こどものための博物館情報トップ新着博物館動物園・水族館遊園地掲示板リンクメモトップ
博物館の催しもの


トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu→

近畿地方 きんきちほう (終わった催しもの)

梅小路蒸気機関車館 : 体験教室 SLの拓本をとろう!

とき:
2014年2月22日(土)・23日(日) 午前10時30分〜午後3時30分 (12時〜1時は休止)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
SLのナンバープレートの拓本をとってみる。
定員 ていいん:
各日100名
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ模型運転会 HOげーじもけいうんてんかい

とき:
2014年2月8日(土)・9日(日) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : お正月イベント A HAPPY NEW YEAR 2014! IN SL館

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
プログラム:
  1. 特別展示 蒸気機関車の頭出し/2014年1月4日(土)〜13日(祝), ところ 扇形車庫内, 内容 扇形車庫に展示中の静態保存の蒸気機関車を、車庫の軒先から数m前進させて、機関車の先頭を並べて展示.
  2. 笑う門には福来たる! 「新春SL福笑い」で記念撮影をしよう!/2014年1月4日(土)・5日(日)・11日(土)〜13日(祝), ところ 旧二条駅舎 貴賓室.
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ模型運転会 HOげーじもけいうんてんかい

とき:
2014年12月21日(土)〜23日(祝) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : クリスマスイベント

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
プログラム:
  1. 梅小路のSLたち IN クリスマスバージョン/2013年12月1日(日)〜25日(水), ところ 扇形車庫内, 内容 扇形車庫内に展示されている蒸気機関車の正面にクリスマスリースがとりつけられる.
  2. 来年「午年」! ポニーの年! SL館オリジナル年賀状を作ろう!/12月7日(土)・8日(日)・14日(土) 午前10時30分〜午後3時30分, ところ 旧二条駅舎内 貴賓室, 内容 梅小路蒸気機関車館では、C56形160号機(通称:ポニー)と縁起が良いとされる『「左馬」のポニー』をイメージした干支スタンプを用意。年賀状をSL館で作る.
  3. SL館サンタさんがやってくる!/12月21日(土)〜23日(祝) 1回め‥午前10時20分〜 2回め‥午後2時45分〜 3回め‥午後4時〜 (15分間ぐらい), ところ 旧二条駅舎と扇形車庫内, 内容 サンタさんといっしょに楽しく館内を見学できる.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪府立狭山池博物館 : わくわくイベント 親子でカンタン!藍のしぼり染め!

とき:
2013年12月15日(日) 午後1時〜3時
ところ:
大阪府立狭山池博物館 2階ホール おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
もっともっと狭山池博物館を楽しむことができる「わくわくイベント」。今回は、ボランティア企画の展示「夜具 型染藍の技と美」の関連イベントとして、ジッパーつき袋をつかって、しぼり染めでかんたんな藍染め体験をする。
対象 たいしょう:
小学生以上 (保護者同伴)
定員 ていいん:
25名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
2013年12月1日(日)午前10時から電話で申し込む。定員になり次第しめ切り。
申し込み先:
大阪府立狭山池博物館 わくわくイベント担当 (TEL:072-367-8891)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 夏休み子ども考古学講座1 体験!!古代の塩づくり

とき・ところ:
2012年8月18日(土)・19日(日) 午前10時〜午後3時30分 ※2回連続講座 ※雨天決行
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)、橿原市昆虫館 (〒634-0024 奈良県橿原市南山町624 TEL.0744-24-7246 FAX.0744-24-9128)
内容 ないよう:
古代の塩づくりを体験し、自分でつくった塩でおむすびをつくる。
対象 たいしょう:
2日間とも参加できる小学校3年生中学校3年生
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
弁当・飲み物(水筒・ペットボトルなど)・筆記用具・軍手・タオル・帽子・作業をするため汚れてもよい服装
参加のしかた:
2012年8月10日(金)までにとどくように、往復はがきで申し込む。住所・氏名(ふりがな)・学校名・学年・年齢・電話番号を書いておくこと。1枚の往復ハガキで複数名応募可能。
申し込み先・問い合わせ先:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館「体験!!古代の塩づくり」係 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 夏休み子ども考古学講座2 ちびっ子「土器はっくつ」体験 ちびっこ「どきはっくつ」たいけん

とき・ところ:
2012年8月28日(火)・29日(水) 午前11時〜午後3時のあいだ、毎時0分から約10分間
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうじょふぞくはくぶつかん (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
内容 ないよう:
再現(さいげん)した発掘調査現場(はっくつちょうさげんば)で、発掘(はっくつ)を体験(たいけん)できる。
対象 たいしょう:
未就学児小学校低学年2日間とも参加できる小学校3年生中学校3年生
定員 ていいん:
各回10名ぐらい
参加費 (おかね):
無料 (小学生以上の子どもと保護者は入館料がいる)
持っていくものとか:
飲み物(水筒・ペットボトルなど)・タオル・帽子・汚れてもよい服装
参加のしかた:
その日の各回の開始30分まえから配られる整理券をもらう。
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

和歌山県立自然博物館 : きのくに野外博物館 ゆかし潟の自然観察会 ゆかしがたのしぜんかんさつかい

とき:
2013年5月26日(日) 午前10時30分〜午後1時 雨のときは中止
ところ:
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町 ゆかし潟周辺
内容 ないよう:
那智勝浦町(なちかつうらちょう)に広がるゆかし潟(がた)は、海と川の水が混じり合う汽水性(きすいせい)の湖(みずうみ)。紀伊半島(きいはんとう)の沖(おき)を流れる黒潮(くろしお)と、温暖(おんだん)な気候(きこう)、温泉(おんせん)など特殊(とくしゅ)な環境(かんきょう)が作用(さよう)して、南方系(なんぽうけい)のめずしい魚や生き物などが見られる。今回は、このゆかし潟のまわりを散策(さんさく)しながら、貴重(きちょう)な自然環境を観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学生は保護者がいっしょに参加すること)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料など86円
持っていくもの:
ぬれても良い安全な履き物(ビーチサンダル等は危険)、帽子、タオル、軍手、弁当、水筒、日焼け止め、採集道具(たも網・バケツなど)
参加のしかた:
2013年5月12日(土)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「ゆかし潟」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

大阪歴史博物館 : わくわく子ども教室 凧づくりと凧あげ

とき:
2013年1月6日(日) 午後1時30分〜4時
ところ:
大阪歴史博物館 1階 エントランス おおさかれきしはくぶつかん (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
大阪歴史博物館の近くの馬場町(ばんばちょう)のあたりは、冬に多くの人々が凧あげを楽しむ凧あげのメッカだった。日本の凧の会大阪支部の協力により、昔ながらの凧をつくり、凧あげをする。つくった凧は家に持って帰ることができる。
対象 たいしょう:
小学生
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
往復ハガキで前もって申し込む。「凧づくり参加希望」と明記し、(1)参加希望者全員の氏名と学年、(2)代表者の連絡先(電話番号・FAX番号など)、返信面に返信先を書いて郵送する。申込締め切り日は2012年12月14日(金・消印有効)だが、申し込み先着順なので早めに申し込むほうがよい。ただし、定員に満たない場合は、締め切り日以降も応募を受付けている。
申し込み先・問い合わせ先:
大阪歴史博物館 わくわく子ども教室「凧づくり:」係 (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪府立弥生文化博物館 : 平成25年度春季企画展関連イベント とんぼ玉制作体験

とき:
2013年6月8日(土)・16日(日)・22日(土)、7月26日(金)・27日(土) 午後0時30分〜3時30分 ※所要時間約10分間(完成から40分間必要)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
各日54名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
500円 (入館料がいる)
参加のしかた:
2013年5月18日(土)午前10時から電話で博物館へ申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.68 大阪府立弥生文化博物館ワークショップ アート魚拓

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども勾玉づくり工房 こどもまがたまづくりこうぼう

とき:
2013年7月28日(日)、8月3日(日)・16日(金)・25日(金) 午後1時30分〜4時
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 玄関付近 おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
石をけずってみがいて、古代(こだい)のアクセサリー、勾玉(まがたま)をつくる。
定員 ていいん:
50名 (先着順)
参加費 (おかね):
材料費‥大300円 小100円
持っていくものとか:
多少汚れてもよい服装で円
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 夏休みこども工作室 なつやすみこどもこうさくしつ

とき:
2013年8月18日(日) 午後1時30分〜4時のあいだ(時間内出入り自由)
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 夏休みこども工作室 おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
いろんな材料をつかってものづくりをする。夏休みの自由課題にも。
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立大学 : 平成24年度体験参加型講座 子ども自然体験教室

とき:
2012年8月21日(火)〜24日(金) 3泊4日
ところ:
大阪市立 伊賀青少年野外活動センター (三重県伊賀市愛田3156-1)
内容 ないよう:
野外炊事、テント設営、早朝登山、源流探検、ドラム缶風呂などの活動。みんなと一緒に食事を作ったり、テントで寝たり、日の出を見る登山をしたり、源流をたどって探検したりするなかで、「こころ」と「からだ」を動かし、自然の神秘さを感じ、みんなで力をあわせることやがんばることの大切さを学ぶ。
対象 たいしょう:
小学校4年生小学校6年生以上
定員 ていいん:
36名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
27,000円 (傷害保険料・バス代を含む)
参加のしかた:
2012年7月20日(金)までに電子メールかファックスで申し込む。(1)郵便番号・住所 (2)氏名(フリガナ)・年齢・学年 (3)電話番号を書いておくこと。参加決定者には8/5か8/6のいずれかに事前説明会の開催を予定。
申し込み先:
E-mail:camp24[at]ao.osakafu-u.ac.jp([at]の部分は@と差し替え) FAX.072-254-9942
問い合わせ先:
大阪府立大学生涯教育センター TEL. 072-254-9942
サイト:
http://www.osakafu-u.ac.jp/
催しのページ:
http://www.osakafu-u.ac.jp/extension/evt20120821.html
PDF http://www.osakafu-u.ac.jp/data/open/cnt/40/5604/1/kodomo_24.pdf

大阪府立大学 : 平成24年度体験参加型講座 親と子どもの楽しい化学実験室 炭酸ガスは水に溶ける?

とき:
2012年8月18日(土) 午前の部‥午前10時〜12時 午後の部‥午後2時〜4時
ところ:
大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス B3棟 化学学生実験室 (南海高野線「白鷺」駅下車徒歩15分、大阪市営地下鉄御堂筋線「なかもず」駅下車徒歩20分)
内容 ないよう:
炭酸ガスをテーマとした化学実験。親子で楽しく学ぶ。
  1. 炭素が燃えると炭酸ガスができる。炭酸ガスって何?
  2. 炭酸ガスは水に溶ける?
  3. 炭酸ガスを閉じ込めよう!
  4. ラムネ(炭酸飲料)を作ろう!
対象 たいしょう:
小学生(高学年)とその保護者
定員 ていいん:
各回16組32名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
2人1組1,000円
参加のしかた:
2012年8月3日(金)までにとどくように往復ハガキか電子メールで申し込む。参加希望時間帯(午前・午後)、郵便番号・住所、小学生氏名(ふりがな)、学年、保護者氏名(ふりがな)、電話番号を書いておくこと。
申し込み先:
大阪府立大学 地域連携研究機構 生涯教育センター「親と子どもの化学実験」係 (TEL.072-254-9942 E-mail:tansan24[at]ao.osakafu-u.ac.jp([at]の部分は@と差し替え) FAX.072-254-9942
問い合わせ先:
大阪府立大学生涯教育センター TEL. 072-254-9942
サイト:
http://www.osakafu-u.ac.jp/
催しのページ:
http://www.osakafu-u.ac.jp/extension/evt20120818.html
PDF http://www.osakafu-u.ac.jp/data/open/cnt/40/5519/1/tansan24.pdf

兵庫陶芸美術館 : 特別展伊万里染付の美 夏休みワークショップ 親子で体験!青色を使ってお皿に絵を描こう

とき:
2013年7月20日(土) 1回め‥午前10時〜 2回め‥午後2時30分〜
ところ:
兵庫陶芸美術館 エントランス棟1階工房 ひょうごとうげいびじゅつかん (〒669-2135 兵庫県篠山市今田町上立杭4 TEL.079-597-3961 FAX.079-597-3967 E-mail:togei@pref.hyogo.jp)
対象 たいしょう:
小学生中学生および保護者
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
有料
参加のしかた:
7月2日(火)までに前もって申し込む。くわしくは館へ問い合わせること。
館のサイト:
http://www.mcart.jp/

兵庫陶芸美術館 : 特別展伊万里染付の美 染付ワークショップ 藍で生みだす染付を体験しよう!

とき:
2013年7月15日(祝) 午後1時〜
ところ:
兵庫陶芸美術館 エントランス棟1階工房 ひょうごとうげいびじゅつかん (〒669-2135 兵庫県篠山市今田町上立杭4 TEL.079-597-3961 FAX.079-597-3967 E-mail:togei@pref.hyogo.jp)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
有料
参加のしかた:
6月25日(火)までに前もって申し込む。くわしくは館へ問い合わせること。
館のサイト:
http://www.mcart.jp/

兵庫県立歴史博物館 : れきはくサマースクール

とき:
2012年7月26日(木)、8月2日(木)・9日(木)・16日(木) 午後2時〜3時30分
ところ:
兵庫県立歴史博物館 ひょうごけんりつれきしはくぶつかん (〒670-0012 兵庫県姫路市本町68番地 TEL.079-288-9011 FAX.079-288-9013)
内容 ないよう:
夏休み、歴博でちょっと冒険。館長さんが参加者といっしょに歴史のなぞにチャレンジしたり、れきはくを探検したりする。
対象 たいしょう:
小学校5年生小学校6年生
定員 ていいん:
各回10名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
6月26日(火)〜7月12日(木)のあいだにとどくように、兵庫県立歴史博物館普及課へ往復ハガキで申し込む。(1)講座名 (2)住所 (3)氏名(ふりがな) (4)年齢 (5)電話番号 (6)友の会会員は会員番号を書いておくこと。小学生以下が参加する場合は、保護者の氏名も書いておくこと。
館のサイト:
http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/

竹中大工道具館 :鉋削り体験 かんなけずりたいけん

とき:
2012年8月11日(土)、9月8日(土) 午後2時〜4時のあいだ適宜(てきぎ)開催
ところ:
竹中大工道具館 地階手入れ室 たけなかだいくどうぐかん (〒650-0004 神戸市中央区中山手通4-18-25 TEL.078-242-0216 交通‥JR・阪急・阪神 三宮駅より徒歩18分. JR・阪神 元町駅より徒歩10分. 地下鉄 県庁前駅より徒歩5分)
内容 ないよう:
台鉋(だいがんな)削り、ヤリガンナ削り、海外の鉋(かんな)体験、木の香り体験など。鉋を使って実際に木を削ってみることができる。熟練(じゅくれん)の大工(だいく)さんが調整(ちょうせい)した鉋を使うので、一般のひとでも鉋削りを楽しむことができる。技能員(ぎのういん)の大工さんが実演・指導してくれるので、女性や子どもでも大丈夫。ヒノキやヒバ、クスノキなどの木材を削って木の香りを体感することができる。今日では滅多に使うことのない古代の道具・ヤリガンナの実演も。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者が同伴すること)
定員 ていいん:
あり (参加者が多いときは待つ必要がある)
参加費 (おかね):
無料 ただ (入館料がいる)
館のサイト:
http://www.dougukan.jp/

神戸海洋博物館 カワサキワールド : 鉄道模型走行会 てつどうもけいそうこうかい

とき:
2012年9月15日(土)・16日(日) 午前10時〜午後5時 ※16日(日)のみHOゲージ走行以外は午後4時まで
ところ:
神戸海洋博物館 カワサキワールド 大ホール・エントランスホールほか こうべかいようはくぶつかん・かわさきわーるど (〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2 TEL.078-327-5401 FAX.078-327-5402)
内容 ないよう:
カワサキワールド恒例イベントの鉄道模型走行会。川崎重工鉄道研究同好会メンバーによる鉄道模型の走行会のほか、鉄道模型の体験運転や持ちこみ運転(いずれもNゲージのみ)など。
  1. 川崎重工鉄道研究同好会メンバーのオリジナル車両等の走行/ところ 大ホール・エントランスホール, 内容 川崎重工鉄道研究同好会のメンバーによる手作りのジオラマの中をNゲージ車両が走行。Oゲージや外国の鉄道車両が走るHOゲージの走行会.
  2. Nゲージ持込運転/ところ 大ホール, 内容 来場者がNゲージ車両を持ち込んで、1周約30mの巨大レイアウトの中を1人15分間走らせることができる, 定員 80名(先着順), 参加のしかた 神戸海洋博物館玄関前で配布される整理券をもらう。整理券は運転する人1名に1枚だけ。運転時間は指定できない(整理券先着順).
  3. Nゲージ体験運転/ところ 大ホール, 内容 Nゲージの車両を3分間走らせることができる, 参加のしかた その日に会場で.
  4. プラレール持込ひろば/ところ 大ホール奥, 内容 プラレール車両を持ち込んで遊べるコーナー。持ち込みはプラレール車両のみ.
  5. 鉄道写真展示/ところ 大ホール.
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは、入館料がいる。※館のサイトで割引券をくばっている。
主催 しゅさい:
神戸海洋博物館・カワサキワールド
協力 きょうりょく:
川崎重工鉄道研究同好会・株式会社ヤマネ・大阪府立狭山池博物館
催しのチラシ(PDF):
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/event/pdf/e_p120810.pdf
館のサイト:
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/

交通科学博物館 : 春休みイベント こうはくスプリングフェスタ

とき:
2013年3月23日(土)〜4月7日(日)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
プログラム:
  1. 鉄道&のりもののもまねライブ/2013年3月23日(土)・24日(日) 12:00〜・14:30〜(約30分間), ところ ホール, 内容 乗り物のものまねでお馴染みの立川真司さんによる、のりものものまねライブ.
  2. 鉄道トークショー&クイズ大会/3月30日(土)・31日(日) 12:00〜・14:30〜(約30分間), ところ ホール, 内容 3月30日は斎藤雪乃さん、31日は鉄道大好きなお笑い芸人の代走みつくにさんが来館し、鉄道に関するトークショーとクイズ大会を開催.
  3. キッズてつどう映画会/3月23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日) 12:30〜・15:00〜, ところ ホール, 内容 鉄道車両がたくさん登場する子ども向けの「れっしゃだいこうしんキッズ☆ベスト」を上映.
  4. 義経号のオープン展示&お子様用制服の貸出/3月23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)、4月6日(土)・7日(日) 10:30〜16:00, ところ 屋外展示場, 内容 義経号のオープン展示と、子ども用の制服の貸出(雨天の場合オープン展示は中止、制服の貸出は場所を変更).
  5. ミニ500系新幹線運転会/3月30日(土)・31日(日)、4月6日(土)・7日(日) 10:00〜12:00・13:00〜16:00, ところ 屋外展示場, 内容 電動のミニ500系新幹線の乗車会(雨天中止).
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 森ノ宮電車区探検 もりのみやでんしゃくたんけん

とき:
2013年3月29日(金) 午前の部/午前10時〜12時 午後の部/午後1時30分〜3時30分
ところ:
森ノ宮電車区
内容 ないよう:
JR環状線森ノ宮駅近くにある、森ノ宮電車区を見学する。運転士さんや車両の整備士さんのふだんのおしごとを見学できる。
対象 たいしょう:
小学生と保護者
定員 ていいん:
各回12組24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 (交通費は参加者負担)
参加のしかた:
2013年3月20日(祝)までに、交通科学博物館の館内に設置された受付で申し込む。抽選の結果は当選ハガキ(3月21日より発送)で通知される。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

梅小路蒸気機関車館 : 体験教室 SLの拓本をとろう!

とき:
2013年11月23日(土)・24日(日) 午前10時30分〜午後3時30分 (12時〜1時は休止)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
SLのナンバープレートの拓本をとってみる。
定員 ていいん:
各日100名
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪府立狭山池博物館 : 第13回子ども絵画コンクール 狭山池や博物館を描こう さやまいけやはくぶつかんをえがこう

とき:
写生会/2013年5月25日(土)・6月9日(日) 午前10時30分〜午後3時(受付開始‥午前10時から), 作品の提出しめ切り/7月2日(火)必着, 作品の展示/7月13日(土)〜8月31日(土)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
テーマ:
  1. 大阪府立狭山池博物館や狭山池風景 おおさかふりつさやまいけはくぶつかんやさやまいけふうけい
  2. 大阪府立狭山池博物館内展示物(写生会当日のみ写生可能) おおさかさふりつさやまいけはくぶつかんないてんじぶつ
  3. 未来の博物館 みらいのはくぶつかん
対象 たいしょう:
小学生以下の子ども
参加のしかた:
作品の裏に「学校(園)名・学年・氏名・電話番号・住所」を明記して博物館に提出。写生会への参加は、事前に申し込みが必要。写生会に参加希望の場合は、5月25日(土)分は5月23日(木)までに、6月9日(日)分は6月7日(金)までに、申し込み用紙に必要事項を書いて、博物館の受付に提出するか、郵送・ファックスで博物館へ送ること(人数に余裕がある場合は当日も参加申し込みできる)。
そのほか:
写生会のときにもっていくもの/絵を描く道具(画用紙はもらえる)・お弁当, 表彰式/8月18日(日) 午前11時〜 館長賞・特別賞・優秀賞・入選(※審査員で選出した入賞者10人と、博物館入館者の投票により選出する上位10人の合計20人の作品が入選作品となる), 指導/わかりやすく絵の描きかたも教えてもらうことができる, 雨のとき/館内だけで実施(館内では絵の具をつかえない).
申し込み先・問い合わせ先:
大阪府立狭山池博物館「子ども絵画コンクール」係 (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
主催 しゅさい:
大阪府立狭山池博物館
後援 こうえん:
大阪府教育委員会・堺市教育委員会・和泉市教育委員会・富田林市教育委員会・河内長野市教育委員会・松原市教育委員会・羽曳野市教育委員会・藤井寺市教育委員会・太子町教育委員会・河南町教育委員会・千早赤阪村教育委員会
協賛 きょうさん:
株式会社サクラクレパス・日本文教出版株式会社・日本色研事業株式会社
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.69 博物館でお絵かきしよう その3
hassanのお出かけメモNo.57 博物館の絵画コンクールでお絵かきしよう
hassanのお出かけメモNo.42 博物館でお絵かきしよう!

大阪府立狭山池博物館 : クルビーのたのしい昆虫教室・昆虫工作ワークショップ こんちゅうきょうしつ・こんちゅうこうさくわーくしょっぷ

とき:
2013年8月4日(日)・25日(日) 昆虫教室/午前11時〜12時. 工作ワークショップ/昆虫教室終了後〜午後3時(随時).
ところ:
大阪府立狭山池博物館 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892) 昆虫教室/2階ホール 工作ワークショップ/館内
内容 ないよう:
2013年7月20日(土)〜9月1日(日)のあいだ、大阪府立狭山池博物館で開催されている企画展「虫の謎を探る昆虫展 昆虫のデザイン -狭山池博物館・箕面公園昆虫館 2館共同企画-」の関連イベント。昆虫教室では、人気テレビ番組 探偵!ナイトスクープでもおなじみ、“クルビー”こと大阪府営箕面公園昆虫館館長 久留飛克明さんの昆虫についての楽しいお話しをきくことができる。工作ワークショップでは、昆虫にちなんだいろいろな工作を楽しむことができる。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
昆虫教室‥120名. ワークショップ‥なし
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
箕面公園昆虫館のページ:
http://www.pref.osaka.jp/ikedo/insect/

大阪府立狭山池博物館 : わくわくイベント 昆虫モビールを作ろう -「虫の謎を探る昆虫展 昆虫のデザイン」関連イベント-

とき:
2013年7月21日(土) 午前10時〜12時・午後2時〜4時
ところ:
大阪府立狭山池博物館 2階ホール おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
もっともっと狭山池博物館を楽しむことができる「わくわくイベント」。今回は、クラフトやプラバンで昆虫を作ってモビールとして仕上げる。
対象 たいしょう:
小学生以下 (小学校3年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
各回30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
2013年7月2日(火)〜20日(土)に電話で申し込む。定員になり次第しめ切り。
申し込み先:
大阪府立狭山池博物館 わくわくイベント担当 (TEL:072-367-8891)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

梅小路蒸気機関車館 : 鉄道の日イベント 秋の梅小路フェスタ

ところ:
梅小路蒸気機関車館 旧二条駅舎内及び扇形車庫、展示運転線 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
スケジュール:
  1. 百寿祝いヘッドマーク取り付け式/2013年10月5日(土) 午前10時10分〜30分 (所要時間20分ぐらい), ところ 扇形車庫内 9600形9633号機前, 内容 9600形9633号機の百寿を祝して、鉄道友の会京都支部との記念のヘッドマークを取り付ける式典を開催。また、8620形8630号機にも百寿を記念した特製のヘッドマークを装着し、9600形9633号機とともに、扇形車庫内や転車台南側で展示.
  2. 第31回SL館トーク「田中要次トークショーin梅小路」/10月13日(日) 午後2時〜3時, ところ 扇形車庫内 特設会場.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : ミニ新幹線運転会

とき:
2013年9月21日(土)・22日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 ちびっこ広場南側 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
ミニSLの運転会。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ模型運転会 HOげーじもけいうんてんかい

とき:
2013年9月14日(土)〜16日(祝) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

滋賀県立琵琶湖博物館 : 2013年度前期 観察会 かんさつかい

スケジュール:
  1. 春満開の綿向山登山/2013年5月19日(日) 午前8時30分〜午後4時, ところ 日野町綿向山, 内容 橋本忠太郎がよく登った地元の綿向山(1100m)で、春の植物を観察する。忠太郎さんにちなんだ植物も紹介, 対象 小学校5年生以上(健脚向き), 定員 30名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 5月9日までに往復はがきか電子メールで申し込む.
  2. 日野で植物観察会/5月26日(日) 午前9時30分〜12時30分, ところ 日野川ダム周辺, 内容 日野川ダム周辺でスクスク育つ身近な春の草花を観察する, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 30名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 5月16日までに往復はがきか電子メールで申し込む.
  3. 漁船に乗ってビワマス漁をみてみよう/7月27日(土) 午前6時〜12時, ところ 長浜市湖北町尾上、琵琶湖上, 内容 琵琶湖の漁師さんたちは、広い琵琶湖の中から長小糸網という刺し網をうまく操ってビワマスを獲っている。ベテランの漁師さんから、漁やビワマス、琵琶湖の魚について話を聞いてみる, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 20名, 参加費 2600円(保険料・湖上タクシー、試食代含む), 参加のしかた 7月17日までに往復はがきか電子メールで申し込む.
  4. ビワマスの採卵現場を見学してみませんか/10月26日(土) 午前10時〜午後2時, ところ 高島市マキノ町知内百瀬漁協, 内容 ビワマスは、琵琶湖の固有亜種であると同時に重要な水産資源。そのため、毎年増殖事業が行われている。船に乗って親魚を捕獲するところから、採卵までの行程を見学する, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 20名, 参加費 300円(保険料・試食代含む), 参加のしかた 10月16日までに往復はがきか電子メールで申し込む.
参加のしかた:
参加希望行事名、参加希望者全員の名前、年齢、住所、電話番号、一言メッセージを書いて、往復ハガキか電子メールで申し込む。締め切りは、原則として開催日の10日前必着。応募者が多いときは抽選。
申し込み先・問い合わせ先:
滋賀県立琵琶湖博物館 しがけんりつびわこはくぶつかん (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850 E-mail event@lbm.go.jp)
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

加悦SL広場 : 初夏の加悦鉄道まつり しょかのかやてつどうまつり

とき:
2012年5月3日(祝)・4日(祝) 午前10時〜午後3時 ※小雨決行 (SL広場の営業時間は午前10時〜午後5時)
ところ:
加悦SL広場 かやえすえるひろば (〒629-2422 京都府与謝郡加悦町字滝941-2, TEL.0772-42-3186, FAX.0772-43-0080, カヤ興産株式会社)
内容 ないよう:
  1. 加悦鉄道再現列車乗車会/午前10時〜(30分ごとに発車), 内容 構内線約120m区間の往復を、DB201ディーゼル機関車+フハ2号木造客車(午後はDB202ディーゼル機関車+キハ101気動車)が走る, 参加費 小学生以上100円.
  2. 鉄道模型やグッズ等のミニバザー/加悦鐵道保存会の会員のかたが収集した鉄道・バス部品、鉄道模型、鉄道古書などをバザー形式で販売.
  3. ふわふわ風船プレゼント/対象 入場した子ども全員(ぜんいん).
  4. 周遊列車ロケット号割引サービス/通常300円を200円で運行, 雨天中止.
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは入場料がいる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.kyt-net.ne.jp/kayaslhiroba/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 バッタのオリンピック

とき:
2013年10月6日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
藤井寺市石川・大和川河川敷 (往復で約3キロ歩く)
内容 ないよう:
秋の河原(かわら)はバッタの天国。みんなでたくさんつかまえて、名前をしらべてみる。そして、だれのバッタが遠くまでとぶか競争(きょうそう)してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (幼児・小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
200名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生以下200円
参加のしかた:
2013年9月17日(火)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.62 大阪市立自然史博物館 自然観察会 バッタのオリンピック

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 街中で地学散歩

とき:
2013年10月27日(日) 終日 ※雨天決行
ところ:
大阪市内
内容 ないよう:
大阪のビル街や地下街には、世界各地から集められたカラフルな石材が床や壁に使われていて、私たちの目を楽しませてくれる。それらの石材はきれいなだけではなく、研磨されているので岩石の観察にも最適。今回の観察会では、ルーペをもって街中の地学散歩(アーバンジオロジー)に出かける。思わぬところで化石が見つかることもある。
対象 たいしょう:
小学生 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
50名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2013年10月10日(木)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地学研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 アカマツ林のキノコ

とき:
2013年10月14日(祝) ※雨天中止
ところ:
滋賀県大津市方面
内容 ないよう:
多くの図鑑を編纂し、日本産のきのこの研究に一生を捧げた本郷次雄さんが研究したアカマツ林のきのこを探しに、本郷氏のホームグラウンドとも言うべき大津市瀬田方面のアカマツ林を歩く。キノコは食べない。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生以下50円
参加のしかた:
2013年9月30日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 10月 液状化を実験で探ってみよう

とき:
2013年10月12日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
大きな地震が起こると、平野部では液状化が発生し大きな被害を受ける。地盤の液状化とはどのような現象なのか、かんたんな実験で探ってみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
持っていくもの:
タオル (少し手が濡れるかもしれない)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 9月 古生代に生きていた巨大な植物

とき:
2013年9月14日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
今から約3億3千万年前の古生代石炭紀には、胞子で増える巨大な植物が生きていた。リンボクやカラミテスの化石を観察しながら、それらの植物の姿を考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
持っていくもの:
タオル (少し手が濡れるかもしれない)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 秋の干潟の渡り鳥をさがそう!

とき:
2013年9月8日(日) 午前10時〜午後2時ごろ ※雨天中止
ところ:
大阪市住吉区 南港野鳥園
内容 ないよう:
春の干潟には、いろいろなシギ・チドリ類がやってくる。大阪有数の生物多様性ホットスポット南港野鳥園で、シギ・チドリ類の識別にチャレンジする。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2013年8月24日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 秋のきのこ

とき:
2013年9月16日(祝) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
高槻市神峯山寺方面
内容 ないよう:
今年の秋のきのこは、昨年とおなじく高槻方面にでかける。おなじ場所でも、少し季節を変えると見られるきのこは大きくちがう。この行事は食べるためでなく、観察のために開催されるので、きのこは食べない。また食べるための採集はしない。3kmほど山道を歩く予定。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生50円
参加のしかた:
2013年9月2日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪大学総合学術博物館 : 企画展「オオサカがとんがっていた時代」ワークショップ

ところ:
大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館 3階セミナー室ほか おおさかだいがくそうごうがくじゅつはくぶつかん まちかねやましゅうがくかん (〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-20 TEL.06-6850-6284. 阪急宝塚線「石橋駅」下車、徒歩10分)
スケジュール:
  1. ワークショップA 部分と全体/2013年6月8日(土) 午後2時〜4時, 講師 堀尾貞治さん(作家), 対象 中学生以上, 定員 20名(多いときは抽選), 参加費 無料, 申込期間 5月1日(水)〜10日(金).
  2. ワークショップB-2 つくって あそんで かんじる ダンボールトンネル迷路/2013年6月15日(土) 午後2時〜4時, ところ 豊中市立市民ギャラリー(阪急宝塚線・豊中駅南側高架下), 内容 ギャラリー内にダンボールを連結させ、トンネル迷路をつくる, 講師 大野良平さん(美術科), 対象 小学生(保護者同伴可), 定員 30名(多いときは抽選), 参加費 無料, 申込期間 5月13日(月)〜23日(木).
参加のしかた:
申し込み期間内にとどくように往復ハガキか電子メールで申し込む。ワークショップ名、住所、氏名(同伴する保護者の氏名を含む)、電話番号を書いておくこと。ワークショップBの場合は小学校名、学年も書いておくこと。
申し込み先:
〒561-8501 文化芸術室 ワークショップ担当
E-mail.bunka@city.toyonaka.osaka.jp
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.67 大阪大学総合学術博物館ワークショップ 恐竜の復元画
館のサイト:
http://www.museum.osaka-u.ac.jp/

梅小路蒸気機関車館 : 夏休みイベント 銀河鉄道999とC62形蒸気機関車

とき:
2013年7月20日(土)〜9月1日(日)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 旧二条駅舎及び扇形車庫 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
梅小路蒸気機関車館では、漫画家 松本零士氏の代表作「銀河鉄道999」で999号のモチーフになったC62形蒸気機関車を2両保存・展示している。今回の催しでは、松本零士氏が生んだ「999号」と、C62形蒸気機関車のかかわりにスポットをあて、「銀河鉄道999」の発想や原点、さらに日本最大・最強と称されたC62形蒸気機関車の魅力をあわせてご紹介。
  1. 夏休みイベント開催記念セレモニー/2013年7月20日(土) 午後0時ごろ(所要時間30分), ところ 扇形車庫内 C62形1号機関車前, 内容 漫画「銀河鉄道999」の原作者である松本零士先生をお招きし、漫画のモチーフとなったC62形蒸気機関車と同形式である「C62形1号機」の前で開催記念セレモニーを開催.
  2. 銀河鉄道999とC62形蒸気機関車の世界/7月20日(土)〜9月1日(日), ところ 旧二条駅舎内 企画展示コーナーと貴賓室, 内容 漫画「銀河鉄道999」の世界と、日本最大・最強と呼ばれたC62形蒸気機関車を、貴重な資料や、解説パネルとともに紹介.
  3. C62形1・2号機 -999号バージョン-/C62形1号機‥7月20日(土)〜31日(水), 展示場所 扇形車庫内11番線. C62形2号機‥走行期間 7月20日(土)〜31日(水)・8月10日(土)〜18日(日).
  4. 夏休みイベント「銀河鉄道999とC62形蒸気機関車『特製うちわ』」の配布/夏休みイベント開催中の土曜日・日曜日, 定員 各日200名(なくなり次第終了).
  5. 体験教室 C62形蒸気機関車の拓本をとろう!/2013年7月21日(日)、8月3日(土)・4日(日)・17日(土)・18日(日) 午前10時30分〜午後3時30分(午後0時〜1時は休止), ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 漫画「銀河鉄道999」のモチーフになったSL「C62形48号機」や、SL館で大人気のSL「C62形2号機」の実物大のナンバープレートで拓本をとる, 定員 各日100名.
  6. 作教室 C62形蒸気機関車のプラ板プレートを作ろう!/7月27日(土)・28日(日)・31日(土)、9月1日(日) 午前10時30分〜午後3時30分(午後0時〜1時は休止), ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 漫画「銀河鉄道999」のモチーフになったSL「C62形48号機」やSL館で大人気のSL「C62形2号機」のナンバープレートをデザインした、かんたんでカッコいいプラ板をつくる, 対象 子ども, 定員 各日100名.
  7. HOゲージ鉄道模型運転会/8月24日(土)・25日(日) 午前10時30分〜午後4時, ところ 扇形車庫内, 内容 縮尺80分の1で作られたC62形蒸気機関車のHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る, 参加費 無料.
  8. ミニ新幹線運転会/8月10日(土)・11日(日) 午前10時30分〜午後3時30分(午後0時〜1時は休止), ところ 扇形車庫内特設会場.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 ツバメのねぐら

とき:
2013年8月10日(土) 夕方 ※雨天中止
ところ:
奈良市平城宮跡
内容 ないよう:
夏の夜、ツバメはヨシ原に集まってねむる。夕方、ねむるために集まってきたツバメは、しばらくあたりを飛びまわる。この催しでは数千羽(すうせんば)のツバメが飛びまわるのを見にいく。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
100名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2013年7月27日(土)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 ホネの標本の作りかた

とき:
2013年8月11日(日) 午前10時〜午後3時ごろ
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
自分で骨格標本(こっかくひょうほん)をつくれるようになる。ホネの標本の作りかたをまなび、じっさいに肉を取りのぞいて、かんたんな骨格標本を作ってみる。
対象 たいしょう:
小学校高学年以上
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
材料費など500円ぐらい
参加のしかた:
7月27日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

梅小路蒸気機関車館 : ミニ新幹線運転会

とき:
2013年6月29日(土)・30日(日) 午前10時30分〜午後3時30分 (午後0時〜1時は休憩)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
ミニ新幹線の運転会。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 高槻のカエル探し たかつきのかえるさがし

とき:
2013年6月23日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
高槻市萩谷周辺
内容 ないよう:
モリアオガエルの卵塊(らんかい・たまごのかたまり)やカジカガエル、ヤマアカガエルなどのカエルをさがして歩きます。歩く距離は7kmぐらい。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2013年6月8日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 初夏のキノコ

とき:
2013年7月13日(土) 終日 ※雨天中止
ところ:
滋賀県石山寺方面
内容 ないよう:
梅雨明けはイグチの仲間やベニタケの仲間など、たくさんのきのこが見つかる。これらの多くはかつて滋賀大学で研究をされていた本郷次雄博士によって新種として記載されたキノコ。そこで、本郷博士の主要な採集地の一つである滋賀県の石山寺周辺でそれらのキノコを観察してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生以下50円
参加のしかた:
2013年6月30日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 生駒山地をつくる岩石

とき:
2013年6月2日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
生駒山 (東大阪市)
内容 ないよう:
大阪府と奈良県の県境にある生駒山地は、マグマが地下深くで固まって形成された岩石でできている。これらは黒っぽい「はんれい岩」や、白っぽい「花こう岩」という名前の石で、恐竜がいた時代に、地下深くでできたものが、地表まで上昇してきたもの。今回の観察会では、マグマがどのようにして固まって、さまざまな色の岩石ができたのかを、現地で実際に観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
50名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生以下50円
参加のしかた:
2013年5月19日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 はじめてのキノコ

とき:
2013年6月30日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
東大阪方面
内容 ないよう:
はじめての人のための、キノコ観察会。いつもとつぜん出てくるキノコ。いろんなかたちや色、におい。こわい毒キノコも、観察して楽しむだけなら安全。キノコは食べない。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴がいる)
定員 ていいん:
120名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円 小学生以下200円
参加のしかた:
2013年6月15日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 昆虫標本の作り方

とき:
2013年7月13日(土)または14日(日) 午前の部‥午前10時〜12時 午後の部‥午後2時〜4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
この実習(じっしゅう)では展翅(てんし)・展足(てんそく)、ラベル作製(さくせい)などの基本作業(きほんさぎょう)をまなぶ。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
各日、午前の部‥24名・午後の部‥24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
200円 (標本製作用具の実費)
参加のしかた:
7月2日(火)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 海べのしぜん

とき:
2013年5月26日(日) 終日(しゅうじつ・まる1にち) ※雨天中止
ところ:
泉南郡岬町周辺
内容 ないよう:
潮がよく引いた春の磯で、いろいろな海の動物、海そうなどを観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴がいる. 未就学児は保護者同伴でも参加できない. 団体参加は不可)
定員 ていいん:
250名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円 小学生以下200円
参加のしかた:
2013年5月10日(金)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 貝掛海岸

とき:
2013年5月12日(日) 午前10時〜午後3時ごろ ※雨天中止
ところ:
阪南市 尾崎〜貝掛
内容 ないよう:
大阪府南部の海岸に行く。砂浜や漁港をめぐり、海岸生物、鳥、昆虫、植物、地層など、大阪湾の自然を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生は保護者の同伴がいる)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2013年4月27日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 昆虫編(5月) クマバチの巣をさがせ!

とき:
2013年5月25日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
花などの植物についているコガネムシやハムシの、いろいろな種類を観察する。また、花にやってくるクマバチを追いかけて、巣がどこにあるか、みんなで協力して探す。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくもの:
双眼鏡、図鑑、筆記具など
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども勾玉づくり工房 こどもまがたまづくりこうぼう

とき:
2012年8月4日(土)・12日(日)・25日(土) 午後1時30分〜4時
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 玄関前 おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
石をけずってみがいて、古代(こだい)のアクセサリー、勾玉(まがたま)をつくる。
定員 ていいん:
50名 (先着順)
参加費 (おかね):
材料費‥大300円 小100円
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 世界でひとつの勾玉づくり

とき:
2012年8月13日(月) 1回め‥午後1時〜4時 2回め‥午後3時〜4時
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 1階ロビー おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
マーブリング勾玉をつくる。いろいろな玉と組み合わせてすてきなアクセサリーにもできる。
定員 ていいん:
各回20名 (整理券先着順)
参加費 (おかね):
100円
参加のしかた:
その日の午後0時から配られる整理券をもらう。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 夏休みこども工作室 なつやすみこどもこうさくしつ

とき:
2012年8月19日(日) 午後1時30分〜4時のあいだ(時間内出入り自由)
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 地階ホール おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
いろんな材料をつかってものづくりをする。夏休みの自由課題にも。
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども博物館バックヤード探険ツアー こどもはくぶつかんばっくやーどたんけんつあー

とき:
2012年7月28日(土)、8月25日(日) 午後1時30分集合
集まるところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 1階相談カウンターまえ おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
ふだんは入れない収蔵庫など博物館の裏がわを探検する。
定員 ていいん:
20名 (先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に集合場所で申し込む。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

梅小路蒸気機関車館 : SL館スプリングフェスタ

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
スケジュール:
  1. プラレール IN 梅小路/2013年3月9日(土)〜31(日) 午前10時30分〜午後4時, ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 大きなジオラマ上を、梅小路蒸気機関車館のSLやJR西日本管内で活躍する車両のプラレールが走行する。また、期間中の土曜日・日曜日は、お菓子などが当たる「プラレールあみだクジ」を開催, 定員 各日200名.
  2. HOゲージ鉄道模型運転会/3月9日(土)・10日(日) 午前10時〜午後3時30分, ところ 扇形車庫内, 内容 縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る.
  3. 早朝開館 SLスチーム号の朝の準備を見よう!/3月16日(土)・17日(日) 午前9時30分から(作業風景の時間帯‥9時35分すぎから), ところ 扇形車庫 転車台付近, 内容 ふだんは非公開となっているSLスチーム号の朝の作業風景を見学することができる.
  4. SL館ファミリーコンサート/3月23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日) 1回め‥午前11時30分 2回め‥午後1時40分 3回め‥午後2時40分 (各回とも約20分ぐらい), ところ 扇形車庫, 内容 歌のおにいさんの新井宗平さんと歌のおねえさんの山本かずみさんによるコンサート。鉄道に関する歌や手遊び歌など、皆様になじみのある曲での楽しいコンサート。
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪府立弥生文化博物館 : みんないっしょに考古楽!2012

ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
プログラム:
  1. 弥生の火おこし体験/2012年12月15日(土) 午後2時〜3時30分
  2. 弥生の弓矢体験/2013年1月19日(土) 午後2時〜3時30分
  3. 土器に触れてみよう/2013年2月16日(土) 午後2時〜3時30分
  4. 弥生の火おこし体験/2013年3月16日(土) 午後2時〜3時30分
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.68 大阪府立弥生文化博物館ワークショップ アート魚拓

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 レンゲ畑のいきもの

とき:
2013年4月29日(祝) 午前10時〜午後2時 ※雨天中止
ところ:
高槻市方面
内容 ないよう:
レンゲソウがたくさん咲いている田んぼで、花や虫など、いろいろな生きものと友だちになる。レンゲソウの花はどんなかたちをしているか、ミツバチはなにをしているか、じっくり見てみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること. 団体参加は不可)
定員 ていいん:
200名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生以下200円
参加のしかた:
2013年4月13日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 はじめてのバードウォッチング 春の渡り鳥を見つけよう!

とき:
2013年4月29日(祝) 午前10時〜午後3時ごろ ※雨天中止
ところ:
大阪市東住吉区 長居公園
内容 ないよう:
大阪の都市公園は渡りの途中の鳥たちの中継地になっている。渡りの時期には、日頃見られない鳥に出会うことができる。オオルリやキビタキなどを探してみる。外で鳥を見たあとは、室内で本でもバードウォッチングする。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2013年4月21日(日)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 テントウムシ

とき:
2013年4月28日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
高槻市方面
内容 ないよう:
草はらや川原で、いろいろな種類のテントウムシをさがしてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生50円
参加のしかた:
2013年4月15日(月)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 春の干潟の渡り鳥をさがそう!

とき:
2013年4月13日(土) 午前10時〜午後2時ごろ ※雨天中止
ところ:
大阪市住吉区 南港野鳥園
内容 ないよう:
春の干潟には、いろいろなシギ・チドリ類がやってくる。地味で見分けにくいシギ・チドリ類も、春は着飾っていて綺麗。大阪有数の生物多様性ホットスポット南港野鳥園の自然を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2013年4月5日(金)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 早春に咲く花

とき:
2013年4月14日(日) 午前10時〜午後3時ごろ ※雨天中止
ところ:
河内長野市方面
内容 ないよう:
スミレの仲間や、ショウジョウバカマ、キランソウなど早春だけ花をつける植物は郊外に行くとたくさん見ることができる。里地を歩きながらこれらの植物を観察してみる。天気が良ければ花に来るハナバチたちも観察できる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2013年4月4日(木)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 岩石の風化と土砂の生産

とき:
2013年5月5日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
兵庫県西宮市蓬莱峡周辺
内容 ないよう:
山地の岩石が風化して細かくなり土砂ができ、川を流れ下って平野を作る。断層活動によって岩石が激しく風化している兵庫県蓬莱峡周辺を観察して、土砂生産の現場を観察する。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2013年4月22日(月)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
そのほか
行事当日だけでなく、前日が雨天の場合も中止になる。また、かなりの急斜面やガレ場を歩くので、脚力に自信の無い人は参加しないほうがよい。
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物編(4月) 春の渡り鳥 はるのわたりどり

とき:
2013年4月27日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
春の渡りの季節。オオルリやキビタキなど渡りの途中に立ち寄った小鳥をさがす。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくもの:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物編(3月) 花に来る鳥

とき:
2013年3月30日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
木々の花の季節。ヒヨドリやメジロなどが、花に集まってきている。花に来ている鳥たちのようすを観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくもの:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 タコを解剖してみよう

とき:
2013年3月16日(土) 午前11時〜午後4時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
タコを解剖してみて、その体のつくりを学ぶ。
対象 たいしょう:
小学生以上(小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
10名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2013年3月11日(月)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 夜の水族館をのぞいてみよう

とき:
2012年8月21日(火) 午後1時集合〜22日(水)午後1時解散 1泊2日
ところ:
和歌山県立自然博物館 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
水槽の生きものは、昼と夜ではどのような行動のちがいがあるのだろうか。夜の水族館をのぞいてみると、昼間とはちがったようすを観察することができる。
対象 たいしょう:
小学校5年生〜高校生
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
2,300円 (食費・傷害保険料など)
参加のしかた:
2012年8月7日(火)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者の住所、氏名(ふりがな)、学年、電話番号を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「夜の水族館をのぞいてみよう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : 開館30周年記念企画展 世界のカブトムシ・クワガタムシ オリジナルポストカードプレゼント

とき:
2012年7月20日(金)〜9月2日(日) ※予定枚数に達した時点で終了.
ところ:
和歌山県立自然博物館 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
開館30周年記念企画展「世界のカブトムシ・クワガタムシ」の開催期間中、和歌山の昆虫のポストカード「The Insects of Wakayama Prefecture」を、入館した人全員に1枚ずつ、先着28000名にプレゼント。和歌山に住む身近な昆虫の美しい標本写真や生態写真で、より昆虫の魅力を感じることができる。
対象 たいしょう:
入館者
定員 ていいん:
28,000名 (先着順)
参加費 (おかね):
おとなは入館料がいる。(7/18〜8/31の平日は節電キャンペーンで、入館料が半額)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

大阪府立狭山池博物館 : 春休み特別企画 鉄道模型ワールドin博物館 てつどうもけいわーるど いん はくぶつかん

とき:
展示/2013年3月20日(祝)〜4月7日(日) 午前10時〜午後5時
持ち込み走行会/2013年3月20日(祝)・23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)、4月6日(土) 午前10時30分〜12時・午後1時〜4時30分 (1人15分間)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 1階特別展示室ほか おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
各地の博物館に展示されている模型をつくっている専門の会社、株式会社ヤマネがつくった鉄道模型ジオラマや鉄道模型などを展示。また、運転用の鉄道模型レイアウトでは、Nゲージの持ち込み走行会も催される。持ち込み走行会では4線のレイアウトを同時に運転、自分のNゲージ模型を持ち込んで1人15分間走行させることができる。また、展示室に設置されたプラレールレイアウトでは、自分のプラレールを持ちこんで走行させることもできる(自由参加)。
おもな展示品 てんじひん:
Nゲージ模型、鉄道写真など。
Nゲージ持ち込み走行会の対象 たいしょう:
Nゲージの鉄道模型を持っている人
Nゲージ持ち込み走行会の定員 ていいん:
あり (整理券配布先着順)
Nゲージ持ち込み走行会の参加のしかた:
その日の午前10時15分から配られる整理券をもらう。
参加費 (おかね):
入場無料、持ち込み走行も無料。
主催 しゅさい:
大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館協働運営委員会
協力 きょうりょく:
株式会社ヤマネ
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
案内チラシ(PDF):
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/pdf/rm-ev201303.pdf
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.54 鉄道模型ワールドin狭山池博物館2. hassanのお出かけメモNo.46 鉄道模型ワールドin狭山池博物館

大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 : 工作教室 シーサイドワークショップ

とき:
2013年2月2日(土)・3日(日)・9日(土)・10日(日)・11日(祝)・16日(土)・17日(日)・23日(土)・24日(日) 午後1時〜3時30分
ところ:
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 展示棟1階 なにわのうみのじくうかん (〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2-5-20 TEL.06-4703-2900 FAX.06-4703-2901)
内容 ないよう:
時空館スタッフのかたといっしょに身近なものを使ってお絵かきや工作をする。2/2・3‥貝殻クリップ、2/9・10・11‥テープの芯を使った工作、2/16・17・23・24‥貝殻おひなさま.
参加費 (おかね):
200円 (ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.jikukan.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.35 大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館

滋賀県立琵琶湖博物館 : 2012年度前期 観察会 かんさつかい

スケジュール:
  1. 希望が丘の自然観察会(夏の虫たち)/2012年7月8日(日) 午前10時〜12時, ところ 希望が丘文化公園, 内容 希望が丘文化公園の森でトンボなどの昆虫を観察する, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 25名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 6月28日までに往復はがきで琵琶湖博物館交流センターへ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  2. 身近な川の魚を調べてみよう/7月21日(土) 午前10時〜12時, ところ 守山市石田町・下之郷町(守山運動公園周辺), 内容 守山市内を流れる川にすむ魚を、琵琶湖博物館はしかけグループの「うおの会」といっしょにしらべる, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 30名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 7月11日までにとどくように往復はがきで琵琶湖博物館交流センターへ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  3. 漁船に乗ってビワマス漁をみてみよう/7月28日(土) 午前6時〜12時, ところ 長浜市湖北町尾上、琵琶湖上, 内容 琵琶湖の漁師さんたちは独特の漁具・漁法で魚貝類を捕って生活している。そんな漁師さんたちが琵琶湖固有亜種でもあるビワマスを琵琶湖独特の刺網であるナガコイトを使って捕るようすを見学してみる, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 20名, 参加費 2600円(保険料・湖上タクシー、試食代含む), 参加のしかた 7月18日までに往復はがきで琵琶湖博物館交流センターへ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  4. 滋賀の自然をめぐるミステリー観察会/8月18日(土) 午前10時〜午後2時, ところ 湖北野鳥センター(観察場所は当日までお楽しみ), 内容 どこへ行って何をするのかは当日まで謎のまま。滋賀の知られざる世界をのぞきに行く, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 20名, 参加費 300円・小学生中学生200円(入館料・保険料を含む), 参加のしかた 8月8日までに往復はがきで琵琶湖博物館交流センターへ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  5. 滋賀の自然をめぐるミステリー観察会/8月18日(土) 午前10時〜午後2時, ところ 湖北野鳥センター(観察場所は当日までお楽しみ), 内容 どこへ行って何をするのかは当日まで謎のまま。滋賀の知られざる世界をのぞきに行く, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 各20名, 参加費 300円(保険料を含む)・小中学生200円, 参加のしかた 8月8日までにとどくように往復はがきで琵琶湖博物館交流センターへ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  6. 琵琶湖の浅瀬を歩いてみよう/8月26日(日) 午前10時〜午後3時, ところ 湖北野鳥センター、長浜市湖北町延勝寺, 内容 湖北野鳥センター近くの浅瀬を歩いて探検する, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 30名, 参加費 2100円(保険料・湖上タクシー代を含む), 参加のしかた 8月16日までに往復はがきで琵琶湖博物館交流センターへ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  7. アユの産卵用人工河川を見てみませんか/9月15日(土) 午前10時〜12時, ところ 高島市安曇川町、安曇川人工河川, 内容 琵琶湖漁業の最重要魚種でもあるアユの資源を安定させるために造られた人工河川とは、いったいどんな施設なのか。アユ資源維持の最前線を紹介, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 20名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 9月5日までに往復はがきで琵琶湖博物館交流センターへ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
問い合わせなど:
滋賀県立琵琶湖博物館交流センター しがけんりつびわこはくぶつかん (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 大阪層群の地層と植物化石 おおさかそうぐんのちそうとしょくぶつかせき

とき:
2013年3月10日(日) 午前10時〜午後3時 雨天中止
ところ:
岸和田市
内容 ないよう:
大阪のまわりの丘陵(きゅうりょう)には大阪層群(おおさかそうぐん)とよばれる約300万年まえ〜35万年まえの地層(ちそう)が分布(ぶんぷ)している。岸和田市付近に分布する約250万年まえの大阪層群の地層を観察して種子(しゅし)の化石をさがしてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
25名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2013年2月23日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 化石さがし

とき:
2013年12月1日(日) 午前10時〜午後4時 ※雨天中止
ところ:
泉佐野方面
内容 ないよう:
化石のねむる山をめざして、みんなであるく。ガケの石を観察し、いろんな化石をみつけて、和泉山脈のヒミツに、せまってみる。
対象 たいしょう:
小学校3年生以上 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
150名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生200円
参加のしかた:
11月11日までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 化石さがし

とき:
2013年12月1日(日) 午前10時〜午後4時 ※雨天中止
ところ:
泉佐野方面
内容 ないよう:
化石のねむる山をめざして、みんなであるく。ガケの石を観察し、いろんな化石をみつけて、和泉山脈のヒミツに、せまってみる。
対象 たいしょう:
小学校3年生以上 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
150名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生200円
参加のしかた:
11月11日までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 都市のコケ観察 蘚類、苔類の見分け方ABC!

とき:
2013年12月15日(日) 午後1時〜4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
大阪城公園、長居公園、上町台地。大阪の都市緑地でもいろいろなコケがみつかる。野外で眺めていてもなかなかわからないコケを顕微鏡も用いてじっくり観察してみる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2013年12月1日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 12月 恐竜の年齢を調べよう

とき:
2013年12月14日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
化石の骨を切断し、内部の構造を調べてみるといろいろなことがわかる。たとえば、恐竜の骨の内部組織を観察してみると、現在の動物では一年に一本できる木の年輪のような構造がみられ、この年輪構造を数えることで、恐竜の年齢推定ができる。今回は、恐竜の骨の内部を観察し、恐竜の年齢を調べてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 11月 砂粒の大きさ見本をつくろう

とき:
2013年11月9日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
砂粒は、河原や海岸など、私たちの身近なところにある。砂粒からできている地層もある。砂粒を調べるときには、砂粒の大きさは大切な情報の一つ。しかし、砂粒は小さいので、定規を当てて大きさを測るのはとても大変。指で触って大体の粒の大きさがわかるように、砂をふるいで大きさ別に分けて、砂粒の大きさ見本をつくる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 果実と種子

とき:
2013年2月17日(日) 午前10時〜午後4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)、長居公園
内容 ないよう:
身の回りにはいろいろな果実や種子があります。果実と種子のちがいはどこにあるのか。いろいろな果実と種子の特徴を調べてみる。種子の化石も観察してみまる。植物園での観察と室内で標本の観察を行う。
対象 たいしょう:
中学生以上
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2013年2月3日(日)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 2月 火山にチャレンジ

とき:
2013年2月9日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
火山噴火をテーブルの上で再現します。マグマの上昇、溶岩の流れ、噴火の音などのしくみがわかるミニ実験にチャレンジ。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 3月 幹の化石

とき:
2013年3月9日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
石になった植物の幹の化石を現在の植物と比べながら観察する。木生シダ、針葉樹、広葉樹の幹を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物編(2月) 冬の羽根ひろい

とき:
2012年2月23日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
ツグミやヤマガラなど、冬の林に落ちている鳥の羽根をさがす。タカに食べられたあとや、タヌキのため糞もさがす。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくもの:
双眼鏡、羽根図鑑、羽根を入れる袋。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

交通科学博物館 : 鉄道の日イベント こうはく鉄道フェスタ

ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
プログラム:
  1. SL義経号をみがこう!/2012年10月6日(土) 午後1時〜2時30分ごろ, 内容 ペーパーなどを使って、車輪やロッドをみがくなどの整備体験ができる, 対象 小学生以上(小学生は保護者同伴), 定員 10名(多いときは抽選), 参加のしかた 2012年9月22日(土)までにとどくように、はがきで交通科学博物館 義経号係へ申し込む。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと.
  2. SL義経号オープン展示/10月14日(日) 午前10時30分〜午後4時, 内容 ふだんは大きなガラスケースに入った義経号が外に登場する。子ども用の明治の駅員服の貸し出しも, ところ 屋外展示場, そのほか 雨天中止.
  3. 義経号を引っ張り出せ/10月13日(土) 午前11時〜・12時30分〜・午後1時30分〜・午後3時〜, 内容 鉄道記念物であるSL義経号をロープで引っ張り出します。SLの重さと、力くらべできるイベント, ところ 屋外展示場, 対象 小学生, 定員 15名(整理券配布先着順). 参加のしかた 各回15分まえから配られる整理券をもらう, そのほか 雨天中止.
  4. 出発進行!ミニ500系新幹線運転会/10月13日(土)・14日(日) 1回め‥午前11時〜12時 2回め‥午後1時〜4時, ところ 屋外展示場ミニSL運転線, 内容 実物の10分の1サイズの電動500系新幹線の運転会.
  5. こうはく音楽会/10月14日(日) 午後2時30分〜(30分間), ところ 屋外展示場(雨天時はホール).
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

大阪府立狭山池博物館 : わくわくイベント 昔のあそび道具を作ろう

とき:
第1回‥2013年2月23日(土) 第2回‥3月2日(土) 午後1時〜3時
ところ:
大阪府立狭山池博物館 2階ホール おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
もっともっと狭山池博物館を楽しむことができる「わくわくイベント」。今回は、大阪狭山市立郷土資料館企画展「くらしの道具展」の関連イベントとして、「紙びな」や「かわりびょうぶ」を作ってあそぶ。
対象 たいしょう:
小学生以下 (小学校3年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
各回30名 (多いときは公開抽選)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
第1回分‥2013年2月9日(土)〜16日(土)・第2回分‥2月16日(土)〜23(土)の期間に、電子メール、ハガキ、FAXで申し込むか、博物館へ申込書を直接届ける。イベント名「わくわくイベント 昔のあそび道具を作ろう」、参加希望日(第1回か第2回か)、名前、学校園名、学年等、電話番号を記入すること。
申し込み先:
大阪府立狭山池博物館 わくわくイベント担当 (E-mail:oubo@sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp 〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 FAX:072-367-8892)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : 第6回 書き初め展作品募集 かきぞめてんさくひんぼしゅう

とき:
作品募集期間 2013年1月5日(土)〜14日(祝)必着, 作品展示期間 2013年1月22日(火)〜2月24日(日), 表彰式 2013年1月27日(日) 午前11時から ※2/4〜2/9は臨時休館の予定.
応募全作品を展示するところ:
大阪府立狭山池博物館 常設展示室など おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
書き初めの課題:
  1. 小学校1年生:「かわ」・「つち」・「いけ」・「いね」
  2. 小学校2年生:「川」・「土」・「水」・「雨」
  3. 小学校3年生:「池」・「土手」・「桜」・「谷」
  4. 小学校4年生:「堤」・「行基」・「水の利用」・「池守」
  5. 小学校5年生:「重源」・「治水ダム」・「狭山池」・「開発」
  6. 小学校6年生:「船大工」・「土木技術」・「取水塔」・「西除川」・「東除川」
  7. 中学生:「敷葉工法」・「土木遺産」・「世界遺産」・「木製枠工」・「尺八樋」
  8. 高校生・一般:狭山池や狭山池博物館をイメージしたもの
対象 たいしょう:
子どもの部‥中学生以下の子ども. おとなの部‥高校生・一般
参加のしかた:
作品募集期間にとどくように、書き初めの作品と、学校名・学年・氏名(ふりがな)・住所を書いたメモ(おとなは名前・名前のふりがな・住所・電場番号を書いたメモ)を博物館へ直接提出。もしくは、郵送すること。作品の応募は1人1作品のみ。学校および書道教室等、団体からの応募は、各学年20枚までとし、応募一覧表を電子データファイルで提出すること。※団体応募で、応募一覧表を電子メールで送信する場合は、webmaster@sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp へ。
注意すること:
子どもの部‥作品は毛筆用の半紙を使用して、それぞれの学年の課題の中から1つだけ課題を選んで、毛筆で書くこと。半紙の左端に学年・氏名を書くこと。
おとなの部‥作品は毛筆用の書き初め用紙(682mm×175mm以下)を使用して、課題に沿ったテーマを設定し、毛筆で書くこと。用紙の左端に名前を書くこと。
表彰:
子どもの部‥館長賞、特別賞、優秀賞 大阪狭山ロータリークラブ賞 (副賞あり)
おとなの部‥大阪狭山市長賞、優秀賞 大阪狭山ロータリークラブ賞 (副賞あり)
作品の送り先・問い合わせ先:
大阪府立狭山池博物館「書き初め展」係 (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
そのほか:
作品の返却を希望する場合は、2013年2月28日(木)〜3月17日(日)までに博物館に取りにいくこと。郵送での返却はない。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

梅小路蒸気機関車館 : 2月のイベント

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
スケジュール:
  1. 体験教室 SLの拓本をとろう!/2013年2月9日(土)〜2月11日(祝) 午前10時30分〜午後4時, ところ 扇形車庫内特設会場 特設会場, 内容 実物のナンバープレートで拓本をとる, 定員 各日100名, 参加費 無料.
  2. HOゲージ鉄道模型運転会/2013年2月23日(土)・24日(日) 午前10時30分〜午後4時, ところ 扇形車庫内, 内容 縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 第30回SL館トーク デジタルカメラで撮るSLの親子写真教室

とき:
2013年2月24日(日) 午後1時〜3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館内 旧二条駅舎貴賓室・扇形車庫・ちびっこ広場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
デジタルカメラによる鉄道写真の撮りかたを学ぶことができる親子写真教室。講師の先生は、JR西日本の雑誌などで活躍されているプロの鉄道カメラマン、高松大典さん。
対象 たいしょう:
小学校3年生中学校3年生
定員 ていいん:
10組20名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2013年2月8日(金)までにとどくように往復ハガキで申し込む。氏名(子どもと保護者)・年齢(子どもと保護者)・住所・電話番号を書いておくこと。
持っていくもの:
デジタルカメラ (フィルムカメラ及び携帯電話やタブレットなどで参加しないこと。当日は、デジタルカメラだけ使用できる。そのほかの機材で撮影してはいけない。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
そのほか:
参加当日はかならず保護者の同伴が必要。ただし、貴賓室の座席数や撮影時の安全対策のため、参加者以外の人(兄妹・家族等)はいっしょに参加できない。屋外は冷え込みが予想されるので防寒対策をすること。スニーカーなどのすべりにくい靴で参加すること。
申し込み先:
梅小路蒸気機関車館「デジタルカメラ親子写真教室」係 (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

京都府京都文化博物館 : ぶんぱく子ども教室 京友禅の職人さんと作るオリジナルTシャツ

とき:
2012年10月20日(土) 2回め‥午後1時30分〜4時
ところ:
京都文化博物館 本館2階作業室 きょうとぶんかはくぶつかん (〒604-8183 京都市中京区三条高倉 TEL.075-222-0859 FAX.075-222-0889)
内容 ないよう:
京都にむかしから伝わる「染色(せんしょく)」の方法を京友禅(きょうゆうぜん)の職人(しょくにん)さんに教わって、世界に1つだけのオリジナルTシャツをつくる。
対象 たいしょう:
小学校3年生以上
定員 ていいん:
12名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
材料費900円
参加のしかた:
2012年10月10日までにとどくように、往復ハガキかファックスで申し込む。往復ハガキには、(1)参加希望のプログラム名と日時、(2)住所・氏名(返信面宛名にも)、(3)電話番号(あればFAXも)、(4)学校名・学年、(5)保護者氏名、(6)Tシャツのサイズ(S・M・L)を書いておくこと。人気プログラムで、定員に達し次第応募が締め切られるので早めに申し込むほうがよい。
申し込み先・問い合わせ先:
京都文化博物館「ぶんぱく子ども教室」係 (〒604-8183 京都市中京区三条高倉 TEL.075-222-0859 FAX.075-222-0889)
館にあるこどものための設備:
ベビーカー貸し出し(1台)・オムツ替え専用シート(本館1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.bunpaku.or.jp/

梅小路蒸気機関車館 : お正月イベント

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
プログラム:
  1. 特別展示 蒸気機関車の頭出し/2013年1月4日(金)〜14日(祝), ところ 扇形車庫内, 内容 扇形車庫に展示中の静態保存の蒸気機関車を、車庫の軒先から数m前進させて、機関車の先頭を並べて展示.
  2. 体験教室 SLの拓本をとろう! /1月12日(土)〜14日(祝) 午前10時30分〜午後4時, ところ 扇形車庫内 特設会場, 内容 物大のナンバープレートで拓本をとる, 定員 各日100名.
  3. HOゲージ模型運転会/1月26日(土)・27日(日) 午前10時30分〜午後4時, ところ 扇形車庫内, 内容 縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を快走する.
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 淀川のカモの大群

とき:
2012年12月9日(日) 午前11時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
矢倉緑地 (淀川河口右岸)
内容 ないよう:
冬になると、淀川河口右岸には、スズガモなどを中心に数千羽のカモが浮かびます。カンムリカイツブリやミサゴも含め、水鳥を中心に観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生50円
参加のしかた:
2012年11月24日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 化石さがし

とき:
2012年12月2日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
泉佐野方面
内容 ないよう:
化石のねむる山をめざして、みんなであるく。ガケの石を観察し、いろんな化石をみつけて、和泉山脈のヒミツに、せまってみる。
対象 たいしょう:
小学校3年生以上
定員 ていいん:
150名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生200円
参加のしかた:
11月18日までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 1月 断層・褶曲のモデル実験

とき:
2013年1月12日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
地層がスパっとずれた断層や、ぐにゃりと曲がった褶曲を室内でかんたんに再現できるか実験してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 12月 防災地図を作ってみよう

とき:
2012年12月8日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
洪水や津波、地震の揺れや土砂崩れ、地滑りなどの危険地域を示した地図を防災地図やハザードマップと呼びます。各市町村で防災地図が出されているが、地形図を読み取ることで、大まかにそれらの災害のおよぶ範囲を知ることができる。地形図を使って防災地図を作り、自然災害について考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物編(1月) 果実を食べる鳥

とき:
2013年1月26日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
この冬は果実が不作気味で、そろそろ食べつくされてしまう。ヒヨドリやツグミ、シロハラなど果実食の鳥が、何を食べているかを見てみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくものとか:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(12月) 冬越しの虫

とき:
2012年12月22日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
12月にはいって、虫たちはそろそろ冬越しの準備をしている。植物園を歩きながらそんな昆虫をさがしてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物・昆虫編(11月) 秋の羽根ひろい

とき:
2012年11月24日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
秋は、鳥の羽根が生え替わる季節。大阪に到着したばかりの冬鳥の羽根が落ちていないか探してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくものとか:
双眼鏡、羽根図鑑、羽根を入れる袋など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : わくわくイベント 凧を作ろう

とき:
2012年1月12日(土) 午後1時30分から
ところ:
大阪府立狭山池博物館 2階ホール おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
もっともっと狭山池博物館を楽しむことができる「わくわくイベント」。今回は、竹ひごなどをつかって「凧(たこ)」をつくる。狭山池にちなんだ絵を描いた凧を完成させて、狭山池で凧揚げにチャレンジする。できあがった凧は持って帰ることができる。
対象 たいしょう:
小学生 (小学校低学年は保護者同伴)
定員 ていいん:
30名 (多いときは公開抽選)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
2012年12月15日(土)〜2013年1月10日(木)のあいだに、電子メール、ハガキ、FAXで申し込むか、博物館へ申込書を直接届ける。イベント名「わくわくイベント 1月 凧を作ろう」、名前、学校園名、学年等、電話番号を記入すること。
申し込み先:
大阪府立狭山池博物館 わくわくイベント担当 (E-mail:oubo@sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp 〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 FAX:072-367-8892)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 : シーサイドワークショップ 竹細工

とき:
2012年8月4日(土)・5日(日)・11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)、9月1日(土)・2日(日) 午前11時30分〜午後3時30分
ところ:
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 展示棟1階 なにわのうみのじくうかん (〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2-5-20 TEL.06-4703-2900 FAX.06-4703-2901)
内容 ないよう:
企画展「竹細工」のワークショップ。8/4・5‥竹編み飾り額 8/11・12・18・19‥うぐいす笛 8/25・26・9/1・2‥竹クラフト。
定員 ていいん:
20名 (当日先着順)
参加費 (おかね):
300円 (ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.jikukan.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.35 大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館

梅小路蒸気機関車館 : クリスマスイベント

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
プログラム:
  1. 梅小路のSLたち IN クリスマスバージョン/2012年12月1日(土)〜24日(祝), ところ 扇形車庫内, 内容 扇形車庫内に展示されている蒸気機関車の正面にクリスマスリースがとりつけられる.
  2. 紙芝居「SL『まめタンクちゃん』とサンタさん」/12月9日(日)・16日(日) 1回め‥午前11時30分〜 2回め‥午後1時40分〜 3回め‥午後2時40分〜 4回め‥午後4時〜 (20分間ぐらい), ところ 旧二条駅舎内貴賓室, 内容 梅小路蒸気機関車館に保存中のSL「B20形10号機(愛称 まめタンク)」とサンタさんが登場するメルヘンチックな紙芝居。子どもにもわかりやすいよう、学芸員のかたが文章から制作したオリジナルの紙芝居を上演.
  3. SL館サンタさんがやってくる!/12月22日(土)〜24日(祝) 1回め‥午前10時20分〜 2回め‥午後2時45分〜 3回め‥午後4時〜 (15分間ぐらい), ところ 旧二条駅舎と扇形車庫内, 内容 サンタさんといっしょに楽しく館内を見学できる.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪府立弥生文化博物館 : 夏季特別展関連ワークショップ

とき:
2012年8月30日(木)、9月23日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
内容 ないよう:
  1. 8月30日(木)/消しゴムで?ができちゃった‥弥生時代の道具を消しゴムでつくってみる.
  2. 9月23日(日)/弥生のきこり体験‥弥生時代の道具で木を削ってみる.
対象 たいしょう:
だれでも (未就学児は保護者が付き添うこと)
定員 ていいん:
10名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料 (入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.57 博物館の絵画コンクールでお絵かきしよう
hassanのお出かけメモNo.68 大阪府立弥生文化博物館ワークショップ アート魚拓

大阪府立弥生文化博物館 : 春季企画展関連 体験 チリメンモンスターをさがせ!

