こどものための博物館情報トップ新着博物館動物園・水族館遊園地掲示板リンクメモトップ
hassanのお出かけメモ:数少ないhassan一家のお出かけのときに見聞きしたことや、もしかしたら皆さんのお役に立つかもしれない情報を、hassan父とhassan母が気まぐれに書き留めています。


53. バトルブレーダーズ2011大阪大会 in 次世代WHF'11 Winter

次世代ワールドホビーフェア'11 Winter大阪会場の京セラドーム大阪
次世代ワールドホビーフェア'11 Winter大阪会場の京セラドーム大阪
バトルブレーダーズ2011 G1大会が、2011年1月から2月にかけて、日本各地で開催されています。1月16日(日)、京セラドーム大阪で開催の次世代ワールドホビーフェア'11 Winterで、バトルブレーダーズ2011大阪大会がおこなわれました。hassan長男・次男がG4ショップ大会にて優勝し、バトルブレーダーズ2011 G1本戦の優先参加出場権をなんとかゲットしたので、このG1大会に参加してきました。
No.52 ベイブレード GRADE4 WBBAショップ大会4
No.52 ベイブレード GRADE4 WBBAショップ大会4
バトルブレーダーズ2011優先参加権をかけた子どもたちの熱い闘い。土日で4つのベイG4大会を楽しみました。
up 2010/10/27
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →
ベイブレード・バトルは、この数ヶ月で大きく様変わりしました。2010年10月までの1年間は、アースやバーンなどの低重心で持久を重視したベイバトルが流行り、持久ベイを一撃でスタジアムアウトさせるアタックベイを駆使するベイブレーダーとのせめぎ合いが繰り返されていました。ですが、軸重心をきっちりと調整した低重心の持久系ベイを使うほうが勝率的に有利だったため、どちらかといえば地味な「長回し」競技になっていました。
ところが、マキシマムシリーズという、新基軸を打ち出した商品展開が始まり、状況は一変。11月にフレイムビクシス230WDという、トラックの高さが異様に高いベイが発売されたため、このトラックを装着したベイを相手にしながら、これまでバトルを支配してきた低重心・持久系ベイのみでトーナメントを勝ち上がっていくことが難しくなりました。
さらに、12月下旬にはヘルケルベクスBD145DSという、最大径の重量があるメタルウィールにおなじ径をもった円盤形のトラックを装着した、画期的なベイが登場。このプラスチックでできた第3のウィールとでもいうべきトラックが、接触する相手のベイの回転力を削いでいき、メタルウィールに設けられた3箇所の刃が相手のベイを弾くため、持久系ベイにはしっかりと接触して持久勝ちでき、230トラックをつけた背高ベイなどにも強烈にアタックすることができるようになりました。
ところが、万能型ベイにみえるヘルケルベクスも、ウィールの径が大きいことが災いすることがあり、アタックタイプのベイの攻撃を受けやすいという弱点を持たせて設計されており、ベイバトルの本来あるべき形とされる「三すくみ状態」がなんとなく成立した感があります。とはいえ、2011年1月時点においてもっとも勝率の高いベイは、ヘルウィールとBD145の組み合わせ。1月8日(土)に開催されたG4 アピタカップ名張店では、hassan次男がヘルBD145CSだけを使いつづけて3位に入賞。1月上半期に各地で開催されたG4大会では、やっぱり、上位進出者の多くがヘルウィールを使用していたようです。
優先参加者用の入場ゲート付近(午前7時ごろ)
優先参加者用の入場ゲート付近(午前7時ごろ)
昨年のバトルブレーダーズ2010大阪大会に長男を連れていったときは、完全な当日先着順の参加方式だったので、午前6時20分ごろに京セラドーム大阪の屋外で耐寒行列しました。しかし、今年は長男・次男ともG4優勝でこの大阪大会の優先参加権を獲得してくれたので、午前8時から8時30分にドームで受付すればよい模様。とはいえ、ほかの事前応募イベント参加者と混じって行列がつくられている可能性もあり、万全を期して午前7時ごろにドーム屋外へ到着。この日はこの冬一番の冷え込みで、大阪でも積雪が予報されていましたので万全の防寒対策で臨みましたが、この時刻は風も穏やかで、さほどの寒さは感じませんでした。
すでに、一般入場者の待機列は長く伸びていましたが、優先参加者用の入場ゲートまえへいくと、ベイボックスをもった子どもと親御さんがパラパラと散らばって待っているだけ。午前7時30分頃、タカラトミーの係の人が拡声器でアナウンスし、入場者の列ができました。ほかのイベント参加者はおらず、バトルブレーダーズ2011の優先参加者だけの待機列でした。完全に午前8時にゲートが開き、ジュニアクラスとレギュラークラスそれぞれ別の受付で優先参加ハガキのチェックを受けて、紙製のリストバンドを巻いてもらいます。昨年は1枚ものの紙の整理券でしたが、マナーの悪い参加者が複数の整理券を確保してしまい、わずか30分で整理券配布が終了し、参加できない子どもがたくさん出たとの噂もあります。この対策のためにリストバンド方式の整理券に変更されたのでしょう。
開場直後の次世代ワールドホビーフェア'11大阪
