こどものための博物館情報トップ新着博物館動物園・水族館遊園地掲示板リンクメモトップ
hassanのお出かけメモ:数少ないhassan一家のお出かけのときに見聞きしたことや、もしかしたら皆さんのお役に立つかもしれない情報を、hassan父とhassan母が気まぐれに書き留めています。


33. 神戸市立須磨海浜水族園で夏を楽しむ

バンドウイルカ I 2 (アイツー)のオリジナル舌出し演技「アイ・ポーズ」
バンドウイルカ I 2 (アイツー)のオリジナル舌出し演技「アイ・ポーズ」
兵庫県神戸市須磨区にある神戸市立須磨海浜水族園(こうべしりつすまかいひんすいぞくえん)へ行ってきました。須磨海浜水族園の前身は、1953年に開館した須磨水族館で、1987年にチューブ型水中トンネル導入して須磨海浜水族園としてリニューアルオープンしました。今から約35年前、hassan父は幼稚園の遠足で、観光バスに乗って須磨水族館を訪れたかすかな記憶があります。水にすむ生きものたちが、自然環境のなかでどのように生きているかを展示する「生きざま展示」を基本コンセプトとする須磨海浜水族園は、それぞれの施設が独立していて、自然の緑の中で憩いを感じながら水族「館」ではなく「公園」感覚で楽しむことができるつくりになっています。
太地町立くじらの博物館・太地くじら浜公園
No.31 南紀 その6 太地町立くじらの博物館
かわいいイルカやクジラたちと自然のなかでふれあえる。
up 2008/4/7
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →
6月最後の土曜日、梅雨の曇り空の下、大阪から車でお出かけしました。阪神高速3号神戸線を走って、若宮ランプを降りてすぐのところに須磨海浜水族園はありました。園の西側にある須磨海浜公園の第2駐車場を利用しました。
神戸市立須磨海浜水族園の本館
神戸市立須磨海浜水族園の本館
入園券を買って自動改札を通って本館のなかに入ると、エントランス正面に「波の大水槽」があります。1,200トンの水量があるこの水槽は、造波装置で人工的な波を起こすようになっているのですが、現在はこの装置が休止中になっていました。優雅に泳ぐエイや迫力あるシロワニ、アジの大群やのんびり泳ぐクエなど、たくさんの魚たちがお出迎えしてくれます。幻想的な青色のライトで照らされたエントランスホールの奥にある巨大な青い水槽と魚たちの美しさに、誰もが時の経つのを忘れて観入っていました。
「波の大水槽」の魚たちがお出迎え
「波の大水槽」の魚たちがお出迎え
須磨海浜水族園の本館には、ほかに、「夜と昼の水槽」・「生きざま水槽」・「無脊椎動物」などの水槽や、「タッチプール」・「ウミガメプール」などの展示があり、海の生きものたちを間近で観察したり、ふれあったりできるように工夫が凝らされています。ほかの水族館にくらべて、生きものたちに親近感がふしぎと湧くような気がする水槽展示なのです。
本館の水槽で、hassanちの長男・次男がとくに興味深く観入っていたのは、パイプの穴から集団で顔だけ出していたマアナゴと、大きく口を開いていたウツボの水槽でした。とにかく、たくさんの個性的な水槽があって目移りするのですが、来館者も多く、照明が暗い館内で子どもが迷子にならないように気をつけていました。
口を開けて威嚇するウツボ
口を開けて威嚇するウツボ
また、ほかの水族館ではあまり見かけない展示手法なのですが、水槽とおなじように窓から覗き込むと、水槽展示の舞台裏を見学することができるコーナーが設けてありました。当然のことなのですが、イケスのように水槽の上からああやってハシゴを昇ってエサをあげるのか…と今さらながら納得させられます。
水槽の裏がわを窓越しに見学できます.
水槽の裏がわを窓越しに見学できます.
本館を出ると、園内には「さかなライブ劇場」・「世界のさかな館」・「森の水槽(北館・南館)」・「アマゾン館」・「ラッコ館」・「ペンギンプール」などの施設が建ち並んでいます。なかでもhassan一家いちばんのお気に入りは、アマゾン館の世界最大級の淡水魚ピラルクが泳いでいる水槽です。ピラルクは、1億年のあいだほとんど姿が変わっていないと考えられている、アマゾン川の生きた化石と呼ばれる魚です。体長3メートル以上もあるピラルクたちが悠々と泳ぎ回る水槽の下には、透明チューブの通路があって来館者がピラルクたちを見上げることができるようになっています。アマゾン館の大水槽は迫力満点です。
イルカライブ2008「ハッピー・ドルフィン」
イルカライブ2008「ハッピー・ドルフィン」
水族園のいちばん奥にある「イルカライブ館」では、平日に4〜5回、日曜日・祝日に5〜6回のイルカショーが開催されています。1,700席ある観客席はこの日の3回めの実演もほぼ満員でした。春からはじまった新作イルカライブ2008「ハッピー・ドルフィン」を観ることができました。須磨海浜水族園には、I1(アイワン)・I2(アイツー)・C2(シーツー)・F1(エフワン)・クー・マミーの6頭のバンドウイルカが飼育されています。いずれも、くじらの博物館がある和歌山県太地町の海から須磨へやってきたイルカたちです。
イルカライブは、白浜アドベンチャーワールドや太地町立くじら博物館のイルカショーよりも若干荒削りで進行のテンポがのんびりしているので、ショーとしての完成度はどうかなあという感じですが、その分、イルカたちのそれぞれの個性がよくわかって親しみがもてるステージでした。
隣接する須磨海浜公園では、今年2008年は7月10日(木)〜8月24日(日)のあいだ、海水浴場が開設されます。すぐ沖合を神戸港から出港したさまざまな船舶が航行し、西のほうには明石海峡大橋も望むことができます。須磨の海は、県外から旅行で神戸に宿泊している子供たちはもとより、阪神エリアの子どもたちに充実した夏休みの1日をきっと約束してくれることでしょう。