とき:
2012年8月5日(日) 午後2時〜4時
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
対象 たいしょう:
だれでも (小学校2年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
24名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料 (入館料がいる)
参加のしかた:
2012年5月8日(火)から電話で申し込む。
申し込み先:
大阪府立弥生文化博物館 TEL.0725-46-2162
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.57 博物館の絵画コンクールでお絵かきしよう
hassanのお出かけメモNo.68 大阪府立弥生文化博物館ワークショップ アート魚拓

梅小路蒸気機関車館 : ミニ新幹線運転会

とき:
2012年11月23日(祝)・24日(土) 午前10時30分〜午後3時30分 (午後0時〜1時は休憩)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
ミニ新幹線の運転会。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ模型運転会 HOげーじもけいうんてんかい

とき:
2012年11月10日(土)・11日(日) 午前10時30分〜午後4時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪歴史博物館 : わくわく子ども教室 綿くり・糸つむぎ体験

とき:
2012年7月29日(日)、8月26日(日) 午前11時〜午後4時
ところ:
大阪歴史博物館 1階 エントランス おおさかれきしはくぶつかん (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
綿(わた)の実から糸をつくる体験。綿くり器(わたくりき)で綿の実(み)から種(たね)をとり出し、綿打ち(わたうち)をしたあと、糸車(いとぐるま)をつかって糸をつくるまでの工程(こうてい)を体験する。希望者は機織り(はたおり)体験もできる。
対象 たいしょう:
おもに小学生中学生 (だれでも参加できる)
定員 ていいん:
なし
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日の時間内に自由参加。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪歴史博物館 : わくわく子ども教室 手作りおもちゃで遊ぼう!

とき:
2012年4月〜2013年3月までの毎月第1・3土曜日(1/5をのぞく) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
大阪歴史博物館 1階 エントランス おおさかれきしはくぶつかん 1かい えんとらんす (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
むかしのおもちゃや遊びにくわしい「おもちゃ作りサポーター」のひとにおしえてもらいながら、むかしのおもちゃをつくったり、むかしの遊びを体験して楽しむ。つくるおもちゃは、ストロートンボや笹の葉っぱでつくるかたつむりなど、みぢかな材料(ざいりょう)をつかってかんたんにつくれるもの。つくったおもちゃは、持って帰って家でも遊ぶことができる。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪歴史博物館 : なにわ歴博 わくわく子ども教室 むかしの瓦の拓本体験 むかしのかわらのたくほんたいけん

とき:
2012年4月〜9月の毎月第1土曜日 午後2時〜4時
ところ:
大阪歴史博物館 8階 なにわ考古研究所 おおさかれきしはくぶつかん 8かい なにわこうこけんきゅうじょ (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
むかしの瓦の模様(もよう)を拓本で写しとってみる。自分でとった拓本は、記念に持って帰ることができる。
対象 たいしょう:
小学生中学生 (だれでも体験できる)
定員 ていいん:
なし (あいている道具があればいつでも参加できる)
参加費 (おかね):
無料 ただ (常設展示観覧券がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : わくわくイベント 木の実や小枝でマスコットを作ろう2

とき:
2012年9月29日(土) 午後2時〜3時30分
ところ:
大阪府立狭山池博物館 2階ホール おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
もっともっと狭山池博物館を楽しむことができる「わくわくイベント」。今回は、木の実や小枝などの自然のおくりものを使ってマスコットをつくる。
対象 たいしょう:
小学生以下 (小学校低学年以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
30名 (多いときは公開抽選)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
2012年9月15日(土)〜22日(土)のあいだに、電子メール、ハガキ、FAXで申し込むか、博物館へ申込書を直接届ける。イベント名「わくわくイベント 9月マスコット」、名前、学校園名、学年等、電話番号を記入すること。
申し込み先:
大阪府立狭山池博物館 わくわくイベント担当 (E-mail:oubo@sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp 〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 FAX:072-367-8892)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪大学総合学術博物館 : 特別展「巨大ワニと恐竜の世界」ワークショップ 恐竜の復元画

とき:
2012年5月3日(祝) 1回め‥午前11時〜12時30分 2回め‥午後2時〜3時30分
ところ:
大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館 3階セミナー室 おおさかだいがくそうごうがくじゅつはくぶつかん まちかねやましゅうがくかん (〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-20 TEL.06-6850-6284. 阪急宝塚線「石橋駅」下車、徒歩10分)
内容 ないよう:
2012年4月7日(土)から6月30日(土)まで開催される特別展「巨大ワニと恐竜の世界」のワークショップ。漫画家の所十三さんに教えてもらいながら、恐竜の復元画(ふくげんが)にチャレンジする。
対象 たいしょう:
小学校5年生以上 (保護者同伴可)
定員 ていいん:
各回20名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2012年4月7日〜17日のあいだにとどくように、1名につき1枚の往復はがきで申し込む。タイトル名(ワークショップごとに1枚)・希望時間・住所・氏名・電話番号・年齢、返信はがきのあて先に住所・氏名を書いておくこと。ただし、家族で応募の場合は複数名可、全員の氏名、年齢を書いておくこと。抽選の当否の結果は、返信はがきで通知される。
館のサイト:
http://www.museum.osaka-u.ac.jp/

大阪大学総合学術博物館 : 特別展「巨大ワニと恐竜の世界」ワークショップ マチカネワニ復元の話&ティラノサウルス復元に挑戦

とき:
2012年5月26日(土) 1回め‥午前11時〜12時30分 2回め‥午後2時〜3時30分
ところ:
大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館 3階セミナー室 おおさかだいがくそうごうがくじゅつはくぶつかん まちかねやましゅうがくかん (〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-20 TEL.06-6850-6284. 阪急宝塚線「石橋駅」下車、徒歩10分)
内容 ないよう:
2012年4月7日(土)から6月30日(土)まで開催される特別展「巨大ワニと恐竜の世界」のワークショップ。恐竜・古生物復元模型作家の徳川広和さんと、古生物学者の荻野慎太郎さんのお話しをきいて、ティラノサウルスの復元(ふくげん)にチャレンジする。
対象 たいしょう:
小学生以上 (保護者同伴可. 小学校3年生以下は必ず保護者が同伴すること)
定員 ていいん:
各回20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
1,000円
参加のしかた:
2012年4月23日〜5月8日のあいだにとどくように、1名につき1枚の往復はがきで申し込む。タイトル名(ワークショップごとに1枚)・希望時間・住所・氏名・電話番号・年齢、返信はがきのあて先に住所・氏名を書いておくこと。ただし、家族で応募の場合は複数名可、全員の氏名、年齢を書いておくこと。抽選の当否の結果は、返信はがきで通知される。
館のサイト:
http://www.museum.osaka-u.ac.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 秋のきのこ

とき:
2012年9月17日(祝) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
高槻市神峯山寺方面
内容 ないよう:
今年の秋のきのこは、昨年とおなじく高槻方面にでかける。おなじ場所でも、少し季節を変えると見られるきのこは大きくちがう。この行事は食べるためでなく、観察のために開催されるので、きのこは食べない。また食べるための採集はしない。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること) ※3kmほど山道を歩くことができるひと。
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生50円
参加のしかた:
2012年9月3日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 9月 海の砂をのぞいてみよう

とき:
2012年9月8日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
大阪平野のような平らな場所では、地下にどのような地層があるのか調べるために、地面に機械で穴を掘って、地下の地層をくりぬいて取り出してしらべる。そのような調査をボーリング調査という。博物館にあるボーリング資料を使って、地下にどのような地層があるのかしらべて、地質断面図を描く。そして大阪平野の歴史について考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 昆虫標本の作り方

とき:
2012年8月4日(土) 午前の部‥午前10時〜12時 午後の部‥午後2時〜4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
この実習(じっしゅう)では展翅(てんし)・展足(てんそく)、ラベル作製(さくせい)などの基本作業(きほんさぎょう)をまなぶ。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
午前の部‥24名・午後の部‥24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
300円 (標本製作用具の実費)
参加のしかた:
7月23日(月)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 ホネの標本の作りかた

とき:
2012年8月12日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
自分で骨格標本(こっかくひょうほん)をつくれるようになる。ホネの標本の作りかたをまなび、じっさいに肉を取りのぞいて、かんたんな骨格標本を作ってみる。
対象 たいしょう:
小学校高学年以上
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
材料費など500円ぐらい
参加のしかた:
7月28日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 標本の名前を調べよう -標本同定会- ひょうほんのなまえをしらべよう -ひょうほんどうていかい-

とき:
2012年8月26日(日) 午前10時〜12時・午後1時〜4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
夏休みのあいだに野山や海で採集した動物・昆虫・クモ・植物・キノコ・化石・岩石の標本の名前を、それぞれ専門家の人が教えてくれる。採集したものは、標本(ひょうほん)として整理しておいて、できるだけ図鑑などで名前をしらべて、わからなかったものを持っていくこと。(土器や石器などの考古学資料は持っていってはいけない。)
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
そのほか:
花と緑と自然の情報センター1階から入ること。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(8月) 残暑と昆虫たち

とき:
2012年8月25日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
残暑の残る長居植物園で、コガネムシなどを観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくものとか:
筆記具、飲みものなど。必ず帽子を着用のこと。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前7時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 8月 海の砂をのぞいてみよう

とき:
2012年8月11日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
海の砂と一言でいっても、海岸の場所によって砂の粒の種類が異なります。日本各地の海の砂を顕微鏡でのぞいて、なぜ場所によって砂の種類が違うのか考えてみる。この夏に海水浴でいった海の砂もぜひ持っていくとよい。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
持っていくもの:
持っているひとは海の砂 (乾かして持っていくこと)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 ツバメのねぐら

とき:
2012年8月11日(土) 午後5時30分〜8時ごろ ※雨天中止
ところ:
奈良市平城宮跡
内容 ないよう:
夏の夜、ツバメはヨシ原に集まってねむる。夕方、ねむるために集まってきたツバメは、しばらくあたりを飛びまわる。この催しでは数千羽(すうせんば)のツバメが飛びまわるのを見にいく。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
100名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2012年7月28日(土)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 狩りバチの観察

とき:
2012年8月12日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
奈良県生駒市または室生寺方面を予定
内容 ないよう:
ハチは非常に多様な習性をもっているが、その中でももっともおもしろいものの1つが「狩り」。地面にあなを掘って部屋をつくり、キリギリスのなかまを狩ってくるアナバチの営巣習性(えいそうしゅうせい)を観察する。ほかにも竹筒の中に営巣するハチの巣をしらべる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
25名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
300円 (小学生以下200円)
参加のしかた:
2012年7月31日(火)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 夏休み自由研究相談会 なつやすみじゆうけんきゅうそうだんかい

とき:
2012年7月22日(日) 午前10時〜午後4時
ところ:
大阪市立自然史博物館本館 ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23)
内容 ないよう:
夏休みに生物(せいぶつ)、化石(かせき)、岩石(がんせき)、地質(ちしつ)など自然をテーマに自由研究に取り組もうとしている小学生中学生・高校生に、学芸員(がくげいいん)のひとがアドバイスしてくれる。
対象 たいしょう:
小学生中学生・高校生 (保護者の同伴可)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。当日参加もできるが、できるだけ前もって申し込むこと。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(7月) 夏の昆虫

とき:
2012年7月28日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
暑い夏の午前中に、長居植物園を一回りして、チョウやトンボなどの昆虫の生活をのぞいてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくものとか:
帽子、虫除け、筆記用具、飲み物など、暑さ対策を忘れずに。ある人はルーペなど。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

NPO法人国際落語振興会 : 小学生わくわく落語体験ツアーズ

とき:
2011年12月10日(土) 午前10時〜11時30分
ところ:
道頓堀ZAZA (大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビル)
内容 ないよう:
落語を楽しみながら、子どもたちの豊かな想像力を養うことができる体験ツアー。落語解説(らくごかいせつ)や寄席囃子(よせばやし)の体験のほか、扇子(せんす)や手拭(てぬぐい)の使いかたを学び、落語の世界に楽しくふれることができる。おとなも楽しめるプログラムなので親子で気軽に申し込むことができる。出演は桂小春團治さんほか。
対象 たいしょう:
小学校4年生小学校6年生と引率者のおとな
定員 ていいん:
150名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
小学生 無料. おとな 1,000円
参加のしかた:
2011年12月2日(金)午後5時までにとどくように、電子メールかファックスで申し込む。「12月10日わくわく落語体験ツアーズ 参加希望」と明記し、(1)参加者氏名・小学校名・学年 (2)引率者氏名 (3)電話番号 (4)FAX番号 (5)パソコンのE-mailアドレス (6)郵便番号・住所を書いておくこと。定員に達し次第、受付終了。
申し込み先:
大阪商工会議所 地域振興部 E-mail.chishin@osaka.cci.or.jp FAX.06-6944-6330
問い合わせ先:
大阪商工会議所 地域振興部 TEL.06-6944-6323
主催 しゅさい:
NPO法人国際落語振興会、大阪商工会議所、大阪市文化振興事業実行委員会
サイト:
http://www.osaka.cci.or.jp/
催しのページ:
http://www.osaka.cci.or.jp/tourism/detail.php3?eid=1747
[掲示板]での大阪商工会議所さまの提供情報です. ありがとうございます.

梅小路蒸気機関車館 : SL館開館40周年記念フェスタ

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
スケジュール:
  1. SL館40周年セレモニー/2012年10月6日(土) 午前10時10分すぎから(20分程度), ところ 扇形車庫内 D51形1号機蒸気機関車前, 内容 開館40周年を記念して、D51形1号機の前で記念のセレモニーを開催.
  2. 第29回SL館トーク/10月6日(土) 午前11時〜11時40分まで, ところ 旧二条駅舎 貴賓室.
  3. SLの庫外展示/10月6日(土)〜14日(日), ところ 転車台南側, 内容 転車台南側に特製のヘッドマーク(「祝」「40」「周」「年」)を取り付けたSL4両を展示。展示車両は1070形1080号機、9600形9633号機、C11形64号機、B20形10号機.
  4. 40周年スタンプラリー/10月6日(土)〜14日(日) 午前10時〜午後5時, 配布部数 1日1200名(なくなり次第終了).
  5. 拓本教室「C62形2号機」のナンバープレートで拓本を取ろう!/10月6日(土)・7日(日) 午前10時30分〜午後4時, ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 C62形2号機の実物代ナンバープレート(レプリカ)で拓本をとることができる。小さな子どもでも参加できる, 定員 1日100名.
  6. ミニSL運転会/10月13日(土)・14日(日) 午前10時30分〜午後3時 ※雨天中止, ところ ちびっ子広場南側, 内容 実物の5分の1サイズのD51形ミニSLの運転会, 参加費 無料.
  7. 夜間開館 SLのライトアップ展示/10月13日(土)・14日(日) 午後5時30分〜7時30分, ところ 転車台南側, 内容 開館時間を延長し、転車台南側に展示しているSL4両をライトアップ。煙突からは白煙が、機関車の下は雲海のようになる.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 体験教室 ナンバープレートの拓本をとろう!

とき:
2012年9月22日(祝)・23日(日) 午前10時30分〜午後4時 (12時〜1時は休止)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
SLのナンバープレートの拓本をとってみる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 鉄道「錦絵」スタンプラリー

とき:
2012年9月15日(土)〜17日(祝)、22日(祝)・23日(日) 用紙の配布‥午前10時〜午後5時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 旧二条駅舎・扇形車庫 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
日本の伝統的な絵画である「錦絵」と、「スタンプラリー」を融合させた「鉄道『錦絵』スタンプラリー」を開催。館内に設置された各色のスタンプを、順番に重ね押していくとフルカラーのカッコいいスタンプが完成する。スタンプはポストカードとして持って帰ることができる。
定員 ていいん:
1日先着2000名(なくなり次第終了)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ模型運転会 HOげーじもけいうんてんかい

とき:
2012年9月15日(土)〜17日(祝) 午前10時〜午後4時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ模型運転会 HOげーじもけいうんてんかい

とき:
2012年7月14日(土)〜16日(祝) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 夏休みイベント SL館サマーフェスタ

とき:
2012年7月21日(土)〜8月31日(金) 午前10時〜午後5時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SL館ではSLの機関士(現・運転士)のおしごとを紹介する「機関士『蒸太郎さん』のお仕事」をはじめ、「SL館の夏祭り」や、期間中の毎週土日を中心にたくさんのイベントを開催。
  1. 機関士『蒸太郎さん』のお仕事/2012年7月21日(土)〜8月31日(金) 午前10時〜午後5時30分, ところ 旧二条駅舎内, 内容 SL館オリジナルキャラクターの機関士「蒸太郎さん」という架空の人物を中心に、SLの機関士(現・運転士)のおしごとを、子どもにもわかりやすくイラストなどで紹介。また、シアタールームではSL館で展示運転している「SLスチーム号」の1日を紹介した映像も上映.
  2. SL館の夏祭り!/2012年8月11日(土)〜15日(水) 午前10時30分〜午後4時(参加券販売終了‥午後3時45分), ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 扇形車庫内に5つの屋台ブースを設け、射的や輪投げなどの縁日風イベントを開催。SL館オリジナル賞品をゲット, 参加費 250円(50円券5枚つづり).
  3. 工作教室 SL館ナンバープレートストラップを作ろう!/2012年7月21日(土)・22日(日)、8月4日(土)・5日(日) 午前10時30分〜午後4時30分, ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 「C622」や「D511」などのナンバープレートをデザインした、かんたんでカッコいい根付プラ板ストラップを作ってみる, 定員 各日100名(材料がなくなり次第終了), 参加費 50円.
  4. ミニSL運転会/2012年7月28日(土)・29日(日) 午前10時30分〜午後3時 ※雨天中止, ところ ちびっ子広場南側, 内容 実物の5分の1サイズのD51形ミニSLの運転会, 参加費 無料.
  5. 体験教室 SLの拓本をとろう!/2012年8月18日(土)・19日(日) 午前10時30分〜午後4時30分, ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 実物のナンバープレートで拓本をとる, 参加費 無料.
  6. HOゲージ鉄道模型運転会/2012年8月25日(土)・26日(日) 午前10時〜午後4時30分, ところ 扇形車庫内, 内容 縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る, 参加費 無料.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 夏休みイベント SL館サマーフェスタ

とき:
2012年7月21日(土)〜8月31日(金) 午前10時〜午後5時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SL館ではSLの機関士(現・運転士)のおしごとを紹介する「機関士『蒸太郎さん』のお仕事」をはじめ、「SL館の夏祭り」や、期間中の毎週土日を中心にたくさんのイベントを開催。
  1. 機関士『蒸太郎さん』のお仕事/2012年7月21日(土)〜8月31日(金) 午前10時〜午後5時30分, ところ 旧二条駅舎内, 内容 SL館オリジナルキャラクターの機関士「蒸太郎さん」という架空の人物を中心に、SLの機関士(現・運転士)のおしごとを、子どもにもわかりやすくイラストなどで紹介。また、シアタールームではSL館で展示運転している「SLスチーム号」の1日を紹介した映像も上映.
  2. SL館の夏祭り!/2012年8月11日(土)〜15日(水) 午前10時30分〜午後4時(参加券販売終了‥午後3時45分), ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 扇形車庫内に5つの屋台ブースを設け、射的や輪投げなどの縁日風イベントを開催。SL館オリジナル賞品をゲット, 参加費 250円(50円券5枚つづり).
  3. 工作教室 SL館ナンバープレートストラップを作ろう!/2012年7月21日(土)・22日(日)、8月4日(土)・5日(日) 午前10時30分〜午後4時30分, ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 「C622」や「D511」などのナンバープレートをデザインした、かんたんでカッコいい根付プラ板ストラップを作ってみる, 定員 各日100名(材料がなくなり次第終了), 参加費 50円.
  4. ミニSL運転会/2012年7月28日(土)・29日(日) 午前10時30分〜午後3時 ※雨天中止, ところ ちびっ子広場南側, 内容 実物の5分の1サイズのD51形ミニSLの運転会, 参加費 無料.
  5. 体験教室 SLの拓本をとろう!/2012年8月18日(土)・19日(日) 午前10時30分〜午後4時30分, ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 実物のナンバープレートで拓本をとる, 参加費 無料.
  6. HOゲージ鉄道模型運転会/2012年8月25日(土)・26日(日) 午前10時〜午後4時30分, ところ 扇形車庫内, 内容 縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る, 参加費 無料.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

交通科学博物館 : ミュージアム探検ツアー外伝 えきたんけん!〜弁天町駅〜

とき:
2012年8月2日(木)・9日(木)・20日(月) 午後2時〜3時ごろ
ところ:
交通科学博物館 会議室 ・JR弁天町駅
内容 ないよう:
博物館から出てすぐの弁天町駅で、駅員さんが案内するミュージアム探検ツアーの特別バージョンを開催。電車を管理するモニターや券売機の裏がわなどを探検する。
対象 たいしょう:
小学生 (保護者は会議室等で待機)
定員 ていいん:
各回6名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 (入館料がいる)
参加のしかた:
2012年7月24日(火・消印有効)までにハガキで申し込む。住所、氏名、年齢、電話番号、希望日(あれば第2希望も)、駅員さんへの質問を書いておくこと。
申し込み先:
交通科学博物館 駅探検係 (〒552-0001 大阪市港区波除3-11-10)
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

神戸海洋博物館 カワサキワールド : 鉄道模型走行会 てつどうもけいそうこうかい

とき:
2012年1月7日(土)・8日(日) 午前10時〜午後5時 ※8日(日)のみNゲージ会場は午後4時まで
ところ:
神戸海洋博物館 カワサキワールド 大ホール・エントランスホールほか こうべかいようはくぶつかん・かわさきわーるど (〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2 TEL.078-327-5401 FAX.078-327-5402)
内容 ないよう:
カワサキワールド恒例イベントの鉄道模型走行会。川崎重工鉄道研究同好会メンバーによる鉄道模型の走行会のほか、鉄道模型の体験運転や持ちこみ運転(いずれもNゲージのみ)など。
  1. 川崎重工鉄道研究同好会メンバーのオリジナル車両等の走行、写真展示/午前10時〜午後5時(8日は午後4時まで), ところ 大ホール・エントランスホール, 内容 川崎重工鉄道研究同好会のメンバーによる手作りのジオラマの中をNゲージ車両が走行。Oゲージや外国の鉄道車両が走るHOゲージの走行会や同好会メンバーが撮影した鉄道の写真展示も.
  2. 持込運転(Nゲージのみ)/午前10時15分〜午後4時45分, ところ 大ホール, 内容 来場者がNゲージ車両を持ち込んで、1周約30mの巨大レイアウトの中を1人15分間走らせることができる, 定員 あり(先着順), 参加のしかた 神戸海洋博物館玄関前で配布される整理券をもらう。整理券は運転する人1名に1枚だけ。運転時間は指定できない(整理券先着順).
  3. 体験運転/午前10時30分〜午後4時45分(8日は午後3時45分まで), ところ 大ホール, 内容 Nゲージの車両を3分間走らせることができる, 参加のしかた その日に会場で.
  4. プラレールの持込走行/午前10時〜午後5時(8日は午後4時まで), ところ 研修室(大ホール奥), 内容 プラレール車両を持ち込んで遊べるコーナー。持ち込みはプラレール車両のみ.
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは、入館料がいる。※館のサイトで割引券をくばっている。
主催 しゅさい:
神戸海洋博物館・カワサキワールド
協力 きょうりょく:
川崎重工鉄道研究同好会・株式会社ヤマネ・大阪府立狭山池博物館
催しのチラシ(PDF):
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/event/pdf/e_p111118.pdf
館のサイト:
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/

大阪府立狭山池博物館 : 昆虫教室・工作ワークショップ こんちゅうきょうしつ・こうさくわーくしょっぷ

とき:
2012年8月4日(土)・18日(土) 昆虫教室/午前11時〜12時. 工作ワークショップ/昆虫教室終了後〜午後3時(随時).
ところ:
大阪府立狭山池博物館 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892) 昆虫教室/2階ホール 工作ワークショップ/館内
内容 ないよう:
2012年7月21日(土)〜9月2日(日)のあいだ、大阪府立狭山池博物館で開催されている夏季企画展「虫の謎を探る昆虫展 命を伝える昆虫の世界 -狭山池博物館・箕面公園昆虫館・宝塚市立手塚治虫記念館共同展示-」の関連イベント。昆虫教室では、人気テレビ番組 探偵!ナイトスクープでもおなじみ、大阪府営箕面公園昆虫館館長の久留飛克明さんの昆虫についての楽しいお話しをきくことができる。工作ワークショップでは、昆虫にちなんだいろいろな工作を楽しむことができる。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
昆虫教室‥120名. ワークショップ‥なし
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
箕面公園昆虫館のページ:
http://www.pref.osaka.jp/ikedo/insect/
宝塚市手塚治虫記念館のページ:
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/

大阪府立狭山池博物館 : 森と湖に親しむ旬間 狭山池再発見 もりとみずうみにしたしむしゅんかん さやまいけさいはっけん

とき:
2012年7月21日(土) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
大阪府立狭山池博物館・狭山池・副池. 集まるところ/大阪府立狭山池博物館 受付まえロビー おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
  1. 狭山池博物館ツアー/1回め‥午前11時出発〜12時まで 2回め‥午後1時30分出発〜2時30分まで. 内容 ふだんはみることができない収蔵庫などの博物館の裏がわを見学できる。移築した堤を上のほうから見学できる.
  2. 狭山池ダムツアー/1回め‥午前10時30分出発〜12時まで 2回め‥午後1時30分出発〜2時30分まで. 内容 ふだんは見ることのできないダムの監視操作室を見学できる。遠隔監視カメラやダム管理コンピュータに実際に触れて体験し、ダムのしくみを現地で学ぶことができる.
  3. 副池ツアー/1回め‥午前10時30分出発〜12時まで 2回め‥午後1時出発〜2時30分まで. 内容 自然いっぱいの副池オアシスで生きもの観察.
対象 たいしょう:
だれでも (子ども向き)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日、それぞれのツアー集合時間に集合場所で申し込む。
そのほか:
参加者にメダカをプレゼント(先着順・なくなし次第終了)
問い合わせ先:
大阪府都市整備部河川室ダム砂防課ダムグループ(TEL.06-6944-6039). 大阪府富田林土木事務所建設課河川砂防グループ(TEL.0721-25-1131 内線313)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : わくわくイベント 7月・8月分

ところ:
大阪府立狭山池博物館 2階ホール おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
スケジュール:
  1. 昆虫モビールを作ろう -「虫の謎を探る昆虫展」プレイベント/2012年7月14日(日) 午前10時〜12時・午後2時〜4時, 内容 クラフトやプラバンで昆虫を作ってモビールとしてしあげる, 対象 小学生以下(小学校低学年以下は保護者同伴), 定員 各回30名(申し込み先着順), 参加費 無料, 参加のしかた 2012年7月1日(日)〜13日(金)に電話で大阪府立狭山池博物館わくわくイベント担当へ申し込む.
  2. 水のふしぎ/2012年8月8日(水) 午前10時30分〜12時, 内容 ふうしぎな水圧実験をしたあと、水中エレベーター(浮沈子 ふちんし)をつくる, 対象 小学生以下(小学校低学年以下は保護者同伴), 定員 30名(申し込み先着順), 参加費 無料, 参加のしかた 2012年8月1日(水)〜7日(火)に電話で大阪府立狭山池博物館わくわくイベント担当へ申し込む.
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : 第12回子ども絵画コンクール 狭山池や博物館を描こう さやまいけやはくぶつかんをえがこう

とき:
写生会/2012年5月26日(土)、6月10日(日) 午前10時30分〜午後3時(受付開始‥午前10時から), 作品の提出しめ切り/7月3日(火)必着, 作品の展示/7月14日(土)〜8月26日(日)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
テーマ:
  1. 大阪府立狭山池博物館や狭山池風景 おおさかふりつさやまいけはくぶつかんやさやまいけふうけい
  2. 大阪府立狭山池博物館内展示物(写生会当日のみ写生可能) おおさかさふりつさやまいけはくぶつかんないてんじぶつ
  3. 未来の博物館 みらいのはくぶつかん
対象 たいしょう:
小学生以下の子ども
参加のしかた:
作品の裏に「学校(園)名・学年・氏名・電話番号・住所」を明記して博物館に提出。写生会への参加は、事前に申し込みが必要。写生会に参加希望の場合は、5月26日(土)分は5月24日(木)までに、6月10日(日)分は6月8日(金)までに、申し込み用紙に必要事項を書いて、博物館の受付に提出するか、郵送・ファックスで博物館へ送ること(人数に余裕がある場合は当日も参加申し込みできる)。
そのほか:
写生会のときにもっていくもの/絵を描く道具(画用紙はもらえる)・お弁当, 表彰式/8月19日(日) 午前11時〜 館長賞・特別賞・優秀賞(※博物館入館者の投票により選出するされる上位10人と、審査員で選出した10人の合計20人の作品が入選作品となる), 指導/わかりやすく絵の描きかたも教えてもらうことができる, 雨のとき/館内だけで実施(館内では絵の具をつかえない).
申し込み先・問い合わせ先:
大阪府立狭山池博物館「子ども絵画コンクール」係 (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
主催 しゅさい:
大阪府立狭山池博物館
後援 こうえん:
大阪府教育委員会・堺市教育委員会・和泉市教育委員会・富田林市教育委員会・河内長野市教育委員会・松原市教育委員会・羽曳野市教育委員会・藤井寺市教育委員会・太子町教育委員会・河南町教育委員会・千早赤阪村教育委員会
協賛 きょうさん:
株式会社サクラクレパス・日本文教出版株式会社・日本色研事業株式会社
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.57 博物館の絵画コンクールでお絵かきしよう
hassanのお出かけメモNo.42 博物館でお絵かきしよう!

大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 : 海をめざした鉄道 なにわの海の鉄道もけい展 鉄道模型運転イベント

ところ:
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 なにわのうみのじくうかん (〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2-5-20 TEL.06-4703-2900 FAX.06-4703-2901 E-mail.wasen@jikukan.or.jp)
プログラム:
  1. 鉄道模型運転ブース/2012年3月17日(土)〜4月1日(日)の土曜日・日曜日・祝日 午前11〜・午後1時〜・午後3時〜(各回20分ぐらい), ところ 展示棟1階企画展示室, 内容 鉄道模型愛好家のかたによる模型の説明と鉄道模型の運転会。鉄道模型を持っていなくても運転することができ、自分の鉄道模型を持っていって大きなジオラマを走らせることもできる, 協力 日本トロリーモデルクラブ・神港学園鉄道研究部.
  2. 鉄道模型貸し出し体験運転ブース/3月17日(土)〜4月8日(日)の土曜日・日曜日・祝日 午前10時〜午後4時, ところ 展示棟1階キッズコーナー, 内容 模型を持っていない小さな子どもも貸し出し車両で自由に運転できる。混んでいるときは20分交代制(整理券配布)。同時運転2人対応可能, 協力 日本トロリーモデルクラブ.
  3. 鉄道模型持ち込み運転ブース/3月17日(土)〜4月8日(日)の毎日 午前10時〜午後4時, ところ 展示棟1階キッズコーナー, 内容 家庭では味わえない大きなレイアウトで自分の車両を自由に運転できる。混んでいるときは20分交代制(整理券配布)。同時運転8人対応可能, 協力 日本トロリーモデルクラブ.
  4. プラレールであそぼうひろば/3月17日(土)〜4月8日(日)の土曜日・日曜日・祝日 午前10時〜午後4時, ところ 展示棟1階キッズコーナー, 内容 プラレールをつなげたり、走らせたり自由に遊べる広場, 協力 大阪交通ライフサポートセンター.
  5. 交通局制服撮影会/子ども用制服を借りてカメラで記念撮影できる.
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは入場料がいる。
館のサイト:
http://www.jikukan.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.35 大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館, hassanのお出かけメモNo.44 なにわの海の時空館で望遠鏡づくり

大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 : 海をめざした鉄道 なにわの海の鉄道もけい展 ミニ地下鉄体験乗車会

とき:
2012年3月25日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
コスモスクエア海浜緑地 時空館前プロムナード
内容 ないよう:
御堂筋線新20系をスケールダウンした電動ミニ地下鉄にじっさいに乗ることができる。ミニ地下鉄をまたいだ形で会場の周回コースを2周。車両も警笛も本物そっくり。
問い合わせ:
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 なにわのうみのじくうかん (〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2-5-20 TEL.06-4703-2900 FAX.06-4703-2901 E-mail.wasen@jikukan.or.jp)
館のサイト:
http://www.jikukan.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.35 大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館, hassanのお出かけメモNo.44 なにわの海の時空館で望遠鏡づくり

竹中大工道具館 :鉋削り体験 かんなけずりたいけん

とき:
2012年1月9日(祝)・14日(土)、2月11日(祝)・25日(土)、3月10日(土)・24日(土) 午後2時〜4時のあいだ適宜(てきぎ)開催
ところ:
竹中大工道具館 地階手入れ室 たけなかだいくどうぐかん (〒650-0004 神戸市中央区中山手通4-18-25 TEL.078-242-0216 交通‥JR・阪急・阪神 三宮駅より徒歩18分. JR・阪神 元町駅より徒歩10分. 地下鉄 県庁前駅より徒歩5分)
内容 ないよう:
台鉋(だいがんな)削り、ヤリガンナ削り、海外の鉋(かんな)体験、木の香り体験など。鉋を使って実際に木を削ってみることができる。熟練(じゅくれん)の大工(だいく)さんが調整(ちょうせい)した鉋を使うので、一般のひとでも鉋削りを楽しむことができる。技能員(ぎのういん)の大工さんが実演・指導してくれるので、女性や子どもでも大丈夫。ヒノキやヒバ、クスノキなどの木材を削って木の香りを体感することができる。今日では滅多に使うことのない古代の道具・ヤリガンナの実演も。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者が同伴すること)
定員 ていいん:
あり (参加者が多いときは待つ必要がある)
参加費 (おかね):
無料 ただ (入館料がいる)
館のサイト:
http://www.dougukan.jp/

和歌山県立自然博物館 : きのくに野外博物館 磯の生物観察会 いそのせいぶつかんさつかい

とき:
2012年4月22日(日) 午前10時〜午後1時 雨のときは中止
ところ:
和歌山県有田郡広川町 小浦海岸 おうらかいがん
内容 ないよう:
春の大潮(おおしお)の潮がよくひいた磯で、ふだんは水中になる場所にいる生きものを観察する。おもにエビやカニ、ウミウシなどの無脊椎動物(むせきついどうぶつ)や小型(こがた)の魚などを観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学校4年生以下の子どもは保護者がいっしょに参加すること)
定員 ていいん:
60名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料など20円
持っていくもの:
水筒、ぬれてもよい安全な履きもの(ビーチサンダル等は危険なので不可)、帽子、タオル、軍手、弁当、日焼け止め、採集道具など。
参加のしかた:
2012年4月8日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「磯の生物観察会」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : きのくに野外博物館 ゆかし潟の自然観察会 ゆかしがたのしぜんかんさつかい

とき:
2012年4月21日(土) 午前10時30分〜午後1時 雨のときは中止
ところ:
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町 ゆかし潟周辺
内容 ないよう:
那智勝浦町(なちかつうらちょう)に広がるゆかし潟(がた)は、海と川の水が混じり合う汽水性(きすいせい)の湖(みずうみ)。紀伊半島(きいはんとう)の沖(おき)を流れる黒潮(くろしお)と、温暖(おんだん)な気候(きこう)、温泉(おんせん)など特殊(とくしゅ)な環境(かんきょう)が作用(さよう)して、南方系(なんぽうけい)のめずしい魚や生き物などが見られる。今回は、このゆかし潟のまわりを散策(さんさく)しながら、貴重(きちょう)な自然環境を観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学生は保護者がいっしょに参加すること)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料など86円
持っていくもの:
水筒、ぬれてもよい安全な履きもの(ビーチサンダル等は危険なので不可)、帽子、タオル、軍手、弁当、日焼け止め、採集道具(たも網・バケツなど)。
参加のしかた:
2012年4月7日(土)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「ゆかし潟」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

交通科学博物館 : 交通科学博物館開館50周年記念 お仕事体験! ジオラマを作ろう!

とき:
(1)山を作ろう!‥2012年7月14日(土). (2)街を作ろう!‥7月16日(祝) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
夏休みイベント「鉄道模型とのりものおもちゃ大博覧会」に展示するジオラマを作る体験。(1)「山を作ろう!」では、大ジオラマならではのスケールで、山や平地を作成する。(2)「街を作ろう!」では、建物を並べたり木を植えたりと、街並みを整える。※ジオラマを作る体験はできるが、持って帰れるものはない.
対象 たいしょう:
小学生
定員 ていいん:
各日6名12名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 (入館料がいる)
参加のしかた:
2012年7月3日(火・消印有効)までにハガキで申し込む。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、希望日(あれば第2希望日も)を書いておくこと。
申し込み先:
交通科学博物館 工作係 (〒552-0001 大阪市港区波除3-11-10)
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

大阪府立弥生文化博物館 : 春季企画展関連 体験 レッツ・アート魚拓!!

とき:
2012年6月16日(土) 午後2時〜4時
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
対象 たいしょう:
小学校3年生以上
定員 ていいん:
10名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
1,000円 (ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
2012年5月8日(火)から電話で申し込む。
申し込み先:
大阪府立弥生文化博物館 TEL.0725-46-2162
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.57 博物館の絵画コンクールでお絵かきしよう
hassanのお出かけメモNo.68 大阪府立弥生文化博物館ワークショップ アート魚拓

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 7月 海の砂をのぞいてみよう

とき:
2012年7月14日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
海の砂と一言でいっても、海岸の場所によって砂の粒の種類が異なります。日本各地の海の砂を顕微鏡でのぞいて、なぜ場所によって砂の種類が違うのか考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 はじめてのキノコ

とき:
2012年7月1日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
東大阪方面
内容 ないよう:
はじめての人のための、キノコ観察会。いつもとつぜん出てくるキノコ。いろんなかたちや色、におい。こわい毒キノコも、観察して楽しむだけなら安全。キノコは食べない。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴がいる)
定員 ていいん:
120名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円 小学生以下200円
参加のしかた:
2011年6月11日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 夏のキノコ

とき:
2012年7月16日(祝) 午前10時30分〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
島本町方面
内容 ないよう:
梅雨明けのこの季節は、シイやカシの森には一年でいちばんたくさんのキノコがみつかる。キノコを見つけて、キノコはどうやって生きているのか、考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 (小学生以下50円)
参加のしかた:
2012年7月2日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 キタフナムシ

とき:
2012年7月1日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
岬町または和歌山市加太方面
内容 ないよう:
一昨年、大阪湾の海岸からキタフナムシが発見された。大阪湾南部の自然海岸で、キタフナムシとフナムシの2種を観察し、くらしかたのちがいをくらべてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 (小学生以下50円)
参加のしかた:
2012年7月2日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 館長 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 亀岡の水辺の生きもの

とき:
2012年7月8日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
京都府亀岡市
内容 ないよう:
亀岡は、大阪では見られない水田周辺の環境が残っている。河川から小川、水路や田んぼで、水辺の生きものを観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴がいる)
定員 ていいん:
50名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 (小学生50円)
参加のしかた:
2012年6月23日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : プロジェクトU 都市の自然の調査研修 都市公園の花と昆虫 としこうえんのはなとこんちゅう

とき:
2012年6月30日(土) 午前10時〜午後2時 ※雨天中止
ところ:
枚岡公園
内容 ないよう:
都市の自然の調査プロジェクトの研修。昨年度の長居植物園での調査に続き、今年は都市公園で咲いている花とその花に来る昆虫を調べる。6月は少し郊外に行って、生駒山山麓の枚岡公園で開花している花とそれに来ている昆虫を観察・調査する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2012年5月21日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 風土記の丘 古墳時代まつり

とき:
2012年5月3日(祝) 午前11時〜午後3時30分
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館・近つ飛鳥風土記の丘 おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん・ちかつあすかふどきのおか (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
おもな催しもの:
  1. ウォークラリー/定員 100名, 参加費 無料, 風土記の丘に設置されたチェックポイントの問題の答えをラリーカードに書きこみながら歩く。参加者に記念品がもらえる.
  2. 勾玉づくり/定員 100名(先着順), 参加費 大きいサイズ300円・小さいサイズ100円, 参加のしかた 時間中に随時申し込む.
  3. 古代衣装着用体験/参加費 無料, 参加のしかた 時間中に随時申し込む, 古代の衣装「胡服(こふく)」・「貫頭衣(かんとうい)」、高松塚古墳の壁画に描かれた人物像を再現した服装の着衣体験.
  4. 修羅ひき体験/定員 各回10名, 参加費 無料, 参加のしかた その日に随時申し込む.
  5. 森の工作/定員 50名, 参加費 無料, 参加のしかた その日に随時申し込む.
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : どぼくおもしろクラブ出前講座 レンガでアーチ橋を造ろう! -造って、渡って、こわしてみる-

とき:
2012年4月28日(土) 1回め‥午後1時〜 2回め‥午後2時〜 (30〜40分間ぐらい) ※雨天中止
ところ:
大阪府立狭山池博物館 屋上ガーデン デッキ周辺 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
レンガでアーチ橋を造って、その上に乗って渡ってみたり、こわしてみたりする。地盤の液状化実験にチャレンジする。
対象 たいしょう:
だれでも (幼児・小学校低学年は保護者同伴)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
主催・共催 しゅさい・きょうさい:
どぼくおもしろクラブ堺、大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館協働運営委員会(大阪府・大阪狭山市・狭山池まつり実行委員会)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

梅小路蒸気機関車館 : ミニ新幹線の運転会

とき:
2012年6月10日(日) 午前10時〜午後3時 (午後0時〜1時は休憩)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
「京都市営交通100種年記念フェスタ」に関連したミニ新幹線の運転会。今年3月のダイヤ改正で現役を引退した300系新幹線のミニ車両に乗車できる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2012年6月23日(土)・24日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。持ち込み運転もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 6月 火山ガラスの形のなぞ

とき:
2012年6月9日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
火山灰には、独特な形をしている火山ガラスがたくさんふくまれています。どんな形をしているのか観察し、どうしてそんな形になるのか、身近なものを使った実験を行いながら考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 大泉緑地の自然

とき:
2012年6月3日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
堺市 大泉緑地公園
内容 ないよう:
植物、昆虫、鳥など、都市公園に暮らすさまざまな生きものを観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴がいる)
定員 ていいん:
50名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 (小学生50円)
参加のしかた:
2012年5月19日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 高槻のカエル探し たかつきのかえるさがし

とき:
2012年6月24日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
高槻市萩谷周辺
内容 ないよう:
モリアオガエルの卵塊(らんかい・たまごのかたまり)やカジカガエル、ヤマアカガエルなどのカエルをさがして歩きます。歩く距離は7kmぐらい。芥川緑地資料館あくあぴあ芥川との共催行事。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2012年6月16日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジュニア自然史クラブ 磯観察

とき:
2012年6月17日(日) 午前10時30分〜午後3時ごろ ※雨天中止
ところ:
大阪府岬町
内容 ないよう:
ジュニア自然史クラブは、生物や地学関係が好きな中高生と学芸員のグループ。毎月、いろんな活動をしている。ジュニア自然史クラブに入れば、同じような興味を持っている友達ができたり、学芸員と知り合いになって、博物館を色々と利用することができる。6月は、大阪府の南西の端へ行き、海岸生物を採集・観察する。地層の観察や釣りもできる。
対象 たいしょう:
中学生・高校生 (12歳〜18歳)
参加のしかた:
2011年6月4日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。※一度申し込めば、2012年度中はその後の行事の案内も送られてくる。それぞれの行事に参加するかしないかは、各人の自由。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 里山のコケ さとやまのこけ

とき:
2012年6月9日(土) 終日 ※雨天中止
ところ:
交野市、私市〜月の輪滝方面
内容 ないよう:
ここ数年、都市公園でのコケ観察会が開催されていたが、今年は丘陵の里山地帯のコケを観察する。川沿い、農耕地の周辺などのコケに目を凝らしてみる。この観察会では、目視からルーペでの観察をおこなう。生育場所や生育のしかたに注目してじっくり歩く。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2012年5月26日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 箕面の地質観察 みのおのちしつかんさつ

とき:
2012年5月27日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
箕面市周辺
内容 ないよう:
箕面は古くから行楽地として親しまれてきたが、散策するだけでなく地層を観察するポイントとしても適している。箕面駅から遊歩道に沿って、古生代後半から中生代にかけてつくられた岩石・地層を観察する。箕面川ダムまで歩いて4.6km。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
50名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2012年5月10日(木)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : プロジェクトU アルゼンチンアリ

とき:
2012年5月27日(日) 午前10時〜午後2時 ※雨天中止
ところ:
枚岡公園
内容 ないよう:
プロジェクトUアリ班では、都市公園におけるアリの分布を調べている。今回はその一環として大阪市の港湾地域にどんなアリが見られるのか、実際に採集しながら調べる。また外来種であるアルゼンチンアリについて、何が問題なのか実際に観察しながら紹介する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生50円
参加のしかた:
2012年5月7日(月)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(6月) 初夏の昆虫

とき:
2012年6月23日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
初夏は昆虫が最も活発に活動する時期。植物園を歩きながら昆虫をさがしてみる。夏のハチの特別展に向けて、植物園のハチに特に注目する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくものとか:
持っている人はルーペ。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物編(5月) 大池の生き物

とき:
2012年5月26日(土) 午前10時〜11時30分 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
長居植物園にある大池をまわりながら、魚などを中心に水の生き物を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくものとか:
帽子、虫除け、飲み物など。筆記用具、ある人は双眼鏡など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

滋賀県立琵琶湖博物館 : 川虫探検 かわむしたんけん

とき:
2012年3月25日(日) 午前10時〜12時
ところ:
滋賀県大津市藤ノ木川
内容 ないよう:
川に入って虫を採集し、ふだん見ることのない水生昆虫の世界をのぞいて見る。
対象 たいしょう:
小学校4年生以下は保護者同伴
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
100円 (保険料を含む)
参加のしかた:
2012年3月15日までに届くように往復はがきで申し込む。イベント名・参加希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・一言メッセージを書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
滋賀県立琵琶湖博物館 交流センター (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.40 楽しく学べる 滋賀県立琵琶湖博物館

滋賀県立琵琶湖博物館 : からすま半島の水鳥を観察してみよう

とき:
2011年12月18日(日) 午前9時30分〜午後3時
ところ:
烏丸半島周辺、琵琶湖博物館セミナー室
内容 ないよう:
博物館のある烏丸半島周辺で、冬の水鳥を観察する。午後は、鳥についてのお話もある。野外観察を含めた楽しい体験プログラムも。
対象 たいしょう:
小学校4年生以下は保護者同伴
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
100円 (保険料を含む)
参加のしかた:
2011年12月8日までに届くように往復はがきで申し込む。イベント名・参加希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・一言メッセージを書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
滋賀県立琵琶湖博物館 交流センター (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.40 楽しく学べる 滋賀県立琵琶湖博物館

滋賀県立琵琶湖博物館 : 琵琶湖博物館わくわく探検隊

ところ:
滋賀県立琵琶湖博物館 しがけんりつびわこはくぶつかん (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
スケジュール:
  1. 水鳥を観察しよう 色トリどりな冬の鳥たち/2011年12月10日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2・水族展示室・C展示室展望場所, 内容 琵琶湖を訪れる水鳥たちを観察して、色トリどりな発見ブックをつくる, 定員 20名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに会場で申し込む, 服装とか 野外にも出るかもしれないので暖かい服装で.
  2. 展示室でスゴロクをしよう 生活実験工房を中心に/2012年1月14日(土)・15日(日) 午後1時〜3時, ところ 生活実験工房・屋外展示, 内容 スゴロクをしながら展示室を探検する, 参加のしかた その日の午後1時〜2時のあいだに会場で申し込む.
  3. 縄文コースターを作ろう/2月11日(祝)・25日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 生活実験工房, 内容 縄文土器にふれてじっくり観察。土器の文様をまねっこした後は、紙粘土でオリジナルコースターをつくる, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに会場で申し込む.
  4. コラージュ作品をつくろう/3月10日(土)・24日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2, 内容 日光写真や折り紙・包装紙などの切り抜きを組み合わせ、コラージュ作品をつくる, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに実習室2で申し込む.
参加費 (おかね):
無料 ただ (観覧料がいるものもある)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

交通科学博物館 : 交通科学博物館50周年記念イベント 駅員さんがやって来た!

とき:
2012年6月9日(土)・10日(日)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
交通科学博物館に隣接する弁天町駅、西九条駅や福島駅、ユニバーサルシティー駅でお仕事されている駅員さんが、交通科学博物館の開館50周年を記念していろいろなイベントをおこなう。
  1. イコ太・イコ美がやってくる!/10:30〜11:30、12:30〜13:30、14:00〜15:00, ところ 館内, 内容 JRのマスコットキャラ「イコ太」と「イコ美」が来館。いっしょに記念撮影できる.
  2. こども制服体験/10:30〜15:00, ところ 第5室クモハ100形電車まえ, 内容 3月まで環状線を走る列車につけられていた「環状線開業50周年ヘッドマーク」をつけた当館展示車両の前で、JRの運転士さんの子ども用制服の着用体験ができる.
  3. 駅長さんを探せ!/10:30〜12:00、13:00〜15:00, ところ 館内, 内容 館内にいる、西九条駅やユニバーサルシティー駅などの駅長さんを探して声をかけると「こども切符」がもらえる.
  4. ストッピー君の踏切教室/11:30〜12:00、13:30〜14:00, ところ 第5室まえ, 内容 着ぐるみによる踏切・ホームの安全・マナー教室.
  5. ミニ環状線運転会/11:00〜12:00、13:00〜15:00, ところ 第2・3室まえ, 内容 後ろに乗車用トロッコをつけたミニ環状線の運転会.
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

梅小路蒸気機関車館 : ゴールデンウィークイベント SL館ファミリーウィーク

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
スケジュール:
  1. 鉄道「錦絵」スタンプラリー/2012年4月28日(土)〜5月6日(日), ところ 旧二条駅舎と扇形車庫, 内容 館内各所にあるスタンプを順番に重ね押していくとフルカラーのカッコいいスタンプが完成。スタンプはポストカードとして持って帰ることができる, 対象 子ども, 定員 1日2500枚(先着順), 参加のしかた その日に配られる用紙をもらう.
  2. SL館コンサート 歌のお兄さん「新井宗平(あらいそうへい)さん」と遊ぼう!/4月28日(土)・29日(日) 1回め‥午前11時30分〜 2回め‥午後1時40分〜 3回め‥午後2時40分〜 , ところ 扇形車庫内 特設会場, 内容 元NHK歌のお兄さんこと「新井宗平さん」のファミリーコンサート。鉄道に関する曲を中心に、歌や遊びをとりいれた楽しいコンサート。所要時間は約20分.
  3. ミニ新幹線運転会/5月5日(土)・6日(日) 午前10時〜午後3時(午後0時〜1時は休止), ところ 扇形車庫内, 内容 今年3月のダイヤ改正で現役を引退した300系の「ミニ新幹線」に体験乗車できる, 参加費 無料.
  4. HOゲージ鉄道模型運転会/4月28日(土)〜30日(祝) 午前10時〜午後3時, ところ 扇形車庫内会場, 内容 縮尺80分の1でつくられたHOゲージ鉄道模型がレイアウト上を走る.
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 海べのしぜん

とき:
2012年5月20日(日) 終日(しゅうじつ・まる1にち) ※雨天中止
ところ:
泉南郡岬町周辺
内容 ないよう:
潮がよく引いた春の磯で、いろいろな海の動物、海そうなどを観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴がいる. 団体参加は不可)
定員 ていいん:
250名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円 小学生以下200円
参加のしかた:
2012年5月5日(木)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 都市で繁殖する鳥 としではんしょくするとり

とき:
2012年5月19日(土) 終日 ※雨天中止
ところ:
大阪市中央区大阪城公園
内容 ないよう:
ヒナを連れたシジュウカラ、エサを運ぶスズメなど、都市公園で繁殖する鳥を探す。大阪市内の公園で繁殖する鳥を紹介し、その調査のしかたも練習する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2012年5月5日(祝)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪府立弥生文化博物館 : 第4回弥生フェスティバル

とき:
2012年3月24日(土)〜31日(土) ※3/26(月)も開館
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
プログラム:
  1. 考古学屋台村/期間中毎日 午前10時〜午後3時, 内容 弥生時代や古墳時代の遺物をオープン展示.
  2. 竪穴住居で写真撮影!/期間中毎日 終日, ところ 第1展示室, 内容 常設展示の原寸大竪穴住居に入って、弥生の家族といっしょに記念撮影, 持っていくもの カメラ.
  3. 海渡君(かいとくん)はどこ?/3月24日(土)・26日(月)・30日(金) 終日, 内容 展示室のどこかにかくれている弥生犬の海渡君をさがす.
  4. 卑弥呼(ひみこ)からの指令/3月25日(日)・27日(火)・29日(木)・31日(土) 終日, 内容 卑弥呼からの指令書にしたがって任務(にんむ)を完了(かんりょう)すれば、ごほうびがもらえるかしれない.
  5. チリメンモンスターをさがせ/3月25日(日)・30日(金) 1回め‥午前10時〜12時 2回め‥午後1時30分〜3時30分, 内容 チリメンジャコに混じっている小さな生き物をさがしてみる, 対象 だれでも(小学校2年生以下は保護者もいっしょに参加すること), 定員 各回24名(申し込み先着順), 参加のしかた 3月14日(水)午前9時30分から電話で申し込む(定員に達し次第受付終了), 申し込み先 TEL.0725-46-2162.
  6. こんぺいとうを作ってみよう/3月24日(土) 午前1時30分〜3時, 内容 こんぺいとうの色つけと味つけを体験してみる, 対象 3歳以上, 定員 30名(申し込み先着順), 参加費 500円, 参加のしかた 3月14日(水)午前9時30分から電話で申し込む(定員に達し次第受付終了), 申し込み先 TEL.0725-46-2162.
  7. 夜光貝でアクセサリを作ろう/3月29日(木) 1回め‥午前10時30分〜12時 2回め‥午後1時30分〜3時, 内容 南の海で採れる夜光貝(やこうがい)。正倉院宝物(しょうそういんほうもつ)にも螺鈿(らでん)として使われているこの貝は、美しさゆえ古くから工芸品に使われてきた。今回は、まず、徳之島の夜光貝を採っている漁師(りょうし)のかたから、貝の話、海の話、自然の話をきく。そのあと、夜光貝をみがいて、光沢(こうたく)を出していく。自分だけのすてきなアクセサリができる, 対象 高校生以上, 定員 各回25名(申し込み先着順), 参加費 1000円, 参加のしかた 3月10日(土)午前9時30分から電話で申し込む(定員に達し次第受付終了), 申し込み先 TEL.0725-46-2162.
体験屋台村:
  1. こちら弥生呉服店/期間中毎日 終日, 内容 みんなで「あんぎん」にチャレンジ!できた布で服を作り、最終日にはみんなで着て写真をとる.
  2. えんぴつこすってあらわれた!/3月24日(土) 午前10時〜午後3時, 内容 むかしのお金のもようを紙にうつしとって、いつの時代のものかしらべてみる, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  3. 縄文ポシェットを作ろう/3月24日(土)・26日(月) 午前10時〜午後3時, 内容 クラフトバンドで、縄文時代の遺跡から出土したようなポシェットをつくる, 対象 小学校3年生以上.
  4. フェイスペイントで変身/3月24日(土)・26日(月)・28日(水) 午前10時〜午後3時, 内容 土器などに描かれた弥生人の顔をよく見て、自分の顔に描いてみる.
  5. めざせ考古学者のタマゴ/3月24日(土)・28日(水)・29日(木) 午前10時〜午後3時, 内容 発掘調査(はっくつちょうさ)でつかう道具をつかってみる, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  6. 探れ!キミの顔/3月25日(日) 午前10時〜午後3時, 内容 自分の顔とにらめっこして、縄文人と弥生人のどっちに似ているかしらべてみる, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  7. はり絵をしよう/3月25日(日)・29日(木) 午前10時〜午後3時, 内容 土器(どき)や銅鐸(どうたく)など、博物館に関係するいろんなものの形をはり合わせてあそぶ, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  8. ガラス勾玉を作ろう/3月25日(日)・31日(土) 午前10時〜午後3時, 内容 勾玉(まがたま)の鋳型(いがた)にガラスの粉を入れて、七輪(しちりん)でとかして、ガラスの勾玉をつくる, そのほか 小学校2年生以下は保護者が付き添うこと.
  9. 竪穴住居をたてよう/3月25日(日)・31日(土) 1回め‥午前10時30分〜 2回め‥2時30分〜, そのほか 雨天中止。未就学児は保護者が付き添うこと.
  10. 作って遊ぼうブンブンごま/3月26日(月) 午前10時〜午後3時, 内容 牛乳パックを再利用して作るブンブンごまをつくってあそぶ, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  11. 紙すき体験/3月26日(月) 午前10時〜午後3時, 内容 牛乳パックなど身近な材料を再利用して、紙すきを体験してみる, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  12. コメ、炊きはじめました〜/3月26日(月)・27日(火) 1回め‥午前10時30分〜 2回め‥午後2時30分〜, 内容 復原した弥生時代の炊飯具・甕(かめ)を使ってご飯を炊いてみる, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  13. はにわ貯金箱/3月27日(火)・28日(水) 午前10時〜午後3時, 内容 紙筒と紙粘土を使って、埴輪の形をまねた貯金箱をつくる, 定員 各日50名(当日先着順), そのほか 小学校2年生以下は保護者が付き添うこと.
  14. ガラス玉ブレスレット/3月27日(火)・28日(水) 午前10時〜午後3時, 内容 好きな色のガラス玉を選んでオリジナルブレスレットをつくる, 定員 各日50名(当日先着順), 参加費 Sサイズ400円・Mサイズ500円・Lサイズ600円, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  15. 金印をつかって封をしよう/3月27日(火)・30日(金) 午前10時〜午後3時, 内容 大むかしの封印(ふういん)のひとつに、封泥(ふうでい)という粘土(ねんど)に印を押して封したものがある。木に文字を書いてひもでくくって、封泥してみる, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  16. 立版古を作ろう/3月27日(火)・30日(金) 午前10時〜午後3時, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  17. 銅鐸を作ろう/3月28日(水)・29日(木) 午前10時〜午後3時, 内容 約130度でとける金属(きんぞく)を型(かた)に流しこんで、ミニ銅鐸(どうたく)をつくる, 参加費 1500円, 定員 各日40名(当日先着順), 対象 小学校3年生以上.
  18. ドウタクくん登場!/3月28日(水) 1回め‥午前10時〜 2回め‥午後0時〜 3回め‥午後2時〜(各回約30分).
  19. 狩人きぶん/3月30日(金) 午前10時〜午後3時, 内容 弓矢(ゆみや)で動物のかたちをした的(まと)をねらって、弥生人の狩りのきぶんを体験してみる, そのほか 雨天中止。未就学児は保護者が付き添うこと.
  20. FUN!DO!消しゴム/3月30日(金)・31日(土) 午前10時〜午後3時, 内容 消しゴムで「ふんどう」をつくる。1人1個, そのほか 未就学児は保護者が付き添うこと.
  21. ふんどうくんがやってくる!/3月30日(金)・31日(土) 1回め‥午前10時〜 2回め‥午後0時〜 3回め‥午後2時〜(各回約30分), 内容 ふんどうくんと写真撮影できる.
  22. 古代船ペーパークラフト/3月31日(土) 午前10時〜午後3時, 内容 遺跡でみつかった木の板に描かれていた船の絵。その絵をペーパークラフトで再現してみる, 定員 100名(当日先着順), そのほか 小学校2年生以下は保護者が付き添うこと.
  23. パズルコーナー/期間中毎日 午前10時〜午後3時, 内容 バラバラになった弥生土器を復元(ふくげん)するパズルにチャレンジ.
  24. 和泉市立池上小学校・泉大津市立条南小学校・泉大津市立楠小学校 作品展/期間中毎日.
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

交通科学博物館 : 春休みイベント こうはくスプリングフェスタ

とき:
2012年3月24日(土)〜4月8日(日)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
プログラム:
  1. 開館50周年記念ホールイベント 見てみよう!昔が見えるテレビだよ!!/3月24日(土)・25日(日)・31日(土)、4月1日(日)・7日(土)・8日(日) 11:00〜・13:30〜・15:30〜, ところ ホール, 内容 交通科学博物館が開館したころのくらしのようすなどを「昔が見えるテレビ」で紹介。また、昔の玩具もあわせて紹介.
  2. 遊びの達人さんいらっしゃい -親子で遊べる昭和のお遊び大集合-/3月24日(土)・25日(日)・31日(土)、4月1日(日)・7日(土)・8日(日) 11:30〜・14:00〜・16:00〜, ところ 屋外展示場, 内容 なつかしい遊びの達人が週替わりで登場.
  3. 出発進行!ミニ500系新幹線運転会/3月31日(土)、4月1日(日)・7日(土)・8日(日) 1回め‥11:00〜12:00 2回め‥13:00〜16:00, ところ 屋外展示場ミニSL運転線, 内容 電動のミニ500系新幹線の乗車会.
  4. 義経号のオープン展示&明治の駅長さんに変身!/3月24日(土)・25日(日)・31日(土)、4月1日(日)・7日(土)・8日(日) 10:30〜16:00, ところ 屋外展示場(制服の貸出は1800形蒸気機関車まえ), 内容 義経号のオープン展示と、子ども用の明治の駅長服の貸し出し, そのほか 雨天時は中止.
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 交通科学博物館50周年記念イベント 森ノ宮電車区探検 もりのみやでんしゃくたんけん

とき:
2012年3月30日(金) 午前の部/午前10時〜12時30分 午後の部/午後1時20分〜3時50分
ところ:
森ノ宮電車区
内容 ないよう:
JR環状線森ノ宮駅近くにある、森ノ宮電車区を見学する。運転士さんや車両の整備士さんのふだんのおしごとを「社会見学」してみる。
対象 たいしょう:
小学生と保護者
定員 ていいん:
各回15組30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 (交通費は参加者負担)
参加のしかた:
2012年3月20日(祝)までに、交通科学博物館の館内に設置された受付で申し込む。抽選の結果は当選ハガキ(3月22日ごろ発送)で通知される。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 レンゲ畑のいきもの

とき:
2012年4月22日(日) 午前10時〜午後2時 ※雨天中止
ところ:
高槻市方面
内容 ないよう:
レンゲソウがたくさん咲いている田んぼで、花や虫など、いろいろな生きものと友だちになる。レンゲソウの花はどんなかたちをしているか、ミツバチはなにをしているか、じっくり見てみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること. 団体参加は不可)
定員 ていいん:
200名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生以下200円
参加のしかた:
2012年4月7日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 テントウムシ

とき:
2012年4月14日(土) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
高槻市方面
内容 ないよう:
草はらや川原で、いろいろな種類のテントウムシをさがしてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生50円
参加のしかた:
2012年4月2日(月)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 はじめてのバードウォッチング 春の渡り鳥を見つけよう!

