こどものための博物館情報トップ新着博物館動物園・水族館遊園地掲示板リンクメモトップ
博物館の催しもの


トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu→

近畿地方 きんきちほう

滋賀県
滋賀県立安土城考古博物館 滋賀県立琵琶湖博物館
京都府
梅小路蒸気機関車館 加悦SL広場 京都国立博物館 京都大学総合博物館 京都府京都文化博物館
大阪府
池上曽根弥生学習館 大阪大谷大学 大阪市立科学館 大阪市立自然史博物館 大阪大学総合学術博物館 大阪府営箕面公園昆虫館 大阪府立大型児童館ビッグバン 大阪府立上方演芸資料館ワッハ上方 大阪府立狭山池博物館 大阪府立大学 大阪府立近つ飛鳥博物館 大阪府立弥生文化博物館 大阪歴史博物館 きしわだ自然資料館 キッズプラザ大阪 交通科学博物館 国立国際美術館 国立民族学博物館 堺市博物館 堺市立みはら歴史博物館 吹田市立博物館 高槻市立しろあと歴史館 日本民家集落博物館 八尾市立しおんじやま古墳学習館 八尾市立歴史民俗資料館
兵庫県
KOBEとんぼ玉ミュージアム 尼崎市立田能資料館 神戸海洋博物館・カワサキワールド 神戸市立青少年科学館 神戸ファッション美術館 竹中大工道具館 灘浜サイエンススクエア 西宮市貝類館 兵庫県立考古博物館 兵庫県立人と自然の博物館 兵庫県立歴史博物館 兵庫陶芸美術館
奈良県
香芝市二上山博物館 橿原市昆虫館 橿原市立こども科学館 高山サイエンスプラザ 天理大学附属天理参考館 高山サイエンスプラザ 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
和歌山県
和歌山県立紀伊風土記の丘 和歌山県立自然博物館

滋賀県立安土城考古博物館

ところ:
滋賀県立安土城考古博物館 しがけんりつあづちじょうこうこはくぶつかん (〒521-1311 滋賀県蒲生郡安土町下豊浦6678 TEL.0748-46-2424 FAX.0748-46-6140)
館のサイト:
http://www.azuchi-museum.or.jp/

滋賀県立琵琶湖博物館

ところ:
滋賀県立琵琶湖博物館 しがけんりつびわこはくぶつかん (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850 E-mail event@lbm.go.jp)
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

加悦SL広場

ところ:
加悦SL広場 かやえすえるひろば (〒629-2422 京都府与謝郡加悦町字滝941-2, TEL.0772-42-3186, FAX.0772-43-0080, カヤ興産株式会社)
館のサイト:
http://www.kyt-net.ne.jp/kayaslhiroba/

梅小路蒸気機関車館 : 体験教室 SLの拓本をとろう!

とき:
2014年3月1日(土)・2日(日) 午前10時30分〜午後3時30分 (12時〜1時は休止)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
SLのナンバープレートの拓本をとってみる。
定員 ていいん:
各日100名
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 体験教室 SLのプラ板プレートを作ろう!

とき:
2014年3月15日(土)・16日(日) 午前10時30分〜午後3時30分 (12時〜1時は休止)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
かんたんでカッコいいSLのプラ板をつくる。
定員 ていいん:
各日100名
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ模型運転会 HOげーじもけいうんてんかい

とき:
2014年3月8日(土)・9日(日)・21日(祝)・22日(土)・23日(祝) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : SLスチーム号の運転

