こどものための博物館情報トップ新着博物館動物園・水族館遊園地掲示板リンクメモトップ
hassanのお出かけメモ:数少ないhassan一家のお出かけのときに見聞きしたことや、もしかしたら皆さんのお役に立つかもしれない情報を、hassan父とhassan母が気まぐれに書き留めています。


54. 鉄道模型ワールドin狭山池博物館2

子どもたちが見守る中、狭山池博物館のレイアウトを走るキハ81系「くろしお」Nゲージ模型
子どもたちが見守る中、狭山池博物館のレイアウトを走るキハ81系「くろしお」Nゲージ模型
2011年3月11日に東北地方・関東地方・北海道を襲った、東北地方太平洋沖地震。巨大な津波が太平洋沿岸地域を襲って壊滅的な被害をもたらし、多くの人々の尊い命を奪っていきました。さらに、福島第1原子力発電所では大事故に発展し、東日本大震災は、第2次世界大戦終結以来、日本が経験したことのない未曾有の大災害をもたらしました。かつて、阪神大震災が近畿地方を襲ったのち、人々の支援によって、神戸は速やかに復興を遂げることができました。今回のあまりにも大きな被害を目の当たりにして、東北地方各地が復興し、みんなが安心して暮らせる日がいつやってくるのか、我々には見当もつきません。あの恐ろしい大津波は、平日の午後、ちょうど幼稚園児や小中学生が自宅へ帰る時間帯に襲ってきました。下校途中の子どもたちは無事に避難できたのか、幼稚園バスは安全なところへ待避できたのかと不安でたまりませんでしたが、後日の報道によれば、多くのかわいい子どもたちが、あの濁流にのまれて被害に遭ってしまったようです。あまりにも無慈悲な海のしわざと我々の無力さに茫然とし、悲しみが尽きることはありません。
東北地方の子どもたちが辛い目に遭い、愛する子どもを失ってしまった保護者のかたも多く、親御さんを失ってしまった子どもたちも多いなか、この「こどものための博物館情報」で、いつもどおりに各地の博物館・動物園情報を掲載したり、「hassanのおでかけメモ」などという呑気なタイトルのコーナーに駄文を書いたりしていて良いものかどうかと悩んでおりましたが、これからの日本を支えていく子どもたちが、明るく楽しく学び、さまざまな体験を積んでいってくれればこそ、我々のかけがえのない日本の国と文化を未来へと受け継いでいくことができるのだと考え、これまでと同様にさまざまな情報をお伝えしていくことにしました。ご理解下さいますよう、お願い致します。
2011年3月24日(木)から4月7日(木)のあいだ、「春休み特別企画 鉄道模型ワールドin博物館」大阪府立狭山池博物館で開催されています。昨年に引き続いて今年で2回めとなる、この博物館の鉄道イベントです。最近は、ベイブレード熱のほうが高く、すこし鉄分が低めのhassan長男・次男ですが、やっぱり行きたいというので親子3人で行ってきました。
交通科学博物館
No.10 交通科学博物館
大阪弁天町にある交通科学博物館の展示などをご紹介。
up 2007/05/29
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →
会期中の土曜日と日曜日には、Nゲージ車両の持ち込み走行会が催されています。3月26日(土)の午後、昨年購入した“Nゲージ キハ81系 はつかり9両セット KATO レジェンドコレクション”の「くろしお」版フル編成を携えて、もうすぐ小学1年生のhassan次男と、もうすぐ小学4年生の長男を引率し、午後3時頃に会場へ到着。朝から始まっていた持ちこみ走行会も参加者が少なくなってきていたので、次男15分間+長男15分間の整理券を連続でもらうことができました。
hassan父が持っているNゲージ車両、キハ81系「くろしお」9両編成(KATO)
hassan父がもつ唯一のNゲージ車両、キハ81系「くろしお」9両編成(KATO)
hassan父愛蔵の“Nゲージ キハ81系 はつかり(KATO)”「くろしお」版9両編成を4番線のレールにセット。1箇所、連結しづらい部位があるのですが、なんとか連結を完了し、次男に教えながらコントローラーのダイヤルを回します。自宅にある楕円形の基本レイアウトで9両フル編成を走らせると、先頭車両が最後尾の車両に追いついてしまうのではないかという窮屈さですが、ここの巨大ジオラマの風景の中では、9両連結してちょうどよいスケール感です。
ジオラマの中をフル編成で走らせると迫力満点です
ジオラマの中をフル編成で走らせると迫力満点です.
