こどものための博物館情報トップ新着博物館動物園・水族館遊園地掲示板リンクメモトップ
hassanのお出かけメモ:数少ない<ruby><rb>hassan</rb><rp>(</rp><rt>ハッサン</rt><rp>)</rp></ruby>一家のお出かけのときに見聞きしたことや、もしかしたら皆さんのお役に立つかもしれない情報を、<ruby><rb>hassan</rb><rp>(</rp><rt>ハッサン</rt><rp>)</rp></ruby>父と<ruby><rb>hassan</rb><rp>(</rp><rt>ハッサン</rt><rp>)</rp></ruby>母が気まぐれに書き留めています。


59. リニア・鉄道館(てつどうかん)へいってきました

リニア・鉄道館
2011(ねん)7(がつ)24()((にち))、JR東海(とうかい)浜松工場(はままつこうじょう)開催(かいさい)された「新幹線(しんかんせん)なるほど発見(はっけん)デー2011」に参加(さんか)したその(あし)で、名古屋市(なごやし)にあるJR東海(とうかい)博物館施設(はくぶつかんしせつ)リニア・鉄道館(てつどうかん)()ってきました。リニア・鉄道館今年(ことし)3(がつ)14()にオープンしたばかりの(あたら)しい施設(しせつ)です。関西(かんさい)から気軽(きがる)()けるとはいえ、なかなか()機会(きかい)()ず、今回(こんかい)ようやく浜松(はままつ)からの帰路(きろ)()()ることができました。自家用車(じかようしゃ)での移動(いどう)行程(こうてい)でしたので、東名高速道路(とうめいこうそくどうろ)から伊勢(いせ)湾岸(わんがん)自動車(じどうしゃ)(どう)(はい)り、「名港(めいこう)中央(ちゅうおう)」インターチェンジを()りるとすぐにリニア・鉄道(てつどう)(かん)()いた案内(あんない)(ばん)がありました。(かん)専用(せんよう)駐車(ちゅうしゃ)(じょう)はないとのことですが、「モノづくり文化(ぶんか)交流(こうりゅう)エリア」駐車(ちゅうしゃ)(じょう)利用(りよう)することができます。というか、隣接(りんせつ)するこの駐車(ちゅうしゃ)(じょう)がほぼリニア・鉄道(てつどう)(かん)駐車(ちゅうしゃ)(じょう)として機能(きのう)しています。
さよなら、夢の超特急0系新幹線
No.36 さよなら、(ゆめ)超特急(ちょうとっきゅう)0(ゼロ)(けい)新幹線(しんかんせん)
2008(ねん)12(がつ)山陽区間(さんようくかん)から引退(いんたい)した0(ゼロ)(けい)新幹線(しんかんせん)hassan(ハッサン)一家(いっか)みんなでおわかれ乗車(じょうしゃ)しました。
up 2008/10/22
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →
()()うようなフォルムのリニア・鉄道(てつどう)(かん)が、名古屋港(なごやこう)をバックに()っています。すこしカクカクしたスクエアなデザインですが、超電導(ちょうでんどう)リニアをイメージしたデザインなのでしょう。壁面(へきめん)(しゅ)()きの「JR」の文字(もじ)JR東海(じぇいあーるとうかい)のロゴマークが()かびあがっています。建物(たてもの)(しろ)((ぎん)?)と(くろ)色調(しきちょう)ですので、この朱色(しゅいろ)の「JR」がなかなかカッコよいです。エントランスホールで、大人(おとな)1,000(えん)(しょう)中高生(ちゅうこうせい)500(えん)入館(にゅうかん)(りょう)支払(しはら)って(なか)へと(すす)みます。この時点(じてん)時刻(じこく)は、たしか午後(ごご)4()をまわっていたと(おも)います。閉館(へいかん)時刻(じこく)午後(ごご)5()30(ぷん)なので、すこし足早(あしばや)見学(けんがく)せねばなりません。展示(てんじ)(しつ)への入口(いりぐち)改札(かいさつ)(ぐち)のようなゲートがあり、そこで(かかり)のお(ねえ)さんに確認(かくにん)すると、館内(かんない)展示(てんじ)写真(しゃしん)撮影(さつえい)はOK、フラッシュ撮影(さつえい)もOKとのことでした。
