こどものための博物館情報トップ新着博物館動物園・水族館遊園地掲示板リンクメモトップ
hassanのお出かけメモ:数少ないhassan一家のお出かけのときに見聞きしたことや、もしかしたら皆さんのお役に立つかもしれない情報を、hassan父とhassan母が気まぐれに書き留めています。


50. 世界(せかい)恐竜(きょうりゅう)がいっぱい!福井(ふくい)県立(けんりつ)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)

開館10周年リニューアルで登場!ブンブン動きまくる巨大ロボット・ティラノサウルス
開館(かいかん)10周年(しゅうねん)リニューアルで登場(とうじょう)!ブンブン(うご)きまくる巨大(きょだい)ロボット・ティラノサウルス
恐竜(きょうりゅう)化石(かせき)産地(さんち)福井(ふくい)(けん)勝山(かつやま)()にある福井(ふくい)県立(けんりつ)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)家族(かぞく)でお()かけしました。この博物館(はくぶつかん)は2000(ねん)7月(しちがつ)14(にち)にオープンし、今年(ことし)で10周年(しゅうねん)になります。()ども()れで一度(いちど)(おとず)れてみたいとずっと以前(いぜん)から(おも)っていたのですが、()どもの予定(よてい)()わず、なかなか()たせずにいたところ、7月(しちがつ)18(にち)(日)(にち)、ようやく見学(けんがく)することができました。なんとラッキーなことに、開館(かいかん)10周年(しゅうねん)常設(じょうせつ)展示(てんじ)リニューアルによって、巨大(きょだい)なティラノサウルスのロボットが追加(ついか)され、骨格(こっかく)標本(ひょうほん)一部(いちぶ)()()えられたばかりとのことです。
大阪市立自然史博物館
No.32 大阪(おおさか)市立(しりつ)自然(しぜん)()博物館(はくぶつかん) へいこう
太古(たいこ)()きものたちと出会(であ)える博物館(はくぶつかん)をご紹介(しょうかい)
up 2008/4/20
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →
夏休(なつやす)直前(ちょくぜん)(さん)連休(れんきゅう)日曜日(にちようび)だったので、高速(こうそく)道路(どうろ)()()うだろうと予想(よそう)して、当日(とうじつ)(あさ)午前(ごぜん)6()すぎに自宅(じたく)出発(しゅっぱつ)しました。大阪(おおさか)から名神(めいしん)高速(こうそく)道路(どうろ)(ひがし)(はし)り、米原(まいばら)ジャンクションから北陸(ほくりく)自動車(じどうしゃ)(どう)へ。朝食(ちょうしょく)のために()()った()()(だけ)サービスエリアの駐車(ちゅうしゃ)(じょう)は、すでに満車(まんしゃ)状態(じょうたい)福井(ふくい)(けん)(はい)ると、海水浴(かいすいよく)目当(めあ)ての(くるま)がインターチェンジから()りていくので、徐々(じょじょ)交通(こうつう)(りょう)()ってきました。福井(ふくい)(きた)インターチェンジを()るときの高速(こうそく)道路(どうろ)支払(しはらい)料金(りょうきん)は、ありがたいことにETC(きゅう)()割引(わりびき)で1,800(えん)(だい)でした。
目的(もくてき)()(ちか)づいてくると、ピカピカと銀色(ぎんいろ)(ひか)巨大(きょだい)恐竜(きょうりゅう)のタマゴのような建造(けんぞう)(ぶつ)山裾(やますそ)()えてきました。福井(ふくい)県立(けんりつ)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)のドームです。道端(みちばた)のそこかしこに「恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん) 駐車(ちゅうしゃ)(じょう)満車(まんしゃ)」「臨時(りんじ)駐車(ちゅうしゃ)(じょう)あり」と()いた()看板(かんばん)がみえます。
深緑の木々の中に光り輝く福井県立恐竜博物館のドーム
深緑(ふかみどり)木々(きぎ)(なか)(ひか)(かがや)福井(ふくい)県立(けんりつ)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)のドーム