開場直後の次世代ワールドホビーフェア'11大阪
スタンド裏がわの屋内通路で待機し、午前8時30分、次世代ワールドホビーフェア'11 Winter大阪会場がオープンしました。係のかたの先導で、3塁側スタンド席の階段を下りていくと、京セラドーム大阪の巨大な空間が目の前に広がっています。子どももおとなもワクワク感は最高潮です。一般入場口とはちがい、スタンドからグラウンドへ降りると、すぐにタカラトミーのブース前に到着するように案内していただいたので、ブースを探してさまよう必要もなく、優先参加のありがたみを感じました。
ジュニアクラス予選が始まったバトルブレーダーズ2011大阪大会のブース
ジュニアクラス予選が始まったバトルブレーダーズ2011大阪大会のブース
バトルブレーダーズ2011大阪大会のブースは、向かって左端に特設ステージがあり、中央に予選・本戦トーナメント会場、右側にDXファイティングバトルスタジアムのスペースとかんたんな展示があります。昨年のバトルブレーダーズ2010大阪大会の約半分ぐらいの広さでしょうか。かなり窮屈な感じがします。昨年のブースは、中央に特設ステージがあって、その左右と前面にトーナメント会場が広がり、ステージ裏がわに連勝バトルの会場がレイアウトされていたので、ベイブレードブースの周囲にいるほとんどの人が、ステージでの司会進行を楽しむことができました。今年は、ブレーダーDJやブレーダーKENのトークを楽しむことができるのは、ステージ正面の通路とのあいだのわずかなスペースにいる人だけで、残念ながら、他のエリアにいる人たちとの関係性は途切れているような感じがしました。
バトル会場前のわずかな見学スペースがとても混雑してきたので、ベイブレード・サークルのメンバーのかたたちといっしょにスタンド席の休憩所へ移動して、そこからジュニアクラス予選を観戦することにしました。午前9時30分頃から始まったジュニアクラス予選は、ワイドスクエアタイプでの3人対戦です。
会場前は観戦する親御さんたちでおそろしいほどの混雑ぶりです。選手入場口付近は、立ち見するおとなたちで埋めつくされ、子どもたちが入場口にたどり着くことができないのは例年どおりです。その近くに大量の荷物を置いて場所を占有するなど一部にマナーの悪いかたもおられたり、係のかたが注意を呼びかけても言い返したりで、すこし殺伐とした空気も流れていました。
優先参加者数が180名に少しとどかなかったようで、ジュニアクラス本戦は256名によるトーナメントになりました、この場合はスタンダードタイプ・バランスタイプスタジアム(赤スタ・白フェンス)を使った5回戦のバトルを勝ち抜くと、決勝トーナメントに進出することができます。
ジュニアクラス本戦1回戦に挑むhassan次男
ジュニアクラス本戦1回戦に挑むhassan次男
スタンダードタイプ・バランスタイプスタジアム(赤スタ・白フェンス)は、スタジアム外周部に段がないので、ベイがすぐにスタジアムアウトしてしまいます。ですので、参加者のベイのボトム選択は持久タイプよりもアタックタイプが多くなります。以前はバーンでの持久勝負が好きだったhassan次男も、アタックタイプのボトムをベイにつけて、この日のためにシュート練習を重ねてきました。
何種類か用意したベイの中から、次男が選んだのは、ヘル・ブラックペガシス2BD145RF。一撃で相手のベイをスタジアムアウトさせれば、2ポイントを獲得して勝ち抜くことができます。本戦1回戦の対戦者のベイは、4層ペガシス(ボトム不明)。スリー・ツー・ワン、Go‥シュート! ほぼ一瞬で勝負が決まったようです。次男のスタジアムアウト勝ちです。
次男の2回戦。相手のお子さんがしきりに親御さんとコンタクトしながら、ベイ選択をしています。こちらはその場所から離れているので、対抗してアドバイスのサインを出したくなるのをグッとこらえて見守ります。次男が選んだのは1回戦とおなじベイ。あとで聞いたところ、相手のベイはヘルBD145RF(ノーマルモード)だったようです。シュート直後に次男のベイがスタジアムアウト負け。シュートポジションからベイの動きを読まれて、うまく狙い撃ちされちゃったとのこと。アタック用の次男のシュート方法に改善の余地がありそうです。あわてて、人混みの中を急いで、メインステージ裏の退場口までお迎えにいくと、参加景品のオレンジ・アースと特製ケルベクス・フェイスを手にした次男がニコニコしながら出てきました。彼なりに納得したようで一安心です。
人・人・人で埋めつくされた次世代WHF'11大阪会場
人・人・人で埋めつくされた次世代WHF'11大阪会場 (レギュラークラス予選ごろ)
次男のジュニアクラス本戦2回戦敗退後、午後のレギュラークラス本戦まで、スタンド席の休憩所でお昼ご飯を食べてゆっくりできました。優先参加入場の列から離れ、気合いを入れてスペシャルグッズ販売会場の入場ゲートへの行列に並びなおしていた、ベイブレード仲間のお父さん・お子さんと合流。貴重な先行販売ベイ、BB-104 バサルトホロギウム145WDを1つ譲っていただきました。この2月下旬発売予定の新しいベイは、あえて軸重心を偏らせた最重量のメタルウィールをもち、強烈なカウンターアタックを得意としています。セッティングによってはヘルBD145とも互角のバトルが可能かもしれません。