リニア・鉄道館の外観
リニアをイメージさせる(かん)建物(たてもの)
展示(てんじ)(しつ)(はい)ると、(くら)くて(ひろ)空間(くうかん)(ひろ)がります。シンボル展示(てんじ)ゾーンです。(ひだり)からC62形式(けいしき)蒸気(じょうき)機関車(きかんしゃ)、955形式(けいしき)新幹線(しんかんせん)試験(しけん)電車(でんしゃ)300X、超電導(ちょうでんどう)リニア車両(しゃりょう)MLX01-1の3(りょう)(じっ)車両(しゃりょう)展示(てんじ)されています。暗闇(くらやみ)(なか)でライトアップされた(じっ)車両(しゃりょう)。いきなりの真打(しんう)登場(とうじょう)に「おぉーっ!」と感嘆(かんたん)(こえ)()げてしまいます。
シンボル展示ゾーン
展示(てんじ)(しつ)(はい)ると955形式(けいしき)新幹線(しんかんせん)試験(しけん)電車(でんしゃ)300Xがお出迎(でむか)
毎年(まいとし)浜松工場(はままつこうじょう)新幹線(しんかんせん)なるほど発見(はっけん)デー屋外(おくがい)展示(てんじ)されていた新幹線(しんかんせん)試験(しけん)電車(でんしゃ)300Xが、今年(ことし)はその会場(かいじょう)見当(みあ)たらないと(おも)ったら、ここに安住(あんじゅう)()()つけたのですね。そして300Xの(となり)には、超電導(ちょうでんどう)リニア MLX01-1が。
シンボル展示 MLX01-1
このままのデザインで営業運転(えいぎょううんてん)してほしかった. 超電導(ちょうでんどう)リニア MLX01-1
超電導(ちょうでんどう)リニア車両(しゃりょう)、JRマグレブMLX01-1。格好(かっこう)()すぎです。この車両(しゃりょう)は、2003(ねん)山梨(やまなし)リニア実験(じっけん)(せん)で、超電導(ちょうでんどう)リニア方式(ほうしき)による世界(せかい)最高(さいこう)速度(そくど)581km/hを記録(きろく)。2005(ねん)開催(かいさい)された「(あい)地球(ちきゅう)(はく)」では、JR東海(じぇいあーるとうかい) 超電導(ちょうでんどう)リニア(かん)展示(てんじ)されていました。その博覧(はくらん)(かい)目玉(めだま)(てき)存在(そんざい)でした。先端(せんたん)()が「ダブルカスプ形状(けいじょう)」というカモノハシの(くちばし)のような(かたち)をしたこのMLX01-1は歴代(れきだい)試験(しけん)車両(しゃりょう)(なか)でも(ぐん)()いてカッコイイと(おも)います。モビルスーツ・ザクの「モノアイ」のような、満州(まんしゅう)鉄道(てつどう)特急(とっきゅう)「あじあ(ごう)」のパシナ(がた)蒸気(じょうき)機関車(きかんしゃ)のような存在(そんざい)(かん)のある(ぜん)(しょう)(とう)も、すばらしいデザインです。
山梨(やまなし)実験(じっけん)(せん)で9(がつ)21(にち)まで試験(しけん)走行(そうこう)している現行(げんこう)試験(しけん)車両(しゃりょう)MLX-01は営業(えいぎょう)運転(うんてん)視野(しや)()れたデザインで、電動(でんどう)()ブラシのような(かたち)です。リニア実験(じっけん)(せん)延伸(えんしん)工事(こうじ)(はじ)まるので、試験(しけん)走行(そうこう)(すこ)しお(やす)みになり、2013(ねん)からは、リニア中央(ちゅうおう)新幹線(しんかんせん)営業(えいぎょう)(よう)車両(しゃりょう)L0(エルゼロ)(けい)での走行(そうこう)試験(しけん)開始(かいし)される予定(よてい)だそうです。このL0(エルゼロ)(けい)先端(せんたん)()は、やはりダブルカスプ形状(けいじょう)ではなく、現行(げんこう)試験(しけん)車両(しゃりょう)MLX-01と()現実(げんじつ)(てき)形状(けいじょう)なので(すこ)残念(ざんねん)です。
車両展示ゾーン全景
車両(しゃりょう)展示(てんじ)エリアでは、新幹線(しんかんせん)車両(しゃりょう)在来(ざいらい)(せん)車両(しゃりょう)がホームに入線(にゅうせん)したように展示(てんじ)されています.
