年1月24日(日)、2月28日(日) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
問い合わせ先:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631(代)
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立考古博物館 : 平成22年度第2回チャレンジ博物館 (親子ものづくり教室) 縄文時代のアクセサリーをつくろう

とき:
2010年6月20日(日) 午前9時30分〜12時30分
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター 実習室 (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 甲斐風土記の丘曽根丘陵公園内 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
春季企画展「古代のアクセサリー」関連イベント。縄文時代のさまざまな装身具(そうしんぐ)の由来(ゆらい)や使いかたなどについて学んだあと、滑石 白・黒の2種類の石材から選んでけつ状耳かざりをつくる。つくったアクセサリーを身につけて、学習会終了後の縄文衣装体験に参加することもできる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者 (小学校3年生以下が参加する場合は子ども1名につきおとな1名の保護者の付き添いが必要)
定員 ていいん (おかね):
15組 (申し込み先着順. ただし子どもの数が20名になったら募集しめ切り)
参加費 (おかね):
保護者の保険料100円 (子どもの分は館で負担してくれる)
持っていくものとか:
よごれをぬぐうタオル、クリームクレンザーまたは練りハミガキ(子ども用やゲル状のものは×)、ぼろ布。衣装体験希望者は昼食も。よごれてもよい、活動しやすい服装で参加すること。縄文衣装体験の希望者は着がえがスムーズにできるように下にTシャツ短パンなどを着ておくとよい。
参加のしかた:
5月20日から電話で申し込む。
そのほか:
参加者全員にオリジナル缶バッジをプレゼント。
申し込み先・問い合わせ先:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター TEL.055-266-5286
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/
催しのページ:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/h22event/documents/sousingutirasi_.pdf

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜の絵をかこう! おやこできょうりゅうのえをかこう!

とき:
2011年7月9日(土) 午後1時〜3時30分
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
内容 ないよう:
いろいろな恐竜の特徴(とくちょう)をつかんで、恐竜のイラストにチャレンジ。講師(こうし)の先生は、恐竜イラストレーターの山本匠先生。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組 (多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで、福井県立恐竜博物館へ申し込む。6月9日から受付開始。「恐竜ふれあい教室(7/9)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。参加者には前もって参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜パズルをつくろう!

とき:
2011年7月3日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
内容 ないよう:
恐竜のぬり絵がパズルになる。親子でつくって楽しむ。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(7/3)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 微生物の化石を観察しよう!

とき:
2011年6月26日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
みぢかな岩石にも、目に見えない微生物の化石が多く含まれている。そうした化石を顕微鏡を使って観察してみる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(6/26)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

新潟県立自然科学館 : 新春工作フェア

とき:
2010年1月16日(土)・17日(日)
ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
内容 ないよう:
楽しい工作で科学を楽しむ。今回の工作は、かさ袋ロケット・カラフル色鉛筆・どんぐりストラップ・化石レプリカ・オリジナルマスコット・ビー玉万華鏡・キラキラスライム。
対象 たいしょう:
入館者ならだれでも
定員 ていいん:
あり (工作券の販売は、午後4時30分より前に工作準備数に達した場合、受付時間内であっても終了)
参加費(おかね):
1工作100円、化石レプリカのみ200円 (ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
館内の工作券販売所で希望の枚数の工作券を買う。工作ごとに会場がちがうので、館内掲示を確認して希望の工作会場へいく。各工作会場では、先着順で整列し、前の人の工作が終わり次第、順番に案内される。すいている工作からならぶとよい。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

新潟県立歴史博物館 : 企画展「火焔土器の国」関連講座 弓矢作り体験 ゆみやづくりたいけん

とき:
2009年6月7日(日)午後1時30分〜3時
ところ:
新潟県立歴史博物館 研修室 にいがたけんりつれきしはくぶつかん(〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2))
内容 ないよう:
木をけずって弓矢(ゆみや)をつくって、ためしうちする。
対象 たいしょう:
一般・小学生中学生・親子
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
電話・はがき・ファックス・電子メールで前もって申し込む。希望講座名、名前、住所、電話番号を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
新潟県立歴史博物館 交流普及課 (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 E-mail.koryu@nbz.or.jp TEL.0258-47-6135 FAX.0258-47-6136)
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 恐竜の歯を観察しよう!

とき:
2011年2月6日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の歯のレプリカを作り、種類によってどのような特徴があるのか観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(2/6)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(1月6日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 貝化石のクリーニングをしよう!

とき:
2011年2月13日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
貝化石を岩石の中から取り出してみる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(2/13)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(1月13日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 植物ゴミ化石を見てみよう!

とき:
2011年2月27日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
: 南米パタゴニアで採集された石灰質ノジュールにはたくさんの植物片が含まれている。この植物のプレパラートを作成して顕微鏡で観察してどのような植物かをしらべる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(2/27)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(1月27日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 自分の足型をつくってみよう

とき:
2011年3月6日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
: 足跡化石のように、粘土等につけた自分の足跡の石膏型をつくってみよう。このような足型からは、どのようなことがわかるのか。いっしょに考えてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(3/6)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(2月6日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 石をしらべよう

とき:
2011年3月21日(祝) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
: 偏光板や顕微鏡などを使って、「石」のつくりや特徴(とくちょう)をしらべる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
15名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(3/21)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(2月21日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館: 恐竜ふれあい教室 親子で化石の消しゴムをつくろう! おやこでかせきのけしごむをつくろう!

とき:
2011年1月9日(日) 午後1時〜2時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
消しゴムになる粘土(ねんど)でアンモナイトと三葉虫(さんようちゅう)の消しゴムをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(1/9)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(12月9日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜カレンダーをつくろう!

とき:
2011年3月13日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
パソコンで恐竜の絵を描いて、新しい年度の恐竜カレンダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(3/13)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(2月13日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜の絵をかこう! おやこできょうりゅうのえをかこう!

とき:
2010年12月5日(日)、2011年3月27日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
内容 ないよう:
いろいろな恐竜の特徴(とくちょう)をつかんで、恐竜のイラストにチャレンジ。12月5日の講師(こうし)の先生は、恐竜イラストレーターの山本匠先生。3月27日の講師の先生は、恐竜漫画家(きょうりゅうまんがか)のヒサクニヒコ先生。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(12/5)参加希望」・「恐竜ふれあい教室(3/27)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.50 世界の恐竜がいっぱい!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館 : カマラサウルスの化石クリーニング体験

とき:
2010年7月17日(土)〜8月29日(日)のあいだの土曜日・日曜日・祝日(8/14・15はやっていない) 抽選開始時刻/1回め‥午前10時 2回め/‥午後2時. 各回とも30分間ぐらい(体験時間は1人5分ぐらい).
ところ:
福井県立恐竜博物館 抽選‥化石クリーニング室まえ 体験‥化石クリーニング室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
福井県立恐竜博物館では、アメリカ合衆国ワイオミング州からやってきたカマラサウルスの全身骨格化石(ぜんしんこっかくかせき・全長約15m)のクリーニング(岩石除去・がんせきじょきょ)作業を昨年からすすめている。今回は、開館10周年の期間限定記念イベントとして、恐竜化石(きょうりゅうかせき)に興味(きょうみ)のある子どもたちを対象に、研究員(けんきゅういん)の指導(しどう)のもとでカマラサウルスの化石クリーニングを体験できるイベントを開催。ほんもののカマラサウルスの骨にさわって、化石のまわりの石をとりのぞくお手伝いをすることができる、めったにないチャンス。体験をした人には博物館から化石クリーニング体験の証明書がもらえる。
対象 たいしょう:
小学生中学生
定員 ていいん:
各回10名 (抽選)
参加のしかた:
その回の抽選開始時刻までに抽選場所へいって申し込む。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 恐竜化石発掘現場見学

とき:
2010年7月31日(土) 午後1時〜3時
2010年8月7日(土) 午後1時〜3時
2010年8月21日(土) 午後1時〜3時
ところ:
恐竜化石発掘現場
内容 ないよう:
恐竜化石発掘現場へ行き、地層の観察をする。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上 (小学生はおとなといっしょに参加すること。参加しない保護者は現場へ同行できないので博物館で待つこと)
定員 ていいん:
各回40名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
申し込み期間のあいだに、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(7/31)参加希望」・「博物館自然教室(8/7)参加希望」・「博物館自然教室(8/21)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。家族・友人などのグループは考慮してもらえるので、申し込み時に知らせること。参加者には前もって参加要項が送られてくる。
申し込み期間 もうしこみきかん:
7月31日分‥6月30日〜7月7日
8月7日分‥7月7日〜14日
8月21日分‥7月21日〜28日
申し込み先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 野外観察会 勝山のジオパークを訪ねて

とき:
2010年11月3日(祝) 午前9時〜午後4時
ところ:
福井県勝山市
内容 ないよう:
日本ジオパークに認定された福井県勝山市の地質遺産をめぐる。
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「野外観察会(11/3)参加希望」と氏名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(10月3日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜模型をつくろう! おやこできょうりゅうもけいをつくろう!

とき:
2010年7月10日(土) 午後1時〜3時
2010年9月5日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の骨格をもとに、粘土をつかって恐竜を復元(ふくげん)する。
対象 たいしょう:
4歳小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
各回15組 (多いときは抽選)
参加のしかた:
申し込み期間のあいだに、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(7/10)参加希望」・「恐竜ふれあい教室(9/5)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。参加者には前もって参加要項が送られてくる。
申し込み期間 もうしこみきかん:
7月31日分‥6月10日〜17日
9月5日分‥8月5日〜12日
申し込み先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で化石のレプリカをつくろう! おやこでかせきのれぷりかをつくろう!

とき:
2010年8月29日(日)、12月26日(日) 午後1時〜2時30分
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
内容 ないよう:
石こうをつかって、アンモナイトなどの化石の複製をつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
各回15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(8/29・12/26 ※どれかだけ書く)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で化石の消しゴムをつくろう! おやこでかせきのけしごむをつくろう!

とき:
2010年8月1日(日)、11月21日(日)、2011年1月9日(日)、3月7日(日) 午後1時〜2時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
内容 ないよう:
消しゴムになる粘土(ねんど)でアンモナイトと三葉虫(さんようちゅう)の消しゴムをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
各回15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(8/1・11/21・1/9 ※どれかだけ書く)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜パズルをつくろう!

とき:
2010年9月26日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
内容 ないよう:
恐竜のぬり絵がパズルになる。親子でつくって楽しむ。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(9/26)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜折り紙のジオラマをつくろう!

とき:
2010年10月3日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
内容 ないよう:
折り紙でティラノサウルスなどの恐竜をつくり、ジオラマをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(10/3)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜キーホルダーをつくろう!

とき:
2010年10月10日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
内容 ないよう:
恐竜の絵や描いた絵から、キーホルダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(10/10)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜年賀状をつくろう! おやこできょうりゅうねんがじょうをつくろう!

とき:
2010年12月12日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820 E-mail:info@dinosaur.pref.fukui.jp)
内容 ないよう:
パソコンで恐竜の絵をはったり文字を組みあわせて年賀状を親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(12/12)参加希望」と氏名、年齢学年、保護者氏名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

山梨県立考古博物館 : 家族で勾玉を作ってみませんか?

とき:
開館している日の毎日 所要時間/1時間ぐらい (事業や団体予約等の関係上、実施できないことがある)
ところ:
山梨県立考古博物館 やまなしけんりつこうこはくぶつかん (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
内容 ないよう:
常設展(じょうせつてん)に展示している勾玉(まがたま)を見学してから、家族で勾玉をつくる。
対象 たいしょう:
入館者ならだれでも (小学校3年生以下の子ども1名につき、保護者1名が付き添うこと)
参加費 (おかね):
材料費1個20円
参加のしかた:
来館3日まえから前日までのあいだに考古博物館へ電話で確認して、当日の午後3時までに博物館へ入館する。受付で確認して、参加人数分のまが玉セットを買う。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立考古博物館 : 家族向け火起こし体験 かぞくむけひおこしたいけん

とき:
開館している日の毎日 午前9時・10時・11時、午後1時・2時・3時 (事業や団体予約等の関係上、実施できないことがある)
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
内容 ないよう:
「まいぎり式」の火起こし体験。
対象 たいしょう:
小学生以上の子どもとその家族
定員 ていいん:
1回2家族まで (1家族5名まで)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
風土記の丘研修センター(TEL.055-266-5286)へ1週間まえから電話で申し込む。。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立考古博物館 : 平成22年度チャレンジ博物館 弥生時代の矢じりをつくろう

とき:
2010年5月16日(日) 午前9時30分〜12時30分
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター 実習室 (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 甲斐風土記の丘曽根丘陵公園内 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
戦いのたえなかった弥生時代のようすや武器としての弓矢について学習する。山梨県内の出土例も紹介。つくる矢じりは大きさ3cm〜6cm。材料は黒色粘板岩(玄昌石)。金の尾遺跡(甲斐市)の出土品をモデルに、と石や紙ヤスリでけずってみがいてつくる。かざり矢は長さ50cmほど。かざりものなので、じっさいに弓につがえて飛ばすことはできない。希望者は学習会終了後に「弓矢で的あて」体験ができる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者 (小学校3年生以下が参加する場合は子ども1名につきおとな1名の保護者の付き添いが必要)
定員 ていいん (おかね):
15組 (申し込み先着順. ただし子どもの数が20名になったら募集しめ切り)
参加費 (おかね):
保護者の保険料100円 (子どもの分は館で負担してくれる)
持っていくもの:
エプロン、定規。的あて体験希望者は昼食も。
参加のしかた:
4月16日から電話で申し込む。
そのほか:
参加者全員にオリジナル缶バッジをプレゼント。
申し込み先・問い合わせ先:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター TEL.055-266-5286
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/
催しのページ:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/h22event/documents/_yajiridukuritirasi.pdf

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜キーホルダーをつくろう!

とき:
2010年4月11日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の絵や描いた絵から、キーホルダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(4/11)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(3/11)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜パズルをつくろう!

とき:
2010年4月4日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の絵や描いた絵から、キーホルダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(4/4)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(3/4)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で化石の消しゴムをつくろう! おやこでかせきのけしごむをつくろう!

とき:
2009年9月27日(日)、11月22日(日)、2010年1月3日(日)、3月7日(日) 午後1時〜2時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
消しゴムになる粘土(ねんど)でアンモナイトと三葉虫(さんようちゅう)の消しゴムをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(9/27・11/22・1/3 ※どれかだけ書く)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 貝化石のクリーニングをしよう!

とき:
2010年3月28日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
貝化石を岩石の中から取り出してみる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(3/28)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(2月28日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 恐竜時代の材化石を調べよう!

とき:
2010年2月28日(祝) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
日本や海外の恐竜時代の材化石のプレパラートを作って当時の環境を考える。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(2/28)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(1月28日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

山梨県立考古博物館 : 平成21年度第8回チャレンジ博物館 古代の青銅鏡をつくろう こだいのせいどうきょうをつくろう

とき:
1回め/2009年12月13日(日) 2回め/12月20日(日) 午前9時30分〜午後4時
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター 実習室とピロティー (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
銅は弥生時代に大陸からつたえられ、その丈夫(じょうぶ)さとかがやきの美しさから古代(こだい)のものづくりに欠かせない素材(そざい)になった。今回は代表的(だいひょうてき)な青銅製品(せいどうせひん)の鏡(かがみ)をつくることで、型(かた)づくりから鋳(い)こみ,研(と)きまで、その技術(ぎじゅつ)をまなぶ。鏡のデザインは古代の代表的な鏡3種類(しゅるい)からえらぶことができる。
青銅の伝来と普及、古代における青銅鏡の役割などについてまなぶ。青銅鏡は直径8cmの円形。鏡のデザインは連弧文鏡、方格規矩鏡、神獣鏡3種類から選ぶ。型(範)づくりはボール紙を切りぬき、台紙にはったものを基型にする。これを砂型におこす。鋳こみと鏡面の荒研きは職員のかたがおこなってくれる。鋳こみ作業を見学したあと、グラインダーや耐水ペーパーを使って、鏡面調整と研磨をおこなう。この作業のうち、グラインダーを使う部分は保護者がする。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者 (安全上の理由から、保護者が行う作業があるため、中学生が参加する場合をふくめて子ども1人につき大人1人の付き添いが必要。保護者は祖父母でもよい)
定員 ていいん:
各回6組
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
エプロン、軍手、マスク(子どもと保護者の分)、ピンセット(あれば)、作業用革手袋と安全メガネ(保護者用. メガネはスキー用でもよい)、昼食(外食はたぶんできない)、よごれてもよい活動しやすい服装。
そのほか:
参加者全員にオリジナル缶バッジをプレゼント。
参加のしかた:
2009年11月13日(金)から、前もって電話で申し込む。
申し込み先・問い合わせ先:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター TEL.055-266-5286
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/
催しのチラシ(PDF):
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/h21event/documents/chaseidokyo.pdf

山梨県立考古博物館 : 平成21年度チャレンジ博物館 親子ものづくり教室

とき:
午前半日/午前9時30分〜12時30分. 終日/午前9時30分〜午後4時
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 甲斐風土記の丘曽根丘陵公園内 TEL.055-266-5286)
スケジュール:
  1. ユニークな土偶をつくろう/2009年5月17日(日) 終日, 「いっちゃん」などのニックネームのある個性的な県内出土の土偶がモデル.
  2. 縄文時代のかごをつくろう/6月14日(日) 午前半日, 三内丸山遺跡「縄文ポシェット」を参考に、紙バンドでかご編みにチャレンジ.
  3. 粘土づくりから野焼きまで -縄文土器をつくろう-/7月19日(日)、25日(土)・26日(日)、8月9日(日) 3回連続, 3日間で土器づくりのすべてを体験学習.
  4. 縄文時代の布を編んでみよう/8月23日(日) 午前半日, 編布の技法でコースターやランチョンマットを作製.
  5. 弥生時代の矢じりをつくろう/10月18日(日) 午前半日, 特別展関連企画「弥生時代を学ぼう」。しあげは磨製の矢じりを飾り矢に装着.
  6. 弥生時代の稲かりに挑戦しよう/11月1日(日) 午前半日, 「弥生時代を学ぼう」第2弾。作製した石ぼうちょうで古代米の稲かりにチャレンジ.
  7. すこし大きなまが玉をつくろう/11月22日(日) 午前半日, 「弥生時代を学ぼう」第3弾。特別展展示品をモデルに、ビッグサイズでつくる.
  8. 古代の青銅鏡をつくろう/12月13日(日) 終日, ミニ青銅鏡を作製。型づくりから鋳こみ・研きまで実地に学習.
  9. 干支の土鈴をつくろう/2010年1月10日(日) 午前半日, 素焼きのトラ土鈴を作製.
  10. 縄文時代のアクセサリーをつくろう/2月14日(日) 午前半日, けつ状耳かざりを作製。ひもと小玉をつけて、ペンダントにしあげる.
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者 (小学校3年生以下が参加する場合は子ども1名につきおとな1名の付き添いが必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
実施日の1ヶ月まえから電話で申し込む。
申し込み先・問い合わせ先:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター TEL.055-266-5286
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/
催しのページ:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/documents/cha2009-02.pdf

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 恐竜の歯を観察しよう!

とき:
2010年1月24日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の歯のレプリカを作り、種類によってどのような特徴があるのか観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(1/24)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(12月24日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 竜脚類はどんな恐竜?

とき:
2010年2月14日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
最近の研究をもとに、現在の竜脚類の姿についてまなぶ。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(2/14)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(1月14日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 石をしらべよう -岩石プレパラートを作ろう-

とき:
2009年12月23日(祝) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
プレパラートを作って、石のつくりを調べてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(12/23)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(11月23日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 お父さんとクジラを掘ろう!

とき:
2009年11月3日(祝) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
2007年2月に福井県鷹巣近くの海岸で打ち上げられたセミクジラは、骨格標本にするために博物館の敷地内に埋められている。それを掘り出して、洗浄したり、標本作製の作業の一部を体験する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
10名(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(11/3)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(10月3日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜折り紙のジオラマをつくろう!

とき:
2010年1月10日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
折り紙でティラノサウルスなどの恐竜をつくり、ジオラマをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(1/10)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 恐竜化石発掘現場見学

とき:
2009年8月22日(土) 午後1時〜3時
ところ:
恐竜化石発掘現場
内容 ないよう:
恐竜化石発掘現場へ行き、地層の観察をする。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上
定員 ていいん:
40名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(8/22)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(7月22日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜キーホルダーをつくろう!

とき:
2009年10月4日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の絵や描いた絵から、キーホルダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(10/4)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で化石のレプリカをつくろう! おやこでかせきのれぷりかをつくろう!

