こどものための博物館情報トップ新着博物館動物園・水族館遊園地掲示板リンクメモトップ
hassanのお出かけメモ:数少ないhassan一家のお出かけのときに見聞きしたことや、もしかしたら皆さんのお役に立つかもしれない情報を、hassan父とhassan母が気まぐれに書き留めています。


38. 九州鉄道記念館

九州鉄道記念館 クハ481形603号機 特急用車両
九州鉄道記念館 クハ481形603号機 特急用車両(昭和44年製造)
481系は電車特急「こだま」型151系・181系の発展型で、交流・直流の両方で運転できる.
九州では特急「にちりん」、「かもめ」、「有明」として活躍した.
前回・前々回に引き続いて、hassan一家の山口・福岡旅行リポートです。新山口駅まで0系新幹線こだま629号に乗車して、津和野駅までSLやまぐち号に乗車したhassan一家は、ホテル西長門リゾートで1泊し、翌日の10月18日(日)は、レンタカーで下関から関門橋を渡って九州へ上陸しました。目的地は北九州市門司区にある九州鉄道記念館です。おしゃれに整備されたレトロパーク門司港にある九州鉄道記念館は、JR九州が所有し、九州鉄道記念館運営共同企業体が管理運営する施設です。
交通科学博物館
No.10 交通科学博物館
大阪弁天町にある交通科学博物館の展示などをご紹介。
up 2007/05/29
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →
明治21年に九州最初の鉄道会社「九州鉄道本社」が設立され、明治24年に門司駅(現在の門司港駅)が開業すると、その本社が門司におかれました。門司港は、九州で産出した石炭を輸出する貿易港として、とても重要な港だったのです。九州の鉄道網は門司港を始点として形成されていき、明治40年に鉄道が国有化されると、門司に鉄道管理局(鉄道局)が設置され、九州の鉄道の中枢地となった門司港は昭和のはじめまで繁栄を続けました。
その門司港駅の南東側に九州鉄道記念館は位置しています。敷地へ入ると正面に車両展示場があり、そこに中央ゲートがあります。入館料を支払ってリーフレットをもらい、ゲートを通ります。
九州鉄道記念館のリーフレット
入館時にもらえるリーフレット.
レトロな表紙デザインが良い.
九州鉄道記念館の中央ゲート
「お父ちゃんお母ちゃん、いっぱい汽車が並んでるで!」
九州鉄道記念館は車両展示場と本館とミニ鉄道公園で構成されています。車両展示場は覆い屋つきの屋外展示施設で、長さ約180mの場内線路には、九州歴代の実物車両が静態保存されています。蒸気機関車59634号機、蒸気機関車C59-1号機、電気機関車EF10-35号機、電気機関車ED72-1号機、気動車キハ07-41号機、電車特急クハ481-603号機、寝台電車特急クハネ581-8号機、石炭専用貨物車セラ1239号機の8車両が、まるで駅のホームに停車するように並んでいます。
9600形59634号機
いちばん手前に展示されている9600形 59634号機(大正11年製造).
9600形は初の国産貨物機関車で、勾配の急な線の旅客列車もけん引した.
C59形1号機
ピカピカボディーと青プレートが印象的なC59形1号機(昭和16年製造).
C59形は東海道・山陽本線で特急をけん引した旅客用主力機関車.
hassan長男はちょっとレトロ好みなので、旧国鉄〜JRで活躍していた481系485系ボンネット型特急車両が一番大好きです。大阪弁天町にある交通科学博物館の展示車両でも、キハ81形特急用ディーゼルカーと151系181系電車特急「こだま」がお気に入りです。九州鉄道記念館には、リーフレットの表紙イラストにもなっているように、クハ481形603号機 特急「にちりん」があります。この車両は昭和44年にクロ481形5号機として誕生して東北地方で走っていましたが、東北新幹線開業にともなって鹿児島車両管理所で改造され、クハ481-603と車号も変更されたそうです。
迫力満点の車両展示に子どもは大はしゃぎです.
迫力満点の車両展示に子どもは大はしゃぎです.
クハ481系603号機の先頭部分で記念写真を撮っていたとき、長男・次男のテンションは最高潮でした。この車両の車内は自由に見学が可能なので、さっそく中へ。交通科学博物館のキハ81と似たようなコバルトブルーのシートが並ぶ車内に座ると、いまにも発車してどこか旅行へ連れて行ってくれそうです。
自由に乗車できる車両もあり、昭和40年代の旅行気分も味わえます.
自由に乗車できる車両もあり、昭和40年代の旅行
気分も味わえます. (写真はクハ481-603の車内)
クハ481形603号機の奥側にクハネ581形8号機が展示されています。この寝台電車特急は、昼間は座席特急として、夜間は寝台特急として運転できる便利な車両です。「月光」「つばめ」「はと」などの関西〜九州間特急に使用されました。この展示車両も、車内を自由に見学できるので、寝台特急での旅行気分を味わうことができます。
寝台電車特急クハネ581形8号機
寝台電車特急クハネ581形8号機 (昭和43年製造).
世界初の寝台電車特急「月光」。581系は寝台特急と座席特急のどちらでも運用できる車両.