ブレーダーKENのグレード4攻略講座
ブレーダーKENのグレード4攻略講座
午後0時15分ごろから始まったレギュラークラス予選をスタンドから少し観戦し、グラウンドへ降りると、ステージ上ではブレーダーKENによるグレード4攻略講座が始まっていました。
午後1時15分すぎ、レギュラークラス本戦が開始。ジュニアクラスとおなじく、256名トーナメント、スタンダードタイプ・バランスタイプスタジアム(赤スタ・白フェンス)を使った5回戦になりました。hassan次男を会場内へ送り出し、満員電車のような人混みの中から応援です。ラバーボトムをまだ完全に使いこなせていない長男は、1回戦にヘルオレンジペガシス2BD145CSを選択。対戦相手はバーン(Dボトム?)。力みすぎて左手がブレる悪い癖も出ずにシュートをきっちり決めて、持久戦を2回くり返して2ポイント獲得。2回戦進出です。
長男の2回戦は、おなじベイサークルのお子さんとの対戦となりました。長男は1回戦とおなじベイを選んだもようです。シュート直後、カキーンと長男のベイがスタジアムを飛び出してしまったようです。一発スタジアムアウト負けで、すぐにリストバンドをハサミでカットされています。退場してきた長男に聞くと、シュート位置からベイの軌道を予測され、うまく弾き出されてしまったようです。うーん、完敗です。
レギュラークラス本戦1回戦 hassan長男のシュート
レギュラークラス本戦1回戦 hassan長男のシュート
レギュラークラス本戦トーナメントに並行して、特設ステージ上ではジュニアクラスの決勝トーナメントが開催され、おなじベイブレードサークルのS君が3位に入賞! おめでとうございます! わが家のブレーダーたちは、まだまだ技量不足です。とりあえず、シュート位置を対戦相手に悟られないようなアタック用のシュートを練習し、次回のG4大会へ参加したいと思います。
<追記 2011.1.23>
1月22日開催のG4ショップ大会。午前中はジャスコ金剛東店へhassan次男が参加。ヘルペガシス2RFとCSを使い分けて勝ち進むも、この日は定員オーバーの38名変則トーナメントで、準々決勝の一組はアタックタイプスタジアムでの狭すぎる3人対戦。次男がこの組に入ってしまい、シュート直後にベイが空中衝突。準々決勝敗退です。午後はミドリ電化河内長野店とミドリ電化美原店をハシゴして、hassan長男・次男が参加。河内長野店のスタジアムは、前回まではワイドスクエアタイプスタジアムだったのですが、今回からは、半年ほど前までこのショップ大会で使っていたスーパーアタックスタジアムにもどっていました。スーパーアタックスタジアムでのバトルが得意ではない2人は、事前準備が足りずに3回戦までで敗退。
ベスト3進出をかけてバトルするhassan長男と次男
ベスト3進出をかけてバトルするhassan長男と次男
ミドリ電化美原店は、1月22日(土)はレギュラークラス中心の大会、翌週29日(土)はジュニアクラス限定の大会を開催することになり、この日は44名の変則トーナメントでした。ルールはいつもどおり、アタックタイプスタジアムでの2勝先取制。ただし、今回、ベスト3でバトルすることになる決勝戦は、美原店名物の巴戦で順位を決定します。hassan長男・次男は、おなじベイサークルのおともだちのYくん・Sくんと3回戦までに当たり、ガンガンのしびれるようなバトルを堪能することができました。ヘルBD145CSとRFとRSFを使いわけながら、なんとか、ベスト3を決める4回戦まで勝ち上がることができたのですが、ここで運命の兄弟対決! 次男は兄に負けるのがなによりもイヤなので、そうなればきっと地団駄を踏んで泣いて悔しがることでしょう。「パパ、ボトムなにつこたらええとおもう?」「そんなん知らんで。お父ちゃんは両方応援してんねんから自分で考えや」次男が選んだベイは、ヘルブラックペガシス2BD145RF。長男が選んだベイもヘルオレンジペガシス2BD145RF。ラバーボトムで踏ん張って相手を弾き出すつもりです。「泣いたらアカンでぇ〜!」2人とも斜め撃ちでシュートし、クローバーっぽい軌道を描きながら激しくぶつかり合います。1勝対1勝でむかえた3回め、両者とも相手を弾き出せず、次男のベイがスリープアウト。わずかに長男が数回転多く回って、長男がベスト3進出です。「こんなんイランねん!」負けた次男は涙をこらえながらも、手袋と帽子を床にたたきつけて悔しがります。
優勝して大喜びの長男と、微笑みつつも悔しさを隠せない次男
優勝して大喜びの長男と、微笑みつつも悔しさを隠せない次男
「ようがんばった!つぎはお兄ちゃんに勝てるよう、また練習しよ!」長男に負けた次男をなぐさめて、その落涙を防ぐことができました。3位以上の順位を決定する巴戦では、ほかの2人になんとか1回で連勝し、長男が優勝を勝ち取ることができました。大会開始前からいっしょに練習してくれたり、遊んでくれたり、バトルしてくれた参加者みんなに感謝です。あたたかい拍手をいただき、ありがとうございました。
左:長男愛用のヘルオレンジペガシス2BD145CS 右:優勝賞品 ガンメタリック・グランドケトス
左:長男愛用のヘルオレンジペガシス2BD145CS 右:優勝賞品 ガンメタリック・グランドケトス

