京都府横穴式石室発掘情報1

投稿日時 2007-11-30 20:29:23 | トピック: 資料紹介

《堀切11号墳−堀切古墳群第4次調査》
〔調査機関〕京田辺市教育委員会/安西工業株式会社
〔調査期間〕2007年8月20日〜10月末日
〔調査成果〕羨道側壁を確認し、玄室は左片袖式である可能性が高まった。石室規模は1号墳に匹敵するとみられる。遺物は須恵器、土師質亀甲形陶棺、鉄製品などが出土した。築造時期は7世紀初頭から前半頃に想定される。
〔引用文献〕『堀切古墳群第4次調査現地説明会資料』
〔参考文献〕『近畿の横穴式石室資料集成』(京都府−山城−堀切1号墳)



横穴式石室研究会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.skao.net/yokoana

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.skao.net/yokoana/article.php?storyid=12