とき:
毎日(まいにち) 1回め午前11時, 2回め午後1時30分, 3回め午後3時30分 (祝日などのときは増発することがある)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 展示運転線 うめこうじじょうききかんしゃかん てんじうんてんせん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
ほんものの蒸気機関車がひく列車(れっしゃ)に乗ることができる。おうふく1キロメートルを約10分間はしる。梅小路蒸気機関車館でうごくようにして保存(ほぞん)している蒸気機関車は、C62形(しー62がた シロクニ)・C61形・C57形・C56形・D51形(でぃー51がた デゴイチ)、8620形、B20形(びー20がた)の7両(りょう)がある。山口線(やまぐちせん)で運転しているC57形とC56形式をのぞくほかの車両を、順番(じゅんばんに)にここではしらせている。午後3時30分からの運転のあとは、機関車に石炭(せきたん)や水をいれるために、転車台(てんしゃだい)で蒸気機関車が回転(かいてん)する。きかんしゃが大すきな子どもは、いちどのってみてください。とてもたのしいですよ。
梅小路蒸気機関車館の機関車たちは、よくロケ撮影がおこなわれて、最近の映画作品のなかでもたくさん活躍しています。たとえば、C62-2号機は「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年上映)で堀北真希さん演じる六ちゃんが青森から上京してくるときに乗っていた蒸気機関車。豆タンB20は「ゲゲゲの鬼太郎」(2007年上映)でウエンツ瑛士さん演じる鬼太郎と井上真央さんが黄泉の国まで乗っていった(西田敏行さんの顔がついた)妖怪蒸気機関車です。ほかにもいろいろ探してみてください。
参加のしかた:
展示運転線の券売所で乗車券を買う
乗車料金 (おかね):
高校生以上200円、4歳以上100円 (入館料もいる)
休館日 (おやすみ):
月曜日(祝日のばあいは開館、学校の春・夏休みのときは開館)、年末年始(12月29日〜1月3日)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

京都国立博物館

ところ:
京都国立博物館 きょうとこくりつはくぶつかん (〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527 TEL.075-525-2473)
館のサイト:
http://www.kyohaku.go.jp/

京都大学総合博物館 : 週末子ども博物館

とき:
毎週土曜日 午前10時〜午後4時
ところ:
京都大学総合博物館 エントランスホール きょうとだいがくそうごうはくぶつかん (〒606-8501 京都市左京区吉田本町 TEL.075-753-3272)
内容 ないよう:
  1. 2012年5月19日(土)/顕微鏡をのぞいてみよう, ユニット折り紙をしよう, 多面体をつくろう, 光の不思議, 当日のお楽しみ, 今と昔のいきもののお話.
参加費 (おかね):
無料 (入館料がいる) ※入館料‥一般400円 大学生・高校生300円 中学生・小学生200円
館のサイト:
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/

京都府京都文化博物館 : 手作りアニメーション おもしろ映像ワークショップ

とき:
1日コース‥2013年3月2日(土) 午前10時30分〜午後5時
2日コース‥2013年3月2日(土)・3日(日) 午前10時30分〜午後5時
ところ:
京都文化博物館 別館2階講義室 きょうとぶんかはくぶつかん (〒604-8183 京都市中京区三条高倉 TEL.075-222-0859 FAX.075-222-0889)
内容 ないよう:
1日コース‥午前中は、iPod touch(貸出)をつかったデジタル日光写真や動画の原理を体感したり、マンガ風写真の撮り方、電動ヘリコプターでの空撮、かんたんにできて本格的に見える映画CMの作り方を学ぶ。午後から、手作りアニメーション、おもしろ映像、映画CMコースにわかれて、映像作品をつくる。手作りアニメーションは、粘土や切り紙も使うことができるので、絵を描くのが苦手な人でも、楽しく作ることができる。
2日コース‥1日め、午前中は1日コースとおなじプログラム。午後からは自分の作りたいアニメーションをつくっていく。2日めは午前中と午後、めいっぱいアニメーションをつくる。最後は、みんなの作品をおたがいに見る。
対象 たいしょう:
小学生以上ならだれでも
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
前もって、電話か電子メールかハガキかファックスで申し込む。1.住所 2.参加希望者氏名 3.人数 4.年齢(学年) 5.連絡先(携帯・メールなど連絡のとりやすいもの) 6.希望するコース名を書くか伝えること。定員に達し次第応募が締め切られるので早めに申し込むほうがよい。
申し込み先:
TEL:075-222-0888 電子メール: workshop@bunpaku.or.jp FAX:075-222-0889 ハガキ:〒604-8183 京都市中京区三条高倉 京都文化博物館 学芸課「映像ワークショップ」係
問い合わせ先:
京都文化博物館 学芸課「映像ワークショップ」係 (〒604-8183 京都市中京区三条高倉 TEL.075-222-0888)
館にあるこどものための設備:
ベビーカー貸し出し(1台)・オムツ替え専用シート(本館1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.bunpaku.or.jp/
催しのページ(PDF):
http://www.bunpaku.or.jp/workshop.pdf