とき:
2012年4月29日(日) 午前10時〜午後2時ごろ ※雨天中止
ところ:
大阪市鶴見区 鶴見緑地
内容 ないよう:
大阪の都市公園は渡りの途中の鳥たちの中継地になっている。渡りの時期には、日頃見られない鳥に出会うことができる。オオルリやキビタキなどを探してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2012年4月22日(日)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 鳥の調査の勉強会

とき:
2012年4月7日(土) 終日
ところ:
大阪市立自然史博物館 集会室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
鳥の調査をしてみたい人、調査データを持っているけどその後どうしたらいいかわからない人、みんなといっしょに調査してみたい。そんな鳥の調査研究に関連する悩みを解決するための実習。
対象 たいしょう:
鳥の調査をしているひと、したいひと、興味のあるひと
定員 ていいん:
20名
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2012年3月24日(土)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 大阪層群の火山灰層

とき:
2012年4月22日(日) 午前10時〜午後3時ごろ
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
大阪平野の縁(ふち)の丘陵地をつくる大阪層群には、数十層の火山灰層が挟まれている。火山灰層は地層の中でよく目立ち、それぞれに特徴があるため、地層がたまった順番を整理するのに良い目印となる。この実習では、大阪層群の火山灰層を処理して、火山灰の粒を顕微鏡観察する。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上
定員 ていいん:
24名
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2012年4月13日(金)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物編(4月) 春の渡り鳥 はるのわたりどり

とき:
2012年4月28日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
春の渡りの季節。ヒタキ類やツグミ類など渡りの途中に立ち寄った小鳥をさがす。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくもの:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 4月 中生代に栄えた植物?キカデオイデアの化石

とき:
2012年4月14日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
中生代には現在のソテツに形が似ていたキカデオイデアが栄えていた。現在のソテツとくらべながらキカデオイデアの幹の化石を観察してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

加悦SL広場 : 周年祭 しゅうねんさい

とき:
2011年11月6日(日) 午前10時〜午後3時 ※加悦SL広場の営業時間は午後5時まで
ところ:
加悦SL広場 かやえすえるひろば (〒629-2422 京都府与謝郡加悦町字滝941-2, TEL.0772-42-3186, FAX.0772-43-0080, カヤ興産株式会社)
内容 ないよう:
  1. 加悦鉄道再現列車乗車会/10:00から30分ごとに発車。最終15:00発, 内容 構内線約120m区間を往復運転。運転車両はDB201ディーゼル機関車+フハ2号木造客車と、キハ101気動車, 参加費 小学生以上100円, 小雨決行.
  2. 甘〜いホクホク焼き芋特別販売.
  3. ふわふわ風船&駄菓子プレゼント/対象 入場した子ども.
  4. あったかぁ〜い「おしるこ」サービス
  5. 周遊列車ロケット号割引サービス/通常300円→200円で運行.
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは入場料がいる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.kyt-net.ne.jp/kayaslhiroba/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こどもファーストデイ 親子でものづくり こんなんつくるで!

とき:
2012年2月18日(土) 午後1時30分〜3時
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 1階ロビー おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
2月のファーストデイは、四角い雪だるまをつくる。あまりの寒さに丸いからだも四角く縮まった雪だるまさん。四角い木をつかって、オリジナルの雪だるまをつくってみる。
参加費 (おかね):
材料費1人100円
持っていくもの:
この催しのスタンプカードを持っているひとは持ってくること。はじめての人は、スタンプカードをつくることができる。カードがいっぱいになったら景品がもらえる。
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : 春休み特別企画 鉄道模型ワールドin博物館 てつどうもけいわーるど いん はくぶつかん

とき:
展示/2012年3月20日(祝)〜4月8日(日) 午前10時〜午後5時
持ち込み走行会/2012年3月20日(祝)・24日(土)・25日(日)・31日(土)、4月1日(土) 午前10時30分〜12時・午後1時〜4時30分 (1人15分間)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 1階特別展示室ほか おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
各地の博物館に展示されている模型をつくっている専門の会社、株式会社ヤマネがつくった鉄道模型ジオラマや鉄道模型などを展示。また、運転用の鉄道模型レイアウトでは、Nゲージの持ち込み走行会も催される。持ち込み走行会では4線のレイアウトを同時に運転、自分のNゲージ模型を持ち込んで1人15分間走行させることができる。また、展示室に設置されたプラレールレイアウトでは、自分のプラレールを持ちこんで走行させることもできる(自由参加)。
おもな展示品 てんじひん:
Nゲージ模型、鉄道写真。
Nゲージ持ち込み走行会の対象 たいしょう:
Nゲージの鉄道模型を持っている人
Nゲージ持ち込み走行会の定員 ていいん:
あり (整理券配布先着順)
Nゲージ持ち込み走行会の参加のしかた:
その日の午前10時15分から配られる整理券をもらう。
参加費 (おかね):
入場無料、持ち込み走行も無料。
主催 しゅさい:
大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館協働運営委員会
協力 きょうりょく:
株式会社ヤマネ
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
案内チラシ(PDF):
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/pdf/rm-ev201203.pdf
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.54 鉄道模型ワールドin狭山池博物館2. hassanのお出かけメモNo.46 鉄道模型ワールドin狭山池博物館

梅小路蒸気機関車館 : 春休みイベント SL館スプリングフェスタ!

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
スケジュール:
  1. SL館ファミリーコンサート
    1. リサイクル楽器による音楽会/2012年3月17日(土)・18日(日) 1回め‥午前11時30分 2回め‥午後1時40分〜 3回め‥午後2時40分〜(所要時間約20分), ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 ギターと、空き缶やストローなど、身の回りの不用品を利用した手作り楽器で、さわむらしげはるさんが演奏。子どもたちもかんたんな楽器でみんなで遊べる.
    2. アコーディオンとクラリネットによるファミリーコンサート/3月24日(土)・25日(日) 1回め‥午前11時30分〜 2回め‥午後1時40分〜 3回め‥午後2時40分〜(所要時間約20分), ところ 扇形車庫内特設会場.
  2. HOゲージ鉄道模型運転会/3月17日(土)・18日(日)・20日(祝) 午前10時〜午後3時, ところ 扇形車庫内, 内容 縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を快走.
  3. ミニSL運転会/3月24日(土)・25日(日) 午前10時〜午後3時, ところ ちびっ子広場南側, 内容 実物の5分の1サイズのD51形ミニSLの運転会。雨天中止.
  4. 体験教室 SLの拓本をとろう!/3月31日(土)・4月1日(日) 午前10時〜午後3時(12時〜1時はお休み), ところ 扇形車庫内, 内容 実物のナンバープレートで拓本をとることができる, 定員 各日100名(先着順).
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : 恐竜絵本作家・黒川みつひろさんと一緒に恐竜の絵を描こう!

とき:
2012年3月31日(土)
  1. (1) 午後1時30分〜3時 ワークショップ「恐竜の絵を描こう!」
  2. (2) 午後5時30分〜6時30分 ナイトミュージアムwithお話会「恐竜博士になろう!」
2012年4月1日(日)
  1. (3) 午後1時30分〜3時 ワークショップ「恐竜の絵を描こう!」
ところ:
大阪市立自然史博物館 おおさかしりつしぜんしはくぶつかん (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221) ‥(1)と(3)はセミナー室(花と緑と自然の情報センター1階) (2)はネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)
内容 ないよう:
絵本・子育て情報サイト「ミーテ」コラボ企画。「恐竜トリケラトプスとティラノサウルス」などの絵本で、大活躍中の恐竜絵本作家、黒川みつひろさんといっしょに恐竜の絵を描いたり、お話を聞く。化石にさわったり、すてきなプレゼントがもらえるイベントやサイン会もある。
対象 たいしょう:
親子 (子どものみの参加は不可)
定員 ていいん:
各イベントとも20組40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料 (おとなは特別展観覧券の半券が必要)
参加のしかた:
2012年3月23日(金)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。1組2名で申しこむこと。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 恐竜造形師・荒木一成さんと親子で恐竜模型をつくってみよう!

とき:
2012年3月11日(日) (1)午前10時30分〜午後1時 (2)午後2時から4時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 セミナー室(花と緑と自然の情報センター1階) (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
ティラノサウルス、トリケラトプスなど、かんたんな粘土による立体造形教室を通じて、恐竜の復元過程をやさしく学ぶ。
対象 たいしょう:
親子 (子どものみの参加は不可)
定員 ていいん:
各回20組40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料 (おとなは特別展観覧券の半券が必要)
参加のしかた:
2012年3月23日(金)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。1組2名で申しこむこと。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物編(3月) 花にくる鳥

とき:
2012年3月31日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
木々の花の季節。どんな鳥が花に来て、何をしているのか、そろそろ繁殖を始めた鳥たちのようすも観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくもの:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 3月 大阪層群の火山灰を実体顕微鏡で見比べる

とき:
2012年3月10日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
300万年前〜30万年前に大阪でたまった地層である大阪層群には、火山灰層が数十層挟まれている。火山灰層は地層の中でよく目立ち、それぞれ特徴があり、良い目印になる。泉北丘陵にある光明池周辺で観察できる大阪層群の火山灰層を数種類、実体顕微鏡を使って見くらべてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪府立弥生文化博物館 : 冬季企画展2関連 とんぼ玉制作体験 とんぼだませいさくたいけん

とき:
2012年2月12日(日)・18日(土)・25日(土)、3月10日(土)・17日(土) 午後0時30分から3時30分 うち1人約10分間
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
内容 ないよう:
佐竹ガラス流工房のかたに教えてもらいながらとんぼ玉をつくる。できあがってから作品を受け取るまでに40分ぐらいかかる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
各日54名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
体験料‥1名500円 (ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
2012年1月14日(土)午前10時から電話で申し込む。参加を希望する日の希望時間を、午後0時30分〜3時20分までのあいだ10分単位で申し込むこと。
申し込み先:
大阪府立弥生文化博物館 TEL.0725-46-2162
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : 子どもファーストデイ企画 みんないっしょに考古楽!2011

ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
プログラム:
  1. 作って飛ばそう 鳥形紙ひこうき/2012年2月18日(土) 午後2時〜3時30分
  2. 火おこしに挑戦!/3月17日(土) 午後2時〜3時30分
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

交通科学博物館 : ミニSL「蒸吉君」運転会

とき:
3月〜11月の第4土曜日とその翌日曜日 午前11時15分〜午後3時30分 (ときどき休憩あり. 雨のときは中止)
ところ:
交通科学博物館 屋外展示場ミニSL運転線 こうつうかがくはくぶつかん おくがいてんじじょう みにえすえるうんてんせん (〒552−0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
石炭(せきたん)と水(みず)を燃料(ねんりょう)にはしる蒸気機関車の模型(じょうききかんしゃのもけい)、「蒸吉君」にのることができる。「蒸吉君」はトロッコ客車(きゃくしゃ)を連結(れんけつ)して、みんなをのせてはしる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
そのほか:
雨がふったら中止
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

大阪府立狭山池博物館 : 大阪狭山市立郷土資料館企画展「くらしの道具」 コタツに入って折り紙で遊ぼう!

とき:
2012年2月11日(土)・12日(日) 午後1時〜4時 (時間中随時)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 1階特別展示室前室 むかしのくらし体験コーナー おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館が共同で主催する郷土資料館企画展「くらしの道具」(2012.2.7〜3.11)では、展示室の前室に「むかしのくらし体験コーナー」が設けられ、1960年代〜70年代に多くの家庭で使われていた、発熱するときに真っ赤に光る「赤外線ランプ式電気櫓こたつ」に足を入れてあたたまることができる。企画展期間中の2日間もよおされる「 コタツに入って折り紙で遊ぼう!」では、コタツをかこんで、ボランティアのかたに教えてもらいながら、いろいろな折り紙の折りかたをおしえてもらうことができる。
対象 たいしょう:
子ども向き (おとなも可。だれでも参加できる)
定員 ていいん:
コタツのまわりにすわれる人数
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/oscm/
案内チラシ(PDF):
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/oscm/pdf/oscm1202.pdf

梅小路蒸気機関車館 : 京都駅探検ツアー きょうとえきたんけんつあー

とき:
2012年2月19日(日)・26日(日) 午後1時〜4時 (集合‥午後0時45分) ※途中参加・途中退出はできない.
ところ:
京都駅、梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
明治時代に建設された梅小路蒸気機関車館の「旧二条駅舎(きゅうにじょうえきしゃ)」と、今年で竣工(しゅんこう)15周年となる4代め「京都駅」を、梅小路蒸気機関車館の学芸員さんと京都駅のJR駅社員さんの解説をききながら見学する。ふだんは見学できない京都駅の裏がわを見学できる初めてのイベント。梅小路蒸気機関車館では、貴賓室(きひんしつ)の見学や、むかしの出札事務室(しゅっさつじむしつ)体験などをとおして、むかしの駅員さんの仕事などをまなぶ。京都駅では、ふだん見学することができない「発券機(マルス端末)のトレーニング室」や「応接室(通称Jルーム)」など、京都駅の魅力(みりょく)を知ることができる。
対象 たいしょう:
小学生 (小学生1名につき必ず保護者1名が同伴して参加すること)
定員 ていいん:
各日10組20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
梅小路蒸気機関車館の入館料(にゅうかんりょう)がいる。
参加のしかた:
2012年1月20日(金)〜2月10日(金・必着)のあいだにとどくように、往復ハガキで申し込む。参加者氏名(同伴保護者の氏名も)・住所・年齢・電話番号・参加希望日(2/19か2/26)を書いておくこと。
申し込み先:
梅小路蒸気機関車館「京都駅探検ツアー」係 (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町)
協力 きょうりょく:
西日本旅客鉄道株式会社 京都支社 京都駅
そのほか:
当日の集合場所は梅小路蒸気機関車館、京都駅周辺で現地解散。ツアー中のカメラや携帯電話等での撮影は、館職員のかたが指示した場所のみ可能。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 大和川のカモメとカモ

とき:
2011年12月11日(日) 午前11時〜午後3時
ところ:
大和川河口
内容 ないよう:
大和川(やまとがわ)の河口(かこう)は、大阪湾(おおさかわん)最大級(さいだいきゅう)のカモメの渡来地(とらいち)。大阪湾のカモメのなかま4種類(しゅるい)をじっくり観察(かんさつ)する。カモ類やカンムリカイツブリなどの水鳥(みずどり)も観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生50円
参加のしかた:
2011年11月26日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 光明池の大阪層群 こうみょういけのおおさかそうぐん

とき:
2012年1月15日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
堺市・和泉市 光明池
内容 ないよう:
大阪周辺の丘陵地をつくり、平野の地下にも分布する大阪層群は、300万年前から30万年前の地層。砂や泥、石ころの地層の間に、数多くの火山灰層や海でたまった粘土層がはさまれている。これまでに植物・動物化石についてくわしく研究され、日本列島の第四紀の生物の歴史を解き明かす手がかりともなった。この冬は、光明池の水位が工事のために下げられ、大阪層群を観察することができる。時代を知る手がかりになる火山灰層を中心に、地層の観察をおこなう。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上 (小学生は保護者同伴が必要)
定員 ていいん:
45名
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生50円
参加のしかた:
2012年1月6日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館第四紀研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : はくぶつかんたんけん隊

とき:
2012年1月8日(日)・9日(祝)の午後
ところ:
大阪市立自然史博物館 おおさかしりつしぜんしはくぶつかん (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
はくぶつかんの地下には、たくさんの標本(ひょうほん)があって、たいせつにしまってある。ほかにもヒミツのへやがいっぱい。みんなでたんけんしてみる。
対象 たいしょう:
小学生中学生
定員 ていいん:
各日50名 (申込が多い場合は午前の部を追加し、それ以上の申込があった場合は抽選. なお、保護者には行事の間に1時間程度のガイダンス「家族でより楽しく博物館を利用する」とバックヤード・ショートツアーをおこなう)
参加費 (おかね)
200円
持っていくもの
筆記具
参加のしかた:
12月21日(水)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 1月 偏光でみた鉱物の世界

とき:
2012年1月14日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
集合場所‥大阪市立自然史博物館 ナウマンホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
岩石や鉱物を調べるときには、偏光レンズというちょっと変わったレンズを使っためがねや顕微鏡で観察する。鉱物を偏光めがねで見ると、肉眼とは違った感じに見える。その不思議な鉱物の世界を探る。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 12月 断層を調べてみよう だんそうをしらべてみよう

とき:
2011年12月10日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
地震(じしん)と関連(かんれん)してなにかと話題(わだい)になる活断層(かつだんそう)。断層(だんそう)はどんな力がかかるとできるのか、どのようにしてできるのか、かんたんな実験(じっけん)をして断層について考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪府立弥生文化博物館 : みんないっしょに考古楽!2011

ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
プログラム:
  1. 大すごろく大会/2011年12月23日(祝)、2012年1月5日(木) 午後1時〜4時, 内容 季節のあそびで弥生時代を楽しくまなぶ.
  2. 子どもファーストデイ企画 ほんものの土器にふれてみよう/2012年1月21日(土) 午後2時〜3時30分.
  3. 子どもファーストデイ企画 作って飛ばそう 鳥形紙ひこうき/2月18日(土) 午後2時〜3時30分.
  4. 子どもファーストデイ企画 火おこしに挑戦!/3月17日(土) 午後2時〜3時30分.
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立狭山池博物館 : 第5回 書き初め展作品募集 かきぞめてんさくひんぼしゅう

とき:
作品募集期間 2012年1月5日(木)〜13日(金)必着, 作品展示期間 2012年1月21日(土)〜2月19日(日), 表彰式 2012年1月22日(日) 午前11時から
応募全作品を展示するところ:
大阪府立狭山池博物館 常設展示室など おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
書き初めの課題:
  1. 小学校1年生:「かわ」・「つち」・「いけ」
  2. 小学校2年生:「川」・「土」・「水」
  3. 小学校3年生:「池」・「土手」・「桜」
  4. 小学校4年生:「堤」・「行基」・「水の利用」
  5. 小学校5年生:「重源」・「治水ダム」・「狭山池」
  6. 小学校6年生:「船大工」・「土木技術」・「取水塔」
  7. 中学生:「敷葉工法」・「土木遺産」・「世界遺産」
  8. 高校生・一般:狭山池や狭山池博物館をイメージしたもの
対象 たいしょう:
子どもの部‥中学生以下の子ども. おとなの部‥高校生・一般
参加のしかた:
作品募集期間にとどくように、書き初めの作品と、学校名・学年・氏名(ふりがな)・住所を書いたメモ(おとなは名前・名前のふりがな・住所・電場番号を書いたメモ)を博物館へ直接提出。もしくは、郵送すること。作品の応募は1人1作品のみ。学校および書道教室等、団体からの応募は、各学年20枚までとし、応募一覧表を電子データファイルで提出すること。※団体応募で、応募一覧表を電子メールで送信する場合は、webmaster@sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp へ。
注意すること:
子どもの部‥作品は毛筆用の半紙を使用して、それぞれの学年の課題の中から1つだけ課題を選んで、毛筆で書くこと。半紙の左端に学年・氏名を書くこと。
おとなの部‥作品は毛筆用の書き初め用紙(682mm×175mm以下)を使用して、課題に沿ったテーマを設定し、毛筆で書くこと。用紙の左端に名前を書くこと。
表彰:
子どもの部‥館長賞、特別賞、優秀賞 大阪狭山ロータリークラブ賞 (副賞あり)
おとなの部‥大阪狭山市長賞、優秀賞 大阪狭山ロータリークラブ賞 (副賞あり)
作品の送り先・問い合わせ先:
大阪府立狭山池博物館「書き初め展」係 (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
そのほか:
作品の返却を希望する場合は、2012年2月24日(金)〜3月11日(日)までに博物館に取りにいくこと。郵送での返却はない。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : わくわくイベント 12月・1月分

ところ:
大阪府立狭山池博物館 2階ホール おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
スケジュール:
  1. 絵本ライブで楽しもう/2011年12月11日(日) 午後2時〜3時, 内容 「さくらんぼ」による楽しいパネルシアターと絵本ライブ, 対象 幼児小学校低学年向き, 定員 96名(先着順), 参加のしかた その日に会場で.
  2. 凧をつくろう/2012年1月14日(土) 午後1時30分〜, 内容 竹ひごなどをつかって、狭山池にちなんだ凧(たこ)をつくる。つくった凧を狭山池で揚げてみる。凧は持って帰ることができる, 対象 小学生(小学校低学年は保護者同伴), 定員 30名(申し込み先着順), 参加費 250円(材料代), 参加のしかた 2011年12月20日(火)〜2012年1月9日(月)に電話で申し込む。定員に達し次第、しめ切り, 申し込み先 大阪府立狭山池博物館 TEL.072-367-8891 わくわくイベント担当.
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

梅小路蒸気機関車館 : 新春♪梅小路フェスタ!!

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
プログラム:
  1. 特別展示 蒸気機関車の頭出し/2012年1月4日(水)〜9日(祝), ところ 扇形車庫内, 内容 扇形車庫に展示中の静態保存の蒸気機関車を、車庫の軒先から数m前進させて、機関車の先頭を並べて展示.
  2. D51墨で書き初めをしよう! /1月4日(水)〜5日(木) 午前10時〜午後3時30分, ところ 旧二条駅舎内, 内容 動態保存中の「D51形200号機」のススを集めて作った墨を使って、書き初めを体験できる.
  3. 女流書家「木村翼沙(つばさ)」氏による書き初めと書道指導/1月4日(水) 1回め‥午前9時45分〜 2回め‥午後0時〜 (1時間ぐらい), ところ 旧二条駅舎 貴賓室, 内容 流書家「木村翼沙」氏による巨大な書き初めと、書道指導.
  4. 墨づくりの実演/1月4日(水)・5日(木) 1回め‥午前11時30〜 2回め‥午後1時40分〜 3回め‥午後2時40分〜 (10分ぐらい), ところ 旧二条駅舎 貴賓室, 内容 学芸員のかたが、実際にD51形200号機の「スス」と墨作りに用いられている材料を説明しながら、墨作りを実演。また、5日には墨作り実演後、実演した墨を使った副館長さんによる書き初めイベントも.
  5. 夜間展示 お正月のライトアップ/1月7日(土)・8日(日) 午前5時30分〜7時 (入館は午後6時30分まで), ところ 扇形車庫.
  6. “撮り鉄”落語家・桂梅團治の新春初笑い会/1月7日(土) 1回め‥午後1時〜 2回め‥午後4時〜 (30分ぐらい), ところ 旧二条駅舎 貴賓室, 内容 鉄道の写真を撮るのが好きな“撮り鉄”でも知られる桂梅團治師匠が、創作の「鉄道落語」を披露.
  7. “乗り鉄”学芸員の新春トークショー/1月8日(日) 1回め‥午後1時〜 2回め‥午後4時〜 (20分ぐらい), ところ 旧二条駅舎 貴賓室, 内容 学生時代はJR全線完乗をめざし、今もなお休日には鉄道の旅を楽しんでいる梅小路蒸気機関車館の学芸員さんが、自身の鉄道旅行の思い出などをお話ししてくれる.
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 子ども拓本体験 こどもたくほんたいけん

とき:
2011年10月22日(土) 午後1時〜4時
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 中庭 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
内容 ないよう:
学芸員のかたの解説・実演を参考にして、飛鳥時代(あすかじだい)の瓦(かわら)の紋様(もんよう)を画仙紙(がせんし)に写しとる体験ができる。完成した拓本は持ち帰ることができる。学芸員のかたの解説・実演は、午後1時〜・午後2時〜・午後3時〜の3回(各回約1時間)。
対象 たいしょう:
小学生 (保護者同伴可)
参加費 (おかね):
無料 ただ (入館料がいる)
持っていくものとか:
墨で汚れてもよい服装で参加すること。
参加のしかた:
その日に会場で。
問い合わせ先:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 TEL.0744-24-1185
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

交通科学博物館 : 鉄道模型工作 虫かご鉄道ジオラマ

とき:
高学年の部‥2011年8月3日(水) 低学年の部‥8月24日(水) 午前10時30分〜午後2時
ところ:
交通科学博物館 会議室 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
虫かごの中に鉄道ジオラマをつくる。
対象 たいしょう:
幼稚園児小学生とその保護者
定員 ていいん:
各日20組 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
500円
参加のしかた:
高学年の部‥2011年7月24日(日・消印有効) 低学年の部‥8月14日(日・消印有効)までにハガキで申し込む。郵便番号、住所、氏名(子どもと保護者)、年齢、電話番号、希望日を書いておくこと。当選者にはハガキが送られてくる。
申し込み先:
交通科学博物館 ジオラマ係 (〒552-0001 大阪市港区波除3-11-10)
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

梅小路蒸気機関車館 : メリークリスマスIN梅小路

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
プログラム:
  1. 梅小路のSLたち IN クリスマスバージョン/2011年12月1日(木)〜25日(日), ところ 扇形車庫内, 内容 扇形車庫内に展示されている蒸気機関車の正面にクリスマスリースがとりつけられる.
  2. 紙芝居「SL『まめタンクちゃん』とサンタさん」/12月17日(土)・18日(日) 1回め‥午前11時30分〜 2回め‥午後1時40分〜 3回め‥午後2時40分〜 (20分間ぐらい), ところ 旧二条駅舎内貴賓室, 内容 梅小路蒸気機関車館に保存中のSL「B20形10号機(愛称 まめタンク)」とサンタさんが登場するメルヘンチックな紙芝居。子どもにもわかりやすいよう、学芸員のかたが文章から制作したオリジナルの紙芝居を上演.
  3. SL館サンタツアー/12月23日(祝)〜25日(日) 1回め‥午前10時30分〜 2回め‥午後1時〜(15分間ぐらい), ところ 旧二条駅舎と扇形車庫内, 内容 サンタさんといっしょに楽しく館内を見学できる.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : ネルソンくんをピカピカにしよう!

とき:
2011年11月6日(日) 午前11時20分〜(約40分間)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
1070形1080号蒸気機関車(1080ごうじょうききかんしゃ)「ネルソン君」をじぶんの手でキレイにしてみる。梅小路蒸気機関車館では、この機関車の整備体験(せいびたいけん)をしたい人を募集している。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2011年10月25日(火)までにとどくように、往復はがきで梅小路蒸気機関車館へ申し込む。参加希望者全員の氏名・住所・年齢・電話番号を書いておくこと。往復はがき1枚で3名まで申し込むことができる。
持っていくものとか:
スニーカーなどのすべりにくい靴で参加すること。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2011年10月22日(土)〜23日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。持ち込み運転もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : ミニSL運転会 みにえすえるうんてんかい

とき:
2011年10月16日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
梅小路蒸気機関車館 ちびっ子広場南側 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
実物の5分の1の大きさで作られたD51形のミニSLがけん引する客車に体験乗車。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪府立狭山池博物館 : わくわくイベント 7月・8月分

ところ:
大阪府立狭山池博物館 2階ホール おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
スケジュール:
  1. 第1回 親子でふれあい将棋/2011年7月17日(日) 午後1時30分〜4時30分, 内容 将棋に関するお話しをきいたあと、じっさいに将棋をさして楽しむ, 対象 2名1組の親子ペア, 定員 30組(当日先着順), 参加費 無料, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  2. 第2回 人形劇で楽しもう/7月30日(土) 午後2時〜3時, 内容 「人形劇団赤いりんご」による楽しい人形劇, 対象 幼児小学校低学年向き, 定員 96名(先着順), 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  3. 第3回 狭山池をつくろう/8月4日(木) 午後2時〜4時, 内容 紙粘土などで狭山池の模型をつくる。できあがった模型は持って帰ることができる, 対象 小学生中学生, 定員 20名(申し込み先着順), 参加費 200円(材料代), 参加のしかた 7月1日(金)〜30日(土)に電話で申し込む。定員に達し次第、しめ切り, 申し込み先 大阪府立狭山池博物館 TEL.072-367-8891 わくわくイベント担当.
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 バッタのオリンピック

とき:
2011年10月10日(祝) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
藤井寺市石川・大和川河川敷
内容 ないよう:
秋の河原(かわら)はバッタの天国。みんなでたくさんつかまえて、名前をしらべてみる。そして、だれのバッタが遠くまでとぶか競争(きょうそう)してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (幼児・小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
200名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生以下200円
参加のしかた:
2011年9月22日(木)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 はじめてのバードウォッチング 秋の渡り鳥を見つけよう!

とき:
2011年10月23日(日) 午前10時〜午後2時ごろ ※雨天中止
ところ:
大阪市鶴見区 鶴見緑地
内容 ないよう:
紅葉の中、いろいろな渡り鳥を見つける。大阪府立中央図書館との共催行事。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2011年10月16日(日)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 秋のきのこ

とき:
2011年10月16日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
高槻市神峯山寺方面
内容 ないよう:
今年の秋のきのこは、初夏の観察をした高槻方面にでかける。おなじ場所でも、夏と秋ではきのこはガラリとちがう。この行事は食べるためでなく、観察のために開催されるので、きのこは食べない。また食べるための採集はしない。高槻市芥川緑地資料館との共催行事。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること) ※3kmほど山道を歩くことができるひと。
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生50円
参加のしかた:
2011年9月30日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子ども向け写真教室 写真で採集!自然のページ

とき:
2011年10月30日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
長居公園と、大阪市立自然史博物館 集会室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
写真家の伊藤ふくおさんといっしょに歩きながら、自然の写真の撮影のしかたや工夫についてお話をお聞きし、じっさいに撮影してみる。
対象 たいしょう:
小学生中学生・高校生
持っていくものとか:
デジタルカメラ(機種はなんでもOK)、弁当、飲み物、汚れても良い服装
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
7月30日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 友の会行事 長居公園のタヌキ観察会

とき:
2011年10月22日(土) 午後5時〜8時ごろ
ところ:
大阪市長居公園
内容 ないよう:
2005年ごろから長居公園にはタヌキが住みついている。夜の長居公園で、そーっとタヌキをさがす。
対象 たいしょう:
友の会会員とその家族、または友の会のことを知りたい人 (小学生以下には保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
40名
参加費 (おかね)
300円 (友の会会員は無料)
参加のしかた:
2011年10月8日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(10月) 秋の羽根ひろい

とき:
2011年10月22日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
渡りの途中のキビタキや、渡ってきたジョウビタキなどを探すと同時に、鳥の羽根を探して歩く。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
双眼鏡、羽根図鑑、羽根を入れる袋、虫さされ・虫よけの薬。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

加悦SL広場 : 周年祭 しゅうねんさい

とき:
2010年11月6日(土)・7日(日) 午前10時〜午後4時 ※加悦SL広場の営業時間は午後5時まで
ところ:
加悦SL広場 かやえすえるひろば (〒629-2422 京都府与謝郡加悦町字滝941-2, TEL.0772-42-3186, FAX.0772-43-0080, カヤ興産株式会社)
内容 ないよう:
  1. 加悦鉄道再現列車乗車会/10:00から30分ごとに発車。最終15:00発, 内容 構内線約120m区間を往復運転。運転車両はDB201ディーゼル機関車+フハ2号木造客車と、キハ101気動車, 参加費 小学生以上100円, 小雨決行.
  2. 鉄道模型やグッズなどのミニバザー/内容 加悦鐵道保存会会員個人収集の鉄道・バス部品、鉄道模型、鉄道古書などをバザー形式で販売, 小雨決行.
  3. 加悦鉄道 記念乗車券・硬券販売/SHOP蒸気屋.
  4. ふわふわ風船プレゼント/対象 入場した子ども.
  5. 周遊列車ロケット号割引サービス/通常300円→200円で運行.
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは入場料がいる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.kyt-net.ne.jp/kayaslhiroba/

滋賀県立琵琶湖博物館 : 2010年度後期の観察会・見学会 かんさつかい・けんがくかい

スケジュール:
  1. アユの産卵用人工河川を見てみませんか/2010年9月18日(土) 午前10時〜12時, ところ 高島市安曇川町北船木 安曇川人工河川, 内容 琵琶湖漁業の最重要魚種でもあるアユの資源を安定させるために造られた人工河川とは、いったいどんな施設なのか。アユ資源維持の最前線を紹介, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 20名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 9月8日までに往復はがきで琵琶湖博物館へ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  2. 高島市の魚を調べてみよう/9月26日(日) 午前10時〜12時, ところ 高島市青柳小学校周辺, 内容 高島市・青柳小学校周辺の水路で、はしかけグループ「琵琶湖博物館うおの会」のメンバーと一緒に、魚の調査をしてみる。魚つかみのベテランたちに、魚のつかみかた、種類の見分けかたを教えてもらう, 対象 小学生以上(小学生は魚をつかむことができる保護者同伴), 定員 30名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 9月12日までにとどくように往復はがきで琵琶湖博物館へ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  3. 化石観察会/10月3日(日) 午前10時〜午後2時, ところ 多賀町権現谷, 内容 約2億7千万年前の赤道付近にできたサンゴ礁周辺の化石を観察・採集する, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 30名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 9月23日までに往復はがきで琵琶湖博物館へ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  4. 秋の里山を歩こう/11月13日(土) 午前10時〜午後1時, ところ 高島市マキノ周辺の里山, 内容 高島市マキノの里山をゆっくり歩きながら植物や昆虫を観察する, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 30名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 11月3日までに往復はがきで琵琶湖博物館へ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  5. からすま半島の水鳥を観察してみよう/12月19日(日) 午前9時30分〜午後3時, ところ 烏丸半島周辺、琵琶湖博物館セミナー室, 内容 博物館のある烏丸半島周辺で、冬の水鳥を観察する。午後は、鳥についてのお話もある。野外観察を含めた楽しい体験プログラムも用意されているので、はじめての人や子どもでも気軽に参加することができる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 30名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 12月9日までに往復はがきで琵琶湖博物館へ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  6. 川虫探検/2011年3月27日(日) 午前10時〜12時, ところ 大津市藤ノ木川, 内容 川に入って虫を採集し、ふだん見ることのない水生昆虫の世界をのぞいてみる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 30名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 3月17日までに往復はがきで琵琶湖博物館へ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
問い合わせなど:
滋賀県立琵琶湖博物館 しがけんりつびわこはくぶつかん (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.40 楽しく学べる 滋賀県立琵琶湖博物館

滋賀県立琵琶湖博物館 : 琵琶湖博物館わくわく探検隊 2010年度後期

ところ:
滋賀県立琵琶湖博物館 しがけんりつびわこはくぶつかん (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
スケジュール:
  1. プランクトンの模型を作ろう/2010年9月11日(土)・25日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2, 内容 琵琶湖畔で採集したプランクトンを、実習室の顕微鏡で観察して模型をつくる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各回30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに会場で申し込む.
  2. 秋の色を探してみよう/10月9日(土)・23日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 生活実験工房, 内容 秋色美しい屋外展示の森でたくさんの色を集めてみる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各回30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに会場で申し込む.
  3. 木の実で遊ぼう/11月13日(土)・27日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 生活実験工房, 内容 博物館周辺の木の実を拾ってクラフト作品をつくる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各回30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに会場で申し込む.
  4. 水鳥を観察しよう -色トリどりな冬の鳥たち-/12月11日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2・C展示室展望場所, 内容 琵琶湖を訪れる水鳥たちを観察して、色トリどりな発見ブックをつくる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各回30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに会場で申し込む, 参加費 展示観覧券がいる.
  5. 展示室ですごろくをしよう/2011年1月8日(土)・22日(土) 午後1時〜3時, ところ アトリウムおよびディスカバリールームほか, 内容 スゴロクをしながら展示室を探検する, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 参加のしかた その日の午後1時〜2時のあいだに会場で申し込む.
  6. 水晶のレプリカをつくろう/2011年2月12日(土)・26日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2, 内容 鉱物(水晶)のレプリカづくりをとおして、鉱物の美しさや魅力を伝える, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに会場で申し込む.
  7. くるくるキラキラ☆偏光スコープ/2011年3月12日(土)・26日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2, 内容 偏光シートと紙コップを使ってキラキラ輝く不思議なスコープをつくる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに実習室2で申し込む.
参加費 (おかね):
無料 ただ (観覧料がいるものもある)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

滋賀県立琵琶湖博物館 : 2010年度 フィールド体験教室(里山体験教室)

とき:
2010年4月18日(日)、7月18日(日)、10月17日(日)、2011年1月16日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
野洲市大篠原の里山ほか
内容 ないよう:
雑木林を中心としたフィールドで、いろいろな体験ができる。
対象 たいしょう:
現地集合できるひと (公共交通機関はない. 小学校6年生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
毎回100円(保険料など)と、内容によって若干の実費.
参加のしかた:
2010年4月8日(木)までにとどくように、往復はがきで申し込む。参加者全員の氏名・年齢・郵便番号・住所・電話番号・一言メッセージを書いておくこと。
申し込み先:
滋賀県立琵琶湖博物館「里山体験教室」係 (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091)
問い合わせ先:
滋賀県立琵琶湖博物館 「里山体験教室」係 TEL.077-568-4811
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2011年9月23日(祝)〜25日(日) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。持ち込み運転もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : ミニSL運転会 みにえすえるうんてんかい

とき:
2011年9月17日(土)・18日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
梅小路蒸気機関車館 ちびっ子広場南側 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
実物の5分の1の大きさで作られたD51形のミニSLがけん引する客車に体験乗車。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 体験教室 ナンバープレートの拓本をとろう!

とき:
2011年9月19日(祝) 午前10時〜午後3時 (12時〜1時は休止)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
SLのナンバープレートの拓本をとってみる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪府立狭山池博物館 : 昆虫教室・工作ワークショップ こんちゅうきょうしつ・こうさくわーくしょっぷ

とき:
2011年8月13日(土)・20日(土) 昆虫教室/午前11時〜12時. 工作ワークショップ/昆虫教室終了後〜午後3時(随時).
ところ:
大阪府立狭山池博物館 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892) 昆虫教室/2階ホール 工作ワークショップ/館内
内容 ないよう:
2011年7月23日(土)〜8月31日(水)のあいだ、大阪府立狭山池博物館で開催されている「虫の謎を探る昆虫展」の関連イベント。昆虫教室では、人気テレビ番組 探偵!ナイトスクープでもおなじみ、大阪府営箕面公園昆虫館館長の久留飛克明さんの昆虫についての楽しいお話しをきくことができる。工作ワークショップでは、昆虫にちなんだいろいろな工作を楽しむことができる。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
昆虫教室‥120名. ワークショップ‥なし
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
箕面公園昆虫館のページ:
http://www.pref.osaka.jp/ikedo/insect/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(9月) 秋の渡り鳥

とき:
2011年9月24日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
コサメビタキやメボソムシクイなど、渡りの途中に立ち寄った小鳥を探す。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
双眼鏡、図鑑、飲み物、虫さされ・虫よけの薬。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 9月 黒雲母のひみつ

とき:
2011年9月10日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
黒雲母は、かこう岩にも含まれる黒っぽい粒で、私たちの身近にある鉱物。よく観察してみると、六角形で平べったい、薄くぺらぺらとはがれる、酸化したものは金色にぴかぴか光る、など、おもしろい性質を持っている。さわってみたり、顕微鏡で見たりしてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 10月 ハザードマップを作ってみよう

とき:
2011年10月8日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
洪水や津波、地震の揺れや土砂崩れ、地滑りなどの危険地域を示した地図をハザードマップとよぶ。各市町村でハザードマップが出されているが、地形図を読み取ることで、大まかにそれらの災害のおよぶ範囲を知ることができる。地形図を使ってハザードマップを作り、自然災害について考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 大阪市で体験する生物多様性 大阪城公園の自然

とき:
2011年9月23日(祝) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪城公園
内容 ないよう:
大阪城公園はとてもたくさんの人が訪れる観光地だが、さまざまな生き物の生息・生育する場所でもある。公園内を動物、植物、昆虫担当の学芸員のかたの案内で歩きながら、街中に暮らすいろいろな生き物の観察をする。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生は保護者の同伴がいる)
定員 ていいん:
70名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2011年9月9日(金)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 靱公園セミのぬけがらしらべ2011

とき:
2011年9月4日(日) 午前9時(集合)〜午後3時 ※荒天時は9月11日(日)に延期
集まるところ:
靱公園東口(四つ橋線側) (地下鉄四つ橋線「本町」駅下車、すぐ北側)
内容 ないよう:
手分けしてセミのぬけがらを全部集めて、公園全体でどんな種類のセミが何匹発生したかを調べる。19年も続いている調査。「数あてコンテスト」などもある。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下には保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円 (友の会会員は無料)
持っていくものとか
弁当、水筒、雨具、筆記用具、虫除けスプレー、蚊取り器・蚊取り線香、虫さされの薬、ビニール袋数枚、持っている人は捕虫網や長竿(高い場所のぬけがらを落とす)
参加のしかた:
その日に集合場所で。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジュニア自然史クラブ 渡りのタカの観察会

とき:
2011年10月2日(日) 午前10時〜午後3時ごろ ※雨天中止
ところ:
和歌山市友ヶ島 (予定)
内容 ないよう:
ジュニア自然史クラブは、生物や地学関係が好きな中高生と学芸員のグループ。毎月、いろんな活動をしている。ジュニア自然史クラブに入れば、同じような興味を持っている友達ができたり、学芸員と知り合いになって、博物館を色々と利用することができる。10月は、タカなどの渡り鳥を観察したり、昆虫やキノコを探したりする。
対象 たいしょう:
中学生・高校生 (12歳〜18歳) ※保護者は参加できない
参加のしかた:
2011年9月17日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。※一度申し込めば、2011年度中はその後の行事の案内も送られてくる。それぞれの行事に参加するかしないかは、各人の自由。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

京都国立博物館 : 第10回少年少女博物館くらぶ 博物館まるまるアニマル!

とき:
2011年8月2日(火)・5日(金) 午前10時30分〜(40分間ぐらい)
ところ:
京都国立博物館 きょうとこくりつはくぶつかん (〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527 TEL.075-525-2473). 集まるところ/特別展示館入口前
内容 ないよう:
小学生中学生を対象に、展示をもとに設定したテーマについて、作品を見ながら、博物館の研究員のかたがわかりやすくお話ししてくれる。今回は、ゾウやラクダなどの大きな動物、かわいらしいイヌ・ネコ・ウサギ、色あざやかな鳥たち、カエルやサソリ、カブトムシにタコ、ついでに龍まで、動物をモチーフにした楽しい美術品について学ぶことができる。
参加のしかた:
各回とも、その日の開始時刻まえに集合場所へいく。
参加費(おかね):
入館のために「百獣の楽園」の観覧券が必要 (中学生以下は入館無料)
館のサイト:
http://www.kyohaku.go.jp/

大阪府立狭山池博物館 : 第11回子ども絵画コンクール 狭山池や博物館を描こう さやまいけやはくぶつかんをえがこう

とき:
写生会/2011年5月28日(土)、6月12日(日) 午前10時30分〜午後3時(受付開始‥午前10時から), 作品の提出しめ切り/7月5日(火)必着, 作品の展示/7月16日(土)〜8月28日(日)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
テーマ:
  1. 大阪府立狭山池博物館や狭山池風景 おおさかふりつさやまいけはくぶつかんやさやまいけふうけい
  2. 大阪府立狭山池博物館内展示物(写生会当日のみ写生可能) おおさかさふりつさやまいけはくぶつかんないてんじぶつ
  3. 未来の博物館 みらいのはくぶつかん
対象 たいしょう:
小学生以下の子ども
参加のしかた:
作品の裏に「学校(園)名・学年・氏名・電話番号・住所」を明記して博物館に提出。写生会への参加は、事前に申し込みが必要。写生会に参加希望の場合は、5月28日(土)分は5月26日(木)までに、6月12日(日)分は6月10日(金)までに、申し込み用紙に必要事項を書いて、博物館の受付に提出するか、郵送・ファックスで博物館へ送ること(人数に余裕がある場合は当日も参加申し込みできる)。
そのほか:
写生会のときにもっていくもの/絵を描く道具(画用紙はもらえる)・お弁当, 表彰式/8月21日(日) 午前11時〜 館長賞・特別賞・優秀賞(※博物館入館者の投票により選出するされる上位10人と、審査員で選出した10人の合計20人の作品が入選作品となる), 指導/わかりやすく絵の描きかたも教えてもらうことができる, 雨のとき/館内だけで実施(館内では絵の具をつかえない).
申し込み先・問い合わせ先:
大阪府立狭山池博物館「子ども絵画コンクール」係 (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
主催 しゅさい:
大阪府
後援 こうえん:
大阪府教育委員会・堺市教育委員会・和泉市教育委員会・富田林市教育委員会・河内長野市教育委員会・松原市教育委員会・羽曳野市教育委員会・藤井寺市教育委員会・太子町教育委員会・河南町教育委員会・千早赤阪村教育委員会
協賛 きょうさん:
株式会社サクラクレパス・日本文教出版株式会社・日本色研事業株式会社
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.42 博物館でお絵かきしよう!

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども勾玉つくり工房 こどもまがたまつくりこうぼう

とき:
2011年7月24日(日)、8月6日(土)・28日(日) 午後1時30分〜4時
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 玄関前 おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
石をけずって、古代(こだい)のアクセサリー、勾玉(まがたま)をつくる。
定員 ていいん:
50名 (先着順)
参加費 (おかね):
材料費‥大300円 小100円
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 夏休みこども工作室 なつやすみこどもこうさくしつ

とき:
2011年8月14日(日) 午後1時30分〜4時のあいだ(時間内出入り自由)
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 地階ホール おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
動物埴輪(どうぶつはにわ)のペーパークラフトなどで楽しむ。
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども博物館バックヤード探険ツアー こどもはくぶつかんばっくやーどたんけんつあー

とき:
2011年7月30日(土)、8月21日(日) 午後1時30分集合
集まるところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 1階相談カウンターまえ おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
ふだんは入れない収蔵庫など博物館の裏がわを探検する。
定員 ていいん:
20名 (先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に集合場所で申し込む。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立弥生文化博物館 : 夏休み Let's TRY!

ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
スケジュール:
  1. 2011年7月29日(金)/銅鐸に色をぬろう‥午後1時〜4時(所要時間約30分), 石こうでできた銅鐸に絵の具で色をつける, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  2. 8月3日(水)/縄文ポシェットをつくろう‥午後1時〜4時(所要時間約90分), 縄文人をまねしてポシェットをつくる, 参加のしかた 時間内に随時申し込む.
  3. 8月7日(日)/夏休み計量教室 棒はかりをつくろう‥午前10時〜午後3時(所要時間約30分), 棒はかりをつくって計量にチャレンジ。夏休みの自由研究にも, 参加のしかた 時間内に随時申し込む.
  4. 8月10日(水)/サヌカイトで風鈴をつくろう‥午後1時〜4時, (所要時間約30分), サヌカイト製の風鈴をつくる, 参加のしかた 時間内に随時申し込む.
  5. 8月13日(土)・28日(日)/夏季特別展関連 銅鐸をつくろう‥午後1時〜4時, 低融合金(ていゆうごうきん)を鋳型(いがた)に流しこんでミニ銅鐸をつくる, 参加費 700円, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  6. 8月14日(日)・20日(土)/火おこし体験‥午後1時〜4時.
  7. 8月16日(火)/手軽にプラネタリウム‥午後1時〜4時(所要時間約30分), 厚紙に穴をあけて、セロファンをはって星座盤をつくり、かんたんなプラネタリウムをつくる, 参加のしかた 時間内に随時申し込む.
対象 たいしょう:
だれでも (小学校低学年以下は保護者が付き添うこと)
定員 ていいん:
各回50名 (先着順)
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : クワガタ君にきいてみよう

受付期間:
2011年7月16日(土)〜8月21日(日)
掲示期間:
2011年8月12日(金)〜9月4日(日)
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうじょふぞくはくぶつかん (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
内容 ないよう:
速報展「大和を掘る29」では、児童を対象に、縄文時代のノコギリクワガタへの疑問や質問に答えてくれる。来館時に渡される質問票で質問したひとに、シールか版画をプレゼント。答えは8月12日(金)から特別展示室に掲示される。
対象 たいしょう:
児童
参加費 (おかね):
無料 (入館料がいる)
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 夏休み子ども考古学講座 博物館探検-瓦をつくろう、動物をさがそう-

とき・ところ:
2011年8月20日(土) 午前10時〜午後3時30分 橿原考古学研究所附属博物館
2011年8月21日(日) 午前10時〜午後3時30分 橿原千塚資料館
2011年10月22日(土) 午後1時〜4時 橿原考古学研究所附属博物館
内容 ないよう:
  1. 博物館・資料館の展示見学
  2. 博物館の展示品に隠れている動物などを探す博物館探検
  3. 新沢千塚古墳群の見学
  4. 実習「古代の瓦をつくろう」
  5. 拓本体験/10月22日
対象 たいしょう:
8/21・22の2日間とも参加できる小学校5年生小学校6年生
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
水筒・弁当・筆記具・軍手・タオル・帽子・作業をするため汚れてもよい服装(長袖・長ズボンが望ましい)
参加のしかた:
2011年8月12日(金)までにとどくように、往復はがきで申し込む。氏名(フリガナ)・学年・住所・電話番号を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館「こども考古学講座」係 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

和歌山県立紀伊風土記の丘 : 万葉植物を絵にしてみよう

とき:
2011年5月21日(土) 午前10時〜12時
ところ:
和歌山県立紀伊風土記の丘 (〒640-8301 和歌山県和歌山市岩橋1411 TEL.073-471-6123 FAX.073-471-6120)
対象 たいしょう:
小学生〜一般
定員 ていいん:
30名
参加費 (おかね):
無料 (保護者は入館料がいる)
参加のしかた:
2011年5月6日(金)午後1時から電話で和歌山県立紀伊風土記の丘へ申し込む。
館のサイト:
http://www.kiifudoki.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 魚の骨格標本を作ろう

とき:
2011年2月6日(日) 午前9時30分〜午後4時30分
ところ:
和歌山県立自然博物館 わかやまけんりつしぜんはくぶつかん (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
魚をつかって自分の手で骨格標本作りにチャレンジして、魚の体を骨格からじっくり観察する。
対象 たいしょう:
中学生以上〜一般
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料86円 (おとなは入館料もいる)
参加のしかた:
2011年1月23日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。往復はがき・電子申請1通につき申し込みできるのは1組だけ。複数の応募は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「魚の骨格標本を作ろう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

天理大学附属天理参考館 : 企画展「世界の民族楽器 -技が伝える時代のハーモニー-」関連イベント ワークショップ ストロー笛を作ろう

とき:
2009年7月26日(日)〜8月4日(火) 午前10時〜12時・午後1時〜3時30分
ところ:
天理大学附属天理参考館 2階ホール てんりだいがくふぞくてんりさんこうかん (〒632-8540 奈良県天理市守目堂町250 TEL.0743-63-8414 FAX.0743-63-7721)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.sankokan.jp/

橿原市昆虫館 : 昆虫館のあゆみ&作品展 作品募集

ところ:
橿原市昆虫館 かしはらしこんちゅうかん (〒634-0024 奈良県橿原市南山町624 TEL.0744-24-7246 FAX.0744-24-9128)
作品の応募期間 さくひんのおうぼきかん:
2009年8月5日(水)〜30日(日・必着)
応募作品について おうぼさくひんについて:
昆虫を自由に描いたオリジナルの未発表作品。応募は1人1点。はがきサイズ(100mm×148mm)で、台紙の色、素材、縦横は自由。応募作品は返却されない。
対象 たいしょう:
3歳中学生
応募のしかた おうぼのしかた:
応募期間中にとどくように、郵送か直接持参して橿原市昆虫館 作品係へ提出する。応募用紙(例 Excelファイル)に、氏名(フリガナ)、学年、郵便番号、住所、電話番号、作品タイトル、コメント(100字以内)を書いて、作品といっしょに提出すること。
作品の展示 さくひんのてんじ:
2009年9月15日(火)〜11月15日(日)に開催される第21回企画展「昆虫館のあゆみ&作品展 みんなのメッセージ」で、応募作品を展示。優秀な作品については、11月14日(土)に橿原市昆虫館で表彰式を実施。
館のサイト:
http://www.city.kashihara.nara.jp/insect/

兵庫県立歴史博物館 : 特別企画展 ひょうごの鉄道 関連イベント

ところ:
兵庫県立歴史博物館 ひょうごけんりつれきしはくぶつかん (〒670-0012 兵庫県姫路市本町68番地 TEL.079-288-9011 FAX.079-288-9013)
内容 ないよう:
2011年7月16日(土)〜9月25日(日)のあいだ、特別企画展「ひょうごの鉄道 -鉄道新世紀へ-」が開催される。この企画展の関連イベントでは、HOゲージ鉄道模型走行会や、現地見学会などが予定されている。
スケジュール:
  1. れきはくアカデミー ひょうごの鉄道遺産 -駅・鉄橋・トンネル等を巡る/2011年7月24日(日) 午後2時〜3時30分, ところ ホール, 定員 100名(先着順), 参加費 無料, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  2. 歴はく倶楽部 列車をつくってあそぼう/2011年7月24日(日) 1回め‥午前10時30分〜12時 2回め‥午後1時30分〜3時30分(受付は午後3時まで), ところ ロビー, 対象 小学校4年生以下(保護者同伴), 参加費 100円, 参加のしかた その日に会場で.
  3. 姫路鉄文会によるHOゲージ鉄道模型走行会/2011年8月6日(土)・7日(土) 午前10時〜午後4時30分, ところ 体験ルーム.
  4. 国鉄急行電車風ミニ電車に乗ろう/2011年8月20日(土)午後1時〜4時30分 8月21日(日)午前10時〜午後4時30分, ところ ロビー.
  5. 展覧会ガイド 展覧会の見所をご案内します/2011年7月24日(日)・30日(土)、9月4日(日)・18日(日)午前11時〜, ところ 展覧会会場.
  6. 現地見学会 廃線跡探検隊-国鉄高砂線を行く/2011年9月3日(土)午前8時〜11時, 集合するところ JR加古川駅, 定員 20名, 参加費 100円, 参加のしかた 前もって申し込む.
館のサイト:
http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/

灘浜サイエンススクエア : ビオトープ観察会

とき:
2011年6月26日(日) 午後2時45分〜4時
ところ:
灘浜サイエンススクエア ホール なだはまさいえんすすくえあ (〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地 TEL.078-882-8136 FAX.078-882-8137 電車‥阪神電車大石駅から南へ徒歩約12分, JR神戸線六甲道駅から南西へ徒歩約25分. 車‥阪神高速道路3号神戸線摩耶ICで降り、灘浜住吉川線を東に約1km)
内容 ないよう:
灘浜サイエンススクエアのビオトープにいる魚や貝、植物などを観察する。また、大型紙芝居「海と空の約束」も上演される。紙芝居の作者、西谷寛さんといっしょに人と自然とのかかわりについて考えてみる。
対象 たいしょう:
幼稚園・保育園年長児小学生
定員 ていいん:
40名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
前もって電話で灘浜サイエンススクエアへ申し込む。
参加費 (おかね):
無料
そのほか:
ビオトープ観察は野外での活動なので、帽子などの暑さ対策を忘れずに。小雨が降っていても実施されるので、その場合はかっぱなどの雨具を持っていくこと。
館のサイト:
http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/

大阪歴史博物館 : 大阪の地下鉄も走る!鉄道模型ジオラマ大会

とき:
2011年6月25日(土)・26日(日) 午前10時30分〜午後4時
ところ:
大阪歴史博物館 8階 特集展示室 おおさかれきしはくぶつかん (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
鉄道模型が大集合。おなじみの御堂筋線・谷町線・中央線といった大阪の地下鉄車両や、地下鉄に乗り入れている阪急電車・近鉄電車の車両などが展示室内を走る。子ども向けの体験運転も楽しむことができる。
参加費 (おかね):
無料 ただ (常設展示観覧券がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
関連チケット:
大阪歴史博物館「浪花の映画 大特集」開催記念「浪花の映画 事始め」2011.7.9 14:00開演 前売り券[チケットぴあ]icon

大阪府立弥生文化博物館 : 第16回博物館絵画コンテスト 卑弥呼の時代を描こう ひみこのじだいをえがこう

とき:
作品の募集 2011年6月1日(水)〜30日(木)必着, 優秀作品の展示 8月6日(土)〜8月20日(土)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162). 優秀作品を展示するところ/エントランスホール ※博物館での展示期間終了後、大阪府立中央図書館での展示も予定されている.
テーマ:
弥生時代をイメージした絵画
対象 たいしょう:
小学生中学生
参加のしかた:
必要事項をかいた応募用紙を作品のうらにはりつけて、大阪府立弥生文化博物館へ持っていくか、郵送する。
そのほか:
画材・作品の大きさは自由。作品は未発表のものにかぎる。作品はあとで返してもらえる(博物館まで取りにいくか、着払いで郵送)。入賞作品の表彰式は8月6日(土) 午後2時から。
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

竹中大工道具館 :夏休み子ども体験教室

とき:
2010年8月21日(土) 午後1時30分〜4時
ところ:
竹中大工道具館 地階多目的ホール たけなかだいくどうぐかん (〒650-0004 神戸市中央区中山手通4-18-25 TEL.078-242-0216 交通‥JR・阪急・阪神 三宮駅より徒歩18分. JR・阪神 元町駅より徒歩10分. 地下鉄 県庁前駅より徒歩5分)
内容 ないよう:
大工の技を見学し、大工道具を使って工作をして、マガジンラックをつくってみる。
対象 たいしょう:
小学校4年生中学校3年生 (小学生は保護者がかならず同伴すること)
定員 ていいん:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 (保護者は入館料がいる)
参加のしかた:
応募しめ切り日までに館のサイトにある申し込みフォームから申し込むか、8月2日(月・消印有効)までに往復はがきで申し込む。往信用裏面に子どもの氏名(フリガナ)・子どもの年齢(生年月日)・郵便番号・住所・電話番号を書いて、返信用表面のあて先に子どもの郵便番号・住所・氏名を書いておくこと。返信用裏面は参加証が印字されるので、なにも書かないこと。応募しめ切り日以降は電話で問い合わせること。
申し込み先:
竹中大工道具館「夏休み子ども体験教室」係 (〒650-0004 神戸市中央区中山手通4-18-25 TEL.078-242-0216)
館のサイト:
http://www.dougukan.jp/

神戸海洋博物館 カワサキワールド : 鉄道模型走行会 てつどうもけいそうこうかい

とき:
2011年3月19日(土)・20日(日) 午前10時〜午後5時 ※20日(日)のみNゲージ会場は午後4時まで
ところ:
神戸海洋博物館 カワサキワールド 大ホール・エントランスホールほか こうべかいようはくぶつかん・かわさきわーるど (〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2 TEL.078-327-5401 FAX.078-327-5402)
内容 ないよう:
カワサキワールド恒例イベントの鉄道模型走行会。川崎重工鉄道研究同好会メンバーによる鉄道模型の走行会のほか、鉄道模型の体験運転や持ちこみ運転(いずれもNゲージのみ)など。
  1. 川崎重工鉄道研究同好会メンバーのオリジナル車両等の走行、写真展示/午前10時〜午後5時(20日は午後4時まで), ところ 大ホール・エントランスホール, 内容 川崎重工鉄道研究同好会のメンバーによる手作りのジオラマの中をNゲージ車両が走行。Oゲージや外国の鉄道車両が走るHOゲージの走行会や同好会メンバーが撮影した鉄道の写真展示も.
  2. 夜間走行/1回め‥午前10時30分〜 2回め‥午前11時30分〜 3回め‥午後1時30分〜 4回め‥午後2時30分〜 5回め‥午後3時30分〜 6回め‥午後4時30分〜 (20日の最終回は午後3時30分〜), ところ 会議室, 内容 10分間、暗い部屋の中でライトをつけたNゲージの車両が夜の街並みを走行.
  3. 持込運転(Nゲージのみ)/午前10時30分〜午後4時45分, ところ 大ホール, 内容 来場者がNゲージ車両を持ち込んで、1周約30mの巨大レイアウトの中を1人15分間走らせることができる, 定員 あり(先着順), 参加のしかた 神戸海洋博物館玄関前で配布される整理券をもらう。整理券は運転する人1名に1枚だけ。運転時間は指定できない(整理券先着順).
  4. 体験運転/午前10時30分〜午後4時45分(20日は午後3時45分まで), ところ 大ホール, 内容 Nゲージの車両を3分間走らせることができる, 参加のしかた その日に会場で.
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは、入館料がいる。※館のサイトで割引券をくばっている。
催しのチラシ(PDF):
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/event/pdf/e_p110218.pdf
館のサイト:
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/

国立国際美術館 : こどもびじゅつあー

とき:
2010年7月17日(土) 1回め/午前11時〜12時ぐらい. 2回め/午後2時〜3時ぐらい.
ところ:
国立国際美術館 こくりつこくさいびじゅつかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
対象 たいしょう:
小学校1年生小学校6年生
定員 ていいん:
各回10名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2010年7月7日(水)までにとどくように往復はがきで申し込む。(1)希望プログラム名と日時 (2)氏名(ふりがな) (3)住所 (4)電話番号 (5)学年 (6)今回の情報をどのように知ったかを書いておくこと。兄弟・友だちなどのグループで参加を希望する場合は、おなじ往復はがきで申し込むこと。その場合は、参加者全員の必要事項を書いておくこと。しめ切り後でも、定員になるまで受け付けているので確認するとよい。
問い合わせ・申し込み先:
国立国際美術館「こどもびじゅつあー」係 (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
館のサイト:
http://www.nmao.go.jp/
観覧券 かんらんけん:
国立国際美術館「横尾忠則 全ポスター展」2010/7/13〜9/12 チケット[@電子チケットぴあ]
国立国際美術館企画展「束芋:断面の世代」関連イベント「WANDERING PARTY」2010/8公演 チケット[@電子チケットぴあ]

国立国際美術館 : なつやすみびじゅつあー

とき:
2010年8月8日(日) 1回め/午前10時15分〜11時45分. 2回め/午後1時〜2時30分. 3回め/午後3時15分〜4時45分
ところ:
国立国際美術館 講堂&地下3階展示場 こくりつこくさいびじゅつかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
内容 ないよう:
「横尾忠則全ポスター展」を鑑賞したあとに、オリジナルのポスターやチラシづくりにチャレンジする。
対象 たいしょう:
小学校1年生小学校6年生
定員 ていいん:
各回15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2010年7月29日(木)までにとどくように往復はがきで申し込む。(1)希望プログラム名と日時 (2)氏名(ふりがな) (3)住所 (4)電話番号 (5)学年 (6)今回の情報をどのように知ったかを書いておくこと。兄弟・友だちなどのグループで参加を希望する場合は、おなじ往復はがきで申し込むこと。その場合は、参加者全員の必要事項を書いておくこと。しめ切り後でも、定員になるまで受け付けているので確認するとよい。
問い合わせ・申し込み先:
国立国際美術館「なつやすみびじゅつあー」係 (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
館のサイト:
http://www.nmao.go.jp/
観覧券 かんらんけん:
国立国際美術館「横尾忠則 全ポスター展」2010/7/13〜9/12 チケット[@電子チケットぴあ]
国立国際美術館企画展「束芋:断面の世代」関連イベント「WANDERING PARTY」2010/8公演 チケット[@電子チケットぴあ]

交通科学博物館 : ミュージアム探検ツアー外伝 えきたんけん!〜弁天町〜

とき:
2011年7月22日(金)・29日(金)、8月4日(木)・25日(木) 午後2時〜(約1時間)
ところ:
交通科学博物館 会議室 ・JR弁天町駅
内容 ないよう:
交通科学博物館はJR弁天町駅の高架下にある。この夏、そのJR弁天町駅の探検をおこなう。ふだんは入れない「駅ナカ」に入ってみることができる。
対象 たいしょう:
小学生 (保護者は会議室等で待機)
定員 ていいん:
各回6名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 (入館料がいる)
参加のしかた:
7月分‥2011年7月11日(月・消印有効) 8月分‥7月25日(月・消印有効)までにハガキで申し込む。所、氏名、年齢、電話番号、希望日(あれば第二希望も)、駅員さんへの質問を書いておくこと。当選者にはハガキが送られてくる。
申し込み先:
交通科学博物館 駅探検係 (〒552-0001 大阪市港区波除3-11-10)
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 親子工作 オーブンねんど

とき:
2011年8月2日(火)・5日(金)・9日(火) 午前10時30分〜12時30分
ところ:
交通科学博物館 会議室 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
焼くとかたまるカラフルな「ねんど」を使った工作。
対象 たいしょう:
幼稚園児小学生とその保護者
定員 ていいん:
各日10組 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
500円
参加のしかた:
2011年7月22日(金・消印有効)までにハガキで申し込む。郵便番号、住所、氏名(子どもと保護者)、年齢、電話番号、希望日(あれば第二希望も)を書いておくこと。当選者にはハガキが送られてくる。
申し込み先:
交通科学博物館 親子工作係 (〒552-0001 大阪市港区波除3-11-10)
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

キッズプラザ大阪 : 笑門来トラ!キッズプラザでお正月! 大トラはりこつくり -トラアートworkshop2-

とき:
2010年1月10日(日) 午前11時〜12時30分・午後2時〜3時30分
ところ:
キッズプラザ大阪 5階 キッズプラザホール (〒530-0025 大阪市北区扇町2-1-7 TEL.06-6311-6601)
内容 ないよう:
イラストレーターの木魚きりんさんといっしょにに、大きな張り子のトラに絵つけをする。
対象 たいしょう:
子どもとその保護者
定員 ていいん:
各回家族15組(先着順)
参加費 (おかね):
400円 (ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
各回の開始10分まえから会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.kidsplaza.or.jp/

キッズプラザ大阪 : 笑門来トラ!キッズプラザでお正月! なにわの和凧 するめいか凧づくり

とき:
2010年1月11日(祝) 午前11時〜12時30分・午後2時〜3時30分
ところ:
キッズプラザ大阪 5階 キッズプラザホール (〒530-0025 大阪市北区扇町2-1-7 TEL.06-6311-6601)
内容 ないよう:
大阪の伝統和凧(でんとうわだこ)、「するめいか凧」をつくって、扇町公園(おうぎまちこうえん)で凧を揚げる。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
各回25名(先着順)
参加費 (おかね):
500円 (ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
各回の開始10分まえから会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.kidsplaza.or.jp/

キッズプラザ大阪 : 笑門来トラ!キッズプラザでお正月! 「剪紙(せんし)」の世界 トラの切り絵つくり -トラアートworkshop1-

とき:
2010年1月9日(土) 午前10時30分〜11時・午前11時30分〜12時・午後1時〜1時30分・午後2時〜2時30分
ところ:
キッズプラザ大阪 5階 キッズプラザホール (〒530-0025 大阪市北区扇町2-1-7 TEL.06-6311-6601)
内容 ないよう:
中国の伝統的な華やかな民間芸術、切り絵「剪紙(せんし)」。作家のカミコーチ・ミワさんが干支の切り絵トラをみんなに伝授してくれる。
対象 たいしょう:
だれでも (未就学児は保護者同伴
定員 ていいん:
各回20名(先着順)
参加費 (おかね):
200円 (ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
各回の開始5分まえから会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.kidsplaza.or.jp/

キッズプラザ大阪 : 笑門来トラ!キッズプラザでお正月! 祝いをつつむ 親子で風呂敷ワークショップ

とき:
2010年1月6日(水) 午前11時〜11時45分・午後2時〜2時45分
ところ:
キッズプラザ大阪 5階 キッズプラザホール (〒530-0025 大阪市北区扇町2-1-7 TEL.06-6311-6601)
内容 ないよう:
「風呂敷」は心をつつむ日本の伝統的な文化。親子で楽しめる風呂敷ワークショップ。
対象 たいしょう:
4歳小学生子どもと保護者
定員 ていいん:
各回15組(先着順)
参加費 (おかね):
500円 (風呂敷代含む。ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
各回の開始15分まえから会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.kidsplaza.or.jp/

キッズプラザ大阪 : 笑門来トラ!キッズプラザでお正月! なつかしのお正月あそび大集合

とき:
2010年1月5日(火)〜9日(土)の毎日 午前10時〜午後4時
ところ:
キッズプラザ大阪 5階 キッズプラザホールまえ (〒530-0025 大阪市北区扇町2-1-7 TEL.06-6311-6601)
内容 ないよう:
こまやはごいた、とんとん相撲などなつかしいお正月あそびがいっぱい、家族みんなで楽しめる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
自由入場
館のサイト:
http://www.kidsplaza.or.jp/

梅小路蒸気機関車館 : 夏休みイベント SL館のたのしい仲間たち

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
2011年の夏休み、SL館に巨大な絵本が登場。絵本の世界をめぐってSL「スチーム君」が一日におこなうさまざまな仕事を体験してみる。
  1. 立体絵本「SL『スチーム君』の1日」/2011年7月20日(水)〜8月31日(水), ところ 扇形車庫11番線, SL館オリジナルで製作した『SL「スチーム君」の一日』の絵本の世界を立体的に再現。絵本の中をめぐって、投炭の体験やクイズなどを解きながら、1日のさまざまな仕事を擬似体験(ぎじたいけん)できる.
  2. 『SL「スチーム君」の1日』の絵本の配布/7月20日(水)〜8月31日(水)のあいだ毎日, 期間中、よみとき絵本「SL『スチーム君』の1日」を毎日先着順に配布, 対象 子ども連れの家族(1冊), 配布部数 平日‥先着200部 土日‥先着500部.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2011年7月16日(土)〜18日(月) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。持ち込み運転もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 ツバメのねぐら

とき:
2011年8月13日(土) 午後5時30分〜8時ごろ ※雨天中止
ところ:
奈良市平城宮跡
内容 ないよう:
夏の夜、ツバメはヨシ原に集まってねむる。夕方、ねむるために集まってきたツバメは、しばらくあたりを飛びまわる。この催しでは数千羽(すうせんば)のツバメが飛びまわるのを見にいく。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
150名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2011年7月30日(土)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 標本の名前を調べよう -標本同定会- ひょうほんのなまえをしらべよう -ひょうほんどうていかい-

とき:
2011年8月21日(日) 午前10時〜12時・午後1時〜4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
夏休みのあいだに野山や海で採集した動物・昆虫・クモ・植物・キノコ・化石・岩石の標本の名前を、それぞれ専門家の人が教えてくれる。採集したものは、標本(ひょうほん)として整理しておいて、できるだけ図鑑などで名前をしらべて、わからなかったものを持っていくこと。(土器や石器などの考古学資料は持っていってはいけない。)
対象 たいしょう:
だれでも
持っていくもの:
自分でつくった標本
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
そのほか:
花と緑と自然の情報センター1階から入ること。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(9月) 夏の昆虫たち

とき:
2011年8月27日(土) 午前10時〜11時30分 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
長居植物園を一回りして、チョウやトンボなど、盛夏の虫たちの活動を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくものとか:
帽子、虫除け、飲み物など。暑さ対策を忘れずに。筆記用具、持っている人はルーペ、双眼鏡。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 ホネの標本の作りかた

とき:
2011年8月14日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
自分で骨格標本(こっかくひょうほん)をつくれるようになる。ホネの標本の作りかたをまなび、じっさいに小動物の全身骨格標本を作ってみる。
対象 たいしょう:
小学校高学年以上
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
材料費など500円ぐらい
参加のしかた:
7月30日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジュニア学芸員になろう!

