こどものための博物館情報トップ新着博物館動物園・水族館遊園地掲示板リンクメモトップ
hassanのお出かけメモ:数少ないhassan一家のお出かけのときに見聞きしたことや、もしかしたら皆さんのお役に立つかもしれない情報を、hassan父とhassan母が気まぐれに書き留めています。


69. 博物館(はくぶつかん)でお()かきしよう その3

重源坐像の写生
重源坐像(ちょうげんざぞう)写生(しゃせい)()()hassan(ハッサン)次男(じなん)
2012(ねん)5(がつ)26(にち)(())と6(がつ)10()((にち))に、大阪(おおさか)府立(ふりつ)狭山(さやま)(いけ)博物館(はくぶつかん)(だい)12(かい)()ども絵画(かいが)コンクール「狭山(さやま)(いけ)博物館(はくぶつかん)(えが)こう!!」の写生(しゃせい)(かい)開催(かいさい)されました。大阪(おおさか)府立(ふりつ)狭山(さやま)(いけ)博物館(はくぶつかん)がオープンした2001(ねん)から毎年(まいとし)開催(かいさい)されてきたこのコンクールでは、博物館(はくぶつかん)展示(てんじ)(ひん)建物(たてもの)博物館(はくぶつかん)()狭山(さやま)(いけ)風景(ふうけい)()どもの(こころ)(なか)にある「未来(みらい)博物館(はくぶつかん)」などをテーマにした作品(さくひん)募集(ぼしゅう)しています。写生(しゃせい)(かい)では、小学校(しょうがっこう)図工(ずこう)美術(びじゅつ)先生(せんせい)美術(びじゅつ)協会(きょうかい)所属(しょぞく)する市民(しみん)のかたがたが、()(えが)いている()どもたちに指導(しどう)助言(じょげん)してくれます。hassan(ハッサン)次男(じなん)長男(ちょうなん)は5(がつ)26(にち)写生(しゃせい)(かい)参加(さんか)しました。
No.57 博物館の絵画コンクールでお絵かきしよう
No.57 博物館(はくぶつかん)絵画(かいが)コンクールでお()かきしよう
狭山(さやま)(いけ)博物館(はくぶつかん)(だい)11(かい)()ども絵画(かいが)コンクールに、hassan(ハッサン)長男(ちょうなん)次男(じなん)参加(さんか)しました。
up 2011/7/30
博物館でお絵かきしよう!
No.42 博物館(はくぶつかん)でお()かきしよう!
大阪(おおさか)府立(ふりつ)狭山(さやま)(いけ)博物館(はくぶつかん)(だい)9(かい)()ども絵画(かいが)コンクールに参加(さんか)博物館(はくぶつかん)施設(しせつ)でのお()かきの魅力(みりょく)をご紹介(しょうかい)
up 2009/6/21
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →
大阪(おおさか)府立(ふりつ)狭山(さやま)(いけ)博物館(はくぶつかん)写生(しゃせい)(かい)では、(かん)内外(ないがい)()きな場所(ばしょ)でお()かきできますが、水彩(すいさい)()()など(みず)使(つか)画材(がざい)は、展示(てんじ)(ひん)保護(ほご)のために館内(かんない)での使用(しよう)禁止(きんし)されています。なので、展示(てんじ)(ひん)水彩(すいさい)()()(えが)きたいときは、エンピツやクレヨンなどで下書(したが)きしたあと、屋外(おくがい)自宅(じたく)()()使(つか)って作品(さくひん)仕上(しあ)げることになります。今年(ことし)写生(しゃせい)(かい)両日(りょうじつ)とも好天(こうてん)(めぐ)まれ、たくさんの()どもたちが(たの)しそうに写生(しゃせい)していました。
重源坐像レプリカ・重源狭山池改修碑の展示ゾーン
重源(ちょうげん)坐像(ざぞう)レプリカ・重源狭山池改修碑(ちょうげんさやまいけかいしゅうひ)展示(てんじ)ゾーンに陣取(じんど)って作品(さくひん)集中(しゅうちゅう)