池上曽根弥生学習館

ところ:
池上曽根弥生学習館 いけがみそねやよいがくしゅうかん (〒595-0004 大阪府泉大津市千原町2-12-45 TEL.0725-20-1841 FAX.0725-20-1866)
館のサイト:
http://www.ioctv.zaq.ne.jp/ikegamisone/

大阪大谷大学 : 教育学部 2012年度公開講座 親子で楽しむ造形教室(パス表現)

とき:
  1. 点・線・面で描こう/2012年10月6日(土) 午後2時〜4時30分
  2. 塗り重ねよう/2012年10月13日(土) 午後2時〜4時30分
  3. カードを作ろう/2012年10月20日(土) 午後2時〜4時30分
ところ:
大阪大谷大学 19-402教室 (〒584-8540 大阪府富田林市錦織北3-11-1 TEL.0721-24-0381)
内容 ないよう:
私たちを取り巻いている世界は色と形で成り立っている。そんな「色や形の世界」を親子で楽しみながら、もう一歩踏み出してみる。子どもの心に立ちもどり、軽い気持ちで「アートして」みる。連続3回の講座(単独受講はできない)。
  1. 点・線・面で描こう‥パスを使って、点・線・面を描く.
  2. 塗り重ねよう‥パスを塗り重ねて混ぜたり、削ったりして描いてみる.
  3. カードを作ろう‥パスの技法を生かしたお誕生日カードなどを作る.
対象 たいしょう:
小学生とその保護者ペア
定員 ていいん:
30組
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
2012年9月21日(金)までにとどくように、往復ハガキか電子メールフォームで申し込む。往復ハガキには、希望講座名(申込番号12)、参加者氏名(フリガナ)・保護者氏名、子どもの年齢・学年、郵便番号、住所、電話番号(あればFAXも)、返信あて先を書いておくこと。
問い合わせ:
大阪大谷大学 教育学部教育学科 TEL.0721-24-1046
サイト:
http://www.osaka-ohtani.ac.jp/

大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館

---:
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館は、2012年度で閉館・廃止されました。
ところ:
〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2-5-20
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.35 大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館

大阪市立科学館

ところ:
大阪市立科学館 おおさかしりつかがくかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-1 TEL.06-6444-5656)
館のサイト:
http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジュニア自然史クラブ 雪山の動物さがし

とき:
2014年2月2日(日) 午前10時〜午後4時ごろ ※雨天中止
ところ:
金剛山
内容 ないよう:
ジュニア自然史クラブは、生物や地学関係が好きな中高生と学芸員のグループ。毎月、いろんな活動をしている。ジュニア自然史クラブに入れば、同じような興味を持っている友達ができたり、学芸員と知り合いになって、博物館を色々と利用することができる。2月は、雪の金剛山で、哺乳類のフィールドサインを探したり、鳥や冬越しの虫を見つけに行く。
対象 たいしょう:
中学生・高校生 (12歳〜18歳)
参加のしかた:
2014年1月18日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。※一度申し込めば、2013年度中はその後の行事の案内も送られてくる。それぞれの行事に参加するかしないかは、各人の自由。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 解剖で学ぶイカ・タコの体のつくり

とき:
2014年2月2日(日) 午前11時〜午後4時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
スルメイカやマダコなど(予定)を解剖しながら、その体のつくりや器官の機能を学ぶ。
対象 たいしょう:
中学生以上
定員 ていいん:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
800円
参加のしかた:
2014年1月20日(月)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 果実と種子

とき:
2014年2月16日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)、長居公園
内容 ないよう:
身の回りにはいろいろな果実や種子があります。果実と種子のちがいはどこにあるのか。いろいろな果実と種子の特徴を調べてみる。
対象 たいしょう:
中学生以上
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2014年2月2日(日)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 魚のからだ

とき:
2014年2月23日(日) 午前10時〜午後4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
大阪湾の代表的な魚であるスズキを材料にして、魚のからだのつくりを調べたり、骨格標本を作る。
対象 たいしょう:
15歳以上で魚類の分類・進化に興味のあるひと(個人)
定員 ていいん:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
800円
参加のしかた:
2014年2月7日(金)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 2月 アロサウルスの頭骨を近くで観察して、肉食恐竜の生態について考えよう