とき:
2009年8月30日(日)、12月27日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
石こうをつかって、アンモナイトなどの化石の複製をつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順・多いときは抽選の場合あり)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(8/30・12/27)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

新潟県立自然科学館 : 大おりがみ博のイベント

ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
内容 ないよう:
1枚の紙から折鶴(おりづる)や紙飛行機(かみひこうき)・紙風船(かみふうせん)・やっこさん・カメラなど、いろいろな世界がつくり出される「おりがみ」。さいきんでは、このおりがみの世界が科学(かがく)の分野(ぶんや)でも注目をあつめている。人工衛星フリーフライヤーのソーラーパネルを広げる実験(じっけん)ではミウラ折りをつかって約6mの大きさまで広げることに成功した。また、図形(ずけい)を考える上でもおりがみが理解を深めてくれる。クイズやおりがみ体験のチャレンジをとおして、おりがみのおもしろさや奥深さを実感することができる特別展「みんなでチャレンジ! 大おりがみ博 -折鶴から宇宙開発まで-」が2009年3月14日(土)〜4月5日(日)のあいだ開催され、たくさんの関連イベントが催される。
  1. みんなで作ろう! おりがみで巨大トッキッキ!!/2009年3月14日(土)・15日(日) 午後1時30分〜3時, ところ エントランスホール・ステージ前, 内容 新潟の折り紙作家山口秋子先生と巨大なトッキッキをみんなで折り、春の特別展で展示する, 対象 小学生以上, 定員 各日20名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって館へ申し込む.
  2. みんなでチャレンジ! 巨大折鶴/3月20日(祝) 午後1時30分〜3時, ところ エントランスホール・ステージ前, 内容 巨大な紙で鶴を折る, 定員 20名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  3. 紙ヒコーキ名人と作る 大スペースシャトル/3月21日(土)・22日(日) 午後1時〜3時, ところ エントランスホール・ステージ前, 内容 70cmの大きなスペースシャトルをつくる, 対象 親子一般, 定員 各日20組, 参加費 200円+入館料, 参加のしかた その日に会場で.
  4. 紙ヒコーキ名人と作る はばたきカモメ/3月22日(日) 午前10時30分〜12時, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 パタパタとはばたくカモメ型紙飛行機をつくる, 定員 30名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  5. 川村みゆき先生と作るおりがみで多面体!/3月28日(土)・29日(日) 午前10時30分〜12時, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 紙を折ってパーツを作り、立体をつくる, 対象 小学生以上, 定員 各日20名, 参加費 100円+入館料, 参加のしかた 前もって館へ申し込む.
  6. 大人向けおりがみ教室 巨大多面体を作ろうI・II/I‥3月28日(土) II‥3月29日(日) 午後1時30分〜3時30分, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 一辺約1mの紙をつかって巨大な多面体をつくって展示する, 対象 中学生以上, 定員 各日12名, 参加費 100円+入館料, 参加のしかた 前もって館へ申し込む.
  7. 切って!折って!とびだして!折紙建築講座/4月4日(土)・5日(日) 午後1時30分〜3時, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 カッターをつかって、切ったり、折ったりすることで飛び出すカードをつくる, 対象 小学校4年生以上, 定員 各日20名, 参加費 300円+入館料, 参加のしかた 前もって館へ申し込む.
  8. サイエンスコミュニケータによる「おりがみショー」/3月14日(土)〜4月5日(日)の毎日 平日‥1回め午前10時30分〜 2回め午後1時45分〜、土日祝‥1回め午前11時〜 2回め午後1時45分〜 (3/20・21・22はお休み), ところ 講堂, 内容 サイエンスコミュニケータさんによるめずらしい折り紙、ふしぎな折り紙をつかった楽しいショー, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  9. いつでも参加できるワークショップ!/3月14日(土)〜4月5日(日)の毎日 (3/20・21・22はお休み), ところ 講堂, 内容 いつでも自由に参加できる折り紙教室, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

山梨県立博物館 かいじあむ : 企画展「金GOLD 黄金の国ジパングと甲斐金山展」関連イベント 砂金採り体験 さきんとりたいけん

とき:
2009年5月30日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
参加費 (おかね):
300円
参加のしかた:
その日に会場で。
問い合わせ先:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631(代)
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立考古博物館 : 平成21年度第5回チャレンジ博物館 特別展関連企画「弥生時代を学ぼう」第1弾 弥生時代の矢じりをつくろう やよいじだいのやじりをつくろう

とき:
2009年10月18日(日) 午前9時30分〜12時30分
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター 実習室 (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
弥生時代(やよいじだい)の矢じりづくりにチャレンジ。矢じりは大きさ3cm〜6cm。材料は黒色粘板岩(玄昌石)。金の尾遺跡(山梨県甲斐市)の出土品をモデルにして、と石や紙ヤスリでけずって、みがいてつくる。飾り矢は長さ50cmほど。あくまでも飾りもので、実際に弓につがえて飛ばすことはできない。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者 (小学校3年生以下は子ども1名につきおとな1名の付き添いが必要)
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくもの:
エプロン、クリームクレンザーとぼろ布
そのほか:
参加者全員にオリジナル缶バッジをプレゼント。特別展関連企画第1弾・第2弾(11/1)・第3弾(11/22)に連続して参加したひとに特製銅剣ペンダントをプレゼント。
参加のしかた:
9月18日(金)から、前もって電話で申し込む。
申し込み先・問い合わせ先:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター TEL.055-266-5286
持っていくものとか:
汚れてもよい服装
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立考古博物館 : 夏休みフリーパスポートイベント

とき:
2009年7月18日(土)〜8月30日(日) ※各プログラムの開催予定日などは案内PDFで確認すること.
ところ:
山梨県立考古博物館 (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根町923)、風土記の丘研修センター (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 甲斐風土記の丘曽根丘陵公園内)
プログラム:
  1. トンボ玉をつくろう!/午前10時・11時・午後1時・2時・3時(45分間ぐらい), ところ 風土記の丘研修センター, 対象 小学校4年生以上(保護者同伴), 定員 各回4名, 材料費 180円.
  2. 青銅鏡をつくろう!/午前11時〜12時のあいだに開始(180分間ぐらい), ところ 風土記の丘研修センター, 対象 小学校5年生以上(保護者同伴), 定員 各回4名, 材料費 2000円.
  3. 古代の火起こしにチャレンジしよう!/午前10時・11時・午後1時・2時・3時(40分間ぐらい), ところ 風土記の丘研修センター, 対象 小学生中学生(小学校3年生以下は保護者同伴), 定員 各回30名, 材料費 無料.
  4. 勾玉をつくろう!/午前10時・12時・午後2時(90分間ぐらい), ところ 風土記の丘研修センター, 対象 小学生中学生(小学校3年生以下は保護者同伴), 定員 各回30名, 材料費 130円.
  5. 土器の拓本カードをつくろう!/午前10時〜11時30分・午後1時〜3時30分(30分間ぐらい), ところ 考古博物館, 対象 小学生中学生, 定員 時間内に可能な人数, 材料費 無料.
参加のしかた:
その日に考古博物館の受付で入館時に申し込む(風土記の丘研修センターに直接行っても体験できない)。受付すると「土器の拓本カードをつくろう!」以外のプログラムは、毎日先着順にチケットが配られる。チケットは、なくなり次第終了。チケットの配布は、午後開催のものも含めて当館開館時間の午前9時から。
問い合わせ先:
山梨県立考古博物館 TEL.055-266-3881
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/
催しのページ(PDF):
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/h21event/documents/summer-annai_1.pdf

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 肉食獣の歯を観察しよう!

とき:
2009年4月26日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
絶滅した肉食哺乳類の歯のレプリカを作って、その進化をまなぶ。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(4/26)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(3月26日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 化石のペーパーウェイトをつくろう!

とき:
2009年5月24日(日) 午前10時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
化石が入っている石を磨いて、オリジナルのペーパーウェイトを作り、石の性質や化石の種類などをまなぶ。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(5/24)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(4月24日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 恐竜化石発掘現場見学

とき:
2009年7月25日(土) 午後1時〜3時
ところ:
恐竜化石発掘現場
内容 ないよう:
恐竜化石発掘現場へ行き、地層の観察をする。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上
定員 ていいん:
40名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(7/25)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(6月25日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 恐竜化石発掘現場見学

とき:
2009年8月8日(土) 午後1時〜3時
ところ:
恐竜化石発掘現場
内容 ないよう:
恐竜化石発掘現場へ行き、地層の観察をする。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上
定員 ていいん:
40名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(8/8)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(7月8日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館: 恐竜ふれあい教室 親子で化石の消しゴムをつくろう! おやこでかせきのけしごむをつくろう!

とき:
2009年4月5日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
消しゴムになる粘土(ねんど)でアンモナイトと三葉虫(さんようちゅう)の消しゴムをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(4/5)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(3月5日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 野外観察会 街の中の化石探検

とき:
2009年6月14日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井市内
内容 ないよう:
福井市内にあるビルの石材の中に埋まっている化石を発見し、観察しながらその種類や時代、古環境などを考えてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「野外観察会(5/14)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(5月14日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 野外観察会 岐阜県高山市(旧荘川村)付近の手取層群

とき:
2009年11月1日(日) 午前9時〜午後5時
ところ:
岐阜県高山市
内容 ないよう:
:岐阜県にある手取層群で、さまざまな地層・岩石・化石を観察する。
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「野外観察会(11/1)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(10月1日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜キーホルダーをつくろう!

とき:
2009年4月12日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の絵や描いた絵から、キーホルダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(4/12)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(3月12日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : 張り子のお面をつくろう(1)

とき:
2009年3月14日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
問い合わせ先:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631(代)
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : 木の実の笛をつくろう!

とき:
2009年2月21日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
問い合わせ先:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631(代)
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : お正月の遊びを楽しもう!

とき:
2009年1月17日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 お庭・体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
問い合わせ先:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631(代)
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : かいじあむのお正月

とき:
2009年1月2日(金)〜4日(日) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 お庭・体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
内容 ないよう:
  1. かいじあむオリジナルおみくじ
  2. 福引き
  3. 書初め大会
  4. 記念撮影コーナー/武田信玄・上杉謙信と記念撮影.
  5. お正月の遊びを体験/かるた、すごろく、福笑いなどなつかしい遊びを体験.
  6. もちつき大会/1月4日(日)のみ 午前11時〜・午後1時〜, それぞれの回で材料がなくなり次第終了.
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
問い合わせ先:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631(代)
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

新潟県立歴史博物館 : 2008年度下半期の講座

プログラム:
  1. 体験教室 火おこし/2008年10月12日(日)午後1時〜, 集まるところ 新潟県立自然科学館, 内容 キリモミ式(手で火きり棒を回す)で火おこしをする, 対象 小学生中学生・親子・一般, 定員 80名, 参加のしかた 新潟県立自然科学館で申し込む.
  2. 縄文原体(じょうもんげんたい)に挑戦 1/11月30日(日)午後1時30分〜3時, 内容 縄文原体(土器に文様をつける道具)をつくって、じっさいに文様をつけてみる, 対象 小学生中学生・親子・一般, 参加のしかた まえもって電話かはがきかファックスか電子メールで申し込む.
  3. 縄文原体(じょうもんげんたい)に挑戦 2/12月7日(日)午後1時30分〜3時, ところ 研修室, 内容 縄文原体(土器に文様をつける道具)をつくって、じっさいに文様をつけてみる, 対象 一般, 定員 50名.
  4. 体験教室 まが玉づくり/12月7日(日)午後1時〜2時30分(2回実施), 集まるところ 新潟県立自然科学館, 内容 滑石(かっせき)をつかって、まが玉づくりをする。完成したら持ち帰ることができる, 対象 小学生中学生・親子・一般, 定員 各45名, 参加のしかた 新潟県立自然科学館で申し込む.
  5. 縄文原体(じょうもんげんたい)に挑戦 3/12月14日(日)午後1時30分〜3時, ところ 研修室, 内容 縄文原体(土器に文様をつける道具)をつくって、じっさいに文様をつけてみる, 対象 一般, 定員 50名.
  6. 体験教室 わらぞうりを作ってみよう/2009年1月17日(土)午後1時30分〜4時, ところ 研修室, 内容 わらをつかって、ぞうりをつくる, 対象 小学生中学生・親子・一般, 定員 20名, 参加のしかた まえもって電話かはがきかファックスか電子メールで申し込む.
  7. 体験教室 わらぞうりを作ってみよう/1月18日(土)午後1時30分〜4時, ところ 研修室, 内容 わらをつかって、ぞうりをつくる, 対象 小学生中学生・親子・一般, 定員 20名, 参加のしかた まえもって電話かはがきかファックスか電子メールで申し込む.
  8. 体験教室 古代の金属製品をつくろう/2月11日(祝), 内容 低融点合金(ていゆうてんごうきん)をつかって、古代(こだい)の鏡(かがみ)などをつくる, 対象 親子・一般, 定員 15名, 参加のしかた まえもって電話かはがきかファックスか電子メールで申し込む.
参加のしかた:
講座によって申し込みのしかたがちがうので気をつけること。前もって申し込みが必要な講座は、希望講座名、氏名、電話番号、住所を書いておくこと。往復葉書で申し込みが必要な講座は、開催日の2週間まえが申し込みのしめ切りになる。
申し込み先・問い合わせ先:
新潟県立歴史博物館 講座係 にいがたけんりつれきしはくぶつかん こうざがかり (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 E-mail.koryu@nbz.or.jp TEL.0258-47-6135 FAX.0258-47-6136)
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

山梨県立考古博物館 : 第6回わたしたちの研究室(小中学生の考古学研究募集) わたしたちのけんきゅうしつ

とき:
応募期間/2008年9月2日(火)〜11月30日(日)必着
表彰式/2009年1月24日(土)
発表会/2009年1月24日(土)
展示会/2009年1月25日(日)〜2月22日(日)
内容 ないよう:
「わたしたちの研究室」は、小中学生が考古学(こうこがく)や歴史(れきし)をまなぶ楽しさを知る機会(きかい)として、その研究成果(けんきゅうせいか)を募集(ぼしゅう)・表彰(ひょうしょう)して、応募された作品すべてを展示公開(てんじこうかい)する催し。研究成果は1作品から受け付けてくれる。その研究成果が児童生徒個人(じどうせいとこじん)によるものなら「個人研究部門(こじんけんきゅうぶもん)」に、2人以上のグループによるものなら「団体研究部門I(だんたいけんきゅうぶもん1)」にエントリーすることになる。また、学級などで統一(とういつ)したテーマで研究した児童生徒個人の研究成果の場合は、「団体研究部門II(だんたいけんきゅうぶもん2)」と個人研究部門のどちらにもエントリーされることになる。まだどこにも発表していないものならば、過去(だいたい1年以内ぐらい)の成果でもOK。総合的(そうごうてき)な学習の時間や夏休み自由研究の社会科版として、取り組むとよい。
対象 たいしょう:
山梨県内(やまなしけんない)の小学生中学生
作品の内容 さくひんのないよう:
山梨県内の考古学や周辺諸科学(しゅうへんしょかがく)に関係した研究成果
部門 ぶもん:
個人研究部門、団体研究部門I(グループ対象)、団体研究部門II(学級・学年・学校対象)
表彰 ひょうしょう:
個人・団体ともに、最優秀賞(教育委員長賞)、優秀賞(教育長賞)、努力賞(山梨県考古学協会賞)、奨励賞(館長賞)
参加のしかた:
館のサイトで配られている開催要項(PDF)展示説明書(PDF)をよく読んで、参加申込書(xls)をプリントアウトして必要事項を書き込み、個人で博物館へ持っていくか郵送する。または、学校で取りまとめて持っていくか郵送する。
問い合わせ:
山梨県立考古博物館 やまなしけんりつこうこはくぶつかん (〒400-8501 山梨県甲府市丸の内1-6-1 TEL.055-237-1111代表)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/
案内チラシ(PDF):
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/images/17445836251.pdf
催しのページ:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/95901238051.html

山梨県立考古博物館 : 平成20年度チャレンジ博物館 第7回 最古の布づくり「編布」に挑戦しよう さいこのぬのづくり「あんぎん」にちょうせんしよう

とき:
2009年3月15日(日) 午前9時30分〜12時30分
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 甲斐風土記の丘曽根丘陵公園内 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
縄文時代の布「編布(あんぎん)」とはどんなものだったのだろうか。今回つくるのはみぢかな布製の小物。編布(越後アンギン)の技法(ぎほう)で、コースター(10cm×10cm)をつくる。小学校5年生以上の希望者はランチョンマット(18cm×30cm)をつくることもできる。※ランチョンマット希望者は時間を延長して作製する可能性がある.
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者 (小学校3年生以下が参加する場合は子ども1名につきおとな1名の付き添いが必要)
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
30cm以上の定規(じょうぎ:ものさし)、昼食(ランチョンマット希望者)。活動しやすい服装で参加すること。
参加のしかた:
2月15日(日)から電話で申し込む。
申し込み先・問い合わせ先:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 TEL.055-266-5286 FAX.055-266-5287)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

福井県立恐竜博物館: 恐竜ふれあい教室 親子で化石のレプリカをつくろう! おやこでかせきのれぷりかをつくろう!

とき:
2008年7月27日(日)、9月28日(日)、11月9日(日)、2009年1月4日(日)、3月8日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
石こうをつかって、アンモナイトなどの化石の複製をつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順・多いときは抽選の場合あり)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(7/27・9/28・11/9・3/8)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜模型をつくろう! おやこできょうりゅうもけいをつくろう!

とき:
2008年9月7日(日)、2009年3月22日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜(きょうりゅう)の骨格(こっかく)をもとに、粘土(ねんど)をつかって恐竜を復元(ふくげん)する。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(9/7または3/22)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(8月7日または2月22日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 目に見えない化石を取り出そう!

とき:
2009年3月21日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
岩石の中から、微生物の化石を取り出して観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(3/21)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(2月21日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

新潟県立自然科学館 : 11月のイベント

ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
スケジュール:
  1. 星空ウォッチング/2008年11月1日(土) 午後7時〜9時, ところ 屋上(プラネタリウム), 内容 秋の星空と星雲・星団をみる(曇天・雨天はプラネタリウムで解説), 定員 260名, 参加費 200円と入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話で館へ申し込むか、館内備え付け申し込み用紙で申し込む.
  2. 科学工作教室 モビールを作ろう/11月2日(土) 午後1時30分〜2時30分, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 やじろべえやモビールをとおして重さの中心、重心をさがす, 定員 20名(先着順), 参加費 材料費100円と入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  3. サイエンスラボラトリー“大”工作/11月3日(日) 1回め‥午後1時〜 2回め‥午後2時〜 3回め‥午後3時〜, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 サイエンスラボラトリー工作で人気の高い工作をつくる, 定員 各回30名(先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  4. 生物実験講座 動物の体色変化のひみつ/11月8日(土) 午後1時30分〜3時30分, ところ 科学室, 内容 生物が背景に応じて体の色を変えるしくみを、メダカをつかった実験で解きあかす, 定員 20名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話などで申し込む.
  5. ピンホールスコープを作ろう/11月9日(日) 1回め‥午後1時〜 2回め‥午後2時〜 3回め‥午後3時〜, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 サイエンスボランティアによる楽しい工作教室。空き缶を利用してピンホールスコープを作り、倒立像が映ることを体験する, 定員 各回24名(先着順), 参加費 材料費50円と入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  6. ロボットサイエンス教室(中級)/11月15日(土) 午後1時〜3時30分, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 レゴブロックをつかって、ロボットの組み立て・プログラム作成をする, 定員 12名(申し込み先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話などで館へ申し込む.
  7. 星空さんぽ/11月16日(日) 午後4時〜4時40分, ところ プラネタリウム, 内容 秋の星座についてまなぶ, 定員 210名, 参加費 おとな100円・子ども50円(入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で.
  8. 生活に身近な化学製品 ほかほかカイロを作ろう!/11月22日(土) 午後1時30分〜2時30分, ところ 科学室, 内容 みぢかな化学製品をつかって、使い捨てカイロをつくる, 対象 小学校4年生以上, 定員 各回20名(申し込み先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話などで館へ申し込む, 主催 「夢・化学-21」委員会.
  9. 花木園であそぼう/11月23日(日) 午後1時〜2時30分, ところ 花木園, 内容 森林インストラクターと自然にふれあうゲームをする, 対象 小学校2年生以上, 定員 30名(先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  10. 電動ホバークラフト“ハットくんを作ろう”/11月23日(日) 1回め‥午後1時〜 2回め‥午後2時〜 3回め‥午後3時〜, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 モーターでプロペラを回し、床を浮いて進むホバークラフトをつくる, 定員 24名, 参加費 材料費100円と入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  11. プラネタリウム 星と音楽のトビラ/11月23日(日) 午後4時〜4時40分, ところ プラネタリウム, 内容 解説員が選んだCD音楽を聴きながら秋の星座などをまなぶ, 定員 210名, 参加費 おとな100円・子ども50円(入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で.
  12. 地学講座 ミニミニ化石を見つけよう/11月24日(月) 午後1時30分〜2時30分, ところ 科学室, 内容 有孔虫などの小さな化石を顕微鏡で観察し、標本をつくる, 対象 小学校4年生以上, 定員 20名, 参加費 100円と入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話などで館へ申し込む.
  13. 電子顕微鏡教室(中級編)/11月24日(日) 午後1時30分〜2時30分, ところ 科学の目シアター、サイエンスラボラトリー, 内容 電子顕微鏡を使ってみぢかなものを観察する, 定員 8名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話などで館へ申し込む.
  14. 星空ウォッチング/11月29日(土) 午後7時〜9時, ところ 屋上(プラネタリウム), 内容 秋冬の星空と星雲・星団をみる(曇天・雨天はプラネタリウムで解説), 定員 260名, 参加費 200円と入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話で館へ申し込むか、館内備え付け申し込み用紙で申し込む.
  15. JAL出張航空教室/11月30日(日) 1回め‥午前10時30分〜12時30分 2回め‥午後1時30分〜3時30分, ところ 特別展示室, 内容 飛行機の飛ぶ原理や構造、組立工程、環境問題をまなぶ。元ジャンボ機のキャプテンもくる, 対象 小学校4年生以上, 定員 各回100名, 参加費 入館料がいる, 往復はがきで新潟県立自然科学館「JAL出張航空教室」係まで申し込む。参加者全員の氏名、学年、代表者の住所、郵便番号、電話、FAX番号、返信表面に代表者の住所・郵便番号・氏名を書いておくこと.
  16. 組み木のおもちゃを作ろう!/11月30日(日) 午後1時30分〜3時30分, ところ 科学室, 内容 ゆらゆら人形「空飛ぶ牛の親子」をつくる。午前11時から小黒氏の糸ノコ実演もある, 対象 小学生以上の親子, 定員 15名, 参加費 材料費2000円と入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話などで申し込む.
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