超電導(ちょうでんどう)リニアMLX01-1の車内(しゃない)見学(けんがく)したあと、車両(しゃりょう)展示(てんじ)ゾーンへ(すす)みます。ここには19(りょう)(じっ)車両(しゃりょう)広大(こうだい)(えき)のプラットホームに入線(にゅうせん)したかのようにレイアウトされています。その中央(ちゅうおう)には、2008(ねん)山陽新幹線(さんようしんかんせん)区間(くかん)での営業(えいぎょう)運転(うんてん)最後(さいご)引退(いんたい)した初代(しょだい)0(ゼロ)(けい)新幹線(しんかんせん)展示(てんじ)されています。展示(てんじ)(しつ)(ゆか)(めん)(くろ)っぽい(いろ)使(づか)いなので、展示(てんじ)車両(しゃりょう)(ひろ)(ゆか)(めん)()()むことなく、コントラストが()いて(うつく)しく展示(てんじ)されています。
車両展示ゾーン 新幹線100系・新幹線0系
新幹線(しんかんせん)100(けい)123形式(けいしき)と0(けい)21形式(けいしき). まずは大好(だいす)きな0(けい)から見学(けんがく)
新幹線(しんかんせん)0(けい)21形式(けいしき)(まえ)には、記念(きねん)撮影(さつえい)(よう)のボードも()()けられており、(おお)くの観覧(かんらん)(しゃ)はここをスタート地点(ちてん)にして、それぞれ(おも)(おも)いの(じっ)車両(しゃりょう)見学(けんがく)しにいくようです。hassan(ハッサン)一家(いっか)は、あっという()各人(かくじん)()きな方向(ほうこう)()っていってしまいましたが、次男(じなん)(わたし)はやっぱり0(けい)新幹線(しんかんせん)から見学(けんがく)することにしました。
車両展示ゾーン T3 922形26番
新幹線(しんかんせん)電気(でんき)軌道(きどう)総合(そうごう)試験(しけん)(しゃ) ドクターイエローT3 922(かたち)26(ばん)
新幹線(しんかんせん)車両(しゃりょう)は0(けい)のほかに、100(けい)123(がた)、300(けい)322(がた)、300(けい)323(がた)、ドクターイエローT3 922(がた)などが展示(てんじ)されています。また、在来(ざいらい)(せん)車両(しゃりょう)は、ホジ6005形式(けいしき)蒸気(じょうき)(どう)(しゃ)、モハ1形式(けいしき)電車(でんしゃ)、ED11形式(けいしき)電気(でんき)機関車(きかんしゃ)、ED18形式(けいしき)電気(でんき)機関車(きかんしゃ)、クモハ12形式(けいしき)電車(でんしゃ)、モハ52形式(けいしき)電車(でんしゃ)、C57形式(けいしき)蒸気(じょうき)機関車(きかんしゃ)、モハ63形式(けいしき)電車(でんしゃ)、キハ48000形式(けいしき)気動車(きどうしゃ)、EF58形式(けいしき)電気(でんき)機関車(きかんしゃ)、クハ111形式(けいしき)電車(でんしゃ)、クハ381形式(けいしき)電車(でんしゃ)などがこのゾーンに展示(てんじ)されています。(おお)くの車両(しゃりょう)車内(しゃない)(はい)って通路(つうろ)(ある)きながら見学(けんがく)することができますが、残念(ざんねん)ながら座席(ざせき)腰掛(こしか)けることは禁止(きんし)のようです。()きな車両(しゃりょう)座席(ざせき)腰掛(こしか)け、旅情(りょじょう)(あじ)わいたい気分(きぶん)ですが、車両(しゃりょう)保存(ほぞん)のためにガマンしましょう。
在来線特急車両の車内
在来(ざいらい)(せん)特急(とっきゅう)車両(しゃりょう)車内(しゃない)公開(こうかい)されています.