今回のイベントでは、HOゲージレイアウトは設けられず、Nゲージレイアウトのみです。このNゲージ模型のジオラマレイアウトは、博物館の展示模型をたくさん手がけている株式会社ヤマネが製作したもので、大きな駅、工場地帯、都市部、光りながら回り続ける観覧車、トンネルと鉄橋、前方後円墳・集落群・寺院などが散在する田園地区の風景が1/150のスケールで再現されています。参加者のかたが持ち込まれるNゲージ模型は、どれもこだわりが感じられて、見ているだけで楽しくなってきます。参加者のかたの“銀河鉄道999”が、南海特急ラピートと併走したり、子どももおとなも時間を忘れて見入っておられました。
メタリックのノーズをもつ南海ラピートが展示走行していました
メタリックのノーズをもつ南海ラピートが展示走行していました.
そして、今回のイベントでは、プラレールコーナーが狭山池博物館の常設展示室に設置されています。飛鳥時代に造られたダム式ため池である狭山池には、その水を灌漑に用いるために「樋」という取水施設がつくられていました。この博物館では、飛鳥時代から奈良時代に使われていた東樋、江戸時代の東樋、鎌倉時代の中樋、江戸時代の中樋を発掘現場から移設して展示しています。プラレールのレイアウトは、江戸時代の中樋の前にありました。
hassanち愛用のプラレール車両 B2010形蒸気機関車を走らせました
hassanち愛用のプラレール車両 B2010形蒸気機関車を走らせました.
hassan一家は、何年か前のプラレール博で購入したB2010形蒸気機関車(通称:マメタン)のプラレールを持参。このSLは1945年ごろにつくられた車両入れ換え用の超小形機関車で、現在は梅小路蒸気機関車館で動態保存されています。今回のイベント期間中毎日、自分のプラレールを持ち込んで、このレイアウトを走らせることができます。ただし、プラレール博やプラレール・サークルの走行会でお目にかかれるような、ジオラマつきのレイアウトではなく、自宅と同じようにレールと付属パーツだけで構成されている単純なものなので、幼児でも気軽に遊ぶことができます。
常設展示室に設けられたプラレールコーナー
常設展示室に設けられたプラレールコーナー.
大阪府立狭山池博物館で催された今回の鉄道模型展は4月7日(木)まで開催されています。Nゲージ車両の持ち込み走行会が催される4月2日(土)・3日(日)に行くのがオススメです。ぜひ一度、博物館での鉄道イベントを体験してみてください。
催し名
鉄道模型ワールドin狭山池博物館
開催場所
大阪府立狭山池博物館 (〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2 TEL.072-367-8891)
開催期間
2011年3月24日(木)〜4月7日(木) ※Nゲージ走行会‥3月26日(土)・27日(日)、4月2日(土)・3日(日)
開館時間
午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日
毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)
入館料
無料
交通アクセス
南海電鉄難波駅より高野線にて大阪狭山市駅下車、西へ約700m. 車で来館の場合は、狭山池公園の無料駐車場を利用すると便利.
次回の鉄道模型イベント開催時期
未定 (来年の春休み期間に開催される可能性あり)
館のサイト
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/


※このページでご紹介している情報は2011年4月1日現在までに、hassanが個人的に見聞きしたことを取りまとめたものです。ご利用になるかた各人の責任においてご活用下さい。
(メモを書いた日/2011年4月1日)








No.46 鉄道模型ワールドin狭山池博物館
No.46 鉄道模型ワールドin狭山池博物館
春休み、大阪府立狭山池博物館で開催された鉄道模型イベントに家族で参加しました。
up 2010/4/8
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →








そのほかの情報
よみがな [あり]モードにする



関連サイト
こどものための博物館情報 Management by skao.netはじめにもどるつぎへ

to Top Page