<イベントおぼえがき>
  1. アピタカップ(G4) (各月、だいたい初旬〜上旬の土日)‥2011年1月8日(土)、2月5日(土)、3月5日(土)、4月2日(土・※東日本大震災のため中止)、5月5日(祝)、6月4日(土)、7月9日(土)、8月6日(土):最終回
  2. IYカップ(G4) (各月、だいたい中旬〜下旬の土日)‥2011年1月9日(日)、1月23日(日)、2月20日(日)、3月27日(日・※東日本大震災のため中止)、4月24日(日)、5月3日(祝)、5月22日(日)、6月19日(日)、7月17日(日)、8月7日(日)
  3. 近畿地方 WBBAショップ大会(G4) [ミドリ電化]‥2011年8月15日(月). [イオン]‥2011年8月13日(土).
※このページでご紹介している情報は、メモを書いた日現在までに、hassanが個人的に見聞きしたことを取りまとめたものです。ご利用になるかた各人の責任においてご活用下さい。
(メモを書いた日/2011年1月21日 更新した日/2011年7月23日)
No.51 ベイブレード GRADE4 WBBAショップ大会3
No.51 ベイブレード GRADE4 WBBAショップ大会3
新型ベイの登場で盛り上がる大会バトルをリポート。
up 2010/9/20
No.49 ベイブレード GRADE4 WBBAショップ大会2
No.49 ベイブレード GRADE4 WBBAショップ大会2
ベイブレードWBBAショップ大会参加報告その2。
up 2010/8/17
No.47 ベイブレード GRADE4 WBBAショップ大会
No.47 ベイブレード GRADE4 WBBAショップ大会
hassan次男が、近所のお店でベイブレード グレード4 WBBAショップ大会に参加して、優勝しました。
up 2010/5/24
No.45 バトルブレーダーズ2010大阪大会
No.45 バトルブレーダーズ2010大阪大会
次世代ワールドホビーフェア'10大阪会場でグレード1のベイブレード大会に参加してきました。
up 2010/01/19
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →


そのほかの情報
よみがな [あり]モードにする






iconicon


関連サイト
こどものための博物館情報 Management by skao.netはじめにもどるつぎへ

to Top Page