とき:
2011年8月9日(火)・10日(水) 2日間連続 午前10時〜午後3時ごろ
ところ:
大阪市立自然史博物館と周辺
内容 ないよう:
博物館では、学芸員(がくげいいん)とよばれる人たちが、研究調査したことや採集したたくさんの標本をもとに、展示をつくっている。この催しでは、調査をして展示をするという博物館学芸員の仕事を体験してみる。
対象 たいしょう:
中学生・高校生 (2日間とも参加できる人)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2010年7月16日(金)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
申し込み先・問い合わせ先:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 昆虫標本の作り方

とき:
2011年7月31日(日) 午前の部‥午前10時〜12時 午後の部‥午後2時〜4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
虫をくわしくしらべたり、ずっと保存(ほぞん)しておくためには、正しい方法(ほうほう)で標本(ひょうほん)をつくらなければならない。この実習(じっしゅう)では展翅(てんし)・展足(てんそく)、ラベル作製(さくせい)などの基本作業(きほんさぎょう)を、博物館に収蔵(しゅうぞう)できるぐらいのできのよい昆虫標本を目指して、やってみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
40名 (午前の部‥20名・午後の部‥20名. 多いときは抽選)
参加費 (おかね)
400円 (標本作製用具の実費)
参加のしかた:
前もって館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 夏休み自由研究相談会 なつやすみじゆうけんきゅうそうだんかい

とき:
2011年7月24日(日) 午前10時〜午後4時
ところ:
大阪市立自然史博物館本館 ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23)
内容 ないよう:
夏休みに生物(せいぶつ)、化石(かせき)、岩石(がんせき)、地質(ちしつ)など自然をテーマに自由研究に取り組もうとしている小学生中学生・高校生に、学芸員(がくげいいん)のひとがアドバイスしてくれる。
対象 たいしょう:
小学生中学生・高校生 (保護者の同伴可)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。当日参加もできるが、できるだけ前もって申し込むこと。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 芥川でセミの羽化&ライトトラップ

とき:
2011年7月23日(土) 午後6時30分〜8時 ※雨天中止
ところ:
高槻市あくあぴあ芥川周辺
内容 ないよう:
セミが羽化するようすを芥川緑地で観察する。また、水銀灯をつけて、昆虫が集まるようすも観察する。芥川緑地資料館あくあぴあ芥川との共催行事。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 (小学生以下50円)
参加のしかた:
2011年7月11日(月)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 250万年前の植物化石

とき:
2011年7月31日(日) 午前9時〜午後2時 ※雨天中止
ところ:
岸和田市
内容 ないよう:
大阪市立自然史博物館では、7月2日から化石をもとに生命の歴史をたどる特別展が開催される。この特別展に関連して、植物化石の観察会がおこなわれる。岸和田市付近に分布する地層から、約250万年前の植物の種子や果実の化石を探してみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
25名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 (小学生以下50円)
参加のしかた:
2011年7月16日(土)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 白亜紀の化石

とき:
2011年7月23日(土) 午前10時〜午後2時 ※雨天中止
ところ:
泉佐野市方面
内容 ないよう:
大阪市立自然史博物館では、7月2日から化石をもとに生命の歴史をたどる特別展が開催される。この特別展に関連して、中生代白亜紀の化石の観察会がおこなわれる。泉佐野市付近に分布する地層から、約7,000万年前の化石を探してみる。
対象 たいしょう:
小学校5年生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
50名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生以下50円
参加のしかた:
2011年7月16日(土)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 初夏のキノコ

とき:
2011年7月10日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
高槻市神峯山寺方面
内容 ないよう:
梅雨明けのこの時期はシイやカシの森で最もたくさんのキノコが見られる季節。今年は高槻市の山間部へ出かける。芥川緑地資料館あくあぴあ芥川との共催行事。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円、小学生以下50円
参加のしかた:
2011年6月26日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 街のキノコ

とき:
2011年7月3日(日) 午前10時30分〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
長居公園周辺
内容 ないよう:
町中の公園でキノコを見つけて、キノコはどうやって生きているのか、考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
80名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料 (長居植物園入園料がいる)
参加のしかた:
2011年6月19日までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 田んぼのカエル

とき:
2011年5月29日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
泉南方面
内容 ないよう:
トノサマガエル、アマガエル。いろいろなカエルを中心に、田んぼにいる生き物を観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2011年5月14日(土)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 高槻のカエル探し たかつきのかえるさがし

とき:
2011年6月12日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
高槻市萩谷周辺
内容 ないよう:
モリアオガエルの卵塊(らんかい・たまごのかたまり)やカジカガエル、ヤマアカガエルなどのカエルをさがして歩きます。歩く距離は7kmぐらい。芥川緑地資料館あくあぴあ芥川との共催行事。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2011年5月28日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 都市のコケ

とき:
2011年6月19日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
大阪市西区靱公園
内容 ないよう:
大阪中心部の都市公園、靱公園でコケを観察する。コンクリートの隙間、木の幹、溝などに目を凝らして、目視やルーペで観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2011年6月5日(日)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジュニア自然史クラブ 磯観察

とき:
2011年6月19日(日) 午前10時30分〜午後3時ごろ ※雨天中止
ところ:
大阪府岬町
内容 ないよう:
ジュニア自然史クラブは、生物や地学関係が好きな中高生と学芸員のグループ。毎月、いろんな活動をしている。ジュニア自然史クラブに入れば、同じような興味を持っている友達ができたり、学芸員と知り合いになって、博物館を色々と利用することができる。6月は、大阪府の南西の端へ行き、海岸生物を採集・観察する。地層の観察や釣りもできる。
対象 たいしょう:
中学生・高校生 (12歳〜18歳)
参加のしかた:
2011年6月4日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。※一度申し込めば、2011年度中はその後の行事の案内も送られてくる。それぞれの行事に参加するかしないかは、各人の自由。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(7月) 夏の花に来る虫

とき:
2011年7月23日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
長居植物園を歩きながらいろいろな昆虫を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくものとか:
帽子、虫除け、飲み物など、暑さ対策を忘れずに。筆記用具、ある人はルーペなど。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 はじめてのキノコ

とき:
2011年6月26日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
東大阪方面
内容 ないよう:
はじめての人のための、キノコ観察会。いつもとつぜん出てくるキノコ。いろんなかたちや色、におい。こわい毒キノコも、観察して楽しむだけなら安全。キノコは食べない。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴がいる)
定員 ていいん:
120名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円 小学生以下200円
参加のしかた:
2011年6月11日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(6月) 大池の生き物

とき:
2011年6月25日(土) 午前10時〜11時30分 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
長居植物園にある大池をまわりながら、魚などを中心に水の生き物を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくものとか:
帽子、虫除け、飲み物など、暑さ対策を忘れずに。筆記用具、ある人は双眼鏡など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ(7月・8月) ぐるぐる 消しゴム アンモナイト

とき:
2011年7月16日(土)・17日(日)・18日(祝)・23日(土)・24日(日)、8月13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日) 午前11時30分〜、午後1時30分〜、午後3時30分〜 (1回約60分間)
ところ:
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階) (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
ねりけしをコネコネして、アンンモナイトの標本の型に入れて…。ポコッと出したら消しゴムのできあがり。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕のある場合は未就学児童も参加可能。ただし保護者の付き添いが必要)
定員 ていいん:
1回10名
参加費 (おかね):
200円 (付き添いのおとなは入館料もいる)
参加のしかた:
その日に会場で。(スタートの10分まえから受付開始)
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ(7月・8月) ハカセとハッケン!地そうと化石

とき:
2011年7月30日(土)・31日(日)、8月6日(土)・7日(日)・27日(土)・28日(日) 午前11時30分〜、午後1時30分〜、午後3時30分〜 (1回約60分間)
ところ:
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階) (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
大むかしからの砂やどろがつもってできた地そうには、いろんな化石がうまっている。ハカセが地そうから化石をほりだすように、化石カードを見つけて、てんじしつでほんものの化石をさがしてみる。自分だけの化石標本(かせきひょうほん)カードをつくる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕のある場合は未就学児童も参加可能。ただし保護者の付き添いが必要)
定員 ていいん:
1回10名
参加費 (おかね):
100円 (付き添いのおとなは入館料もいる)
参加のしかた:
その日に会場で。(スタートの10分まえから受付開始)
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 春季特別展「弥生の里-くらしといのり-」関連 体験イベント 稲を育てよう-田植えから収穫まで-(4回講座)

とき:
第1回 2011年5月22日(日) 午後1時〜3時
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうじょふぞくはくぶつかん (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
内容 ないよう:
催しのページ(PDF)を参照。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
5月14日(土)までにとどくように、往復ハガキで奈良県立橿原考古学研究所附属博物館へ申し込む。氏名(フリガナ)・住所・連絡先・学校名・学年を書いておくこと。
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

大阪府立弥生文化博物館 : ゴールデンウィーク特別企画 Let's TRY!

ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
スケジュール:
  1. 2011年4月29日(祝)/出前寄席 富福亭 in 弥文化博物館‥午前11時〜12時・午後2時〜3時. 弥生の米つき‥午前11時〜午後3時. 海渡くんをさがせ!‥午前10時〜午後3時
  2. 4月30日(土)/銅鐸にお絵かきしよう‥午前11時〜午後3時. 狩人きぶん‥午前11時〜午後3時. 土器パズル‥午前10時〜午後3時. 海渡くんをさがせ!‥午前10時〜午後3時
  3. 5月1日(日)/犬の土人形をつくろう‥午前11時〜午後3時. 狩人きぶん‥午前11時〜午後3時. 土器パズル‥午前10時〜午後3時. 海渡くんをさがせ!‥午前10時〜午後3時
  4. 5月2日(月・臨時開館)/土器パズル‥午前10時〜午後3時
  5. 5月3日(祝)/石の道具をつくろう‥午前11時〜午後3時. 狩人きぶん‥午前11時〜午後3時. 土器パズル‥午前10時〜午後3時. 海渡くんをさがせ!‥午前10時〜午後3時
  6. 5月4日(祝)/弥生の米つき‥午前11時〜午後3時. 土器パズル‥午前10時〜午後3時. 海渡くんをさがせ!‥午前10時〜午後3時
  7. 5月5日(祝)/こいのぼりをつくろう‥午前11時〜午後3時. 火おこし選手権‥午前11時〜午後3時. 海渡くんをさがせ!‥午前10時〜午後3時. ※この日は入館無料
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : 子どもファーストデイ企画 みんないっしょに考古楽!2011

ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
プログラム:
  1. 弥生の米つき体験/2011年5月21日(土) 午後2時〜3時30分(随時受付)
  2. 石器を使ってみよう/6月18日(土) 午後2時〜3時30分(随時受付)
  3. 火おこし体験/7月16日(土) 午後2時〜3時30分(随時受付)
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

交通科学博物館 : ジオラマ工作教室 お手軽素材で作るジオラマ

とき:
2011年6月5日(日) 午後1時〜3時
ところ:
交通科学博物館 会議室 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
身近な素材をつかってジオラマをつくりながら、工作道具を正しく使って「測る」「切る」などを学ぶことができる。
対象 たいしょう:
小学生
定員 ていいん:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
500円 (車両は含まない)
参加のしかた:
2011年5月23日(月・消印有効)までにハガキで申し込む。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。当選者には5月27日ごろにハガキが送られてくる。
申し込み先:
交通科学博物館 ジオラマ係 (〒552-0001 大阪市港区波除3-11-10)
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2011年6月5日(日)・18日(土)・19日(日) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。持ち込み運転もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

兵庫県立考古博物館 : 2011年年始のイベント

ところ:
兵庫県立考古博物館 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
プログラム:
  1. たこあげコンテスト/2011年1月2日(日) 午後1時30分〜3時, 参加費 300円, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  2. 新春餅つき/1月3日(月) 午前11時〜12時, 内容 試食もできる, 対象 だれでも, 定員 試食200名, 参加費 無料.
  3. 小学生による雅楽演奏会/1月3日(月) 午後0時30分〜1時.
  4. こうこはくカルタ大会/1月3日(月) 午後1時〜3時, 定員 100名, 参加費 無料.
  5. 新春茶会/1月8日(土) 午後0時30分〜・1時〜・1時30分〜.
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン

兵庫陶芸美術館 : 親子のナイトミュージアム

とき:
第2コース‥2009年8月29日(土) 午後6時30分〜
ところ:
兵庫陶芸美術館 展示棟、レストラン「アル・ミュゼオ茜」、展望デッキ (〒669-2135 兵庫県篠山市今田町上立杭4 TEL.079-597-3961 FAX.079-597-3967 E-mail:togei@pref.hyogo.jp)
内容 ないよう:
ふだん訪れることのない夜の展覧会で名品を鑑賞する。おいしいディナーを食べて、美しい星を眺める。星空散歩は、兵庫県立西はりま天文台の「星のソムリエ」(星空案内人)のかたが解説してくれる。
対象 たいしょう:
小学生中学生と保護者の親子
定員 ていいん:
各コース10組 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
おとな3,000円 子ども2,000円 (飲み物は別料金)
参加のしかた:
前もって電子メールで館へ申し込む。(1)希望コース8/29 (2)氏名(ふりがな)・性別・年齢、(3)住所・電話番号を書いておくこと。申し込みしめ切り日は8月22日だが、申し込み先着順なので早いめに申し込むほうがよい。
問い合わせ先:
兵庫陶芸美術館 TEL.079-597-3961 FAX.079-597-3967
館のサイト:
http://www.mcart.jp/

兵庫陶芸美術館 : 子育て世代陶芸ワークショップ(夏期コース) My茶碗でお点前 -夏休みの宿題はこれで決まり!-

とき:
1日め/展覧会見学と抹茶茶碗づくり
  1. 第1コース‥2009年8月5日(水) 午前10時〜12時
  2. 第2コース‥2009年8月6日(木) 午前10時〜12時
2日め/作品受け取り・茶道体験 第1・2コースとも 2009年8月25日(火) 午前10時〜12時
ところ:
兵庫陶芸美術館 工房・展示棟・茶室 (〒669-2135 兵庫県篠山市今田町上立杭4 TEL.079-597-3961 FAX.079-597-3967 E-mail:togei@pref.hyogo.jp)
内容 ないよう:
丹波焼の技法「葉文」をつかった丹波焼抹茶茶碗(たんばやきまっちゃぢゃわん)をつくり、そのお茶碗をつかって、美術館のお茶室で親子で茶道(さどう)にチャレンジする。
対象 たいしょう:
小学生中学生と保護者の親子 (小学校3年生までの児童は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
各コース20名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
1名1,000円
参加のしかた:
前もって電子メールで館へ申し込む。(1)児童氏名(ふりがな)・性別・年齢、(2)保護者氏名、(3)申込者数合計、(4)住所・電話番号、(5)希望のコース(第1コース8/5または第2コース8/6)を書いておくこと。申し込みしめ切り日は7月26日だが、申し込み先着順なので早いめに申し込むほうがよい。
問い合わせ先:
兵庫陶芸美術館 事業課 TEL.079-597-3961 FAX.079-597-3967
館のサイト:
http://www.mcart.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こどもファーストデイ 大阪府「心の再生府民運動」賛同企画

とき:
2010年度の毎月第3土曜日 午後1時30分〜3時
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 1階ロビー おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
親子のコミュニケーション作りを応援。いろいろな工作を手作りでつくってみる。工作の内容は毎回ちがう。
対象 たいしょう:
親子
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

灘浜サイエンススクエア : 木の枝とあそぼう

とき:
2011年3月12日(土) 午後2時30分〜4時
ところ:
灘浜サイエンススクエア なだはまさいえんすすくえあ (〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地 TEL.078-882-8136 FAX.078-882-8137 電車‥阪神電車大石駅から南へ徒歩約12分, JR神戸線六甲道駅から南西へ徒歩約25分. 車‥阪神高速道路3号神戸線摩耶ICで降り、灘浜住吉川線を東に約1km)
内容 ないよう:
山に落ちている木の枝を使ったネイチャークラフト教室。保護者もいっしょに楽しむことができる。
対象 たいしょう:
小学生 (未就学児も可。熱をつかうので火傷をしないよう保護者も協力すること)
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
前もって電話で灘浜サイエンススクエアへ申し込む。
館のサイト:
http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 南河内・汐ノ宮〜嶽山周辺の地形と地質 みなみかわち・しおのみや〜だけやましゅうへんのちけいとちしつ

とき:
2011年6月5日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
富田林市汐ノ宮〜嶽山
内容 ないよう:
南河内・富田林市の汐ノ宮〜嶽山の周辺(しゅうへん)では段丘地形(だんきゅうちけい)や丘陵(きゅうりょう)を作る大阪層群(おおさかそうぐん)、1500万年前の火山岩(かざんがん)など、さまざまな地形・岩石・地層などの地質現象(ちしつげんしょう)を観察することができる。南河内のおいたちを探ってみる。共催:地学団体研究会大阪支部
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2011年5月23日(月)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 氷期の昆虫と植物の化石 ひょうきのこんちゅうとしょくぶつのかせき

とき:
2011年5月29日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
滋賀県彦根市方面
内容 ないよう:
大阪市立自然史博物館では、7月2日から化石をもとに生命の歴史をたどる特別展が開催される。特別展に関連して、昆虫と植物の化石の観察会がおこなわれる。2万数千年前、日本列島は現在よりも7度ほど気温が低く、北日本にすむ生物が関西にも多く分布していた。当時の地層を割り出して、それらの昆虫や植物をさがす。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2011年5月23日(月)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : プロジェクトU 都市の自然の調査研修 都市公園のトカゲとタヌキ探し としこうえんのとかげとたぬきさがし

とき:
2011年6月5日(日) 終日
ところ:
大泉緑地 (堺市)
内容 ないよう:
都市(とし)の自然(しぜん)の調査(ちょうさ)プロジェクトの研修(けんしゅう)。トカゲ類(るい)やタヌキの痕跡(こんせき)など、都市公園でくらす爬虫類(はちゅうるい)と哺乳類(ほにゅうるい)をさがす。調査の打合せ・分担(ぶんたん)もする。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2011年5月21日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 6月 水槽の中に地層を作る すいそうのなかにちそうをつくる

とき:
2011年6月11日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
崖(がけ)に出ている地層(ちそう)は大むかしの水の流れや波の動きを記録(きろく)している。水槽(すいそう)の中に水の流れでできる砂もようをつくって、地層のできかたを考える。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(5月) 温暖化で北上する昆虫を探そう

とき:
2011年5月28日(土) 午後2時30分〜4時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
温暖化が進み、かつては見られなかった昆虫が増えている。植物園でそれらを探してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくものとか:
筆記具。持っている人はルーペ、双眼鏡。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前10時〜12時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ(5月・6月) きょうりゅうはりえ

とき:
2011年5月21日(土)・22日(日)、6月4日(土)・5日(日) 午前11時〜、午後1時30分〜、午後2時30分〜、午後3時〜 (1回約30〜50分間)
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館1階 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
はくぶつかんの大きなきょうりゅうのホネをながめて、がようしにじぶんのすきな色の紙をちぎってはりつけて、オリジナルの「きょうりゅうはりえ」をつくる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕のある場合は未就学児童も参加可能。ただし保護者の付き添いが必要)
定員 ていいん:
1回10名
参加費 (おかね):
100円 (付き添いのおとなは入館料もいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪歴史博物館 : わくわく子ども教室 手作りおもちゃで遊ぼう!

とき:
2010年4月〜2011年3月までの毎月第1・3土曜日(1/1をのぞく) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
大阪歴史博物館 1階 エントランス おおさかれきしはくぶつかん 1かい えんとらんす (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
むかしのおもちゃや遊びにくわしい「おもちゃ作りサポーター」のひとにおしえてもらいながら、むかしのおもちゃをつくったり、むかしの遊びを体験して楽しむ。つくるおもちゃは、ストロートンボや笹の葉っぱでつくるかたつむりなど、みぢかな材料(ざいりょう)をつかってかんたんにつくれるもの。つくったおもちゃは、持って帰って家でも遊ぶことができる。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

梅小路蒸気機関車館 : ゴールデンウィークイベント SL館ファミリーウィーク

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
スケジュール:
  1. SL館すごろくスタンプラリー/2011年4月29日(祝)〜5月1日(日)・3日(祝)〜8日(日) 午前10時〜午後4時, 用紙配布場所 扇形車庫内 特設会場, 内容 館内各所にあるスタンプを押して、SL館特製の「すごろく」を完成させる。完成した「すごろく」は自宅でも遊ぶことができる, 対象 子ども, 定員 1日1000枚, 参加のしかた その日に受付で配られる用紙をもらう.
  2. SL館コンサート/5月4日(祝)・5日(祝) 1回め‥午前11時30分 2回め‥午後1時30分 3回め‥午後2時30分 (20分間ぐらい), ところ 扇形車庫内 特設会場, 内容 ギターとフルートによる子ども向けコンサート.
  3. HOゲージ鉄道模型運転会/4月29日(祝)〜5月1日(日) 午前10時〜午後3時, ところ 扇形車庫内会場, 内容 縮尺80分の1でつくられたHOゲージ鉄道模型がレイアウト上を走る。持ち込み運転もできる.
  4. 体験教室 ナンバープレートの拓本をとろう!/5月3日(祝) 午前10時〜午後3時(午後0時〜1時は休止), ところ 扇形車庫内 特設会場, 内容 SLのナンバープレートの拓本をとる, 参加費 無料.
  5. ミニ新幹線運転会/5月7日(土)・8日(日) 午前10時〜午後3時(午後0時〜1時は休止), ところ ちびっ子広場 特設会場, 内容 車庫内をかっこよく走る「ミニ新幹線」に体験乗車する。おとなも乗車できる, 参加費 無料.
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

滋賀県立安土城考古博物館 : 2010年度の催し

スケジュール:
  1. 体験博物館 木村古墳群を探検する/2010年6月6日(日), 参加のしかた 2010年5月6日から博物館へ申し込む.
  2. 体験博物館 勾玉をつくろう!/7月18日(日) 午前10時〜・午後1時30分〜, 参加のしかた 6月18日から博物館へ申し込む.
  3. 子ども考古学教室/7月29日(木)〜30日(金) 午後1時30分〜, 内容 体験学習をつうじて歴史を学ぶ, 参加のしかた 6月29日から博物館へ申し込む.
  4. ミュージアムコンサート/8月1日(日) 午後1時30分〜.
  5. 体験博物館 なりきり戦国時代(仮)/8月8日(日) 午後1時30分〜, 参加のしかた 7月8日から博物館へ申し込む.
  6. あの遺跡は今パート11 自由研究相談/8月22日(日).
  7. 体験博物館 戦国時代へGO!ミニ戦さいず/8月29日(日) 午後1時30分〜, 参加のしかた 7月29日から博物館へ申し込む.
  8. 名作映画鑑賞会/9月5日(日) 午後1時30分〜, 参加のしかた 8月5日から博物館へ申し込む.
  9. 体験博物館 忍者になってみよう!/9月19日(日) 午後1時30分〜, 参加のしかた 8月19日から博物館へ申し込む.
  10. 体験博物館 戦国食をつくろう/10月10日(日) 午後1時30分〜, 参加のしかた 9月10日から博物館へ申し込む.
  11. 秋のお茶会/10月17日(日) 午前10時〜.
  12. 体験博物館 忍者になってみよう!/10月31日(日 午後1時30分〜, 参加のしかた 9月31日から博物館へ申し込む.
  13. 風土記の丘写真撮影会/11月7日(日) 午前10時〜.
  14. 体験博物館 安土城を探検する/11月14日(日) 午後1時30分〜, 参加のしかた 10月8日から博物館へ申し込む.
  15. クリスマス親子映画会/12月23日(祝) 午後1時30分〜.
  16. あの遺跡は今パート12/2011年2月20日(日).
  17. 史跡案内/3月13日(日), 参加のしかた 博物館へ前もって申し込む.
ところ:
滋賀県立安土城考古博物館 しがけんりつあづちじょうこうこはくぶつかん (〒521-1311 滋賀県蒲生郡安土町下豊浦6678 TEL.0748-46-2424 FAX.0748-46-6140)
館のサイト:
http://www.azuchi-museum.or.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 都市の繁殖鳥

とき:
2011年5月15日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
大阪市 鶴見緑地
内容 ないよう:
巣に乗るアオサギ、ヒナを連れたシジュウカラ、エサを運ぶスズメなど、都市公園で繁殖する鳥をさがす。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2011年4月2日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 貝掛海岸で大阪湾の自然をみよう

とき:
2011年5月22日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
阪南市周辺
内容 ないよう:
大阪南部の泉南地方で、砂浜の海岸や漁港をめぐりながら、海の生き物、鳥、植物、地学担当の学芸員さんの案内で、そこで見られる大阪湾周辺のいろいろな生き物や自然を観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴がいる)
定員 ていいん:
50名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2011年5月6日(金)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 5月 ミクロの化石

とき:
2011年5月14日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
三重県鳥羽市で見つかった「鳥羽竜」の発掘調査で、採集した試料から取り出した、約1億2千万年前の放散虫というプランクトンの化石を観察する。鳥羽竜の生きていた時代を教えてくれる化石を、実体顕微鏡で観察しながらさがしてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

京都府京都文化博物館 : ぶんぱく子ども教室 探検!映画の博物館 たんけん!えいがのはくぶつかん

とき:
2010年11月13日(土) 午後3時〜4時30分
ところ:
京都文化博物館 きょうとぶんかはくぶつかん (〒604-8183 京都市中京区三条高倉)
内容 ないよう:
京都は日本の映画発祥(えいがはっしょう)の地。京都文化博物館では映像文化(えいぞうぶんか)の研究(けんきゅう)・振興(しんこう)を目的として、映画の資料の保存(ほぞん)や公開(こうかい)をしている。今回は、映画フィルムの収蔵庫(しゅうぞうこ)や映写(えいしゃ)のしくみをのぞいたり、じっさいにフィルムに絵を描いて映写してみたりする。ふだんは見られない映画の舞台うらを経験することができる。
対象 たいしょう:
小学生中学生
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきかファックスで2010年10月31日(日)までに申し込む。(1)参加希望のプログラム名と日時、(2)住所・氏名(ふりがな)・保護者氏名・電話番号・ファックス番号・学校名・学年、往復ハガキの場合は返信面に住所・氏名を書いておくこと。
申し込み先:
京都文化博物館「ぶんぱく子ども教室」係 (〒604-8183 京都市中京区三条高倉 FAX.075-222-0889)
館にあるこどものための設備:
ベビーカー貸し出し(1台)・オムツ替え専用シート(本館1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.bunpaku.or.jp/

京都府京都文化博物館 : ぶんぱく子ども教室 博物館でアート-わたしたちのオルメカ文明展-

とき:
2010年8月29日(日) 午後1時30分〜4時 ※雨天の場合は9月5日(日)に延期.
ところ:
京都文化博物館 中庭 きょうとぶんかはくぶつかん (〒604-8183 京都市中京区三条高倉)
内容 ないよう:
アートの楽しさをからだで感じ表現するシリーズ。ぶんぱく子ども教室でおなじみの造形作家増野智紀さんといっしょに親子で楽しむ。開催中のオルメカ展をみんなで鑑賞し、中庭で実物大のオルメカヘッドや自分だけのオリジナルなオルメカヘッドをつくって、なぞの多いオルメカ文明にふれてみる。保護者には担当学芸員が展覧会の展示を解説。
対象 たいしょう:
小学生中学生の親子
定員 ていいん:
20組 (多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきかファックスで2010年8月15日(日)までに申し込む。(1)参加希望のプログラム名と日時、(2)住所・氏名(ふりがな)・保護者氏名・電話番号・ファックス番号・学校名・学年、往復ハガキの場合は返信面に住所・氏名を書いておくこと。
申し込み先:
京都文化博物館「ぶんぱく子ども教室」係 (〒604-8183 京都市中京区三条高倉 FAX.075-222-0889)
館にあるこどものための設備:
ベビーカー貸し出し(1台)・オムツ替え専用シート(本館1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.bunpaku.or.jp/

京都国立博物館 : 第8回少年少女博物館くらぶ 博物館 庭園探検隊!-石仏をたどって-

とき:
2009年7月25日(土) 午前10時30分〜(40分間ぐらい) ※雨天決行
ところ:
京都国立博物館 きょうとこくりつはくぶつかん (〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527 TEL.075-525-2473). 集まるところ/博物館庭園 ロダン作「考える人」前
内容 ないよう:
特別展覧会「シルクロード文字を辿って」では、ロシア探検隊が発見した貴重な品々が展示されている。今回の博物館くらぶでは、探検隊になった気分で庭園の石仏をたどりながら、作品の「かたち」や、そこに込められた「おもい」を発見する。
参加のしかた:
その日の午前10時20分に、集合場所へいく。
参加費(おかね):
入館料がいる (小学生中学生は入館無料)
持っていくものとか:
帽子・水筒など屋外での活動に適した持ちもの・服装
問い合わせ先:
京都国立博物館 企画室 TEL.075-531-7509
館のサイト:
http://www.kyohaku.go.jp/

和歌山県立紀伊風土記の丘 : 体験教室 音のなるコマを作ってみよう

とき:
2010年8月28日(土) 午後1時30分〜3時30分
ところ:
和歌山県立紀伊風土記の丘 (〒640-8301 和歌山県和歌山市岩橋1411 TEL.073-471-6123 FAX.073-471-6120)
内容 ないよう:
昔ながらの、うなりごまをつくって回してみる。
対象 たいしょう:
小学生 (保護者同伴)
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
300円 (保険料含む. 保護者は入館料190円がいる)
参加のしかた:
2010年8月13日(金)午後1時から電話で和歌山県立紀伊風土記の丘へ申し込む。
館のサイト:
http://www.kiifudoki.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立紀伊風土記の丘 : 体験教室 夏休みモノづくり体験(勾玉・ハニワ)

とき:
2010年8月13日(金)・14日(土)・15日(日) 午前/午前10時〜12時 午後/午後1時〜3時
ところ:
和歌山県立紀伊風土記の丘 (〒640-8301 和歌山県和歌山市岩橋1411 TEL.073-471-6123 FAX.073-471-6120)
内容 ないよう:
勾玉(まがたま)と埴輪(はにわ)をつくる。
対象 たいしょう:
小学生〜一般
参加費 (おかね):
300円
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
そのほか:
勾玉・ハニワづくりは毎週日曜日にもやっている。
館のサイト:
http://www.kiifudoki.wakayama-c.ed.jp/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 工作教室 ウサギのおもちゃを作ろう

とき:
2011年1月15日(土) 午後1時から
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうじょふぞくはくぶつかん (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 レンゲ畑のいきもの

とき:
2011年4月24日(日) 午前10時〜午後2時 ※雨天中止
ところ:
高槻市方面
内容 ないよう:
レンゲソウがたくさん咲いている田んぼで、花や虫など、いろいろな生きものと友だちになる。レンゲソウの花はどんなかたちをしているか、ミツバチはなにをしているか、じっくり見てみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること. 団体参加は不可)
定員 ていいん:
200名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生以下200円
参加のしかた:
2011年4月9日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 花にくるハチ

とき:
2011年4月29日(祝) 終日
ところ:
大阪府高槻市方面
内容 ないよう:
多くのハチは植物の蜜や花粉を成虫や幼虫のエサとして利用している。アブラナ科の植物に注目して、どんなハチが、どんな方法でエサを集めているのかを観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2011年4月19日(火)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 春の干潟のシギ・チドリ

とき:
2011年4月17日(日) 終日
ところ:
兵庫県西宮市 浜甲子園
内容 ないよう:
春の渡り途中のシギ・チドリを見にいく。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2011年4月2日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 都市の自然「長居公園」

とき:
2011年4月16日(土) 午前10時から午後1時ごろ 小雨決行
ところ:
長居植物園
内容 ないよう:
植物、キノコ、昆虫、貝、魚、鳥など長居植物園のさまざまな生き物を観察する。2011年から始まる都市の自然の調査プロジェクトの発足式を兼ねている。興味のある人は、この日の午後2時30分から開催される自然史オープンセミナー「都市の自然」にも参加するとよい。
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね)
植物園入園料がいる。
参加のしかた:
その日に会場で。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 4月 様々な保存状態の植物化石 さまざまなほぞんじょうたいのしょくぶつかせき

とき:
2011年4月9日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
石になった木の化石、落ち葉のような葉の化石など、いろいろな保存状態(ほぞんじょうたい)の植物化石(しょくぶつかせき)を観察(かんさつ)したり、粘土(ねんど)にマツボックリや葉をはさんで植物化石のできかたを考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(4月) 春の渡り鳥 はるのわたりどり

とき:
2011年4月23日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
春の渡りの季節。オオルリやキビタキなど渡りの途中に立ち寄った小鳥をさがす。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくもの:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ クジラスタンプラリー

とき:
2011年4月29日(祝) 午前11時〜午後3時までのあいだ10分ごとにスタート (30〜50分間のプログラム
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ポーチ (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
クジラ展示のスタンプラリー。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者同伴)
参加費 (おかね):
無料 (高校生以上は入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 都市の自然 長居公園

とき:
2011年4月16日(土) 午前10時〜午後1時ごろ ※小雨決行
ところ:
長居植物園
内容 ないよう:
植物、キノコ、昆虫、貝、魚、鳥など長居植物園のさまざまな生き物を観察する。2011年から始まる都市の自然の調査プロジェクトの発足式を兼ねている。興味のあるひとは、当日午後2時30分からの自然史オープンセミナー「都市の自然」にも参加するとよい。
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね)
植物園入園料がいる。
参加のしかた:
その日の開始時間までに自然史博物館玄関前ポーチに集合する。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 海べのしぜん

とき:
2011年5月1日(日) 終日(しゅうじつ・まる1にち) ※雨天中止
ところ:
泉南郡岬町(予定)
内容 ないよう:
潮がよく引いた春の磯で、いろいろな海の動物、海そうなどを観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴がいる. 団体参加は不可. 未就学児は保護者同伴でも参加できない)
定員 ていいん:
250名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円 小学生以下200円
参加のしかた:
2010年4月14日(木)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

交通科学博物館 : 春休みイベント こうはくスプリングフェスタ

とき:
2011年3月19日(土)〜4月3日(日)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
プログラム:
  1. こうはくファミリー劇場/2011年3月19日(土)〜21日(祝)・26日(土)・27日(日), ところ ホール.
  2. 出発進行!ミニ500系新幹線運転会&ミニ環状線運転会/3月19日(土)〜21日(祝) 1回め‥午前11時〜12時 2回め‥午後1時〜4時, ところ 屋外展示場, 内容 ミニ500系新幹線とミニ環状線につないだ子ども用トロッコ客車にのることができる, そのほか 雨天時は中止.
  3. 「義経号」を引っぱり出せ!/4月2日(土)・3日(日) 1回め‥午前11時〜 2回め‥午後1時〜 3回め‥午後2時 4回め‥午後3時〜, ところ 屋外展示場, 内容 ガラスの展示ケースに入った「義経号」を引き出す体験ができる。みんなで力をあわせるイベント, 対象 小学生以上, 定員 各回10名, 参加のしかた 各回30名まえから配られる整理券をもらう, そのほか 雨天時は中止.
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 環状線開業50周年記念イベント 森ノ宮電車区探検 もりのみやでんしゃくたんけん

とき:
2011年3月29日(火) 午前の部/午前10時〜12時30分 午後の部/午後1時〜3時30分
ところ:
交通科学博物館・森ノ宮電車区
内容 ないよう:
今年は大阪環状線が開業して50周年をむかえる。交通科学館の企画展を見学したあと、JR環状線森ノ宮駅近くにある、森ノ宮電車区を見学する。運転士さんや車両の整備士さんのふだんのおしごとを「社会見学」してみる。
対象 たいしょう:
小学生と保護者
定員 ていいん:
20組40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 (交通費は参加者負担)
参加のしかた:
2011年3月19日(土)〜21日(祝)のあいだに、交通科学博物館の企画展示室前で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

大阪府立弥生文化博物館 : 子どもファーストデイ企画 みんないっしょに考古楽!2010

ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
プログラム:
  1. 弥生の石器体験!/2010年11月20日(土)、2011年2月19日(土) 午後2時〜3時30分.
  2. 挑戦!昔むかしの火おこし/12月18日(土)、2011年3月19日(土) 午後2時〜3時30分.
  3. 弥生の米つき!?/2011年1月15日(土) 午後2時〜3時30分.
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立狭山池博物館 : 春休み特別企画 鉄道模型ワールドin博物館 てつどうもけいわーるど いん はくぶつかん

とき:
展示/2011年3月24日(木)〜4月7日(木) 午前10時〜午後5時
持ち込み走行会/2011年3月26日(土)・27日(日)、4月2日(土)・3日(日) 午前10時30分〜12時・午後1時〜4時30分 (1人15分間)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 1階特別展示室ほか おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
各地の博物館に展示されている模型をつくっている専門の会社、株式会社ヤマネがつくった鉄道模型ジオラマや鉄道模型などを展示。また、運転用の鉄道模型レイアウトでは、Nゲージの持ち込み走行会も催される。持ち込み走行会では4線のレイアウトを同時に運転、自分のNゲージ模型を持ち込んで1人15分間走行させることができる。また、常設展示室に設置されたプラレールレイアウトでは、自分のプラレールを持ちこんで走行させることもできる(自由参加)。
おもな展示品 てんじひん:
Nゲージ模型、鉄道写真。
Nゲージ持ち込み走行会の対象 たいしょう:
Nゲージの鉄道模型を持っている人
Nゲージ持ち込み走行会の定員 ていいん:
あり (整理券配布先着順)
Nゲージ持ち込み走行会の参加のしかた:
その日の午前10時15分から配られる整理券をもらう。
参加費 (おかね):
入場無料、持ち込み走行も無料。
主催 しゅさい:
大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館協働運営委員会
協力 きょうりょく:
株式会社ヤマネ
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
案内チラシ(PDF):
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/pdf/rm-ev201103b.pdf

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 昆虫化石の調べ方 こんちゅうかせきのしらべかた

とき:
2011年4月10日(日) 午前9時30分〜12時30分または午後1時30分〜4時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
多くの昆虫化石(こんちゅうかせき)は、頭、上翅(じょうし)など、体の一部だけが出てくる。この部分だけの化石でも、どんな種類かを調べることができ、当時の気候(きこう)や環境(かんきょう)を知ることができる。その方法を、じっさいに標本を見くらべながら学ぶ。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
午前・午後各24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2011年3月22日(火)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。参加を希望する時間帯(午前・午後・どちらでも)を知らせること。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 鳥の調査の勉強会

とき:
2011年4月2日(土) 終日
ところ:
大阪市立自然史博物館 集会室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
鳥の調査をしてみたい人、調査データを持っているけどその後どうしたらいいかわからない人、みんなといっしょに調査してみたい。そんな鳥の調査研究に関連する悩みを解決するための実習。
対象 たいしょう:
鳥の調査をしているひと、したいひと、興味のあるひと
定員 ていいん:
20名
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2011年3月22日(火)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 裸子植物 らししょくぶつ

とき:
2011年3月6日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
ふだんあまり詳しく観察しないソテツ、メタセコイア、ヒノキなどは、地味だが興味深い特徴がある。裸子植物の幹、枝、球果を観察する。
対象 たいしょう:
中学生以上
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料
参加のしかた:
2011年2月20日(日)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 3月 断層を調べてみよう だんそうをしらべてみよう

とき:
2011年3月12日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
地震(じしん)と関連(かんれん)してなにかと話題(わだい)になる活断層(かつだんそう)。断層(だんそう)はどんな力がかかるとできるのか、どのようにしてできるのか、かんたんな実験(じっけん)をして断層について考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(3月) 鳥の羽根拾い とりのはねひろい

とき:
2011年3月19日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
鳥を見るだけでなく、落ちている鳥の羽根をさがして歩く。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(2月) 冬の鳥の食べ物2

とき:
2011年2月26日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
果実がなくなり、果実好きの鳥たちの食生活に変化が見られる季節です。ヒヨドリ、ツグミ類を中心に、鳥たちが何を食べているか観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくもの:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 解剖で学ぶイカ・タコの体のつくり

とき:
2011年2月20日(日) 午前11時〜4時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
スルメイカやマダコなど(予定)を解剖しながら、その体のつくりや器官の機能を学ぶ。
対象 たいしょう:
中学生以上
定員 ていいん:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
600円
参加のしかた:
2011年2月6日(日)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ ボランティアまつり

とき:
2011年3月26日(土)・27日(日) 午前11時〜午後4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
いつもワークショップのおてつだいをしているボランティアのおにいさん、おねえさんたちとあそぶ。おにいさん、おねえさんたちがかんがえた、はくぶつかんクイズや工作のたいけんコーナーが、はくぶつかんにとうじょう。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者同伴)
参加費 (おかね):
200円 (2日間有効の共通フリーパス)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ くねくねタコ・イカ

とき:
2011年2月26日(土)・27日(日) 午前11時〜・午後1時30分〜・午後3時〜 (1回約40分〜60分)
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館2階 イベントスペース (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
コウモリダコ、ダイオウイカなど、せかいには、ふしぎなタコやイカがたくさんいる。海のハカセが、おはなしで、しょうかいする。おはなしのあとに、じぶんでかんがえたタコやイカの絵をかいてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕がある場合は、小学生未満の子どもも保護者同伴で参加できる)
定員 ていいん:
1回15名
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
その日に、スタートの10分まえから会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

梅小路蒸気機関車館 : 春休みイベント 梅小路でわくわく鉄道体験 うめこうじでわくわくてつどうたいけん

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
スケジュール:
  1. 転車台を歩こう!/2011年3月19日(土)〜21日(祝), ところ 転車台, 内容 機関車の方向を変えるときに使われている転車台(てんしゃだい・ターンテーブル)を特別に公開。通常は機関車しか乗れない転車台を歩いてみることができる。またふだんではとれない位置でSLの写真を撮影することができる.
  2. 解説ツアー/3月19日(土)〜21日(祝) 1回め‥午前10時30分 2回め‥午後1時 3回め‥午後2時(20分間ぐらい), ところ 転車台付近ツアー会場, 内容 学芸員による転車台の解説ツアー, 定員 20名(先着順), 参加のしかた 20分前に 転車台付近にある「ツアー会場」に集合すること, 注意すること(転車台を歩こうも共通) 床面がとてもすべりやすいので、ヒール、ハイヒール、サンダル、ローラーシューズ、下駄履きの人は見学できない。動きやすい靴、服装で。ベビーカー、バギー、車椅子、松葉杖での見学はできない。サングラスははずすこと。三脚、脚立を持ち込んでの撮影は禁止。小さな子どもは保護者のかたといっしょに見学すること。安全のため、係員が渡すヘルメットを着用すること。見学の際は係員の指示に従って見学をすること.
  3. キミも昔の駅員さんだ!/3月19日(土)〜21日(祝)・26日(土)・27日(日) 午前10時〜午後3時30分(12時〜1時はお休み), ところ 旧二条駅舎内 出札事務室, 内容 ふだんは展示のみとなっている出札事務室の中に入って、むかしの駅員さん体験をしてみる。駅員さんの制帽の貸し出しも, 対象 小学生以上.
  4. 挑戦! SL館サイコロパズル!!/3月19日(土)〜31日(木), ところ 扇形車庫内プレイランド, 内容 蒸気機関車のイラストやしくみを描いた絵合わせサイコロパズルにチャレンジする.
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2011年3月19日(土)〜21日(祝) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
縮尺80分の1で作られたHOゲージ鉄道模型が、レイアウト上を走る。持ち込み運転もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : ナンバープレートの拓本を取ろう!

とき:
2011年3月26日(土) 午前10時〜午後3時 (12時〜1時は休止)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
SLのナンバープレートの拓本をとってみる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 出発進行!ミニSL

とき:
2011年3月27日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 ちびっ子広場 特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
ほんものとおなじ石炭で動くミニSLに乗車体験できる。おとなも乗ることができる。雨天の場合は中止、体験教室「ナンバープレートの拓本をとろう!」を実施。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 工作教室 携帯SLストラップを作ろう!

とき:
2011年4月2日(土)・3日(日) 午前10時〜午後3時 (12時〜1時は休止)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
SLのナンバープレートや新幹線をデザインした、かんたんでカッコいい根付ストラップをつくる。
定員 ていいん:
各日100名
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
50円
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

国立民族学博物館 : 春のみんぱくフォーラム2010年 西アジア再発見 関連ワークショップ じゅうたんをつくろう!

とき:
2010年1月17日(日)〜3月28日(日)
ところ:
国立民族学博物館 こくりつみんぞくがくはくぶつかん (〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151)
内容 ないよう:
みんなで1枚の大きなじゅうたんをつくる。「織機をつくる・機ごしらえ〜手織作業〜仕上げ」のすべての工程をワークショップ形式ですすめる。
  1. 織機をつくろう!/2010年1月17日(日) 午前10時30分〜午後4時30分, ところ エントランスホール, 対象 小学校1年生〜おとな(家族やグループで参加してもよい), 定員 15名(多いときは抽選), 参加費 50円, 参加のしかた 2010年1月6日(水)までにファックスか電子メールで申し込む。1.参加希望日・ワークショップタイトル 2.参加人数 3.参加者全員の氏名(ふりがな)・年齢 4.代表者の郵便番号・住所 5.代表者の電話番号 6.ファックス番号(ファックスで申し込む場合)を書いておくこと。応募結果は1月8日(金)ごろに通知される, 申し込み先 国立民族学博物館情報企画係「ワークショップ(じゅうたん)」係 FAX.06-6878-7523 E-mail:workshop@idc.minpaku.ac.jp
  2. じゅうたんを織ろう!/1月19日(火)〜3月27日(土)の火・木・土・日曜日と祝日 午前11時〜12時・午後1時〜4時, ところ エントランスホール, 内容 ワークショップでつくった大型の織機で絨毯を織る。みんなで織って大きな絨毯にする。織りかたなどを教えてくれる「チームじゅうたん(MMP)」のかたがたがいるのではじめてでも安心, 対象 だれでも, 参加費 無料, 参加のしかた 当日自由参加.
  3. じゅうたんを仕上げよう!/3月28日(日) 午前10時30分〜午後4時30分, ところ エントランスホールと野外, 内容 会期中にみんなで織った絨毯を織機からはずして、仕上げ作業をする。そのあとは、でき来上がった絨毯を持ってみんなでピクニックにいく, 対象 だれでも, 参加費 無料, 参加のしかた 当日自由参加.
問い合わせ先:
国立民族学博物館 情報企画係 TEL.06-6878-8532)
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

国立民族学博物館 : 点字教室 てんじきょうしつ

とき:
毎月第2土曜日 午後0時〜3時30分
ところ:
国立民族学博物館 1階エントランスホール こくりつみんぞくがくはくぶつかん 1かいえんとらんすほーる (〒565-8511大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151)
内容 ないよう:
「みんぱくミュージアムパートナーズ」による点字体験ワークショップ。しおり・名刺(めいし)・カード・テープに、名前や好きなことばなどを点字で打ってみる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

堺市博物館 : 体験学習会 勾玉をつくろう まがたまをつくろう

とき:
2010年8月28日(土) 午前の部/午前10時〜12時 午後の部/午後2時〜4時
2010年8月29日(日) 午前の部/午前10時〜12時 午後の部/午後2時〜4時
ところ:
堺市博物館 (〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内)
内容 ないよう:
展示場で勾玉(まがたま)を見ながら解説を聞いたあと、滑石(かっせき)をけずって勾玉をつくる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者
定員 ていいん:
各部15組30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
材料代1組250円 (入館料無料)
参加のしかた:
2010年8月3日(火) 午前9時30分から、博物館「体験学習係」へ電話・ファックス・電子メールで申し込む。開催日・体験学習名・名前・学年・連絡先(電話番号)・参加人数を連絡すること。定員になり次第しめ切り。受付開始日午前9時30分より前に申し込むことはできない。
申し込み先:
堺市博物館 体験学習係 TEL.072-245-6201 FAX.072-245-6263 電子メール:hakugaku@city.sakai.lg.jp
館のサイト:
http://www.city.sakai.lg.jp/hakubutu/

堺市博物館 : 体験学習会 ダンボールで仁徳陵古墳をつくろう

とき:
2010年8月22日(日) 午後0時30分〜4時30分
ところ:
堺市博物館 (〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内)
内容 ないよう:
展示を見学し、古墳の話を聞いたあと、ダンボールを切りぬいて2000分の1の仁徳陵古墳(にんとくりょうこふん)の模型を親子で協力してつくる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者
定員 ていいん:
25組50名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
材料代1組450円 (入館料無料)
持っていくもの:
接着剤・はさみ・カッターナイフ・鉛筆・赤鉛筆・30センチメートル定規・タオル
参加のしかた:
2010年8月3日(火) 午前9時30分から、博物館「体験学習係」へ電話・ファックス・電子メールで申し込む。開催日・体験学習名・名前・学年・連絡先(電話番号)・参加人数を連絡すること。定員になり次第しめ切り。受付開始日午前9時30分より前に申し込むことはできない。
申し込み先:
堺市博物館 体験学習係 TEL.072-245-6201 FAX.072-245-6263 電子メール:hakugaku@city.sakai.lg.jp
館のサイト:
http://www.city.sakai.lg.jp/hakubutu/

堺市立みはら歴史博物館 M・Cみはら : 夏休み体験講座 鋳物づくりに挑戦!-オリジナルグッズをつくろう!-

とき:
  1. 第1回 2010年7月31日(土) 午前の部/午前9時30分〜11時30分 午後の部/午後1時30分〜3時30分
  2. 第2回 2010年8月21日(土) 午前の部/午前9時30分〜11時30分 午後の部/午後1時30分〜3時30分
ところ:
堺市立みはら歴史博物館 さかいしりつみはられきしはくぶつかん (〒587-0002 大阪府堺市美原区黒山281 TEL.072-362-2736 FAX.072-362-2260. 近鉄南大阪線河内松原駅から近鉄バス余部行きで大保下車徒歩すぐ, 南海高野線初芝駅から南海バス美原区役所行きで下黒山西下車徒歩600m, 南海高野線北野田駅から南海バスまたは近鉄バス多治井方面行きで黒姫山古墳前下車徒歩すぐ)
内容 ないよう:
堺市美原区(さかいしみはらく)のあたりは、さまざまな金属製品(きんぞくせいひん)を鋳造(ちゅうぞう)した河内鋳物師(かわちいもじ)たちのふるさと。この体験講座では、金属を鋳造して鋳物(いもの)づくりにチャレンジする。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
各部16名 (合計64名. 多いときは抽選)
参加費 (おかね):
材料費 1個500円
参加のしかた:
第1回‥7月2日(金)〜21日(水) 第2回‥7月2日(金)〜8月3日(火)のあいだにとどくように、往復はがきか電子メールで堺市立みはら歴史博物館へ申し込む。講座名・希望日・希望時間・住所・氏名(児童と保護者)・電話番号を書いておくこと。
館のサイト:
http://www.city.sakai.lg.jp/hakubutu/mcmihara/

高槻市立しろあと歴史館 : 企画展 きらめく☆侍アート関連イベント

ところ:
高槻市立しろあと歴史館 (〒569-0075 大阪府高槻市城内町1-7 TEL.072-673-3987 FAX.072-673-3984. 阪急高槻市駅から徒歩約10分. JR京都線高槻駅から徒歩約15分)
プログラム:
  1. 紙のカブトづくり教室/2010年5月5日(祝) 午後1時30分〜4時30分, 参加のしかた 4月21日(水)までにとどくように、往復はがきかファックスで高槻市立しろあと歴史館へ申し込む。住所・氏名・電話番号を書いておくこと。多いときは抽選, 参加費 500円(材料費).
  2. 本物のカブトと火縄銃にさわってみよう/5月3日(祝)〜5日(祝) 午後1時〜4時(随時), 参加のしかた その日に会場で, 参加費 無料.
館のサイト:
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/rekishi/shiroato/

日本民家集落博物館 : 第3回 日本民家集落博物館まつり にほんみんかしゅうらくはくぶつかんまつり

とき:
2010年11月20日(土) 午前9時30分〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
ところ:
日本民家集落博物館 にほんみんかしゅうらくはくぶつかん (〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-2 TEL.06-6862-3137 FAX.06-6862-3147)
内容 ないよう:
展示民家すべてをつかっていろいろなイベントを開催。
  1. 大阪府立弥生文化博物館「弥生体験/弥生時代の石器を使ってみよう!」・「弥生紙芝居」
  2. 大阪府立近つ飛鳥博物館「古代鋳造体験/和同開珎をつくろう」
  3. 大阪府立狭山池博物館「体験しよう ダムのしくみ」
  4. 財団法人大阪府文化財センター「紙すき体験/牛乳パックではがきをつくろう!」
  5. 府立博物館ミュージアムグッズ販売
  6. 体験学習/自然工作、コマ遊び、はたおり体験、折り紙で作る万華鏡
  7. 民家のふるさと物産展
  8. 飛騨白川の合掌造り民家2階特別公開
  9. むかし話を聞きましょう ほか
参加費 (おかね):
割引入館料(おとな250円、高校生以下は無料)がいる。※通常は、小学生以上は入館料が必要.
問いあわせ先:
日本民家集落博物館
館のサイト:
http://www.occh.or.jp/minka/

日本民家集落博物館 : 体験教室 たいけんきょうしつ

ところ:
日本民家集落博物館 にほんみんかしゅうらくはくぶつかん (〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-2 TEL.06-6862-3137 FAX.06-6862-3147)
スケジュール:
  1. コマ遊び/2010年2月20日〜3月27日の土曜日 午後1時30分〜3時30分, ところ 日向椎葉の民家前, 内容 コマまわしにチャレンジ。コマまわしの達人(たつじん)がいろんな種類のコマを用意して、まわしかたを教えてくれる.
  2. 石臼/1月24日〜3月28日の日曜日 午後1時30分〜3時30分, ところ 石臼体験コーナー, 内容 大豆をひいて「きな粉」をつくる。達人(たつじん)が教えてくれる, 参加費 材料費100円.
  3. わらぞうり作り/3月7日〜28日の日曜日 午後1時〜3時(2時間かかる), ところ 南部の曲屋, 内容 南部の曲家の土間でワラを素材(そざい)にぞうりづくりにチャレンジ, 対象 小学校高学年以上, 定員 各日10名まで, 参加のしかた 前もって日本民家集落博物館へ申し込む.
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもと大人はべつに入館料がいる。
問いあわせ先:
日本民家集落博物館
館のサイト:
http://www.occh.or.jp/minka/

八尾市立歴史民俗資料館 : 愛染体験をしよう!