新潟県立自然科学館 : 10月のイベント

ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
スケジュール:
  1. 電子顕微鏡教室 初級編 鳴く虫を観察しよう/2008年10月4日(土) 午後1時30分〜2時30分, ところ 科学の目シアター、サイエンスラボラトリー, 内容 電子顕微鏡を使って、鳴く虫の体のひみつをときあかす, 定員 8名(申し込み先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話などで館へ申し込む.
  2. 科学実験教室 シャボン玉はなぜ丸い?/10月4日(土) 午後1時30分〜2時30分, ところ 科学室, 内容 表面張力(ひょうめんちょうりょく)の実験をして、シャボン玉の秘密をさぐる, 定員 20名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  3. 親と子の都市と建築講座/10月5日(日) 午前10時〜12時, ところ 講堂, 内容 テーマは「魔法の板を積んでかまくらをつくろう」, 対象 小学校1年生以上, 定員 40名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話などで新潟県建築士会(TEL.025-378-5556)へ申し込む.
  4. ぶんぶんコマで遊ぼう/10月5日(日) 1回め‥午後1時〜 2回め‥午後2時〜 3回め‥午後3時〜, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 サイエンスボランティアによる楽しい工作教室。ひもを引っぱると、ブ〜ンと音をたてて回るコマをつくる, 定員 24名, 参加費 材料費50円と入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  5. 星空さんぽ/10月5日(日) 午後4時〜4時40分, ところ プラネタリウム, 内容 秋の星座についてまなぶ, 定員 210名, 参加費 おとな100円・子ども50円(入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で.
  6. 生活実験講座 ミジンコを観察しよう/10月11日(日) 午後1時30分〜3時30分, ところ 科学室, 内容 顕微鏡をつかって、ミジンコのふしぎな生態を観察する, 対象 小学校4年生以上(保護者同伴の場合は小学校3年生以下でもよい), 定員 20名(申し込み先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって電話などで館へ申し込む.
  7. 星空ウォッチング/10月11日(日) 午後7時〜12時, ところ 屋上(プラネタリウム), 内容 十三夜月と木星・天王星をみる(曇天・雨天はプラネタリウムで解説), 定員 260名, 参加費 200円, 参加のしかた 前もって電話で館へ申し込むか、館内備え付け申し込み用紙で申し込む.
  8. 驚き・感動・歴史体験 火起こし体験(新潟県立歴史博物館共催)/10月12日(日) 1回め‥午後1時〜 2回め‥午後2時30分〜, ところ サイエンスラボラトリー, 内容 変わった道具をつかって火おこしを体験する, 対象 だれでも, 定員 各回24名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  9. 星空教室 秋から冬の星座/10月26日(日) 午後2時〜3時, ところ 科学室, 内容 秋から冬の星座のお話と星座投映機(せいざとうえいき)の工作, 対象 小学生以上(保護者同伴可), 定員 40名, 参加費 材料費200円と入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  10. オオクワガタ飼育講座 -幼虫・成虫の飼い方-/10月19日(日) 1回め‥午前11時〜12時 2回め‥午後2時〜3時, ところ エントランスステージ, 内容 オオクワガタの幼虫・成虫の飼いかたをまなぶことができる。オオクワガタの幼虫プレゼント, 定員 各回20名(申し込み先着順), 参加費 300円, 参加のしかた 2008年10月1日(水)から電話などで館へ申し込む.
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜キーホルダーをつくろう!

とき:
2008年4月13日(日)、10月5日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
パソコンで恐竜の絵を描いて、キーホルダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(4/13)参加希望」または「恐竜ふれあい教室(10/5)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(3月13日または9月5日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子でつくる新しい恐竜折り紙『ONE'S』

とき:
2008年6月8日(日)、2009年2月7日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
1枚の紙からフクイサウルスやティラノサウルスなどをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
30組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(6/8または2/7)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(5月8日または1月7日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館: 恐竜ふれあい教室 親子で化石の消しゴムをつくろう! おやこでかせきのけしごむをつくろう!

とき:
2008年8月24日(日)、12月7日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
消しゴムになる粘土(ねんど)でアンモナイトや三葉虫(さんようちゅう)の消しゴムをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順・多いときは抽選の場合あり)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(8/24)参加希望」または「恐竜ふれあい教室(12/7)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(7月24日または11月7日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 野外観察会 福井県の古生代の地層を探る

とき:
2008年11月2日(日) 午前9時〜午後4時
ところ:
未定
内容 ないよう:
福井県の古生代の地層とその周辺の地質を観察しながら、石灰岩からサンゴや腕足類などの化石を採集する。
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(11/2)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(10月2日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 骨をしらべよう!

とき:
2008年11月23日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(11/23)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(10月23日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜年賀状をつくろう! おやこできょうりゅうねんがじょうをつくろう!

とき:
2008年12月14日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
パソコンで恐竜の絵をはったり文字を組みあわせて年賀状を親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(12/14)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(11月14日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜の絵をかこう! おやこできょうりゅうのえをかこう!

とき:
2008年12月21日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
いろいろな恐竜の特徴(とくちょう)をつかんで、恐竜のイラストにチャレンジ。講師(こうし)の先生は、恐竜イラストレーターの山本 匠先生。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(12/21)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(11月21日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 恐竜の歯を観察しよう!

とき:
2008年12月28日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(12/28)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(11月28日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 石の中から「たね」の化石をとりだそう!

とき:
2009年1月25日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(1/25)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(12月25日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 恐竜をもっと調べよう!

とき:
2009年2月22日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の骨をじっくり観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(2/22)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(1月22日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜カレンダーをつくろう!

とき:
2009年3月1日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
パソコンで恐竜の絵を描いて、新しい年度の恐竜カレンダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(3/1)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(2月1日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

山梨県立考古博物館 : 古代のもちつき

とき:
2009年1月3日(土)・4日(日) 1回め/午前10時30分〜, 2回め/午後2時30分〜
ところ:
山梨県立考古博物館 正面玄関 ケヤキの木のまえ (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
内容 ないよう:
古代人が食べたという古代米(黒米)などを混ぜたお餅を臼と竪杵でついて、新年をお祝いする。
  1. 1月3日(土)午前の回/黒米
  2. 1月3日(土)午後の回/雑穀
  3. 1月4日(日)午前の回/黒米
  4. 1月4日(日)午後の回/トチ
対象 たいしょう:
入館者
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立博物館 かいじあむ : セミのおもちゃをつくってあそぼう!

とき:
2008年10月18日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立考古博物館 : チャレンジ博物館 第6回 すこし大きなまが玉をつくろう

とき:
2008年12月7日(日) 午前9時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター実習室 (山梨県甲府市下向山町1271 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
古墳(こふん)などの出土品(しゅつどひん)をモデルに、滑石(かっせき)を耐水(たいすい)ペーパーや研磨剤(けんまざい)で加工(かこう)して、まが玉をつくる。滑石の色は、薄青緑・ピンク・黒の3つから選ぶことができる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者 (小学校3年生以下が参加する場合は子ども1名につきおとな1名の付き添いが必要)
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
動きやすく汚れてもよい服装を着ること。ふだんつかっているハミガキ(大人用)、使い古しのタオル。
参加のしかた:
11月7日(金)から電話で申し込む。
申し込み・問い合わせ:
TEL.055-266-5286
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

福井県立歴史博物館 : ワークショップ 絵の具を作ろう!

とき:
2008年5月25日(日) 午後2時〜
ところ:
福井県立歴史博物館 ふくいけんりつれきしはくぶつかん (〒910-0016 福井県福井市大宮2-19-15 TEL.0776-22-4675)
内容 ないよう:
井ザワ画房&福井県立歴史博物館コラボレーション企画展「-人と色の歴史シリーズ- あお」の関連イベント。顔料をまぜあわせて、自分だけのパステル絵の具をつくる。
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
前もって福井県立歴史博物館に申し込む。
参加費 (おかね):
材料費がいる。
協力 きょうりょく:
ホルベイン工業株式会社
館のサイト:
http://www.pref.fukui.jp/muse/Cul-Hist/

山梨県立考古博物館 : 夏季こども学習会(チャレンジ博物館3) 親子で縄文土器をつくろう おやこでじょうもんどきをつくろう

とき:
A日程/1日め‥2008年7月20日(日)午前9時〜12時 2日め‥7月26日(土)午前9時〜午後4時 3日め‥8月10日(日)午前9時〜12時(雨天の場合17日に延期)
B日程/1日め‥2008年7月20日(日)午後1時〜4時 2日め‥7月27日(日)午前9時〜午後4時 3日め‥8月10日(日)午前9時〜12時(雨天の場合17日に延期)
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター 実習室・土器焼き場 (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
内容 ないよう:
親子で縄文土器(じょうもんどき)づくりにチャレンジする。山梨県内では、遺跡(いせき)からさまざまな縄目(なわめ)の文様(もんよう)をもつ、縄文時代(じょうもんじだい)の土器がたくさん出土(しゅつど)している。今回は、山梨県内で出土した土器をお手本に、3日間かけて土器づくりをして、縄文時代の技術(ぎじゅつ)や知恵(ちえ)を学ぶ。1日めは縄文土器について学習して、粘土練り(ねんどねり)をする。2日めは見本の土器を参考に土器づくりをする。3日めは、土器をみがいたあと、焼く。
対象 たいしょう:
3日間すべてに参加できる小学生中学生とその保護者
定員 ていいん:
各日程15組 (先着順. 子どもの数が各20名に達したらしめ切り)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
服装は動きやすく汚れてもよいもの。エプロン、昼食(2日め)、帽子と軍手(3日め)。
参加のしかた:
風土記の丘研修センター(TEL.055-266-5286)へ電話で申し込む。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

長野県信濃美術館 : 2008夜のやねうら美術館 暗闇で五感を使って楽しんでもらう作品展 出展者募集

とき:
展示/2008年2月9日(土)〜17日(日), 応募しめ切り/2007年12月28日(金)必着, 搬入展示作業/2月3日(日)〜4日(月) 午前9時〜午後4時のあいだ
ところ:
長野県信濃美術館 3階講堂 ながのけんしなのびじゅつかん (〒380-0801 長野県長野市箱清水1-4-4 善光寺東隣 TEL.026-232-0052 FAX.026-232-0050)
内容 ないよう:
第5回長野灯明まつりと関連して催される夜間延長開館イベント。暗闇の中で、五感を使って楽しんでもらう作品を制作して、作品展に出展する。くわしくは館のサイトで確認すること。応募作品は、主催者が選考を行い、合否が1月15日(火)までに通知される。
対象 たいしょう:
だれでも (展示作業・ライト設置は、美術館職員の指示のもと、各自ですること)
参加費 (おかね):
出品料/無料
館のサイト:
http://www.npsam.com/

長野市立博物館 : 子どもわんぱく教室 ヤショウマ作りに挑戦! やしょうまづくりにちょうせん!

とき:
2008年3月15日(土) 午後1時30分〜
ところ:
長野市立博物館 常設展示室2階民家 ながのしりつはくぶつかん (〒381-2212 長野県長野市小島田町八幡原史跡公園内 TEL.026-284-9011)
内容 ないよう:
お釈迦(しゃか)さんの涅槃会(ねはんえ)にちなんだ長野の伝統的(でんとうてき)なお餅(もち)、ヤショウマをつくる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者
定員 ていいん:
10家族
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくもの:
お米1合 (おこめ1ごう)
参加のしかた:
2008年3月5日までに電話で博物館へ申し込む。
館のサイト:
http://www.city.nagano.nagano.jp/museum/

野尻湖ナウマンゾウ博物館 : 夏休み博物館ミニ講座 なつやすみはくぶつかんみにこうざ

とき:
午後1時〜3時
  1. 石器づくり/2008年8月2日・4日・6日・8日・9日・10日・12日・14日・16日
  2. 火山灰の鉱物しらべ/8月1日・5日・13日・17日
  3. 昆虫化石さがし/8月3日・7日・11日・15日
ところ:
野尻湖ナウマンゾウ博物館 1階 玄関まえ (〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻287-5 TEL.026-258-2090)
内容 ないよう:
じぶんの手で氷河時代(ひょうがじだい)の自然やくらしをしらべてみる。石器をつくったり、火山灰(かざんばい)のなかからきれいな鉱物(こうぶつ)をみつけたり、氷河時代の昆虫(こんちゅう)の化石(かせき)をさがす。作品は持ってかえることができる。夏休みの自由研究にもぴったり。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
無料 ただ
館のサイト:
http://www.avis.ne.jp/~nojiriko/

新潟県立自然科学館 : 鳥屋野潟自然観察会

とき:
2008年5月3日(土) 午後1時〜3時30分
ところ:
集合/新潟県立自然科学館 科学室 (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331), 実施/鳥屋野潟周辺 (館のバスで移動)
内容 ないよう:
鳥屋野潟周辺で水生生物を採取して、観察する。雨天のときは科学室で身近な魚の解説。
対象 たいしょう:
親子
定員 ていいん:
10組 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
保険料など200円 (入館料もいる)
持っていくもの:
長ぐつ
参加のしかた:
前もって新潟県立自然科学館へ電話などで申し込む。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

新潟県立自然科学館 : フィルムケースロケットを飛ばそう!

とき:
2008年5月3日(土)・4日(日) 1回め/午前10時30分〜11時11分 2回め/午後1時30分〜2時10分 3回め/午後3時30分〜4時10分
ところ:
新潟県立自然科学館 特別展示室・屋外展示場 (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
内容 ないよう:
フィルムケースをつかったプチロケットをつくる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
各回30名 (先着順)
参加費 (おかね):
材料費50円 (入館料もいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

新潟県立歴史博物館 : 2008年度の講座

プログラム:
  1. 企画展「アイヌの工芸展」関連イベント 体験教室 ムックリ作り/2008年8月10日(日)午前10時〜11時, ところ 研修室, 内容 アイヌの伝統楽器ムックリを作って、鳴らしてみる, 対象 小学生中学生・親子・一般, 定員 20名, 参加のしかた まえもってはがきかファックスか電子メールで申し込む.
  2. 企画展「アイヌの工芸展」関連イベント 体験教室 アイヌ文様コースター作り/8月10日(日)午後1時30分〜2時30分, ところ 研修室, 内容 彫刻刀でアイヌ文様を彫る, 対象 小学生中学生・親子・一般, 定員 20名, 参加のしかた まえもってはがきかファックスか電子メールで申し込む.
  3. 企画展「アイヌの工芸展」関連イベント 体験教室 アイヌの弓矢作りと体験/8月24日(日)午後1時30分〜2時30分, ところ 研修室, 内容 アイヌの子どもたちが楽しんでいた身の回りの自然を使った遊びを体験する, 対象 小学生中学生・親子・一般, 定員 20名, 参加のしかた まえもってはがきかファックスか電子メールで申し込む.
参加のしかた:
講座によって申し込みのしかたがちがうので気をつけること。前もって申し込みが必要な講座は、希望講座名、氏名、電話番号、住所を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
新潟県立歴史博物館 講座係 にいがたけんりつれきしはくぶつかん こうざがかり (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 E-mail.koryu@nbz.or.jp TEL.0258-47-6135 FAX.0258-47-6136)
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : シンボル展「木食白道」関連イベント 粘土でつくる微笑仏 ねんどでつくるみしょうぶつ

とき:
2008年5月31日(土)
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
参加費 (おかね):
材料費200円
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : かいじあむ古文書講座(平成20年度) かいじあむこもんじょこうざ

とき:
午後1時30分〜3時
ところ:
山梨県立博物館 生涯学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
スケジュール:
  1. 2008年6月7日(土)/小学生でも読めるくずし字講座
  2. 7月12日(土)/親子で楽しめるくずし字講座
定員 ていいん:
100名ぐらい
参加のしかた:
前もって山梨県立博物館企画交流課(TEL.055-261-2631)へ申し込む。
参加費 (おかね):
無料 ただ
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : かいじあむこども工房 びゅんびゅんごまを作ってあそぼう!

とき:
2008年5月24日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で
問い合わせ:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 恐竜化石発掘現場見学 きょうりゅうかせきはっくつげんばけんがく

とき:
2008年7月26日(土) 午後1時〜3時
ところ:
恐竜化石発掘現場
内容 ないよう:
恐竜化石発掘現場で、地層(ちそう)の観察(かんさつ)や発掘体験(はっくつたいけん)をする。
対象 たいしょう:
小学校4年生〜一般
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
6月26日から7月3日までのあいだにとどくように、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(7/26)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。家族・友人などのグループ単位を考慮してくれるので、申し込むときに館へ知らせるとよい。7/5までに申込者に通知があり、参加者に参加要項が送られてくる。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 恐竜化石発掘現場見学 きょうりゅうかせきはっくつげんばけんがく

とき:
2008年8月9日(土) 午後1時〜3時
ところ:
恐竜化石発掘現場
内容 ないよう:
恐竜化石発掘現場で、地層(ちそう)の観察(かんさつ)や発掘体験(はっくつたいけん)をする。
対象 たいしょう:
小学校4年生〜一般
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
7月9日から16日までのあいだにとどくように、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(8/9)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。家族・友人などのグループ単位を考慮してくれるので、申し込むときに館へ知らせるとよい。7/19までに申込者に通知があり、参加者に参加要項が送られてくる。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 恐竜化石発掘現場見学 きょうりゅうかせきはっくつげんばけんがく

とき:
2008年8月23日(土) 午後1時〜3時
ところ:
恐竜化石発掘現場
内容 ないよう:
恐竜化石発掘現場で、地層(ちそう)の観察(かんさつ)や発掘体験(はっくつたいけん)をする。
対象 たいしょう:
小学校4年生〜一般
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
7月23日から30日までのあいだにとどくように、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(8/23)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。家族・友人などのグループ単位を考慮してくれるので、申し込むときに館へ知らせるとよい。8/2までに申込者に通知があり、参加者に参加要項が送られてくる。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 野外観察会 大野市(旧和泉村)の手取層群

とき:
2008年6月1日(日) 午前9時〜午後4時
ところ:
福井県大野市
内容 ないよう:
大野市(旧和泉村)に分布する手取層群を観察して、貝化石などを採集する。
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(6/1)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(5月1日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 化石のペーパーウェイトをつくろう!

とき:
2008年5月25日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
化石の入った岩石をみがいて、オリジナルのペーパーウェイトをつくる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(5/25)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(4月25日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜折り紙のジオラマをつくろう!

とき:
2008年5月11日(日)、2009年1月11日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
折り紙でティラノサウルスなどの恐竜をつくって、ジオラマをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(5/11または1/11)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(4月11日または12月11日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 石をしらべよう!

とき:
2008年4月27日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
偏光板(へんこうばん)や顕微鏡(けんびきょう)などをつかって、石のつくりやとくちょうをしらべる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(4/27)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(3月27日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 恐竜時代の木をしらべよう!

とき:
2008年6月22日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜時代の木材化石(もくざいかせき)のプレパラートをつくって内部を観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(6/22)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(5月22日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜の絵をかこう! おやこできょうりゅうのえをかこう!