車両(しゃりょう)展示(てんじ)ゾーンの両側(りょうがわ)にある展示(てんじ)コーナーでは、シミュレータや、日本(にっぽん)最大(さいだい)面積(めんせき)(ほこ)鉄道(てつどう)ジオラマ、新幹線(しんかんせん)超電導(ちょうでんどう)リニアのしくみと鉄道(てつどう)歴史(れきし)体験(たいけん)しながら(まな)べるコーナーが(もう)けられています。
鉄道のしくみ 展示
鉄道(てつどう)のしくみ」体験型(たいけんがた)展示(てんじ)
車両(しゃりょう)展示(てんじ)ゾーンの一番(いちばん)(おく)(がわ)には、保存(ほぞん)車両(しゃりょう)エリアがあり、クロ381形式(けいしき)電車(でんしゃ)、クモハ165形式(けいしき)電車(でんしゃ)など13(りょう)車両(しゃりょう)保存(ほぞん)展示(てんじ)されています。このエリアには残念(ざんねん)ながら()()ることができません。
収蔵車両エリア
収蔵車両(しゅうぞうしゃりょう)エリア 「特急(とっきゅう)しなの」クロ381形式(けいしき)電車(でんしゃ)・クモハ165形式(けいしき)急行電車(きゅうこうでんしゃ)
展示(てんじ)コーナーにある鉄道(てつどう)ジオラマは、日本(にっぽん)最大(さいだい)面積(めんせき)(ほこ)巨大(きょだい)なもので、東京(とうきょう)から大阪(おおさか)までの東海道新幹線(とうかいどうしんかんせん)沿線(えんせん)代表(だいひょう)(てき)建物(たてもの)景色(けしき)日常(にちじょう)(てき)人々(ひとびと)のようすが精緻(せいち)再現(さいげん)されています。そのジオラマの(なか)超電導(ちょうでんどう)リニア、0(けい)からN700(けい)までの新幹線(しんかんせん)JR東海(じぇいあーるとうかい)代表(だいひょう)(てき)在来(ざいらい)(せん)車両(しゃりょう)鉄道(てつどう)模型(もけい)走行(そうこう)していて、「鉄道(てつどう)の24時間(じかん)」をジオラマの世界(せかい)(あじ)わうことができます。この精密(せいみつ)なジオラマは、大阪(おおさか)府立(ふりつ)狭山(さやま)(いけ)博物館(はくぶつかん)大阪(おおさか)府立(ふりつ)(ちか)飛鳥(あすか)博物館(はくぶつかん)巨大(きょだい)展示(てんじ)模型(もけい)製作(せいさく)なども手掛(てが)けてきた 株式会社(かぶしきがいしゃ)ヤマネ製作(せいさく)担当(たんとう)されておられます。同社(どうしゃ)がいままで(つちか)ってこられた博物館(はくぶつかん)模型(もけい)鉄道(てつどう)ジオラマの技術(ぎじゅつ)(すい)が、この鉄道(てつどう)ジオラマに結集(けっしゅう)しています。
鉄道ジオラマ
精巧(せいこう)につくられた巨大(きょだい)鉄道(てつどう)ジオラマ (写真(しゃしん)名古屋(なごや)付近(ふきん)から北東(ほくとう)方向(ほうこう)(のぞ)む)