県道(けんどう)261号線(ごうせん)沿()いにある「JAテラル越前(えちぜん)勝山(かつやま)(なか)支店(してん)」の駐車(ちゅうしゃ)(じょう)臨時(りんじ)駐車(ちゅうしゃ)(じょう)になっていましたので、(かかり)のかたの誘導(ゆうどう)(したが)ってここへ駐車(ちゅうしゃ)しました。JA建物(たてもの)裏手(うらて)から、博物館(はくぶつかん)()きの無料(むりょう)臨時(りんじ)シャトルバスが10(ふん)間隔(かんかく)ぐらいで発着(はっちゃく)していて、1(だい)(ぶん)だけ順番(じゅんばん)()つとバスに乗車(じょうしゃ)できました。恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)(つう)じる主要(しゅよう)道路(どうろ)はマイカーで渋滞(じゅうたい)しているので、シャトルバスは田畑(たはた)()うように裏道(うらみち)をスイスイ(はし)り、あっという()博物館(はくぶつかん)(まえ)到着(とうちゃく)しました。
福井県立恐竜博物館のエントランス
福井(ふくい)県立(けんりつ)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)のエントランス
福井(ふくい)県立(けんりつ)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)は、恐竜(きょうりゅう)(かん)する資料(しりょう)展示(てんじ)した日本(にっぽん)最大(さいだい)(きゅう)博物館(はくぶつかん)です。銀色(ぎんいろ)(ひか)るドームの内部(ないぶ)にある展示(てんじ)(しつ)は、「恐竜(きょうりゅう)世界(せかい)」「地球(ちきゅう)科学(かがく)」「生命(せいめい)歴史(れきし)」の3つのゾーンから構成(こうせい)されています。広大(こうだい)展示(てんじ)(しつ)には、40(たい)もの恐竜(きょうりゅう)骨格(こっかく)をはじめ、千数百(せんすうひゃく)もの標本(ひょうほん)展示(てんじ)され、大型(おおがた)復元(ふくげん)ジオラマや映像(えいぞう)などで太古(たいこ)世界(せかい)体感(たいかん)することができます。
(まえ)もってチェックしていなかったんですが、この()7月(しちがつ)(だい)3日曜日(にちようび)で、福井(ふくい)(けん)では条例(じょうれい)毎月(まいつき)(だい)3日曜日(にちようび)青少年(せいしょうねん)健全(けんぜん)育成(いくせい)をめざす「家庭(かてい)()」と制定(せいてい)していて、福井(ふくい)県立(けんりつ)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)常設(じょうせつ)(てん)観覧(かんらん)(りょう)がなんと無料(むりょう)通常(つうじょう)一般(いっぱん)500(えん)高校生(こうこうせい)大学生(だいがくせい)400(えん)小中学生(しょうちゅうがくせい)250(えん)必要(ひつよう)常設(じょうせつ)(てん)観覧(かんらん)料金(りょうきん)がいらないため、hassan(ハッサン)一家(いっか)合計(ごうけい)1,250(えん)支出(ししゅつ)(おさ)えられて、ちょっとトクした気分(きぶん)でした。
地下1階へおりる長いエスカレーターにのって、ドーム内の展示室「恐竜ホール」へ
地下(ちか)1(かい)へおりる(なが)いエスカレーターにのって、<br />ドーム(ない)展示(てんじ)(しつ)恐竜(きょうりゅう)ホール」へ
福井(ふくい)県立(けんりつ)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)のエントランスは3(かい)にあり、地下(ちか)1(かい)()(くち)になっている常設(じょうせつ)展示(てんじ)(しつ)恐竜(きょうりゅう)ホール」へは、(なが)いエスカレーターに()って(おお)きな()()部分(ぶぶん)()りていきます。
10m以上の巨体で暴れまくるティラノサウルスを恐がらない<ruby><rb>hassan</rb><rp>(</rp><rt>ハッサン</rt><rp>)</rp></ruby>次男
10m以上(いじょう)巨体(きょたい)(あば)れまくるティラノサウルスを(こわ)がらない
hassan(ハッサン)次男(じなん). (わたし)()どものときならオシッコちびったはず….