とき:
2008年7月12日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
いろいろな恐竜の特徴(とくちょう)をつかんで、恐竜のイラストにチャレンジ。講師(こうし)の先生は、恐竜漫画家(きょうりゅうまんがか)のヒサクニヒコ先生。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(7/12)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(6月12日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

野尻湖ナウマンゾウ博物館 : 野鳥観察会 やちょうかんさつかい

とき:
2008年5月17日(土) 午前9時〜12時
ところ:
黒姫童話館〜御鹿池, 集まるところ/黒姫コスモプラザまえ
内容 ないよう:
信濃町やその近くにいる野鳥を観察する。
参加のしかた:
2008年5月16日までに野尻湖ナウマンゾウ博物館へ電話で申し込む。
参加費 (おかね):
100円 (保険料・資料代)
持っていくものとか:
持っている人は双眼鏡。服装は長ぐつがよい。
そのほか:
野鳥はしずかに見ないと逃げてしまうので、しずかに観察できる服装でいくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
野尻湖ナウマンゾウ博物館 (〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻287-5 TEL.026-258-2090)
館のサイト:
http://www.avis.ne.jp/~nojiriko/

野尻湖ナウマンゾウ博物館 : 信濃町の自然を歩くシリーズ 苗名滝探検 信濃路自然歩道を歩く

とき:
2008年5月18日(日) 午前9時〜午後3時
ところ:
黒姫スキー場〜苗名滝, 集まるところ/黒姫コスモプラザまえ
内容 ないよう:
森の中をゆっくりと、動物や植物、黒姫山の火山のようすなどをみながら歩く。
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
2008年5月16日までに野尻湖ナウマンゾウ博物館へ電話で申し込む。定員になり次第しめ切り。
参加費 (おかね):
100円 (保険料・資料代)
持っていくものとか:
お弁当・水筒・リュックサック・帽子・雨具・もっているひとは双眼鏡やルーペ。
そのほか:
林道から滝に下る道など急なところもあるので、ハイキングのしたくでいくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
野尻湖ナウマンゾウ博物館 (〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻287-5 TEL.026-258-2090)
館のサイト:
http://www.avis.ne.jp/~nojiriko/

山梨県立考古博物館 : チャレンジ博物館 縄文時代のアクセサリーを作ろう じょうもんじだいのあくせさりーをつくろう

とき:
2008年6月8日(日) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター (山梨県甲府市下向山町1271 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
今から約5000年まえ、山梨(やまなし)に住んでいた縄文人(じょうもんじん)が身につけていた石のアクセサリーをつくる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
5月8日(木)から、前もって電話で申し込む。
申し込み・問い合わせ:
TEL.055-266-5286
持っていくものとか:
汚れてもよい服装
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立考古博物館 : チャレンジ博物館 弥生時代の矢じりをつくろう やよいじだいのやじりをつくろう

とき:
2008年5月25日(日) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター (山梨県甲府市下向山町1271 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
弥生時代(やよいじだい)の矢じりづくりにチャレンジ。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者 (小学校3年生以下は子ども1名につきおとな1名の付き添いが必要)
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
4月25日(金)から、前もって電話で申し込む。
申し込み・問い合わせ先:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター TEL.055-266-5286
持っていくものとか:
汚れてもよい服装
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立博物館 かいじあむ : かいじあむこども工房 たこあげをしてあそぼう!

とき:
2008年2月16日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 南がわの庭 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
内容 ないよう:
山梨県立博物館の庭でたこあげにチャレンジする。毎週土曜日、児童生徒は無料で展示を見学することができるので、博物館の展示もみるとよい。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

石川県立歴史博物館 : 収蔵庫探検ツアー 博物館の心臓をのぞいてみよう

とき:
2007年2月11日(日)・18日(日)・25日(日)、3月4日(日)・11日(日)・18日(日) 午後2時〜2時30分
ところ:
石川県立歴史博物館 いしかわけんりつれきしはくぶつかん (〒920-0963 石川県金沢市出羽町3番1号 TEL.076-262-3236 FAX.076-262-1836 E-mail.rekihaku@pref.ishikawa.jp)
内容 ないよう:
「れきはくコレクション2006 未来に伝える石川の遺産」の関連行事。れきはくの収蔵庫(しゅうぞうこ)を学芸員(がくげいいん)のひとがツアーガイドしてくれる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
その日に博物館で申し込む
館のサイト:
http://www.pref.ishikawa.jp/muse/rekihaku/

野尻湖ナウマンゾウ博物館 : ゴールデンウィーク博物館ミニ講座 体験学習 骨しらべ・石器づくり

とき:
2008年5月3日(土)〜5日(祝) 午後1時〜3時
ところ:
野尻湖ナウマンゾウ博物館 (〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻287-5 TEL.026-258-2090)
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.avis.ne.jp/~nojiriko/

野尻湖ナウマンゾウ博物館 : 信濃町の自然を歩くシリーズ 野尻湖ゾウの小道

とき:
2008年4月27日(日) 午前9時〜12時
ところ:
野尻湖周遊道路からゾウの小道にかけての約7km
内容 ないよう:
野尻湖自然観察会。ゾウの小道を歩いて植物や動物を観察する。
問い合わせ:
野尻湖ナウマンゾウ博物館 (〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻287-5 TEL.026-258-2090)
館のサイト:
http://www.avis.ne.jp/~nojiriko/

山梨県立考古博物館 : チャレンジ博物館 石器作り第3弾 石包丁 いしぼうちょう

とき:
2008年2月10日(日) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
内容 ないよう:
弥生文化(やよいぶんか)を代表(だいひょう)する、稲の穂先(ほさき)を刈り取る(かりとる)ための石器(せっき)「石包丁(いしぼうちょう)」をつくる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者 (小学校3年生以下の子ども1名につき、保護者1名が付き添うこと)
定員 ていいん:
15組
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
前もって電話で申し込む。
申し込み・問い合わせ:
TEL.055-266-5286
持っていくものとか:
筆記用具。服装はうごきうやすくて汚れてもよいもの。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立考古博物館 : 第5回 わたしたちの研究室(小中学生の考古学研究募集) わたしたちのけんきゅうしつ

とき:
応募期間/2007年9月1日(土)〜11月30日(金)
表彰式/2008年1月26日(土)
発表会/2008年1月26日(土)
展示会/2008年1月27日(日)〜2月24日(日)
内容 ないよう:
「わたしたちの研究室」は、小中学生が考古学(こうこがく)や歴史(れきし)をまなぶ楽しさを知る機会(きかい)として、その研究成果(けんきゅうせいか)を募集(ぼしゅう)・表彰(ひょうしょう)して、応募された作品すべてを展示公開(てんじこうかい)する催し。研究成果は1作品から受け付けてくれる。その研究成果が児童生徒個人(じどうせいとこじん)によるものなら「個人研究部門(こじんけんきゅうぶもん)」に、2人以上のグループによるものなら「団体研究部門I(だんたいけんきゅうぶもん1)」にエントリーすることになる。また、学級などで統一(とういつ)したテーマで研究した児童生徒個人の研究成果の場合は、「団体研究部門II(だんたいけんきゅうぶもん2)」と個人研究部門のどちらにもエントリーされることになる。まだどこにも発表していないものならば、過去(だいたい1年以内ぐらい)の成果でもOK。総合的(そうごうてき)な学習の時間や夏休み自由研究の社会科版として、取り組むとよい。
対象 たいしょう:
山梨県内(やまなしけんない)の小学生中学生
作品の内容 さくひんのないよう:
山梨県内の考古学や周辺諸科学(しゅうへんしょかがく)に関係した研究成果
部門 ぶもん:
個人研究部門、団体研究部門I(グループ対象)、団体研究部門II(学級・学年・学校対象)
表彰 ひょうしょう:
個人・団体ともに、最優秀賞(教育委員長賞)、優秀賞(教育長賞)、努力賞(山梨県考古学協会賞)、奨励賞(館長賞)
参加のしかた:
館のサイトで配られている開催要項(PDF)をよく読んで、参加申込書(PDF)をプリントアウトして必要事項を書き込み、個人で博物館へ持っていくか郵送する。または、学校で取りまとめて持っていくか郵送する。
問い合わせ:
山梨県立考古博物館 やまなしけんりつこうこはくぶつかん (〒400-8501 山梨県甲府市丸の内1-6-1 TEL.055-237-1111代表)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/
催しのページ:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/95901238051.html

新潟県立歴史博物館 : 2007年度の講座 (2007年12月〜2008年3月分)

プログラム:
  1. 注連縄づくり/2007年12月23日(日) 午後1時30分〜3時, ところ 企画展示室, 対象 一般, 定員 30名, 参加のしかた まえもってはがきかファックスか電子メールで.
  2. 縄ない大会/2008年1月5日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 企画展示室, 対象 小学生中学生・親子, 定員 30名, 参加のしかた まえもってはがきかファックスか電子メールで.
  3. サイノカミ/1月13日(日) 午後3時点火, ところ 館周辺広場, 内容 越後の冬の民俗行事「サイノカミ」を実際に体験, 対象 親子・一般, 定員 20名, 持っていくもの 防寒着, 参加のしかた その日に会場で.
  4. わらでゾウリを作ってみよう/1月13日(日)・14日(月), ところ 企画展示室, 対象 一般・小学生中学生・親子, 定員 20名, 参加のしかた まえもってはがきかファックスか電子メールで.
  5. 体験教室 作ってみよう(本格まが玉作り)/2月9日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 博物館研修室, 内容 滑石(かっせき)よりかたくてこわれにくい石材を使って、まが玉作りをする, 対象 親子, 定員 20名, 参加のしかた まえもって往復はがきで申し込む, 服装 作業のできる服装.
  6. 藁たたき、縄ない/12月22日(土)・24日(月)・26日(水)・27日(水)、1月4日(金)・6日(日)・8日(火)・9日(水)・10日(木)・11日(金)・12日(土) 午後1時30分〜4時, ところ 企画展示室, 参加のしかた その日に会場で.
参加のしかた:
講座によって申し込みのしかたがちがうので気をつけること。前もって申し込みが必要な講座は、希望講座名、氏名、電話番号、住所を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
新潟県立歴史博物館 講座係 にいがたけんりつれきしはくぶつかん こうざがかり (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 E-mail.koryu@nbz.or.jp TEL.0258-47-6135 FAX.0258-47-6136)
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

新潟県立自然科学館 : 2008年2月の催しものと各種教室

ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
スケジュール:
  1. 2008年2月3日(日)午後1時〜1時40分・3時〜3時40分/天文講座 星空コレクション 冬の星座シートを作ろう, 内容 シートに線を描いたり、シールを貼る作業を通じて、冬を代表する星座たちを学ぶ工作, 対象 小学生以上, 定員 各回25名(先着順), 参加費 100円(入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で.
  2. 2月9日(土)午後1時〜3時/地学の実験教室 岩石を作っている鉱物を観察しよう, 内容 ハンマーを使って岩石から鉱物を取り出し、顕微鏡で観察する, 対象 小学校4年生以上, 定員 20名, 参加費 100円(入館料もいる), 参加のしかた 前もって申し込む.
  3. 2月10日(日)午後1時〜1時40分・2時〜2時40分・3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 ぶんぶんコマであそぼう, 内容 ひもを引っぱると、ブーンと音をたてて回るコマをつくる, 定員 24名, 参加費 材料費50円(入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で.
  4. 2月17日(日)午後1時〜2時30分/ネイチャーゲーム教室, 内容 ネイチャーゲームや工作をする, 定員 30名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  5. 2月23日(土)午後1時30分〜2時30分/夢・化学-21 生活に身近な化学製品 ほかほかカイロのひみつ, 内容 使い捨てカイロがあたたまるしくみを学び、手作りカイロをつくる, 対象 小学校3年生以上, 定員 20名(先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で.
  6. 2月23日(土)午後1時30分〜3時/電子顕微鏡教室(上級) 電子顕微鏡で身近なものを観察しよう, 内容 走査型電子顕微鏡(そうさがたでんしけんびきょう)を使って、見の回りにあるもの、家の中にあるものなどを観察する, 対象 小学校5年生以上, 定員 8名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって申し込む.
  7. 2月24日(日)午前10時〜午後5時/ウインターミュージアム 冬を楽しもう, 内容 雪国の生活の知恵から生まれた「かんじき」体験、「雪」をモチーフにした工作実験など、冬の1日を科学館で楽しくすごす, 参加のしかた その日に会場で.
参加のしかた:
まえもって申し込む必要のある催しは、ウェブサイトで申し込むか館に問いあわせること。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜の絵をかこう! おやこできょうりゅうのえをかこう!

とき:
2008年3月23日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
いろいろな恐竜の特徴(とくちょう)をつかんで、恐竜のイラストにチャレンジ。講師(こうし)の先生は、恐竜漫画家(きょうりゅうまんがか)のヒサクニヒコ先生。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(3/23)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(2月23日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 :博物館自然教室 いろんな骨をくらべよう!

とき:
2008年3月9日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(3/9)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(2月9日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜のペーパークラフトをつくろう!

とき:
2008年2月24日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 研修室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん けんしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
フクイサウルスやフクイラプトルのペーパークラフトを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
30組(多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(2/24)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(1月24日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜模型をつくろう! おやこできょうりゅうもけいをつくろう!

とき:
2008年1月13日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜(きょうりゅう)の骨格(こっかく)をもとに、粘土(ねんど)をつかって恐竜を復元(ふくげん)する。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(1/13)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(12月13日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : かいじあむ収穫祭 かいじあむしゅうかくさい

とき:
2007年11月23日(祝) 1回め/午前11時〜, 2回め/午後3時〜 ※小雨決行・荒天中止
ところ:
山梨県立博物館 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
内容 ないよう:
山梨県立博物館かいじあむの庭のなかには「古代の畠(こだいのはたけ)」がある。ここでは、サツマイモやダイコン、ソバなどのほかに「八幡いも(やわたいも)」などの山梨各地に伝わる野菜も栽培(さいばい)している。無事に畠の作物も育ったので、みんなでいっしょに秋の味覚を楽しむために「かいじあむ収穫祭」が開催される。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

長野市立博物館 : 子どもわんぱく教室 やしょうまを作ろう!

とき:
2007年3月17日(土) 午後1時〜3時30分
ところ:
長野市立博物館 ながのしりつはくぶつかん (〒381-2212 長野県長野市小島田町八幡原史跡公園内 TEL.026-284-9011)
内容 ないよう:
郷土食(きょうどしょく)の「やしょうま」をつくってみる。
対象 たいしょう:
小学生中学生と保護者
定員:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくもの:
米一合 (こめ1ごう)
参加のしかた:
2007年3月7日(水)までに電話で申し込む。
申し込み先:
長野市立博物館分館 TEL.026-284-9011)
館のサイト:
http://www.city.nagano.nagano.jp/museum/

新潟県立自然科学館 : 2007年3月の催しものと各種教室

ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
スケジュール:
  1. 2007年3月3日(土)午後1時30分〜3時/オートマタを作ろう, 内容 カムやギアの基本的なしくみがおなじ、からくり人形(オートマタ)をつくってロボットのしくみをしらべる, 定員 16名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって申し込む.
  2. 3月4日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 ぶんぶんコマ, 内容 ひもを引っぱると、ブーンと音をたてて回るぶんぶんコマをつくる, 定員 各回24名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  3. 3月17日(土)午前10時〜午後3時/ロボットサイエンス教室, 内容 レゴマインドストームを使ってロボットのしくみをまなぶ, 定員 12名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 前もって申し込む.
  4. 3月18日(日)1回め‥午前10時〜 2回め‥午前11時〜/ネイチャーゲーム教室, 内容 ネイチャーゲームや工作をする, 定員 各回20名, 参加費 材料費200円(入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  5. 3月21日(水)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる実験教室 雲の早見表を作って、雲の名前を覚えよう!, 内容 気象庁(きしょうちょう)で分類(ぶんるい)している10種類(しゅるい)の雲(くも)の写真で雲の分類表(ぶんるいひょう)をつくる, 定員 各回24名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  6. 3月25日(日)午後1時〜1時40分・午後3時〜3時40分/からくりの世界, 内容 茶はこび人形・段がえり人形などのからくり人形の実演, 定員 各回40名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  7. 3月25日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 紙で作る竹トンボ, 内容 紙でよく飛ぶ竹トンボをつくる, 定員 各回24名, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
参加のしかた:
まえもって申し込む必要のある催しは、ウェブサイトで申し込むか館に問いあわせること。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

長野市立博物館 茶臼山自然史館 : 子ども自然探検隊 化石を採集しよう かせきをさいしゅうしよう

とき:
2007年3月31日(土) 午前9時〜12時
ところ:
茶臼山周辺(自然史館へ集合)
内容 ないよう:
茶臼山(ちゃうすやま)の周辺(しゅうへん)で大むかしの化石をさがして、クリーニングをしてみる。
対象 たいしょう:
小学生中学生と保護者
定員:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
100円 (保険料)
参加のしかた:
2007年3月21日(水)までに電話で申し込む。
申し込み先:
長野市立博物館分館 茶臼山自然史館 (TEL.026-292-7622)
館のサイト:
http://www.city.nagano.nagano.jp/museum/sizensi/

長野市立博物館 茶臼山自然史館 : 子どもわんぱく教室 化石を作ろう かせきをつくろう

とき:
2007年3月3日(土) 午後1時〜3時30分
ところ:
長野市立博物館分館 茶臼山自然史館
内容 ないよう:
本ものそっくりな三葉虫(さんようちゅう)やアンモナイトなどのレプリカをつくる。
対象 たいしょう:
小学生中学生と保護者
定員:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2007年2月21日(水)までに電話で申し込む。
申し込み先:
長野市立博物館分館 茶臼山自然史館 (TEL.026-292-7622)
館のサイト:
http://www.city.nagano.nagano.jp/museum/sizensi/

長野市立博物館 戸隠地質化石館 : 雪上の自然観察 せつじょうのしぜんかんさつ

とき:
2007年2月24日(土) 午後1時〜3時
ところ:
戸隠周辺(奥社入口集合)
内容 ないよう:
クロスカントリースキーで雪のうえを歩いて動物の足跡(あしあと)をさがしてみる。
対象 たいしょう:
小学生中学生と保護者
定員:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
100円 (保険料)
参加のしかた:
2007年2月9日(金)までに電話で申し込む。
申し込み先:
長野市立博物館分館 戸隠地質化石館 (026-252-2228)
館のサイト:
http://www.avis.ne.jp/~kaseki/

山梨県立考古博物館 : チャレンジ博物館 干支のネズミ えとのねずみ

とき:
2007年12月8日(土) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
内容 ないよう:
来年の干支のネズミの置きものを粘土でつくる。。モデルは、江戸時代の子どものおもちゃ「泥めんこ」のネズミ。つくった作品は、乾燥(かんそう)・焼成(しょうせい)するので、12月18日(火)以後、風土記の丘研修センターへ取りにいくこと。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者 (小学校3年生以下の子ども1名につき、保護者1名が付き添うこと)
定員 ていいん:
15組
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
前もって電話で申し込む。
申し込み・問い合わせ:
TEL.055-266-5286
持っていくものとか:
筆記用具。服装はうごきうやすくて汚れてもよいもの。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜折り紙のジオラマをつくろう!

とき:
2008年1月6日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 研修室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
折り紙でティラノサウルスなどの恐竜をつくり、ジオラマをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
30組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(1/6)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(12月6日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : コンピュータ教室 恐竜年賀状をつくろう! きょうりゅうねんがじょうをつくろう!

とき:
2007年12月9日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の絵をはったり文字を組みあわせて年賀状を親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「コンピュータ教室(12/9)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(11月9日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 石を調べよう! いしをしらべよう!

とき:
2007年12月2日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
顕微鏡(けんびきょう)などをつかって、石の内部(ないぶ)がどうなっているのかをしらべる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(12/2)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(11月2日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

新潟県立歴史博物館 : 2007年度の講座

プログラム:
  1. 笹だんごを作ってみよう/2007年6月3日(日)午後1時30分〜4時, ところ 刈羽村油田(あぶらでん), 内容 カマドのあたりのむかしの台所道具(だいどころどうぐ)のつかいかたを体験しながら、笹だんごをつくる, 対象 一般, 定員 20名, 参加費 材料費がいる, 参加のしかた まえもって往復はがきで申し込む.
  2. 縄文土器の文様を知る1・2・3/7月1日(日)・8日(日)・22日(日)午後1時30分〜3時, ところ 博物館研修室, 内容 縄紐(なわひも)をつくって縄文土器(じょうもんどき)の文様(もんよう)を粘土(ねんど)の上に復元(ふくげん)したりする, 対象 小学生中学生・親子・一般、2回めは1回めの参加者のみ, 定員 20名, 参加のしかた まえもって往復はがきかファックスか電子メールで申し込む。2回めからの分は1回めのときに会場で申し込む.
  3. 見学会 縄文研究最前線 長岡市柿町山下遺跡(さんかいせき)発掘調査見学会/8月4日(土)〜10日(金)午前9時〜午後4時, ところ 発掘調査現場(現地駐車場に集合), 内容 山下遺跡へ行って、遺跡のようすや発掘(はっくつ)のようす、出土物(しゅつどぶつ)を観察する, 対象 親子・一般, 参加のしかた まえもって往復はがきで申し込む。希望日時を書いておくこと.
  4. 体験教室 気軽に裂き織り(さきおり)を/9月8日(土)午後1時〜4時, ところ 博物館研修室, 内容 家にある古着(ふるぎ)で、裂き織りを体験する, 対象 小学生中学生・親子・一般、2回めは1回めの参加者のみ, 定員 30名, 参加のしかた まえもって往復はがきで申し込む.
参加のしかた:
講座によって申し込みのしかたがちがうので気をつけること。希望講座名、氏名、電話番号、住所を書いておくこと。その日に博物館で申し込む
申し込み先・問い合わせ先:
新潟県立歴史博物館 講座係 にいがたけんりつれきしはくぶつかん こうざがかり (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 E-mail.koryu@nbz.or.jp TEL.0258-47-6135 FAX.0258-47-6136)
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 化石のペーパーウェイトをつくろう! かせきのぺーぱーうぇいとをつくろう!

とき:
2007年11月11日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
化石のはいった岩石を加工して、オリジナルのペーパーウェイトをつくる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(11/11)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(10月11日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子でつくる新しい恐竜折り紙『ONE'S』

とき:
2007年11月24日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 研修室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
1枚の紙からスーパーサウルスとティラノサウルスをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
30組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(11/24)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(10月24日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館: 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜の絵をかこう! おやこできょうりゅうのえをかこう!