とき:
2010年7月22日(木)〜10月4日(月)の火曜日と9/23(祝)をのぞく毎日 受付‥午前9時30分〜午後4時
ところ:
八尾市立歴史民俗資料館 やおしりつれきしみんぞくしりょうかん (大阪府八尾市千塚3-180-1 TEL.072-941-3601 FAX.072-941-6193 近鉄服部川駅下車北へ徒歩約8分)
内容 ないよう:
夏休み体験展示「河内木綿の型紙-河内の粋-」の関連体験イベント。中学生以上の人は、自分で型紙を彫って、型紙で糊置きして、乾かしてから愛染をする。小学生以下の人は、用意された型紙をつかって、愛染する。さらし、テーブルセンターなどが完成する。体験内容によっては、1日で終わることができないものもあるので、所要時間については館へ問い合わせること。
参加費 (おかね):
  1. 自分で型紙を彫る場合/型紙彫りだけ‥250円. 型紙彫り+さらしに愛染‥650円. 型紙彫り+テーブルセンターに愛染‥1,000円.
  2. 用意された型紙をつかう場合/さらしに愛染‥400円. テーブルセンターに愛染‥750円.
  3. 絞り染め/ハンカチに絞り染め‥500円.
そのほか:
汚れてもよい服装でいくこと。体験希望者が多い場合は、待たなければいけないこともある。
館のサイト:
http://www.kawachi.zaq.ne.jp/dpgwg309/

大阪府立狭山池博物館 : 大阪狭山市立郷土資料館企画展「くらしの道具」 むかしのレコードをきいてみよう -蓄音機の実演とお話し-

とき:
2011年2月13日(日)・27日(日)、3月13日(日) 午後2時〜3時
ところ:
大阪府立狭山池博物館 2階ホール おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
大阪府立狭山池博物館1階特別展示室で開催される大阪狭山市立郷土資料館企画展「くらしの道具」(2011.2.9〜3.13)では、展示室内に「むかしのくらし体験コーナー」が特設され、1960年代〜70年代に多くの家庭で使われていた、発熱するときに真っ赤に光る「赤外線ランプ式電気櫓こたつ」に足を入れてあたたまることができる。企画展期間中の3日間もよおされる「むかしのレコードをきいてみよう -蓄音機の実演とお話し-」では、円筒式蓄音機や円盤式蓄音機で当時の音楽レコードを実演再生。蓄音機のことを学ぶことができる。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
120名 (先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/oscm/
案内チラシ(PDF):
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/oscm/pdf/oscm1102_s.pdf

大阪府立狭山池博物館 : 第4回 書き初め展作品募集 かきぞめてんさくひんぼしゅう

とき:
作品募集期間 2011年1月5日(水)〜14日(金)必着, 作品展示期間 2011年1月22日(土)〜2月20日(日), 表彰式 2011年1月23日(日) 午前11時から
応募全作品を展示するところ:
大阪府立狭山池博物館 常設展示室など おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
書き初めの課題:
  1. 小学校1年生:「かわ」・「つち」・「いけ」
  2. 小学校2年生:「川」・「土」・「水」
  3. 小学校3年生:「池」・「土手」・「桜」
  4. 小学校4年生:「堤」・「行基」・「水の利用」
  5. 小学校5年生:「重源」・「治水ダム」・「狭山池」
  6. 小学校6年生:「船大工」・「土木技術」・「取水塔」
  7. 中学生:「敷葉工法」・「土木遺産」・「世界遺産」
対象 たいしょう:
中学生以下の子ども
参加のしかた:
作品募集期間にとどくように、書き初めの作品と、学校名・学年・氏名(ふりがな)・住所を書いたメモを博物館へ直接提出。もしくは、郵送すること。作品の応募は1人1作品のみ。学校および書道教室等、団体からの応募は、各学年20枚までとし、応募一覧表を電子データファイルで提出すること。
注意すること:
作品は毛筆用の半紙を使用して、それぞれの学年の課題の中から1つだけ課題を選んで、毛筆で書くこと。半紙の左端に学年・氏名を書くこと。
表彰:
館長賞、特別賞、優秀賞 (副賞あり)
作品の送り先・問い合わせ先:
大阪府立狭山池博物館「書き初め展」係 (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

交通科学博物館 : ミニジオラマを作ろう

とき:
2011年2月6日(日)・27日(日) 1回め/午前11時〜 2回め/午後1時〜 3回め/午後3時〜
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
ミニカーを題材にかんたんなジオラマ工作をする。
対象 たいしょう:
小学校低学年以下の子どもと保護者
定員 ていいん:
各回8名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
400円 (ミニカーは含まない)
参加のしかた:
その日に館で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : プラ板

とき:
2011年2月6日(日)・27日(日) 午前10時30分〜午後3時30分 (材料がなくなり次第終了)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
小さな子どもでもかんたんにできるプラ板を使ったキーホルダーをつくる。
定員 ていいん:
50名ぐらい
参加費 (おかね):
50円
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : バレンタインデーイベント

とき:
2011年2月13日(日) 午前10時30分〜午後3時30分 (材料がなくなり次第終了)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
バレンタインデーにむけてカードをつくる。
対象 たいしょう:
小学校低学年以下の子どもと保護者
定員 ていいん:
70名ぐらい (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : ミニSL「シュッポ君」の運転

とき:
3月〜11月の第4土曜日とその翌日曜日 午前11時15分〜午後3時30分 (ときどき休憩あり. 雨のときは中止)
ところ:
交通科学博物館 屋外展示場ミニSL運転線 こうつうかがくはくぶつかん おくがいてんじじょう みにえすえるうんてんせん (〒552−0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
石炭(せきたん)と水(みず)を燃料(ねんりょう)にはしる蒸気機関車の模型(じょうききかんしゃのもけい)、「シュッポ君」にのることができる。「シュッポ君」はトロッコ客車(きゃくしゃ)を連結(れんけつ)して、みんなをのせてはしる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
そのほか:
雨がふったら中止
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 姉妹提携10周年記念 日英こども鉄道絵画展作品募集 にちえいこどもてつどうかいがてんさくひんぼしゅう

募集期間 ぼしゅうきかん:
2010年4月1日(木)〜9月3日(金・消印有効)
内容 ないよう:
英国国立鉄道博物館との交流事業として、日本とイギリスの児童から鉄道絵画を募集。作品のテーマは、じっさいに活やく中の鉄道車両から駅、働く人、旅の想い出、そして未来の鉄道など、鉄道に関することものであれば、すべて応募対象になる。入賞作品は交通科学博物館で2010年10月9日(土)〜2011年1月30日(日)のあいだ、梅小路蒸気機関車館で2011年2月5日(土)から展示される予定。また、銅賞以上の作品は英国国立鉄道博物館で2011年7月から展示される予定。
テーマ:
「鉄道のある風景」
応募資格 おうぼしかく:
4歳以上〜小学校6年生. 幼年の部/4歳以上〜小学生未満 低学年の部/小学校1年生小学校3年生 高学年の部/小学校4年生小学校6年生
画材 がざい:
六ツ切り画用紙サイズ(約360mm×520mm)に、クレヨン・絵の具・色鉛筆などで描くこと。CGなどの電子加工作品は不可。
表彰 ひょうしょう:
各部門 金賞1点・銀賞3点・銅賞10点・佳作30点
作品を展示するところ:
交通科学博物館 企画展示室 (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
応募のしかた:
べつの紙に郵便番号、住所、氏名、年齢または学年、電話番号を書いて、作品のうらに貼って、郵送または直接提出する。
応募先 おうぼさき:
交通科学博物館 絵画展係 (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10)
共催 きょうさい:
英国国立鉄道博物館
後援 こうえん:
大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、京都府教育委員会、京都市教育委員会、滋賀県教育委員会、奈良県教育委員会、兵庫県教育委員会、和歌山県教育委員会
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

梅小路蒸気機関車館 : 英国のHOゲージ鉄道模型運転会 えいこくのHOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2011年2月11日(祝)・12日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
イギリスの鉄道のなかでもとくに有名な「マラード号」や特急列車などのHOゲージ鉄道模型の運転会。運転体験もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

神戸海洋博物館 カワサキワールド : 鉄道模型走行会 てつどうもけいそうこうかい

とき:
2010年9月18日(土)・19日(日) 午前10時〜午後5時 ※19日(日)のみ大ホール会場は午後4時まで
ところ:
神戸海洋博物館 カワサキワールド 大ホール・エントランスホールほか こうべかいようはくぶつかん・かわさきわーるど (〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2 TEL.078-327-5401 FAX.078-327-5402)
内容 ないよう:
カワサキワールド恒例イベントの鉄道模型走行会。川崎重工鉄道研究同好会メンバーによる鉄道模型の走行会と、鉄道模型の体験運転や持ちこみ運転(いずれもNゲージのみ)。
  1. 川崎重工鉄道研究同好会メンバーのオリジナル車両等の走行、写真展示/午前10時〜午後5時(19日は午後4時まで), ところ 大ホール・エントランスホール, 内容 川崎重工鉄道研究同好会のメンバーによる手作りのジオラマの中をNゲージ車両が走行。Oゲージや外国の鉄道車両が走るHOゲージの走行会や同好会メンバーが撮影した鉄道の写真展示も。部屋を暗くして点灯した車両を走行させる「夜間走行」の演出も実施.
  2. 持込運転(Nゲージのみ)/午前10時30分〜午後4時45分, ところ 大ホール, 内容 来場者がNゲージ車両を持ち込んで、1周約30mの巨大レイアウトの中を1人15分間走らせることができる, 定員 あり(先着順), 参加のしかた 神戸海洋博物館玄関前で配布される整理券をもらう。整理券は運転する人1名に1枚だけ。運転時間は指定できない(整理券先着順).
  3. 体験運転/午前10時30分〜午後4時45分(19日は午後3時45分まで), ところ 大ホール, 内容 Nゲージの車両を3分間走らせることができる, 参加のしかた その日に会場で.
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは、入館料がいる。※館のサイトで割引券をくばっている。
館のサイト:
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/

大阪歴史博物館 : なにわ歴博 わくわく子ども教室 凧づくりと凧あげ たこづくりとたこあげ

とき:
2011年1月8日(土) 午後1時30分〜4時
ところ:
大阪歴史博物館 1階 エントランス おおさかれきしはくぶつかん (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
博物館の近くの馬場町一帯は、冬に多くの人びとが凧あげを楽しむ凧あげのメッカだった。「するめいか」と呼ばれる凧を作って、凧の歴史にふれてみる。つくった凧は持ち帰れるので、おうちの近くでもあげてみることができる。
対象 たいしょう:
小学生中学生
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2010年12月17日(金・消印有効)までに往復ハガキで申し込む。「凧づくり参加希望」、(1)参加希望者全員の氏名と学年、(2)代表者の連絡先(電話番号・FAX番号など)、返信面の宛先を書いておくこと。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 発見!体験!遺跡発掘 はっけん!たいけん!いせきはっくつ

とき:
2010年11月27日(土)、12月4日(土) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
池島・福万寺遺跡(いけじま・ふくまんじいせき)の発掘調査現場 (東大阪市・八尾市). 集合/現地 (近鉄奈良線 東花園駅より徒歩20分. もしくは近鉄大阪線 河内山本駅より近鉄バス)
内容 ないよう:
遺跡の発掘調査現場(はっくつちょうさげんば)で、発掘を体験したり、土器などにさわってみる。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上 (小学生は18歳以上の保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
各回20名ぐらい (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
300円 (資料代・保険代)
参加のしかた:
2010年11月12日(金・必着)までに往復はがきで申し込む。往復はがきには、(1)参加希望日(第1希望と第2希望) (2)代表者住所・電話番号 (3)代表者氏名(ふりがな)・年齢 (4)電話番号 (5)参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、返信面のあて先を書いておくこと。1通につき5名まで申し込むことができる。
主催 しゅさい:
大阪府立近つ飛鳥博物館・大阪府立弥生文化博物館・財団法人大阪府文化財センター
申し込み先・問い合わせ先:
大阪府立近つ飛鳥博物館「発見!体験!遺跡発掘」係 (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(1月) 冬の鳥の食べ物

とき:
2011年1月29日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
果実を食べる鳥、虫を食べる鳥、魚を食べる鳥。ヒヨドリ、ツグミ類、カラ類、カモ類。冬の鳥たちが何を食べているか観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
持っていくもの:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 2月 火山のミニチュアをみる

とき:
2011年2月12日(土) 午後2時30分〜3時30分
集まるところ:
大阪市立自然史博物館 本館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
身近なものを使ってミニチュア火山をつくり、火山活動を再現してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 1月 水が関わる土の強さ

とき:
2011年1月8日(土) 午後1時30分〜2時30分
集まるところ:
大阪市立自然史博物館 本館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
砂浜で適度にぬれた砂は自由に砂像や砂のトンネルを作ることができる。一方、乾いた砂は、崩れやすく、富士山のような砂山になる。水を含ませた砂をゆすると泥水のようにもなる。このように砂に含まれる水は砂の強さに大きく関わっている。大雨がふった時の山崩れや地すべり、地震の際の地盤の液状化現象など多くの土砂災害が、土と水とが関与して発生する。今回のジオラボでは土の強さに関わる水について考える。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 大阪湾の水鳥2

とき:
2010年12月12日(日) 終日
ところ:
兵庫県西宮市 浜甲子園
内容 ないよう:
大阪湾の冬の水鳥を観察に行く。カモメ類を中心に観察し、ズグロカモメをさがす。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2010年11月27日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(12月) 冬越しの虫

とき:
2010年12月25日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
虫たちは寒い冬をどのように越しているのか。植物園を歩きながら、虫をさがしてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 12月 地層の中のしま模様

とき:
2010年12月11日(土) 午後2時30分〜3時30分
集まるところ:
大阪市立自然史博物館 本館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
地層の中にはいろいろなしま模様がある。どのようにしてしま模様ができるのか、地層の標本を見ながら考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ メロンのふるさと じゃがいものふるさと

とき:
2010年12月11日(土)・12日(日)、2011年1月15日(土)・16日(日) 午前11時〜・午後1時〜・午後2時〜・午後3時〜 (1回約40分)
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館2階 イベントスペース (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
展示をながめたり、ぬりえであそびながら、野菜やくだもののふるさとをみつけてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕がある場合は、小学生未満の子どもも保護者同伴で参加できる)
定員 ていいん:
1回15名
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
その日に、スタートの15分まえから会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪府営箕面公園昆虫館 : 箕面の自然を楽しもう みのおのしぜんをたのしもう

ところ:
大阪府営箕面公園昆虫館 おおさかふえいみのおこうえんこんちゅうかん (〒562-0002 大阪府箕面市箕面公園1-18 TEL.072-721-7967 FAX.072-721-7655) ほか
スケジュール:
  1. 62.さがせ!川の中の生きもの/2010年7月19日(祝) 午前10時〜12時(集合‥午前9時50分), 集まるところ 箕面公園昆虫館まえ, 内容 川の中の生きもののふしぎを観察する。昆虫館の近くの箕面川に入って生きものたちをさがす, 定員 20名, 参加費 中学生以上200円 小学生以下無料, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  2. 63.カマキリを探そう!ハリガネムシの不思議発見/10月11日(祝) 午前10時〜12時(集合‥午前9時50分), 集まるところ 箕面公園昆虫館まえ, 内容 瀧安寺のちかくでカマキリをさがす。昆虫館の研修室でカマキリのことを学んだり、ハリガネムシが出てくるのかなどの実験をする, 定員 20名, 参加費 中学生以上200円 小学生以下無料, 参加のしかた その日に会場で申し込む.
  3. 64.昆虫の不思議と昆虫標本づくり/2011年2月13日(日) 午前10時〜12時(集合‥午前9時50分), 集まるところ 箕面公園昆虫館まえ, 内容 昆虫館の研修室で昆虫のふしぎさやおもしろさを学んだあと、甲虫の標本づくりにチャレンジする, 対象 小学生以上, 定員 20名(申し込み先着順), 参加費 中学生以上200円 小学生以下無料, 参加のしかた 前もって申し込む.
問い合わせ先:
箕面の自然と遊ぶ会(ボランティア団体)
E-mail:stakashima@mtg.biglobe.ne.jp
館のサイト:
http://www.pref.osaka.jp/ikedo/insect/

大阪府営箕面公園昆虫館 : おもしろ昆虫工作 おもしろこんちゅうこうさく

とき:
午後1時30分〜3時
ところ:
大阪府営箕面公園昆虫館 おおさかふえいみのおこうえんこんちゅうかん (〒562-0002 大阪府箕面市箕面公園1-18 TEL.072-721-7967 FAX.072-721-7655)
スケジュール:
  1. 74.ひもをあやつって上へ上へと登る昆虫づくり/2010年7月10日(土)
  2. 75.アキバコがアッとおどろく変身ぶりのこれぞ「オモシロ昆虫」づくり/8月14日(土)
  3. 76.細い棒の先にピタットとまる昆虫づくり/9月11日(土)
  4. 77.牛乳パックと傘ブクロで、ビックリとびだすイモムシづくり/10月9日(土)
  5. 78.半紙でつくって、うちわであおいで遊ぶテントウムシづくり/11月13日(土)
  6. 79.布とワタで、ほんわかかわいいイモムシのぬいぐるみづくり/12月11日(土)
  7. 80.風のない室内で浮遊する蝶凧づくり/2011年1月8日(土)
  8. 81.(内容未定)/2月12日(土)
  9. 82.輪切りの台座に小枝や木の実で思い出の昆虫マスコットづくり/3月12日(土)
対象 たいしょう:
だれでも (小学校低学年以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
開催日の1か月まえから申し込む。イベント番号・テーマ名・住所・氏名・連絡先・参加人数をつたえること。
指導 しどう:
おもしろ昆虫工作クラブ(ボランティア団体)
問い合わせ先:
大阪府営箕面公園昆虫館 (〒562-0002 大阪府箕面市箕面公園1-18 TEL.072-721-7967 FAX.072-721-7655)
館のサイト:
http://www.pref.osaka.jp/ikedo/insect/

大阪市立自然史博物館 : はくぶつかんたんけん隊

とき:
2011年1月9日(日)・10日(祝)の午後
ところ:
大阪市立自然史博物館 おおさかしりつしぜんしはくぶつかん (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
はくぶつかんの地下には、たくさんの標本(ひょうほん)があって、たいせつにしまってある。ほかにもヒミツのへやがいっぱい。みんなでたんけんしてみる。
対象 たいしょう:
小学生中学生
定員 ていいん:
各日50名 (申込が多い場合は午前の部を追加し、それ以上の申込があった場合は抽選)
参加費 (おかね)
200円
持っていくもの
筆記具
参加のしかた:
12月22日(水)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

梅小路蒸気機関車館 : ナンバープレートの拓本を取ろう!

とき:
2011年1月15日(土)・16日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 旧二条駅舎内貴賓室 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
クレヨンを使ってSLのナンバープレートの拓本をとってみる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2011年1月22日(土)・23日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
HOゲージ(えいちおーげーじ・縮尺1/80)のながさ150メートルのレイアウトの上を、蒸気機関車(じょうききかんしゃ)や新幹線(しんかんせん)などいろいろな模型がはしる。持ちこみ運転もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

灘浜サイエンススクエア : 楽しいお天気講座 雪の結晶を作ろう

とき:
2011年1月22日(土) 午後1時30分〜3時30分
ところ:
灘浜サイエンススクエア ホール なだはまさいえんすすくえあ (〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地 TEL.078-882-8136 FAX.078-882-8137 電車‥阪神電車大石駅から南へ徒歩約12分, JR神戸線六甲道駅から南西へ徒歩約25分. 車‥阪神高速道路3号神戸線摩耶ICで降り、灘浜住吉川線を東に約1km)
内容 ないよう:
雪はどうやってできるのか。気象予報士さんから「雪」のメカニズムについて学んだあとは、ペットボトルを使ってきれいな「雪の結晶」をつくってみる。
対象 たいしょう:
小学校3年生中学校3年生 (保護者同伴にかぎり、低学年の兄弟も可)
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料
持っていくもの:
筆記用具、軍手、500mlのペットボトル。
参加のしかた:
前もって電話で灘浜サイエンススクエアへ申し込む。
主催 しゅさい:
日本気象予報士会関西支部
館のサイト:
http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/

灘浜サイエンススクエア : 木の実とあそぼう

とき:
2011年1月15日(土) 午後2時30分〜4時
ところ:
灘浜サイエンススクエア なだはまさいえんすすくえあ (〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地 TEL.078-882-8136 FAX.078-882-8137 電車‥阪神電車大石駅から南へ徒歩約12分, JR神戸線六甲道駅から南西へ徒歩約25分. 車‥阪神高速道路3号神戸線摩耶ICで降り、灘浜住吉川線を東に約1km)
内容 ないよう:
ドングリやマツボックリ、オオバヤシャブシ、ハンノキなどさまざまな木の実を使って、人形やおもちゃをつくる。
対象 たいしょう:
小学生 (未就学児も可。熱をつかうので火傷をしないよう保護者も協力すること)
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
前もって電話で灘浜サイエンススクエアへ申し込む。
館のサイト:
http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/

サントリーミュージアム[天保山] : 「印象派とモダンアート」展開催記念ワークショップ

ところ:
サントリーミュージアム[天保山] さんとりーみゅーじあむ てんぽうざん (〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10 TEL.06-6577-0001)
内容 ないよう:
2010年7月10日(土)から開催される「印象派とモダンアート」展に関連するワークショップ。
スケジュール:
A.かさねるあかり 光を透かしてみてみよう/さまざまな布の端切れを重ねて貼った紙を筒状にしたランプシェードを作る。照明の透過する光によって、布や模様の重なった部分の表情を楽しむ。
  1. とき:2010年7月25(日) 午後1時30分〜3時30分(2時間ぐらい)
  2. 講師:村上菜也子さん(照明作家、月あかりデザイン研究室主宰)
  3. ところ 2階映像コーナー
B.“ペコラージュ”のマグネットをつくろう/マグネット板に色紙や柄布などを貼って、小さな好きな形(花や動物、乗り物など)に切り取る。それらをたくさん作り、パーツとして組み合わせて大きな1つの絵を作っていく。※「ペコラージュ」とは、森田さんが名付けた、ペインティングとコラージュを組み合わせた技法の造語。
  1. とき:2010年8月8日(日) 午後1時30分〜3時30分(2時間ぐらい)
  2. 講師:森田麻祐子さん(ペインター)
  3. ところ 2階映像コーナー
対象 たいしょう:
小学生
定員 ていいん:
各25名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
1名500円
参加のしかた:
Aは2010年7月8日(木)までにとどくように、Bは7月22日(木)までにとどくように郵便はがきでサントリーミュージアム[天保山] キッズ・ワークショップ「かさねるあかり」係または「ペコラージュ」係へ申し込む。参加希望者の名前、年来(学年)、郵便番号、住所、電話番号を書いておくこと。当選者には2週間まえぐらいに参加証が送られてくるので、当日はそれを持っていくこと。
館のサイト:
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/
6月20日までの企画展観覧券:
サントリーミュージアム[天保山]「レゾナンス 共鳴 人と響き合うアート」展 2010/4/3〜6/20 チケット[@電子チケットぴあ]

サントリーミュージアム[天保山] : 「レゾナンス 共鳴 人と響き合うアート」関連ワークショップ 世界のどこにもない音楽をつくろう

とき:
2010年5月23日(日) 午後1時30分〜3時30分 (2時間ぐらい)
ところ:
サントリーミュージアム[天保山] 2階映像コーナー さんとりーみゅーじあむ てんぽうざん (〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10 TEL.06-6577-0001)
内容 ないよう:
2010年4月3日(土)〜6月20日(日)のあいだ開催されている「レゾナンス 共鳴 人と響き合うアート」展の関連ワークショップ。ワークショップに参加する子どもの保護者は学芸員によるギャラリツアーに参加できる。
対象 たいしょう:
小学生
定員 ていいん:
25名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
1名500円 (ギャラリーツアーに参加する保護者は入場料がいる)
参加のしかた:
2010年4月30日(金)までにとどくように郵便はがきでサントリーミュージアム[天保山] 「世界のどこにもない音楽をつくろう」係へ申し込む。参加希望者の氏名、年齢(学年)、郵便番号、住所、電話番号を書いておくこと。当選者には2週間まえぐらいに参加証が送られてくるので、当日はそれを持っていくこと。
館のサイト:
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/
観覧券:
サントリーミュージアム[天保山]「レゾナンス 共鳴 人と響き合うアート」展 2010/4/3〜6/20 チケット[@電子チケットぴあ]

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 水族館で魚を飼おう(2) すいぞくかんでさかなをかおう(2)

とき:
2010年9月5日(日) 午前10時〜午後3時 (雨のときは12時まで)
ところ:
和歌山県立自然博物館とその周辺 わかやまけんりつしぜんはくぶつかんとそのしゅうへん
内容 ないよう:
磯へいって生きものを採集(さいしゅう)して、自分たちでレイアウトした水槽(すいそう)で展示する。この水槽は博物館の展示水槽として一般(いっぱん)に公開(こうかい)される。
対象 たいしょう:
小学生以上の子ども〜一般 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料78円 (保護者はほかに入館料がいる)
持っていくもの:
弁当、参加費、長ぐつやぬれてもよい靴(くつ)、タオル、帽子、水筒、筆記用具など。
参加のしかた:
2010年8月22日(日)までにとどくように往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1通で申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「水族館で魚を飼おう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 魚にエサをやろう(3)

とき:
2010年9月11日(土) 午後2時〜4時30分
ところ:
和歌山県立自然博物館 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
水族館の魚たちはなにを食べているのか、どうやって食べているのか、エサはどうやって作られているのか。実際にエサやり体験をして観察してみる。ふだんはみることができない水族館のバックヤードにはいることができるチャンス。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
入館料のほかに、傷害保険料78円がいる。
持っていくもの:
タオル・筆記用具・ビニール手袋など。
参加のしかた:
(2)‥2010年8月28日(土)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名「魚にエサをやろう(2)」、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「魚にエサをやろう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 夜の水族館をのぞいてみよう

とき:
2010年8月5日(木)午後1時集合〜6日(水)午後1時解散 1泊2日
ところ:
和歌山県立自然博物館 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
水槽の生きものは、昼と夜ではどのような行動のちがいがあるのだろうか。夜の水族館をのぞいてみると、昼間とはちがったようすを観察することができる。
対象 たいしょう:
小学校5年生〜高校生
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
2,300円 (食費・傷害保険料など)
参加のしかた:
(2)‥2010年7月22日(木)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者の住所、氏名(ふりがな)、学年、電話番号を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「夜の水族館をのぞいてみよう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

梅小路蒸気機関車館 : お正月イベント 2011年もSL三昧!

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
プログラム:
  1. 蒸気機関車の頭出し展示/2011年1月4日(火)〜10日(祝), ところ 扇形車庫内(8番線〜20番線), 内容 扇形車庫に展示中の静態保存の蒸気機関車を、車庫の軒先から数m前進させて、機関車の先頭を並べて展示.
  2. D51墨で書き初めをしよう! /1月4日(火)〜6日(木) 午前10時〜午後3時, ところ 旧二条駅舎内, 内容 動態保存中の「D51形200号機」のススを集めて作った墨を使って、書き初めを体験できる.
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : クリスマスイベント 梅小路のわくわくクリスマス

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
プログラム:
  1. クリスマスネックレスをつくろう!/2010年12月4日(土)・11日(土)・18日(土)・23日(祝)〜25日(土) 午前10時〜午後3時30分(12時〜1時は休止), ところ 旧二条駅舎内, 内容 イラストを描いていただいたあと、熱して硬くなったプラ板とチェーンを組み合わせて作る、かんたんな工作, 参加費 100円, 定員 70個分(先着).
  2. クリスマスバージョンのSLたち/2010年12月1日(水)〜25日(土), ところ 扇形車庫内, 内容 静態保存(せいたいほぞん)されている蒸気機関車の正面にクリスマスリースがとりつけられる.
  3. サンタさんとSL館ツアー/12月23日(祝)・25日(土) 1回め‥午前10時30分〜 2回め‥午後2時〜(15分間ぐらい), 集まるところ フロント付近, 内容 サンタさんといっしょに楽しく館内を見学できる.
  4. SL館クリスマスコンサート/12月23日(祝)・25日(土) 1回め‥午前11時40分〜 2回め‥午後2時40分〜(15分間ぐらい), ところ 扇形車庫内, 内容 トランペットや電子ピアノで演奏するクリスマスソングのコンサート.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

交通科学博物館 : NEWミニSLのお名前発表と運転会

とき:
2010年11月28日(日) 午前11時15分〜午後3時30分 ※雨天中止
ところ:
交通科学博物館 屋外展示場ミニSL運転線 (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
交通科学博物館に新しく加わったミニSLのお名前を募集し、たくさんの応募があった。そのミニSLのお名前がきまったので、その発表とおひろめ運転会が催される。
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
参加のしかた:
自由参加
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : ミニSLのお名前(愛称)大募集

募集期間 ぼしゅうきかん:
2010年10月2日(土)〜31日(日・必着)
応募のしかた おうぼのしかた:
この秋、交通科学博物館に新しく加わることになったミニSLの名前を考える。ハガキにミニSLの愛称と、その名前をつけた理由、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて期間中に応募する。博物館内にも応募票が設置される。11月上旬ごろに当館ウェブサイトで発表の後、館内でもミニSLの展示とともに発表される。名前が採用された人の中から抽選で1名に記念が贈呈される。また、応募者の中から抽選で20組に無料入館券が送られる。
対象 たいしょう:
4歳中学生
応募先 おうぼさき:
交通科学博物館 お名前係 (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 親子セミナー みなと探検隊'10 みなとたんけんたい'10

とき:
2010年10月31日(日) 午前11時〜午後3時 ※荒天中止
ところ:
交通科学博物館 南休憩室 (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)と、大阪港 おおさかこう
内容 ないよう:
大阪港(おおさかこう)で活躍するシャトルクルーザー「キャプテンライン」のクルーが海と船のお話しをしてくれる。お話教室のあとは、大阪湾でのクルージング。
対象 たいしょう:
小学生とその保護者
定員 ていいん:
30組60名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館入館料と大阪港駅までの交通費と昼食は各自負担 )
参加のしかた:
2010年10月12日(火)までにとどくように、往復はがきで交通科学博物館 セミナー係へ申し込む。住所、2人の氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

兵庫県立考古博物館 : 体験講座・体験イベント(7月〜8月)

ところ:
兵庫県立考古博物館 メインホールほか ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
スケジュール:
  1. 2010年7月23日(金) 午前10時〜12時/ハニワくんをつくろう, 定員 20名, 参加のしかた 前もって申し込む.
  2. 7月24日(土)午後3時〜25日(日)午前9時/大中遺跡に泊まろう!, 対象 親子, 定員 30名, 参加のしかた 前もって申し込む, 参加費 有料.
  3. 7月18日(日)・25日(日)、8月1日(日)・8日(日)・15日(日)・22日(日)・29日(日) 午後1時30分〜4時, 定員 50名(先着順), 参加費 入館券がいる.
  4. 8月7日(土) 午前10時〜12時/ハニワ鉛筆立てをつくろう, 対象 小学生中学生, 定員 20名, 参加のしかた 前もって申し込む, 参加費 有料.
  5. 8月13日(金) 午後1時〜3時30分/本物を見ながら勾玉づくり, 対象 小学生中学生, 定員 20名, 参加のしかた 前もって申し込む, 参加費 有料.
  6. 8月14日(土) 午後1時30分〜2時30分/探検!博物館の舞台裏, 定員 15名(先着順), 参加費 観覧券がいる, 参加のしかた 発券カウンターまえに集合.
  7. 8月20日(金) 午後1時〜3時/古代の組ひもづくり(小中学生編), 対象 小学生中学生, 定員 10名, 参加のしかた 前もって申し込む, 参加費 有料.
  8. 8月21日(土) 午前10時〜午後3時/考古博で写生会, 対象 小学生, 定員 30名, 参加のしかた 前もって申し込む, 参加費 無料.
  9. 8月28日(土) 午後1時〜3時30分/本物を見ながら勾玉づくり, 対象 小学生中学生, 定員 20名, 参加のしかた 前もって申し込む, 参加費 有料.
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 体験イベント ミニチュア銅剣づくり

とき:
2010年7月17日(土) 午前10時〜午後3時
ところ:
兵庫県立考古博物館 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
前もって申し込む。
参加費 (おかね):
いる。
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 体験イベント ハニワくんをつくろう

とき:
2010年7月23日(金) 午後1時〜3時
ところ:
兵庫県立考古博物館 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
前もって申し込む。
参加費 (おかね):
いる。
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 体験イベント 大中遺跡に泊まろう!

とき:
2010年7月24日(土)午後3時〜25日(日)午前9時
ところ:
兵庫県立考古博物館 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
対象 たいしょう:
親子
定員 ていいん:
30名
参加のしかた:
前もって申し込む。
参加費 (おかね):
いる。
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

西宮市貝類館 : 手作り講座 貝を使ったオリジナル万華鏡作り かいをつかったおりじなるまんげきょうづくり

とき:
2010年6月27日(日) 午前の部/午前10時〜12時 午後の部/午後1時30分〜3時30分
ところ:
西宮市貝類館 にしのみやしかいるいかん (〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜4-13-4 TEL.0798-33-4888)
内容 ないよう:
貝をつかってオリジナルの万華鏡をつくる。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
各部15名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2010年6月27日(日)までにとどくように官製はがきで西宮市貝類館へ申し込む。「手作り講座希望」、希望の部(午前か午後)、郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢、電話番号を書いておくこと。
参加費 (おかね):
2,300円 (ほかに入館料がいる)
館のサイト:
http://www.nishi.or.jp/homepage/kairuikan/

灘浜サイエンススクエア : 「機械の日・機械週間」関連事業 環境にやさしい夏休み親子向けイベント 楽器をつくって音のしくみを学ぼう!

とき:
2010年8月28日(土) 午後1時〜4時30分
ところ:
灘浜サイエンススクエア ホール なだはまさいえんすすくえあ (〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地 TEL.078-882-8136 FAX.078-882-8137 電車‥阪神電車大石駅から南へ徒歩約12分, JR神戸線六甲道駅から南西へ徒歩約25分. 車‥阪神高速道路3号神戸線摩耶ICで降り、灘浜住吉川線を東に約1km)
内容 ないよう:
実験などをとおして音のしくみを学んだあと、ピアノの原型(げんけい)ともいわれるアフリカの民族楽器(みんぞくがっき)「ボンゴラピアノ」をつくって、自分でつくった楽器の音を楽しむ。
対象 たいしょう:
小学校1年生小学校6年生子どもと保護者の親子
定員 ていいん:
15組 (多いときは抽選. 兄弟姉妹の場合は子ども2名まで応募可能)
参加のしかた:
7月20日までにとどくように往復はがきで申し込む。申し込み先や記載内容については「コベルコマンからのお知らせ」で確認すること。
参加費 (おかね):
無料 ただ
館のサイト:
http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/

灘浜サイエンススクエア : 夏休み子ども自然教室 昆虫と植物の標本鑑定会(正しい名前がわかる会)

とき:
2010年8月21日(土) 午後1時〜4時(時間内随時受付)
ところ:
灘浜サイエンススクエア なだはまさいえんすすくえあ (〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地 TEL.078-882-8136 FAX.078-882-8137 電車‥阪神電車大石駅から南へ徒歩約12分, JR神戸線六甲道駅から南西へ徒歩約25分. 車‥阪神高速道路3号神戸線摩耶ICで降り、灘浜住吉川線を東に約1km)
内容 ないよう:
夏休みのあいだに採集した昆虫や植物の標本を持っていくと、専門の先生がその場で鑑定(かんてい)して、正しい名前や生態について教えてくれる。鑑定できる標本は、昆虫と植物だけ(海草は除く)。夏休みの自由研究のまとめにぴったり。
対象 たいしょう:
小学生中学生
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
無料 ただ
館のサイト:
http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 体験イベント 親子で彫金体験 おやこでちょうきんたいけん

とき:
2010年11月6日(土) 午前10時〜午後4時
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 中庭・回廊 ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうじょふぞくはくぶつかん (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
内容 ないよう:
奈良時代、寺院建築(じいんけんちく)の軒先(のきさき)は金銅製(こんどうせい)の垂木先金具(たるきさきかなぐ)という透かし彫りの金具で飾られることがあった。秋季特別展に関連して、今回は銅板(どうばん)に透かし彫りをして飾り金具を作る彫金(ちょうきん)体験イベントが催される。親子いっしょにひとつの作品を作ってみる。
対象 たいしょう:
小学生中学生とその保護者
定員 ていいん:
30組 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ (参加者は当日の入館料も無料)
持っていくものとか:
後日連絡がある。
参加のしかた:
2010年10月16日(土)までにとどくように、往復はがきで奈良県立橿原考古学研究所附属博物館へ申し込む。保護者と子どもの氏名、子どもの学校名・学年、住所・電話番号を書いておくこと。
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/
催しのページ(PDF):
http://www.kashikoken.jp/museum/tenrankai/...pdf

梅小路蒸気機関車館 : 英国のHOゲージ鉄道模型運転会 てつどうもけいうんてんかい

とき:
2010年11月20日(土)・21日(日)・23日(祝) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
蒸気機関車では世界最速を記録したイギリスの「マラード号」や、イギリスの主要都市のあいだをむすぶ「インターシティー」などのHOゲージ鉄道模型がレイアウト上を走る。運転体験もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 乗ってみよう!ミニ300系新幹線!!

とき:
2010年11月6日(土)・7日(日) 午前10時〜午後3時 雨の日は中止
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
ミニサイズの300系新幹線が引く列車に体験乗車できる。
対象 たいしょう:
だれでも (家族でのれる)
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : SLナンバープレートの拓本を取ろう!

とき:
2010年11月3日(祝) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
1080号機などの蒸気機関車(じょうききかんしゃ)のナンバープレートを半紙にクレヨンで写しとる、拓本(たくほん)体験(たいけん)ができる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 化石さがし

とき:
2010年12月5日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
泉佐野方面
内容 ないよう:
化石のねむる山をめざして、みんなであるく。ガケの石を観察し、いろんな化石をみつけて、和泉山脈のヒミツに、せまってみる。
対象 たいしょう:
小学校3年生以上
定員 ていいん:
150名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生200円
参加のしかた:
11月12日(金)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 大阪湾の水鳥1

とき:
2010年12月5日(日) 終日
ところ:
兵庫県西宮市 浜甲子園
内容 ないよう:
大阪湾に渡ってきている冬鳥を観察に行く。カモ類やカモメ類、カイツブリ類をさがす。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2010年11月20日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居公園のタヌキ観察会

とき:
2010年10月23日(土) 午後5時〜午後8時ごろ
ところ:
長居公園
内容 ないよう:
2005年ごろから長居公園にはタヌキが住みついている。夜の長居公園で、そーっとタヌキを探してみる。
対象 たいしょう:
友の会会員とその家族、または友の会に関心のある人(小学生以下には保護者の同伴が必要)。
参加費 (おかね):
友の会会員とその家族は無料。会員以外は参加費300円が必要。
参加のしかた:
10月9日(土)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ミニワークショップ 大阪市立自然史博物館のいきものをおりがみで折ろう!

とき:
2010年10月3日(日)・11日(祝)・31日(日) 午前11時〜12時、午後1時〜4時
集まるところ:
大阪市立自然史博物館 本館 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
大阪市立自然史博物館には、生きものがたくさんいる。スタッフのかたといっしょに、好きな生きもののおりがみを折って、体をよく観察してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (高校生以上は博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ 紙しばい ナガスケものがたり

とき:
2010年10月9日(土)・10日(日)、11月6日(土)・7日(日) 午前11時〜午後3時までの30分ごとにスタート(1回15分〜20分間のプログラム)
ところ:
大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に、スタートの15分まえから会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 どんぐり

とき:
2010年10月24日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園
内容 ないよう:
秋はたくさんのどんぐりがみのる。長居植物園で、いろいろなどんぐりや木の実をみつけて、どんぐりはかせになる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
200名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生以下200円
参加のしかた:
前もって館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 川西市・多田神社周辺の地質観察

とき:
2010年11月28日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
川西市多田神社周辺
内容 ないよう:
川西市多田神社周辺の地層や岩石を観察します。北摂のおいたちから2億年前の東アジアの成り立ちまで、雄大な話を想像してみましょう。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
50名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2010年8月28日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 地質観察入門編

とき:
2010年11月7日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
貝塚市周辺を予定
内容 ないよう:
地層や岩石の分布をしらべ、最終的にはある地域の地質図を作成することが、地質学研究の基礎となります。地質観察の入門編として、野外ではどのようなポイントに注意して観察すればよいかということと、地層や岩石の3次元的な広がりを考えながら歩いてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
50名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2010年10月25日(月)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 地層を見る

とき:
2010年10月31日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
貝塚市周辺を予定
内容 ないよう:
地層が出ている崖を見たとき、どこからどのように見ればいいのでしょうか。地層の見かたを知れば、地層がどのような環境でできていったかがわかる。地層を見て、どのような水の流れで地層ができたか考えてみましょう。時間があれば現在の川での土砂のたまり方も観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 10/30開催の室内実習「地層を考える」に参加できる人(小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2010年10月18日(月)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 地層を考える

とき:
2010年10月30日(土) 午後1時30分〜4時30分ごろ
ところ:
大阪市立自然史博物館 集会室(集合場所)・実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
地層を詳しく見るには、どのように地層ができたかを知らなければならない。講義とかんたんな実験で、地層のできかたと地層の見かたのコツを学んでみる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料 (入館料がいる)
持っていくもの
筆記具
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 11月 石の重さを比べてみよう

とき:
2010年11月13日(土) 午後2時30分〜3時30分
集まるところ:
大阪市立自然史博物館 本館 ミュージアムセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
岩石を手に取ると、重さを感じる。岩石の重さは、大きなかたまりほど重くなるなど、大きさによって変わる。じつは岩石の種類によっても、重さがちがう。かんたんな実験と計算で、岩石や鉱物の重さが、種類によってちがうことを確かめて、比べてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(11月) ダンゴムシ・ワラジムシ

とき:
2010年11月6日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
園内の落ち葉の下や、博物館のまわりにかくれているダンゴムシやワラジムシをつかまえて、観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
容器(フィルムケース・小ビンなど)、筆記用具、持っている人はルーペ。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(10月) 秋の渡り鳥2

とき:
2010年10月23日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
コサメビタキやメボソムシクイなど、渡りの途中に立ち寄った小鳥を探す。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
持っている人は双眼鏡、図鑑、筆記具など。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪歴史博物館 : 特別展 昭和のおもちゃとマンガの世界 おもちゃプレゼント

とき:
2010年5月29日(土)・30日(日)、6月5日(土)・6日(日)・12日(土)・13日(日)
ところ:
大阪歴史博物館 おおさかれきしはくぶつかん (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
2010年6月21日(月)まで開催されている特別展「昭和のおもちゃとマンガの世界」の関連イベント。特別展を見に来た小学生中学生に、自動車やロケット、オートバイなどいろいろなおもちゃをプレゼント。
対象 たいしょう:
特別展観覧の小学生中学生以下の子ども
定員 ていいん:
各日100名 (先着順)
参加費 (おかね):
高校生以上は特別展観覧料がいる。
参加のしかた:
その日に会場で。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪歴史博物館 : なにわ歴博 わくわく子ども教室 和同開珎の拓本でしおりをつくろう わどうかいほうのたくほんでしおりをつくろう

とき:
2010年4月〜9月の毎月第1土曜日 午後2時〜4時
ところ:
大阪歴史博物館 8階 なにわ考古研究所 おおさかれきしはくぶつかん 8かい なにわこうこけんきゅうじょ (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
むかしのお金「和銅開珎(わどうかいほう)」のレプリカから拓本(たくほん)をとって、自分だけのしおりをつくってみる。自分でとった拓本は、記念に持って帰ることができる。
対象 たいしょう:
小学生中学生向き (だれでも参加できる)
定員 ていいん:
なし (時間内ならばいつでも参加できる)
参加費 (おかね):
無料 ただ (常設展示観覧券がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

交通科学博物館 : 秋の防災イベント みなと消防フェスタ`10

とき:
2010年11月20日(土) 午前10時〜午後4時 ※雨天時・緊急時は内容変更
ところ:
交通科学博物館 屋外展示場 (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
はしご車などたくさんの消防車両が交通科学博物館にやってくる。最大40mまでのびるはしご車の乗車体験や起震車の体験、防火衣着用体験などもある。
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
参加のしかた:
自由参加。はしご車の乗車体験はその日に会場で配られる整理券をもらう。
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

大阪府立狭山池博物館 : 昆虫教室・工作ワークショップ こんちゅうきょうしつ・こううさくわーくしょっぷ

とき:
2010年8月7日(土)・14日(土) 昆虫教室/午前11時〜12時. 工作ワークショップ/昆虫教室終了後〜午後3時(随時).
ところ:
大阪府立狭山池博物館 昆虫教室/2階ホール 工作ワークショップ/1階特別展示室まえ おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
2010年7月24日(土)〜8月29日(日)のあいだ、大阪府立狭山池博物館で開催される「虫の謎を探る昆虫展」の関連イベント。昆虫教室では、人気テレビ番組 探偵!ナイトスクープでもおなじみ、大阪府営箕面公園昆虫館館長の久留飛克明さんの昆虫についての楽しいお話しをきくことができる。工作ワークショップでは、箕面公園昆虫館のかたの指導で、昆虫にちなんだいろいろな工作を楽しむことができる。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
昆虫教室‥120名. ワークショップ‥なし
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
箕面公園昆虫館のページ:
http://www.pref.osaka.jp/ikedo/insect/

大阪府立上方演芸資料館 ワッハ上方 : 「上方落語かるた」発売記念 らくごかるたで遊ぼう!!

とき:
2009年1月24日(土) 午後0時30分〜1時30分
ところ:
大阪府立上方演芸資料館 ワッハ上方 上方亭(4階展示室内) おおさかふりつかみがたえんげいしりょうかん わっはかみがた (〒542-0075 大阪市中央区難波千日前12-7 YES・NAMBAビル TEL.06-6631-0884 FEX.06-6636-1996 地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分)
内容 ないよう:
年末からお正月にかけて『上方落語かるた』の原画(イラストレーター・中西らつ子さん画)やパネルなどを展示する企画展「らくごかるたで遊ぼう!!」が開催されている。この企画展に関連して、落語作家の小佐田定雄さんによる講演と、桂ちょうばさんが読み手となっての「らくごかるた大会」が催される。
定員 ていいん:
70名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
小学生以上は展示室入場料がいる。
参加のしかた:
2009年1月16日(金)までにとどくように往復はがきで申し込む。名前・住所・電話番号を書いておくこと。1枚の往復はがきで2名まで申し込むことができる。当日は返信はがきを持っていくこと。
申し込み先:
大阪府立上方演芸資料館 ワッハ上方「らくごかるた」係 (〒542-0075 大阪市中央区難波千日前12-7)
館にあるこどものための設備:
ベビーラック(男女トイレ内)
館のサイト:
http://www.wahha.or.jp/
[掲示板]でのワッハ上方さまの提供情報です. ありがとうございます.

大阪府立弥生文化博物館 : 石の道具を作ろう

とき:
2010年8月26日(木) 午後1時30分〜3時 (所要時間30分ぐらい)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
内容 ないよう:
むかしの人の工夫と苦労を体験して、石の道具をつくってつかってみる。
参加費 (おかね):
高校生以上は入館料がいる。
参加のしかた:
その日の時間中に随時、会場で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : ミニ銅鐸を作ろう

とき:
2010年8月12日(木) 午後1時30分〜3時 (所要時間30分ぐらい)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
内容 ないよう:
石こうを型に流し込んで作った銅鐸に、絵の具で色をつけて、自分だけのミニ銅鐸をつくる。
参加費 (おかね):
高校生以上は入館料がいる。
参加のしかた:
その日の時間中に随時、会場で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : 犬人形を作ろう

とき:
2010年7月30日(金) 午後1時30分〜3時 (所要時間30分ぐらい)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
内容 ないよう:
大坂城跡(おおさかじょうあと)の発掘調査(はっくつちょうさ)で犬の土人形(つちにんぎょう)がみつかっている。子どもがじょうぶに育つようにというお守りだった。今回は犬の人形をつくってみる。
参加費 (おかね):
高校生以上は入館料がいる。
参加のしかた:
その日の時間中に随時、会場で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : 夏季特別展ワークショップ 仮面をつくろう

とき:
2010年8月14日(土)・15日(日) 午後2時〜3時30分
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
20名 (当日先着順)
参加費 (おかね):
無料 (入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : 夏休み計量教室 棒はかりをつくろう

とき:
2010年8月8日(日) 午前10時〜午後3時 (時間内随時受付・所要時間30分ぐらい)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
50名 (当日先着順)
参加費 (おかね):
無料 (入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : 第15回博物館絵画コンテスト 卑弥呼の時代を描こう ひみこのじだいをえがこう

とき:
作品の募集 2010年6月1日(火)〜6月30日(水)必着, 優秀作品の展示 8月7日(土)〜8月25日(水)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162). 優秀作品を展示するところ/エントランスホール
テーマ:
弥生時代をイメージした絵画
対象 たいしょう:
小学生中学生
参加のしかた:
必要事項をかいた応募用紙を作品のうらにはりつけて、大阪府立弥生文化博物館へ持っていくか、郵送する。
そのほか:
画材・作品の大きさは自由。作品はあとで返してもらえる(博物館まで取りにいくか、着払いで郵送)。入賞作品の表彰式は8月7日(土) 午後2時から。
館にあるこどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立狭山池博物館 : 第10回子ども絵画コンクール 狭山池や博物館を描こう さやまいけやはくぶつかんをえがこう

とき:
写生会/2010年5月29日(土)、6月13日(日) 午前10時30分〜午後3時(受付開始‥午前10時から), 作品の提出しめ切り/7月6日(火)必着, 作品の展示/7月17日(土)〜8月29日(日)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
テーマ:
  1. 大阪府立狭山池博物館や狭山池風景 おおさかふりつさやまいけはくぶつかんやさやまいけふうけい
  2. 大阪府立狭山池博物館内展示物(写生会当日のみ写生可能) おおさかさふりつさやまいけはくぶつかんないてんじぶつ
  3. 未来の博物館 みらいのはくぶつかん
対象 たいしょう:
小学生以下の子ども
参加のしかた:
作品の裏に「学校(園)名・学年・氏名・電話番号・住所」を明記して博物館に提出。写生会への参加は、事前に申し込みが必要。写生会に参加希望の場合は、5月29日(土)分は5月27日(木)までに、6月13日(日)分は6月11日(金)までに、申し込み用紙に必要事項を書いて、博物館の受付に提出するか、郵送・ファックスで博物館へ送ること(人数に余裕がある場合は当日も参加申し込みできる)。
そのほか:
写生会のときにもっていくもの/絵を描く道具(画用紙はもらえる)・お弁当, 表彰式/8月22日(日) 午前11時〜 館長賞・特別賞・優秀賞(※博物館入館者の投票により選出するされる上位10人と、審査員で選出した10人の合計20人の作品が入選作品となる), 指導/わかりやすく絵の描きかたも教えてもらうことができる, 雨のとき/館内だけで実施(館内では絵の具をつかえない).
申し込み先・問い合わせ先:
大阪府立狭山池博物館「子ども絵画コンクール」係 (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
主催 しゅさい:
大阪府
後援 こうえん:
大阪府教育委員会・堺市教育委員会・和泉市教育委員会・富田林市教育委員会・河内長野市教育委員会・松原市教育委員会・羽曳野市教育委員会・藤井寺市教育委員会・太子町教育委員会・河南町教育委員会・千早赤阪村教育委員会
協賛 きょうさん:
株式会社サクラクレパス・日本文教出版株式会社・日本色研事業株式会社
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.42 博物館でお絵かきしよう!

交通科学博物館 : 鉄道の日イベント こうはく鉄道フェスタ

とき:
2010年10月9日(土)〜11日(祝)・14日(木)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
プログラム:
  1. SL義経号オープン展示/10月9日(土)〜11日(祝)・14日(木) 午前10時30分〜午後4時, 内容 ふだんは大きなガラスケースに入った義経号が外に登場する, ところ 屋外展示場, そのほか 雨天中止.
  2. 出発進行!ミニ500系新幹線&ミニSLシュッポ君/10月9日(土)〜11日(祝) 午前11時〜12時・午後1時〜4時, ところ 屋外展示場ミニSL運転線, 内容 実物の10分の1サイズの電動500系新幹線とミニSLの運転会, そのほか 雨天時は中止.
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

梅小路蒸気機関車館 : SL整備体験イベント ネルソン君をみがこう!

とき:
2010年9月11日(土) 午後1時〜3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
1080号蒸気機関車(1080ごうじょうききかんしゃ)「ネルソン君」をじぶんの手でキレイにしてみる。梅小路蒸気機関車館では、この機関車の整備体験(せいびたいけん)をしたい人を募集している。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2010年9月4日(土)までにとどくように、往復はがきで梅小路蒸気機関車館へ申し込む。住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
協力 きょうりょく:
JR西日本京都支社 梅小路運転区
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : ネルソン君展示開始1周年記念イベント

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
2009年9月に梅小路蒸気機関車館の19両めの保存機関車として、新たに加わったイギリス生まれの1070形1080号蒸気機関車(愛称「ネルソン君」)。9月の3連休中は「ネルソン君」の保存展示開始1周年を記念するイベントを開催。
  1. 「ネルソン君」庫外展示/2010年9月18日(土)〜20日(祝), ところ 転車台南側, 内容 ふだんは車庫の中で展示されていることが多い「ネルソン君」を、写真撮影がしやすい庫外で展示.
  2. 「ネルソン君」保存展示開始1周年特別記念券の配布/9月18日(土), ところ フロント, 内容 むかしの鉄道でつかわれていた「硬券(こうけん)」と呼ばれる硬い厚紙の切符に「ネルソン君保存展示開始1周年」をデザインして印刷し、特製の台紙にセットした特別記念券を配布, 定員 先着1080名.
  3. 「ネルソン君」の絵本よみきかせ/9月18日(土)〜20日(祝) 1回め‥午前11時30分〜 2回め‥午後1時45分〜 3回め‥午後2時45分〜, ところ 扇形車庫内, 内容 館の職員のかたがストーリー作りや作画までを手がけたオリジナル絵本を、よみきかせする催し。1回め‥「ネルソン君誕生!」、2回め‥「ネルソン君海を渡る」、3回め‥「SL館にネルソン君がやってきた!」.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 泉南のため池めぐり

とき:
2010年10月10日(日) 終日 雨天中止
ところ:
熊取町から泉佐野市方面を予定
内容 ないよう:
田んぼや水路やため池をめぐり歩いて、水生昆虫や水草など水辺の生き物をさがす。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
35名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
前もって館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 10月 メタセコイア

とき:
2010年10月9日(土) 午後2時30分〜3時30分
集まるところ:
大阪市立自然史博物館 ナウマンホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
メタセコイアは生きている化石といわれているスギのなかまの植物。現生と化石のメタセコイアを比べてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 友の会秋祭り 石器を作って、みんなで原始人

とき:
2010年10月17日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
大阪市立自然史博物館 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221) の周辺
内容 ないよう:
自分たちで石器を作って原始人体験をしてみる。二上山の「サヌカイト」を使った石器は大阪周辺の遺跡で見つかる。自分たちでもその石器作りにチャレンジしてみる。午後は作った石器を使ってビオトープの草刈りや木の枝打ち、豚汁作りにチャレンジ。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下には保護者の同伴が必要. 石器作りは危険をともなうので了解して参加すること)
参加費 (おかね):
会員は高校生以上100円、中学生以下無料。非会員は高校生以上400円、中学生以下300円。
持っていくもの:
長袖・長ズボン、軍手や手袋。防護用ゴーグルかメガネ。昼食、飲み物、豚汁を飲むためのお椀・箸、筆記用具。持参できる人はまな板。
参加のしかた:
10月11日(祝)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 友の会秋祭りプレイベント 石器を作るサヌカイトを集めよう

とき:
2010年10月11日(祝) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
奈良県香芝市関屋周辺. 集まるところ/近鉄大阪線 関屋駅改札口
内容 ないよう:
友の会秋祭り「石器を作って、みんなで原始人」(10月17日)で、自分で集めたサヌカイトで石器を作ってみる。この日は二上山のふもとでサヌカイトを集める。また希望者は火山灰層が作る不思議な地形が見られる屯鶴峯(どんずるぼう)にも行ってみる。
対象 たいしょう:
友の会会員とその家族、または友の会に関心のある人(小学生以下には保護者の同伴が必要)。
参加費 (おかね):
友の会会員とその家族は無料。会員以外は参加費300円が必要。
参加のしかた:
その日に集合場所で。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : ペーパークラフト 埴輪・かぶと・大王のくつ・冠をつくろう!

とき:
2010年8月15日(日) 午後2時〜4時
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 地階ホール おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
平成22年度夏季企画展「古墳ってなあに?-「こふん」なになぜ教室-」の関連イベント。古墳(こふん)から出土(しゅつど)する遺物(いぶつ)、埴輪(はにわ)・かぶと・大王(だいおう)のくつ・冠(かんむり)をペーパークラフトでつくる。
対象 たいしょう:
子どもと保護者
定員 ていいん:
50名 (先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども勾玉つくり工房 こどもまがたまつくりこうぼう

とき:
2010年7月24日(土)、8月7日(土)・21日(土)、9月4日(土) 午後2時〜
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325). 集まるところ/玄関付近
内容 ないよう:
平成22年度夏季企画展「古墳ってなあに?-「こふん」なになぜ教室-」の関連イベント。古代(こだい)のアクセサリー、勾玉(まがたま)をつくる。
対象 たいしょう:
子どもと保護者
定員 ていいん:
50名 (先着順)
参加費 (おかね):
材料費‥大300円 小100円
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 夏休み博物館こども工作室 なつやすみはくぶつかんこどもこうさくしつ

とき:
2010年8月29日(日) 午後1時30分〜4時のあいだ
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 地階ホール おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
平成22年度夏季企画展「古墳ってなあに?-「こふん」なになぜ教室-」の関連イベント。風土記の丘でひろった木ぎれを利用したり、ペーパークラフトつくりなど、いろいろな材料をつかって思いのままにものづくりする。
定員 ていいん:
先着50名 (時間内出入り自由)
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども博物館探険ツアー こどもはくぶつかんたんけんつあー

とき:
2010年7月31日(土)、8月28日(土) 午後2時から
集まるところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 1階相談カウンターまえ おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
平成22年度夏季企画展「古墳ってなあに?-「こふん」なになぜ教室-」の関連イベント。ふだんは入れない収蔵庫など博物館の裏がわを探検する。
対象 たいしょう:
子どもとその保護者
定員 ていいん:
20名 (先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日の午後2時に集合場所で申し込む。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 古墳見学会 こふんけんがくかい 黒姫山古墳と堺市立みはら歴史博物館

とき:
2010年8月14日(土) 午後1時30分現地集合
ところ:
黒姫山古墳(くろひめやまこふん)と堺市立みはら歴史博物館(さかいしりつみはられきしはくぶつかん) (〒587-0002 大阪府堺市美原区黒山281 TEL.072-362-2736 FAX.072-362-2260. 近鉄南大阪線河内松原駅から近鉄バス余部行きで大保下車徒歩すぐ, 南海高野線初芝駅から南海バス美原区役所行きで下黒山西下車徒歩600m, 南海高野線北野田駅から南海バスまたは近鉄バス多治井方面行きで黒姫山古墳前下車徒歩すぐ)
対象 たいしょう:
子どもと保護者
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
200円 (保護者はほかに堺市立みはら歴史博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
2010年8月1日(日・必着)までに、館のサイトにある申し込みフォームか、往復はがきで申し込む。往復はがきには、参加希望者の住所・氏名・連絡先を書いておくこと。どちらも1回(1通)につき3名まで申し込むことができる。かならず参加者全員の名前を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
大阪府立近つ飛鳥博物館 「古墳見学会」係 (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

交通科学博物館 : SL義経号をみがこう えすえるよしつねごうをみがこう

とき:
2010年10月2日(土) 午後1時〜3時30分ごろ ※小雨決行
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないうよう:
交通科学博物館では、鉄道の日に義経号をオープン展示するためにメンテナンスをする。このメンテナンスをお手伝いして、ペーパーをつかって車輪やロットをみがいたりする。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
10名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2010年9月18日(土)までにとどくように、ハガキで交通科学博物館「義経号」係へ申し込む。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(9月) 秋の渡り鳥 あきのわたりどり

とき:
2010年9月25日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
コサメビタキやメボソムシクイなど、渡りの途中に立ち寄った小鳥をさがす。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 バッタのオリンピック

とき:
2010年9月26日(日) 終日
ところ:
奈良県橿原市 藤原京(ふじわらきょう)
内容 ないよう:
秋の河原(かわら)はバッタの天国。みんなでたくさんつかまえて、名前をしらべてみる。そして、だれのバッタが遠くまでとぶか競争(きょうそう)してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
200名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生以下200円
参加のしかた:
2010年9月6日(月)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 淀川大図鑑展・子どもワークショップ おしえて!調査隊

とき:
2010年8月14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日)、9月18日(土)・19日(日)・20日(祝) 午前11時〜午後3時20分のあいだ、20分ごとにスタート
ところ:
大阪市立自然史博物館 花と緑と自然の情報センター2階 ネイチャーホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
淀川のいきものを調べている人が展示室で調査道具をもってまっている。お話が聞けたら調査隊員のかたからカードをもらってフィールドノートを完成させる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕がある場合は、小学生未満の子どもも保護者同伴で参加できる)
定員 ていいん:
1回10名
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 夏休みこども考古学講座 琴をつくろう ことをつくろう

とき:
2010年8月21日(土)・22日(日) 午前10時〜午後4時 ※2日間コース
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館、橿原市千塚資料館
内容 ないよう:
弥生時代(やよいじだい)や古墳時代(こふんじだい)の遺跡(いせき)から木でつくられた琴(こと)が出土(しゅつど)する。今回の講座では、むかしの琴をモデルに琴づくりをする。いまの琴と見た目も大きさもちがうむかしの琴は、どんな音色がするのだろうか。1日めは、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館でむかしの音についてのお話を聞き、展示を見学したあと、琴づくりをはじめる。2日めは、橿原市千塚資料館と新沢古墳群を見学したあと、琴を完成させる。
対象 たいしょう:
2日間とも参加できる小学校4年生小学校6年生
定員 ていいん:
30名
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
弁当、飲み物、タオル、軍手、よごれてもよい服装、筆記用具。
参加のしかた:
2010年8月11日(水)までにとどくように、往復はがきで申し込む。氏名(ふりがな)・住所・学校名・学年(年齢)・電話番号を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館「こども考古学講座」係 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/
催しのページ(PDF):
http://www.kashikoken.jp/museum/top-koushin/news/PDF/kodomo2010.pdf

加悦SL広場 : 初夏の加悦鉄道まつり しょかのかやてつどうまつり

とき:
2010年5月3日(祝)・4日(祝) 午前10時〜午後3時 ※小雨決行 (SL広場の営業時間は午前10時〜午後5時)
ところ:
加悦SL広場 かやえすえるひろば (〒629-2422 京都府与謝郡加悦町字滝941-2, TEL.0772-42-3186, FAX.0772-43-0080, カヤ興産株式会社)
内容 ないよう:
  1. 加悦鉄道再現列車乗車会/午前10時〜(30分ごとに発車), 内容 構内線約120m区間の往復を、キハ101形ディーゼル気動車やDB201ディーゼル機関車に牽引された木造客車列車が走る, 参加費 小学生以上100円.
  2. 鉄道模型やグッズ等のミニバザー/加悦鐵道保存会の会員のかたが収集した鉄道・バス部品、鉄道模型、鉄道古書などをバザー形式で販売.
  3. ふわふわ風船プレゼント/対象 入場した子ども全員(ぜんいん).
  4. 周遊列車ロケット号割引サービス/通常300円を200円で運行, 雨天中止.
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは入場料がいる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.kyt-net.ne.jp/kayaslhiroba/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 ツバメのねぐら

とき:
2010年8月14日(土) 夕方
ところ:
京都・宇治川方面
内容 ないよう:
夏の夜、ツバメはヨシ原に集まってねむる。夕方、ねむるために集まってきたツバメは、しばらくあたりを飛びまわる。この催しでは数千羽(すうせんば)のツバメが飛びまわるのを見にいく。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
150名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 昆虫標本の作り方

とき:
2010年8月1日(日) 午前10時〜12時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
虫をくわしくしらべたり、ずっと保存(ほぞん)しておくためには、正しい方法(ほうほう)で標本(ひょうほん)をつくらなければならない。この実習(じっしゅう)では展翅(てんし)・展足(てんそく)、ラベル作製(さくせい)などの基本作業(きほんさぎょう)を、博物館に収蔵(しゅうぞう)できるぐらいのできのよい昆虫標本を目指して、やってみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
300円 (標本作製用具の実費)
参加のしかた:
7月23日(金)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 ホネの標本製作講座 ほねのひょうほんせいさくこうざ

とき:
2010年8月22日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
自分で骨格標本(こっかくひょうほん)をつくれるようになる。ホネの標本の作りかたをまなび、じっさいに小動物の全身骨格標本を作ってみる。
対象 たいしょう:
小学校高学年以上
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
材料費など500円ぐらい
参加のしかた:
7月31日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 野外実習 植物の標本づくり

とき:
2010年8月15日(日) 終日
ところ:
大阪府能勢町方面
内容 ないよう:
植物をじっさいに採集して、押し葉標本づくり(台紙にはる前の段階)までを野外を歩いておこなう。夏休みの宿題で標本をつくって自然のことをしらべたい人にぴったりの催し。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生には保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
1,000円 (一部の材料費・資料・保険代などを含む。同伴の保護者は100円、保護者自身も標本作りをする場合は1,000円が必要)
参加のしかた:
7月31日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 標本の名前を調べよう -標本同定会- ひょうほんのなまえをしらべよう -ひょうほんどうていかい-

とき:
2010年8月29日(日) 午前10時〜12時・午後1時〜4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
夏休みのあいだに野山や海で採集した動物・昆虫・クモ・植物・キノコ・化石・岩石の標本の名前を、それぞれ専門家の人が教えてくれる。採集したものは、標本(ひょうほん)として整理しておいて、できるだけ図鑑などで名前をしらべて、わからなかったものを持っていくこと。(土器や石器などの考古学資料は持っていってはいけない。)
対象 たいしょう:
だれでも
持っていくもの:
自分でつくった標本
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
そのほか:
花と緑と自然の情報センター1階から入ること。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 淀川大図鑑展・子どもワークショップ なりきり淀川のいきものたち

とき:
2010年7月31日(土)、8月1日(日)、9月4日(土)・5日(日) 午前11時30分〜・午後1時30分〜・午後3時30分〜(1回60分間ぐらい)
ところ:
大阪市立自然史博物館 花と緑と自然の情報センター2階 ネイチャーホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
淀川にすむいきもののお話をハカセが聞かせてくれる。教えてもらったいきものの気持ちになりきって、ハカセやみんなとお話をしてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕がある場合は、小学生未満の子どもも保護者同伴で参加できる)
定員 ていいん:
1回10名
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 淀川大図鑑展・子どもワークショップ つくろう!よどがワールド

とき:
2010年8月7日(土)・8日(日)・28日(土)・29日(日) 午前11時30分〜・午後1時〜・午後2時〜・午後3時〜(1回45分間ぐらい)
ところ:
大阪市立自然史博物館 花と緑と自然の情報センター2階 ネイチャーホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
魚、貝、鳥にカエル、トンボ、水草…。淀川には楽しい、いきものがいっぱい。会場のなかにいるお気に入りのいきものを見つけて淀川の絵に書きこんで、みんなで大ずかんの1ページをつくる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕がある場合は、小学生未満の子どもも保護者同伴で参加できる)
定員 ていいん:
1回10名
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(8月) 夏の昆虫 なつのこんちゅう

とき:
2010年8月28日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
植物園を歩きながら暑い季節にあらわれる虫をさがす。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
飲みもの。暑さ対策を忘れずに。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 9月 砂つぶいろいろ

とき:
2010年9月11日(土) 午後2時30分〜3時30分
集まるところ:
大阪市立自然史博物館 ナウマンホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
砂浜にたまっている砂、川原にある砂、砂丘の砂、南の島の浜辺の砂。おなじ砂といっても、たまった場所や元となる岩の性質がちがうと、成分や形もかわってくる。いろんな砂つぶを見て、地球の歴史を考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 8月 石ころ調べ

とき:
2010年8月7日(土) 午後1時30分〜2時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
河原で集めてきたいろいろな石ころを、粒のようすを観察して、なかま分けをしてみえる。夏休みの自由研究にも役立つかもしれない。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 雑木林のキノコ

とき:
2010年9月11日(土) 終日 ※雨天中止
ところ:
堺市方面
内容 ないよう:
秋の長雨の終わりごろ、雑木林に出てくるキノコを探してみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2010年8月26日(木)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 川と水田の植物

とき:
2010年9月12日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
高槻市 芥川周辺
内容 ないよう:
暑い夏が終わるころ、川や水田では水辺の植物が花盛りをむかえる。涼しくなり始めた水辺で、初秋の植物を観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2010年8月28日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 特別行事 メタセコイアの見学会

とき:
2010年7月24日(土) 午前9時〜午後4時30分 ※雨天または増水時、野洲川河床の観察は中止
ところ:
大阪市立大学理学部附属植物園、みなくち子どもの森自然館、野洲川河床
内容 ないよう:
2010年は三木博士が化石をもとにメタセコイアを発見してから70年めをむかえる。大阪市立大学理学部附属植物園(おおさかしりつだいがくりがくぶふぞくしょくぶつえん)で現生(げんせい)のメタセコイアをほかのスギ科植物とくらべながら観察する。つぎに、滋賀県の「みなくち子どもの森自然館」と野洲川河床(やすがわかしょう)でメタセコイアの化石を観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
おとな2,200円 中学生小学生1,800円 (入園料・入館料をふくむ)
参加のしかた:
2010年6月27日(日)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
そのほか:
京阪京都線枚方駅に集合、JR草津線甲西駅で解散の予定。貸し切りバスで移動する。集合地までと解散地からの交通費は別途必要。応募者が19名以下の場合は中止。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園のメタセコイア観察会

とき:
2010年7月31日(土) 1回め/午前10時30分〜11時30分 2回め/午後3時30分〜4時30分
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
長居植物園には新生代の古第三紀・新第三紀の森を復元したエリアがある。そこでメタセコイアをほかのスギ科植物と比較しながら観察する。
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
無料 (植物園入園料がいる)
参加のしかた:
その日に集合場所で。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 芥川でセミの羽化&ライトトラップ

とき:
2010年7月18日(日) 午後6時30分〜8時 ※雨天中止
ところ:
あくあぴあ芥川周辺 (高槻市)
内容 ないよう:
セミが羽化するようすを芥川緑地で観察する。同時に芥川河川敷で水銀灯をつけて、昆虫が集まるようすも観察する。芥川緑地資料館あくあぴあ芥川との共催行事。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2010年7月5日(月)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 夏休み自由研究相談会 なつやすみじゆうけんきゅうそうだんかい

とき:
2010年7月25日(日) 午前10時〜午後4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23. 当日は博物館通用口からはいること)
内容 ないよう:
夏休みに生物(せいぶつ)、化石(かせき)、岩石(がんせき)、地質(ちしつ)など自然をテーマに自由研究に取り組もうとしている小学生中学生・高校生に、学芸員(がくげいいん)のひとがアドバイスしてくれる。
対象 たいしょう:
小学生中学生・高校生 (保護者の同伴可)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。当日参加もできるが、できるだけ前もって申し込むこと。会場へは博物館通用口(事務所入口)から入ること。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジュニア学芸員になろう!

とき:
2010年7月31日(土)〜8月2日(月) 3日間連続 終日
ところ:
大阪市立自然史博物館と高槻市摂津峡周辺
内容 ないよう:
博物館では、学芸員(がくげいいん)とよばれる人たちが、研究調査したことや採集したたくさんの標本をもとに、展示をつくっている。この催しでは、自然史博物館学芸員のかたやボランティアリーダーのかたといっしょに、昆虫・植物・地学などの分野を中心に、高槻市摂津峡周辺の自然をしらべて、博物館で行われている特別展「淀川」の展示をつくってみる。
対象 たいしょう:
小学校6年生中学校3年生 (3日間とも参加できる人)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
300円 (現地までの交通費は各自で負担)
参加のしかた:
2010年7月16日(金)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
申し込み先・問い合わせ先:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(7月) セミの羽化のかんさつ せみのうかのかんさつ

とき:
2010年7月17日(土) 午後6時30分〜8時 (集合は午後6時20分) ※雨天中止
ところ:
長居公園. 集合/大阪市立自然史博物館 通用口(事務所入口前)
内容 ないよう:
大阪市内の都市公園にもっとも多いクマゼミは、土の中で約7年すごしたあと、日暮れの後に地上に出てきて羽化をする。幼虫の皮を脱ぎ、白く透き通ったセミが現れるようすを長居公園で観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
蚊が多いので長袖・長ズボンを着てきたほうがよい。懐中電灯、虫除けスプレー、虫さされの薬、持っている人は双眼鏡かオペラグラス。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午後3時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 照葉樹林のキノコ

とき:
2010年7月11日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
高槻市摂津峡方面
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
2010年6月26日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 街のキノコ

とき:
2010年7月10日(土) 午前10時〜午後3時ごろ ※雨天中止
ところ:
長居公園周辺
内容 ないよう:
町中の公園でキノコを見つけて、キノコはどうやって生きているのかを考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
80名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料 (長居植物園の入園料がいる)
参加のしかた:
2010年6月26日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 7月 ミクロの化石

とき:
2010年7月10日(土) 午後2時30分〜3時30分
集まるところ:
大阪市立自然史博物館 ナウマンホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
ふだんはくわしく観察するチャンスが少ない化石、岩石、鉱物、地層などについて、展示解説、簡単な実験や顕微鏡観察などいろいろな方法を通じて親しむ。7月のジオラボは、およそ350万年前の海底にたまった地層から取り出したプランクトンの化石を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

神戸海洋博物館 カワサキワールド : ヘリコプターフェスタ2010

とき:
2010年7月10日(土)・11日(日) 午前10時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
ところ:
神戸海洋博物館 カワサキワールド こうべかいようはくぶつかん・かわさきわーるど (〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2 TEL.078-327-5401 FAX.078-327-5402)
内容 ないよう:
カワサキBK117ヘリコプターの体験飛行や、紙トンボ工作、ヘリコプターに関する展示など。
  1. カワサキBK117ヘリコプターの体験飛行/ヘリコプターにのって、神戸港上空を5分間とぶことができる, 対象 入館者, 参加のしかた 当日、入館券をもって海洋博物館正面玄関前で抽選券をもらう。抽選で当たったひとだけが参加することができる.
  2. 紙トンボ工作/紙とストローで紙トンボをつくって飛ばす。材料・道具類は館が用意してくれる, 参加費 無料 (入館料がいる), 参加のしかた その日に会場で.
  3. ヘリコプターに関する展示/館内.
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは、入館料がいる。※館のサイトで割引券をくばっている。
館のサイト:
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/

交通科学博物館 : 絵画展関連イベント 絵を描こう2010夏

とき:
2010年7月31日(土)、8月7日(土)・21日(土)・28日(土) 午前10時30分〜午後3時30分 (作品回収‥午後5時まで)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
博物館が画板と画用紙、クレヨンを用意してくれるので、鉄道に関係する絵をえがいて、完成作品を「日英こども鉄道絵画展」に応募することができる。団体で参加の場合は、絵画展への応募が必須条件.
対象 たいしょう:
4歳小学校6年生
参加のしかた:
その日に館で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : ミニ500系新幹線運転会 みに500けいしんかんせんうんてんかい

とき:
2010年8月13日(金)〜15日(日) 1回め/午前11時〜12時, 2回め/午後1時〜4時 ※雨天中止
ところ:
交通科学博物館 屋外展示場 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
実物の10分の1サイズの電動500系新幹線の乗車会。うしろに連結するトロッコにのることができる。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 鉄道模型工作 かんたん中華風!せいろでジオラマ

とき:
2010年8月23日(月)・26日(木) 午前10時30分〜午後2時 (昼休憩あり)
ところ:
交通科学博物館 会議室 こうつうかがくはくぶつかん かいぎしつ (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
飲茶(ヤムチャ)でつかうミニせいろのなかにジオラマをつくってみる。
対象 たいしょう:
小学生
定員 ていいん:
各日20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
材料費1,000円
参加のしかた:
2010年8月9日(月・消印有効)までに、はがきで交通科学博物館 ジオラマ係へ申し込む。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加を希望する日(あれば第2希望日も)を書いておくこと。
そのほか:
お昼ごはんは参加者各自で用意すること。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : ミュージアム探検ツアー外伝 えきたんけん!-弁天町-

とき:
2010年7月21日(水)・28日(水)、8月4日(水)・25日(水) 午後2時〜(1時間ぐらい)
ところ:
交通科学博物館 会議室、JR弁天町駅
内容 ないよう:
博物館をとび出して、ふだんは入れない「駅ナカ」に入ってみる。JR弁天町駅(じぇいあーる べんてんちょうえき)のなかを、駅員さんの案内で見学する。電車を管理(かんり)するモニターや、券売機(けんばいき)の裏がわなどを探検(たんけん)する。
対象 たいしょう:
小学生 (保護者は博物館の会議室で待機)
定員 ていいん:
各回6名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
7月分‥7月12日(月・消印有効) 8月分‥7月26日(月・消印有効)までに、はがきで申し込む。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加を希望する日(あれば第2希望日も)、駅員さんへの質問を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
交通科学博物館 駅探検係 (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 親子工作 オーブンねんど

とき:
2010年8月3日(火)・6日(金)・10日(火) 午前10時30分〜12時30分
ところ:
交通科学博物館 会議室 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
焼くとかたまるカラフルな「ねんど」をつかった工作。
対象 たいしょう:
幼稚園児小学生子どもとその保護者
定員 ていいん:
各日10組 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
材料費500円
参加のしかた:
2010年7月23日(金・消印有効)までに、はがきで交通科学博物館 親子工作係へ申し込む。郵便番号、住所、子どもと保護者の氏名、年齢、電話番号、参加を希望する日(あれば第2希望日も)を書いておくこと。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

梅小路蒸気機関車館 : 日英こども鉄道絵画展関連イベント 夏休みは絵を描こうin梅小路

とき:
2010年8月1日(日)・8日(日)・15日(日)・22日(日)・29日(日) 参加受付‥午前9時30分〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054) 参加受付‥フロント
内容 ないよう:
交通科学博物館と梅小路蒸気機関車館に作品が展示される、姉妹提携10周年記念「日英こども鉄道絵画展」の関連イベント。SL館の中でお絵かきしてみる。画用紙や画板、クレヨンは館で用意してくれるので、気軽に楽しむことができる。また「日英こども鉄道絵画展」への作品の応募もできる。
対象 たいしょう:
4歳小学校6年生子ども
定員 ていいん:
各日100名 (当日申し込み先着順)
参加のしかた:
その日に受付で申し込む。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 夏休みイベント ネルソン君とわくわく夏休み!

ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
この夏はイギリス生まれの1080号蒸気機関車(1080ごうじょうききかんしゃ)こと「ネルソン君(くん)」であそぼう。この機関車のとなりにイギリスの駅のようにつくったセットを置いて、夏休み期間中はいろいろなイベントをしている。
  1. 「ネルソン君」に乗ってみよう!/2010年7月17日(土)〜8月31日(火) 制服・制帽の貸し出し‥期間中の土曜日・日曜日の午前10時〜12時・午後1時〜3時, ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 非公開の「ネルソン君」の運転室の中に入ることができる。期間中の土曜日・日曜日には、子どもサイズの機関士の制服や制帽も借りることができるので、自由に記念撮影ができる。「ネルソン君」よこの駅舎のセット内には、明治時代に日本がイギリスから輸入した蒸気機関車をデザインしたスタンプがある.
  2. バグパイプ演奏会/8月14日(土)〜15日(日) 各日3回約15分間上演, ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 イギリス北部・スコットランドの民族楽器「バグパイプ」の演奏とパフォーマンスショーを「ネルソン君」のまえ前付近で上演.
  3. SL館オリジナルコースターを作ろう!/8月21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日) 1回め‥午前10時〜12時 2回め‥午後1時〜3時, ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 京都の伝統工芸「摺型(すりがた)友禅染(ゆうぜんぞめ)」で「ネルソン君」などをイメージした、蒸気機関車館オリジナルデザインのコースターをつくることができる.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

滋賀県立琵琶湖博物館 : 2010年度前期 観察会・見学会 かんさつかい・けんがくかい

スケジュール:
  1. 朽木で春を見つけよう/2010年5月9日(日) 午前9時30分〜午後3時30分, ところ 高島市森林公園「くつきの森」, 内容 朽木(くつき)の森で、変わったすがたのキノコを観察して楽しみ、花をつけた木々や草花の変化も観察する, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 30名, 参加費 300円(保険料・入山料を含む), 参加のしかた 10日まえまでに往復はがきで琵琶湖博物館へ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  2. 希望が丘、春の川辺を歩こう/5月22日(土) 午前10時〜12時30分, ところ 希望が丘文化公園, 内容 希望が丘文化公園内で、自然の残る荒川沿いの道を歩きながら、川沿いに見られる新緑の樹木や春の草花を観察して楽しむ, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各25名, 参加費 100円(保険料を含む)+駐車場代500円, 参加のしかた 5月12日までにとどくように往復はがきで希望が丘文化公園へ申し込む。1)参加を希望する行事名 2)参加者全員の氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号 3)ひとことメッセージを書いておくこと, 申し込み先・問い合わせ先 希望が丘文化公園業務課研修担当 (〒520-2551 滋賀県蒲生郡竜王町薬師1178 TEL.077-586-2111).
  3. 自然豊かな田んぼで生き物観察/6月19日(土) 午前10時〜午後2時, ところ 高島市朽木の水田, 内容 高島市朽木の有機農法の田んぼでイモリ、ドジョウ、モリアオガエル、水生昆虫などの観察をする, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 20名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 10日まえまでに往復はがきで琵琶湖博物館へ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  4. からすま半島でトンボを観察/6月26日(土) 午前10時〜12時, ところ からすま半島および屋外展示, 内容 琵琶湖博物館の屋外展示と烏丸半島でトンボを観察する, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 30名, 参加費 100円(保険料を含む), 参加のしかた 10日まえまでに往復はがきで琵琶湖博物館へ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
  5. 希望が丘自然観察会(昆虫)/7月4日(日) 午前10時〜12時, ところ 希望が丘文化公園, 内容 希望が丘文化公園の森で夏の虫を観察する, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各25名, 参加費 100円(保険料を含む)+駐車場代500円, 参加のしかた 6月24日までにとどくように往復はがきで希望が丘文化公園へ申し込む。1)参加を希望する行事名 2)参加者全員の氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号 3)ひとことメッセージを書いておくこと, 申し込み先・問い合わせ先 希望が丘文化公園業務課研修担当 (〒520-2551 滋賀県蒲生郡竜王町薬師1178 TEL.077-586-2111).
  6. 漁船に乗ってビワマス漁をみてみよう/7月17日(土) 午前6時〜12時, ところ 湖北町尾上、琵琶湖上, 内容 琵琶湖の漁師さんたちが琵琶湖固有亜種でもあるビワマスを琵琶湖独特の刺網であるナガコイトをつかって捕るようすを見学する, 対象 小学校6年生以下は保護者同伴, 定員 20名, 参加費 2600円(保険料・湖上タクシー代を含む), 参加のしかた 10日まえまでに往復はがきで琵琶湖博物館へ申し込む。イベント名・希望者全員の名前・年齢・住所・電話番号・ひとことメッセージを書いておくこと.
問い合わせなど:
滋賀県立琵琶湖博物館 しがけんりつびわこはくぶつかん (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

滋賀県立琵琶湖博物館 : 琵琶湖博物館わくわく探検隊 2010年度前期

ところ:
滋賀県立琵琶湖博物館 しがけんりつびわこはくぶつかん (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
スケジュール:
  1. 春の草花でしおりをつくろう/2010年4月10日(土)・24日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2・生活実験工房, 内容 館外で採取した好きな草花をパウチして、オリジナルのしおりをつくる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに会場で申し込む.
  2. 光とかげで写真をとろう-水の中の植物編-/5月8日(土)・22日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2, 内容 青焼きの日光写真の原理をつかって水草の写真をとる。幻想的な作品を作ってみよう, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに会場で申し込む.
  3. コラージュ作品をつくろう/6月12日(土)・26日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2, 内容 日光写真や折り紙・包装紙などの切り抜きを組み合わせて、コラージュ作品をつくる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分のあいだに会場で申し込む.
参加費 (おかね):
無料 ただ (観覧料がいるものもある)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

京都府京都文化博物館 : ぶんぱく子ども教室 ムックリ(楽器)を作ってみんなで鳴らしてみよう!

とき:
2010年1月9日(土) 1回め/午前10時30分〜12時 2回め/午後2時〜3時30分
ところ:
京都文化博物館 別館ホール きょうとぶんかはくぶつかん (〒604-8183 京都市中京区三条高倉)
対象 たいしょう:
小学生中学生と保護者の親子
定員 ていいん:
各回20組 (多いときは抽選)
参加のしかた:
往復はがきで2009年12月25日(消印有効)までに申し込む。希望する回、住所、参加者氏名、年齢、電話番号を書いて、返信用の宛先に住所・氏名を書いておくこと。
申し込み先:
京都文化博物館「ムックリづくり」係 (〒604-8183 京都市中京区三条高倉 FAX.075-222-0889)
館にあるこどものための設備:
ベビーカー貸し出し(1台)・オムツ替え専用シート(本館1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.bunpaku.or.jp/

梅小路蒸気機関車館 : 出発・シンコー!!ミニSL しゅっぱつ・しんこー!!みにえすえる

とき:
2010年7月17日(土)・18日(日) 午前10時〜午後3時 雨の日は中止
ところ:
梅小路蒸気機関車館 ちびっこ広場南側 うめこうじじょうききかんしゃかん ちびっこひろばみなみがわ (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
縮尺 しゅくしゃく 1/5の蒸気機関車(じょうききかんしゃ)がみんなを乗せて線路を走る。
対象 たいしょう:
だれでも (家族でのれる)
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 英国のHOゲージ鉄道模型運転会 てつどうもけいうんてんかい

とき:
2010年8月14日(土)・15日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
蒸気機関車では世界最速を記録したイギリスの「マラード号」や、イギリスの主要都市のあいだをむすぶ「インターシティー」などのHOゲージ鉄道模型がレイアウト上を走る。運転体験もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪府立狭山池博物館 : 森と湖に親しむ旬間 狭山池再発見 もりとみずうみにしたしむしゅんかん さやまいけさいはっけん

とき:
2010年7月24日(土) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪府立狭山池博物館・狭山池・副池. 集まるところ/大阪府立狭山池博物館 受付まえ おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
  1. 狭山池博物館ツアー/1回め‥午前11時集合〜12時まで 2回め‥午後2時集合〜3時まで. 内容 狭山池の歴史と文化をクイズ形式で学ぶ。ふだんはみることができない博物館の裏がわも見学できる.
  2. 狭山池ダムツアー/1回め‥午前10時30分集合〜12時まで 2回め‥午後1時30分集合〜3時まで. 内容 ふだんは見ることのできないダムの監視操作室を見学できる。遠隔監視カメラやダム管理コンピュータに実際に触れて体験し、ダムのしくみを学ぶことができる.
  3. 副池ツアー/1回め‥午前10時30分集合〜12時まで 2回め‥午後1時30分集合〜3時まで. 内容 副池クイズ。草地で特定外来種のお話を聞いてコレオプシスの草取りや、せせらぎ水路でヤナギにつく虫のお話しを聞いたり、池の中の生き物を観察したりできる.
対象 たいしょう:
だれでも (子ども向き)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日、それぞれのツアー集合時間に集合場所で申し込む。
そのほか:
先着50名の参加者にメダカをプレゼント。
問い合わせ先:
大阪府都市整備部河川室ダム砂防課ダムグループ(TEL.06-6944-6039). 大阪府富田林土木事務所建設課河川砂防グループ(TEL.0721-25-1131 内線313)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

和歌山県立自然博物館 : きのくに子ども自然博士 磯の生物子ども博士コース いそのいきものこどもはかせこーす

とき:
2010年7月27日(火)午後1時集合〜30日(金)午後1時解散 合宿形式
ところ:
和歌山県東牟婁郡串本町, 宿泊‥潮岬青少年の家
内容 ないよう:
磯の生きものを観察して、磯の生きものについての理解を深める。学芸員さんといっしょに、磯にすむ動物を中心とした生きものの観察や採集をおこない、観察の方法や図鑑をつかって生きものの名前をしらべる方法を学ぶ。参加した人には「修了証書」と「記念バッジ」がもらえる。
対象 たいしょう:
小学校5年生〜高校3年生
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
8,000円(食費・宿泊費・傷害保険料など)
参加のしかた:
2010年7月13日(火)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。。行事名、参加希望者全員の住所・氏名・年齢(学年)・電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先:
和歌山県立自然博物館「磯の生物子ども博士コース」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

兵庫県立考古博物館 : 体験イベント 考古博であそぼう 戦国時代編 こうこはくであそぼう せんごくじだいへん

とき:
2010年5月1日(土)〜5日(祝)
ところ:
兵庫県立考古博物館 メインホールほか ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
プログラム:
  1. ペーパークラフト ミニ兜(かぶと)づくりにチャレンジ
  2. 紙の甲冑(かっちゅう)を着よう!
  3. 戦国紙芝居(せんごくかみしばい)「山名物語(やまなものがたり)」
  4. 戦国ゲームであそぼう
  5. 古代船(こだいせん)に乗ろう
  6. 石棺(せっかん)に入ろう
  7. 考古楽倶楽部紙芝居
  8. はばタンが考古博にやってきた!
  9. 火縄銃(ひなわじゅう)で的(まと)あて/5月3日・4日・5日
  10. 永楽銭をつくろう/5月1日・3日・5日
  11. Ha Ri Ma Music Carnival
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
無料 (有料ゾーンで実施されるメニューは入館料がいる)
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : バックヤード見学ツアー 探検!博物館の舞台裏 たんけん!はくぶつかんのぶたいうら

とき:
2010年5月8日(土)、6月12日(土)、7月10日(土) 午後1時30分〜2時30分
集まるところ:
兵庫県立考古博物館 発券カウンターまえ (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
内容 ないよう:
ふだんはみられない博物館の舞台うらを見学できる。
定員 ていいん:
各日15名 (先着順)
参加のしかた:
その日に発券カウンターまえに集合。
参加費 (おかね):
観覧券がいる。
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 体験イベント シリーズ 古代の土器づくり講座1

とき:
2010年5月23日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
兵庫県立考古博物館 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
対象 たいしょう:
中学生以上
定員 ていいん:
15名
参加のしかた:
前もって電話で申し込む。
参加費 (おかね):
材料費がいる。
申し込み先:
兵庫県立考古博物館 学習支援課 TEL.079-437-5564
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 体験イベント 考古博で赤米を作ろう2010 (田植え)

とき:
2010年6月12日(土)
ところ:
兵庫県立考古博物館 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
30名
参加のしかた:
前もって申し込む。
参加費 (おかね):
いる。
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 体験イベント シリーズ 古代の土器づくり講座2

とき:
2010年7月4日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
兵庫県立考古博物館 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
対象 たいしょう:
中学生以上
定員 ていいん:
15名
参加のしかた:
前もって電話で申し込む。
参加費 (おかね):
材料費がいる。
申し込み先:
兵庫県立考古博物館 学習支援課 TEL.079-437-5564
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 体験イベント ガラス勾玉づくり

とき:
2010年7月11日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
兵庫県立考古博物館 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
定員 ていいん:
10名
参加のしかた:
前もって申し込む。
参加費 (おかね):
いる。
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

灘浜サイエンススクエア : 自然教室 自然から何かを作ろう -木の枝とあそぼう-

とき:
2010年3月13日(土) 午後2時30分〜4時
ところ:
灘浜サイエンススクエア なだはまさいえんすすくえあ (〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地 TEL.078-882-8136 FAX.078-882-8137 電車‥阪神電車大石駅から南へ徒歩約12分, JR神戸線六甲道駅から南西へ徒歩約25分. 車‥阪神高速道路3号神戸線摩耶ICで降り、灘浜住吉川線を東に約1km)
内容 ないよう:
山に落ちている木の枝をつかって、キーホルダーや置物などをつくる。すべてを自分で創造して作品を作り上げることで、自然を大切にする心、自然を愛する心をはぐくむ。
対象 たいしょう:
小学生 (未就学児も参加できる。熱をつかうのでやけどをしないように保護者も協力すること)
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
前もって電話で。灘浜サイエンススクエアへ申し込む。
参加費 (おかね):
無料 ただ
館のサイト:
http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 平城遷都1300年記念春季特別展「大唐皇帝陵展」関連イベント

ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうじょふぞくはくぶつかん (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
プログラム:
  1. 唐の皇帝・妃の衣装を体験/2010年4月24日(土)〜6月20日(日)のあいだの土曜日・日曜日祝日 午前9時30分〜午後4時30分, ところ フリーゾーン, 対象 小学生中学生向け(身長160cmまで), 参加費 無料.
  2. 中国の楽器・二胡の演奏会(二胡演奏グループ「蘇楽」)/5月5日(祝) 午前11時・午後1時30分(雨天中止), ところ 中庭, 参加費 無料(入館料がいる).
  3. 唐楽を楽しむ(天理大学雅楽部)/6月6日(日) 午前11時〜・午後2時〜 各30分間(雨天中止), ところ 中庭, 参加費 無料(入館料がいる).
  4. プラネタリウムで古代ロマンを体験-キトラ天文図と唐の時代-/5月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)、6月5日(土)・6日(日), ところ 1階アトリウム, 参加のしかた 前もって申し込む(くわしいことは博物館のウェブサイトに掲載される予定).
問い合わせ先:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 TEL.0744-24-1185
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 魚にエサをやろう(2)

とき:
2010年6月19日(土) 午後2時〜4時30分
ところ:
和歌山県立自然博物館 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
水族館の魚たちはなにを食べているのか、どうやって食べているのか、エサはどうやって作られているのか。実際にエサやり体験をして観察してみる。ふだんはみることができない水族館のバックヤードにはいることができるチャンス。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
入館料のほかに、傷害保険料78円がいる。
持っていくもの:
タオル・筆記用具・ビニール手袋など。
参加のしかた:
(2)‥2010年6月5日(土)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名「魚にエサをやろう(2)」、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「魚にエサをやろう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 山で暮らすカエルさがし やまでくらすかえるさがし

とき:
2010年6月6日(日) 午前10時〜午後3時ごろ ※小雨決行
ところ:
島本町方面を予定
内容 ないよう:
カジカガエルやタゴガエルなど、山でくらすカエルをさがしにいく。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2010年5月22日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 高槻のカエル探し たかつきのかえるさがし

とき:
2010年6月20日(日) ※雨天中止
ところ:
高槻市萩谷周辺
内容 ないよう:
モリアオガエルの卵塊(らんかい・たまごのかたまり)やカジカガエル、ヤマアカガエルなどのカエルをさがして歩きます。歩く距離は7kmぐらい。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2010年6月5日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 はじめてのキノコ

とき:
2010年6月27日(日) 終日(しゅうじつ・まる1にち) ※雨天中止
ところ:
東大阪方面
内容 ないよう:
はじめての人のための、キノコ観察会。いつもとつぜん出てくるキノコ。いろんなかたちや色、におい。こわい毒キノコも、観察して楽しむだけなら安全。キノコは食べない。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴がいる)
定員 ていいん:
120名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円 小学生以下200円
参加のしかた:
2010年6月12日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 京都の植生観察5 - 上賀茂

とき:
2010年5月30日(日) 終日
ところ:
京都市北区
内容 ないよう:
京都の市街地北部にある池(宝ケ池・深泥池)と、その周辺にある二次林の植物観察をする。
対象 たいしょう:
中学生以上
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
100円
参加のしかた:
2010年5月8日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジュニア自然史クラブ ミーティング 磯観察

とき:
2010年6月13日(日) 午前10時30分〜午後3時ごろ ※雨天中止
ところ:
大阪府岬町豊国崎
内容 ないよう:
ジュニア自然史クラブは、生物や地学関係が好きな中高生と学芸員のグループ。毎月、いろんな活動をしている。ジュニア自然史クラブに入れば、同じような興味を持っている友達ができたり、学芸員と知り合いになって、博物館を色々と利用することができる。6月は、大阪府の南西の端へ行き、海岸生物を採集・観察する。地層の観察や釣りもできる。
対象 たいしょう:
中学生・高校生 (12歳〜18歳)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
2010年5月29日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(6月) 大池の生き物

とき:
2010年6月26日(土) 午前10時〜11時30分 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
長居植物園にある大池をまわりながら、魚などを中心に水の生き物を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (植物園入園料が必要)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
帽子、虫除け、飲み物など、暑さ対策を忘れずに。筆記用具、ある人は双眼鏡など。
そのほか:
当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ 砂・つぶ・すな絵

とき:
2010年6月26日(土)・27日(日) 午前11時〜・午後1時30分〜・午後3時〜(1回60分間ぐらい)
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
海の砂には、どんなものがまじっているのか、じぶんの手でさわって、あみをつかって小さな砂をよりわけてみる。あつめた砂で、すてきな海の生きものの絵もかく。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕がある場合は、小学生未満の子どもも保護者同伴で参加できる)
定員 ていいん:
1回15名
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 6月 海の砂・川の砂 海の石ころ・川の石ころ

とき:
2010年6月12日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ナウマンホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
海の砂と川の砂、海の石ころと川の石ころ、形や大きさがどこかちがう。それぞれをくらべてみて、なぜちがいが生まれるか、そのメカニズムを考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

梅小路蒸気機関車館 : 英国の鉄道模型運転会 えいこくのてつどうもけいうんてんかい

とき:
2010年6月12日(土)・13日(日)・26日(土)・27日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
蒸気機関車では世界最速を記録したイギリスの「マラード号」や、イギリスの主要都市のあいだをむすぶ「インターシティー」などのHOゲージ鉄道模型がレイアウト上を走る。運転体験もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 日英こども鉄道絵画展関連イベント 絵を描こうin梅小路

とき:
2010年6月27日(日) 参加受付‥午前9時30分〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054) 参加受付‥フロント
内容 ないよう:
交通科学博物館と梅小路蒸気機関車館に作品が展示される、姉妹提携10周年記念「日英こども鉄道絵画展」の関連イベント。SL館の中でお絵かきしてみる。画用紙や画板、クレヨンは館で用意してくれるので、気軽に楽しむことができる。また「日英こども鉄道絵画展」への作品の応募もできる。
対象 たいしょう:
4歳〜12歳の子ども
定員 ていいん:
100名 (当日申し込み先着順)
参加のしかた:
その日に受付で申し込む。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

交通科学博物館 : 父の日工作 パパカード

とき:
2010年6月20日(日) 午前10時30分〜(※定員になり次第、受付終了)
ところ:
交通科学博物館 南休憩室 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
オリジナルの簡単なしかけのついた、お手伝い券つきのカードをつくる。
定員 ていいん:
30名 (先着順)
参加費 (おかね):
150円
参加のしかた:
その日の午前10時30分から会場で申し込む。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

国立国際美術館 : 「絵画の庭」のたのしみかた ワークショップ ぼくもわたしもデザイナー!

とき:
2010年3月13日(土) 午前10時15分〜午後4時45分
ところ:
国立国際美術館 こくりつこくさいびじゅつかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
内容 ないよう:
国立国際美術館新築移転5周年記念展「絵画の庭」を鑑賞したあと、展覧会のセルフガイドをデザインする。どんなデザインだとわかりやすいか、どんな文章で紹介したらたのしく伝わるか考えて、「わかりやすくたのしく伝える」をテーマに、グラフィックデザイナーとコピーライターのひと一緒にチャレンジする。
対象 たいしょう:
小学校4年生中学校3年生
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2010年3月3日(水)までにとどくように往復はがきで申し込む。(1)希望プログラム名と日時(1枚に1つ) (2)氏名(ふりがな)、(3)住所 (4)電話番号 (5)学年 (6)どのように情報を得られたかを書いておくこと。
申し込み先:
国立国際美術館「「こどものためのプログラム」係 (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
館のサイト:
http://www.nmao.go.jp/
参加日以外の観覧券 かんらんけん:
国立国際美術館「絵画の庭-ゼロ年代日本の地平から-」2010/1/16〜4/4 チケット[@電子チケットぴあ]
国立国際美術館「ルノワール 伝統と革新」2010/4/17〜6/27 チケット[@電子チケットぴあ]

国立国際美術館 : 「絵画の庭」のたのしみかた ワークショップ ぼくにはヒツジにみえたんだ

とき:
2010年3月21日(日) 午前10時30分〜午後4時30分
ところ:
国立国際美術館 こくりつこくさいびじゅつかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
内容 ないよう:
国立国際美術館新築移転5周年記念展「絵画の庭」を鑑賞したあと、色からイメージを連想してみたり、イメージから色を連想してみたりしながら、絵を描いてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2010年3月11日(木)までにとどくように往復はがきで申し込む。(1)希望プログラム名と日時(1枚に1つ) (2)氏名(ふりがな)、(3)住所 (4)電話番号 (5)学年 (6)どのように情報を得られたかを書いておくこと。
申し込み先:
国立国際美術館「「こどものためのプログラム」係 (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
館のサイト:
http://www.nmao.go.jp/
参加日以外の観覧券 かんらんけん:
国立国際美術館「絵画の庭-ゼロ年代日本の地平から-」2010/1/16〜4/4 チケット[@電子チケットぴあ]
国立国際美術館「ルノワール 伝統と革新」2010/4/17〜6/27 チケット[@電子チケットぴあ]

国立国際美術館 : 「絵画の庭」のたのしみかた ワークショップ 一線入魂!

とき:
2010年3月22日(休) 午前10時30分〜午後4時30分
ところ:
国立国際美術館 こくりつこくさいびじゅつかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
内容 ないよう:
国立国際美術館新築移転5周年記念展「絵画の庭」を鑑賞したあと、いまの「自分の線」をつくりだしながら、絵を描いてみる。線は線でも、自分が表したいことなどを思い浮かべながらかいてみると、ふだんとはちょっとちがった線が生まれるかもしれない。
対象 たいしょう:
小学校5年生以上
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2010年3月12日(金)までにとどくように往復はがきで申し込む。(1)希望プログラム名と日時(1枚に1つ) (2)氏名(ふりがな)、(3)住所 (4)電話番号 (5)学年 (6)どのように情報を得られたかを書いておくこと。
申し込み先:
国立国際美術館「「こどものためのプログラム」係 (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
館のサイト:
http://www.nmao.go.jp/
参加日以外の観覧券 かんらんけん:
国立国際美術館「絵画の庭-ゼロ年代日本の地平から-」2010/1/16〜4/4 チケット[@電子チケットぴあ]
国立国際美術館「ルノワール 伝統と革新」2010/4/17〜6/27 チケット[@電子チケットぴあ]

国立国際美術館 : 「絵画の庭」のたのしみかた ワークショップ びじゅつあーすぺしゃる かんさつさんぽ

とき:
2010年3月27日(土) 1回め/午前10時30分〜午前11時30分 2回め/午前11時30分〜12時30分 3回め/午後2時〜3時 4回め/午後3時〜4時
ところ:
国立国際美術館 こくりつこくさいびじゅつかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
内容 ないよう:
とっておきの色カードをつくったら、美術館特製の地図を持って、「絵画の庭」へ出発。自分だけにみえるかもしれないヒミツがいっぱいかくれている作品をかんさつしながら、のんびりと好きなだけお散歩をたのしむ。
対象 たいしょう:
小学生とその保護者のペア
定員 ていいん:
各回20名10組 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2010年3月17日(水)までにとどくように往復はがきで申し込む。(1)希望プログラム名と日時(1枚に1つ) (2)氏名(ふりがな)、(3)住所 (4)電話番号 (5)学年 (6)どのように情報を得られたかを書いておくこと。
申し込み先:
国立国際美術館「「こどものためのプログラム」係 (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
館のサイト:
http://www.nmao.go.jp/
参加日以外の観覧券 かんらんけん:
国立国際美術館「絵画の庭-ゼロ年代日本の地平から-」2010/1/16〜4/4 チケット[@電子チケットぴあ]
国立国際美術館「ルノワール 伝統と革新」2010/4/17〜6/27 チケット[@電子チケットぴあ]

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 水族館で魚を飼おう(1) すいぞくかんでさかなをかおう(1)

とき:
2010年6月13日(日) 午前10時〜午後3時 (雨のときは12時まで)
ところ:
和歌山県立自然博物館とその周辺 わかやまけんりつしぜんはくぶつかんとそのしゅうへん
内容 ないよう:
磯へいって生きものを採集(さいしゅう)して、自分たちでレイアウトした水槽(すいそう)で展示する。この水槽は博物館の展示水槽として一般(いっぱん)に公開(こうかい)される。
対象 たいしょう:
小学生以上の子ども〜一般 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料78円 (保護者はほかに入館料がいる)
持っていくもの:
弁当、参加費、長ぐつやぬれてもよい靴(くつ)、タオル、帽子、水筒、筆記用具など。
参加のしかた:
2010年5月30日(日)までにとどくように往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1通で申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「水族館で魚を飼おう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

池上曽根弥生学習館 : 親子体験学習講座 土器を作ってご飯を炊こう! どきをつくってごはんをたこう!

とき:
第1回め 土器作り/2010年2月13日(土) 午後1時〜4時
第2回め 火起こし・ご飯炊き/2010年2月27日(土) 午前10時〜12時
ところ:
池上曽根弥生学習館 いけがみそねやよいがくしゅうかん (〒595-0004 大阪府泉大津市千原町2-12-45 TEL.0725-20-1841 FAX.0725-20-1866)
内容 ないよう:
1回めは、粘土で1合炊きの弥生時代風のカメをつくる。2回めは、舞いギリで火をおこして、自分でつくったカメで、黒米入りご飯を炊いて食べる。
対象 たいしょう:
小学生とその家族
定員 ていいん:
20家族 (申し込み先着順)
参加のしかた:
2010年2月6日(土)午前10時から電話で館へ申し込む。
参加費 (おかね):
土器1つにつき1,300円
持っていくもの:
2月13日‥エプロンなど. 2月27日‥白米1合 (黒米は館が用意してくれる)
館のサイト:
http://www.ioctv.zaq.ne.jp/ikegamisone/

交通科学博物館 : 日英こども鉄道絵画展関連イベント 絵を描こう2010

とき:
2010年6月13日(日) 午前10時30分〜午後3時30分(作品回収は午後5時まで)※雨天決行
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
交通科学博物館と梅小路蒸気機関車館に作品が展示される、姉妹提携10周年記念「日英こども鉄道絵画展」の関連イベント。交通科学博物館でお絵かきしてみる。画用紙や画板、クレパスは館で用意してくれるので、気軽に楽しむことができる。また「日英こども鉄道絵画展」への作品の応募もできる。
対象 たいしょう:
4歳〜12歳の子ども
定員 ていいん:
100名ぐらい (当日申し込み先着順)
参加のしかた:
その日に館で申し込む。
参加費 (おかね):
4歳以上の子どもとおとなは入館料がいる (団体は3歳以上)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

神戸海洋博物館 カワサキワールド : 鉄道模型走行会 てつどうもけいそうこうかい

とき:
2010年3月20日(土)・21日(日) 午前10時〜午後5時 ※21日(日)のみ大ホール会場は午後4時まで
ところ:
神戸海洋博物館 カワサキワールド 大ホール・エントランスホールほか こうべかいようはくぶつかん・かわさきわーるど (〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2 TEL.078-327-5401 FAX.078-327-5402)
内容 ないよう:
カワサキワールド恒例イベントの鉄道模型走行会。川崎重工鉄道研究同好会メンバーによる鉄道模型の走行会のほか、鉄道模型の体験運転や持ちこみ運転(いずれもNゲージのみ)、無料で楽しめるペーパークラフトの工作なども。
  1. 川崎重工鉄道研究同好会メンバーのオリジナル車両等の走行、写真展示/午前10時〜午後5時(21日は午後4時まで), ところ 大ホール・エントランスホール, 内容 川崎重工鉄道研究同好会のメンバーによる手作りのジオラマの中をNゲージ車両が走行。Oゲージやプラレールのほか、外国の鉄道車両が走るHOゲージの走行会や同好会メンバーが撮影した鉄道の写真展示も。部屋を暗くして点灯した車両を走行させる「夜間走行」の演出も実施.
  2. 体験運転/午前10時30分〜午後4時45分(21日は午後3時45分まで), ところ 大ホール, 内容 Nゲージの車両を3分間走らせることができる, 参加のしかた その日に会場で.
  3. 持込運転(Nゲージのみ)/午前10時〜午後5時, ところ 大ホール, 内容 来場者がNゲージ車両を持ち込んで、1周約30mの巨大レイアウトの中を1人15分間走らせることができる, 定員 あり(先着順), 参加のしかた 神戸海洋博物館玄関前で配布される整理券をもらう。整理券は運転する人1名に1枚だけ。運転時間は指定できない(整理券先着順).
  4. ペーパークラフト工作/午前10時〜午後5時, ところ 研修室, 内容 ペーパークラフトで運転士の帽子(サンバイザー型)をつくる。つくった帽子をかぶって持込運転や体験運転で運転士気分を楽しむとよい, 定員 あり(ペーパークラフトがなくなり次第終了).
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは、入館料がいる。※館のサイトで割引券をくばっている。
館のサイト:
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/

交通科学博物館 : ゴールデンウィークイベント きかんしゃトーマスとなかまたち わくわくトレインツアー出発進行!

ところ:
交通科学博物館 屋外展示場 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
プログラム:
  1. きかんしゃトーマスとなかまたち わくわくトレインツアー出発進行!/2010年5月3日(祝)〜5日(祝) 1回め‥午前11時〜12時 2回め‥午後1時〜4時 ※小雨決行, 内容 「きかんしゃトーマス」がひく4両の客車にのることができる.
  2. 出発進行!ミニ500系新幹線運転会!/4月29日(祝)・5月1日(土)・2日(日) ※雨天中止, 内容 約1/10にデフォルメされた、電動のミニ500系新幹線がひっぱるトロッコにのることができる.
  3. 出発進行!ミニ500系新幹線運転会/4月29日(祝)・5月5日(祝) 午前11時〜12時・午後1時〜4時, ところ 屋外展示場, 内容 約10分の1にデフォルメされた500系新幹線電車の電動模型運転会(でんどうもけいうんてんかい)。うしろに連結(れんけつ)されたトロッコにのることができる, そのほか 雨天中止.
参加費 (おかね):
4歳以上の子どもとおとなは入館料がいる (団体は3歳以上)
参加のしかた:
その日に会場で
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

梅小路蒸気機関車館 : ゴールデンウィークイベント 日英の鉄道わくわくキッズフェア

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
スケジュール:
  1. SL館!日本と英国の鉄道車両スタンプラリー!!/2010年4月29日(祝)〜5月5日(祝) 午前10時〜午後3時, ところ 館内各所, 内容 日本の「0系新幹線」や英国のSL「マラード号」など、日本と英国を代表する鉄道車両をデザインした5種類のスタンプを集める.
  2. 日本と英国のHOゲージ鉄道模型運転会/4月29日(祝)・30日(金) 午前10時〜午後3時, ところ 扇形車庫内会場, 内容 日本が英国から輸入した蒸気機関車や、蒸気機関車では世界最速を記録した英国の「マラード号」などのHOゲージ鉄道模型がレイアウトをはしる.
  3. 出発・シンコー!ミニSL/5月4日(休)・5日(祝) 午前10時〜午後3時, ところ ちびっこ広場南側, 内容 約1/5サイズのミニD51形蒸気機関車にのって、往復約100メートルの線路をはしる。今回は「英国国立鉄道博物館との姉妹提携10周年記念」のオリジナルヘッドマークをつけてはしる.
  4. レッツ・ゴー!!ミニ新幹線/5月1日(土)〜3日(祝) 午前10時〜午後3時, ところ 扇形車庫内, 内容 300系ミニ新幹線がけん引する列車にのる.
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : 大恐竜展 きょうりゅう・ぬりえコンテスト

作品の募集期間 ぼしゅうきかん:
2010年3月20日(土)〜4月18日(日)
内容 ないよう:
恐竜(きょうりゅう)の生きたすがたを見ることはできないが、研究者(けんきゅうしゃ)のひとはいろいろな情報(じょうほう)から恐竜のすがたを復元(ふくげん)していく。そのなかでも、いろいろな考えかたができるのは、からだの色。このコンテストでは、線画(せんが)で描かれたマプサウルス親子に、子どもたちが考えた色をぬった、ぬり絵を募集している。応募部門は、1.幼児・園児の部、2.小学生の部がある。最優秀賞1点、優秀賞2点、佳作が選ばれる。入賞結果は、4月下旬に読売新聞紙上、大恐竜展のサイトなどで発表される。入賞作品は、選考終了後、5月上旬から大恐竜展会期終了まで展示される。
作品の形態 さくひんのけいたい:
手描きの作品を提出すること。色鉛筆、絵の具、クレヨンなど画材はなんでもよい。用紙サイズはA4サイズ(事務局で用紙をもらうか、館のサイトもしくは大恐竜展のサイトにあるぬりえコンテストのページから台紙をダウンロードすること)。
応募のしかた:
台紙に郵便番号・住所、氏名、性別、電話番号、学校名、学年、年齢とかんたんなコメントを書いて、大阪市立自然史博物館「大恐竜展ぬりえ」係へ郵送するか、もしくは「大恐竜展」会場入り口に提出する。応募は1人1点まで。応募作品は返却されない。
応募先 おうぼさき:
大阪市立自然史博物館「大恐竜展ぬりえ」係 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
催しのページ:
http://www.osaka-event.com/event/10daikyoryu/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(5月) 街で繁殖する鳥

とき:
2010年5月22日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
ヒヨドリ、シジュウカラ、スズメ、ムクドリなどが繁殖するようすを観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (植物園入園料が必要)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 海べのしぜん

とき:
2010年5月16日(日) 終日(しゅうじつ・まる1にち) ※雨天中止
ところ:
岬町長崎海岸
内容 ないよう:
潮がよく引いた春の磯で、いろいろな海の動物、海そうなどを観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴がいる. 団体参加は不可. 未就学児は保護者同伴でも参加できない)
定員 ていいん:
250名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円 小学生以下200円
参加のしかた:
2010年4月30日(金)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 大峰山に3億年の歴史を探る

とき:
2010年5月23日(日) 午前9時〜午後6時 ※雨天中止
ところ:
奈良県黒滝村周辺
内容 ないよう:
近畿地方の屋根、大峰山・大台ケ原の周辺は3億年前に存在したパンサラッサ海の深い海にたまったチャートや地下深くのマントルから急上昇してきたスーパープルーム起源の火山岩など日本列島のおいたちに深く関わる岩石が見られる。さらに、1500万年前に、数10km離れた奈良市周辺や室生にまで火砕流堆積物を噴出した大台カルデラが巨大噴火をおこした証拠も観察できる。今回の観察会ではふだん見ることのできない山深い大峰地域の地質現象を観察することができる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
25名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
大阪からの交通費(バス代)を含めて4000円ぐらいを予定。
参加のしかた:
2010年4月23日(金)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

和歌山県立自然博物館 : きのくに野外博物館 磯の生物観察会1 いそのせいぶつかんさつかい1

とき:
2010年5月16日(日) 午前11時〜午後2時30分 雨のときは中止
ところ:
和歌山県有田郡広川町 小浦海岸 おうらかいがん
内容 ないよう:
春の大潮(おおしお)の潮がよくひいた磯で、ふだんは水中になる場所にいる生きものを観察する。おもにエビやカニ、ウミウシなどの無脊椎動物(むせきついどうぶつ)や小型(こがた)の魚などを観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学校4年生以下の子どもは保護者がいっしょに参加すること)
定員 ていいん:
60名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料など20円
持っていくもの:
水筒、ぬれてもよい安全な履きもの(ビーチサンダル等は危険なので不可)、帽子、タオル、軍手、弁当、日焼け止め、採集道具など。
参加のしかた:
2010年5月2日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「磯の生物観察会」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 裏方探検ツアー うらかたたんけんつあー

とき:
2010年5月15日(土) 午前10時〜12時
ところ:
和歌山県立自然博物館 わかやまけんりつしぜんはくぶつかん (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
だれもがのぞいてみたい水族館の裏かたを探検するツアー。水槽(すいそう)の裏がわや、施設(しせつ)を見ながら、係のかたのお話しをきいて水族館の構造(こうぞう)をまなび、展示水槽(てんじすいそう)の生きものについてまなぶことができる。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学校4年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料78円 (おとなは入館料もいる)
参加のしかた:
2010年5月1日(土)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名と参加希望日、参加希望者全員(同伴保護者名含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1日程1通で応募すること。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「裏方探検ツアー」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども古墳探険ツアー こどもこふんたんけんつあー

とき:
2009年12月5日(土)、2010年3月6日(土) 午後2時〜3時
集まるところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 1階相談カウンター おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
近つ飛鳥風土記の丘(ちかつあすかふどきのおか)にある一須賀古墳群(いちすかこふんぐん)の古墳を探検する。
対象 たいしょう:
中学生以下の子どもとその保護者
定員 ていいん:
あり (先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日の午後2時に集合場所で申し込む。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども博物館プチ探険ツアー こどもはくぶつかんぷちたんけんつあー

とき:
2010年2月6日(土) 午後2時〜3時
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325). 集まるところ/博物館1階相談カウンター
内容 ないよう:
博物館の収蔵庫(しゅうぞうこ)やふだん見ることのできない場所を探検する。
対象 たいしょう:
中学生以下の子どもとその保護者
定員 ていいん:
あり (当日先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日の午後2時に集合場所で申し込む。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こどもファーストデイ 親子でものづくり こんなんつくるで!

とき:
2009年度の毎月第3土曜日 午後1時30分〜3時
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 1階ロビー おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
対象 たいしょう:
中学生以下の子どもと保護者
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に申し込む。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

神戸ファッション美術館 : ししゅうのかごバッグをつくろう!

とき:
2009年8月28日(金) 午前の部/午前10時30分〜12時30分 午後の部/午後2時〜4時
ところ:
神戸ファッション美術館 4階 こうべふぁっしょんびじゅつかん (〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1 TEL.078-858-0050 FAX.078-858-0058)
内容 ないよう:
7月16日(木)からの特別展示「超絶刺繍 -ヨーロッパ・インド・日本のわざ-」にあわせて催されるワークショップ。刺繍(ししゅう)の技法(ぎほう)をつかって、夏らしいかごバッグをつくる。特別展を鑑賞したあと、毛糸やビニールなどのいろいろなひもをつかって、手芸用(しゅげいよう)のネットに模様をほどこしていく。
対象 たいしょう:
小学校1年生小学校6年生 (おとな同席可)
定員 ていいん:
各回15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
500円 (保険代・材料費込み)
参加のしかた:
2009年8月8日(土・消印有効)までに往復はがきで申し込む。住所、氏名(よみがな)、学年、電話番号、参加希望の時間(午前の部・午後の部・どちらでもよい)、返信用あて名を書いておくこと。
申し込み先:
神戸ファッション美術館「ししゅうのかごバッグをつくろう!」係 (〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中 2-9-1)
そのほか:
参加する子どもは、保護者が送迎すること。
館のサイト:
http://www.fashionmuseum.or.jp/

大阪歴史博物館 : ワークショップ 紋きり遊びで親しむチベットの吉祥文様

とき:
2010年3月14日(日)・28日(日) 午後2時〜4時
ところ:
大阪歴史博物館 アトリウム おおさかれきしはくぶつかん (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
2010年3月31日(水)まで開催されている特別展「聖地チベット -ポタラ宮と天空の至宝-」の関連イベント。チベットでたいせつなものとされている吉祥文様(きっしょうもんよう)の意味を知るためのワークショップ。紋きり遊びでは、紙をたたんでハサミで切って、美しい文様がつくることができる、江戸時代からつづく伝統の遊び。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
なし
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で随時。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪歴史博物館 : あなたも仏像になれる? 仏像の衣・着装体験

とき:
2010年3月21日(日)・22日(休) 午後1時30分〜4時
ところ:
大阪歴史博物館 1階エントランス おおさかれきしはくぶつかん (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
仏像(ぶつぞう)が身にまとう衣(ころも)は仏(ほとけ)の尊格(そんかく)ごとにちがう。出家(しゅっけ)したあとの釈迦(しゃか)をかたどった「如来(にょらい)」、出家するまえのすがた「菩薩(ぼさつ)」。この2つの仏像の衣について、じっさいに着装体験(ちゃくそうたいけん)してみる。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
40名 ※「如来」「菩薩」各20名ずつ (当日整理券先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ (特別展観覧券かその半券の提示が必要)
参加のしかた:
その日の午後1時から配られる整理券をもらう。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪歴史博物館 : なにわ歴博 わくわく子ども教室 むかしの瓦の拓本体験 むかしのかわらのたくほんたいけん

とき:
2009年10月〜2010年3月の毎月第1土曜日(ただし1月は第2土曜日) 午後2時〜4時
ところ:
大阪歴史博物館 8階 なにわ考古研究所 おおさかれきしはくぶつかん 8かい なにわこうこけんきゅうじょ (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
むかしの瓦の模様(もよう)を拓本で写しとってみる。自分でとった拓本は、記念に持って帰ることができる。
対象 たいしょう:
小学生中学生
定員 ていいん:
なし (あいている道具があればいつでも参加できる)
参加費 (おかね):
無料 ただ (常設展示観覧券がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪歴史博物館 : わくわく子ども教室 手作りおもちゃで遊ぼう!

とき:
2009年4月〜2010年3月までの毎月第1・3土曜日(1/2をのぞく) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
大阪歴史博物館 1階 エントランス おおさかれきしはくぶつかん 1かい えんとらんす (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
むかしのおもちゃや遊びにくわしい「おもちゃ作りサポーター」のひとにおしえてもらいながら、むかしのおもちゃをつくったり、むかしの遊びを体験して楽しむ。つくるおもちゃは、ストロートンボや笹の葉っぱでつくるかたつむりなど、みぢかな材料(ざいりょう)をつかってかんたんにつくれるもの。つくったおもちゃは、持って帰って家でも遊ぶことができる。
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 レンゲ畑のいきもの

とき:
2010年4月25日(日) 午前10時〜午後2時 ※雨天中止
ところ:
高槻市方面
内容 ないよう:
レンゲソウがたくさん咲いている田んぼで、花や虫など、いろいろな生きものと友だちになる。レンゲソウの花はどんなかたちをしているか、ミツバチはなにをしているか、じっくり見てみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること. 団体参加は不可)
定員 ていいん:
200名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生以下200円
参加のしかた:
2010年4月10日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ クジラスタンプラリー

とき:
2010年4月29日(祝) 午前11時〜午後3時のあいだに10分ごとにスタート (本館の中をまわる約30分から50分間のプログラム)
ところ:
大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
はくぶつかんの中の、クジラの展示をさがして、スタンプをもらう。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生未満の子どもは保護者同伴必要)
参加費 (おかね):
無料 (高校生以上は本館への入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 5月 鹿沼土のひみつ

とき:
2010年5月8日(土) 午後2時30分〜
集まるところ:
大阪市立自然史博物館 本館ナウマンホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
ふだんはくわしく観察するチャンスが少ない化石・岩石・鉱物・地層などについて、かんたんな実験や顕微鏡観察などいろいろな方法をつうじて親しむ。5月は、植木鉢のなかに入っている黄色っぽい粒、鹿沼土(火山からとんえきた軽石の一種)をあつかう。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者がいっしょにくること)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(4月) 春の渡り鳥

とき:
2010年4月24日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
オオルリやキビタキなど渡りの途中に立ち寄った小鳥をさがす。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (植物園入園料が必要)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : 春休み特別企画 鉄道模型ワールドin博物館 てつどうもけいわーるど いん はくぶつかん

とき:
展示/2010年3月24日(水)〜4月4日(日) 午前10時〜午後5時(最終日は午後3時まで)
持ち込み走行会/2010年3月27日(土)・28日(日)、4月3日(土)・4日(日) 午前10時15分〜12時・午後1時〜4時30分(4/4のみ午後2時30分まで) (1人15分間)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 1階特別展示室 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
各地の博物館に展示されている模型をつくっている専門の会社、株式会社ヤマネがつくった鉄道模型ジオラマや鉄道模型などを展示。また、運転用の鉄道模型レイアウトでは、NゲージとHOゲージの持ち込み走行会も催される。持ち込み走行会では、Nゲージ・HOゲージ各4線のレイアウトを同時に運転、自分のNゲージ・HOゲージ模型を持ち込んで1人15分間走行させることができる。
おもな展示品 てんじひん:
Nゲージ模型1,500両、HOゲージ模型400両、C62形蒸気機関車1/15木製模型、鉄道部品(行き先板・銘板など)、鉄道写真。
持ち込み走行会の対象 たいしょう:
NゲージかHOゲージの鉄道模型を持っている人
持ち込み走行会の定員 ていいん:
Nゲージ・HOゲージとも各日88人 (4/4のみNゲージ・HOゲージとも55人) 整理券配布先着順
持ち込み走行会の参加のしかた:
その日の午前10時から配られる整理券をもらって、走行時間をきめる。
参加費 (おかね):
入場無料、持ち込み走行も無料。
主催 しゅさい:
大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館協働運営委員会
協力 きょうりょく:
株式会社ヤマネ
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
案内チラシ(PDF):
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/pdf/rm-ev201003.pdf

大阪府立弥生文化博物館 : 第2回弥生フェスティバル

とき:
2010年3月24日(水)〜27日(土)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
プログラム:
  1. 竪穴住居で写真を撮ろう!/期間中毎日 終日, ところ 第1展示室, 内容 常設展示の原寸大竪穴住居に入って、弥生の家族といっしょに記念撮影.
  2. 考古学屋台村/期間中毎日 午前10時〜午後3時, ところ 第2展示室, 内容 弥生時代や古墳時代の遺物をオープン展示.
  3. 卑弥子登場/期間中毎日 終日, ところ 特別展示室, 内容 卑弥子の衣装を特別公開.
  4. 池上曽根探検ツアー/3月27日(土) 午後2時〜3時30分, ところ 第2展示室&史跡公園, 内容 池上曽根遺跡について、現地を歩きながらまなぶ.
  5. 海渡君(かいとくん)はどこ?/期間中毎日 終日, 内容 展示室のどこかにかくれている弥生犬の海渡君をさがす.
  6. 博物館バックヤードツアー/3月27日(土) 午前11時〜12時, ところ 地階一般収蔵庫, 内容 博物館の収蔵庫を学芸員のかたの案内で見学できる, 定員 15名(先着順).
体験屋台村:
午前10時〜午後3時
  1. はにわストラップ作り/3月24日(水)・25日(木), ところ エントランスホール, 出店 八尾市立しおんじやま古墳学習館.
  2. 狩人きぶん/3月24日(水)・25日(木), ところ ホール, 内容 弓矢で動物形の的をねらい、弥生人の狩りのきぶんを体験する。みごと獲物をしとめたらプレゼントがもらえる.
  3. 拓本教室/3月26日(金)・27日(土), ところ エントランスホール, 出店 大阪府立近つ飛鳥博物館.
  4. 石器で切れるかな?/3月26日(金)・27日(土), ところ 第2展示室, 内容 大昔の人がナイフとしてつかったサヌカイトで、野菜を切ってみる.
  5. パズル教室/期間中毎日, ところ 第2展示室.
こんぺいとうを作ってみよう!:
  1. とき/3月27日(土) 午後1時30分〜3時
  2. ところ セミナールーム
  3. 内容/こんぺいとうの色つけと味つけを体験できる.
  4. 定員30名
  5. 参加費/500円
  6. 参加のしかた/3月2日(火)から電話(TEL.0725-46-2162)で申し込む.
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : みんないっしょに考古楽!2009 弥生の“米つき”!?

とき:
2009年7月18日(土)、11月21日(土)、2010年3月20日(土) 午後2時〜3時30分(随時)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27). 前庭か地階セミナー室
内容 ないよう:
復元した弥生時代の竪杵(たてぎね)と臼(うす)をつかって、籾米(もみごめ)から籾殻(もみがら)をはずしてお米にする体験をする。
定員 ていいん:
あり (先着順)
参加費 (おかね):
無料 (べつに入館料がいる)
参加のしかた:
その日の時間内に随時。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

兵庫県立考古博物館 : 企画展「ひょうごの遺跡 Vol.2」関連体験イベント 鬼瓦のお面で鬼退治! おにがわらのおめんでおにたいじ!

とき:
2010年1月31日(日) 午後2時〜午後3時
ところ:
兵庫県立考古博物館 体験学習室2 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ2 (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
内容 ないよう:
2010年1月16日(土)〜2月28日(日)のあいだ開催される企画展「ひょうごの遺跡 Vol.2 -復元された出土品、初公開-」の関連イベント。鬼瓦(おにがわら)を見本にお面をつくって、豆まきをする。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
20名 (先着順)
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
無料 ただ
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 古代体験講座 本格勾玉づくり講座 ほんかくまがたまづくりこうざ

とき:
2010年2月7日(日) 午後1時〜午後3時30分
ところ:
兵庫県立考古博物館 体験学習室2 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ2 (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
内容 ないよう:
滑石(かっせき)よりもすこしかたい石をつかってまが玉をつくる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
前もって電話で申し込む。
参加費 (おかね):
材料費がいる。
申し込み先:
兵庫県立考古博物館 学習支援課 TEL.079-437-5564
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 体験イベント 考古博であそぼう

とき:
2010年2月11日(祝)、3月20日(土)〜22日(月) 午前11時〜12時・午後1時30分〜午後2時30分
ところ:
兵庫県立考古博物館 テーマ展示室まえメインホール ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
内容 ないよう:
とくべつな古代体験メニューで楽しむことができる。
参加のしかた:
その日に会場で。
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : バックヤード見学ツアー 探検!博物館の舞台裏 たんけん!はくぶつかんのぶたいうら

とき:
2010年2月13日(土)、3月13日(土) 午後1時30分〜2時30分
集まるところ:
兵庫県立考古博物館 発券カウンターまえ (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
内容 ないよう:
ふだんはみられない博物館の舞台うらを見学できる。
定員 ていいん:
各日15名 (先着順)
参加のしかた:
その日に発券カウンターまえに集合。
参加費 (おかね):
観覧券がいる。
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 2010年新春イベント

ところ:
兵庫県立考古博物館 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
プログラム:
  1. 考古博たこあげコンテスト/2010年1月2日(土) 午後1時30分〜3時30分, 内容 考古博物館の絵を描いて、たこをあげする, 対象 幼児小学生, 定員 30名(当日先着順), 参加費 300円, 参加のしかた その日の午後1時から会場で申し込む.
  2. 新春餅つき/1月3日(日) 午前11時〜12時, 内容 考古博物館で栽培した古代米で餅つきをする, 対象 だれでも, 定員 試食100名ぐらい(先着順), 参加費 無料, 参加のしかた その日の午前10時30分から会場で配られる整理券をもらう.
  3. 考古博カルタ大会/1月3日(日) 午後1時30分〜4時30分, 内容 みんなでつくったカルタでカルタ大会をする, 対象 小学生, 定員 100名(当日先着順), 参加費 無料, 参加のしかた その日の午後0時から会場で申し込む.
  4. 考古博であそぼう/1月9日(土)〜11日(祝) 午前11時〜12時・午後1時30分〜2時30分.
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/
催しのチラシ(PDF):
http://www.hyogo-koukohaku.jp/events/...
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン

西宮市貝類館 : 夏休み採集生物相談教室 なつやすみさいしゅうせいぶつそうだんきょうしつ

とき:
2009年8月23日(日) 午前10時〜午後4時まで
ところ:
西宮市貝類館 にしのみやしかいるいかん (〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜4-13-4 TEL.0798-33-4888)
内容 ないよう:
夏休みに見つけた貝や昆虫(こんちゅう)、植物(しょくぶつ)などを専門の先生に見てもらって、種類(しゅるい)や名前をしらべてみる。
参加費 (おかね):
入館料がいる (幼児と、「のびのびパスポ−ト」・「ココロンカ−ド」持参の子どもは観覧無料)
参加のしかた:
その日に会場で。
そのほか:
持っていってもよい標本は、貝・昆虫・植物だけ。
館のサイト:
http://www.nishi.or.jp/homepage/kairuikan/

西宮市貝類館 : 夏休み 貝と粘土の工作教室 かいとねんどのこうさくきょうしつ

とき:
2009年8月8日(土)・9日(日) 午前の部/午前10時〜12時, 午後の部/午後1時30分〜3時30分
ところ:
西宮市立西宮浜公民館講堂 (西宮市貝類館の北どなり)
内容 ないよう:
貝と粘土をつかって、自分だけの作品をつくってみる。作品は8月10日(月)〜23日(日)までのあいだ西宮市貝類館で催される「貝と粘土の工作教室作品展」で展示される。
対象 たいしょう:
小学生 (小学校3年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
各回50名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
材料費 500円
参加のしかた:
2009年7月25日(土)までにとどくように往復はがきで申し込む。「貝と粘土の工作教室」、希望する日時の部を第1希望から第4希望まで、住所、氏名、学校名、学年、電話番号を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
西宮市貝類館 (〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜4-13-4 TEL.0798-33-4888)
館のサイト:
http://www.nishi.or.jp/homepage/kairuikan/

梅小路蒸気機関車館 : SLナンバープレート拓本コーナー SLなんばーぷれーとたくほんこーなー

とき:
2010年4月24日(土)・25日(日) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
蒸気機関車(じょうききかんしゃ)のナンバープレートをクレヨンで紙に写しとる拓本(たくほん)体験(たいけん)ができる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2010年4月10日(土)・11日(日) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
HOゲージ(えいちおーげーじ・縮尺1/80)のながさ150メートルのレイアウトの上を、蒸気機関車(じょうききかんしゃ)や新幹線(しんかんせん)などいろいろな模型がはしる。持ちこみ運転もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : ジュニア自然史クラブ ミーティング 裏方見学と標本実習

とき:
2010年4月6日(火) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪市立自然史博物館周辺
内容 ないよう:
ジュニア自然史クラブは、生物や地学関係が好きな中高生と学芸員のグループ。毎月、いろんな活動をしている。ジュニア自然史クラブに入れば、同じような興味を持っている友達ができたり、学芸員と知り合いになって、博物館を色々と利用することができる。4月は、博物館の裏かたを見学したり、昆虫や哺乳類などの標本づくりをする。また、2010年度にジュニア自然史クラブでどんなことをするか相談する。
対象 たいしょう:
中学生・高校生 (12歳〜18歳)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
2010年3月31日(水)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 大阪層群の植物化石 おおさかそうぐんのしょくぶつかせき

とき:
2010年3月14日(日) 午前10時〜午後3時ごろ 雨天中止
ところ:
岸和田市
内容 ないよう:
大阪のまわりの丘陵(きゅうりょう)には大阪層群(おおさかそうぐん)とよばれる約300万年まえ〜35万年まえの地層(ちそう)が分布(ぶんぷ)している。岸和田市付近に分布する約250万年まえの大阪層群の地層から種子(しゅし)の化石をさがしてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
25名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2010年2月27日(土)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 裸子植物 らししょくぶつ

とき:
2010年3月7日(日) 午前10時〜午後3時30分 雨天決行
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)、長居公園
内容 ないよう:
ふだんあまりくわしく観察しないマツ、スギ、ヒノキ、メタセコイアなど、裸子植物の枝や球果を観察してみる。植物園での観察と室内での標本観察。
対象 たいしょう:
中学生以上
定員 ていいん:
各回24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
2月20日(土)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 3月 方解石をすかしてみる二重文字

とき:
2010年3月13日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
方解石の単結晶をすかして字を見ると二重に見えることは有名だが、ある方向から見ると二重には見えない。また、石英でも文字が二重に見える場合がある。結晶をすかしてみる光の不思議をまなぶ。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(3月) 公園の冬鳥3

とき:
2010年3月13日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
花に来ている鳥を中心に春先の鳥たちの行動を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (ただし、植物園入園料が必要)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ ボランティアまつり

とき:
2010年3月27日(土)・28日(日) 午前11時〜午後4時 (各コーナーで開始・終了時間がちがう)
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
いつもワークショップのおてつだいをしているボランティアのおにいさん、おねえさんたちと、あそんでみよう。おねえさんたちがかんがえた、はくぶつかんクイズや、工作のたいけんコーナーが、はくぶつかんにとうじょうする。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生未満の子どもは保護者同伴必要)
参加費 (おかね):
材料費200円 (1日共通フリーパス)
参加のしかた:
その日に会場で。それぞれのコーナーで受付時間がちがうので、各コーナーの掲示を確認すること。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 4月 植物化石 しょくぶつかせき

とき:
2010年4月10日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ナウマンホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
石になった木の化石、落ち葉のような葉の化石など、いろいろなタイプの植物化石を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 大恐竜展・子どもワークショップ 親子でわくわく・レプリカ体験

とき:
2010年4月17日(土)・18日(日)・24日(土)・25日(日) 午前10時〜・午後2時〜(90分間ぐらい)
ところ:
大阪市立自然史博物館 「大恐竜展」会場 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
化石で見つかった大きな恐竜たち。大むかし、恐竜たちはどんなくらしをしていたのか? 恐竜の化石をよくながめて「レプリカ」をつくってみる。
対象 たいしょう:
小学生1名と保護者1名のペア
定員 ていいん:
各回12組24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
材料費2,000円 (材料費2名分1,000円・特別展入場料1,000円)
参加のしかた:
3月28日までに館のサイトの申し込みページから申し込む。または、普通はがきに必要事項と参加希望日時(第1希望、第2希望まで)を書いて、「大恐竜展」大阪実行委員会事務局(大阪市立自然史博物館内)へ申し込む。参加受付者には、折り返し、参加証を送ります。 小学生とその保護者のペアで申し込むこと。定員に余裕のある場合のみ、小学生未満の子どもとその保護者の方も参加できる。当日は参加費と参加証(はがき)を持っていくこと。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : マプサウルス親子の絵本ひろば

とき:
2010年4月10日(土)〜11日(日) 午前10時〜午後4時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 「大恐竜」展会場出口前 花と緑と自然の情報センター2階ギャラリー (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
恐竜絵本(きょうりゅうえほん)や親子で読む絵本をたくさん展示。じっさいに手にとって、親子で絵本を自由に楽しむことができる。またそのほか、絵本をテーマにした親子で楽しめるイベントも催される。
対象 たいしょう:
小学生未就学児童(保護者の付き添いが必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 早春のカエルさがし

とき:
2010年4月11日(日) 午前10時〜午後3時ごろ ※小雨決行
ところ:
猪名川町方面
内容 ないよう:
ヒキガエルやアカガエルなど、早春(そうしゅん)に繁殖(はんしょく)するカエルのオタマジャクシをさがしにいく。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2010年3月27日(土)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 大恐竜展・子どもワークショップ 木の実で<恐竜クラフト>つくりを楽しもう!

とき:
2010年4月3日(土)・4日(日) 1回め/午前10時〜12時 2回め/午後1時〜2時30分 3回め/午後3時〜4時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
定員 ていいん:
各回20名ぐらい
参加費 (おかね):
無料 (おとなは特別展観覧券の半券がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 タンポポ調査に参加しよう たんぽぽちょうさにさんかしよう

とき:
2010年4月4日(日) 午後1時〜3時
ところ:
日高高等学校 (和歌山県御坊市島45) とその周辺
内容 ないよう:
過去の調査でわかった、和歌山県に分布する5つのタンポポについてまなび、「在来タンポポと外来タンポポのちがい」に注目して、御坊市の日高高校周辺のタンポポを観察する。そして、観察会から帰っても調査ができる専用のタンポポ調査用紙の使いかたをまなぶ。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学校4年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
入館料のほかに、傷害保険料78円がいる。
持っていくもの:
筆記用具、家にあればルーペ、植物図鑑など。
参加のしかた:
2010年3月21日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「タンポポ調査に参加しよう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : きのくに野外博物館 熊野古道の植物観察 くまのこどうのしょくぶつかんさつ

とき:
2010年3月28日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
和歌山県上富田町岡 集まるところ/南紀支援学校 (上富田町岩田1787-1)
内容 ないよう:
口熊野の地である上富田町では、和歌山県で記録されている5種類のタンポポを、すべて観察することができる。また、古道沿いには、和歌山県が生んだ世界的博物学者の南方熊楠が守った鎮守の森が、天然記念物として保存されていて、和歌山の昔ながらの森の姿をとどめている。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学校4年生以下は保護者がいっしょに参加すること)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料など1名78円
持っていくもの:
筆記用具、お弁当、水筒、ご家庭にあれば植物図鑑、ルーペなど。
参加のしかた:
2010年3月14日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「熊野古道」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : きのくに野外博物館 恐竜をさがせ!!

とき:
2010年2月28日(日) 午前10時〜午後1時 雨のときは中止
ところ:
和歌山県有田郡広川町・白木海岸
内容 ないよう:
骨の化石の探しかたなどを学んだあと、肉食恐竜(にくしょくきょうりゅう)の歯の化石もみつかっている湯浅層(ゆあさそう)で、化石の採集にチャレンジ。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学生は保護者がいっしょに参加すること)
定員 ていいん:
80名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料など1名20円
持っていくもの:
ハンマー、タガネ、軍手、筆記用具、ルーペ、古新聞、水筒など。
参加のしかた:
2010年2月14日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。往復はがき・電子申請1通につき申し込みできるのは1組だけ。複数の応募は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「恐竜をさがせ!!」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : きのくに野外博物館 巨大アンモナイトをさがせ!!