昨年(さくねん)は「片桐(かたぎり)(かつ)(もと)画像(がぞう)」の模写(もしゃ)(ふう)作品(さくひん)にチャレンジしたhassa次男(じなん)ですが、長男(ちょうなん)(えが)いた「狭山(さやま)(いけ)(そう)絵図(えず)」が館長(かんちょう)(しょう)(えら)ばれ、次男(じなん)作品(さくひん)特別(とくべつ)(しょう)選出(せんしゅつ)だったため、「お(にい)ちゃんに()けた!」と(なみだ)(なが)して(くや)しがっていました。今年(ことし)次男(じなん)写生(しゃせい)対象(たいしょう)(えら)んだのは「(ちょう)(げん)坐像(ざぞう)レプリカ」。源平(げんぺい)争乱(そうらん)消失(しょうしつ)した東大寺(とうだいじ)再興(さいこう)し、狭山(さやま)(いけ)改修(かいしゅう)をおこなった平安(へいあん)時代(じだい)末期(まっき)鎌倉(かまくら)時代(じだい)(そう)(ちょう)(げん)三重(みえ)(けん)伊賀(いが)()にある(しん)(だい)仏寺(ぶつじ)坐像(ざぞう)(ふく)製品(せいひん)ですが、原品(げんぴん)とほとんど見分(みわ)けられないほど精巧(せいこう)にできています。なかなか(しぶ)(かお)つきをしています。「こんどはお(にい)ちゃんに()けへんで」と坐像(ざぞう)(なな)(まえ)陣取(じんど)って、(ちょう)(げん)横顔(よこがお)をクレヨンで写生(しゃせい)しはじめました。
左:クレヨンで写生中 右:完成作品「ちょうげん」
(ひだり):クレヨンで写生中(しゃせいちゅう)作品(さくひん) (みぎ)完成(かんせい)した次男(じなん)作品(さくひん)「ちょうげん」
昨年(さくねん)とは(ちが)い、(まよ)うことなく構図(こうず)()めて、クレヨンでアウトラインを(えが)いていきます。その()、パスなども使(つか)って坐像(ざぞう)背景(はいけい)(いろ)をおおまかに()っていきます。(ちょう)(げん)(しぶ)めの(かお)表情(ひょうじょう)や、法衣(ほうい)がシワシワになった表現(ひょうげん)なども(あじ)のある描写(びょうしゃ)ができたようです。(おどろ)いたのは、次男(じなん)集中(しゅうちゅう)(りょく)大幅(おおはば)にアップしていたことです。午前(ごぜん)10時半(じはん)ごろから(えが)(はじ)めて、午後(ごご)3()(まえ)までの(やく)4時間(じかん)(はん)(ひる)(はん)()べずに一心不乱(いっしんふらん)写生(しゃせい)(つづ)けていました。小学校(しょうがっこう)1年生(ねんせい)だった昨年(さくねん)までとちがって、()(たい)する(おも)いがとても(つよ)くなったように(かん)じます。
帰宅(きたく)()次男(じなん)水彩(すいさい)()()とクレヨンで上塗(うわぬ)りを(かさ)ね、(やく)2週間(しゅうかん)かけて作品(さくひん)「ちょうげん」を完成(かんせい)させました。坊主(ぼうず)(あたま)や、立体(りったい)(かん)のある「なで(がた)」、(かれ)なりにこだわりをみせた(ころも)表現(ひょうげん)などが、次男(じなん)らしい風合(ふうあ)いで「すごいええやんか!」と(おや)バカですが、ほめてしまいました。
重源坐像前の家形石棺蓋
長男(ちょうなん)は、狭山池(さやまいけ)中樋(なかひ)放水部(ほうすいぶ)出土(しゅつど)石樋(いしひ)部材(ぶざい)刳抜式(くりぬきしき)家形(いえがた)石棺(せっかん)(ふた)写生(しゃせい)
hassan(ハッサン)長男(ちょうなん)は、前回(ぜんかい)江戸(えど)時代(じだい)の「狭山(さやま)(いけ)(そう)絵図(えず)」の模写(もしゃ)(ふう)作品(さくひん)(えが)いたので、今回(こんかい)立体(りったい)(ぶつ)(えが)こうと(かんが)えていたようです。(すこ)(まよ)った(すえ)に、(おとうと)写生(しゃせい)している(ちょう)(げん)坐像(ざぞう)正面(しょうめん)展示(てんじ)してある(いえ)(がた)石棺(せっかん)(ふた)(えが)()しました。これは7世紀(せいき)前半(ぜんはん)ごろにどこかの古墳(こふん)横穴(よこあな)(しき)石室(いしむろ)(ない)使(つか)われていた(おお)きな(いえ)(がた)石棺(せっかん)(ふた)で、兵庫(ひょうご)(けん)加古川(かこがわ)()付近(ふきん)産出(さんしゅつ)する凝灰岩(ぎょうかいがん)竜山(たつやま)(いし)」をくり()いてつくられています。大正(たいしょう)(まつ)(ねん)昭和(しょうわ)初年(しょねん)狭山(さやま)(いけ)改修(かいしゅう)()に、末永(すえなが)雅雄(まさお)博士(はかせ)(なか)()放水(ほうすい)()から発掘(はっくつ)し、(なが)(あいだ)狭山(さやま)(いけ)(つつみ)斜面(しゃめん)(あま)ざらしの状態(じょうたい)保管(ほかん)されていました。このため、石棺(せっかん)表面(ひょうめん)独特(どくとく)のつやがある褐色(かっしょく)になっていて、(なか)()取水(しゅすい)()でのちにみつかったセットになる石棺(せっかん)本体(ほんたい)とは別個(べっこ)(たい)のようにみえます。