車両展示場から階段を上ると、九州鉄道記念館の本館があります。現在、本館に使われている赤レンガ造りの建物は、明治24年の門司駅開業と同時に九州鉄道会社の本社として建てられ、明治時代には帝国鉄道庁や鉄道院の鉄道管理局、大正時代には鉄道省門司鉄道局、戦後は日本国有鉄道西部支社など、九州鉄道網の中枢機能を担ってきた由緒ある建造物です。
本館の内部には、明治時代の客車の実物展示、811系近郊型電車運転シミュレーターHOゲージ鉄道模型が走る九州の鉄道大パノラマ、九州の鉄道史に関する展示などがあります。811系近郊型電車の運転シミュレーターでは、門司港〜西小倉間の実際の路線風景での運転を運転台に座って疑似体験できます。九州の鉄道大パノラマでは、九州を舞台にしたジオラマのなかで、JR九州を代表する列車模型が博多駅や門司港駅から次々と発車し、迫力ある映像をつかったショーを楽しむことができます。ショーがおこなわれていない時間帯には、実物のマスコンを使った運転操作卓からHOゲージを操作することができます。また、パノラマ内に設置されたCCDカメラからの映像も楽しむことができます。
九州の鉄道大パノラマ演出開始時間(約10分間上映)
  • 平日の演出開始時間/11:30 13:00 14:30 16:00
  • 土日祝日の演出開始時間/10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00
外観とは異なり、現代的なデザインの本館常設展示室
外観とは異なり、現代的なデザインの本館常設展示室
本館を出て外部コートを歩くとミニ鉄道公園にたどり着きます。じつは中央ゲートを通るころから、hassanちの長男・次男は、ミニ鉄道公園の中を走るミニ列車の存在に気づいていて、「あれ乗りたい!はよあそこ行こ!」と待ちきれないようすでした。ミニ鉄道公園には、レール幅450ミリの鉄道がめぐり、単線と複線の線路に信号機が置かれていて、787系つばめ885系かもめ883系ソニック72系ゆふいんの森813系近郊型電車の5つのミニ列車を自分で操作して、本格的な鉄道レイアウトで本ものの列車とおなじような運転を体験することができます。
hassan長男・次男が運転する813系近郊型電車のミニ列車
hassan長男・次男が運転する813系近郊型電車のミニ列車
hassan長男・次男が選んだミニ列車は813系近郊型電車。先進フォルムの特急ではなく、四角い箱形フォルムの近郊型電車をあえて選ぶとは、やはり渋めの趣味です。乗車料金は1台につき1回300円。1台に3名まで乗車することができます。この日はカンカン照りの晴天だったので、エアコンのないミニ列車内はオーブントースターか電子レンジの中のようです。車内には暑さ対策として“うちわ”が置いてありました。本格的な鉄道線路で列車の運転を堪能できた子どもたちは、もちろんご満悦でした。
ミニ鉄道公園 駅舎のホーム
ミニ鉄道公園 駅舎のホーム
九州の鉄道の中枢地、門司港にある九州鉄道記念館。北九州へお出かけのとき、おしゃれなレトロパーク門司港や関門海峡で観光を楽しみながら、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。
施設名
九州鉄道記念館
所在地
福岡県北九州市門司区清滝2-3-29 TEL.093-322-1006
入館料
おとな(高校生以上)‥300円 中学生以下‥150円 4歳未満‥無料.
開館時間
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日
第2水曜日(ただし8月は除く)、7月は第2水・木曜日
交通アクセス
JR鹿児島本線 門司港駅から徒歩3分.
有料駐車場
九州鉄道記念館西駐車場または海峡ドラマシップ駐車場・門司港レトロ駐車場を利用すること(徒歩10分ぐらい).
問い合わせ
九州鉄道記念館 TEL.093-322-1006 FAX.093-332-7233 E-mail:k-tetsudo@k-rhm.jp
サイト
http://www.k-rhm.jp/


※このページでご紹介している情報は2008年11月現在のものです。ご利用になるかた各人の責任においてご活用下さい。
(メモを書いた日/2008年11月12日)
C57形1号機 SLやまぐち号に乗ろう
No.37 C57形1号機 SLやまぐち号に乗ろう
「貴婦人」は懐かしい旅情とともに津和野へ向かう。
up 2008/10/28
さよなら、夢の超特急0系新幹線
No.36 さよなら、夢の超特急0系新幹線
2008年12月で山陽区間から引退する0系新幹線。hassan一家みんなでおわかれ乗車しました。
up 2008/10/22
交通科学博物館2
No.11 交通科学博物館 2
大阪弁天町にある交通科学博物館をめいっぱい楽しむ方法をご紹介。up 2006/05/01
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →
そのほかの情報
よみがな [あり]モードにする


関連サイト


こどものための博物館情報 Management by skao.netはじめにもどるつぎへ

to Top Page