常設(じょうせつ)展示(てんじ)(しつ)恐竜(きょうりゅう)ドーム」地下(ちか)1(かい)のど()(なか)には、巨大(きょだい)肉食(にくしょく)恐竜(きょうりゅう)のティラノサウルスが(あば)れまわり、いまにもお(きゃく)さんをガブリといきそうな迫力(はくりょく)です。開館(かいかん)10周年(しゅうねん)常設(じょうせつ)展示(てんじ)リニューアルで登場(とうじょう)したばかりの、このロボット・ティラノサウルス。(あたま)()り、(おお)きな(くち)()けて()()しながら(するど)()つきで威嚇(いかく)してきますが、両足(りょうあし)はちゃんと()()(だい)造形(ぞうけい)固定(こてい)されているので、()いかけられたり、(おそ)われたりすることはありません。とはいうものの、あまりの迫力(はくりょく)圧倒(あっとう)され、しばらくのあいだロボット・ティラノサウルスのまわりにとどまって見入(みい)ってしまいます。
アジアのティラノサウルス、タルボサウルス・バタールの骨格標本レプリカ
アジアのティラノサウルス、タルボサウルス・バタールの骨格(こっかく)標本(ひょうほん)レプリカ
(中生代(ちゅうせいだい)白亜紀(はくあき)後期(こうき). 獣脚(じゅうきゃく)亜目(あもく)ティラノサウルス(). 原標本(げんひょうほん):モンゴル(こく)自然史(しぜんし)博物館(はくぶつかん))
()84m・(たか)さ37.5mもの巨大(きょだい)なドーム(ない)(だい)部分(ぶぶん)()める「恐竜(きょうりゅう)世界(せかい)」ゾーンには、40(たい)もの恐竜(きょうりゅう)全身(ぜんしん)骨格(こっかく)()ちならんでいて、「恐竜(きょうりゅう)のからだ・くらし」、対面(たいめん)スクリーンの「ダイノシアター」、ジオラマ「中国(ちゅうごく)四川(しせん)(しょう)恐竜(きょうりゅう)たち」、「日本(にっぽん)とアジアの恐竜(きょうりゅう)」などのコーナーがあります。いまにも(うご)()しそうな()()きとした姿(すがた)恐竜(きょうりゅう)骨格(こっかく)()れをなして展示(てんじ)されている情景(じょうけい)は、まさに圧巻(あっかん)
待ってました!暴君! ティラノサウルス・レックスの骨格標本
()ってました!暴君(ぼうくん)! ティラノサウルス・レックスの骨格(こっかく)標本(ひょうほん)
(中生代(ちゅうせいだい)白亜紀(はくあき)後期(こうき). 獣脚(じゅうきゃく)亜目(あもく)ティラノサウルス(). 産地(さんち):アメリカ サウスダコタ(しゅう)
アジアのティラノサウルスと()ばれている「タルボサウルス」と本家(ほんけ)本元(ほんもと)の「ティラノサウルス・レックス」の全身(ぜんしん)骨格(こっかく)(なら)んで展示(てんじ)されていて、どこの部位(ぶい)がちがっているのか、じっくり観察(かんさつ)していると、(とき)()つのも(わす)れてしまいました。ふと周囲(しゅうい)()ると、hassan(ハッサン)(はは)長男(ちょうなん)次男(じなん)姿(すがた)がありません。広大(こうだい)常設(じょうせつ)展示(てんじ)(しつ)のなかを、(ひと)(なみ)()まれながら(すす)んだり、逆行(ぎゃっこう)したり、懸命(けんめい)合流(ごうりゅう)(こころ)みましたが、おなじ年格好(としかっこう)家族連(かぞくづ)れも(おお)いので、まったくうまくいきません。すっかり迷子(まいご)状態(じょうたい)になってしまったhassan(ハッサン)(ちち)は「まあ、最後(さいご)博物館(はくぶつかん)(そと)()ってればいいや」と半分(はんぶん)あきらめて、展示(てんじ)見学(けんがく)することにしました。
アルバータケラトプス・ネスモイの骨格標本
アルバータケラトプス・ネスモイの骨格(こっかく)標本(ひょうほん)
(中生代(ちゅうせいだい)白亜紀(はくあき)後期(こうき). 周飾頭(しゅうしょくとう)亜目(あもく) 角竜(かくりゅう)下目(かもく) ケントロサウルス(るい). 産地(さんち):アメリカ モンタナ(しゅう)
トウジャンゴサウルス・マルチスピナスの骨格標本レプリカ
トウジャンゴサウルス・マルチスピナスの骨格(こっかく)標本(ひょうほん)レプリカ
(中生代(ちゅうせいだい)ジュラ()後期(こうき). 装盾(そうしゅん)亜目(あもく) 剣竜(けんりゅう)下目(かもく) 剣竜(けんりゅう)(るい). (げん)標本(ひょうほん)中国(ちゅうごく)自貢(じこう)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)
常設(じょうせつ)展示(てんじ)(しつ)出口(でぐち)では、フクイラプトルのロボットが来館(らいかん)(しゃ)威嚇(いかく)しています。ティラノサウルスの巨大(きょだい)ロボットとはちがって、(おお)きさは人間(にんげん)とさほど()わりません。ですが、頭脳(ずのう)発達(はったつ)していて(ずる)(かしこ)そうな()つきが、すぐに()みついてきそうな雰囲気(ふんいき)(かも)()しています。こちらの恐竜(きょうりゅう)ロボットも、博物館(はくぶつかん)のリニューアルにともなって(あたら)しく仲間入(なかまい)りしたばかりだそうです。