とき:
2014年2月8日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
アロサウルスの頭骨を近くで観察しながら、肉食恐竜の生態を考える。最新の研究も紹介。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 1月 防災地図を作ってみよう

とき:
2014年1月11日(土) 午後1時30分〜2時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
洪水や津波、地震の揺れや土砂崩れ、地滑りなどの危険地域を示した地図を防災地図やハザードマップと呼びます。各市町村で防災地図が出されていますが、地形図を読み取ることで、大まかにそれらの災害の及ぶ範囲を知ることができる。今回はおもに山地の地形図を使って、土砂崩れや地滑りなどが起こりそうな地形を探し、自然災害について考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
持っていくものとか:
色鉛筆・筆記用具
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪大学総合学術博物館

ところ:
大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館 おおさかだいがくそうごうがくじゅつはくぶつかん まちかねやましゅうがくかん (〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-20 TEL.06-6850-6284. 阪急宝塚線「石橋駅」下車、徒歩10分)
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.67 大阪大学総合学術博物館ワークショップ 恐竜の復元画
館のサイト:
http://www.museum.osaka-u.ac.jp/

大阪府営箕面公園昆虫館

ところ:
大阪府営箕面公園昆虫館 おおさかふえいみのおこうえんこんちゅうかん (〒562-0002 大阪府箕面市箕面公園1-18 TEL.072-721-7967 FAX.072-721-7655)
館のサイト:
http://www.pref.osaka.jp/ikedo/insect/

大阪府立大型児童館ビッグバン

ところ:
大阪府立大型児童館ビッグバン ベアルの修理工房 おおさかふりつおおがたじどうかん (〒590-0115 大阪府堺市茶山台1丁9番1号 TEL.072-294-0999)
館のサイト:
http://www.bigbang-osaka.or.jp/

大阪府立上方演芸資料館 ワッハ上方

ところ:
大阪府立上方演芸資料館 ワッハ上方 おおさかふりつかみがたえんげいしりょうかん わっはかみがた (〒542-0075 大阪市中央区難波千日前12-7 YES・NAMBAビル TEL.06-6631-0884 FEX.06-6636-1996 地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分)
館にあるこどものための設備:
ベビーラック(男女トイレ内)

大阪府立狭山池博物館 : わくわくイベント 凧を作ろう

とき:
2014年2月2日(日) 午後1時30分から
ところ:
大阪府立狭山池博物館 2階ホール おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
もっともっと狭山池博物館を楽しむことができる「わくわくイベント」。竹ひごなどをつかって「凧(たこ)」をつくる。狭山池にちなんだ絵を描いた凧を完成させて、狭山池で凧揚げにチャレンジする。できあがった凧は持って帰ることができる。
対象 たいしょう:
小学生 (小学校低学年は保護者同伴)
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
250円 (材料費など)
参加のしかた:
2014年1月22日(水)午前10時から、電話で博物館へ申し込む。(※1/27〜2/1は臨時休館のため申込みできない. 早めに申し込むこと)
申し込み・問い合わせ先:
大阪府立狭山池博物館 わくわくイベント担当 TEL.072-367-8891)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : 第7回 書き初め展作品募集 かきぞめてんさくひんぼしゅう