とき:
2007年11月4日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
いろいろな恐竜のとくちょうをつかんで、恐竜のイラストにチャレンジ。講師(こうし)の先生は、恐竜イラストレーターの山本匠さん。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(11/4)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(10月4日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : 特別展「北斎と広重 ふたりの冨嶽三十六景」関連イベント かいじあむこども工房 浮世絵をすってみよう!

とき:
2007年10月13日(土)、11月17日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 目に見えない化石を取り出そう めにみえないかせきをとりだそう

とき:
2007年9月16日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
岩石(がんせき)のなかから、微生物(びせいぶつ)の化石をとり出して観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
8月16日から、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(9/16)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。定員になり次第しめ切り。開催日の2週間まえごろに当日の参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : コンピュータ教室 恐竜キーホルダーをつくってみよう! きょうりゅうきーほるだーをつくってみよう!

とき:
2007年9月30日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の絵や描いた絵からキーホルダーを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳小学校3年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「コンピュータ教室(9/30)参加希望」と氏名、年齢・学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(8月30日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 恐竜化石発掘現場見学 きょうりゅうかせきはっくつげんばけんがく

とき:
2007年9月1日(土) 午後1時〜3時
ところ:
恐竜化石発掘現場
内容 ないよう:
恐竜化石発掘現場で、地層(ちそう)の観察(かんさつ)や発掘体験(はっくつたいけん)をする。
対象 たいしょう:
小学校4年生〜一般
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
8月1日から8日までのあいだにとどくように、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(9/1)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。家族・友人などのグループ単位を考慮してくれるので、申し込むときに館へ知らせるとよい。8/10までに申込者に通知があり、参加者に参加要項が送られてくる。
そのほか:
参加者以外の家族や友人などは、現場へ同行できないので、博物館で特別展などを観覧して待つこと。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 動物の歯を観察しよう!

とき:
2007年8月25日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
色々な動物の歯のレプリカをつくって、進化(しんか)のながれを学ぶ。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順・多いときは抽選の場合あり)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(8/25)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(7月25日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

山梨県立考古博物館 : 夏のイベント

ところ:
山梨県立考古博物館 (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882), 山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 TEL.055-266-5286 FAX.055-266-5287)
プログラム:
  1. 見学用(自由研究のヒント)ワークシート/2007年7月21日(土)〜8月31日(金), 参加費 無料.
  2. トンボ玉をつくろう!/8月5日(日)・12日(日)・18日(土) 午前の部‥受付午前9時から 午後の部‥受付午後0時から, ところ 風土記の丘研修センター, 対象 山梨県内の小学校4年生以上(保護者同伴), 定員 午前の部‥5名 午後の部‥5名 (先着順), 参加費 材料費100円.
  3. 体験・古代の火起こし!/7月21日(土)〜8月31日(金) ※午後2時までに入館すること, ところ 風土記の丘研修センター, 内容 木と木をこすり合わせ、摩擦力(まさつりょく)で火をおこす。マッチやライターのなかった時代の、火おこしにチャレンジ.
  4. まが玉をつくろう!/7月21日(土)〜8月31日(金)※午後3時までに入館すること, ところ 風土記の丘研修センター, 内容 古代のアクセサリー、まが玉をつくる, 参加費 材料費120円.
  5. 体験・土器拓本!/7月21日(土)〜28日(土)、8月13日(月)〜19日(日), ところ 考古博物館, 内容 縄文土器(じょうもんどき)の拓本(たくほん)と、縄文土器の写真とを合わせて、1枚のカードにする。拓本する縄文土器の破片(はへん)は5種類、縄文土器の写真(考古博物館所蔵)は6種類, 参加費 無料.
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立博物館 かいじあむ : 昔のおもちゃを作って遊ぼう 竹の水でっぽうを作ろう!

とき:
2007年7月28日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室・庭 やまなしけんりつはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ・にわ (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
内容 ないよう:
水でっぽうを竹でつくって、的(まと)あて大会をする。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
問い合わせ:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : ピンホールカメラを作ろう!

とき:
2007年8月18日(土) 1回め/午前10時30分〜 2回め/午後1時30分〜
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室・庭 やまなしけんりつはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ・にわ (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
定員 ていいん:
各回10組(申し込み先着順)
参加のしかた:
前もって山梨県立博物館へ申し込む。
問い合わせ:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 恐竜化石発掘現場見学 きょうりゅうかせきはっくつげんばけんがく

とき:
2007年8月4日(土) 午後1時〜3時
ところ:
恐竜化石発掘現場
内容 ないよう:
恐竜化石発掘現場で、地層(ちそう)の観察(かんさつ)や発掘体験(はっくつたいけん)をする。
対象 たいしょう:
小学校4年生〜一般
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
7月4日から18日までのあいだにとどくように、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(8/4)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。家族・友人などのグループ単位を考慮してくれるので、申し込むときに館へ知らせるとよい。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜模型をつくろう! おやこできょうりゅうもけいをつくろう!

とき:
2007年8月5日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の骨格(こっかく)をもとに、粘土(ねんど)をつかって恐竜を復元(ふくげん)する。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順・多いときは抽選の場合あり)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(8/5)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(7月5日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子でつくる新しい恐竜折り紙『ONE'S』

とき:
2007年8月12日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 ガイダンスルーム (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
1枚の紙からスーパーサウルスとティラノサウルスをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
30組(申し込み先着順・多いときは抽選の場合あり)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(8/12)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(7月12日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

山梨県立考古博物館 : 親子でものづくり・チャレンジ博物館 気分は縄文人! 縄文時代のアクセサリーをつくろう じょうもんじだいのあくせさりーをつくろう

とき:
2007年6月10日(日) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター やまなしけんりつこうこはくぶつかん ふどきのおかけんしゅうせんたー (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 TEL.055-266-5286 FAX.055-266-5287)
内容 ないよう:
滑石(かっせき)を砥石(といし)や紙ヤスリ、糸鋸(いとのこ)の歯などで形をととのえて「けつ状耳飾り(けつじょうみみかざり イヤリング)」をつくる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者
定員 ていいん:
15組
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
動きやすく汚れてもよい服装
参加のしかた:
前もって電話で風土記の丘研修センターへ申し込む。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

福井県立恐竜博物館: 博物館自然教室 南米チリ南部の木材化石を調べよう!

とき:
2007年7月29日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
南米(なんべい)チリの南部(なんぶ)で採集(さいしゅう)した木材化石(もくざいかせき)の薄片(はくへん)をつくって内部(ないぶ)を観察(かんさつ)する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順・多いときは抽選の場合あり)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(7/29)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(6月29日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館: 博物館自然教室 恐竜化石をミクロな目で観察しよう!

とき:
2007年6月24日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜(きょうりゅう)の骨(ほね)のつくりを、化石(かせき)を加工(かこう)して顕微鏡(けんびきょう)で観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順・多いときは抽選の場合あり)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(6/24)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(5月24日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 野外観察会 足羽川沿いの地学散策 あすわがわぞいのちがくさんさく

とき:
2007年6月3日(日) 午前9時〜午後4時
ところ:
福井市美山町〜池田町
内容 ないよう:
足羽川に沿って(そって)みられる恐竜時代の地層(ちそう)などを観察する。
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(6/3)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(5月3日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館: 博物館自然教室 植物のミクロの世界をのぞいてみよう!

とき:
2007年5月27日(日) 午前の部/午前10時〜12時, 午後の部/午後2時〜4時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
博物館周辺でいろいろな植物(しょくぶつ)の花粉(かふん)や胞子(ほうし)を採集(さいしゅう)して、電子顕微鏡(でんしけんびきょう)で観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
各回10名 (申し込み先着順・多いときは抽選の場合あり)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(5/27)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(4月27日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館: 恐竜ふれあい教室 親子で化石のレプリカをつくろう! おやこでかせきのれぷりかをつくろう!

とき:
2007年7月21日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
1枚の紙からスーパーサウルスとティラノサウルスをつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(申し込み先着順・多いときは抽選の場合あり)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(7/21)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(6月21日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 恐竜化石発掘現場見学 きょうりゅうかせきはっくつげんばけんがく

とき:
2007年7月28日(土) 午後1時〜3時
ところ:
恐竜化石発掘現場
内容 ないよう:
恐竜化石発掘現場で、地層(ちそう)の観察(かんさつ)や発掘体験(はっくつたいけん)をする。
対象 たいしょう:
小学校4年生〜一般
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
6月28日から7月12日までのあいだにとどくように、往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(7/28)参加希望」と氏名、学年、住所、電話番号を書いておくこと。家族・友人などのグループ単位を考慮してくれるので、申し込むときに館へ知らせるとよい。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
申し込み先・問い合わせ先:
福井県立恐竜博物館 (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立歴史博物館 : ワークショップ ビーチグラスでランプシェードをつくろう!

とき:
2006年8月26日(土) 午後2時〜
ところ:
福井県立歴史博物館 研修室 ふくいけんりつれきしはくぶつかん けんしゅうしつ (〒910-0016 福井県福井市大宮2-19-15 TEL.0776-22-4675)
内容 ないよう:
ビーチグラスをはって、オリジナルのランプシェードをつくる。
対象 たいしょう:
一般 いっぱん)
参加のしかた:
博物館へ前もって申し込む。
参加費 (おかね):
その日にはらう
問いあわせ・申し込み:
福井県立歴史博物館 ふくいけんりつれきしはくぶつかん (〒910-0016 福井県福井市大宮2-19-15 TEL.0776-22-4675)
館のサイト:
http://www.pref.fukui.jp/muse/Cul-Hist/

山梨県立博物館 かいじあむ : かいじあむ子ども工房 縄文時代の竪穴住居を作ろう!(ペーパークラフト) じょうもんじだいのたてあなじゅうきょをつくろう!

とき:
2007年6月9日(土) 午前10時30分〜午後3時のあいだいつでも
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
内容 ないよう:
縄文(じょうもん)時代のひとたちは、どんな家にすんでいたのかを学びながら、ペーパークラフトの竪穴住居(たてあなじゅうきょ)をつくる。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : お庭で自然観察 おにわでしぜんかんさつ

とき:
2007年5月19日(土)、6月16日(土) 午後1時30分から1時間くらい
ところ:
山梨県立博物館 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
集まるところ:
博物館ロビー
内容 ないよう:
山梨県立博物館の庭はとても広くて、約160種4万本(160しゅ4まんぼん)の草や木が植えられている。季節(きせつ)ごとにいろいろな花が咲いたり、1年をとおして植物(しょくぶつの)いろいろなすがたを楽しむことができる。また、いろいろな野鳥(やちょう)や昆虫(こんちゅう)もやってくる。散歩(さんぽ)をしながら、博物館の庭の自然を楽しむことができる。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日の開始時間になったら博物館ロビーに集まる。
問い合わせ:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立考古博物館 : 親子でものづくり・チャレンジ博物館 矢じり

とき:
2007年5月27日(日) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター やまなしけんりつこうこはくぶつかん ふどきのおかけんしゅうせんたー (〒400-1507 山梨県甲府市下向山町1271 TEL.055-266-5286 FAX.055-266-5287)
内容 ないよう:
粘板岩(ねんばんがん)を砥石(といし)や紙ヤスリでかたちをととのえて、弥生時代(やよいじだい)の矢じり(やじり)をつくる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者
定員 ていいん:
15組
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
軍手・汚れてもよい服装
参加のしかた:
前もって電話で風土記の丘研修センターへ申し込む。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

新潟県立歴史博物館 : わら細工 ぞうりを作ってみよう

とき:
2007年3月27日(火)・28日(水)・29日(木) 午後1時〜4時 (受付/午後1時〜2時30分)
ところ:
新潟県立歴史博物館 にいがたけんりつれきしはくぶつかん (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 TEL.0258-47-6135 FAX.0258-47-6136)
内容 ないよう:
わらでぞうりをつくってみる。
参加のしかた:
その日に博物館で申し込む
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : お庭で自然観察 おにわでしぜんかんさつ

とき:
2007年3月10日(土) 午後1時30分から1時間くらい
ところ:
山梨県立博物館 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
集まるところ:
博物館ロビー
内容 ないよう:
山梨県立博物館の庭はとても広くて、約160種4万本(160しゅ4まんぼん)の草や木が植えられている。季節(きせつ)ごとにいろいろな花が咲いたり、1年をとおして植物(しょくぶつの)いろいろなすがたを楽しむことができる。また、いろいろな野鳥(やちょう)や昆虫(こんちゅう)もやってくる。散歩(さんぽ)をしながら、博物館の庭の自然を楽しむことができる。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日の開始時間になったら博物館ロビーに集まる。
問い合わせ:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

福井県立恐竜博物館: 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜のペーパークラフトをつくろう!

とき:
2007年4月29日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 研修室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん けんしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
フクイサウルスやフクイラプトルのペーパークラフトを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
30組(多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(4/29)参加希望」と氏名・年齢学年、保護者名、住所、電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(3月29日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜の絵をかこう!

とき:
2007年3月18日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜イラストレーターの山本匠さんといっしょに恐竜の絵をかいてみる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(3月18日)参加希望」と氏名・年齢学年・保護者名・住所・電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(2月18日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館: 恐竜ふれあい教室 親子で恐竜のペーパークラフトをつくろう!

とき:
2007年1月6日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
フクイサウルスやフクイラプトルのペーパークラフトを親子でつくる。
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者(親子)
定員 ていいん:
15組(多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(1月6参加希望」と氏名・年齢学年・保護者名・住所・電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(12月6日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

山梨県立考古博物館 : チャレンジ博物館 古代の服を着て古代人になろう

とき:
2007年3月4日(日) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館 エントランスホール (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
内容 ないよう:
古代(こだい)の服(ふく)について学んだあと、古代の服を着て古代人体験。カメラを持っていって記念写真をとったりできる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者(小学校3年生以下の子どもの場合、子ども1名におとな1名の付き添いがいる。
定員 ていいん:
15組
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
カメラ。動きやすい服装でいくこと。
参加のしかた:
前もって電話で風土記の丘研修センター(TEL.055-266-5286)へ申し込む。
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

長野県信濃美術館 : 親子のアトリエ展 おやこのあとりえてん

とき:
2006年10月21日(土)〜12月17日(日) (休館日/毎週水曜日)
ところ:
長野県信濃美術館 ながのけんしなのびじゅつかん (〒380-0801 長野県長野市箱清水1-4-4 善光寺東隣 TEL.026-232-0052 FAX.026-232-0050)
内容 ないよう:
木や布(ぬの)、紙(かみ)をつかったさまざまな遊びを体験しながらいろいろなことを学ぶことのできる展覧会(てんらんかい)。ふだん、あまりふれることが少なくなった、ふろしきの活用のしかたを習ったり、水引(みずびき)や藁ツトなどをつくってみることができる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
自由観覧 じゆうかんらん
参加費 (おかね):
観覧料/おとな800円 大学生400円 高校生以下無料
館のサイト:
http://www.npsam.com/
[ 掲示板 ] 長野県信濃美術館 さまからの提供情報です. ありがとうございます.

山梨県立博物館 かいじあむ : かいじあむ工房 昔のおもちゃで遊ぼう!

とき:
2007年1月8日(祝) 午前10時30分〜
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
内容 ないよう:
凧揚げ(たこあげ)、羽根つき(はねつき)、竹とんぼ(たけとんぼ)などのむかしのおもちゃであそぶ。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
問い合わせ:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立考古博物館 : 夏休みの自由研究を募集 第4回わたしたちの研究室 わたしたちのけんきゅうしつ

内容 ないよう:
山梨県立考古博物館(やまなしけんりつここはくぶつかん)では、山梨県のむかしのこと(おもに縄文時代・弥生時代・古墳時代 じょうもんじだい・やよいじだい・こふんじだい)をあつかった自由研究(じゆうけんきゅう)を募集(ぼしゅう)している。夏休みが終わって、学校の担任の先生(たんにんのせんせい)へ考古学(こうこがく)の自由研究を提出(ていしゅつ)すると、学校の先生が山梨県立考古博物館へ出してくれる。集まったみんなの自由研究は表彰(ひょうしょう)・展示(てんじ)される。
対象 たいしょう:
山梨県内の小学生中学生
参加のしかた:
今年(2006年)の2学期のはじめに学校の担任の先生へ、夏休みの自由研究を提出する。
表彰 ひょうしょう:
最優秀賞(教育委員長賞)、優秀賞(教育長賞)、努力賞(山梨県考古学協会賞)、奨励賞(館長賞)
表彰式・発表会 ひょうしょうしき・はっぴょうかい:
2007年1月20日(土)
展示会 てんじかい:
2007年1月20日(土)〜2月25日(日)
そのほか:
提出された自由研究は、展示会が終わったら返してもらえる。
問いあわせ先:
山梨県立考古博物館 (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

新潟県立自然科学館 : 2007年1月の催しものと各種教室

ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
スケジュール:
  1. 2007年1月7日(日)午後1時〜1時40分・2時〜2時40分・3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 モビールをつくろう, 内容 身近な素材(そざい)をつかってモビールをつくる, 定員 各回24名, 参加費 材料費50円(入館料もいる).
  2. 1月13日(土)午前10時〜・14日(日)午前9時30分〜/新春工作フェア, 内容 スライムや化石レプリカとかいろいろな工作体験, 参加費 材料費1工作100年(入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  3. 1月13日(土)午後1時〜3時30分/貝の心臓の動きを観察しよう カキの解剖, 内容 貝を解剖(かいぼう)して心臓(しんぞう)とエラのうごきを観察する, 定員 20名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む.
  4. 1月20日(土)午前10時〜午後3時/ロボットサイエンス教室, 内容 レゴマインドストームを使ってロボットのしくみをまなぶ, 定員 12名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む.
  5. 1月21日(日)午後1時30分〜2時10分/ビックリ、ドッキリ、おもしろ電気実験, 内容 家庭用電気製品を使った実験や、静電気の性質を調べたりする, 定員 24名(先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  6. 1月21日(日)午前10時〜12時/ネイチャーゲーム教室, 内容 ネイチャーゲームや工作をする, 定員 20名, 参加費 材料費200円(入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  7. 1月27日(土)午後3時40分〜4時20分/プラネタリウム星空散歩, 内容 プラネタリウムで冬の星座や天文現象をまなぶ, 定員 210名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  8. 1月27日(土)午後1時30分〜2時30分/生活に身近な化学製品, 内容 身近な化学製品をつかって実験する。今回は瞬間接着剤(しゅんかんせっちゃくざい), 対象 小学校2年生以下の子どもは保護者がいっしょに参加すること, 定員 20名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  9. 1月28日(日)午後1時30分〜2時30分/鳥屋野潟の野鳥観察, 内容 鳥屋野潟に飛んでくるマガモなどの野鳥を観察する, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  10. 1月28日(日)午後1時〜1時40分・午後3時〜3時40分/からくりの世界, 内容 茶はこび人形・段がえり人形などのからくり人形の実演, 定員 各回40名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  11. 1月28日(日)午後1時〜1時40分・午後2時30分〜3時10分/サイエンスボランティアによる工作教室 惑星儀を作ろう, 内容 冥王星や地球・木星など太陽系の天体を10cmの大きさでつくる, 対象 小学校2年生以下の子どもは保護者がいっしょに参加すること, 定員 各回24名, 参加費 材料費100円(入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
参加のしかた:
まえもって申し込む必要のある催しは、ウェブサイトで申し込むか館に問いあわせること。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

新潟県立歴史博物館 : 新潟の産業いま・むかし展 関連イベント バス見学体験ツアー ばすけんがくたいけんつあー

スケジュール:
  1. 見学会 現代と古代の製鉄(長岡市・柏崎市)/2006年7月30日(日) 午前8時30分〜午後4時, 集まるところ 博物館駐車場, 内容 長岡市の北越メタル株式会社ではスクラップなどの資源からふたたび鉄をつくり出している。大型電気炉から鉄が流れだす瞬間を見学できる。平安〜鎌倉時代の製鉄遺跡、柏崎市軽井川南遺跡群の発掘調査現場も見学する, 対象 小学生中学生・高校生・親子 (小学生以上のみ), 定員 25名以上, 参加費 おとな1人6000円 子ども1人5700円 (昼食込み).
  2. 見学体験ツアー 安田瓦見学と庵地焼(あんちやき)体験(阿賀野市)/8月10日(木) 午前8時30分〜午後4時45分, 集まるところ 博物館駐車場, 内容 江戸時代からの伝統を受け継ぐ安田瓦の瓦づくりを工場見学する。庵地焼の旗野窯(はたのがま)で、土づくり・成形(せいけい)・焼成(しょうせい)などの技術を学んで体験する, 対象 小学生中学生・高校生・親子 (小学生以上のみ), 定員 25名以上, 参加費 おとな1人6600円 子ども1人6300円 (昼食込み).
  3. 見学体験ツアー 三条 鍛冶(かじ)体験(三条市)/8月19日(土) 午前9時〜午後4時, 集まるところ 博物館駐車場, 内容 株式会社マルト長谷川工作所では鉄製のペンチやニッパーをつくっている。機械化された鍛造(たんぞう)の工程を見学する。鍛冶道場では、伝統的な鍛冶職人のひとの指導で和釘(わくぎ)づくりを体験する, 対象 小学校4年生以上・中学生・高校生・親子 (小学校4年生以上のみ), 定員 25名以上, 参加費 おとな1人5800円 子ども1人5500円 (昼食込み).
  4. 見学体験ツアー 山北の塩づくり体験(山北町)/8月24日(木) 午前8時〜午後5時50分, 集まるところ 博物館駐車場, 内容 有限会社中浜観光物産では、万葉集にも記述がある藻塩(もしお)もつくっているのでその製造工程を見学する。実際に海水をくみ上げて塩づくりを体験する, 対象 小学生以上・中学生・高校生・親子 (小学生以上のみ), 定員 25名以上, 参加費 おとな1人7100円 子ども1人6800円 (昼食込み).
参加のしかた:
下記の申し込み先へ、前もって電話で申し込む。
バス見学体験ツアーに関する問いあわせ先・申し込み先:
新潟日報旅行社 長岡営業所 (TEL.0258-36-2010 FAX.0258-36-7588)
展示に関する問いあわせ先:
新潟県立歴史博物館 にいがたけんりつれきしはくぶつかん (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 TEL.0258-47-6135 FAX.0258-47-6136)
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

石川県立歴史博物館 : わくわく子ども歴史館 白山ろくのくらしを体験してみよう!