最初(さいしょ)石棺(せっかん)小口(こぐち)(がわ)正面(しょうめん)からスケッチしていた長男(ちょうなん)ですが、途中(とちゅう)から(なな)めからのアングルに変更(へんこう)していたので、クレヨンで下書(したが)きした石棺(せっかん)姿(すがた)は、若干(じゃっかん)(ゆが)んだ(かたち)になってしまっています。自宅(じたく)(かえ)ってから、2週間(しゅうかん)ぐらいのあいだ、就寝(しゅうしん)(まえ)にちょっとずつ()(くわ)えて水彩(すいさい)()()などで彩色(さいしょく)していました。(いえ)(がた)石棺(せっかん)(かたち)をちゃんと観察(かんさつ)できているとはいえないけども、重厚(じゅうこう)石棺(せっかん)存在(そんざい)(かん)迫力(はくりょく)は、けっこう再現(さいげん)できたようです。
長男が描いた「石棺」
長男(ちょうなん)(えが)いた作品(さくひん)石棺(せっかん)
この絵画(かいが)コンクールの応募(おうぼ)(ぜん)作品(さくひん)は、2012(ねん)7(がつ)14(にち)(土)()から8(がつ)26(にち)(日)(にち)のあいだ、狭山(さやま)(いけ)博物館(はくぶつかん)館内(かんない)展示(てんじ)されています。それに先立(さきだ)って作品(さくひん)審査(しんさ)実施(じっし)されました。幼稚園(ようちえん)年中(ねんちゅう)のときから参加(さんか)しはじめて以来(いらい)、おそらく最高(さいこう)集中(しゅうちゅう)(りょく)をみせてリベンジに()えながら製作(せいさく)した次男(じなん)作品(さくひん)「ちょうげん」が館長(かんちょう)(しょう)に、長男(ちょうなん)作品(さくひん)石棺(せっかん)」が優秀(ゆうしゅう)(しょう)(えら)ばれました。
作品のまえで 次男
hassan(ハッサン)次男(じなん)念願(ねんがん)館長(かんちょう)(しょう)受賞(じゅしょう).
作品のまえで 長男
優秀(ゆうしゅう)(しょう)hassan(ハッサン)長男(ちょうなん)もがんばりました.
年齢(ねんれい)(ちょう)じるにつれて、だんだんと()()んできて製作(せいさく)期間(きかん)(なが)くなる反面(はんめん)製作(せいさく)()てることのできる時間(じかん)(きび)しくなってきましたが、来年(らいねん)長男(ちょうなん)が6年生(ねんせい)になって、このコンクールに参加(さんか)可能(かのう)最後(さいご)(かい)です。()(えが)くことが()きで、写生(しゃせい)(かい)にも(たの)しんで参加(さんか)してくれているので、各地(かくち)博物館(はくぶつかん)施設(しせつ)などでもこうした(もよお)しがあれば参加(さんか)していきたいと(おも)います。

※このページでご紹介(しょうかい)している情報(じょうほう)は2012(ねん)7(がつ)20()現在(げんざい)までに、hassan(ハッサン)個人(こじん)(てき)見聞(みき)きしたことを()りまとめたものです。とくに(かく)()博物館(はくぶつかん)動物(どうぶつ)(えん)開催(かいさい)情報(じょうほう)(とう)(ふる)場合(ばあい)があります。直接(ちょくせつ)それぞれの施設(しせつ)にお()()わせるなど、ご利用(りよう)になるかた各人(かくじん)責任(せきにん)においてご活用(かつよう)(くだ)さい。
(メモを()いた()/2012(ねん)7(がつ)20())
トップページ
新着情報
博物館情報
動物園・水族館情報
遊園地情報
博物館掲示板
お出かけメモ
← Flick slide Menu →






そのほかの情報
よみがな [なし]モードにする


関連サイト


こどものための博物館情報 Management by skao.netはじめにもどるつぎへ

to Top Page