とき:
作品募集期間 2014年1月5日(日)〜13日(祝)必着, 作品展示期間 2014年1月21日(火)〜2月23日(日), 表彰式 2014年2月2日(日) 午前11時から ※1/27〜2/1は臨時休館の予定.
応募全作品を展示するところ:
大阪府立狭山池博物館 常設展示室など おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
書き初めの課題:
  1. 小学校1年生:「かわ」・「つち」・「いけ」・「いね」
  2. 小学校2年生:「川」・「土」・「水」・「雨」
  3. 小学校3年生:「池」・「土手」・「桜」・「谷」
  4. 小学校4年生:「堤」・「行基」・「水の利用」・「池守」
  5. 小学校5年生:「重源」・「治水ダム」・「狭山池」・「開発」
  6. 小学校6年生:「船大工」・「土木技術」・「取水塔」・「西除川」・「東除川」
  7. 中学生:「敷葉工法」・「土木遺産」・「世界遺産」・「木製枠工」・「尺八樋」
  8. 高校生・一般:狭山池や狭山池博物館をイメージしたもの
対象 たいしょう:
子どもの部‥中学生以下の子ども. おとなの部‥高校生・一般
参加のしかた:
作品募集期間にとどくように、書き初めの作品と、学校名・学年・氏名(ふりがな)・住所を書いたメモ(おとなは名前・名前のふりがな・住所・電場番号を書いたメモ)を博物館へ直接提出。もしくは、郵送すること。作品の応募は1人1作品のみ。学校および書道教室等、団体からの応募は、各学年20枚までとし、応募一覧表を電子データファイルで提出すること。
※団体応募で、応募一覧表を電子メールで送信する場合は、webmaster@sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp へ。
注意すること:
子どもの部‥作品は毛筆用の半紙を使用して、それぞれの学年の課題の中から1つだけ課題を選んで、毛筆で書くこと。半紙の左端に学年・氏名を書くこと。
おとなの部‥作品は毛筆用の書き初め用紙(682mm×175mm以下)を使用して、課題に沿ったテーマを設定し、毛筆で書くこと。用紙の左端に名前を書くこと。
表彰:
子どもの部‥館長賞、特別賞、優秀賞 大阪狭山ロータリークラブ賞 (副賞あり)
おとなの部‥大阪狭山市長賞、優秀賞 大阪狭山ロータリークラブ賞 (副賞あり)
作品の送り先・問い合わせ先:
大阪府立狭山池博物館「書き初め展」係 (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
そのほか:
作品の返却を希望する場合は、2014年2月27日(木)〜3月16日(日)までに博物館に取りにいくこと。郵送での返却はない。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
催しのページ:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/pdf/kakizome07s.pdf

館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪府立大学

ところ:
大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス (南海高野線「白鷺」駅下車徒歩15分、大阪市営地下鉄御堂筋線「なかもず」駅下車徒歩20分)
サイト:
http://www.osakafu-u.ac.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 博物館バックヤード探険ツアー はくぶつかんばっくやーどたんけんつあー

とき:
2013年7月21日(日)、8月4日(日) 午後1時30分集合
集まるところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 1階相談カウンターまえ おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
ふだんは入れない収蔵庫など博物館の裏がわを探検する。
定員 ていいん:
20名 (先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に集合場所で申し込む。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立弥生文化博物館

ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.68 大阪府立弥生文化博物館ワークショップ アート魚拓

大阪歴史博物館

ところ:
大阪歴史博物館 おおさかれきしはくぶつかん (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

きしわだ自然資料館

とき:
--
ところ:
--
内容 ないよう:
--
対象 たいしょう:
--
定員 ていいん:
--
参加費 (おかね):
--
参加のしかた:
--
問いあわせ先:
きしわだ自然資料館「折り紙」係 (〒596-0072 大阪府岸和田市堺町6-5 TEL.0724-23-8100 FAX.0724-23-8101 E-mail.sizen@city.kishiwada.osaka.jp)
館のサイト:
http://www.city.kishiwada.osaka.jp/sosiki/k-nature/

キッズプラザ大阪

ところ:
キッズプラザ大阪 (〒530-0025 大阪市北区扇町2-1-7 TEL.06-6311-6601)
館のサイト:
http://www.kidsplaza.or.jp/

交通科学博物館 : 保存車両大公開! こうはく乗り物大公開編

とき:
2014年1月5日(日)〜3月30日(日)のあいだの日曜日、3月21日(祝)・22日(土)・29日(土) 午前10時30分〜12時・午後1時〜5時
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
交通科学博物館が2014年4月6日に閉館するにあたり、車両整備を終えた屋外展示場の車両や、ふだん公開することのなかった実物車両が公開される。
参加費のしかた:
その日に館で申し込む。
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : ミュージアム体験ツアー

とき:
土曜日・日曜日・祝日 1回め/午前11時〜, 2回め/午後2時30分〜
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552−0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
ふだんはみることのできない保存車両(ほぞんしゃりょう)のなかを職員のひとが案内してくれる。※2007年11月公開映画「ALLWAYS 続・三丁目の夕日」で登場するクハ151形特急電車こだまの車内シーンは、交通科学博物館ので保存展示されているキハ81形特急ディーゼルカーくろしおの車内で撮影してCG処理したものだそうです。ミュージアム体験ツアーに参加すれば、女優の小雪さんが座ったロマンスシートに座れるかも‥!?
参加のしかた:
その日、時間になったら第2室「鉄道の誕生」のまえに集まる。
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