とき:
2006年8月5日(土)午後1時〜午後4時・6日(日)午前9時〜午後4時 (2日連続)
ところ:
1日め/石川県立歴史博物館, 2日め/集まるところ‥石川県立歴史博物館 行き先‥白山ろく民俗資料館・白山砂防科学館
内容  ないよう:
白山ろく(白山のふもと)でつかわれていた生活の道具をつくったり、つかったりする。2日めは、白山ろくへバスツアー。古い民家を見学する。
対象 たいしょう:
2日とも参加できる小学校5年生中学生 (保護者もいっしょに参加できる)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくもの:
お昼ごはん
参加のしかた:
2006年7月24日(月)までにとどくように、電子メールか往復はがきで石川県立歴史博物館へ申し込む。(1)氏名(保護者同伴の場合は保護者も)、(2)年齢(学年)、(3)学校名、(4)連絡先(住所・電話番号)を書いておくこと。
問いあわせ:
石川県立歴史博物館 普及課 いしかわけんりつれきしはくぶつかん ふきゅうか (〒920-0963 石川県金沢市出羽町3番1号 TEL.076-262-3236 FAX.076-262-1836 普及課直通TEL.076-262-3417
E-mail.rekihaku@pref.ishikawa.jp)
館のサイト:
http://www.pref.ishikawa.jp/muse/rekihaku/

山梨県立考古博物館 : 夏休みの自由研究を募集 第4回わたしたちの研究室 わたしたちのけんきゅうしつ

内容 ないよう:
山梨県立考古博物館(やまなしけんりつここはくぶつかん)では、山梨県のむかしのこと(おもに縄文時代・弥生時代・古墳時代 じょうもんじだい・やよいじだい・こふんじだい)をあつかった自由研究(じゆうけんきゅう)を募集(ぼしゅう)している。夏休みが終わって、学校の担任の先生(たんにんのせんせい)へ考古学(こうこがく)の自由研究を提出(ていしゅつ)すると、学校の先生が山梨県立考古博物館へ出してくれる。集まったみんなの自由研究は表彰(ひょうしょう)・展示(てんじ)される。
対象 たいしょう:
山梨県内の小学生中学生
参加のしかた:
今年(2006年)の2学期のはじめに学校の担任の先生へ、夏休みの自由研究を提出する。
表彰 ひょうしょう:
最優秀賞(教育委員長賞)、優秀賞(教育長賞)、努力賞(山梨県考古学協会賞)、奨励賞(館長賞)
表彰式・発表会 ひょうしょうしき・はっぴょうかい:
2007年1月20日(土)
展示会 てんじかい:
2007年1月20日(土)〜2月25日(日)
そのほか:
提出された自由研究は、展示会が終わったら返してもらえる。
問いあわせ先:
山梨県立考古博物館 (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

長野市立博物館分館 茶臼山自然史館 : 里山子ども探検隊 ザリガニ探しと小川の水質調べ ざりがにさがしとおがわのすいしつしらべ

とき:
2005年6月5日(土) 午前9時〜12時
ところ:
長野市立博物館分館 茶臼山自然史館とその近く ながのしりつはくぶつかんぶんかん ちゃうすやましぜんしかん とそのちかく (〒381-2225 長野県長野市篠ノ井茶臼山公園内 TEL.026-292-7622)
内容 ないよう:
ザリガニやサワガニを探して、そのすみかの環境(かんきょう)を調べる。
対象 たいしょう:
小学生以上(保護者がいっしょに参加すること)
定員:
15人 (多いときは抽選)
参加のしかた:
電話で2005年5月25日(水)までに申し込む
参加費 (おかね):
100円 (保険料)
申し込み・問いあわせ:
長野市立博物館分館 茶臼山自然史館 (TEL.026-292-7622)か、長野市立博物館 (〒381-2212 長野県長野市小島田町八幡原史跡公園内 TEL.026-284-9011)
館のサイト:
http://www.city.nagano.nagano.jp/museum/sizensi/

長野市立博物館分館 茶臼山自然史館 : 里山子ども探検隊 ホタルと田んぼの生き物観察会 ほたるとたんぼのいきものかんさつかい

とき:
  1. 2005年6月25日(土) 午前9時〜12時
  2. 2005年6月26日(日) 午後7時〜9時
ところ:
長野市立博物館分館 茶臼山自然史館とその近く ながのしりつはくぶつかんぶんかん ちゃうすやましぜんしかん とそのちかく (〒381-2225 長野県長野市篠ノ井茶臼山公園内 TEL.026-292-7622)
内容 ないよう:
茶臼山でホタルとその生息地を観察しよう。1回めはホタルのすむ小川と田んぼの観察。2回めは夜のホタル観察会。
対象 たいしょう:
小学生以上(保護者がいっしょに参加すること)
定員:
20人 (多いときは抽選)
参加のしかた:
電話で2005年6月15日(水)までに申し込む
参加費 (おかね):
100円 (保険料)
申し込み・問いあわせ:
長野市立博物館分館 茶臼山自然史館 (TEL.026-292-7622)か、長野市立博物館 (〒381-2212 長野県長野市小島田町八幡原史跡公園内 TEL.026-284-9011)
館のサイト:
http://www.city.nagano.nagano.jp/museum/sizensi/

山梨県立博物館 かいじあむ : かいじあむ子ども工房 昔のおもちゃ「竹でつくる水鉄砲」を作って遊ぼう!

とき:
2006年7月29日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室 やまなしけんりつはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
内容 ないよう:
竹(たけ)で水鉄砲(みずでっぽう)をつくって、的当て大会(まとあてたいかい)をする。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

新潟県立自然科学館 : 2006年8月・9月の催しものと各種教室

スケジュール:
  1. 2006年8月6日(日)午後3時〜4時/60cm天体望遠鏡公開, 内容 内容 ふだん公開されていない口径60cmの天体望遠鏡を公開。天気がわるいときは中止, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 自由参加.
  2. 8月10日(木)午後7時〜9時/星空ウォッチング, 内容 夏の星座や木星・土星などを観察する, 定員 210名, 参加費 200円, 参加のしかた 事前に申し込む.
  3. 8月14日(月)午後1時〜3時/サイエンスボランティアによる工作教室 鉱石ラジオをつくろう, 内容 電池がなくても聞こえるふしぎなラジオをつくる, 対象 小学校4年生以上(小学校3年生以下の子どもは保護者がつきそうこと), 定員 16名, 参加費 材料費300円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  4. 8月18日(金)午後7時〜9時/星空ウォッチング, 内容 夏の星座や木星・二重星などを観察する, 定員 210名, 参加費 200円, 参加のしかた 事前に申し込む.
  5. 8月19日(土)午前10時〜3時/ロボットサイエンス教室, 内容 レゴマインドストームを使ってロボットのしくみをまなぶ, 定員 12名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む.
  6. 8月26日(土)午後1時30分〜2時30分/生活に身近な化学製品, 内容 身近な化学製品をつかって実験する, 定員 20名(先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  7. 8月27日(日)午後1時〜1時40分・午後3時〜3時40分/からくりの世界, 内容 茶はこび人形・段がえり人形などのからくり人形の実演, 定員 各回40名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  8. 8月27日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 紙コップの偏光板万華鏡, 内容 紙コップと偏光板を使って万華鏡をつくる, 定員 各回24名, 参加費 材料費50円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  9. 9月1日(金)午後7時〜9時/星空ウォッチング, 内容 夏の星座や木星・二重星などを観察する, 定員 210名, 参加費 200円, 参加のしかた 事前に申し込む.
  10. 9月9日(土)午後1時30分〜3時/葉っぱに金属のカバーをしてみよう, 内容 葉脈を、電気を使わずにメッキし、飾り物をつくる, 対象 だれでも(小学校3年生以下の子どもは保護者がつきそうこと), 定員 15名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  11. 9月9日(土)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる実験教室 天気の話, 内容 気象予報士さんが天気の話をしてくれる。今回のテーマは「台風」, 定員 各回24名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  12. 9月10日(日)午後1時30分〜3時/電子顕微鏡教室(初級) 電子顕微鏡の世界をのぞいてみよう, 内容 電子顕微鏡で、チョウ、トンボ、コオロギなどの複眼や羽などを観察する, 定員 16名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  13. 9月16日(土)午前10時〜3時/ロボットサイエンス教室, 内容 レゴマインドストームを使ってロボットのしくみをまなぶ, 定員 12名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む.
  14. 9月17日(日)午後3時〜4時/60cm天体望遠鏡公開, 内容 内容 ふだん公開されていない口径60cmの天体望遠鏡を公開。天気がわるいときは中止, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 自由参加.
  15. 9月17日(日)午後1時〜1時40分・午後2時30分〜3時10分/サイエンスボランティアによる工作教室 がらくた組立解体工場, 内容 電化製品を解体しながらそのしくみについてしらべる, 定員 各回10名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  16. 9月23日(土)午前9時〜午後4時/角田・間瀬の自然観察会, 内容 角田・間瀬の地形や岩石にすむ動物などをまなぶ, 対象 だれでも(小学生以下は保護者がつきそうこと), 参加費 500円, 参加のしかた 事前に申し込む, そのほか 天気がわるいときは中止.
  17. 9月23日(土)午後1時30分〜2時30分/生活に身近な化学製品, 内容 身近な化学製品をつかって実験する, 定員 20名(先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  18. 9月24日(日)午後1時〜1時40分・午後3時〜3時40分/からくりの世界, 内容 茶はこび人形・段がえり人形などのからくり人形の実演, 定員 各回40名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  19. 9月24日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 ぶんぶんコマをつくろう, 内容 ひもをひっぱるとブーンと音をたてて回るぶんぶんコマをつくる, 定員 各回24名, 参加費 材料費50円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  20. 9月30日(土)午後3時40分〜4時20分/プラネタリウム星空散歩, 内容 プラネタリウムで秋の星座や天文現象をまなぶ, 定員 210名, 参加費 入館料, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
参加のしかた:
まえもって申し込む必要のある催しは、ウェブサイトで申し込むか館に問いあわせること。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

福井県立恐竜博物館 : 2006年度 博物館自然教室 はくぶつかんしぜんきょうしつ

ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
スケジュール:
  1. 木の化石の内部を探ろう!/2006年5月28日(日) 午後1時〜3時, 内容 恐竜の時代に生きていた木はどのようなものなのか、内部(ないぶ)を観察してしらべる, 対象 小学校4年生〜おとな, 定員 20名.
  2. 折り紙でリアルな立体恐竜をつくろう!/6月25日(日) 午後1時〜3時, 内容 折り紙で精巧な恐竜をつくる, 対象 小学校4年生〜おとな, 定員 20名.
  3. 恐竜化石発掘現場見学/7月17日(月) 午後1時〜3時, 内容 恐竜化石発掘現場へ行き、地層の観察や発掘体験をする, 対象 小学校4年生〜おとな, 定員 40名.
  4. どうぶつの歯をかんさつしよう!/7月30日(日) 午後1時〜3時, 内容 歯のレプリカ作りと進化の流れをやさしく解説します, 対象 小学生以上, 定員 20名.
  5. 恐竜化石発掘現場見学/8月5日(土) 午後1時〜3時, 内容 恐竜化石発掘現場へ行き、地層の観察や発掘体験をする, 対象 小学校4年生〜おとな, 定員 40名.
  6. 化石のペーパーウェイトをつくろう!/8月20日(日) 午前10時〜午後3時, 内容 化石のはいった岩石を加工して、オリジナルのペーパーウェイトをつくる, 対象 小学校4年生〜おとな, 定員 20名.
  7. ほねホネ動物園/9月18日(祝) 午後1時〜3時, 内容 化石についてくわしくなるために骨についてまなぶ, 対象 小学校4年生〜おとな, 定員 20名.
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(●月●日)参加希望」と氏名・学年・住所・電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 2006年度 恐竜ふれあい教室 きょうりゅうふれあいきょうしつ

ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室・ガイダンスルーム ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ・がいだんするーむ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
スケジュール:
  1. 親子で恐竜のペーパークラフトをつくろう!/2006年7月29日(土) 午後1時〜3時, 内容 フクイサウルスやフクイラプトルのペーパークラフトを親子でつくる, 対象 4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子ペア, 定員 15組.
  2. 親子で恐竜折り紙のジオラマをつくろう!/8月26日(土) 午後1時〜3時, 内容 折り紙でティラノサウルスなどの恐竜をつくってジオラマをつくる, 対象 4歳〜小学校3年生子どもと保護者の親子ペア, 定員 30組.
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(●月●日)参加希望」と氏名・学年・保護者名・住所・電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立歴史博物館 : ミュージアムツアー 翠の石 -ヒスイ-

とき:
2006年6月18日(日)
ところ:
行くところ/富山県朝日町ヒスイ海岸・糸魚川市立フォッサマグナミュージアム, 集まるところ/福井県立歴史博物館駐車場 (バスで移動)
内容 ないよう:
縄文時代(じょうもんじだい)から勾玉(まがたま)などの材料(ざいりょう)としてだいじにつかわれていたヒスイの原石(げんせき)を海岸でさがす体験ツアー。
参加のしかた:
博物館へ前もって申し込む。
参加費 (おかね):
その日にはらう
問いあわせ・申し込み:
福井県立歴史博物館 ふくいけんりつれきしはくぶつかん (〒910-0016 福井県福井市大宮2-19-15 TEL.0776-22-4675)
館のサイト:
http://www.pref.fukui.jp/muse/Cul-Hist/

新潟県立自然科学館 : 2006年7月の催しものと各種教室

スケジュール:
  1. 2006年7月8日(土)午後1時30分〜2時30分/生活に身近な化学製品, 内容 身近な化学製品をつかって実験する, 定員 20名(先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  2. 7月9日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 クリップモーターをつくろう, 内容 エナメル線と永久磁石をつかってクリップモーターをつくる, 定員 各回24名, 参加費 材料費50円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  3. 7月15日(土)午前10時〜3時/ロボットサイエンス教室, 内容 レゴマインドストームを使ってロボットのしくみをまなぶ, 定員 12名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む.
  4. 7月16日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 ピンホールスコープをつくろう, 内容 レンズをつかわずに写真をうつすしくみを調べる, 定員 各回24名, 参加費 材料費50円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  5. 7月17日(祝)午後1時30分〜2時30分/海岸の砂を調べよう, 内容 新潟の海岸の砂を観察して、その特徴(とくちょう)をしらべる, 定員 30名, 参加費 材料費200円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた 事前に申し込む.
  6. 7月22日(土)午後1時〜3時30分/生物の大きさや重さをはかろう -ダンゴムシの体重はどのくらい-, 内容 ダンゴムシなどの小さな生きものの長さや重さをはかる, 定員 20名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む.
  7. 7月22日(土)〜9月3日(日) 1日数回/実験ショー「まわれ まわれ」, 内容 コマをつかったさまざまな実験, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 自由参加.
  8. 7月23日(日)午後1時〜1時40分・午後3時〜3時40分/からくりの世界, 内容 茶はこび人形・段がえり人形などのからくり人形の実演, 定員 各回40名, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  9. 7月27日(金)午後7時〜9時/星空ウォッチング, 内容 夏の星座や木星・土星などを観察する, 定員 210名, 参加費 200円, 参加のしかた 事前に申し込む.
  10. 7月29日(土)午後3時〜4時/60cm天体望遠鏡公開, 内容 ふだん公開されていない口径60cmの天体望遠鏡を公開。天気がわるいときは中止, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 自由参加.
  11. 7月30日(日)午後1時30分〜2時30分/花木園で遊ぼう, 内容 講師の先生といっしょにネイチャーゲームをする, 定員 30組, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に申し込む.
  12. 7月30日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 惑星儀をつくろう, 内容 地球や火星・木星・金星・イオ・ガニメデなど、太陽系の天体を直径10cmのスケールで再現する, 対象 小学校3年生以上(小学校2年生以下は保護者がいっしょに来ること), 定員 24名, 参加費 材料費100円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
参加のしかた:
まえもって申し込む必要のある催しは、ウェブサイトで申し込むか館に問いあわせること。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

石川県立歴史博物館 : ふるさと歴史文化講座 源平合戦の世界を楽しく学ぼう ワークショップ

スケジュール:
  1. 平家琵琶をひこう/2005年夏休み期間中 午後9時〜5時, ところ 石川県立歴史博物館第2棟第4展示室, 内容 源氏(げんじ)と平家(へいけ)の盛衰(せいすい)を語る平家物語(へいけものがたり)の伴奏楽器(ばんそうがっき)としてつかわれた琵琶(びわ)をひいて、本もの音色(ねいろ)をあじわう.
  2. 義経・弁慶になろう/2005年7月23日(土)〜8月28(日), ところ 石川県立歴史博物館第2棟第4展示室, 内容 弁慶(べんけい)と義経(よしつね・牛若丸 うしわかまる)のたたかいのようすを描いたパネルボートに顔はめしてみる.
  3. 弁慶の怪力を試してみよう/7月23日(土)〜8月28(日), ところ 石川県立歴史博物館第2棟第4展示室, 内容 弁慶が義経がすわるために持ってきたという大きな石を復元(ふくげん)。弁慶のように石を運べるかチャレンジする.
  4. 源平たんけん隊 親子バスツアー/8月9日(火) 午前10時〜, 見学するところ 安宅住吉神社・実盛塚・首洗い池・多太神社, 内容 南加賀(みなみかが)の源平古戦場(げんぺいこせんじょう)、義経ゆかりの地をバスでめぐる, 対象 小学校3年生中学生と保護者, 定員 30人(抽選), 参加のしかた 2005年7月31日までに往復はがきか電子メールで石川県立歴史博物館普及課へ申し込む。参加者名・学校学年・住所・電話番号を書いておくこと.
  5. 源平時代の馬に乗ってみよう/7月29日(金) 午前9時30分〜12時, ところ 石川県立歴史博物館中庭(なかにわ), 内容 源平時代(げんぺいじだい)の馬はポニーとおなじ大きさだった。ポニーに乗ってみて、源平時代の武士(ぶし)たちとおなじ感覚(かんかく)を味わってみる, 対象 小学生以下, 定員 30人(先着順), 参加のしかた 当日会場で申し込む.
問いあわせ:
石川県立歴史博物館 いしかわけんりつれきしはくぶつかん (〒920-0963 石川県金沢市出羽町3番1号 TEL.076-262-3236 FAX.076-262-1836 普及課TEL.076-262-3417 E-mail.rekihaku@pref.ishikawa.jp)
館のサイト:
http://www.pref.ishikawa.jp/muse/rekihaku/

山梨県立考古博物館 : チャレンジ博物館 縄文時代のイヤリングをつくろう じょうもんじだいのいやりんぐをつくろう

とき:
2006年5月28日(日) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館・風土記の丘研修センター実習室 やまなしけんりつこうこはくぶつかん・ふどきのおかけんしゅうせんたーじっしゅうしつ (〒400-1507 山梨県東八代郡中道町下向山1271 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
縄文時代のイヤリングをつくって、古代(こだい)の技術(ぎじゅつ)や知恵(ちえ)をまなぶ。
対象 たいしょう:
小学生とその保護者
定員 ていいん:
15組 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
筆記用具、服装は動きやすくて汚れてもよいもの
参加のしかた:
2006年4月28日(金)から、電話で風土記の丘研修センター(TEL.055-266-5286)へ申し込む。
参加費 (おかね):
無料 ただ
申し込み先:
山梨県立考古博物館 風土記の丘研修センター(TEL.055-266-5286)
問いあわせ先:
山梨県立考古博物館 (〒400-1508 山梨県甲府市下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立博物館 かいじあむ : こども信玄公まつり こどもしんげんこうまつり

とき:
2006年5月3日(祝)〜4日(休) 午前11時〜午後3時
ところ:
山梨県立博物館 体験学習室・庭 やまなしけんりつはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ・にわ (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
内容 ないよう:
弓技大会、鎧(よろい)の試着(しちゃく)と撮影会(さつえいかい)、陣中食試食会(じんちゅうしょくししょくかい)など、戦国時代(せんごくじだい)を体験することができる。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立博物館 かいじあむ : お庭で自然観察 おにわでしぜんかんさつ

とき:
2006年4月23日(日)、5月28日(日) 午後1時〜2時
ところ:
山梨県立博物館 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
集まるところ:
博物館ロビー
内容 ないよう:
山梨県立博物館の庭はとても広くて、約160種4万本(160しゅ4まんぼん)の草や木が植えられている。季節(きせつ)ごとにいろいろな花が咲いたり、1年をとおして植物(しょくぶつの)いろいろなすがたを楽しむことができる。また、いろいろな野鳥(やちょう)や昆虫(こんちゅう)もやってくる。散歩(さんぽ)をしながら、博物館の庭の自然を楽しむことができる。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
問い合わせ:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-261-2631
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

新潟県立自然科学館 : 2006年2月〜3月の催しものと各種教室

スケジュール:
  1. 2006年2月26日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 インスタントカイロつくり, 内容 化学反応であたたかくなる簡単カイロをつくる, 対象 だれでも(小学生未満の幼児は保護者がいっしょに参加すること), 定員 24人, 参加費 材料費50円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  2. 3月4日(土)午後1時〜3時30分/ウニの受精を観察しよう, 内容 ウニの卵を受精させて発生のようすを顕微鏡で観察する, 対象 だれでも, 定員 20人, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む.
  3. 3月5日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 紙コップの偏光板万華鏡, 内容 偏光板を使って身近ないろいろなものを調べる, 対象 だれでも, 定員 24人, 参加費 材料費50円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  4. 3月11日(土)午前10時〜3時/ロボットサイエンス教室, 内容 レゴマインドストームを使ってロボットのしくみをまなぶ, 対象 だれでも, 定員 12人, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む.
  5. 3月12日(日)午後1時30分〜2時30分/粘土のふしぎ, 内容 粘土のいろいろな性質を調べる, 対象 だれでも, 定員 30人, 参加費 材料費200円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた 事前に申し込む.
  6. 3月12日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 色の不思議をさぐろう, 内容 簡単な方法でテレビやサインペンの色の秘密を調べる, 対象 だれでも, 定員 24人, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  7. 3月19日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 ピンホールスコープを作ろう, 内容 簡単な装置を使ってピンホールカメラのしくみを調べる, 対象 だれでも, 定員 24人, 参加費 材料費50円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  8. 3月26日(日)午後1時〜1時40分・午後2時〜2時40分・午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室 紙で作る竹トンボ, 内容 紙でよく飛ぶ竹トンボをつくる, 対象 だれでも, 定員 24人, 参加費 材料費50円 (べつに入館料もいる), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
参加のしかた:
まえもって申し込む必要のある催しは、ウェブサイトで申し込むか館に問いあわせること。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 木の化石の内部を探ろう! きのかせきのないぶをさぐろう!