2010年3月に登場。飛びかかってきそうな勢いで動きまくるロボット・フクイラプトル
2010(ねん)3(がつ)登場(とうじょう)()びかかってきそうな(いきお)いで(うご)きまくるロボット・フクイラプトル
エントランス(がわ)()()けのまわりには、ダイノラボ、化石(かせき)クリーニング(しつ)視聴覚(しちょうかく)ライブラリー、ミュージアムショップ、特別(とくべつ)展示(てんじ)(しつ)などが配置(はいち)されています。化石(かせき)クリーニング(しつ)片側(かたがわ)はガラス(まど)になっていて、来館(らいかん)(しゃ)恐竜(きょうりゅう)化石(かせき)クリーニング作業(さぎょう)のようすを見学(けんがく)できるようになっています。ミュージアムショップの(まえ)家族(かぞく)再会(さいかい)でき、恐竜(きょうりゅう)グッズなどを()(もと)めてから博物館(はくぶつかん)をあとにしました。
福井(ふくい)県立(けんりつ)恐竜(きょうりゅう)博物館(はくぶつかん)
〒911-8601 福井県(ふくいけん)勝山市(かつやまし)村岡町寺尾51-11(かつやま恐竜の森内) TEL.0779-88-0001 FAX.0779-88-8700
()きかた
JR福井(ふくい)(えき)下車(げしゃ)、えちぜん鉄道(てつどう)勝山(かつやま)永平寺線(えいへいじせん)勝山(かつやま)()き」乗車(じょうしゃ)勝山(かつやま)(えき)下車(げしゃ)、コミュニティバスにて(やく)15(ふん)またはタクシーにて(やく)10(ふん). JR福井(ふくい)(えき)にてJR越美北線(えつみほくせん)越前大野(えちぜんおおの)」または「九頭竜湖(くずりゅうこ)()きに()りかえ→越前大野(えちぜんおおの)(えき)下車(げしゃ)→タクシーで(やく)20(ふん)自家用車(じかようしゃ)北陸(ほくりく)自動車(じどうしゃ)(どう) 福井(ふくい)(きた)IC・丸岡(まるおか)ICから国道(こくどう)416(ごう)経由(けいゆ) (やく)35(ふん). 北陸(ほくりく)自動車(じどうしゃ)(どう) 福井(ふくい)ICから国道(こくどう)158(ごう)国道(こくどう)157(ごう)経由(けいゆ) (やく)1時間(じかん). 石川(いしかわ)(けん)白山(はくさん)()白峰(しらみね)から国道(こくどう)157(ごう)経由(けいゆ) (やく)30(ふん). 中部(ちゅうぶ)縦貫(じゅうかん)自動車(じどうしゃ)(どう) 白鳥(はくちょう)ICから国道(こくどう)158(ごう)国道(こくどう)157(ごう)経由(けいゆ) (やく)1時間(じかん)30(ふん).
開館(かいかん)時間(じかん)
午前(ごぜん)9()午後(ごご)5()(入館(にゅうかん)午後(ごご)4()30(ぷん)まで)
休館日(きゅうかんび)
年末年始(ねんまつねんし)(12(がつ)29(にち)〜1(がつ)2())
入館料(にゅうかんりょう)
おとな500(えん)高大学生(こうだいがくせい)400(えん)小中学生(しょうちゅうがくせい)250(えん). 未就学(みしゅうがく)幼児(ようじ)・70(さい)以上(いじょう)無料(むりょう). 毎月(まいつき)(だい)3日曜日(にちようび)の「家庭(かてい)()」および毎年(まいとし)2(がつ)7()の「ふるさとの()」は常設展(じょうせつてん)観覧料(かんらんりょう)無料(むりょう).
駐車場(ちゅうしゃじょう)
無料(むりょう)駐車場(ちゅうしゃじょう)あり (混雑時(こんざつじ)臨時(りんじ)駐車場(ちゅうしゃじょう)無料(むりょう)シャトルバスを利用(りよう)するとよい)
サイト
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
※このページでご紹介(しょうかい)している情報(じょうほう)は2010(ねん)9(がつ)8()現在(げんざい)までに、hassan(ハッサン)個人的(こじんてき)見聞(みき)きしたことを()りまとめたものです。ご利用(りよう)になるかた各人(かくじん)責任(せきにん)においてご活用(かつよう)(くだ)さい。
(メモを()いた()/2010(ねん)9(がつ)8())
滋賀県立琵琶湖博物館
No.40 楽しく学べる 滋賀県立琵琶湖博物館
体験型の総合博物館、滋賀県立琵琶湖博物館。hassan(ハッサン)一家のおでかけリポート。
up 2009/04/26
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →


そのほかの情報
よみがな [なし]モードにする


iconicon
iconicon
関連する博物館


こどものための博物館情報 Management by skao.netはじめにもどるつぎへ

to Top Page