国立国際美術館

ところ:
国立国際美術館 こくりつこくさいびじゅつかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
館のサイト:
http://www.nmao.go.jp/

国立民族学博物館

ところ:
国立民族学博物館 こくりつみんぞくがくはくぶつかん (〒565-8511大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151)
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

堺市博物館

ところ:
堺市博物館 (〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内)
館のサイト:
http://www.city.sakai.lg.jp/hakubutu/

堺市立みはら歴史博物館 M・Cみはら

ところ:
堺市立みはら歴史博物館 さかいしりつみはられきしはくぶつかん (〒587-0002 大阪府堺市美原区黒山281 TEL.072-362-2736 FAX.072-362-2260. 近鉄南大阪線河内松原駅から近鉄バス余部行きで大保下車徒歩すぐ, 南海高野線初芝駅から南海バス美原区役所行きで下黒山西下車徒歩600m, 南海高野線北野田駅から南海バスまたは近鉄バス多治井方面行きで黒姫山古墳前下車徒歩すぐ)
館のサイト:
http://www.city.sakai.lg.jp/hakubutu/mcmihara/

吹田市立博物館

ところ:
吹田市立博物館 すいたしりつはくぶつかん (〒564-0001 大阪府吹田市岸部北4丁目10番1号 TEL.06-6338-5500 FAX.06-6338-9886)
館のサイト:
http://www.suita.ed.jp/hak/

高槻市立しろあと歴史館

ところ:
高槻市立しろあと歴史館 (〒569-0075 大阪府高槻市城内町1-7 TEL.072-673-3987 FAX.072-673-3984. 阪急高槻市駅から徒歩約10分. JR京都線高槻駅から徒歩約15分)
館のサイト:
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/rekishi/shiroato/

日本民家集落博物館

ところ:
日本民家集落博物館 にほんみんかしゅうらくはくぶつかん (〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-2 TEL.06-6862-3137 FAX.06-6862-3147)
館のサイト:
http://www.occh.or.jp/minka/

八尾市立しおんじやま古墳学習館

ところ:
八尾市立しおんじやま古墳学習館 (〒581-0854 大阪府八尾市大竹5-143-2 TEL&FAX.072-941-3114)
館のサイト:
http://racco-taiken.com/sionji/

八尾市立歴史民俗資料館

ところ:
八尾市立歴史民俗資料館 やおしりつれきしみんぞくしりょうかん (大阪府八尾市千塚3-180-1 TEL.072-941-3601 FAX.072-941-6193 近鉄服部川駅下車北へ徒歩約8分)
館のサイト:
http://www.kawachi.zaq.ne.jp/dpgwg309/

KOBEとんぼ玉ミュージアム : 体験工房 たいけんこうぼう

とき:
毎日 開館している時間ならいつでも. 制作時間/1つ15分くらい (開館時間/午前10時〜午後7時 入館は午後6時45分まで, 休館日/年末年始・臨時休館日)
ところ:
KOBEとんぼ玉ミュージアム こうべとんぼだまみゅーじあむ (〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町79番地 日本ビルヂング2階 TEL.078-393-8500 FAX.078-954-9000)
内容 ないよう:
作家やミュージアムスタッフの人のデモンストレーションをみて、ランプワークの技法(ぎほう)を学ぶ。そして、教えてもらいながら「とんぼ玉」をつくってみる。
※KOBEとんぼ玉ミュージアムとは/阪神大震災から10年をむかえた神戸へ再生・創生の願いをこめて、2005年7月にオープンしたあたらしい博物館。展示スペースでは古代から現代までのランプワークという技法でつくられた「とんぼ玉」などのガラス工芸品を展示している。
対象 たいしょう:
小学校3年生以上の子ども〜おとな
参加費 (おかね):
1つつくるとき/1,200円. 2つつくるとき/2,000円 (小学生以上の子どもとおとなは入館料がいる。館のサイトで優待割引券をくばっている)
参加のしかた:
開館時間のあいだに体験工房で申し込む。
そのほか:
できあがったとんぼ玉は、じゅうぶん時間をかけてゆっくり冷やさないと割れてしまうので、持って帰ることができるのは1時間〜2時間あとになる。待つことができないときは、つぎに博物館へ行ったときに持って帰るか、メール便・宅配便とかで送ってもらう方法がある(送料がいる)。また、できあがったとんぼ玉は、ガラスの状態がわるいとたまに割れてしまうこともある。そのときはがまんすること。
館のサイト:
http://www.lampwork-museum.com/
KOBEとんぼ玉ミュージアムさまの提供情報です. ありがとうございます.