とき:
2006年5月28日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
恐竜の時代に生きていた木はどのようなものなのか、内部(ないぶ)を観察してしらべる。
対象 たいしょう:
小学校4年生〜おとな
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(5月28日)参加希望」と氏名・学年・住所・電話番号を書いておくこと。開催日の1ヶ月まえ(4月28日)から申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選になることがある。参加者には開催日の2週間まえごろに参加要項が送られてくる。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

新潟県立歴史博物館 : 国営越後丘陵公園連携講座 雪道具を使おう ゆきどうぐをつかおう

とき:
2006年2月4日(土) 午後2時〜4時
集まるところ:
越後丘陵公園 花と緑の館まえ
内容 ないよう:
ハナカンジキ、カンジキ、スカリ、コスキを実際につかって、むかしの雪道具を体験する。
対象 たいしょう:
親子・一般
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
問いあわせ:
新潟県立歴史博物館 講座係 にいがたけんりつれきしはくぶつかん こうざがかり (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 TEL.0258-47-6135 FAX.0258-47-6136)
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

新潟県立歴史博物館 : 体験コーナー たいけんこーなー

スケジュール:
  1. 古代のまが玉をつくろう/2005年6月11日(土)〜7月30日(土)の土曜日・日曜日・祝日, 内容 滑石(かっせき)をつかって弥生時代(やよいじだい)・古墳時代(こふんじだい)の人が首かざりにしていた勾玉(まがたま)づくりを体験する
  2. 芝居の役者になりきろう/7月31日(日), 内容 歌舞伎(かぶき)の化粧(けしょう)や衣装(いしょう)を身につけて、芝居(しばい)の役者に変身する体験
  3. 昔の天皇の行事をのぞいてみよう/8月6日(土)・7日(日), 内容 古代(こだい)の天皇(てんのう)の行事(ぎょうじ)を紙人形で再現(さいげん)する
  4. そっくり模型をつくろう/8月13日(土)〜10月2日(日)の土曜日・日曜日・祝日, 内容 オーブン粘土(ねんど)を型(かた)に入れて、縄文時代(じょうもんじだい)の遺跡(いせき)からみつかった道具とおなじ形のものをつくる体験
  5. へんしん!縄文人/10月8日〜11月27日の土曜日・日曜日・祝日, 内容 縄文ファッションを体験
  6. 昔のおもちゃをつくろう/12月3日〜24日の土曜日・日曜日・祝日, 内容 「鯛釣り」「跳ね猿」などの伝統的なおもちゃをつくる
  7. 切り紙で正月飾りをつくろう/12月25日(日), 内容 正月飾りの「はかま紙」をつくる
  8. わくわく歴史体験/2006年1月7日〜2月5日の土曜日・日曜日・祝日, 内容 貝覆い・けん玉など、いろいろな歴史体験をする
  9. 謙信に変身!/2月11日〜26日の土曜日・日曜日・祝日, 内容 上杉謙信のものに似せてつくられたよろいを身につけてみる
  10. 昔のおもちゃで遊んでみよう/3月4日〜26日の土曜日・日曜日・祝日, 内容 江戸〜昭和の伝統的な玩具をつかってみる
ところ:
新潟県立歴史博物館 にいがたけんりつれきしはくぶつかん 常設展示室内体験コーナー (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 TEL.0258-47-6130 FAX.0258-47-6136)
時間 じかん:
午後1時30分〜4時のあいだ (受付は3時30分まで)
参加費 (おかね):
博物館の入館料(にゅうかんりょう)がいる
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
問いあわせ:
新潟県立歴史博物館 交流普及課 こうりゅうふきゅうか TEL. 0258-47-6135
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室

ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせ・申し込みTEL.0779-88-8820)
対象 たいしょう:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「恐竜ふれあい教室(●月●日)参加希望」と名前・学年・住所・電話番号を書くこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。多いときは抽選。
スケジュール:
  1. 親子で恐竜化石の複製をつくろう!/2005年7月30日(土) 午後1時〜3時, 内容 石こうを使って、恐竜やアンモナイトなどの化石の複製をつくる, 定員 20組
  2. 親子で恐竜模型をつくろう!/8月20日(土) 午後1時〜3時, 内容 恐竜の骨格をもとに、粘土を使って恐竜を復元する, 定員 20組
  3. 親子で恐竜折り紙をつくろう!/8月27日(土) 午後1時〜3時, 内容 折り紙でティラノサウルスなどの恐竜をつくって、ジオラマをつくる, 定員 40組
  4. 親子で恐竜折り紙をつくろう!2006年1月15日(日) 午後1時〜3時, 内容 折り紙でティラノサウルスなどの恐竜をつくって、ジオラマをつくる, 定員 40組
  5. 親子で恐竜の絵をかこう!/3月26日(日) 午後1時〜3時, 内容 いろいろな恐竜の特徴(とくちょう)をつかんで、恐竜のイラストにチャレンジする。講師の先生は恐竜漫画家(きょうりゅうまんがか)のヒサクニヒコさん, 定員 20組
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室 身近な石を調べよう! みぢかないしをしらべよう!

とき:
2006年2月26日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせTEL.0779-88-8820)
内容 ないよう:
顕微鏡(けんびきょう)などをつかって、石の内部(ないぶ)がどうなっているのかを調べる。
対象 たいしょう:
小学校4年生〜おとな
定員 ていいん:
20人 (定員になったらしめ切り。多いときは抽選になることがある)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(2月26日)参加希望」と名前・学年・住所・電話番号を書くこと。開催日の1ヶ月まえ(1月26日)から申し込み受付開始。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立歴史博物館 : 夏休み特別企画 博物館探検隊 なつやすみとくべつきかく はくぶつかんたんけんたい

とき:
2005年8月6日(土) 午後2時から
集まるところ:
福井県立歴史博物館 1階オープン収蔵庫集合 ふくいけんりつれきしはくぶつかん 1かいおーぷんしゅうぞうこ (〒910-0016 福井県福井市大宮2-19-15 TEL.0776-22-4675)
内容 ないよう:
博物館の仕事部屋(しごとべや)や倉庫(そうこ)など、ふだんは入れない舞台うらを見学できる。
参加のしかた:
博物館へ事前に申し込む
問いあわせ・申し込み:
福井県立歴史博物館 ふくいけんりつれきしはくぶつかん (〒910-0016 福井県福井市大宮2-19-15 TEL.0776-22-4675)
館のサイト:
http://www.pref.fukui.jp/muse/Cul-Hist/

福井県立歴史博物館 : ミュージアム発見ツアー 翡の石 -ヒスイ-

とき:
2005年6月12日(日)
ところ:
行くところ/富山県朝日町ヒスイ海岸・糸魚川市立フォッサマグナミュージアム, 集まるところ/福井県立歴史博物館駐車場
内容 ないよう:
ふくいの歴史や文化にかかわるものを発見するツアー。縄文時代(じょうもんじだい)から勾玉(まがたま)などの材料(ざいりょう)としてだいじにつかわれていたヒスイの原石(げんせき)をさがします。
参加のしかた:
博物館へ事前に申し込む
参加費 (おかね):
行く日にはらう
問いあわせ・申し込み:
福井県立歴史博物館 ふくいけんりつれきしはくぶつかん (〒910-0016 福井県福井市大宮2-19-15 TEL.0776-22-4675)
館のサイト:
http://www.pref.fukui.jp/muse/Cul-Hist/

山梨県立科学館 : 月の出観望会 つきのでかんぼうかい

とき:
2005年5月24日(火)・6月21日(火)・7月20日(水)・8月20日(土)・9月21日(水)・10月20日(木)・11月19日(土)・12月18日(日)・2006年1月17日(火)・2月15日(水)・3月16日(木) 午後6時30分〜8時30分
ところ:
山梨県立科学館 展望テラス・天体観測室 やまなしけんりつかがくかん てんぼうてらす・てんたいかんそくしつ (〒400-0023 山梨県甲府市愛宕町358-1 TEL.055-254-8151 FAX.055-240-0168)
内容 ないよう:
午後6時30分〜8時30分の間に月の出をむかえるに、月の出を観望する。甲府はまわりを山に囲まれているので、月の出をむかえると山の木々が影絵(かげえ)のようにうかび上がって、幻想的な風景(げんそうてきなふうけい)になる。
参加のしかた:
その日に会場で申し込む
参加費 (おかね):
無料 ただ
そのほか:
天気がわるいときは、その日の午後6時にやるかやらないかを博物館で決める。館のサイトでチェックするか、電話で問いあわせるとよい。
館のサイト:
http://www.kagakukan.pref.yamanashi.jp/

山梨県立考古博物館 : 土器でドングリ染め体験 どきでどんぐりぞめたいけん

とき:
2006年2月11日(祝)・12日(日)・18日(土)・19日(日) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
山梨県立考古博物館 ピロティ (正面入口ケヤキのまえ) やまなしけんりつこうこはくぶつかん ぴろてぃ (〒400-1507 山梨県東八代郡中道町下向山1271 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
植物(しょくぶつ)をつかった染色(せんしょく)は、弥生時代(やよいじだい)からあったことが知られている。風土記の丘の植物をつかって原始的(げんしてき)な方法(ほうほう)で布を染める。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
その日に会場で申し込む
参加費 (おかね):
無料 ただ
問いあわせ:
山梨県立考古博物館 (山梨県東八代郡中道町下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立考古博物館 : ドングリパンを焼こう どんぐりぱんをやこう

とき:
2006年2月11日(祝)・12日(日)・18日(土)・19日(日) 午前11時〜12時・午後2時〜3時
ところ:
山梨県立考古博物館 ピロティ (正面入口ケヤキのまえ) やまなしけんりつこうこはくぶつかん ぴろてぃ (〒400-1507 山梨県東八代郡中道町下向山1271 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
ドングリの粉(こな)をつかって焼いたパンを食べる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
その日に会場で申し込む
参加費 (おかね):
無料 ただ
問いあわせ:
山梨県立考古博物館 (山梨県東八代郡中道町下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立博物館 かいじあむ : わいわいミュージアム 第2回 かいじあむの楽しみ方教室 かいじあむのたのしみかたきょうしつ

とき:
2005年12月11日(日) 午後2時〜5時すぎ (受付開始は午後1時30分から)
ところ:
山梨県立博物館 やまなしけんりつはくぶつかん (〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 TEL.055-261-2631 FAX.055-261-2632)
集まるところ:
山梨県立博物館 体験学習室 たいけんがくしゅうしつ
内容 ないよう:
山梨県立博物館(愛称:かいじあむ)は、2005年10月にオープンしたばかりのあたらしい博物館。「かいじあむの楽しみ方教室」に参加すれば、あたらしい博物館に親しみながら、博物館の楽しみかたを知ることができる。
  1. 常設展示室(じょうせつてんじしつ)で「かいじあむの楽しみ方ヒント30」カードのクイズにチャレンジ(参加した人には「認定カード」がもらえる)
  2. お茶タイム
  3. 展示室のなかをペンライトを持って探検する“子どもクルーズ”、“大人クルーズ”
  4. ドンドンヤキ用のおだんごづくり
  5. 博物館の外でドンドンヤキ
定員 ていいん:
50人くらい
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは、博物館の観覧料(かんらんりょう)がいる。おとな500円、高校生・大学生210円、小学生中学生100円。
参加のしかた:
2005年12月10日(土)までに申し込み先へ申し込む。氏名・性別・住所・電話番号・ファックス番号・電子メールアドレスを伝えること。
申し込み先:
つなぐNPOイベント係 (TEL&FAX.055-277-9216)
問い合わせ:
山梨県立博物館 企画交流課 TEL.055-262-1278
館のサイト:
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

新潟県立自然科学館 : 2005年6月〜7月の催しものと各種教室

スケジュール:
  1. 2005年6月10日(金)午後7時〜9時/星空ウォッチング, 内容 春の星座や木星・土星・金星を観望する, 定員 210人, 参加費 200円, 参加のしかた 事前に申し込む
  2. 6月11日(土)午後1時30分〜2時30分/1円玉が水に浮かぶよ。「表面張力のひみつ」, 内容 セッケン水でシャボン玉を作ったり、1円玉を水に浮かせる実験とかをする, 定員 20人, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む
  3. 6月12日(日)午後3時〜4時/昼間の星を観察しよう(雨天・曇天時:天体観測室開放), 内容 口径60cmの反射望遠鏡を使って、昼間でも観察可能な天体を観察する, 対象 だれでも, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 自由参加
  4. 6月18日(土)午前10時〜午後4時/ロボットサイエンス教室, 内容 レゴマインドストームを使ってロボットのしくみを学ぶ, 定員 12人, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む
  5. 6月18日(土)午後1時〜3時30分/生物の大きさをはかろう, 内容 ゾウリムシなどの小さな生物の長さや重さをはかる, 定員 20人, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む
  6. 6月19日(日)午後1時30分〜2時30分/花木園で遊ぼう, 内容 園内でネーチャーゲームを行って植物に親しむ, 定員 30人(先着順), 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 当日会場で申し込む
  7. 6月19日(日)1回め午後1時〜1時40分 2回め午後2時〜2時40分 3回め午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室「ホバークラフト」, 内容 風船とCDを使ったよく走るホバークラフトを作る, 定員 各回24人, 参加費 入館料と材料費50円, 参加のしかた 当日会場で申し込む
  8. 6月25日(土)午後1時30分〜2時20分/クリップモーターを作ろう, 内容 エナメル線と永久磁石を使って「クリップモーター」を作る, 対象 小学校4年生以上, 定員 24人, 参加費 入館料と材料費100円, 参加のしかた 当日会場で申し込む
  9. 6月26日(日)午後1時30分〜2時30分/火成岩の標本作り, 内容 火成岩の標本を作る。岩石の特徴を学ぶ, 定員 30人, 参加費 入館料と材料費200円, 参加のしかた 事前に申し込む
  10. 7月2日(土)午前11時〜12時/昼間の月や金星を観察しよう(雨天・曇天時:天体観測室開放), 内容 口径60cmの反射望遠鏡を使って、昼間でも観察可能な天体を観察する, 対象 だれでも, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 自由参加
  11. 7月2日(土)午後1時30分〜3時/電子顕微鏡で花粉をみよう, 内容 電子顕微鏡を使って、花木園にあるいろいろな植物の花粉を観察する, 定員 16人(先着順), 参加費 入館料, 参加のしかた 当日会場で申し込む
  12. 7月7日(木)午後7時〜9時/星空ウォッチング, 内容 七夕の星空や木星・金星・水星など観察する, 定員 210人, 参加費 200円, 参加のしかた 事前に申し込む
  13. 7月9日(土)午後1時〜2時/オゾンホールについて調べよう UVビーズで紫外線の強さを調べよう, 内容 UVビーズを使った工作品で、いろいろな天気、場所でどのくらい紫外線をあびているか実験する, 定員 20人(先着順), 参加費 入館料, 参加のしかた 当日会場で申し込む
  14. 7月10日(日)1回め午後1時〜1時40分 2回め午後2時〜2時40分 3回め午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室「はがきで作る紙ヒコーキ」, 内容 一枚のはがきから、よく飛ぶ紙ヒコーキをつくります, 定員 各回24人, 参加費 入館料と材料費50円, 参加のしかた 当日会場で申し込む
  15. 7月16日(土)午前10時〜午後4時/ロボットサイエンス教室, 内容 レゴマインドストームを使ってロボットのしくみを学ぶ, 定員 12人, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む
  16. 7月24日(日)1回め午後1時〜1時40分 2回め午後2時〜2時40分 3回め午後3時〜3時40分/サイエンスボランティアによる工作教室「紙で作る竹とんぼ」, 内容 紙でよく飛ぶ竹とんぼを作る, 定員 各回24人, 参加費 入館料と材料費50円, 参加のしかた 当日会場で申し込む
  17. 7月27日(水)午後1時30分〜2時30分/生活に身近な化学製品, 内容 身近な化学製品をつかって実験する(電池を作ろう), 定員 20人, 参加費 入館料がいる, 参加のしかた 事前に申し込む
  18. 7月27日(水)午後7時〜9時/星空ウォッチング, 内容 夏の星座や木星・二重星などを観察する, 定員 210人, 参加費 200円, 参加のしかた 事前に申し込む
ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
参加のしかた:
まえもって申し込む必要のある催しは、ウェブサイトで申し込むか館に問いあわせること。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

山梨県立考古博物館 : チャレンジ博物館 親子で楽しむ日本最古の編み物 おやこでたのしむにほんさいこのあみもの

とき:
2006年1月29日(日) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館風土記の丘研修センター やまなしけんりつこうこはくぶつかん ふどきのおかけんしゅうせんたー (〒400-1507 山梨県東八代郡中道町下向山1271 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
縄文時代の人が服や敷きものをつくるときに、植物の繊維(せんい)で編んでいた布「あんぎん(編布)」。今回のチャレンジ博物館では、あんぎんでコースターづくりにチャレンジする。
対象 たいしょう:
小学生中学生の親子
定員 ていいん:
15組30人 (申し込み先着順)
参加のしかた:
2005年12月22日(木)から、電話で山梨県立考古博物館風土記の丘研修センターへ申し込む
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくもの:
筆記用具
申し込み・問いあわせ:
山梨県立考古博物館風土記の丘研修センター (〒400-1507 山梨県東八代郡中道町下向山1271 TEL.055-266-5286)
博物館の連絡先:
山梨県立考古博物館 (山梨県東八代郡中道町下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

新潟県立歴史博物館 : 体験教室 たいけんきょうしつ

スケジュール:
  1. 驚き感動何でも歴史体験/2005年8月5日(金) 午後1時30分〜3時30分, 内容 体験コーナーで人気のある、そっくり模型作り・勾玉づくり・火おこしなどをいちどに体験する, 対象 親子, 定員 なし, ところ 研修室など, 参加方法 その日に会場で申し込む
  2. 作ってみよう(草木染めにチャレンジ)/2005年8月20日(土) 午前の部/午前10時〜12時 午後の部/午後1時30分〜3時30分, 内容 染色作家(せんしょくさっか)村山雨景さんに教えてもらいながら、ハンカチを絞り技法(しぼりぎほう)をつかって草木でそめる, 対象 親子, 定員 各回30人, ところ 研修室, 参加費 500円, 参加方法 往復はがきで事前に申し込む
  3. 作ってみよう(ロウケツ染めにチャレンジ)/2005年8月21日(日) 午前10時30分〜午後3時, 内容 染色作家(せんしょくさっか)村山雨景さんに教えてもらいながら、色紙サイズの布にロウケツ染めで、額絵作品をつくる, 対象 親子, 定員 30人, ところ 研修室, 参加費 800円, 参加方法 往復はがきで事前に申し込む
  4. 驚き感動何でも歴史体験/2005年9月19日(祝) 午後1時〜3時, 内容 体験コーナーで人気のある、そっくり模型作り・勾玉づくり・火おこしなどをいちどに体験する, 対象 親子, 定員 なし, ところ 新潟県立自然科学館講堂(新潟市女池南3-1-1), 参加費 入館料がいる, 参加方法 その日に会場で申し込む
参加のしかた:
往復はがきで事前に申し込みがいる催しは、2週間まえまでに新潟県立歴史博物館講座係へ申し込む。希望講座名・氏名・電話番号・住所、午前と午後の部がある場合は希望する回を書いておくこと。
申し込み・問いあわせ:
新潟県立歴史博物館 講座係 にいがたけんりつれきしはくぶつかん こうざがかり (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 TEL.0258-47-6135 FAX.0258-47-6136)
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室

ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせ・申し込みTEL.0779-88-8820)
スケジュール:
  1. 恐竜を復元しよう/2005年10月30日(日) 午後1時〜3時, 恐竜の骨格(こっかく)をもとにして生きていたときのすがたの復元図(ふくげんず)を描く。講師は恐竜イラストレーターの山本匠さん. (※10月22日現在で定員にまだ余裕あり)
  2. 化石をクリーニングしよう/12月24日(土) 午後1時〜3時, 身近なものや専門の道具をつかって化石をクリーニングする.
対象 たいしょう:
小学校4年生〜おとな
定員 ていいん:
20人 (多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(●月●日)参加希望」と名前・学年・住所・電話番号を書くこと。開催日の1ヶ月まえから申し込み受付開始。定員になったら締め切り。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

山梨県立考古博物館 : 考古学実技講座 江戸の火起こしと泥めんこ こうこがくじつぎこうざ えどのひおこしとどろめんこ

スケジュール:
  1. 火起こし体験/2005年4月24日(日)・6月19日(日) 午前10時〜12時
  2. 泥めんこ体験/2005年5月22日(日)・7月10日(日) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館風土記の丘研修センター実習室 やまなしけんりつこうこはくぶつかん ふどきのおかけんしゅうせんたーじっしゅうしつ (〒400-1507 山梨県東八代郡中道町下向山1271 TEL.055-266-5286)
内容 ないよう:
江戸時代につかわれていた火打ち金(ひうちがね)と火打ち石(ひうちいし)をつかって火起こしをする。泥めんこをつくって、江戸時代の子どもがやっていた泥めんこの遊びかたを実験(じっけん)する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員:
各回30人
参加のしかた:
各回の1ヶ月まえから電話で申し込む
参加費 (おかね):
無料 ただ
そのほか:
その日は、体験に必要な道具を借りることができる(家に帰ってからも火起こしをしたい人は、博物館で売っている火起こしの道具を買うとよい)。つくった「泥めんこ」は家に持って帰ることができる。
申し込み・問いあわせ:
山梨県立考古博物館 (山梨県東八代郡中道町下曽根923 TEL.055-266-3881 FAX.055-266-3882)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立考古博物館 : チャレンジ博物館 縄文時代の土鈴をつくろう ちゃれんじはくぶつかん じょうもんじだいのどれいをつくろう

とき:
2005年5月29日(日) 午前10時〜12時
ところ:
山梨県立考古博物館風土記の丘研修センター やまなしけんりつこうこはくぶつかん ふどきのおかけんしゅうせんたー
内容 ないよう:
土鈴とは縄文時代の遺跡からみつかることがあるボールみたいなもの。ふると「カラカラ」と音がする。何に使われたのかよくわかっていないが、祭りやまじないに使われていたかもしれない。こんどのチャレンジ博物館は縄文人がつくった土鈴つくりに挑戦する。
対象 たいしょう:
小学生中学生
定員:
30人 (申し込み先着順)
参加のしかた:
電話で申し込む
参加費 (おかね):
無料 ただ
持ってくるもの:
エプロン・タオル
そのほか:
完成した土鈴は、希望すれば研修センターで焼いてくれる。そのばあいは、また研修センターまで取りにいくこと。
申し込み・問いあわせ:
山梨県立考古博物館風土記の丘研修センター (〒400-1507 山梨県東八代郡中道町下向山1271 TEL.055-266-5286)
館のサイト:
http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

山梨県立科学館 : 2005夏 スペシャル工作教室

スケジュール:
  1. 特別工作2 ザリガニロボットでバトル/2005年7月18日(月)午前10時〜12時, 対象 小学校5年生以上, 定員 20人(先着順), 参加費 材料費700円, 申込開始日 6月18日
  2. わくわく工作3 どこいくの?フリー走行マシン/7月23日(土) 1回め午前10時30分〜12時 2回め午後1時30分〜3時, 対象 小学校4年生以上, 定員 20人(先着順), 参加費 材料費700円, 申込開始日 6月23日
  3. 特別工作3 ライントレースロボットに挑戦!/7月28日(木) 午前10時〜12時, 対象 中学生以上, 定員 10人(先着順), 参加費 材料費2,000円, 申込開始日 6月28日
  4. 特別工作4 止まらない!コロガリダマシイ/8月3日(水) 午前10時〜12時, 対象 小学校4年生以上, 定員 10人(先着順), 参加費 材料費1,700円, 申込開始日 7月3日
  5. わくわく工作4 浮き上がるUFO/8月5日(金) 1回め午前10時〜12時 2回め午後1時30分〜3時30分, 対象 小学校4年生以上, 定員 20人(先着順), 参加費 材料費500円, 申込開始日 7月5日
  6. リフレッシュ理科教室 工作教室「熱のふしぎ」/8月10日(水) A午前10時15分〜 B午後1時〜 C午後3時〜 (90分間), 対象 小学校3年生中学生, 定員 各回60人(多いときは抽選), 参加のしかた 7月1日〜20日に往復はがきで申し込む
  7. 特別工作5 回転楽器でドレミファソ/8月17日(水) 午前10時〜12時, 対象 小学校4年生以上, 定員 20人(先着順), 参加費 材料費500円, 申込開始日 7月17日
  8. わくわく工作5 電子工作・重量挙げロボット/8月21日(日) 午前10時〜午後3時, 対象 小学校5年生以上, 定員 40人(先着順), 参加費 材料費800円, 申込開始日 7月21日, 持ってくるもの お昼ごはん
  9. 特別工作6 シャボン玉連発マシーン/8月24日(水) 1回め午前10時〜12時 2回め午後1時30分〜3時30分, 対象 小学校4年生以上, 定員 各回20人(先着順), 参加費 材料費1,000円, 申込開始日 7月24日
  10. 特別工作7 手作りカメラで撮影会/8月27日(土) 午前10時〜12時, 対象 小学校3年生以上, 定員 20人(先着順), 参加費 材料費500円, 申込開始日 7月27日
ところ:
山梨県立科学館 やまなしけんりつかがくかん (〒400-0023 山梨県甲府市愛宕町358-1 TEL.055-254-8151 FAX.055-240-0168)
参加のしかた:
各申込期間中に電話で山梨県立科学館へ申し込む。リフレッシュ理科教室だけは往復はがきで申し込む。
参加費 (おかね):
材料費のほかに入館料もいる
館のサイト:
http://www.kagakukan.pref.yamanashi.jp/

山梨県立科学館 : わくわく工作 進め!ホバークラフト

とき:
2005年6月25日(土) 1回め/午前10時30分から, 2回め/午後1時30分から
ところ:
山梨県立科学館 実験室 やまなしけんりつかがくかん じっけんしつ (〒400-0023 山梨県甲府市愛宕町358-1 TEL.055-254-8151 FAX.055-240-0168)
内容 ないよう:
トレイやカップめんの容器(ようき)やポリ袋など、身近によくある素材をつかってホバークラフトをつくる。できあがったホバークラフトは、単三乾電池4本とモーター2個をつんで、空気の圧力で浮き上がりながら走る。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上 (おとなも参加できる)
定員 ていいん:
各回20人
参加のしかた:
2005年5月25日から、電話で山梨県立科学館へ申し込む
参加費 (おかね):
材料費 500円 (入館料もいる)
館のサイト:
http://www.kagakukan.pref.yamanashi.jp/

山梨県立科学館 : おどろき実験 とばそうモデルロケット

とき:
2005年5月22日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
山梨県立科学館 実験室 やまなしけんりつかがくかん じっけんしつ (〒400-0023 山梨県甲府市愛宕町358-1 TEL.055-254-8151 FAX.055-240-0168)
内容 ないよう:
火薬(かやく)をつかった本格的(ほんかくてき)なロケットをとばしてみる。
対象 たいしょう:
小学校3年生以上 (小学校2年生以下の子どもは保護者がいっしょに来たら参加できる)
定員 ていいん:
30人
参加のしかた:
電話で山梨県立科学館へ申し込む
参加費 (おかね):
500円
館のサイト:
http://www.kagakukan.pref.yamanashi.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室「葉脈標本をつくろう!」

とき:
2005年6月11日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせ・申し込みTEL.0779-88-8820)
内容:
葉っぱを薬品処理(やくひんしょり)して、きれいな葉脈(ようみゃく)の「しおり」をつくる。
対象:
小学校4年生以上
定員:
20人(多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(6/11)参加希望」と名前・学年・住所・電話番号を書くこと。申し込み受付は2005年5月11日から。定員になったら締め切り。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 恐竜ふれあい教室「親子で化石のペーパーウェイトを作ろう」

とき:
2005年5月28日(土) 午前10時〜午後3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせ・申し込みTEL.0779-88-8820)
内容:
化石(かせき)のはいった岩石(がんせき)を加工(かこう)して、オリジナルのペーパーウェイトをつくる。
対象:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者
定員:
20組(多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。。「恐竜ふれあい教室(5/28)参加希望」と名前・学年・住所・電話番号を書くこと。申し込み受付は2005年4月28日から。定員になったら締め切り。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室「貝化石 かいかせき のクリーニング」

とき:
2005年5月22日(金) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせ・申し込みTEL.0779-88-8820)
内容:
貝化石(かいかせき)を岩石(がんせき)の中からとりだす。
対象:
小学校4年生以上
定員:
20人(多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(5/22)参加希望」と名前・学年・住所・電話番号を書くこと。申し込み受付は2005年4月22日から。定員になったら締め切り。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室「折り紙で恐竜をつくろう!」

とき:
2005年4月29日(金) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせ・申し込みTEL.0779-88-8820)
内容:
恐竜折り紙作家(きょうりゅうおりがみさっか)の山本勝弘(やまもと かつひろ)さんに教えてもらいながら、折り紙で精巧(せいこう)な恐竜をつくる。
対象:
小学校4年生以上
定員:
20人(多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「博物館自然教室(4/29)参加希望」と名前・学年・住所・電話番号を書くこと。申し込み受付は2005年3月29日から。定員になったら締め切り。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館 : コンピュータ教室「恐竜シールをつくってみよう!」

とき:
2005年4月24日(日) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせ・申し込みTEL.0779-88-8820)
内容:
恐竜(きょうりゅう)の絵をはったり文字(もじ)を組みあわせてシールを親子でつくる。
対象:
4歳〜小学校3年生子どもと保護者
定員:
15組(多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。「コンピュータ教室(4/24)参加希望」と名前・学年・住所・電話番号を書くこと。申し込み受付は2005年3月24日から。定員になったら締め切り。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

新潟県立自然科学館 : 2005年4月・5月の催しものと各種教室

スケジュール:
  1. 2005年4月3日(日)/サイエンスボランティアによる工作教室「スライム」/時間 1回め午後1時〜 2回め午後2時〜 3回め午後3時〜, 内容 不思議な感触の物体「スライム」をつくる, 対象 だれでも, 定員 各回24人, 参加費 材料費50円と入館料
  2. 4月16日(土)/ロボットサイエンス教室/時間 午前10時〜午後4時, 内容 レゴマインドストームをつかってロボットを組み立てる, 対象 だれでも(申し込み), 定員 12人, 参加費 入館料
  3. 4月17日(日)/昼間の月や金星を観察しよう/時間 午後3時〜4時, 内容 口径60cmの反射望遠鏡を使って、昼間でも観察可能な天体を観察する, 対象 だれでも, 定員 なし, 参加費 入館料, そのほか 雨がふったとき・くもったときは中止
  4. 4月24日(日)/プロペラ飛行機工作教室/時間 午後1時〜3時, 内容 接着剤のいらない、簡単に工作できるゴム動力機「プロペラ飛行機」をつくる, 対象 だれでも, 定員 なし, 参加費 材料費300円と入館料
  5. 4月26日(火)/星空ウォッチング/時間 午後7時〜9時, 内容 春の星座や木星・土星を観察する, 対象 だれでも, 定員 210人, 参加費 200円
  6. 4月29日(祝)/サイエンスボランティアによる工作教室「紙とんぼ」/時間 1回め午後1時〜 2回め午後2時〜 3回め午後3時〜, 内容 紙でよく飛ぶ竹トンボをつくる, 対象 だれでも, 定員 各回24人, 参加費 材料費50円と入館料
  7. 5月3日(祝)/サイエンスボランティアによる工作教室「ぶんぶんコマ」/時間 1回め午後1時〜 2回め午後2時〜 3回め午後3時〜, 内容 ひもをひっぱると、ブーンと音をたてて回るぶんぶんコマをつくる, 対象 だれでも, 定員 各回24人, 参加費 材料費50円と入館料
  8. 5月4日(休)/昼間の星を観察しよう/時間 午前11時〜12時, 内容 口径60cmの反射望遠鏡を使って、昼間でも観察可能な天体を観察する, 対象 だれでも, 定員 なし, 参加費 入館料, そのほか 雨がふったとき・くもったときは天体観測室開放
  9. 5月5日(祝)/サイエンスボランティアによる工作教室「蒸気機関車(SL)の話」/時間 1回め午後1時〜 2回め午後2時30分〜, 内容 蒸気機関車の歴史やしくみについて学ぶ。屋外展示場の9600型SLを実際にみてみる, 対象 だれでも, 定員 各回24人, 参加費 入館料
  10. 5月15日(日)/火山灰の中から鉱物を探そう/時間 午後1時30分〜午後2時30分, 内容 火山灰などの中からきれいな鉱物を取り出して観察する, 対象 だれでも, 定員 なし, 参加費 材料費200円と入館料
  11. 5月15日(日)/昼間の星を観察しよう/時間 午後3時〜4時, 内容 口径60cmの反射望遠鏡を使って、昼間でも観察可能な天体を観察する, 対象 だれでも, 定員 なし, 参加費 入館料, そのほか 雨がふったとき・くもったときは天体観測室開放
  12. 5月21日(土)/ロボットサイエンス教室/時間 午前10時〜午後4時, 内容 レゴマインドストームをつかってロボットを組み立てる, 対象 だれでも(申し込み), 定員 12人, 参加費 入館料
  13. 5月21日(土)/アメーバを観察しよう/時間 午後1時〜3時30分, 内容 顕微鏡で、アメーバなどの原生生物を観察する, 対象 だれでも(申し込み), 定員 20人, 参加費 入館料
  14. 5月24日(火)/星空ウォッチング/時間 午後7時〜9時, 内容 春の星座や月・木星・土星を観察する, 対象 だれでも, 定員 210人, 参加費 200円
ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
参加のしかた:
まえもって申し込む必要のある催しは、ウェブサイトで申し込むか館に問いあわせること。
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

長岡市立科学博物館 : 春休み植物教室 不思議発見!植物の名前

とき:
2005年3月27日(日)
ところ:
中央公民館工作室
内容:
植物(しょくぶつ)の名前(なまえ)にかくされた秘密(ひみつ)をさぐる。
<
参加のしかた:
2005年3月1日〜24日のあいだに、長岡市立科学博物館へ申し込む。
申し込み先:
長岡市立科学博物館 ながおかしりつかがくはくぶつかん (新潟県長岡市柳原町2-1 柳原分庁舎内 TEL.0258-32-0546)
館のサイト:
http://www.museum.city.nagaoka.niigata.jp/

長岡市立科学博物館 : 冬鳥さよなら探鳥会

とき:
2005年3月13日(日)
ところ:
信濃川
内容:
カモやハクチョウ、オジロワシなどの冬鳥(ふゆどり)を信濃川(しなのがわ)で観察(かんさつ)する。雨がふってもやる。
定員:
50人(多いときは抽選)
参加のしかた:
2005年3月1日〜10日のあいだに、長岡市立科学博物館へ申し込む。
申し込み先:
長岡市立科学博物館 ながおかしりつかがくはくぶつかん (新潟県長岡市柳原町2-1 柳原分庁舎内 TEL.0258-32-0546)
館のサイト:
http://www.museum.city.nagaoka.niigata.jp/

長岡市立科学博物館 : 野外博物館 植物コース 第8回

とき:
2005年3月12日(土) 午前9時〜12時
ところ:
信濃川
内容:
河川の植物のとくちょう、その分類(ぶんるい)と生態(せいたい)、河川環境(かせんかんきょう)と植物のかかわりなどを中心に学習する(8回め)。雨がふったり、川の水が増えたときは中止。
対象:
小学校中高学年以上(小学校低学年は保護者といっしょにくること)
持ちもの:
ぼうし・雨具(あまぐ)・のみもの・筆記用具(ひっきようぐ)・虫めがねやポケット図鑑(ずかん)など
服装 (ふくそう):
長ぐつをはくか、スニーカーなどの動きやすいくつと、くつしたをはくこと。サンダルはだめ。
参加費 (おかね):
50円(保険料)
参加のしかた:
3日まえまでに長岡市立科学博物館へ申し込む。
申し込み:
長岡市立科学博物館 ながおかしりつかがくはくぶつかん (長岡市柳原町2-1、柳原分庁舎内 TEL.0258-32-0546)
館のサイト:
http://www.museum.city.nagaoka.niigata.jp/

新潟県立自然科学館 : コズミックカレッジ ファンダメンタルコース

とき:
2005年3月27日(日) 午前9時30分〜午後4時30分
ところ:
新潟県立自然科学館 講堂 にいがたけんりつしぜんかがくかん こうどう (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
内容:
地球と宇宙環境(うちゅうかんきょう)のちがいやロケットのしくみなどを紹介する。惑星探査車(わくせいたんさしゃ)の模型をつくって走らせる。
対象:
小学校5年生中学校2年生
定員:
50人(多いときは抽選)
参加のしかた:
はがきかファックス(応募用紙がいる)かウェブサイトで申し込む。
申し込み先:
財団法人 日本宇宙少年団 (〒104-0043 東京都中央区湊2-2-8 CKビル5階 FAX.03-3551-4870 サイト.http://www.yac-j.or.jp/)
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

新潟県立自然科学館 : サイエンスボランティアによる工作教室 紙で作る竹トンボ

とき:
2005年3月27日(日) 1回め/午後1時〜, 2回め/午後2時〜, 3回め/午後3時〜
ところ:
新潟県立自然科学館 にいがたけんりつしぜんかがくかん (〒950-0948 新潟県新潟市女池南3丁目1番1号 TEL.025-283-3331)
内容:
紙で、よくとぶ竹トンボをつくる。
対象:
だれでも
定員:
各回24人
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料と50円(材料費 ざいりょうひ)
館のサイト:
http://www.lalanet.gr.jp/nsm/

新潟県立歴史博物館 : 体験コーナー 昔のおもちゃで遊んでみよう

とき:
2005年3月5日(土)〜3月27日(日) 午後1時30分〜4時(うけつけは3時30分まで)
ところ:
新潟県立歴史博物館 にいがたけんりつれきしはくぶつかん 常設展示室内体験コーナー (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2 TEL. 0258-47-6130)
内容:
江戸時代(えどじだい)から昭和(しょうわ)の古いおもちゃを使ってみる体験。豆鉄砲(まめでっぽう)をうったり、からくり玩具(がんぐ)であそんだりする。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
博物館の入館料(にゅうかんりょう)がいる
問いあわせ:
新潟県立歴史博物館 交流普及課 こうりゅうふきゅうか TEL. 0258-47-6135
館のサイト:
http://www.nbz.or.jp/jp/

福井県立恐竜博物館 : 博物館自然教室「ミクロの世界」

とき:
2005年3月5日(土) 午後1時〜3時
ところ:
福井県立恐竜博物館 実習室 ふくいけんりつきょうりゅうはくぶつかん じっしゅうしつ (〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 勝山市長尾山総合公園内 TEL.0779-88-0001 問い合わせ・申し込みTEL.0779-88-8820)
内容:
顕微鏡(けんびきょう)や電子顕微鏡(でんしけんびきょう)でミクロの世界をのぞく
対象:
小学校4年生以上
定員:
20人(申し込み先着順)
参加のしかた:
往復はがきか電子メールで福井県立恐竜博物館へ申し込む。定員になったら締め切り。
館のサイト:
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立歴史博物館 : ワークショップ 土笛をつくろう!

とき:
2005年2月12日(土)・2月26日(土) 午後2時〜
ところ:
福井県立歴史博物館 ふくいけんりつれきしはくぶつかん 研修室・オープン収蔵庫 (〒910-0016 福井県福井市大宮2-19-15 TEL.0776-22-4675)
内容:
モノ作りをとおして、歴史(れきし)や文化にふれる体験教室(たいけんきょうしつ)。縄文時代(じょうもんじだい)からつくられていた土笛(つちぶえ)をつくり、ふいてみる。
参加のしかた:
博物館へ事前に申し込む
館のサイト:
http://www.pref.fukui.jp/muse/Cul-Hist/
そのほかの情報
「学研オンラインショップ」では「科学と学習」をはじめとする学研の商品をお求めいただけます.
博物館リスト
こどものための博物館情報 Management by skao.net

to Top Page