とき:
2010年3月14日(日) 午後1時〜4時 雨のときは中止
ところ:
和歌山県有田郡湯浅町栖原
内容 ないよう:
アンモナイトは恐竜時代に大繁栄(だいはんえい)して、約6500万年まえの恐竜(きょうりゅう)の絶滅(ぜつめつ)とおなじころに絶滅してしまった生きもの。この催しでは、地層(ちそう)や化石(かせき)の観察をしながら、アンモナイトの化石をさがしてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学生は保護者がいっしょに参加すること)
定員 ていいん:
80名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料など1名20円
持っていくもの:
ハンマー、タガネ、軍手、筆記用具、ルーペ、古新聞、水筒など。
参加のしかた:
2010年2月28日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先:
和歌山県立自然博物館「巨大アンモナイトをさがせ!!」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

サントリーミュージアム[天保山] : 「井上雄彦 最後のマンガ展 重版〈大阪版〉」関連ワークショップ

とき:
小学校5・6年生・中学生対象の回/2010年2月7日(日) 午後1時30分〜(2時間ぐらい)
ところ:
サントリーミュージアム[天保山] さんとりーみゅーじあむ てんぽうざん (〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10 TEL.06-6577-0001)
内容 ないよう:
2010年1月2日(土)から開演される「井上雄彦 最後のマンガ展 重版〈大阪版〉」に関連するワークショップ。井上マンガの背景と仕上げを担当しているアシスタントのかたがたが、マンガ制作の流れや背景画の描きかたを紹介してくれる。ペンやインクなど実際の道具を使って絵を描き、アシスタントの仕事を体験することができる。
対象 たいしょう:
小学校5年生中学生
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
1名500円 (展覧会入場券つき)
参加のしかた:
2010年1月12日(火)までにとどくように郵便はがきでサントリーミュージアム[天保山] 「マンガ制作の仕事を体験しよう」係へ申し込む。参加希望者の氏名、学年、郵便番号、住所、電話番号を書いておくこと。当選者には2週間まえぐらいに参加証が送られてくるので、当日はそれを持っていくこと。
館のサイト:
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/
参加日以外のための観覧券:
サントリーミュージアム[天保山]「井上雄彦 最後のマンガ展 重版〈大阪版〉」2010/1/2〜11各日5回開演 チケット[@電子チケットぴあ]

サントリーミュージアム[天保山] : 「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」関連キッズ・ワークショップ

ところ:
サントリーミュージアム[天保山] さんとりーみゅーじあむ てんぽうざん (〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10 TEL.06-6577-0001)
内容 ないよう:
2009年10月24日(土)から開催される「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」に関連するワークショップ。
スケジュール:
A.キラキラトレースワールド〜写して、組み合わせて、自分だけの模様をつくろう!/雑誌やヴィジュアル本から写した模様と自分の写真を組み合わせてクリムトのようなポスターをつくってみる。
  1. とき:2009年11月8日(日) 午後1時30分〜(2時間ぐらい)
  2. 講師:たむらあおいさん(画家)
B.模様をつかって絵をつくろう!/いろんな布や模様のついた紙を使って、切り絵のようなクリスマスに向けたカードなどをつくってみる。
  1. とき:2009年12月6日(日) 午後1時30分〜(2時間ぐらい)
  2. 講師:小沢さかえさん(絵描き)
対象 たいしょう:
小学生
定員 ていいん:
各25名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
1名500円
参加のしかた:
Aは2009年10月20日(火)までにとどくように、Bは11月17日(火)までにとどくように郵便はがきでサントリーミュージアム[天保山] キッズ・ワークショップ「キラキラトレース」係または「模様をつかって」係へ申し込む。参加希望者の氏名、学年、郵便番号、住所、電話番号を書いておくこと。当選者には2週間まえぐらいに参加証が送られてくるので、当日はそれを持っていくこと。
館のサイト:
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/
観覧券 かんらんけん:
サントリーミュージアム[天保山]「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」10/24〜12/23 チケット[@電子チケットぴあ]

梅小路蒸気機関車館 : 春休みイベント 春らんまん!!みんな集まれ SL館!!

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
スケジュール:
  1. できるかな?蒸気機関車パズル描いてみよう!!/2010年3月24日(水)〜4月4日(日), ところ 扇形車庫, 内容 煙突・ボイラー・動輪など、ばらばらになっているパーツをパズルのようにはめていくと蒸気機関車(SL)が完成。パズルは全部で4種類のSL(1080・D511・B2010・C622)。蒸気機関車の形や構造のちがいを、楽しみながら学ぶことができる体験コーナー.
  2. なぜ?ふしぎ!SLの仕組みわかります!/3月24日(水)〜4月4日(日), ところ 扇形車庫, 内容 蒸気機関車にまつわるさまざまな疑問を、体験しながら解決できるコーナー。ぜんぶで5種類の装置がありますので楽しみながら学ぶことができる.
  3. 工作教室 作ってみよう!オリジナルSLキーホルダー!/4月3日(土)・4日(日) 午前10時〜午後3時30分(12時〜1時はお休み), ところ 扇形車庫, 内容 蒸気機関車館オリジナルデザインの台紙で、ぬり絵のように特製のキーホルダーをつくることができる, 参加費 100円.
  4. Nゲージ模型の世界/3月21日(日)〜4月4日(日) 午前10時〜午後3時30分(12時〜1時はお休み) 1回め‥午前11時30分 2回め‥午後1時45分 3回め‥午後2時45分, ところ 扇形車庫, 内容 Nゲージ模型の運転。大きなジオラマに、京阪神を中心としたおなじみの電車がたくさん走る。じっさいに運転することもできるので、Nゲージ模型をもっとみぢかに体験できる。1日3回、スタッフがNゲージ模型のデモ運転を実施.
  5. ミニSLに乗ってみよう!!/3月27日(土)・28日(日) 午前10時〜午後3時30分, ところ ちびっこ広場南側会場, 内容 ほんものとおなじように石炭でうごくミニSLにのることができる。おとなも乗車できる, そのほか 雨天中止.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
そのほか:
2010年3月25日(木)〜4月7日(水)の春休み期間中、梅小路蒸気機関車館は毎日開館している。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

交通科学博物館 : はくぶつかんのお仕事体験! 大型ジオラマを作ろう おおがたじおらまをつくろう

とき:
2010年2月6日(土) (1)午前10時30分〜12時30分ごろ (2)午後1時30分〜3時30分ごろ
2010年2月20日(土) (3)午前10時30分〜12時30分ごろ (4)午後1時30分〜3時30分ごろ
ところ:
交通科学博物館 企画展示室 こうつうかがくはくぶつかん きかくてんじしつ (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
春の企画展「鉄道模型の世界」では、車両模型だけでなく鉄道ジオラマも展示される。交通科学博物館ではそのうちの1つを作成するにあたって、お手伝いしてくれる人を募集している。展示される大型ジオラマを博物館のひとといっしょにつくることができる。
  1. 2/6午前‥発泡スチロールが山になる! 石膏シート貼り、山の砂まき等
  2. 2/6午後‥模型の基礎工事! 下地塗り、砂まき、畑作り等
  3. 2/20午前‥山を作ろう! スポンジの貼り付け、木を植える等
  4. 2/20午後‥町を作ろう! 建物を置く等
対象 たいしょう:
小学生
定員 ていいん:
各回5名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
各開催日の1週間まえの土曜日までにとどくように、はがきで交通科学博物館 お仕事体験係へ申し込む。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加を希望する番号を書いておくこと。複数番号の応募が可能。
そのほか:
お昼ごはんは参加者各自で用意すること。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 春休みイベント -桜前線参上!- 交博スプリングフェア

とき:
2010年3月20日(土)〜4月4日(日)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
プログラム:
  1. トレインマークを集めよう!/2010年3月20日(土)〜22日(祝)・27日(土)・28日(日)、4月3日(土)・4日(日) シート配布‥午前10時30分〜午後4時30分, 内容 交通科学博物館オリジナルのトレインマークのスタンプラリー.
  2. 出発進行!ミニ500系新幹線運転会/3月20日(土)〜22日(祝)、4月3日(土)・4日(日) 1回め‥午前11時〜12時 2回め‥午後1時〜4時, ところ 屋外展示場ミニSL運転線, 内容 実物の10分の1サイズの電動500系新幹線の乗車会, そのほか 雨天時は中止.
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 特別陳列「寅・トラ・虎の巻 -十二支の考古学-」関連イベント 干支の置物をつくろう

とき:
2009年12月19日(土) 午前10時〜
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうじょふぞくはくぶつかん (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
内容 ないよう:
2009年12月12日(土)〜2010年1月17日(日)のあいだ開催される特別陳列の関連イベント。2010年の干支にちなんで、ペットボトルで「張子虎」をつくる。
問い合わせ先:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 TEL.0744-24-1185
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

滋賀県立琵琶湖博物館 : からすま半島の水鳥を観察してみよう

とき:
2009年12月20日(日) 午前9時30分〜午後3時
ところ:
烏丸半島とその周辺、滋賀県立琵琶湖博物館 セミナー室
内容 ないよう:
琵琶湖博物館のある烏丸半島周辺で、冬の水鳥を観察する。午後は、鳥についてのお話も。
対象 たいしょう:
だれでも (小学校4年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
100円 (保険料をふくむ)
参加のしかた:
12月10日までにとどくように往復はがきで申し込む。イベント名・参加希望者の名前・年齢・住所・電話番号と一言メッセージを書いておくこと。
申し込み先:
滋賀県立琵琶湖博物館 (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

滋賀県立琵琶湖博物館 : 琵琶湖博物館わくわく探検隊 2009年度

ところ:
滋賀県立琵琶湖博物館 しがけんりつびわこはくぶつかん (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
スケジュール:
  1. 春の草花でしおりをつくろう/2009年4月11日(土)・25日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2, 内容 館外で採取した好きな草花をパウチして、オリジナルのしおりをつくる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分に会場で申し込む.
  2. 屋外展示たんけん -春の野草みっけ-/5月9日(土)・23日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 生活実験工房, 内容 外を歩きながら野草についてさぐってみる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分に会場で申し込む.
  3. プラぱら -プランクトンのぱらぱらまんが-/6月13日(土)・27日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室1, 内容 プランクトンを観察して、ミクロの世界の息づかいをぱらぱらまんがで表現してみる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分に会場で申し込む.
  4. 光とかげで写真をとろう -水の中の植物編-/9月12日(土)・26日(土) 午後1時30分〜3時.
  5. 色まんだらをつくろう/10月10日(土)・24日(土) 午後1時〜2時.
  6. 木の実で遊ぼう/11月14日(土)・28日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 生活実験工房, 内容 博物館周辺の木の実を拾ってクラフト作品をつくる, 対象 だれでも(小学校4年生以下は保護者同伴), 定員 各30名.
  7. 水鳥を観察しよう/12月12日(土) 午後1時30分〜3時, ところ C展示室展望場所・実習室2, 内容 琵琶湖を訪れる水鳥たちを観察して、色トリどりな発見ブックをつくる, 対象 だれでも(小学校4年生以下は保護者同伴), 定員 30名.
  8. 展示室ですごろくをしよう/2010年1月9日(土)・23日(土) 午後1時30分〜3時, ところ アトリウム・AB展示室, 内容 展示室をスゴロクをしながら探検する, 対象 だれでも(小学校4年生以下は保護者同伴), 定員 各30名.
参加費 (おかね):
無料 ただ (観覧料がいるものもある)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

滋賀県立琵琶湖博物館 : 2009年度 フィールド体験教室(里山体験教室)

とき:
2009年4月19日(日)、7月19日(日)、10月18日(日)、2010年1月17日(日) 全4回 午前10時〜午後3時
ところ:
野洲市大篠原の里山ほか
内容 ないよう:
雑木林を中心としたフィールドで、いろいろな体験ができる。
対象 たいしょう:
現地集合できるひと (公共交通機関はない. 小学校6年生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
毎回100円 (保険料など)と、内容によって若干の実費.
参加のしかた:
2009年4月9日までにとどくように、往復はがきで申し込む。1)参加希望日、2)参加者全員の氏名・年齢・郵便番号・住所・電話番号、3)一言メッセージを書いておくこと。
申し込み先:
滋賀県立琵琶湖博物館「里山体験教室」係 (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091)
問い合わせ先:
滋賀県立琵琶湖博物館 「里山体験教室」係 TEL.077-568-4811
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

滋賀県立琵琶湖博物館 : 琵琶湖博物館わくわく探検隊 (2009年1〜3月分)

ところ:
滋賀県立琵琶湖博物館 しがけんりつびわこはくぶつかん (〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 代表TEL.077-568-4811 FAX.077-568-4850)
スケジュール:
  1. C展示室でスゴロクをしよう/2009年1月10日(土)・24日(土) 午後1時〜3時, ところ C展示室, 内容 C展示室をスゴロクをしながら探検する, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各30名, 参加のしかた その日の午後1時〜3時に水族企画展示室で随時申し込む.
  2. オオサンショウウオ GETだぜ☆/2月14日(土)・28日(土) 午後1時30分〜3時, ところ 実習室2・水族展示室, 内容 オオサンショウウオを観察した後、模型をつくる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各30名, 参加のしかた その日の午後1時〜1時30分に実習室2で申し込む.
  3. くるくる☆カラフル種とばし/3月14日(土)・28日(土) 午後1時〜3時, ところ 実習室2・(アトリウム), 内容 植物の種の工夫から、春に向けての準備を発見してみる, 対象 小学校4年生以下は保護者同伴, 定員 各30名, 参加のしかた その日の午後1時〜3時にアトリウムで随時申し込む.
参加費 (おかね):
観覧料がいる(滋賀県内在住または滋賀県内の小・中・高等学校および特別支援学校に在学している児童・生徒は、常設展示観覧料無料)。
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2010年3月6日(土)・7日(日) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
HOゲージ(えいちおーげーじ・縮尺1/80)のながさ150メートルのレイアウトの上を、蒸気機関車(じょうききかんしゃ)や新幹線(しんかんせん)などいろいろな模型がはしる。持ちこみ運転体験もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪歴史博物館 : 期間限定ハンズオン 浪花百景貝合わせで遊ぼう! なにわひゃっけいかいあわせであそぼう!

とき:
2010年1月30日(土)、2月13日(土)
ところ:
大阪歴史博物館 9階 ハンズオンコーナー おおさかれきしはくぶつかん (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
「貝合わせ」は、二枚貝(にまいがい)の貝がらを組み合わせる遊び。ハマグリなどの二枚貝は、ほかの組の貝がらとはけっして合わないという特性(とくせい)があり、「貝あわせ」は、二枚貝のそうした特性を利用したあそび。江戸時代には、女性の結婚が末永く幸せであることを願って、婚礼調度(こんれいちょうど)や雛道具(ひなどうぐ)に組みこまれ、親しまれていた。この貝合わせを体験してあそぶことができる。
対象 たいしょう:
だれでも
定員 ていいん:
なし
参加費 (おかね):
無料 ただ (常設展示観覧券がいる)
参加のしかた:
その日に会場で随時。
問い合わせ先:
大阪歴史博物館 「浪花百景貝合わせで遊ぼう」係 (TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

加悦SL広場 : 周年祭 しゅうねんさい

とき:
2009年11月14日(土)・15日(日) 午前10時〜午後3時 ※加悦SL広場の営業時間は午後5時まで
ところ:
加悦SL広場 かやえすえるひろば (〒629-2422 京都府与謝郡加悦町字滝941-2, TEL.0772-42-3186, FAX.0772-43-0080, カヤ興産株式会社)
内容 ないよう:
  1. 加悦鉄道再現列車乗車会/11月15日のみ, 内容 構内線約120m区間を往復運転(車両未定), 参加費 小学生以上100円, 小雨決行.
  2. 鉄道模型やグッズなどのミニバザー/内容 加悦鐵道保存会会員個人収集の鉄道・バス部品、鉄道模型、鉄道古書などをバザー形式で販売, 小雨決行.
  3. 小型ディーゼル機関車「カトーくん」展示運転/11月14日のみ, 小雨決行.
  4. ラッセルモーターカー転回実演/11月14日のみ, 小雨決行.
  5. ふわふわ風船プレゼント/対象 入場した子ども.
  6. 白玉団子入りお汁粉サービス.
  7. 周遊列車ロケット号割引サービス/通常300円→200円で運行.
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは入場料がいる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.kyt-net.ne.jp/kayaslhiroba/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 渓流で暮らすカワガラス けいりゅうでくらすかわがらす

とき:
2010年2月6日(土) 午前10時〜午後3時ごろ 小雨決行
ところ:
箕面 (予定)
内容 ないよう:
カワガラスをさがして、川沿い(かわぞい)を10キロメートルぐらい歩く。ついでにアオシギもさがしてみる。淀川水系(よどがわすいけい)のカワガラスの分布調査(ぶんぷちょうさ)の研修(けんしゅう)を兼ねている。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2010年1月23日(土)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ 大阪の海で何がとれる?

とき:
2010年1月23日(土)・24日(日)、2月20日(土)・21日(日) 午前11時〜・午後1時30分〜・午後3時〜 (1回50分間ぐらい)
ところ:
大阪市立自然史博物館 花と緑と自然の情報センター1階 大阪の自然誌展示室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
タコ、お魚、エビなど大阪の海には楽しい生きものがいっぱい、はくぶつかんには、漁師さんのアミにかかった生きものをてんじしたコーナーがある。イラストや標本(ひょうほん)をつかって、ハカセがたのしく紹介する。おはなしのあとは、きにいった生きもののぬりえをする。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕のある場合は未就学児童も参加可能。ただし保護者の付き添いが必要)
定員 ていいん:
1回10名 (当日申し込み先着順)
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に会場で、スタートの10分まえから申し込む。定員になり次第しめ切り。途中からの参加はできない。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 淀川のコガネムシ よどがわのこがねむし

とき:
2010年2月21日(日) 午前10時〜12時・午後2時〜4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
淀川(よどがわ)などの河川敷(かせんじき)では、植物の葉を食べるコガネムシのすがたがしばしば見られる。このコガネムシの見わけかたを、絵解き検索(えときけんさく)と標本(ひょうほん)をつかってまなぶ。
対象 たいしょう:
小学校3年生以上
定員 ていいん:
各回24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
2月8日(月)までに、館のサイトの申し込みページから申し込む。申込み時に参加希望の時間帯(午前・午後・どちらでもよい)を知らせること。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 イカ・タコの体のつくりを調べよう

とき:
2010年2月14日(日) 午前11時〜午後4時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
イカやタコは、頭足類という貝の仲間。魚よりもアサリやサザエに近い動物ということは、解剖してみるとよくわかる。今回はスルメイカやマダコなどを解剖しながら、その体のつくりや器官の機能を学ぶ。
対象 たいしょう:
中学生以上
定員 ていいん:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
材料費600円
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。申込み時に参加希望の時間帯(午前・午後・どちらでもよい)を知らせること。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 2月 微生物がつくった岩石

とき:
2010年2月13日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ナウマンホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
ふだんはくわしく観察するチャンスが少ない化石(かせき)・岩石(がんせき)・鉱物(こうぶつ)・地層(ちそう)などについて、かんたんな実験や顕微鏡観察(けんびきょうかんさつ)などいろいろな方法をつうじて親しむ。2月は、微生物(びせいぶつ)の代謝活動(たいしゃかつどう)や生産活動(せいさんかつどう)によって岩石(がんせき)が形成(けいせい)されることがある。そのような岩石の中には、縞模様(しまもよう)などの特徴的(とくちょうてき)な組織(そしき)がのこされている場合が少なくない。ルーペや顕微鏡をつかって岩石を観察し、その成因(せいいん)を考えてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(2月) 冬の鳥の食べ物

とき:
2010年2月27日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
冬の鳥たちがなにを食べているか観察する。そろそろ木の果実を食べつくす時期。果実食のヒヨドリ、メジロ、ツグミたちはなにを食べているだろうか?
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (ただし、植物園入園料が必要)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(1月) 公園の冬鳥

とき:
2010年1月23日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
冬になると、大阪の公園にもいろいろな冬鳥がやってくる。今回はカモやツグミなどの冬鳥を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (ただし、植物園入園料が必要)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
双眼鏡、図鑑、筆記具など。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

梅小路蒸気機関車館 : SLのプレートで拓本を取ろう!

とき:
2010年2月11日(祝)・13日(土)・14日(日) 午前10時〜午後3時30分 (午後0時〜1時はお休み)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 旧二条駅舎内特設会場 うめこうじじょうききかんしゃかん きゅうにじょうえきしゃないとくせつかいじょう (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
SLのナンバープレートの拓本をとってみる。色も自由に選んでオリジナルの作品をつくることができる。
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2010年2月27日(土)・28日(日) 午前10時30分〜午後3時
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
HOゲージ(えいちおーげーじ・縮尺1/80)のながさ150メートルのレイアウトの上を、蒸気機関車(じょうききかんしゃ)や新幹線(しんかんせん)などいろいろな模型がはしる。持ちこみ運転体験もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : SL館オリジナル缶バッジをGETしよう!

とき:
2010年2月27日(土)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 フロント (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SL館オリジナル缶バッジ(直径54mm)でSL館の保存車輌(ほぞんしゃりょう)を集めることができる。これまで1年半にわたって缶バッジがくばられたが、今回の19種類めで最後になる。今回は、2009年9月に梅小路蒸気機関車館の保存SLになかま入りした1070形1080号機をデザインしたオリジナル缶バッジがもらえる。これまでに配られた缶バッジを10種類集めたひとが缶バッジ10種類を梅小路蒸気機関車館に持っていくと、オリジナルスタンプを押したスタンプ用紙がもらえる。また、当日配布分を合わせて19種類すべてを集めることができた人は、バッジの実物を持っていくと、梅小路蒸気機関車館の保存機関車をデザインしたオリジナル硬券セットがもらえる。
定員 ていいん:
500名 (先着順. なくなり次第終了)
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪府立弥生文化博物館 : 冬季企画展関連ワークショップ ピンホールカメラを作ろう

とき:
2010年2月6日(土)・27日(土) 午後2時〜3時30分
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
内容 ないよう:
ピンホールカメラをつくる。
定員 ていいん:
各日20名 (当日先着順)
参加費 (おかね):
無料 (入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : みんないっしょに考古楽!2009 挑戦 むかし昔の火おこし

とき:
2009年6月20日(土)、10月17日(土)、2010年2月20日(土) 1回め/午後2時〜 2回め/3時
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27). 前庭か地階セミナー室
内容 ないよう:
グループで、大むかしの火おこし方法「火きり」で火をつくることにチャレンジする。
定員 ていいん:
あり (整理券配布先着順)
参加費 (おかね):
無料 (べつに入館料がいる)
参加のしかた:
その日に受付でくばられる整理券をもらう。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 魚の骨格標本を作ろう

とき:
2010年2月14日(日) 午前9時30分〜午後4時30分
ところ:
和歌山県立自然博物館 わかやまけんりつしぜんはくぶつかん (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
魚をつかって自分の手で骨格標本作りにチャレンジして、魚の体を骨格からじっくり観察する。
対象 たいしょう:
中学生以上〜一般
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料78円 (おとなは入館料もいる)
参加のしかた:
2010年1月31日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。往復はがき・電子申請1通につき申し込みできるのは1組だけ。複数の応募は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「魚の骨格標本を作ろう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 恐竜化石調査に参加しよう(2)

とき:
2010年1月24日(日) 午後1時〜3時
ところ:
和歌山県立自然博物館 レクチャールーム (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
2007年6月、和歌山県有田郡湯浅町から肉食恐竜(にくしょくきょうりゅう)の歯の化石(かせき)が発見(はっけん)された。自然博物館では、また恐竜の化石標本(かせきひょうほん)が発見されるように調査(ちょうさ)をつづけていて、この調査に参加することができる。この体験教室では、恐竜化石が発見された場所から、あらたに採取した石を自然博物館内で割る。恐竜の化石が含まれていないかを調査する。小さくても貴重な化石が発見される可能性もあるので、1cm角より小さな石クズになるまで割って調査する。この行事で発見された化石は基本的に自然博物館の収蔵資料になるので、家に持って帰ったりすることはできない。
対象 たいしょう:
中学生以上〜一般 (小学生は保護者同伴による見学だけできる)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
入館料のほかに、傷害保険料78円がいる (高校生以下は入館無料)
参加のしかた:
2010年1月10日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む(この催しの申請・届出ページ)。参加希望者の住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「恐竜化石調査に参加しよう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 裏方探検ツアー うらかたたんけんつあー

とき:
  1. 2010年1月23日(土) 午前10時〜12時
  2. 2010年1月30日(土) 午前10時〜12時
ところ:
和歌山県立自然博物館 わかやまけんりつしぜんはくぶつかん (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
だれもがのぞいてみたい水族館の裏かたを探検するツアー。水槽(すいそう)の裏がわや、施設(しせつ)を見ながら、係のかたのお話しをきいて水族館の構造(こうぞう)をまなび、展示水槽(てんじすいそう)の生きものについてまなぶことができる。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学校4年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
各回20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料78円 (おとなは入館料もいる)
参加のしかた:
2010年1月9日(土)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む(この催しの申請・届出ページ)。行事名と参加希望日、参加希望者全員(同伴保護者名含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。往復はがき・電子申請1通につき申し込みできるのは1つの日程だけ。1組1日程1通で応募すること。1日程に複数の応募は無効になる。複数の日程に申し込む場合は、別々の往復はがき・電子申請で申し込むこと。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「裏方探検ツアー」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

大阪府立狭山池博物館 : 大阪狭山市立郷土資料館企画展「くらしの道具」 コタツを囲んでむかしのあそび体験

とき:
2010年2月13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日) 午前11時〜午後3時 (時間中随時) (午後0時〜1時はお昼休み)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 1階特別展示室まえ むかしのくらし体験コーナー おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館が2009年4月から共同運営を開始してはじめての郷土資料館企画展「くらしの道具」(2010.2.6〜3.14)では、展示室まえに「むかしのくらし体験コーナー」が特設され、1960年代〜70年代に多くの家庭で使われていた、発熱するときに真っ赤に光る「赤外線ランプ式電気櫓こたつ」に足を入れてあたたまることができる。企画展期間中の4日間もよおされる「コタツを囲んでむかしのあそび体験」では、コタツをかこんで、ボランティアのかたに教えてもらいながら、折りがみ・お手玉・あやとりなど、むかしながらの遊びを楽しむことができる。また、この4日間は「むかしのくらし体験コーナー」で“ぜんざい”やコーヒーが販売されるので、コタツで味わうことができる。
対象 たいしょう:
子ども向き (おとなも可。だれでも参加できる)
定員 ていいん:
コタツのまわりにすわれる人数
参加費 (おかね):
無料 ただ (ぜんざい・コーヒーは有料)
参加のしかた:
自由参加
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/oscm/
案内チラシ(PDF):
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/oscm/pdf/oscm1002b.pdf

交通科学博物館 : はくぶつかんからのお年玉!

応募期間 おうぼきかん:
2009年11月28日(土)〜12月15日(火) 必着
内容 ないよう:
応募したひとの中から抽選で、交通科学博物館のミュージアムショップ担当のかたがえらんだ人気商品のたくさん入った福袋(ふくぶくろ)や、オリジナル台紙つき硬券(こうけん)セットなどがあたる。
  1. 1等/交通科学博物館ミュージアムショップの3,000円相当の人気商品の福袋引換券と無料入館券‥5名
  2. 2等/交通科学博物館ミュージアムショップ商品券1,000円分引換券と無料入館券‥10名
  3. 3等/交通科学博物館オリジナル台紙つき硬券セット引換券と無料入館券‥30名
  4. 4等/無料入館券‥55名
応募のしかた:
交通科学博物館内インフォメーションにおいてある応募用紙、またはハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて応募期間中に申し込む。当選者には当選ハガキが送られてくるので、2010年1月末までの期日内に交通科学博物館へ来館して賞品などと引き替える。優待券は2名分、2010年1月末までの入館に限り有効。1人1度だけ応募できる。
申し込み先・問い合わせ先:
交通科学博物館 お年玉!係 (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

国立国際美術館 : こどもびじゅつあー こどものための鑑賞会

とき:
2009年11月7日(土)、12月12日(土) 1回め/午前11時〜. 2回め/午後2時〜. (1時間ぐらい)
ところ:
国立国際美術館 こくりつこくさいびじゅつかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
内容 ないよう:
みんなで作品のまえでお話ししながら、作品をいっしょに見てみる。
対象 たいしょう:
小学校1年生小学校6年生 (子どもだけのツアー)
定員 ていいん:
各回10名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
11/7分‥10月28日(水)までに、12/12分‥12月2日(水)までにとどくように往復はがきで申し込む。(1)希望日時 (2)住所 (3)氏名(ふりがな) (4)電話番号 (5)学年 (6)どのように情報を知ったかを書いておくこと。兄弟、ともだちどうしで参加を希望する場合は、おなじはがきで申し込むこと。
問い合わせ・申し込み先:
国立国際美術館「こどもびじゅつあー」係 (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
館のサイト:
http://www.nmao.go.jp/
観覧券 かんらんけん:
国立国際美術館 長澤英俊展「オーロラの向かう所」10/10〜12/13 チケット[@電子チケットぴあ]

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2010年1月23日(土)・24日(日) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
HOゲージ(えいちおーげーじ・縮尺1/80)のながさ150メートルのレイアウトの上を、蒸気機関車(じょうききかんしゃ)や新幹線(しんかんせん)などいろいろな模型がはしる。持ちこみ運転体験もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 魚の年齢をさぐろう

とき:
2010年1月17日(日)午後1時〜4時
ところ:
和歌山県立自然博物館 レクチャールーム わかやまけんりつしぜんはくぶつかん (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
魚の耳石やうろこから魚の年齢を調べる。実際に取り出して、顕微鏡などで観察します。年輪のようになる仕組みや、年齢を調べる方法などをまなぶ。
対象 たいしょう:
小学校5年生以上〜一般 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料78円 (おとなは入館料もいる)
参加のしかた:
2010年1月3日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む(この催しの申請・届出ページ)。行事名、参加希望者全員の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。往復はがき・電子申請1通につき申し込みできるのは1組だけ。複数の応募は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「魚の年齢をさぐろう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

梅小路蒸気機関車館 : お正月イベント お正月だよSL館!!

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
プログラム:
  1. SL館からお年玉!/2010年1月5日(火), ところ フロント, 内容 有料で入館した子どもに記念品をプレゼント.
  2. SLクイズ大会!!/1月9日(土)〜11日(祝) 1回め/午前11時30分〜 2回め/午後1時45分〜 3回め/午後2時45分〜, ところ 扇形車庫内, 内容 SLに関連した問題に○か×で答えて、全問に正解すると記念品がもらえる, 参加費 無料.
  3. 飛び出すSLカードを作ろう!/1月9日(土)〜11日(祝) 午前10時〜午後3時(午後0時〜1時はお休み), ところ 旧二条駅舎内特設会場, 内容 とび出すSLの楽しいSLカードをつくる, 参加費 100円.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : SL館オリジナル缶バッジをGETしよう!

とき:
2010年1月16日(土)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 フロント (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SL館オリジナル缶バッジ(直径54mm)でSL館の保存車輌(ほぞんしゃりょう)を集めることができる。今月はSLやまぐち号としても活躍しているC57形1号機をデザインしたオリジナル缶バッジがもらえる。これまでに配られた缶バッジを10種類集めたひとが缶バッジ10種類を梅小路蒸気機関車館に持っていくと、オリジナルスタンプを押したスタンプ用紙がもらえる。
定員 ていいん:
500名 (先着順. なくなり次第終了)
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 : サマースクールシティ 聞いて・調べて・作る2日間 時空館見学と手作り望遠鏡教室

とき:
2009年8月5日(水)・6日(木) 午後1時〜4時 ※2日連続
ところ:
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 展示棟 なにわのうみのじくうかん (〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2-5-20 TEL.06-4703-2900 FAX.06-4703-2901 E-mail.wasen@jikukan.or.jp)
対象 たいしょう:
2日間とも参加できる小学校4年生小学校6年生
定員 ていいん:
各回30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
1名1,000円
参加のしかた:
2009年7月20日(祝)までに、往復はがきで申し込む。(1)参加者全員の氏名、(2)住所、(3)電話番号、(4)学年・年齢を書いておくこと。
申し込み先:
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 サマースクールシティ係 (〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2-5-20)
館のサイト:
http://www.jikukan.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.35 大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館

大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 : 夏休み工作教室 手作り望遠鏡をつくろう! -チャレンジ!船乗り-

とき:
2009年8月の毎週日曜日 8月2日(日)・9日(日)・16日(日)・23日(日)・30日(日) 午後1時30分〜4時
ところ:
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 展示棟2階 なにわのうみのじくうかん (〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2-5-20 TEL.06-4703-2900 FAX.06-4703-2901 E-mail.wasen@jikukan.or.jp)
内容 ないよう:
船(ふね)の上(うえ)ではたくさんの道具(どうぐ)がつかわれていた。そのなかで望遠鏡(ぼうえんきょう)は、とおくの船をしらべたり、陸地(りくち)を見たり、船の上のいろいろな場面(ばめん)で活躍(かつやく)した。この教室では、レンズの焦点(しょうてん)をしらべたり、望遠鏡のしくみなどのおはなしを聞きながら、望遠鏡を完成(かんせい)させる。自分で手づくりした望遠鏡で、夏休みの夜の月観察(つきかんさつ)もしてみるとよい。
対象 たいしょう:
小学生中学生 (小学生は保護者同伴で参加すること)
定員 ていいん:
各回30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
1名500円 (高校生以上のおとなは、ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
申し込みしめ切り日までに、往復はがきで申し込む。(1)希望の日程(第1希望・第2希望)、(2)参加者全員の氏名と年齢、(4)住所、(5)電話番号(あればFAX番号、E-mailアドレス)を書いておくこと。
申し込みしめ切り日:
8/2・9分‥7月22日必着、8/16・23・30分‥8月5日必着
申し込み先:
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 望遠鏡係 (〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2-5-20)
館のサイト:
http://www.jikukan.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.35 大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館

灘浜サイエンススクエア : 東京・科学技術館「鉄の丸公演」出張工作教室 鋳物でアクセサリー作りに挑戦 いものであくせさりーづくりにちょうせん

とき:
2009年8月18日(火) 1回め/午前10時〜11時20分, 2回め/午後1時〜2時20分, 3回め/午後3時〜4時20分
ところ:
灘浜サイエンススクエア ホール なだはまさいえんすすくえあ (〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地 TEL.078-882-8136 FAX.078-882-8137 電車‥阪神電車大石駅から南へ徒歩約12分, JR神戸線六甲道駅から南西へ徒歩約25分. 車‥阪神高速道路3号神戸線摩耶ICで降り、灘浜住吉川線を東に約1km)
内容 ないよう:
自分でデザインした型の中に鉄を溶かして流し、冷やし固めてオリジナルアクセサリーをつくる。開催日までに、アクセサリーデザインを考えておくこと。申込者には、デザインのヒントになるデザイン例が前もってわたされる。
対象 たいしょう:
カッター・彫刻刀・ヤスリがつかえる小学生 (小学校4年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
各回6名 (申し込み先着順)
参加のしかた:
前もって電話で灘浜サイエンススクエアへ申し込む。
参加費 (おかね):
無料 ただ
館のサイト:
http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/

灘浜サイエンススクエア : 工作教室 楽器をつくって音のしくみを学ぼう!

とき:
2009年8月20日(木) 午後1時〜4時30分
ところ:
灘浜サイエンススクエア ホール なだはまさいえんすすくえあ (〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地 TEL.078-882-8136 FAX.078-882-8137 電車‥阪神電車大石駅から南へ徒歩約12分, JR神戸線六甲道駅から南西へ徒歩約25分. 車‥阪神高速道路3号神戸線摩耶ICで降り、灘浜住吉川線を東に約1km)
内容 ないよう:
ピアノの原型とも言われるアフリカの民族楽器「ボンゴラピアノ」をつくって、音のしくみをまなぶ。
対象 たいしょう:
小学校1年生小学校6年生と保護者 (子どもは1家族につき2名まで)
定員 ていいん:
親子20組 (多いときは抽選)
参加のしかた:
7月20日までにとどくように往復はがきで、灘浜サイエンススクエア「8/20 日本機械学会イベント係」へ申し込む。はがきの記載要項については日本機械学会環境工学部門のサイトで確認すること。
参加費 (おかね):
無料 ただ
館のサイト:
http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/

大阪府立弥生文化博物館 : とんぼ玉づくり体験

とき:
2009年11月22日(日)、12月6日(日)・13日(日) 午前10時〜12時・午後1時〜4時 (所要時間10分間ぐらい)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162)
内容 ないよう:
2009年11月21日(土)〜12月20日(日)の期間に開催される「とんぼ玉100人展」の関連イベント。講師の佐野邦巳子さんに教えてもらいながら、とんぼ玉をつくる。できあがってから作品を渡してもらえるまで40分ぐらいかかる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
各日60名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
500円 (ほかに入館料がいる)
参加のしかた:
前もって電話で博物館へ申し込む。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : 発見・体験・考古学!

とき:
2009年10月31日(土)、11月7日(土) 午後0時30分〜4時30分
ところ:
池島・福万寺遺跡 (東大阪市と八尾市にまたがる遺跡)
内容 ないよう:
遺跡で発掘調査を体験することができる。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上 (小学生は18歳以上の保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
各回25名 (保護者含む. 多いときは抽選)
参加費 (おかね):
1名500円 (資料代・保険料を含む)
参加のしかた:
2009年9月19日(土)までにとどくように往復はがきで申し込む。(1)参加希望日(どちらか1日) (2)代表者住所・郵便番号 (3)代表者氏名(ふりがな)・年齢(あるいは学年) (4)電話番号 (5)参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(あるいは学年)を書いておくこと。抽選結果は返信はがきで通知される。参加者には集合場所や持ち物などくわしいことを返信はがきで教えてくれる。
申し込み先:
大阪府立弥生文化博物館「発見!体験!考古学」係 (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27)
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : みんないっしょに考古楽!2009 秀吉さんのころ!?犬の土人形を作ろう

とき:
2009年9月19日(土)・26日(土) 午後2時〜3時30分
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27)
定員 ていいん:
20名 (先着順)
参加費 (おかね):
無料 (べつに入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : 江戸時代のおもちゃ“泥めんこ”を作ろう

とき:
2009年11月14日(土)・15日(日) 午前10時〜午後3時のあいだ随時
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27)
参加費 (おかね):
無料 (べつに入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : “ミニ銅鐸”を作ろう

とき:
2009年11月14日(土)・15日(日) 午前10時〜午後3時のあいだ随時
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27)
内容 ないよう:
石膏を型に流してミニ銅鐸をつくる。
参加費 (おかね):
無料 (べつに入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 淀川を歩こう6・完結編

とき:
2010年1月9日(日) 終日
ところ:
大阪市淀川区〜西淀川区 (十三干潟から矢倉海岸)
内容 ないよう:
淀川の起点から河口までの両岸を6回に分けて歩くシリーズとして、豊里大橋から河口の矢倉海岸までの右岸(北岸)を歩く最終回を11月1日に実施したが、途中降雨のため柴島人工干潟で中断したので、今回、すべてを完歩するために、のこりの十三干潟から矢倉海岸までを歩く「完結編」を開催。渡りの冬鳥の観察にぴったりの時期。矢倉海岸から最寄駅まで2キロ戻るので、歩く距離は合計約9キロになる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
前もって館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 1月 ミクロの化石

とき:
2010年1月9日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ナウマンホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
ふだんはくわしく観察するチャンスが少ない化石(かせき)・岩石(がんせき)・鉱物(こうぶつ)・地層(ちそう)などについて、かんたんな実験や顕微鏡観察(けんびきょうかんさつ)などいろいろな方法をつうじて親しむ。1月は、およそ1億6000万年前の海底(かいてい)にたまったマンガンノジュールから取り出した放散虫(ほうさんちゅう)の化石を観察する。実体顕微鏡(じったいけんびきょう)で観察しながら化石をさがして、それを電子顕微鏡(でんしけんびきょう)で観察してみる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジュニア自然史クラブ 白亜紀の貝化石・植物化石

とき:
2009年12月20日(日) 午前9時〜午後5時 ※雨天中止
ところ:
和歌山県湯浅町・広川町
内容 ないよう:
和歌山県広川町の海岸で、白亜紀の地層を観察したり、植物や貝などの化石を採集する。ジュニア自然史クラブは、生物や地学関係が好きな中高生のグループ。毎月、いろんな活動をしている。ジュニア自然史クラブに入れば、同じような興味を持っている友達ができたり、学芸員と知り合いになって、博物館を色々と利用することができる。
対象 たいしょう:
中学生・高校生 (12歳〜18歳)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
12月5日(土)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(12月) 冬越しの虫

とき:
2009年12月26日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
虫たちは寒い冬をどのように越しているのか。植物園を歩きながら虫をさがしてみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (ただし、植物園入園料が必要)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
持っている人はルーペ。あたたかい服装で。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ ナウマンゾウカレンダー

とき:
2009年11月28日(土)・29日(日)、12月19日(土)・20日(日) 午前11時〜・午後2時〜 (1回60分〜90分間ぐらい)
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館1階 ナウマンホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
はくぶつかんの入口でみんなをむかえる大きなゾウは、大むかし、大阪にもすんでいたナウマンゾウ。ナウマンゾウについて質問したり、絵をかいたり、足あとのかた紙をなぞってみたり、気に入った方法でオリジナルカレンダーもつくる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕のある場合は未就学児童も参加可能。ただし保護者の付き添いが必要)
定員 ていいん:
1回20名 (当日申し込み先着順)
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に会場で、スタートの10分まえから申し込む。定員になり次第しめ切り。途中からの参加はできない。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪府立狭山池博物館 : ワークショップ 船を造る ペーパー・クラフトでつくるいろんな船

とき:
2009年11月1日(日) 午後2時から
ところ:
大阪府立狭山池博物館 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館共同運営記念展「狭山池復活 -慶長の改修にみる先端技術-」の関連イベント。ペーパークラフトで船をつくる。
対象 たいしょう:
小学校4年生中学生
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくもの:
色鉛筆・クレヨン・パス・カラーマジックなど (ペーパー・クラフトに色をぬるため)
参加のしかた:
2009年10月1日(木)〜14日(水・必着)のあいだに往復はがきで大阪府立狭山池博物館「船を造る」係へ申し込む。郵便番号・住所・氏名・学年(年齢)・電話番号を書いておくこと。1枚の往復はがきで1名だけ応募できる。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
案内チラシ(PDF):
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/pdf/opsm-t16.pdf

日本民家集落博物館 : 日本民家集落博物館まつり にほんみんかしゅうらくはくぶつかんまつり

とき:
2009年11月21日(土) 午前9時30分〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
ところ:
日本民家集落博物館 にほんみんかしゅうらくはくぶつかん (〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-2 TEL.06-6862-3137 FAX.06-6862-3147)
内容 ないよう:
展示民家すべてをつかっていろいろなイベントを開催。
  1. 大阪府立弥生文化博物館「弥生体験/弥生の稲刈り-木の穂積具(ほづみぐ)をつくろう-」
  2. 大阪府立近つ飛鳥博物館「古代体験/和同開珎をつくろう」
  3. 大阪府立狭山池博物館「狭山池博物館への招待」(パネル展示)
  4. 財団法人大阪府文化財センター「最近の発掘調査成果と体験・古代米を土器で炊く」(試食できる)、刊行物販売
  5. 府立博物館ミュージアムグッズ販売
  6. 体験学習/自然工作、アート&クラフト、はたおり体験、コマ回し体験
  7. 宮沢賢治の童話がたり
  8. むかし話を聞きましょう ほか
参加費 (おかね):
割引入館料(おとな250円、高校生以下は無料)がいる。※通常は、小学生以上は入館料が必要.
問いあわせ先:
日本民家集落博物館
館のサイト:
http://www.occh.or.jp/minka/

交通科学博物館 : 工作スクール ジャンピングサンタさん

とき:
2009年12月19日(土) 午前10時30分〜午後3時 (※材料がなくなり次第終了)
ところ:
交通科学博物館 南休憩室 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
ゴムのちからをつかった飛ぶ(とぶ)おもちゃをつくる。上から落とすと、クリスマスにちなんだ飾り(かざり)が高くとびあがる。小さな子どもでもかんたんにつくることができる。
対象 たいしょう:
幼稚園児小学生子ども
定員 ていいん:
50名 (先着順)
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日の時間内に会場で。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

梅小路蒸気機関車館 : クリスマスイベント Merry X'mas in Umekoji

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
プログラム:
  1. SL館に登場!巨大クリスマスアーチ!!/2009年12月1日(火)〜25日(金), ところ 扇形車庫内, 内容 1080号機関車をモールやガーランドなどでかざったアーチでかこって、クリスマスイベントのモニュメントとして展示.
  2. クリスマスバージョンのSLたち in 梅小路/12月1日(火)〜25日(金), ところ 扇形車庫内, 内容 静態保存(せいたいほぞん)されている機関車の煙室扉ハンドルにクリスマスリースが取りつけられる.
  3. サンタさんと行くSL館わくわくツアー/12月19日(土)・20日(日) 1回め‥午前10時30分〜 2回め‥午後2時〜(15分間ぐらい), 内容 サンタクロースの衣装を着た学芸担当職員のかたが館内をガイドしてくれる.
  4. サンタさんからのクリスマスプレゼント/12月23日(祝)・24日(木)・25日(金), ところ フロント, 内容 SL館のサンタさんがオリジナル缶バッジをプレゼント, 定員 200名(先着順).
  5. 飛び出すSLクリスマスカードを作ろう!/12月19日(土)・20日(日) 午前10時〜午後3時30分(午後0時〜1時はお休み), ところ 旧二条駅舎内特設会場, 内容 ひらくととび出すSLのクリスマスカードをつくる.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : SL館オリジナル缶バッジをGETしよう!

とき:
2009年12月12日(土)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 フロント (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SL館オリジナル缶バッジ(直径54mm)でSL館の保存車輌(ほぞんしゃりょう)を集めることができる。今回、来館したひと先着500名は、C52形468号機をデザインしたオリジナル缶バッジがもらえる。これまでに配られた缶バッジを10種類集めたひとが缶バッジ10種類を梅小路蒸気機関車館に持っていくと、オリジナルスタンプを押したスタンプ用紙がもらえる。
定員 ていいん:
500名 (先着順. なくなり次第終了)
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

兵庫県立考古博物館 : 体験講座 ユースセミナー 考古博で写生会 こうこはくでしゃせいかい

とき:
2009年8月23日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
兵庫県立考古博物館 体験学習室2・展示室 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ2 (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
内容 ないよう:
考古博の展示をテーマにした写生大会。
対象 たいしょう:
小学生中学生
定員 ていいん:
40名
参加のしかた:
2ヶ月まえから電話で申し込む。
申し込み先:
兵庫県立考古博物館 学習支援課 TEL.079-437-5564
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン

兵庫県立考古博物館 : 古代体験講座 ワクワクまが玉づくり

とき:
2009年8月30日(日) 午前10時〜12時30分
ところ:
兵庫県立考古博物館 体験学習室2 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ2 (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
対象 たいしょう:
だれでも (子どもは保護者同伴)
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
2ヶ月まえから電話で申し込む。
参加費 (おかね):
800円
申し込み先:
兵庫県立考古博物館 学習支援課 TEL.079-437-5564
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : 古代体験講座 本格勾玉づくり ほんかくまがたまづくり

とき:
2009年9月13日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
兵庫県立考古博物館 体験学習室2 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ2 (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
内容 ないよう:
出土品そっくりにまが玉をつくる。
対象 たいしょう:
小学生以上
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
2ヶ月まえから電話で申し込む。
参加費 (おかね):
800円
申し込み先:
兵庫県立考古博物館 学習支援課 TEL.079-437-5564
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : ユースセミナー まが玉づくり

とき:
2009年8月2日(日) 午前10時〜12時30分
ところ:
兵庫県立考古博物館 体験学習室2 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ2 (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
内容 ないよう:
滑石よりも少し硬い石をつかってまが玉をつくる。
対象 たいしょう:
小学生中学生
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
2ヶ月まえから電話で申し込む。
参加費 (おかね):
800円
申し込み先:
兵庫県立考古博物館 学習支援課 TEL.079-437-5564
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン

兵庫県立考古博物館 : 古代体験講座 ワクワク土器づくり

とき:
2009年8月9日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
兵庫県立考古博物館 体験学習室2 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ2 (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
対象 たいしょう:
だれでも (子どもは保護者同伴)
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
2ヶ月まえから電話で申し込む。
参加費 (おかね):
1,000円
申し込み先:
兵庫県立考古博物館 学習支援課 TEL.079-437-5564
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

兵庫県立考古博物館 : ユースセミナー ハニワくんをつくろう

とき:
2009年7月26日(日) 午前10時〜12時
ところ:
兵庫県立考古博物館 体験学習室2 ひょうごけんりつこうこはくぶつかん たいけんがくしゅうしつ2 (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
内容 ないよう:
粘土でかわいいハニワをつくる。
対象 たいしょう:
幼児小学生
定員 ていいん:
20名
参加のしかた:
2ヶ月まえから電話で申し込む。
参加費 (おかね):
500円
申し込み先:
兵庫県立考古博物館 学習支援課 TEL.079-437-5564
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン

兵庫県立考古博物館 : バックヤード見学ツアー 探検!博物館の舞台裏 たんけん!はくぶつかんのぶたいうら

とき:
2009年7月11日(土)、8月8日(土)、9月12日(土) 午後1時30分〜2時30分
集まるところ:
兵庫県立考古博物館 発券カウンターまえ (〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中500 代表TEL.079-437-5589)
内容 ないよう:
ふだんはみられない博物館の舞台うらを見学できる。
定員 ていいん:
各日15名 (先着順)
参加のしかた:
その日に発券カウンターまえに集合。
参加費 (おかね):
入館料がいる
行きかた:
  1. JRで三ノ宮駅から土山駅まで最速34分(西明石駅乗換). JRで姫路駅から土山駅まで最速19分(加古川駅乗換). JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分.
  2. 山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで最速42分(東二見駅乗換). 山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで最速30分(高砂駅乗換). 山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分.
  3. 第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km. 駐車場‥播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車64台、利用時間9:00〜21:00、利用料金1回200円) 播磨町野添であい公園駐車場(普通車24台 利用時間9:00〜21:00、利用料金1回普通車200円).
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.28 兵庫県立考古博物館オープン
館のサイト:
http://www.hyogo-koukohaku.jp/

国立民族学博物館 : 特別展「自然のこえ 命のかたち -カナダ先住民の生みだす美」関連モノづくりワークショップ シルクスクリーン版画づくり

とき:
2009年11月29日(日) 午後1時〜3時30分 ※受付開始‥午後0時30分から
ところ:
国立民族学博物館 こくりつみんぞくがくはくぶつかん (〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151)
内容 ないよう:
カナダ北西海岸先住民の鮮やかな版画作品を参考にしてカッティング法で版下をつくり、製版、インクを刷り込み、オリジナルのカードをつくる。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上 (小学校3年生以下の子どもは保護者が同伴すれば参加することができる)
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
350円
持っていくものとか:
エプロン (汚れてもよい服装ならば不要)
参加のしかた:
10月29日(木)からファックスか電子メールで申し込む。1.参加希望日・ワークショップタイトル 2.参加人数 3.参加者氏名(ふりがな)・年齢 4.代表者の郵便番号・住所 5.代表者の電話番号 6.ファックスで申し込む場合はFAX番号を書いておくこと。
申し込み先:
国立民族学博物館 情報企画係 「ワークショップ(カナダ)」係 FAX.06-6878-7523 E-mail:workshop@idc.minpaku.ac.jp
問い合わせ先:
国立民族学博物館 情報企画係 TEL.06-6878-8532)
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

国立民族学博物館 : 特別展「自然のこえ 命のかたち -カナダ先住民の生みだす美」関連モノづくりワークショップ ステンシル版画づくり

とき:
2009年11月22日(日) 午後1時〜3時30分 ※受付開始‥午後0時30分から
ところ:
国立民族学博物館 こくりつみんぞくがくはくぶつかん (〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151)
内容 ないよう:
イヌイットのユニークな版画作品を参考にして、ステンシルシート(型紙)をつくり、スポンジブラシ(筆)で色をすりこみ、オリジナルのカードをつくる。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上 (小学校3年生以下の子どもは保護者が同伴すれば参加することができる)
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
350円
持っていくものとか:
エプロン (汚れてもよい服装ならば不要)
参加のしかた:
10月22日(木)からファックスか電子メールで申し込む。1.参加希望日・ワークショップタイトル 2.参加人数 3.参加者氏名(ふりがな)・年齢 4.代表者の郵便番号・住所 5.代表者の電話番号 6.ファックスで申し込む場合はFAX番号を書いておくこと。
申し込み先:
国立民族学博物館 情報企画係 「ワークショップ(カナダ)」係 FAX.06-6878-7523 E-mail:workshop@idc.minpaku.ac.jp
問い合わせ先:
国立民族学博物館 情報企画係 TEL.06-6878-8532)
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

国立民族学博物館 : 点天展関連イベント バードカービング・ワークショップ 木で小鳥を作ろう

とき:
2009年10月31日(土) 午後1時30分〜4時 ※受付開始‥午後1時から
ところ:
国立民族学博物館 第3セミナー室 こくりつみんぞくがくはくぶつかん (〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151)
対象 たいしょう:
小学校3年生以上 (小学校2年生以下の子どもは保護者が同伴すれば参加することができる)
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
500円
持っていくものとか:
エプロン。汚れてもよい服装で。
参加のしかた:
9月30日(水)から電話か電子メールで申し込む。1.ワークショップタイトル 2.参加希望日 3.参加人数 4.参加者の氏名(ふりがな)と年齢 5.代表者の氏名と電話番号を書いておくこと。電話での受付時間は平日(月曜日〜金曜日)午前9時〜午後5時。
申し込み先:
国立民族学博物館 情報企画係 「ワークショップ(点天展)」係 TEL.06-6878-8532 E-mail:workshop@idc.minpaku.ac.jp
問い合わせ先:
国立民族学博物館 情報企画係 TEL.06-6878-8532)
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

国立民族学博物館 : 点天展関連イベント 点字アート・ワークショップ 点字をモチーフに自由造形

とき:
2009年10月25日(日) 午後1時30分〜4時 ※受付開始‥午後1時から
ところ:
国立民族学博物館 第5セミナー室 こくりつみんぞくがくはくぶつかん (〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151)
対象 たいしょう:
小学校1年生以上 (小学生未満の子どもは保護者が同伴すれば参加することができる)
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
500円
参加のしかた:
9月25日(金)から電話か電子メールで申し込む。1.ワークショップタイトル 2.参加希望日 3.参加人数 4.参加者の氏名(ふりがな)と年齢 5.代表者の氏名と電話番号を書いておくこと。電話での受付時間は平日(月曜日〜金曜日)午前9時〜午後5時。
申し込み先:
国立民族学博物館 情報企画係 「ワークショップ(点天展)」係 TEL.06-6878-8532 E-mail:workshop@idc.minpaku.ac.jp
問い合わせ先:
国立民族学博物館 情報企画係 TEL.06-6878-8532)
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

国立民族学博物館 : 点天展関連イベント 石創画ワークショップ 石で絵を描こう

とき:
2009年10月3日(土) 午後1時30分〜4時 ※受付開始‥午後1時から
ところ:
国立民族学博物館 第3セミナー室 こくりつみんぞくがくはくぶつかん (〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151)
対象 たいしょう:
小学校1年生以上 (小学生未満の子どもは保護者が同伴すれば参加することができる)
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
500円
持っていくものとか:
エプロン。汚れてもよい服装で。
参加のしかた:
9月3日(木)から電話か電子メールで申し込む。1.ワークショップタイトル 2.参加希望日 3.参加人数 4.参加者の氏名(ふりがな)と年齢 5.代表者の氏名と電話番号を書いておくこと。電話での受付時間は平日(月曜日〜金曜日)午前9時〜午後5時。
申し込み先:
国立民族学博物館 情報企画係 「ワークショップ(点天展)」係 TEL.06-6878-8532 E-mail:workshop@idc.minpaku.ac.jp
問い合わせ先:
国立民族学博物館 情報企画係 TEL.06-6878-8532)
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

国立民族学博物館 : 点天展関連イベント 凸凹(decoboco)ワークショップ 大切な人とつながる継手ペンダントを作ろう

とき:
2009年8月30日(日) 午後1時30分〜4時 ※受付開始‥午後1時から
ところ:
国立民族学博物館 第3セミナー室 こくりつみんぞくがくはくぶつかん (〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151)
対象 たいしょう:
小学校1年生以上 (小学生未満の子どもは保護者が同伴すれば参加することができる)
定員 ていいん:
20名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
500円
参加のしかた:
7月30日(木)から電話か電子メールで申し込む。1.ワークショップタイトル 2.参加希望日 3.参加人数 4.参加者の氏名(ふりがな)と年齢 5.代表者の氏名と電話番号を書いておくこと。電話での受付時間は平日(月曜日〜金曜日)午前9時〜午後5時。
申し込み先:
国立民族学博物館 情報企画係 「ワークショップ(点天展)」係 TEL.06-6878-8532 E-mail:workshop@idc.minpaku.ac.jp
問い合わせ先:
国立民族学博物館 情報企画係 TEL.06-6878-8532)
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

国立民族学博物館 : 夏休み関連 モンゴルin万博プレ・イベント 手のひらゲルをつくってみよう

とき:
2009年8月8日(土)・9日(日) 午前10時〜
ところ:
国立民族学博物館 2階 セミナー室 こくりつみんぞくがくはくぶつかん (〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151)
内容 ないよう:
2009年9月22日(祝)・23日(祝)に万博記念公園で開催される“モンゴルin万博”のプレイベント。遊牧民(ゆうぼくみん)がつかっている移動式(いどうしき)のおうち「ゲル」。みんぱくの展示場で「ゲル」についてまなんだら、ぺーぺークラフトの「ゲル」を自分の手でつくってみる。夏休みの自由研究に。
対象 たいしょう:
だれでも (小学校4年生以下の子どもは保護者が同伴で申し込むこと)
定員 ていいん:
各日15組 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
材料費など500円
参加のしかた:
前もって電子メールか電話かファックスかはがきで申し込む。参加希望日(8/8もしくは8/9)、(1)郵便番号、(2)住所、(3)氏名、(4)連絡先電話番号、(5)参加人数を伝えること。申し込みしめ切りは7月31日(金)だが、申し込み先着順なので早めに申し込むほうがよい。
申し込み先:
財団法人千里文化財団 (〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-1 TEL.06-6877-8893 FAX.06-6878-3716 E-mail:mongol@senri-f.or.jp)
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 ドングリころころ工作教室

とき:
2009年10月25日(日) 午後1時〜4時
ところ:
和歌山県立自然博物館 レクチャールーム (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
植物のタネや木の実がもついろいろなかたちを観察しながら、ドングリをつかったマスコット作りにチャレンジする。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学校4年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
入館料のほかに、傷害保険料78円がいる (高校生以下は入館無料)
持っていくもの:
自分の家の近所にある里山や公園でひろった木の実やタネを持っている人は持っていくとよい。自然博物館で名前をしらべることができる。
参加のしかた:
2009年10月11日(日)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「ドングリころころ工作教室」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 土の中の生き物を探そう

とき:
2009年10月24日(日) 午後1時〜3時
ところ:
和歌山県立自然博物館 レクチャールーム (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
土の中にすむ生き物を採集して、顕微鏡やルーペで観察し、土の中にすむ生き物の多様性やその働きなどを学習する。
対象 たいしょう:
中学生以上〜一般 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料入館料がいる (高校生以下は入館無料)
持っていくもの:
ルーペ、ピンセット、筆記用具など。
参加のしかた:
2009年10月10日(土)までにとどくように往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1通で申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「土の中の生き物を探そう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

京都府京都文化博物館 : ぶんぱく子ども教室 春休みアニメーション・ワークショップ アニメーションをつくってみよう!動いてるように見えるかな?

とき:
2009年3月25日(水)〜27日(金) 午前10時〜午後5時 ※3日間連続
ところ:
京都文化博物館 (〒604-8183 京都市中京区三条高倉) 3/25・26‥別館2階会議室 3/27‥本館3階映像ホール
内容 ないよう:
映画・映像によるアートに親しむため、NPOキンダーフィルムフェスト・きょうとからアニメーション作家のかたを招いて、アニメーション製作のワークショップが催される。ふだんテレビで見なれているアニメーション。やりかたを学んで、楽しい作品をつくってみる。いろいろな素材(そざい)、技法(ぎほう)をつかったアニメーションを3つのグループに分かれて作品をつくり、最終日にはでき上がった作品を本館3階映像ホールの大きなスクリーンで上映して、みんなで楽しむ。
対象 たいしょう:
3日間とも参加できる10歳15歳子ども
定員 ていいん:
12名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
往復はがきかファックスで3月15日までにとどくように申し込む。(1)参加希望のプログラム名と日時、(2)住所・氏名(ふりがな)・保護者氏名・電話番号・FAX番号・学校名・学年と、往復はがきの場合は返信面に住所・氏名を書いておくこと。多いときは抽選。抽選の結果は3月15日以降に連絡がある。
申し込み先:
京都文化博物館「ぶんぱく子ども教室」係 (〒604-8183 京都市中京区三条高倉 FAX.075-222-0889)
館にあるこどものための設備:
ベビーカー貸し出し(1台)・オムツ替え専用シート(本館1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.bunpaku.or.jp/
[掲示板]での京都文化博物館さまの提供情報です. ありがとうございます.

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 12月 泥のひみつ

とき:
2009年12月12日(土) 午後2時30分〜3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
水にぬれるとどろどろ、ねちゃねちゃ。そんな泥は砂やレキとはちがったふしぎな性質をもっている。かんたんな実験で泥のひみつにせまってみる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 2009年度後期 自然観察写真撮影上達法講習会 しぜんかんさつしゃしんさつえいじょうたつほうこうしゅうかい

とき:
  1. フィールド講習会/2009年10月25日(日)‥奈良市・平城京跡、11月3日(祝)‥京都府八幡市三川合流 終日 ※雨天決行
  2. 講評会/10月31日(土)・11月21日(土) 午後2時〜午後4時30分‥自然史博物館集会室
内容 ないよう:
自然の記録や生態(せいたい)を説明する資料(しりょう)として、また自然のふしぎを伝える手段(しゅだん)として写真の持つ意味は多方面(たほうめん)にある。この講習会では、自然写真撮影のポイントを学ぶことができる。銀塩(ぎんえん)フィルムカメラ、デジタルカメラ(コンパクト・1眼)を問わない。
対象 たいしょう:
フィールド講習会と室内講習会の計4回をとおして参加できる小学校4年生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
7,000円 (全4日分. 保険料を含む)
参加のしかた:
2009年10月14日(水)までにとどくように、館のサイトの申し込みページで申し込むか、電子メールか往復はがきで申し込む。電子メール・往復はがきの場合は、「自然観察写真講習会」と明記の上、参加者全員の氏名、年齢、住所、電話番号、男女別、友の会会員非会員の別、返信連絡先(往復はがきには返信用の宛名)を書いておくこと。
問いあわせ先:
自然史センター
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 1400万年前の火砕流 かさいりゅう

とき:
2009年11月23日(祝) 終日 ※雨天中止
ところ:
奈良市中ノ川町
内容 ないよう:
奈良市の中ノ川町付近に分布する約1400万年前の火砕流でできた石仏凝灰岩を観察する。火山の噴煙の中でつくられた火山豆石、マグマが発泡してできた軽石を観察することができる。地層を見ながら石仏凝灰岩のできかたを考えてみる。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2009年11月8日(日)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 270万年前のメタセコイア

とき:
2009年11月29日(日) 終日 ※雨天中止・増水時中止
ところ:
滋賀県湖南市 野洲川
内容 ないよう:
270万年前の地層(古琵琶湖層群)が露出する滋賀県湖南市の野洲川河床で、メタセコイアの球果化石を探したり、株の化石を観察する。ゾウやシカの足跡化石も見られるかもしれない。足場の悪い河原を含め約7km歩く(健脚向き)。
対象 たいしょう:
小学校4年生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2009年11月13日(金)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(11月) ダンゴムシ・ワラジムシ

とき:
2009年11月28日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
植物園内の落ち葉の下や、博物館のまわりにかくれているダンゴムシやワラジムシをつかまえて観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (ただし、植物園入園料が必要)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
容器(フィルムケース・小ビンなど)、筆記用具、持っている人はルーペ。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 化石さがし

とき:
2009年12月6日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
泉佐野市方面
内容 ないよう:
化石のねむる山をめざして、みんなであるいて、ガケの石やいろんな化石をみつけて、和泉山脈(いずみさんみゃく)のヒミツに、せまってみる。
対象 たいしょう:
小学校3年生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
150名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生200円 (自然史博物館友の会会員は100円引き)
参加のしかた:
11月13日(金)までに館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 琵琶湖の水鳥 びわこのみずどり

とき:
2009年12月13日(日) 終日
ところ:
滋賀県近江今津〜新旭方面(予定)
内容 ないよう:
冬の琵琶湖ではたくさんの水鳥が見られる。大阪周辺ではなかなか見られないコハクチョウやホオジロガモなどを探しにいく。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2009年11月28日(土)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

梅小路蒸気機関車館 : ミニ新幹線電車に乗ってみよう! みにしんかんせんにのってみよう!

とき:
2009年11月21日(土)〜23日(祝) 午前10時30分〜午後3時30分 (午後0時〜1時は休憩)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
小さくてかわいい300系ミニ新幹線電車に体験乗車できる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : SL館オリジナル缶バッジをGETしよう!