尼崎市立田能資料館

ところ:
尼崎市立田能資料館 あまがさきしりつたのうしりょうかん (〒661-0951 兵庫県尼崎市田能6-5-1 TEL.06-6492-1777
E-Mail.ama-tanosiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp)
申し込み先・問い合わせ先:
尼崎市立田能資料館
ページ:
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/gakusyu/reki_bunka/…(略)

神戸海洋博物館 カワサキワールド

ところ:
神戸海洋博物館 カワサキワールド こうべかいようはくぶつかん・かわさきわーるど (〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2 TEL.078-327-5401 FAX.078-327-5402)
館のサイト:
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/

神戸市立青少年科学館

とき:
--
ところ:
神戸市立青少年科学館 こうべしりつせいしょうねんかがくかん (〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町7-7-6 TEL.078-302-5177)
内容 ないよう:
--
対象 たいしょう:
--
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは、入館料がいる
参加のしかた:
--
館のサイト:
http://www.ksm.or.jp/

神戸ファッション美術館

ところ:
神戸ファッション美術館 こうべふぁっしょんびじゅつかん (〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1 TEL.078-858-0050 FAX.078-858-0058)
館のサイト:
http://www.fashionmuseum.or.jp/

竹中大工道具館

ところ:
竹中大工道具館 たけなかだいくどうぐかん (〒650-0004 神戸市中央区中山手通4-18-25 TEL.078-242-0216 交通‥JR・阪急・阪神 三宮駅より徒歩18分. JR・阪神 元町駅より徒歩10分. 地下鉄 県庁前駅より徒歩5分)
館のサイト:
http://www.dougukan.jp/

灘浜サイエンススクエア

ところ:
灘浜サイエンススクエア ホール なだはまさいえんすすくえあ (〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地 TEL.078-882-8136 FAX.078-882-8137 電車‥阪神電車大石駅から南へ徒歩約12分, JR神戸線六甲道駅から南西へ徒歩約25分. 車‥阪神高速道路3号神戸線摩耶ICで降り、灘浜住吉川線を東に約1km)
館のサイト:
http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/

西宮市貝類館

ところ:
西宮市貝類館 にしのみやしかいるいかん (〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜4-13-4 TEL.0798-33-4888)
館のサイト:
http://www.nishi.or.jp/homepage/kairuikan/

兵庫県立考古博物館

ところ:
兵庫県立考古博物館 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン

兵庫県立人と自然の博物館

とき:
--
ところ:
--
内容 ないよう:
--
対象 たいしょう:
--
定員 ていいん:
--
参加費 (おかね):
--
参加のしかた:
--までに館のサイトの催しものページから申し込む。または、はがきかファックス・電子メールで、申込番号・講座名・住所・氏名・年齢・電話番号・ファックス番号を書いて申し込む。申し込みしめ切りを過ぎてから申し込む場合は博物館へ電話で確認すること。
問い合わせ:
兵庫県立人と自然の博物館 (〒669-1546 兵庫県三田市弥生が丘6丁目 TEL.079-559-2003 FAX.079-559-2033)
館のサイト:
http://hitohaku.jp/

兵庫県立歴史博物館

ところ:
兵庫県立歴史博物館 ひょうごけんりつれきしはくぶつかん (〒670-0012 兵庫県姫路市本町68番地 TEL.079-288-9011 FAX.079-288-9013)
館のサイト:
http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/