イルカライブ 2008年7月18日(金)までの実演時間(G.Wのぞく)
平日・土曜日/1回め‥午前11時〜 2回め‥午後0時30分〜 3回め‥午後2時〜 4回め(トレーニングライブ)‥午後3時30分〜、日曜日・祝日/1回め‥午前10時30分〜 2回め‥午前11時30分〜 3回め‥午後0時30分〜 4回め‥午後2時〜 5回め‥午後3時〜 6回め(トレーニングライブ)‥午後4時〜
イルカライブ 2008年7月19日(土)〜8月31日(日)の実演時間
平日・土曜日/1回め‥午前11時〜 2回め‥午後1時〜 3回め‥午後3時〜 4回め(トレーニングライブ)‥午後5時〜 5回め(トレーニングライブ)‥午後6時30分〜、日曜日・祝日(8/14〜16の平日含む)/1回め‥午前11時〜 2回め‥午後0時30分〜 3回め‥午後2時〜 4回め‥午後3時30分〜 5回め(トレーニングライブ)‥午後5時〜 6回め(トレーニングライブ)‥午後6時30分〜
イルカライブ 2008年9月1日(月)〜11月30日(日)の実演時間(9/26〜10/31の金曜日を除く)
平日・土曜日/1回め‥午前11時〜 2回め‥午後0時30分〜 3回め‥午後2時〜 4回め(トレーニングライブ)‥午後3時30分〜、日曜日・祝日/1回め‥午前10時30分〜 2回め‥午前11時30分〜 3回め‥午後0時30分〜 4回め‥午後2時〜 5回め‥午後3時〜 6回め(トレーニングライブ)‥午後4時〜
イルカライブ 2008年9月26日(金)〜10月31日(金)の金曜日の実演時間
1回め‥午前10時30分〜 2回め‥午前11時30分〜 3回め‥午後0時30分〜 4回め‥午後2時〜 5回め(トレーニングライブ)‥午後3時30分〜
イルカライブ 2008年12月6日(土)〜2009年3月24日の実演時間
平日・土曜日/1回め‥午前11時〜 2回め‥午後0時30分〜 3回め‥午後2時〜 4回め(トレーニングライブ)‥午後3時30分〜、日曜日・祝日(1/2・3を含む)/1回め‥午前11時〜 2回め‥午後0時〜 3回め‥午後1時〜 4回め‥午後2時30分〜 5回め(トレーニングライブ)‥午後3時30分〜 ※(12/1〜5・12/29〜1/1は休園)

施設名
神戸市立須磨海浜水族園
所在地
〒654-0049 兵庫県神戸市須磨区若宮町1-3-5
入園料
大人(18歳以上)‥1,300円 中人(15歳〜17歳)‥800円 小人(小学生・中学生)‥500円 幼児‥無料.
開館時間
午前9時〜午後5時 ※G.W・夏休み期間は午後8時まで (入園は閉園の1時間まえまで)
休園日
12月〜3月の水曜日(祝日・春休みは開園)、設備点検休園‥12月上旬の1週間、年末年始(12/29〜1/1) ※4月〜11月‥無休
交通アクセス
JR須磨海浜公園駅より徒歩約5分. 山陽電鉄月見山駅より南へ徒歩約10分. 車/大阪方面より阪神高速3号神戸線若宮ランプを降りてすぐ. 明石・岡山方面より第2神明道路須磨I.Cを降りて南へ5分.
有料駐車場
須磨海浜水族園専用の駐車場はないので、周辺の駐車場を利用すること。須磨海浜公園駐車場(第1・第2)を利用するとよい。最初の1時間は400円、そのあと1時間ごとに200円。
問い合わせ
神戸市立須磨海浜水族園 TEL.078-731-7301 FAX.078-733-6333
サイト
http://sumasui.jp/


※このページでご紹介している情報は2008年7月現在のものです。ご利用になるかた各人の責任においてご活用下さい。
(メモを書いた日/2008年7月1日)
白浜アドベンチャーワールド
No.22 南紀 その3 白浜アドベンチャーワールド
赤ちゃんパンダと会える! 南紀のお出かけメモ第3弾。
up 2007/04/18
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →
そのほかの情報
関連サイト


こどものための博物館情報 Management by skao.netはじめにもどるつぎへ

to Top Page