とき:
2009年11月22日(日) ※館のサイトでは11/22(土)と記載があったが、11/22(日)実施のまちがい.
ところ:
梅小路蒸気機関車館 フロント (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SL館オリジナル缶バッジ(直径54mm)でSL館の保存車輌(ほぞんしゃりょう)を集めることができる。今回、来館したひと先着500名は、C55形1号機をデザインしたオリジナル缶バッジがもらえる。これまでに配られた缶バッジを10種類集めたひとが缶バッジ10種類を梅小路蒸気機関車館に持っていくと、オリジナルスタンプを押したスタンプ用紙がもらえる。
定員 ていいん:
500名 (先着順. なくなり次第終了)
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : HOゲージ鉄道模型運転会 HOげーじてつどうもけいうんてんかい

とき:
2009年11月7日(土)・8日(日) 午前10時〜午後3時30分
ところ:
梅小路蒸気機関車館 扇形車庫内 うめこうじじょうききかんしゃかん おうぎがたしゃこない (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 TEL.075-314-2996 FAX.075-314-3054)
内容 ないよう:
HOゲージ(えいちおーげーじ・縮尺1/80)のながさ150メートルのレイアウトの上を、蒸気機関車(じょうききかんしゃ)や新幹線(しんかんせん)などいろいろな模型がはしる。持ちこみ運転体験もできる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
参加費 (おかね):
入館料(にゅうかんりょう)がいる
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪樟蔭女子大学 : 文楽ワークショップ -文楽を楽しく学ぶ-

とき:
2009年11月28日(土) 午前10時30分〜12時 ※開場‥午前10時
ところ:
大阪樟蔭女子大学 小阪キャンパス (近鉄奈良線河内小阪駅から徒歩3分)
内容 ないよう:
上方文化(かみがたぶんか)の代表「人形浄瑠璃文楽(にんぎょうじょうるりぶんらく)」を楽しむための入門講座。文楽はどのように上演されるのか、楽しく体験することができる。
  1. 実演/「伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)」より「火の見櫓(ひのみやぐら)の段」
  2. 解説と体験教室/太夫(たゆう)、三味線(しゃみせん)、人形
対象 たいしょう:
小学校高学年から一般社会人 (親子連れの幼児や小学生も歓迎)
定員 ていいん:
200名 (申し込み先着順)
参加費 (おかね):
無料
参加のしかた:
前もって、はがきかファックスで申し込む。(1)住所 (2)氏名(ふりがな) (3)電話番号 (4)「文楽ワークショップ」参加希望を書いておくこと。幼児・小学生は年齢も書いておくこと。申し込みしめ切りは11月24日(火・必着)だが、定員になり次第しめ切られるので早めに申し込んだほうがよい。参加者には受講証などは送られてこないので、当日開演時刻までに会場へ行くこと。
申し込み先・問い合わせ先:
大阪樟蔭女子大学 (〒577-8550 大阪府東大阪市菱屋西4-2-26 TEL.06-6723-8163 FAX.06-6723-8348)
主催 しゅさい:
大阪樟蔭女子大学
主管 しゅかん:
大阪樟蔭女子大学 地域文化センター・日本文化史学科・国文学科
協力 きょうりょく:
特定非営利活動(NPO)法人人形浄瑠璃文楽座
サイト:
http://www.osaka-shoin.ac.jp/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 親子体験学習会 銅鏡をつくろう どうきょうをつくろう

とき:
2009年10月31日(土) 午前9時30分〜午後4時
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 中庭 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185 近鉄畝傍御陵前駅から西へ徒歩5分)
内容 ないよう:
土でできた鋳型(いがた)に紋様を刻んで、銅を鋳型に流しこむところを見学して、鋳あがった銅鏡の鏡面(きょうめん)をみがいて、自分だけのほんものの銅鏡(どうきょう:銅でできた鏡)をつくる。※文化庁 美術館・博物館活動基盤整備支援事業
対象 たいしょう:
小学生中学生の児童生徒とその保護者 (2名1組)
定員 ていいん:
40組80名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ (保護者の入館料500円が必要)
参加のしかた:
2009年10月10日(土・消印有効)までに往復はがきで申し込む。子どもと保護者の氏名・学校名・学年・住所・電話番号を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館「親子体験学習会」係 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/

交通科学博物館 : 秋の防災イベント みなと消防フェスタ2009

とき:
2009年11月14日(土) 午前10時〜午後4時 ※雨天時・緊急時は内容変更
ところ:
交通科学博物館 屋外展示場 (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
「はしご車」などの「消防車両」が集合。はしご車の乗車体験や起震車の乗車体験もある。また、テレビでおなじみの「トミカヒーロー レスキューファイヤー ファイヤー1」も登場する。
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
参加のしかた:
自由参加。はしご車の乗車体験と起震車の乗車体験はその日に会場で配られる整理券をもらう。
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 親子セミナー みなと探検隊'09 みなとたんけんたい'09

とき:
2009年11月8日(日) 午前11時〜午後3時 ※荒天中止
ところ:
交通科学博物館 南休憩室 (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)と、大阪港 おおさかこう
内容 ないよう:
大阪港(おおさかこう)で活躍するシャトルクルーザー「キャプテンライン」のクルーが海と船のお話しをしてくれる。お話教室のあとは、大阪湾でのクルージング。
対象 たいしょう:
小学生とその保護者
定員 ていいん:
30組60名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館入館料と大阪港駅までの交通費と昼食は各自負担 )
参加のしかた:
2009年10月19日(月)までにとどくように、往復はがきで交通科学博物館 セミナー係へ申し込む。住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 アカトンボ調べ あかとんぼしらべ

とき:
2009年10月31日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
島本町尺代周辺
内容 ないよう:
古代(こだい)の日本は「あきつ(トンボの古名)しま」と呼ばれていたほど、トンボがたくさん飛びまわり、作物(さくもつ)がゆたかに実る国だった。そのトンボは、アカネ属(ぞく)のオスを中心とするアカトンボと思われる。現代の大阪でどういう種類のアカトンボがどれだけ見られるか調べてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
100名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2009年10月16日(金)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 どんぐり

とき:
2009年10月25日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園
内容 ないよう:
秋はたくさんのどんぐりがみのる。長居植物園で、いろいろなどんぐりや木の実をみつけて、どんぐりはかせになる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
200名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生以下200円
参加のしかた:
前もって館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 淀川を歩こう6 豊里大橋から河口右岸

とき:
2009年11月1日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
大阪市東淀川区〜西淀川区
内容 ないよう:
大阪を流れる最大の川・淀川を流れに沿って歩くシリーズ。今回は、豊里大橋から河口の矢倉海岸までの右岸(北岸)を歩く。淀川大堰を境とした淡水・汽水環境のちがいを岸辺で観察してみる。矢倉海岸には最寄駅がなく引き返すので、距離は全体で約16km。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
前もって館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(10月) 秋の渡り鳥

とき:
2009年10月24日(土) 午前10時〜12時 ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
コサメビタキやメボソムシクイなど、渡りの途中に立ち寄った小鳥を探す。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (ただし、植物園入園料が必要)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
持っている人は双眼鏡、図鑑など。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午前8時〜9時にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ きのこのこ

とき:
2009年9月26日(土)・27日(日)、10月17日(土)・18日(日)
ところ:
大阪市立自然史博物館 花と緑と自然の情報センター2階 ネイチャーホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
キノコには、キノコの子どもを空に飛ばすふしぎなしかけがある。きのこをみつめて、いろんなふしぎをみつめてみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕のある場合は未就学児童も参加可能。ただし保護者の付き添いが必要)
定員 ていいん:
1回30名
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に会場で。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

加悦SL広場 : 初夏の加悦鉄道まつり しょかのかやてつどうまつり

とき:
2009年5月4日(祝)・5日(祝) 午前10時〜午後4時 ※小雨決行 (SL広場の営業時間は午前10時〜午後5時)
ところ:
加悦SL広場 かやえすえるひろば (〒629-2422 京都府与謝郡加悦町字滝941-2, TEL.0772-42-3186, FAX.0772-43-0080, カヤ興産株式会社)
内容 ないよう:
  1. 加悦鉄道再現列車乗車会/午前10時〜(30分ごとに発車), 内容 構内線約120m区間の往復を、キハ101形ディーゼル気動車やDB201ディーゼル機関車に牽引された木造客車列車が走る, 参加費 小学生以上100円.
  2. 鉄道模型やグッズ等のミニバザー/加悦鐵道保存会の会員のかたが収集した鉄道・バス部品、鉄道模型、鉄道古書などをバザー形式で販売.
  3. ふわふわ風船・駄菓子プレゼント/対象 入場した子ども全員(ぜんいん).
  4. 周遊列車ロケット号割引サービス/通常300円を200円で運行, 雨天中止.
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
小学生以上の子どもとおとなは入場料がいる。
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.kyt-net.ne.jp/kayaslhiroba/

日本民家集落博物館 : 日本民家集落博物館まつり にほんみんかしゅうらくはくぶつかんまつり

とき:
2008年11月24日(日)・25日(祝)
ところ:
日本民家集落博物館 にほんみんかしゅうらくはくぶつかん (〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-2 TEL.06-6862-3137 FAX.06-6862-3147)
内容 ないよう:
展示民家すべてをつかっていろいろなイベントを開催。そば打ち実演、模擬店、ドングリクッキーつくり、むかしのあそび体験、草木染め、室内楽コンサート、大阪府立博物館(大阪府立狭山池博物館・大阪府立近つ飛鳥博物館・大阪府立弥生文化博物館)の紹介と府立博物館それぞれの独自イベント、スタンプラリーなど。
参加費 (おかね):
割引入館料(おとな250円、高校生・中学生小学生は無料)がいる。※通常は、小学生以上は入館料が必要.
協力 きょうりょく:
大阪センチュリー交響楽団、NPO法人シニア自然大学、七望流蕎麦道場、阪急電鉄株式会社、北大阪急行電鉄株式会社
問いあわせ先:
日本民家集落博物館
館のサイト:
http://www.occh.or.jp/minka/

梅小路蒸気機関車館 : 鉄道の日イベント 梅小路でSL“ネルソン君”とふれあおう!

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
10月14日(水)の「鉄道の日」や上旬の土日と3連休に、1070形1080号機関車(イベントでの愛称はSL“ネルソン君”)に関連したイベントが開催される。
  1. SL“ネルソン君”と記念撮影/2009年10月3日(土)・4日(日) 1回め‥午前10時30分〜12時 2回め‥午後1時30分〜3時30分, ところ 扇形車庫内, 内容 機関士の制服を着て1080号機関車の運転室内に入って、プロのカメラマンのかたに写真撮影してもらう, 対象 小学生以下, 参加費 200円.
  2. SL“ネルソン君”オリジナルキーホルダーを作ろう/10月10日(土)〜12日(祝) 1回め‥午前10時〜12時 2回め‥午後1時〜3時30分, ところ 扇形車庫内, 内容 塗り絵感覚でオリジナルのキーホルダーをつくる, 参加費 200円.
  3. SL“ネルソン君”模型運転会/10月10日(土)〜12日(祝) 午前10時〜午後3時30分, ところ 扇形車庫内, 内容 実物の87分の1の大きさで作られた1080号機関車を特別に展示運転。また、総線路長が150mのHOゲージ(実物の80分の1)模型レイアウトで、蒸気機関車や特急形電車の模型車両を運転。HOゲージのレイアウトでは持ち込み運転もできる.
  4. ミニSL運転会/10月11日(日)・12日(祝) 午前10時〜午後3時30分, ところ ちびっ子広場南側, 内容 ほんものとおなじように煙をはいて走るD51形ミニSLの運転会。(雨天中止).
  5. 蒸気機関車の庫外展示/10月10日(土)〜12日(祝)・14日(火), ところ 転車台南側, 内容 1080号機関車(明治34年製造)を中心に、明治・大正・昭和の時代に作られた蒸気機関車3両を庫外に展示。それぞれの機関車にはオリジナルデザインのヘッドマークが取り付けられる.
  6. SL“ネルソン君”作品展示/10月10日(土)〜12日(祝), ところ 扇形車庫内, 内容 9月19日(土)〜23日(祝)の「シルバーウィーク」に描かれた絵画作品を展示.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : SL館オリジナル缶バッジをGETしよう!

とき:
2009年10月10日(土)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 フロント (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SL館オリジナル缶バッジ(直径54mm)でSL館の保存車輌(ほぞんしゃりょう)を集めることができる。今回、来館したひと先着500名は、C53形45号機をデザインしたオリジナル缶バッジがもらえる。これまでに配られた缶バッジを10種類集めたひとが缶バッジ10種類を梅小路蒸気機関車館に持っていくと、オリジナルスタンプを押したスタンプ用紙がもらえる。
定員 ていいん:
500名 (先着順. なくなり次第終了)
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

滋賀県立琵琶湖博物館 : 2009年度 観察会 かんさつかい

スケジュール:
  1. 初夏の里山を歩こう/2009年5月23日(土) 午前10時〜12時, ところ 甲賀市水口町周辺, 内容 初夏の里山を歩きながら、雑木林や田んぼの生きものを観察する, 対象 だれでも(小学校4年生以下は保護者同伴), 定員 30名, 参加費 保険料など100円, 申し込み締め切り 5月13日, 申し込み先 〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 滋賀県立琵琶湖博物館, 問い合わせ先 TEL.077-568-4811.
  2. 希望が丘自然観察会(植物)/5月24日(日) 午前10時〜12時, ところ 希望が丘文化公園, 内容 希望が丘文化公園の森で植物を観察する, 対象 だれでも(小学校6年生以下は保護者同伴), 定員 30名, 参加費 保険料など100円と希望が丘文化公園の駐車場代500円がいる, 申し込み締め切り 5月14日, 申し込み先 〒520-2551 蒲生郡竜王町薬師1178 希望が丘文化公園 業務課研修担当, 問い合わせ先 TEL.077-586-2111.
  3. 不耕起の田んぼで生き物観察/6月20日(土) 午前10時〜午後2時, ところ 高島市朽木針畑, 内容 高島市朽木の不耕起、無農薬栽培の水田で、生き物の観察をする, 対象 だれでも(小学校4年生以下は保護者同伴), 定員 30名, 参加費 保険料など100円, 申し込み締め切り 6月10日, 申し込み先 〒525-0001 草津市下物町1091 滋賀県立琵琶湖博物館, 問い合わせ先 TEL.077-568-4811.
  4. 希望が丘自然観察会(昆虫)/7月4日(土) 午前10時〜12時, ところ 希望が丘文化公園, 内容 希望が丘文化公園の森で昆虫を観察する.
  5. 漁船に乗ってビワマス漁をみてみよう/7月25日(土) 午前6時〜12時.
  6. 里山の虫たんけん -身近な夏の虫たち-/8月2日(日) 午前10時〜12時.
  7. 魚採りを楽しもう/9月13日(日) 午前10時〜12時.
  8. アユの産卵用人工河川を見てみませんか/9月20日(日) 午前10時〜12時.
  9. 里山の虫たんけん -アカトンボやバッタたち-/9月26日(土) 午前10時〜12時.
参加のしかた:
申し込み締め切り日までにとどくように往復はがきで申し込む。1)参加を希望する行事名、2)参加者全員の氏名・年齢・郵便番号・住所・電話番号、3)一言メッセージを書いておくこと。参加者が多いときは抽選。
館のサイト:
http://www.lbm.go.jp/

国立国際美術館 : こどものためのワークショップ 婆々娘々!爺々童々!(ポーポーニャンニャン!イェイェトントン!)

とき:
2009年8月29日(土) 1回め/午前10時10分〜午後4時30分
ところ:
国立国際美術館 こくりつこくさいびじゅつかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
内容 ないよう:
手先や足先に特殊メイクをほどこして「老人」に変身。最後には、全員で記念写真を撮る。講師の先生は美術作家のやなぎみわさん。
対象 たいしょう:
小学校4年生中学校3年生
定員 ていいん:
15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2009年8月19日(水)までにとどくように往復はがきで申し込む。(1)希望ワークショップ名 (2)氏名(ふりがな) (3)郵便番号・住所 (4)電話番号 (5)学年 (6)今回の情報をどのように知ったかを書いておくこと。多いときは抽選。兄弟・友だちどうしで参加を希望する場合は、おなじハガキで申し込むこと。参加決定者は、老人の手や足の肌のようすを観察して、手と足の甲をアップにした写真をそれぞれ1枚ずつ撮ってきて、ワークショップ当日に持っていくこと。※しめきり後でも、定員に達するまで受け付けているので問い合わせてみるとよい.
そのほか:
肌に特殊メイクを施すので、皮膚にアレルギーのあるひと、皮膚が弱いひとは、参加しないほうがよい。
問い合わせ・申し込み先:
国立国際美術館「なつやすみびじゅつあー」係 (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
館のサイト:
http://www.nmao.go.jp/
観覧券 かんらんけん:
国立国際美術館 ルーヴル美術館展「美の宮殿の子どもたち」6/23〜9/23 チケット[@電子チケットぴあ]

交通科学博物館 : 鉄道の日イベント こうはく鉄道フェスタ

とき:
2009年10月10日(土)〜14日(水)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
プログラム:
  1. SL義経号をみがこう!/10月11日(土) 午後1時〜3時ごろ, 内容 オープン展示にそなえて、義経号をおそうじする, 対象 小学生以上(小学生は保護者同伴), 定員 10名(多いときは抽選), 参加のしかた 2009年9月26日(土)までにとどくように、往復はがきで交通科学博物館 義経号係へ申し込む。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと.
  2. SL義経号オープン展示/10月11日(日)〜12日(祝)・14日(水) 午前10時30分〜午後5時, 内容 ふだんは大きなガラスケースに入った義経号が外に登場する, ところ 屋外展示場, そのほか 雨天中止.
  3. トレインマークを集めよう!/10月10日(土)〜12日(祝)・14日(水) 午前10時30分〜午後5時, 内容 交通科学博物館オリジナルのトレインマークのスタンプラリー.
  4. こうはく音楽会/10月11日(日) 午後2時〜2時30分, ところ 屋外展示場(雨天時はホール).
  5. 出発進行!ミニ500系新幹線運転会/10月10日(土)〜12日(祝) 午前11時〜12時・午後1時〜4時, ところ 屋外展示場ミニSL運転線, 内容 実物の10分の1サイズの電動500系新幹線の乗車会, そのほか 雨天時は中止.
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

大阪歴史博物館 : わくわく子ども教室 綿くり・糸つむぎ体験

とき:
2009年7月25日(土)、8月22日(土) 午前11時〜午後4時
ところ:
大阪歴史博物館 1階 エントランスホール おおさかれきしはくぶつかん (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
綿(わた)の実から糸をつくる体験。綿くり器(わたくりき)で綿の実(み)から種(たね)をとり出し、綿打ち(わたうち)をしたあと、糸車(いとぐるま)をつかって糸をつくるまでの工程(こうてい)を体験する。
対象 たいしょう:
おもに小学生中学生 (だれでも参加できる)
定員 ていいん:
なし
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日の時間内に自由参加。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪歴史博物館 : わくわく子ども教室 ミクロの世界をのぞいてみよう

とき:
2009年4月の第3土曜日、5月〜9月の毎月第1土曜日 午後2時〜4時
ところ:
大阪歴史博物館 8階 なにわ考古研究所 おおさかれきしはくぶつかん 8かい なにわこうこけんきゅうじょ (〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32 TEL.06-6946-5728 FAX.06-6946-2662)
内容 ないよう:
発掘調査(はっくつちょうさ)で出た土をあらうと、肉眼(にくがん)ではわかりにくい小さな遺物(いぶつ)がたくさん見つかることがある。それはコメつぶやくだもののタネ、魚のウロコといったような、むかしの人がどんなものを食べていたかを知る手がかりとなるものや、木や草のタネ、ムシのはねや脚(あし)など、人間が住んでいた環境(かんきょう)を知る手がかりとなるものや、小さな小さなガラス玉までいろんなものが見つかる。この催しでは、こういった小さな小さな遺物を学芸員(がくげいいん)のかたが解説してくれながらいっしょに顕微鏡(けんびきょう)で観察する。
対象 たいしょう:
おもに小学生中学生 (だれでも参加できる)
定員 ていいん:
なし
参加費 (おかね):
無料 ただ (常設展示観覧券がいる)
参加のしかた:
その日の時間内に会場で。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーチェア(各トイレ内)・ベビーシート(各トイレ内)
館のサイト:
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども博物館探険ツアー こどもはくぶつかんたんけんつあー

とき:
2009年8月9日(日)・29日(土)、9月5日(土) 午後2時〜
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325). 集まるところ/博物館1階相談カウンター
内容 ないよう:
博物館の収蔵庫(しゅうぞうこ)やふだん見ることのできない場所を探検する。
対象 たいしょう:
中学生以下の子どもとその保護者
定員 ていいん:
20名ぐらい (当日先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日の午後2時に集合場所で申し込む。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 子ども古墳見学会 聖徳太子の歩いた道 -竹内街道周辺の古墳- こどもこふんけんがくかい しょうとくたいしのあるいたみち -たけのうちかいどうしゅうへんのこふん-

とき:
2009年7月26日(日) 集合/午前8時50分 (行程‥3時間30分ぐらい)
集まるところ:
近鉄長野線喜志駅まえ 金剛バス1番乗り場付近
内容 ないよう:
平成21年度夏季企画陳列「大阪の古墳 -最近の調査成果から-」の関連イベント。
  1. 金剛バス(路線バス)にて叡福寺へ移動(大人200円)→叡福寺と聖徳太子墓(宝物館は希望者のみ 大人200円)→松井塚古墳の横口式石槨と尼ヶ谷古墳の石室→用明天皇陵古墳→推古天皇陵古墳と二子塚古墳→葉室古墳群→正午ごろ近つ飛鳥博物館に到着。解散→午後1時より特別展示室にて夏季企画陳列の展示解説(希望者のみ 大人300円).
対象 たいしょう:
子どもとその保護者
定員 ていいん:
30名 (申し込み先着順. 定員になり次第しめ切り)
参加費 (おかね):
100円 (保険代など) ※交通費・博物館入館料などは各自負担
持っていくものとか:
帽子・長ズボン・歩きやすい靴で。お弁当や十分な飲み物を持っていくこと。
参加のしかた:
博物館のサイトにある申し込みフォームから申し込むか、電話で博物館へ問い合わせる。申し込みしめ切りは2009年7月22日(水)だが、定員になり次第しめ切られるので早いめに申し込むほうがよい。
問い合わせ先:
大阪府立近つ飛鳥博物館 (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : こども勾玉つくり工房 こどもまがたまつくりこうぼう

とき:
2009年7月4日(土)、8月1日(土) 午後2時〜
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325). 集まるところ/玄関付近 (雨天時は1階相談カウンターに集合)
内容 ないよう:
古代(こだい)のアクセサリー、勾玉(まがたま)をつくる。
対象 たいしょう:
子どもと保護者
定員 ていいん:
あり (先着順)
参加費 (おかね):
材料費300円
参加のしかた:
その日に申し込む。
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪府立近つ飛鳥博物館 : 夏休み博物館こども工作室 なつやすみはくぶつかんこどもこうさくしつ

とき:
2009年8月23日(日) 午後1時30分〜4時のあいだ
ところ:
大阪府立近つ飛鳥博物館 地階ホール おおさかふりつちかつあすかはくぶつかん (〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 TEL.0721-93-8321 FAX.0721-93-8325)
内容 ないよう:
いろいろな材料をつかって思いのままにものづくりする。夏休みの工作の宿題も解決できる。
定員 ていいん:
50名ぐらい (時間内出入り自由)
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.chikatsu-asuka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 山の秋の渡り鳥 やまのあきのわたりどり

とき:
2009年10月11日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
高安山〜生駒山
内容 ないよう:
高安山〜生駒山の尾根筋を中心に歩いて、ヒタキ類やタカ類など秋の渡り鳥をさがす。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
2009年9月26日(土)までに、館のサイトの申し込みページで申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 10月 石になった植物化石 いしになったしょくぶつかせき

とき:
2009年10月10日(土) 午後2時30分〜
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
鉱物(こうぶつ)に置きかえられて石になった植物(しょくぶつ)の化石(かせき)を観察する。石になった木の幹、ソテツの幹、木生シダの幹、マツボックリをさわったり顕微鏡(けんびきょう)で観察してみる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 バッタのオリンピック

とき:
2009年9月27日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
藤井寺市石川〜大和川
内容 ないよう:
秋の河原(かわら)はバッタの天国。みんなでたくさんつかまえて、名前をしらべてみる。そして、だれのバッタが遠くまでとぶか競争(きょうそう)してみる。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
200名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上300円、小学生以下200円
参加のしかた:
前もって館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 川と水田の植物

とき:
2009年9月20日(日) 午前10時〜午後3時 ※雨天中止
ところ:
高槻市 芥川周辺
内容 ないよう:
暑い夏がおわるころ、川や水田では水辺の植物が花盛りをむかえる。涼しくなりはじめた、水辺で初秋(しょしゅう)の植物を観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 地域自然誌シリーズ 淀川を歩こう2 枚方大橋〜城北ワンド

とき:
2009年9月27日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
枚方市〜大阪市の淀川
内容 ないよう:
大阪を流れる最大の川・淀川を流れに沿って歩くシリーズ。今回は、枚方大橋から城北ワンドまでの左岸(南岸)を歩く。淀川では残り少なくなったワンド、庭窪ワンドや八雲ワンド、城北ワンドを観察しながら歩く。歩く距離は約15km。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
前もって館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ先:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 9月 黒雲母であそぼう くろうんもであそぼう

とき:
2009年9月12日(土) 午後2時30分〜
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
黒雲母は、かこう岩にも含まれる黒っぽい粒(つぶ)で、私たちのみぢかにある鉱物(こうぶつ)。六角形で平べったい、うすくぺらぺらとはがれ、酸化(さんか)したものは金色にぴかぴか光る、など、おもしろい性質(せいしつ)をもっている。さわってみたり、顕微鏡(けんびきょう)で見たりする。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編 大池の生き物(9月)

とき:
2009年9月26日(土) ※雨天中止
ところ:
長居植物園. 集合/大阪市立自然史博物館 玄関前ポーチ
内容 ないよう:
すこし涼しくなった長居植物園の大池をまわりながら、魚など水の生きものを観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 (ただし、植物園入園料が必要)
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
帽子、虫除け、飲み物など。暑さ対策。筆記用具、ある人は双眼鏡など。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午後3時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジュニア自然史クラブ 鉱物採集

とき:
2009年10月4日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
奈良県桜井市方面
内容 ないよう:
奈良県桜井市に鉱物採集に行く。ジュニア自然史クラブは、生物や地学関係が好きな中高生のグループ。毎月、いろんな活動をしている。ジュニア自然史クラブに入れば、同じような興味を持っている友達ができたり、学芸員と知り合いになって、博物館を色々と利用することができる。
対象 たいしょう:
中学生・高校生 (12歳〜18歳)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 平成21年度 こども向け体験学習会 勾玉を作ろう まがたまをつくろう

とき:
2009年9月23日(祝) 午前9時30分〜11時30分
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185 近鉄畝傍御陵前駅から西へ徒歩5分)
内容 ないよう:
勾玉(まがたま)のお話しをきいて、勾玉づくりにチャレンジする。
対象 たいしょう:
奈良県内に在住する小学生
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2009年9月10日(木・消印有効)までに往復はがきで申し込む。氏名(1名のみ)・年齢・学校名・学年・住所・電話番号を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館「こども向け体験学習会」係 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/
催しのページ(PDF):
http://www.kashikoken.jp/museum/top-koushin/news/PDF/magatama.pdf

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 水族館で魚を飼おう(2) すいぞくかんでさかなをかおう(2)

とき:
2009年9月13日(日) 午前10時〜午後3時 (雨のときは12時まで)
ところ:
和歌山県立自然博物館とその周辺 わかやまけんりつしぜんはくぶつかんとそのしゅうへん
内容 ないよう:
磯へいって生きものを採集(さいしゅう)して、自分たちでレイアウトした水槽(すいそう)で展示する。この水槽は博物館の展示水槽として一般(いっぱん)に公開(こうかい)される。
対象 たいしょう:
小学生以上の子ども〜一般 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料78円 (保護者はほかに入館料がいる)
持っていくもの:
弁当、参加費、長ぐつやぬれてもよい靴(くつ)、タオル、帽子、水筒、筆記用具など。
参加のしかた:
2009年8月30日(日)までにとどくように往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1通で申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「水族館で魚を飼おう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 魚にエサをやろう(2)

とき:
2009年9月12日(土) 午後2時〜4時30分
ところ:
和歌山県立自然博物館 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
水族館の魚たちはなにを食べているのか、どうやって食べているのか、エサはどうやって作られているのか。実際にエサやり体験をして観察してみる。ふだんはみることができない水族館のバックヤードにはいることができるチャンス。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
入館料のほかに、傷害保険料78円がいる。
持っていくもの:
タオル・筆記用具・ビニール手袋など。
参加のしかた:
2009年8月29日(土)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所、氏名、年齢、電話番号を書いておくこと。1組1通だけで申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「魚にエサをやろう」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

交通科学博物館 : 秋フェスタ

とき:
2009年9月19日(土)〜22日(祝)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
プログラム:
  1. おはなし しましょ!/9月20日(日)〜23日(祝) 午後1時〜・1時30分〜・3時〜, ところ ホール, 内容 音楽や映像を使った、小さな子ども連れの家族向けの約30分の楽しいステージショー.
  2. 明治の駅長さんに変身!/9月20日(日)〜22日(祝) 午前10時30分〜午後4時, ところ 第4室, 内容 子ども用の明治時代の駅長服を着て、記念撮影をすることができる.
  3. 出発進行!ミニ500系新幹線運転会/9月19日(土)〜23日(祝) 午前11時〜12時・午後1時〜4時, ところ 屋外展示場ミニSL運転線, 内容 実物の10分の1サイズの電動500系新幹線の乗車会, そのほか 雨天時は中止.
参加費 (おかね):
博物館の入館料 にゅうかんりょう がいる
館にあるこどものための設備:
介護室(授乳室)・ベビーベッド(介護室内)
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

大阪市 : 子どもが元気!大阪が元気!キャンペーン

とき:
2009年7月18日(土)〜8月26日(水) ※それぞれの施設の休館日・休園日をのぞく.
ところ:
天王寺動物園、天王寺公園、大阪市立科学館、大阪市立自然史博物館、長居植物園、なにわの海の時空館
内容 ないよう:
新型インフルエンザにより、学校行事の中止など、大きな影響を受けた子どもたちの元気を取りもどすため、また、おとなも子どもに返って元気を取りもどすために、夏休み期間中の7月18日(土)から8月26日(水)まで、「子どもが元気!大阪が元気!キャンペーン」として、大阪市立の6施設が無料で開放される。また、期間中に科学館と自然史博物館に来館した小学生中学生に「8ON特製ブロックメモ」を毎日先着50名にプレゼント。また、指定されたイベント参加者にもプレゼントが用意されている。
  1. 学校夏季休業中に毎日プレゼント/7月18日(土)〜8月26日(水), 対象 科学館、自然史博物館に入館の小学生中学生, 定員 毎日50名(先着順), プレゼント 8ONブロックメモ帳.
  2. 大阪市立科学館でのイベント参加でプレゼント/(1)プラネタリウム‥7/18・19・20の午前10時上映分の観覧者, プレゼント 日食観察グラス. (2)夏休み自由研究教室‥7/23・8/6・21の参加者、小中学生のための電気教室‥8/7の参加者、お天気フェア‥8/19・20の参加者, プレゼント 星座早見盤.
  3. 自然史博物館でのイベント参加でプレゼント/子どもワークショップ「ハカセとホネホネたんけん隊」‥7/19・20・8/1・2・15・16の参加者, プレゼント ミニ6色色鉛筆または特製シャープペンシル.
催しのページ:
http://www.city.osaka.lg.jp/yutoritomidori/page/0000044407.html

梅小路蒸気機関車館 : 秋休みイベント SL“ネルソン君”と梅小路であそぼう!

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
今年の秋は5連休。梅小路蒸気機関車館ではこの連休を中心に、1070形1080号機(このイベントでの愛称はSL“ネルソン君”)に関連したイベントが催される。開催時間は午前10時〜午後3時30分
  1. SL“ネルソン君”を描いてみよう!/2009年9月19日(土)〜23日(祝), ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 1080号機関車を描く。作品は10月10日(土)〜14日(火)のあいだ展示される.
  2. SL“ネルソン君”のナンバープレートで拓本を取ろう!/9月19日(土)〜23日(祝), ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 1080号機関車のナンバープレートの拓本を取ってみる。色も自由にえらんで、オリジナルの作品をつくって持って帰ることができる.
  3. SL“ネルソン君”模型運転会/9月21日(祝)〜23日(祝), ところ 扇形車庫内, 内容 実物の87分の1の大きさで作られた1080号機関車を特別に展示運転。また、総線路長が150mのHOゲージ(実物の80分の1)模型レイアウトで、鉄道模型運転会を開催。持ち込み運転もできる.
  4. ミニSL運転会/9月19日(土)・20日(日), ところ ちびっ子広場南側, 内容 ほんものとおなじように煙をはいて走るD51形ミニSLの運転会。(雨天中止).
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : SL館オリジナル缶バッジをGETしよう!

とき:
2009年9月12日(土)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 フロント (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SL館オリジナル缶バッジ(直径54mm)でSL館の保存車輌(ほぞんしゃりょう)を集めることができる。今回、来館したひと先着500名は、8620形8630号機をデザインしたオリジナル缶バッジがもらえる。これまでに配られた缶バッジを10種類集めたひとが缶バッジ10種類を梅小路蒸気機関車館に持っていくと、オリジナルスタンプを押したスタンプ用紙がもらえる。
定員 ていいん:
500名 (先着順. なくなり次第終了)
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : 夏休みイベント 夏のSL館 おもしろ・ふしぎ体験

ところ:
梅小路蒸気機関車館 うめこうじじょうききかんしゃかん (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
夏休みの思い出を梅小路蒸気機関車館で。楽しくSLとふれあうことができる、巨大な『SL立体図鑑』に入ってSLのしくみを楽しく学んだり、いろいろな参加型(さんかがた)イベントを楽しむことができる。
  1. 立体SL図鑑で遊ぼう!/2009年7月18日(土)〜8月31日(月), ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 8m×2mの巨大な『SL立体図鑑』。内部では、SLのボイラーの構造や動くしくみをわかりやすく解説.
  2. SL館マリオネット劇場/8月13日(木)〜15日(土) 各日3回上演, ところ 扇形車庫内特設会場, 内容 専門の演者によるマリオネット上演会。あやつり人形がおりなす不思議な世界を体験しよう.
  3. ミニSL運転会/7月19日(日) 午前10時〜午後3時30分(雨天中止), ところ ちびっ子広場南側, 内容 本ものとおなじように煙をはいて走るD51形ミニSLの運転会.
  4. 乗ってみようミニ新幹線電車/7月25日(土)・26日(日)、8月1日(土)・2日(日) 午前10時〜午後3時30分(12時〜1時は休憩), ところ 扇形車庫内, 内容 300系ミニ新幹線電車に体験乗車できる.
  5. SLのプレートで拓本を取ろう!/8月8日(土)・9日(日) 午前10時〜午後3時30分, ところ 扇形車庫内, 内容 ナンバープレートの拓本(たくほん)をとってみよう。色も自由にえらんで、オリジナルの作品をつくることができる.
  6. 鉄道模型運転会/8月13日(木)〜16日(日)・22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日) 午前10時〜午後3時30分, ところ 扇形車庫内, 内容 線路長がのべ150mの巨大HOゲージ模型レイアウトの鉄道模型運転会。持ちこみ運転もできる.
参加のしかた:
その日に会場で。
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

サントリーミュージアム[天保山] : キッズ・ワークショップ みんなでつくろう!えいごのどうぶつ アルファペット ワークショップ

とき:
2009年9月20日(日) 1回め/午後1時30分〜2時30分 2回め/午後3時30分〜4時30分
ところ:
サントリーミュージアム[天保山] さんとりーみゅーじあむ てんぽうざん (〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10 TEL.06-6577-0001)
内容 ないよう:
アルファペットとは、いしかわしほさんが書いたコクヨ&S&T出版の本のこと(西欧文化の「ペット」と日本文化の「オリガミ」を融合させた作品)。A〜Zまでの文字を折っていくと、その文字が頭文字につく動物に変身し、AからZまで26文字の動物が勢ぞろいする。今回のワークショップでは、まっ白な紙にアルファッペットが1つ描かれたものに色をぬって組み立てて動物にする。
対象 たいしょう:
5歳12歳
定員 ていいん:
各回25名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2009年9月1日(火)までにとどくように郵便はがきで申し込む。1.参加希望の時間、2.参加者の氏名・年齢、3.郵便番号・住所、4.電話番号を書いておくこと。当選者には参加証が送られてくるので、当日はそれを持っていくこと。
申し込み先:
サントリーミュージアム[天保山] 「アルファペット キッズ・ワークショップ」係 (〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10)
問い合わせ先:
アルファペット事務局 TEL.090-7419-8818(平日11:00〜18:00)
館のサイト:
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/
観覧券 かんらんけん:
サントリーミュージアム[天保山]「スタジオジブリ レイアウト展」7/25〜10/12 チケット[@電子チケットぴあ]
そのほか:
「アルファペット」の本はテレビで紹介されたこともあって、全国書店で売り切れ続出中。つぎのリンクバナーから購入できます。

サントリーミュージアム[天保山] : 「スタジオジブリ・レイアウト展」関連ワークショップ スタジオジブリのお兄さんと絵を描こう!

とき:
2009年8月22日(土) 午後2時〜3時30分
ところ:
大阪・海遊館 ホール (〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1) ※サントリーミュージアム[天保山] のとなり
内容 ないよう:
スタジオジブリの美術部長さん、田中直哉さんといっしょに絵を描く楽しさを体験する。
  1. スタジオジブリ美術部長 田中直哉さんのプロフィール/1990年の「おもひでぽろぽろ」でジブリ作品に初参加。以後、ほとんどのジブリ作品に参加し、「海がきこえる」で初の美術監督。ほか美術監督作品に「もののけ姫」「となりの山田くん」「猫の恩返し」など。最新作「崖の上のポニョ」では美術監督補佐としてサポート。
対象 たいしょう:
小学生とその保護者 (保護者1名につき小学生4名まで)
定員 ていいん:
250名 (多いときは抽選)
参加のしかた:
2009年8月4日(火)までにとどくように往復はがきで申し込む。参加を希望するひと全員の名前、年齢(学年)、郵便番号、住所、電話番号を書いておくこと。返信面にあて名(郵便番号・住所・氏名)を書いておくこと。当選者には参加証が送られてくるので、当日はそれを持っていくこと。
申し込み先:
サントリーミュージアム[天保山] スタジオジブリ・レイアウト展 キッズ・ワークショップ係 (〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10 TEL.06-6577-0001)
そのほか:
満席の場合は立ち見となる可能性もある。
館のサイト:
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/
観覧券 かんらんけん:
サントリーミュージアム[天保山]「スタジオジブリ レイアウト展」7/25〜10/12 チケット[@電子チケットぴあ]

大阪府立弥生文化博物館 : 第14回絵画コンテスト 卑弥呼の時代を描こう ひみこのじだいをえがこう

とき:
作品の募集 2009年6月2日(火)〜6月30日(火)必着, 優秀作品の展示 8月8日(土)〜8月22日(土)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27 TEL.0725-46-2162). 優秀作品を展示するところ/エントランスホール
テーマ:
弥生時代をイメージした絵画
対象 たいしょう:
全国の小学生中学生
参加のしかた:
館でくばっている応募票に必要なことを書いて、応募票と作品を大阪府立弥生文化博物館へ持っていくか、郵送する。応募票は館のサイトにある要項(PDF)をプリントアウトするとよい。
そのほか:
画材・作品の大きさは自由。作品はあとで返してもらえる(博物館まで取りにいくか、着払いで郵送)。入賞作品の表彰式は8月8日(土) 午後2時から。
こどものための設備:
ベビーカーレンタル2台
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/
絵画コンテスト要項(PDF):
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/gar/pdf/kaiga.pdf

大阪府立弥生文化博物館 : 夏季特別展ワークショップ 土偶を作ろう どぐうをつくろう

とき:
2009年7月11日(土)、8月22日(土) 午後2時〜3時30分
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27)
内容 ないよう:
オーブン粘土をつかって土偶(どぐう)をつくる。
定員 ていいん:
20名 (先着順)
参加費 (おかね):
無料 ただ (入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : みんないっしょに考古楽!2009 夏休みリクエストメニュー(1) 野外で復原!?竪穴住居

とき:
2009年8月5日(水) 1回め/午後2時〜 2回め/午後3時〜
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27)
内容 ないよう:
野外にある「体験ゾーン」で、地面に穴を掘って作った弥生時代の竪穴住居(たてあなじゅうきょ)の発掘・復原を模擬体験(もぎたいけん)する。
定員 ていいん:
あり (先着順)
参加費 (おかね):
無料 (べつに入館料がいる)
参加のしかた:
その日に博物館で申し込む。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : みんないっしょに考古楽!2009 夏休みリクエストメニュー(2) 磨いてビックリ!弥生の鏡を作ろう

とき:
2009年8月12日(水) 午後2時〜
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27)
内容 ないよう:
低融合金製(ていゆうごうきんせい)のミニ鏡を、自分の手で磨いて、姿のうつる鏡にする体験。学芸員によるミニ鋳型(いがた)への低融合金の流し込みの実演もある。
定員 ていいん:
あり
参加費 (おかね):
無料 (べつに入館料がいる)
参加のしかた:
博物館で申し込む。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : みんないっしょに考古楽!2009 夏休みリクエストメニュー(3) 挑戦!むかし昔の火おこし

とき:
2009年8月19日(水) 午後2時〜
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27)
内容 ないよう:
グループ単位で、大昔の火おこし方法(「もみぎり」「ひもぎり」「まいぎり」)で火を作ることにチャレンジ。
定員 ていいん:
あり
参加費 (おかね):
無料 (べつに入館料がいる)
参加のしかた:
博物館で申し込む。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : みんないっしょに考古楽!2009 夏休みリクエストメニュー(4) 縄文の布“あんぎん”を編む

とき:
2009年8月26日(水) 午後2時〜3時30分(随時)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27)
内容 ないよう:
縄文時代におこなわれていた「編布(あんぎん)」とよばれる古い方法で布づくりにチャレンジ。
定員 ていいん:
あり
参加費 (おかね):
無料 (べつに入館料がいる)
参加のしかた:
時間内に随時。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立弥生文化博物館 : みんないっしょに考古楽!2009 作って飛ばそう!鳥形“紙”ひこうき

とき:
2009年8月15日(土) 午後2時〜3時30分(随時)
ところ:
大阪府立弥生文化博物館 おおさかふりつやよいぶんかはくぶつかん (〒594-0083 大阪府和泉市池上町4丁目8-27)
内容 ないよう:
日本ではじめて見つかった池上曽根遺跡(いけがみそねいせき)の鳥形木製品(とりがたもくせいひん)は、稲の神や人のたましいを乗せて運んだ鳥をかたどったものといわれている。そこで、鳥形をかたどったペーパークラフトを組み立てて飛ばしてみる。
定員 ていいん:
あり
参加費 (おかね):
無料 (べつに入館料がいる)
参加のしかた:
その日の時間内に随時。
館のサイト:
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

大阪府立狭山池博物館 : 昆虫工作教室・昆虫折り紙教室 こんちゅうこうさくきょうしつ・こんちゅうおりがみきょうしつ

とき:
2009年8月9日(日)・23日(日) 午前11時〜午後3時(随時)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
内容 ないよう:
2009年7月25日(火)〜8月30日(日)のあいだ、大阪府立狭山池博物館で開催される「世界の昆虫展」の関連イベント。昆虫のいろいろな工作や折り紙をつくることができる。また、おなじ日の午前10時〜11時には、博物館2階ホールで昆虫教室が開催され、大阪府営箕面公園昆虫館館長の久留飛克明さんの昆虫についての楽しいお話しをきくことができる。
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : 昆虫観察会 こんちゅうかんさつかい

とき:
2009年8月1日(土)・8日(土)・15日(土)・22日(土) 午前10時〜12時(予定)
集まるところ:
大阪府立狭山池博物館 受付 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
活動するところ:
狭山池公園 バタフライガーデン
内容 ないよう:
2009年7月25日(火)〜8月30日(日)のあいだ、大阪府立狭山池博物館で開催される「世界の昆虫展」の関連イベント。狭山池のバタフライガーデンで、チョウなどの昆虫を観察する。
対象 たいしょう:
だれでも
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日の午前10時に集合場所に集まる。
そのほか:
屋外での活動なので帽子・水筒(水分補給)などの暑さ対策と、長袖・長ズボン・虫除けスプレーなどの防虫対策を各自ですること。
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪府立狭山池博物館 : 第9回子ども絵画コンクール 狭山池や博物館を描こう さやまいけやはくぶつかんをえがこう

とき:
写生会/2009年5月30日(土)、6月7日(日) 午前10時30分〜午後3時(受付開始‥午前10時から), 作品の提出しめ切り/6月30日(火)必着, 作品の展示/7月22日(水)〜8月30日(日)
ところ:
大阪府立狭山池博物館 おおさかふりつさやまいけはくぶつかん (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
テーマ:
  1. 大阪府立狭山池博物館や狭山池風景 おおさかふりつさやまいけはくぶつかんやさやまいけふうけい
  2. 大阪府立狭山池博物館内展示物(写生会当日のみ写生可能) おおさかさふりつさやまいけはくぶつかんないてんじぶつ
  3. 未来の博物館 みらいのはくぶつかん
対象 たいしょう:
小学生以下の子ども
参加のしかた:
作品の裏に「学校(園)名・学年・氏名・電話番号・住所」を明記して博物館に提出。写生会への参加は、事前に申し込みが必要。写生会に参加希望の場合は、5月30日(土)分は5月28日(木)までに、6月7日(日)分は6月4日(木)までに、申し込み用紙に必要事項を書いて、博物館の受付に提出するか、郵送・ファックスで博物館へ送ること(人数に余裕がある場合は当日も参加申し込みできる)。
そのほか:
写生会のときにもっていくもの/絵を描く道具(画用紙はもらえる)・お弁当, 表彰式/8月22日(日) 午前11時〜 館長賞・特別賞・優秀賞(※博物館入館者の投票により選出するされる上位20人と、審査員で選出した10人の合計30人の作品が入選作品となる), 指導/わかりやすく絵の描きかたも教えてもらうことができる, 雨のとき/館内だけで実施(館内では絵の具をつかえない).
申し込み先・問い合わせ先:
大阪府立狭山池博物館「子ども絵画コンクール」係 (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目 TEL.072-367-8891 FAX.072-367-8892)
主催 しゅさい:
大阪府
後援 こうえん:
大阪府教育委員会・大阪狭山市教育委員会・堺市教育委員会・和泉市教育委員会・富田林市教育委員会・河内長野市教育委員会・松原市教育委員会・羽曳野市教育委員会・藤井寺市教育委員会・太子町教育委員会・河南町教育委員会・千早赤阪村教育委員会・狭山池まつり実行委員会
協賛 きょうさん:
株式会社サクラクレパス・日本文教出版株式会社・日本色研事業株式会社
館にあるこどものための設備:
授乳室・ベビーベッド(授乳室内)・ベビーキープ(1階トイレ内)
館のサイト:
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : やさしい自然かんさつ会 ツバメのねぐら

とき:
2009年8月8日(土) 夕方
ところ:
奈良県奈良市 平城宮跡 へいじょうきゅうあと
内容 ないよう:
夏の夜、ツバメはヨシ原に集まってねむる。夕方、ねむるために集まってきたツバメは、しばらくあたりを飛びまわる。この催しでは数千羽(すうせんば)のツバメが飛びまわるのを見にいく。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者といっしょに参加すること)
定員 ていいん:
150名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生以下50円
参加のしかた:
館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 標本の名前を調べよう -標本同定会- ひょうほんのなまえをしらべよう -ひょうほんどうていかい-

とき:
2009年8月30日(日) 1回め/午前10時〜12時, 2回め/午後1時〜4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
夏休みのあいだに野山や海で採集した動物・昆虫・クモ・植物・キノコ・化石・岩石の標本の名前を、それぞれ専門家の人が教えてくれる。採集したものは、標本(ひょうほん)として整理しておいて、できるだけ図鑑などで名前をしらべて、わからなかったものを持っていくこと。(土器や石器などの考古学資料は持っていってはいけない。)
対象 たいしょう:
だれでも (小学生は保護者同伴)
持っていくもの:
自分でつくった標本
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
そのほか:
花と緑と自然の情報センター1階から入ること。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 植物研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジュニア自然史クラブ 博物館で標本実習

とき:
2009年8月11日(火) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
昆虫や植物の標本作りや名前調べ、哺乳類の骨格標本作り(ホネ洗い)などををする。ジュニア自然史クラブは、生物や地学関係が好きな中高生のグループ。毎月、いろんな活動をしている。ジュニア自然史クラブに入れば、同じような興味を持っている友達ができたり、学芸員と知り合いになって、博物館を色々と利用することができる。
対象 たいしょう:
中学生・高校生 (12歳〜18歳)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 8月 足跡化石 あしあとかせき

とき:
2009年8月8日(土) 午後2時30分〜午後3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
骨や歯のように固くない、とてもこわれやすい足跡が、どうして化石として残るのかをまなぶ。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 地史研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 夏休み自由研究相談会 なつやすみじゆうけんきゅうそうだんかい

とき:
2009年7月19日(日) 午前10時〜午後4時
ところ:
大阪市立自然史博物館 ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23. 当日は博物館通用口からはいること)
内容 ないよう:
夏休みに生物(せいぶつ)、化石(かせき)、岩石(がんせき)、地質(ちしつ)など自然をテーマに自由研究に取り組もうとしている小学生中学生・高校生に、学芸員(がくげいいん)のひとがアドバイスしてくれる。
対象 たいしょう:
小学生中学生・高校生 (保護者の同伴可)
参加費 (おかね)
無料 ただ
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。当日参加もできるが、できるだけ前もって申し込むこと。会場へは博物館通用口(事務所入口)から入ること。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.32 大阪市立自然史博物館へいこう

大阪市立自然史博物館 : ジュニア学芸員になろう!

とき:
2009年8月14日(金)〜16日(日) 3日間連続 朝から夕方
ところ:
大阪市立自然史博物館と長居植物園
内容 ないよう:
博物館の展示はどのようにして作られるのか?博物館では、学芸員(がくげいいん)とよばれる人たちが、研究調査したことや採集したたくさんの標本をもとに、展示をおこなっている。この催しでは、大阪市立自然史博物館の学芸員の仕事を体験することができる。
対象 たいしょう:
小学校6年生中学校3年生 (3日間とも参加できる人)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
200円
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。
申し込み先・問い合わせ先:
大阪市立自然史博物館 虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 シイの森のきのこ

とき:
2009年7月25日(土) 終日 ※雨天中止
ところ:
京都方面
内容 ないよう:
9月19日からの特別展「きのこのヒミツ」にむけていろいろなきのこをさがす。梅雨明け(つゆあけ)のシイやカシの森には、いろいろなきのこが見られる。木々(きぎ)の根(ね)と共生(きょうせい)するきのこや落ち葉に生えるキノコなど、いろいろ観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
40名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ先:
大阪市立自然史博物館 植物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 昆虫標本の作り方

とき:
2009年7月26日(日) 午前10時〜12時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
虫をくわしくしらべたり、ずっと保存(ほぞん)しておくためには、正しい方法(ほうほう)で標本(ひょうほん)をつくらなければならない。この実習(じっしゅう)では展翅(てんし)・展足(てんそく)、ラベル作製(さくせい)などの基本作業(きほんさぎょう)を、博物館に収蔵(しゅうぞう)できるぐらいのできのよい昆虫標本を目指して、やってみる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学校4年生以下は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
300円 (標本作製用具の実費)
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 室内実習 ホネの標本製作講座 ほねのひょうほんせいさくこうざ

とき:
2009年8月9日(日) 午前10時〜午後3時
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
自分で骨格標本(こっかくひょうほん)をつくれるようになる。ホネの標本の作りかたをまなび、じっさいに小動物の全身骨格標本を作ってみる。
対象 たいしょう:
小学校高学年以上
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
材料費など500円
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 長居植物園案内 動物昆虫編(7月) セミの羽化のかんさつ せみのうかのかんさつ

とき:
2009年7月25日(土) 午後6時30分〜8時 (集合は午後6時20分) ※雨天中止
ところ:
長居公園. 集合/大阪市立自然史博物館 通用口(事務所入口前)
内容 ないよう:
大阪市内の都市公園にもっとも多いクマゼミは、土の中で約7年すごしたあと、日暮れの後に地上に出てきて羽化をする。幼虫の皮を脱ぎ、白く透き通ったセミが現れるようすを長居公園で観察する。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下は保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
その日に会場で
持っていくものとか:
蚊が多いので長袖・長ズボンを着てきたほうがよい。懐中電灯、虫除けスプレー、虫さされの薬、持っている人は双眼鏡かオペラグラス。
そのほか:
雨がふったら中止。当日天候があやしいときは、午後3時以降にTEL.06-6694-0500(留守番電話)へ。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ ハカセとホネホネたんけん隊

とき:
2009年7月19日(日)・20日(祝)、8月1日(土)・2日(日)・15日(土)・16日(日)・29日(土)・30日(日) 午前11時30分・午後1時30分・3時30分 (1回約45分間)
ところ:
大阪市立自然史博物館 花と緑と自然の情報センター2階 ネイチャーホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
ホネホネたんけん隊になってハカセといっしょにホネのふしぎにせまる。さいごに、たんけんでみつけたことをハカセに報告すれば、隊いんしょうをもらえる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕のある場合は未就学児童も参加可能。ただし保護者の付き添いが必要)
定員 ていいん:
1回10名
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に会場でスタートの10分まえから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 子どもワークショップ だれの手?なにの手?あててみよう!

とき:
2009年7月25日(土)・26日(日)、8月8日(土)・9日(日)・22日(土)・23日(日) 午前11時・午後1時・2時15分・3時30分 (1回約45分間)
ところ:
大阪市立自然史博物館 花と緑と自然の情報センター2階 ネイチャーホール (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
いろんな動物の手のゆびは何本あるのか、スタッフのひとがしょうかいしてくれる。いろんな動物の手を見てみる。お話をきいてせかいでひとつだけのうちわをつくる。
対象 たいしょう:
小学生以上 (定員に余裕のある場合は未就学児童も参加可能。ただし保護者の付き添いが必要)
定員 ていいん:
1回10名
参加費 (おかね):
材料費100円
参加のしかた:
その日に会場でスタートの10分まえから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 : 平成21年度 こども考古学講座 石庖丁作りに挑戦! いしぼうちょうづくりにちょうせん!

とき:
2009年8月22日(土)・23日(日) 午前9時30分〜午後4時ごろ ※2日間コース
ところ:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館、橿原市千塚資料館
内容 ないよう:
石庖丁(いしぼうちょう)は、弥生時代につかわれた稲穂(いなほ)をつみとるための道具。今年はその石庖丁づくりにチャレンジする。ほかにも、石庖丁についての話を聞いたり、橿原考古学研究所附属博物館・千塚資料館を見学して、考古学をまなぶ。秋にはみんなが作った石包丁でじっさいに稲穂積みを体験する特典もある。
対象 たいしょう:
2日間とも参加できる小学校4年生小学校6年生)
定員 ていいん:
30名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
持っていくものとか:
弁当、水筒、筆記用具、軍手、金づち、水泳用ゴーグル、作業をするため汚れてもよい服装(できれば長そで・長ズボン)
参加のしかた:
2009年7月20日(月)までにとどくように、往復はがきで申し込む。氏名(フリガナ)・学年・住所・電話番号を書いておくこと。
申し込み先・問い合わせ先:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館「こども考古学講座」係 (〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 TEL.0744-24-1185)
主催 しゅさい:
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館、橿原市教育委員会
館のサイト:
http://www.kashikoken.jp/museum/
催しのページ(PDF):
http://www.kashikoken.jp/museum/top-koushin/news/PDF/kodomo2009.pdf

交通科学博物館 : 納涼ミュージアム のうりょうみゅーじあむ

とき:
2009年8月3日(月)・4日(火)・5日(水) 午後2時〜8時30分 (夜間開館は午後5時〜午後9時. 入館は午後8時30分まで)
ところ:
交通科学博物館 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
開館時間を延長して博物館流夏祭りを開催。夜間開館(午後5時以降の入館)は、大人200円・小人50円の半額になる。また、夜間開館中に浴衣を着て来館すると入館料が無料となる。
  1. みんなで遊ぼう!なつかしのおもちゃ/缶ぽっくりやけん玉、フラフープなどお父さん・お母さんやおじいちゃん・おばあちゃんも知っているおもちゃであそべる.
  2. 全員集合!手作り出店/わなげ、ヨーヨー釣り、コインおとし、かたぬき、射的、工作コーナー.
対象 たいしょう:
小学生
参加費 (おかね):
200円
参加のしかた:
自由参加 じゆうさんか
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 夏のジオラマ工作 ボタニカルジオラマ!

とき:
2009年8月24日(月)・26日(水) 午前10時30分〜午後2時30分ごろ (昼休憩あり)
ところ:
交通科学博物館 会議室 こうつうかがくはくぶつかん かいぎしつ (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
本ものの植物を植えた植木鉢の上にNゲージ車両を置くことができる鉄道ジオラマをつくる。
対象 たいしょう:
小学生
定員 ていいん:
各日15名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
1,000円 (車両模型分は含まれていない)
参加のしかた:
2009年8月10日(月)までにとどくように、往復はがきで交通科学博物館 鉄道工作係へ申し込む。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加を希望する第1希望日(あれば第2希望日も)を書いておくこと。
そのほか:
お昼ごはんは参加者各自で用意すること。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

交通科学博物館 : 親子でわいわい工作 こねこね磁石(じしゃく)!

とき:
2009年8月7日(金)・11日(火)・12日(水) 午前10時30分〜午後2時ごろ (昼休憩あり)
ところ:
交通科学博物館 会議室 こうつうかがくはくぶつかん (〒552-0001 大阪府大阪市港区波除3-11-10 TEL.06-6581-5771)
内容 ないよう:
愛知教育大学技術教育講座(あいちきょういくだいがくぎじゅつきょういくこうざ)の協力で、オリジナルの磁石(じしゃく)をつくる。磁石を粘土(ねんど)のように好きな形につくって、色をつけることができる。
対象 たいしょう:
小学生くらいの子どもと保護者
定員 ていいん:
各日10組 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
材料費500円
参加のしかた:
2009年7月22日(水)までにとどくように、往復はがきで交通科学博物館 磁石工作係へ申し込む。郵便番号、住所、子どもと保護者の氏名、年齢、電話番号、参加を希望する第1希望日(あれば第2希望日も)を書いておくこと。
館にあるこどものための設備:
ベビーキープ・ベビーシート(男女トイレ内)、男の子用トイレ(女性トイレ内)、介護室(授乳・おむつ交換)、ベビーカーレンタル
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.10 交通科学博物館, hassanのお出かけメモNo.11 交通科学博物館2

梅小路蒸気機関車館 : SL館オリジナル缶バッジをGETしよう!

とき:
2009年8月9日(日)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 フロント (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SL館オリジナル缶バッジ(直径54mm)でSL館の保存車輌(ほぞんしゃりょう)を集めることができる。今回、来館したひと先着500名は、D50形140号機をデザインしたオリジナル缶バッジがもらえる。これまでに配られた缶バッジを10種類集めたひとが缶バッジ10種類を梅小路蒸気機関車館に持っていくと、オリジナルスタンプを押したスタンプ用紙がもらえる。
定員 ていいん:
500名 (先着順. なくなり次第終了)
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

梅小路蒸気機関車館 : SLオリジナルうちわプレゼント!

とき:
2009年8月の毎週土曜日 8月1日・8日・15日・22日・29日
ところ:
梅小路蒸気機関車館 フロント (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SLをデザインしたユニークなこの夏限定の「SLオリジナルうちわ」全5種類をプレゼント。
定員 ていいん:
各日1,000名 (先着順)
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

和歌山県立自然博物館 : きのくに子ども自然博士 地学子ども博士コース ちがくこどもはかせこーす

とき:
2009年8月18日(火)午前11時集合〜21日(金)午後1時解散 3泊4日
ところ:
集合するところ/JR紀伊由良駅前. 宿泊するところ/白崎青少年の家 (和歌山県日高郡由良町大引961-1).
内容 ないよう:
海岸に転がっている石の名前を調べたり、地層の観察をしながら化石を採取する体験をとおしてさまざまなことを学ぶ。参加した人には「修了証書」と「記念バッジ」が贈られる。
対象 たいしょう:
小学校5年生〜高校3年生
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
12,000円 (食費・宿泊費・傷害保険料など)
参加のしかた:
2009年8月4日(火)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1通のみで応募すること。複数の応募は無効になる。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「地学子ども博士コース」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

国立民族学博物館 : 夏休みものづくりワークショップ 羊毛でつくるペーパーウェイト

とき:
2009年7月25日(土) 第1回/午前11時〜12時, 第2回/午後1時30分〜2時30分, 第3回/午後3時〜4時 ※受付開始‥午前10時から
ところ:
国立民族学博物館 玄関前広場 こくりつみんぞくがくはくぶつかん (〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL.06-6876-2151) ※雨天時はセミナー室
内容 ないよう:
羊毛(ようもう)と石をつかってペーパーウェイトをつくる。羊毛には水分・圧力・熱などを加えると、繊維(せんい)どうしがからみ合って布状(ぬのじょう・フェルト化)になる特性(とくせい)がある。フェルト化を体験して、民博の常設展示場でフェルトによる展示品を探してみる。
対象 たいしょう:
小学校1年生以上 (小学生以下の子どもは保護者が同伴すれば参加することができる)
定員 ていいん:
各回15名 (当日申し込み先着順)
参加費 (おかね):
材料費・保険代 300円
持っていくものとか:
帽子(屋外で作業するため)、汚れてもよい服装で。
参加のしかた:
その日に会場で申し込む。
問い合わせ先:
国立民族学博物館 情報企画係 TEL.06-6878-8532)
館のサイト:
http://www.minpaku.ac.jp/

国立国際美術館 : 親子で楽しむ「ルーヴル美術館展-美の宮殿の子どもたち」なつやすみびじゅつあー

とき:
2009年8月8日(土)・9日(日) 1回め/午前10時30分〜12時30分. 2回め/午後2時〜4時
ところ:
国立国際美術館 地下1階講堂&地下3階展示場 こくりつこくさいびじゅつかん (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
内容 ないよう:
ルーブル美術館展に展示されている作品は、子どもをテーマに、時代も場所もジャンルもさまざま。「なつやすみびじゅつあー」特製シートをつかって、保護者&子どものペアで作品を鑑賞したあとに、オリジナルのヒエログラフづくりにチャレンジする。
対象 たいしょう:
小学校1年生小学校6年生とその保護者
定員 ていいん:
各回10組20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
無料 ただ
参加のしかた:
2009年7月29日(水)までにとどくように往復はがきで申し込む。(1)希望日時 (2)子ども氏名・保護者氏名(ふりがな) (3)郵便番号・住所 (4)電話番号 (5)今回の情報をどのように知ったかを書いておくこと。多いときは抽選。子どもと保護者の2人1組(はがき1枚につき2人1組まで)で申し込むこと。※しめきり後でも、定員に達するまで受け付けているので問い合わせてみるとよい.
問い合わせ・申し込み先:
国立国際美術館「なつやすみびじゅつあー」係 (〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55 TEL.06-6447-4680)
館のサイト:
http://www.nmao.go.jp/
観覧券 かんらんけん:
国立国際美術館 ルーヴル美術館展「美の宮殿の子どもたち」6/23〜9/23 チケット[@電子チケットぴあ]

サントリーミュージアム[天保山] : 「安藤忠雄建築展2009 対決。水の都 大阪VSベニス」関連ワークショップ

ところ:
サントリーミュージアム[天保山] さんとりーみゅーじあむ てんぽうざん (〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10 TEL.06-6577-0001)
内容 ないよう:
2009年5月23日(土)〜7月12日(日)の期間で開催される「安藤忠雄建築展2009」に関連するワークショップ。
展示の概要/大阪が生んだ世界的建築家・安藤忠雄。常に周囲の環境と一体化して、そこにしかない風景を作り出す、その建築を読み解く一つのキーワードは「水」。この展示では、安藤忠雄が提案する水都復活をかけた大阪都市再生プロジェクトと2009年5月に竣工するベニスの最新プロジェクトを紹介。あわせて「水」をテーマとした安藤忠雄建築の全プロジェクトを模型、映像、ドローイングなどで多角的に紹介。
スケジュール:
豆本を作ろう! -葉っぱと紐でつくるアコーディオンブック-
  1. とき:2009年6月28日(日) 午後1時30分〜3時30分
  2. ところ:サントリーミュージアム[天保山]2階映像コーナー
  3. 内容:葉っぱや物を固め、絵を描いて「版」にする。その「版」でこすった紙をアコーディオンのように折って表紙をつけて「豆本アコーディオンブック」をつくる。
  4. 講師:稲垣由紀子さん(美術家)
対象 たいしょう:
小学生
定員 ていいん:
25名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
1名500円
参加のしかた:
2009年6月9日(火)までにとどくように郵便はがきでサントリーミュージアム[天保山] キッズWS「豆本を作ろう」係へ申し込む。参加を希望するひとの名前、年齢(学年)、郵便番号、住所、電話番号を書いておくこと。当選者には2週間まえぐらいに参加証が送られてくるので、当日はそれを持っていくこと。
そのほか:
ワークショップ参加者の保護者は、学芸員によるギャラリツアーに参加することができる(別に入場料がいる)。
館のサイト:
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/
観覧券 かんらんけん:
サントリーミュージアム[天保山]「安藤忠雄建築展2009 対決。水の都 大阪VSベニス」 5/23〜7/12 前売券[@電子チケットぴあ]

梅小路蒸気機関車館 : SL館オリジナル缶バッジをGETしよう!

とき:
2009年7月11日(土)
ところ:
梅小路蒸気機関車館 フロント (〒600-8835 京都市下京区観喜寺町 075-314-2996)
内容 ないよう:
SL館オリジナル缶バッジ(直径54mm)でSL館の保存車輌(ほぞんしゃりょう)を集めることができる。今回、来館したひと先着500名は、C58形1号機をデザインしたオリジナル缶バッジがもらえる。これまでに配られた缶バッジを10種類集めたひとが缶バッジ10種類を梅小路蒸気機関車館に持っていくと、オリジナルスタンプを押したスタンプ用紙がもらえる。
定員 ていいん:
500名 (先着順. なくなり次第終了)
参加費 (おかね):
入館料がいる。
館のサイト:
http://www.mtm.or.jp/uslm/
参考データ:
hassanのお出かけメモNo.1 梅小路蒸気機関車館, hassanのお出かけメモNo.7 梅小路蒸気機関車館その2, hassanのお出かけメモNo.23 梅小路蒸気機関車館その3

大阪市立自然史博物館 : テーマ別自然観察会 セミタケをさがそう

とき:
2009年7月12日(日) 終日 ※雨天中止
ところ:
高槻市方面
内容 ないよう:
セミの幼虫は土の中で長く過ごしたあと、夏に地上に上がって羽化(うか)をして成虫(せいちゅう)になる。土の中には天敵(てんてき)のセミタケという菌(きん)がいる。スコップで土を掘って、セミの幼虫をさがし、セミタケにやられている幼虫がいないかどうか観察する。
対象 たいしょう:
小学生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
中学生以上100円 小学生50円
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問い合わせ先:
大阪市立自然史博物館 昆虫研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : 大人向けワークショップ 標本を作ってホネを知る

とき:
2009年7月12日(日) 午前10時〜午後3時ごろ
ところ:
大阪市立自然史博物館 実習室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
実際にホネの標本を作りながら、ホネの基本を学んでみる。
対象 たいしょう:
小学校高学年以上
定員 ていいん:
24名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね)
材料費など500円ぐらい
参加のしかた:
前もって、館のサイトの申し込みページから申し込む。
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 動物研究室 (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立自然史博物館 : ジオラボ 7月 砂つぶいろいろ

とき:
2009年7月11日(土) 午後2時30分〜午後3時30分
ところ:
大阪市立自然史博物館 本館ミュージアムサービスセンター (〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL.06-6697-6221)
内容 ないよう:
砂浜にたまっている砂、川原にある砂、砂丘の砂、南の島の浜辺の砂。おなじ砂といっても、たまった場所や元となる岩の性質がちがうと、成分や形もかわってくる。いろんな砂つぶを見て、地球の歴史をまなぶ。
対象 たいしょう:
だれでも (小学生以下の子どもは保護者の同伴が必要)
参加費 (おかね):
無料 ただ (博物館の入館料がいる)
参加のしかた:
その日に会場で
問いあわせ:
大阪市立自然史博物館 第四紀研究室
館のサイト:
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 裏方探検ツアー うらかたたんけんつあー

とき:
  1. 2009年6月20日(土) 午前10時〜12時
  2. 2009年6月27日(土) 午前10時〜12時
ところ:
和歌山県立自然博物館 わかやまけんりつしぜんはくぶつかん (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777)
内容 ないよう:
だれもがのぞいてみたい水族館の裏かたを探検するツアー。
対象 たいしょう:
小学生以上〜一般 (小学校4年生以下は保護者同伴)
定員 ていいん:
各回20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料78円 (おとなは入館料もいる)
参加のしかた:
2009年6月6日(土)までにとどくように、往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者名含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。往復はがき・電子申請1通につき申し込みできるのは1つの日程だけ。1組1日程1通で応募すること。1日程に複数の応募は無効になる。複数の日程に申し込む場合は、別々の往復はがき・電子申請で申し込むこと。
申し込み先・問い合わせ先:
和歌山県立自然博物館「裏方探検ツアー」係 (〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1 TEL.073-483-1777) ※和歌山県電子申請システムについては、和歌山県情報政策課 TEL.073-441-2405に問い合わせること.
館のサイト:
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

和歌山県立自然博物館 : 自然博物館体験教室 水族館で魚を飼おう(1) すいぞくかんでさかなをかおう(1)

とき:
2009年6月7日(日) 午前10時〜午後3時 (雨のときは12時まで)
ところ:
和歌山県立自然博物館とその周辺 わかやまけんりつしぜんはくぶつかんとそのしゅうへん
内容 ないよう:
磯へいって生きものを採集(さいしゅう)して、自分たちでレイアウトした水槽(すいそう)で展示する。この水槽は博物館の展示水槽として一般(いっぱん)に公開(こうかい)される。
対象 たいしょう:
小学生以上の子ども〜一般 (小学生は保護者同伴)
定員 ていいん:
20名 (多いときは抽選)
参加費 (おかね):
傷害保険料78円 (保護者はほかに入館料がいる)
持っていくもの:
弁当、参加費、長ぐつやぬれてもよい靴(くつ)、タオル、帽子、水筒、筆記用具など。
参加のしかた:
2009年5月24日(日)までにとどくように往復はがきか和歌山県電子申請システムで申し込む。行事名、参加希望者全員(同伴保護者含む)の住所・氏名・年齢・電話番号を書いておくこと。1組1通で申し込むこと。複数申し込んだ場合は無効