この()午前(ごぜん)(ちゅう)(おとず)れた、JR東海(じぇいあーるとうかい)浜松(はままつ)工場(こうじょう)もジオラマの(なか)にちゃんと再現(さいげん)されていて、新幹線(しんかんせん)車体(しゃたい)工場(こうじょう)(なか)()()げされていました。と、()山梨(やまなし)(けん)のほうに()けると、(やま)(やま)(あいだ)谷間(たにま)疾走(しっそう)する車両(しゃりょう)一瞬(いっしゅん)だけ()えました。実験(じっけん)(せん)(はし)超電導(ちょうでんどう)リニアです。超電導(ちょうでんどう)リニアの模型(もけい)頻繁(ひんぱん)(はし)っておらず、トンネルから()てトンネルへ()()むまでのほんの一瞬(いっしゅん)、それらしい車体(しゃたい)目撃(もくげき)できるだけですので、漠然(ばくぜん)とジオラマを()ているだけでは見逃(みのが)してしまいます。「いいか、よう()ときや。ほら、いま(はし)った!」()どもたちにたびたび(おし)えるものの、次男(じなん)は「え〜っ、どこ?ぜんぜんワカランかった!」と(はん)()状態(じょうたい)で、いまにも(あば)()(いきお)いでした。鉄道(てつどう)ジオラマを見学(けんがく)する(さい)には、最初(さいしょ)にジオラマ右側(みぎがわ)東京(とうきょう)静岡(しずおか)あたりの(まえ)陣取(じんど)って、(はや)めに超電導(ちょうでんどう)リニアをチェックすることをおすすめします。
ミュージアムショップ
鉄道(てつどう)グッズがいっぱいのミュージアムショップ
施設名(しせつめい)
リニア・鉄道館(てつどうかん)
所在地(しょざいち)
〒455-0848 愛知(あいち)(けん)名古屋(なごや)()(みなと)()金城(きんじょう)(とう)3-2-2 (TEL.050-3772-3910 JR東海(とうかい))
()きかた
JR名古屋駅(なごやえき)よりあおなみ(せん)金城(きんじょう)(とう)(えき)下車(げしゃ)徒歩(とほ)2(ふん)自動車(じどうしゃ)伊勢(いせ)湾岸(わんがん)自動車(じどうしゃ)(どう)名港(めいこう)中央(ちゅうおう)」I.C.からすぐ。モノづくり文化(ぶんか)交流(こうりゅう)エリア駐車(ちゅうしゃ)(じょう)利用(りよう)可能(かのう)
JR東海(とうかい)のサイト
http://www.jr-central.co.jp/

(かん)のサイト
http://museum.jr-central.co.jp/


※このページでご紹介(しょうかい)している情報(じょうほう)は2011(ねん)7(がつ)現在(げんざい)のものです。ご利用(りよう)になるかた各人(かくじん)責任(せきにん)においてご活用(かつよう)ください。
(メモを()いた()/2011(ねん)9(がつ)19(にち))
JR東海浜松工場 新幹線なるほど発見デー2011
No.56 JR東海(とうかい)浜松(はままつ)工場(こうじょう) 新幹線(しんかんせん)なるほど発見(はっけん)デー2011
2011(ねん)7(がつ)23(にち)・24()開催(かいさい)された新幹線工場(しんかんせん)イベントをリポート。up 2011/07/28
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →
[博物館(はくぶつかん)]-[リニア・鉄道館(てつどうかん)]
[ まえのページ ] [ つぎのページ ]


[ トップ | 新着 | 博物館 | 動物園・水族館 | 遊園地 | 掲示板 | クチコミ | リンク | メモ | ページのトップ ]
そのほかの情報
よみがな [なし]モードにする





関連サイト
こどものための博物館情報 Management by skao.netはじめにもどるつぎへ

to Top Page