兵庫陶芸美術館

ところ:
兵庫陶芸美術館 ひょうごとうげいびじゅつかん (〒669-2135 兵庫県篠山市今田町上立杭4 TEL.079-597-3961 FAX.079-597-3967 E-mail:togei@pref.hyogo.jp)
館のサイト:
http://www.mcart.jp/

香芝市二上山博物館

ところ:
--
問いあわせ:
香芝市二上山博物館 かしばしにじょうざんはくぶつかん (TEL.0745-77-1700 電子メール.nijyouzan@city.kashiba.lg.jp)

橿原市昆虫館

ところ:
橿原市昆虫館 かしはらしこんちゅうかん (〒634-0024 奈良県橿原市南山町624 TEL.0744-24-7246 FAX.0744-24-9128)
館のサイト:
http://www.city.kashihara.nara.jp/insect/

橿原市立こども科学館

ところ:
橿原市立こども科学館 かしはらしりつこどもかがくかん (〒634-0075 奈良県橿原市小房町11番5号 TEL.0744-29-1300)
館のサイト:
http://www.city.kashihara.nara.jp/science/

唐古・鍵考古学ミュージアム : 「君もプチ考古学者!」こども弥生探検隊 隊員募集

申し込み期間:
2008年10月から随時
ところ:
唐古・鍵考古学ミュージアム (〒636-0247 奈良県磯城郡田原本町阪手233-1 田原本青垣生涯学習センター内 TEL.0744-34-7100 FAX.0744-32-8770)
内容 ないよう:
唐古・鍵考古学ミュージアムでは「こども弥生探検隊」の隊員を随時募集している。隊員になると、ミュージアムで主催する行事への参加や、企画展の見学のときにポイントが加算され、ポイン/トがたまったひとにはミュージアムからすてきなプレゼントがもらえる。また、隊員には「ミュージアム探検クイズ」が用意されていて、常設展を見学してクイズに正解したひとにも、随時ポイントが加算される。
対象 たいしょう:
小学生中学生
参加のしかた:
唐古・鍵考古学ミュージアムの受付で申し込む。その場で隊員証用の顔写真を撮影し、後日、隊員証が送付される。隊員証の有効期限は発行日から3年間。
館のサイト:
http://www.karako-kagi-arch-museum.jp/

高山サイエンスプラザ

とき:
--
ところ:
高山サイエンスプラザ (〒630-0101 奈良県生駒市高山町8916-12 高山サイエンスタウン)
内容 ないよう:
--
対象 たいしょう:
--
定員 ていいん:
--
参加費 (おかね):
--
参加のしかた:
--
問い合わせ先:
財団法人奈良先端科学技術大学院大学支援財団 事務局 (〒630-0101 奈良県生駒市高山町8916-12 高山サイエンスプラザ内 TEL.0743-72-5810 FAX.0743-72-5819 E-mail.s-juku06@science-plaza.or.jp)
館のサイト:
http://www.science-plaza.or.jp/

天理大学附属天理参考館

ところ:
天理大学附属天理参考館 2階ホール てんりだいがくふぞくてんりさんこうかん (〒632-8540 奈良県天理市守目堂町250 TEL.0743-63-8414 FAX.0743-63-7721)
館のサイト:
http://www.sankokan.jp/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

和歌山県立紀伊風土記の丘 : ものづくり体験(勾玉作り 埴輪・土器作り 土笛作り)

とき:
毎週日曜日 午前10時〜・午後1時〜
ところ:
和歌山県立紀伊風土記の丘 (〒640-8301 和歌山県和歌山市岩橋1411 TEL.073-471-6123 FAX.073-471-6120)
内容 ないよう:
博物館のかたに教えてもらいながら、勾玉(まがたま)、埴輪(はにわ)、土器(どき)、土笛(つちぶえ)をつくる。
対象 たいしょう:
小学生〜一般 (小学校2年生以下は保護者同伴)
参加費 (おかね):
材料費300円 (おとなは入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
そのほか:
勾玉は当日持って帰ることができる。埴輪・土器は乾燥して焼き上げるため、完成まで1ヶ月〜2ヶ月かかる。
館のサイト:
http://www.kiifudoki.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館

ところ:
和歌山県立自然博物館 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu→


そのほかの情報



hassanが最近買った絵本





博物館リスト






こどものための博物館情報 Management by skao.netはじめにもどるつぎへ

to Top Page